ガチマッチ ok。 スプラトゥーン2 ステージ情報

スプラトゥーン2 ステージ情報

ガチマッチ ok

試合開始直後の初動• 自チームと敵チームどちらもガチアサリを作っておらず、拮抗している状況• 自チームがガチアサリを作って攻めている状況• 敵チームがガチアサリを作って攻めてきている状況• 自チームと敵チームどちらもガチアサリを作り、拮抗している状況 各状況の解説をしていきましょう。 1.試合開始直後の初動 ガチアサリの試合が始まった直後は、それぞれのチームメンバーがステージに散らばり、アサリを集めながら敵を倒す状況になります。 他のルールとは違い、同じ場所に複数のメンバーで固まることが少なく、ガチアサリが出来上がるまでは一人で行動をする場合がほとんどです。 そんな状況でのスペシャルを使う最適なタイミングですが、基本的に初動に「最適なタイミングはありません」。 え、どういうこと??っと思うイカちゃんも多いと思いますが、 ガチアサリが敵も味方も作れていない状況下ではスペシャルは使わないほうが良いです。 ガチアサリの試合の本番はガチアサリが作れてからです。 そんな本番が始まる前にスペシャルを使ってしまうと状況の変化に対応できずに敵陣に押し込むことができなかったり、自陣に押し込まれたりしてしまいます。 しかし、ここで注意です。 ガチアサリを作れてからと記載はしましたが、作れそうな状況にあるときはスペシャルを敵のガチアサリゴール方向に向けて使うのはOKです。 例えば、味方がアサリを9個保持しており、敵のゴールに近づけるタイミングを伺っているときのような状況です。 ガチアサリにしてしまうと敵に警戒されるため、アサリ9個を保持して様子を見るイカちゃんはとても多いです。 かくいう私もガチアサリは本当にゴールに入れられる状況になければ作らないことのほうが多いです。 そういったイカちゃんがいるときはゴール方向へ一つアサリを投げた上でスペシャルを使って敵ゴールにガチアサリをシュートできるようにサポートをしてあげてください。 しっかりと味方のアサリ保持数は確認するようにしましょう。 もちろん自分がアサリを9個保持した上で、敵ゴール付近にアサリがあるのを確認して、スペシャルを使って突っ込むのもありです。 (複数メンバーで突っ込みたいところですが。。 ) 以上が初動のスペシャルを使うタイミングとなります。 基本的に初動では状況が動くまで「スペシャルは使わない」。 「もしガチアサリを作れそうな状況であれば、敵ゴール付近に向けてスペシャルを使う」と覚えておいてください。 2.自チームと敵チームどちらもガチアサリを作っておらず、拮抗している状況 こちらも1の初動と同様になります。 状況に変化が起こるまではスペシャルを安易に使わないよう注意をしてください。 3.自チームがガチアサリを作って攻めようとしている状況 ガチアサリの試合での一番熱くなれる状況の一つ、敵陣へ攻める状況です。 この状況ではスペシャルがないとなかなか敵陣の守りを崩すことはできません。 というのもガチアサリを持っていると位置がバレてしまうため、敵もその方向への守りをしっかりと固めてきます。 そのため、 この状況でのスペシャルを使う最適なタイミングは、「味方がある程度集まり、敵陣のゴールへ攻め込めるタイミング」となります。 ガチアサリを持つ仲間の付近へ集まりすぎると敵にそこだけを守られて、守りきられることが多いため、少し分散して違うルートから敵の守りを崩すことも大切となります。 よって、この 「味方がある程度集まり」とは、「味方が同じ場所にいなくとも敵陣にほぼ全員が攻め込める状況にある」と解釈してもらえれば良いです。 ( マップの味方の位置や、上のイカマークを見ることで味方の状況を判断してください。 ) また、もし味方を待たなくてもそのまま敵ゴールまで押し込める状況では、味方を待つ必要がないため、待たずにスペシャルを使って攻め込むようにしてください。 (敵のゴールを守る人数が少なく、スペシャルを使うと押し切れそうなとき等) チャンスは逃さないようにしましょう。 ガチアサリの攻めるターンではわりとスペシャルを使うタイミングは簡単です。 しっかりとこの攻めるターンでスペシャルが使えるように、他の状況で無駄撃ちをしないように気をつけましょう。 4.敵チームがガチアサリを作って攻めようとしている状況 これもガチアサリの試合で最も熱くなれる状況の一つ、守るターンです。 ガチアサリの試合では、ターン制のように攻撃と守備が切り替わるって試合展開していくことが多いです。 そのため守りのターンでもしっかりとスペシャルを使って守り切ることが重要になってきます。 そんな状況でのスペシャルを使う最適なタイミングですが、基本的に「敵が自陣ゴールに押し込んできそうなタイミング」となります。 敵が持つガチアサリの位置は、以下の画像のように見えるようになっています。 そのガチアサリを持った敵が自陣ゴールに攻めてきそうだ!!っと思ったタイミングでスペシャルを使うようにしてください。 特に、敵がスペシャルを使ってきたタイミングに合わせてスペシャルを使うのは強力な使い方となります。 例えば、自分がスーパーチャクチのスペシャルを持っていて、敵がバブルランチャーのスペシャルを持っている場合などは敵のスペシャルを待ってから使ったほうが良いです。 しかし、敵がスペシャルを使うのを待っているばかりではあまり良くないので、敵が攻め込んでくると思ったときはしっかりとスペシャルを使うようにしましょう。 ガチアサリの守るターンでもわりとスペシャルを使うタイミングは簡単です。 しっかりとこの守るターンでスペシャルが使えるように、他の状況で無駄撃ちをしないように気をつけましょう。 5.自チームと敵チームどちらもガチアサリを作り、拮抗している状況 これもよくある状況なのですが、どちらのチームもガチアサリを持って攻めぎあっている状況です。 正直とても難しい状況で、視野を広くして、素早く状況判断をしなければいけません。 味方が全く自陣ゴールを守っておらず、攻めようとしている場合は守ったほうが良いですし、逆に守りばかり固めている場合は、ガチアサリを持っている味方と一緒に攻め込んだ方が良いです。 (一概には言えないですが、、、) 攻めるか守るかの状況判断は経験則で行わなければいけません。 もし攻めると判断した場合は、「敵陣のゴールへ攻め込めるタイミング」でスペシャルを使いましょう。 もし守ると判断した場合は、「敵が自陣ゴールへ攻め込んでくるタイミング」でスペシャルを使いましょう。 状況に応じて瞬時に攻めるか守るかを判断しなければいけませんが、どちらにせよ判断をした後のスペシャルを使うタイミングは簡単です。 しっかりとスペシャルを使えるようにしておきましょう。 以上です。 ガチアサリではスペシャルがないと攻守どちらもうまくできないことの方が多いです。 しっかりとどちらの状況でもスペシャルが使えるようにして、万全の状態で対応をするようにしてください。

次の

【ガチエリア】ショッツル鉱山のおすすめ立ち回り! 勝ち方と打開のコツ!【スプラトゥーン2】

ガチマッチ ok

とってもお久しぶりです。 らっこまるです。 ちなみに、このウサギは我が家のずんだで、上に乗ってる白いのが私です。 タイトルでお気付きかと思いますが… やってました。 いやー、面白いですね。 でなかなか2000達成できず、息抜きにちゃんに手を出した結果、見事にはまりました。 そして、ついに3ルールXに到達したので、記念にブログを更新。 ちなみに、ピカブイは対戦環境がつまらないと聞いて購入してません。 記事の更新を楽しみにしてた人はごめんなさい。 完全新作がスイッチで出たら死ぬ気でやります。 【ガチマッチの基本的な考え方】 ガチマッチを勝ち抜くためには、各ルールをきちんと理解する必要があります。 当たり前のように思えますが、これができていない人が意外と多いのではないかと思います。 私は、ちゃんを始めてすぐにS~S+0まで到達しましたが、そこから先が本当に難航しました。 それは、Sまでは「キャラ操作」がうまくなれば辿り着けますが、Xになるためには「ルール理解」が必要になるからだと思います。 ちなみに、「仲間と連携」も重要な要素ですが、野良で完璧な意思疎通を図るのはほぼ無理です。 なので、結局は、「ルール理解」ができているのが4人集まれば、自然と「仲間と連携」している状態になるものだと思います。 エリアがXになるまでは長い苦渋の時を過ごしましたが、エリアがXになってからは他のルールもとんとん拍子でした。 その理由は以下のとおりです。 そのため、この順番に練習して、1ルールずつ上手くなっていくべきです。 このことは、公式発表すべきぐらい基本的なことですが、気付いていない人が多いと思います。 伸び悩んでる人は、とりあえず今あるルールをやってみて、時間が来たら次のルールをやるという人が多くないでしょうか。 そして、勝てないと「エイムが悪いな」「武器が弱いな」と思って、色んな武器を試し打ちで練習したり、「今日は仲間が悪かった」と思ってないでしょうか。 違います。 まずはエリアでガチマッチの基本を猛特訓しましょう。 「ホコは得意だけど、エリアは苦手だな」と思っている人。 ホコで勝てるのはまぐれです。 「エリアは得意だけど、アサリは苦手だな」と思っている人。 当たり前です。 難しいのだから。 それでは、各ルール毎に簡単な戦い方も見ていきますが、その前に、全ルール共通の「初動」について見ていきましょう。 【初動】 「初動」とは、「試合が始まったときの最初の動き」のことです。 「試合が始まったとき」のポイントは、 「敵味方全員が生存していること」 「オブジェクトが中央で放置されていること」 の2点です。 その後の試合途中は、偶然、同じ状況になることがありますが、基本的には、 「敵味方が誰か死んでいる」 「オブジェクトが動いている」 ことが多いため、その都度、そのときの状況に合わせて動く必要があります。 以下、個別に見ていきます。 「初動」では、「敵味方全員が生存していること」という特徴があったので、基本的には、4vs4の状況です。 そして、基本的には、全員が中央のオブジェクトに向かって進むはずであるため、中央付近で4vs4の状況が発生します。 これが、1人が中央に進まないと、中央付近は4vs3の状況になってしまい、擬似人数不利になってしまいます。 したがって、中央に進まず、「要所にビーコンを植えに行く」「リス付近でSPを溜める」などはNG行動です(中央に進みながら行うのはOK)。 もちろん、「初動」が終わった後は、場面に応じてこれらの行動を取るのはOKです。 つまり、塗りが弱い武器・割りが弱い武器(exリッター、スプラローラー)で、ひたすら塗ったり・割ったりしていても、ただ塗り・割り負けてしまいます。 そのため、キルを取って、人数有利を作ることが仕事になります。 また、試合が始まったときに、敵味方全員の武器を確認して、明らかに塗り・割り負ける構成のときがあります。 このときは、意地を張って塗り合い・割り合いをしても時間の無駄なので、キルを取りに行くという判断も必要です。 なお、ヤグラにおいては、いきなりヤグラに乗っても、進まないことが多いです。 それは、敵全員がヤグラに注目しており、ヤグラに乗ると、一斉攻撃を受けることが多いからです。 但し、一瞬ヤグラに乗って降りると、敵のヘイトを買って、敵を集めることができるため、位置の炙り出しのため、ちょい乗りしてプレッシャーをかけるのは有効だと思います。 このときも、基本的には、「正面突破する」ことを心がけましょう。 武器(ローラーやボールド等の短射程)によっては、いきなり「裏取りする」という選択肢もあります。 しかし、裏取りする際には、中央付近が4vs3になってしまうため、前記のNG行動と同じ状況が生じてしまいます。 そのため、いきなり大きく裏回りするのではなく、正面に進んだ後、状況をよく見て、少しずつ裏に回っていきましょう。 特に、ヤグラやホコなんかはオブジェクトが小さいので、オブジェクトを見ながら小さく裏回りするだけでもいいと思います。 なお、裏取りするリスクは、エリア<ヤグラ<ホコの順だと思います。 それは、ヤグラとホコは、オブジェクトが自リスに向かって動いてくるため、裏取りしている間に味方が倒されて、オブジェクトが進んでくると、裏取りが全く無意味になるからです。 特に、ホコは、オブジェクトの進行速度が速いため、裏取りしていた結果、一度もオブジェクトに遭遇せずにノックアウトということもあり得ます。 そのリスクを考えて行動しましょう。 ここらで長くなってきたため、後編で、各ルールの簡単な解説をしていきます。 ちなみに、アサリは自分でもまだコツが掴めていないため、今回は割愛します笑 それでは、ここまで見てくれた皆様は、後編もよろしくお願いします。 rakkomaru.

次の

【スプラトゥーン】トッププレイヤー イカすガチ対談マッチ!! VS

ガチマッチ ok

ウデマエゲージの意味と貯まり方 ウデマエゲージは、バトルに勝利すると貯まっていきます。 増え方がちょっとだったり多かったりバラバラなのはなぜ? スプラトゥーン2ではある程度ガチマッチをすると、 独自の計算式からそのプレーヤーの ガチパワーが計算されます。 このガチパワーをプレーヤーが確認することはできませんが、ガチマッチスタート時に画面左下に8人の合計ガチパワーが表示されます。 プレーヤー個人のガチパワーは、合計ガチパワーが初め何回かガチマッチを経験しないと表示されるようにならないことから考え、過去のバトルのデータを蓄積して出されるもののようです。 自分のチームより格上のチームに勝った時程多くゲージが貯まり、逆に自分のチームより格下のチームに負けてしまうと多めにマイナス評価が貯まっていきます。 マイナス評価の時はガラスが割れるような音がしてゲージが震えます。 何度かマイナス評価を受けてしまうと、ゲージにヒビが入り始めます。 ヒビがたくさん入って割れると? そのルールを始めたばかり、ウデマエC-の場合、ヒビがたくさん入ってゲージが割れてしまうと、C-のまま、ゲージがかなり減ってしまいますがヒビは消えます。 C以上の時は、ゲージにある縦線に注目してください。 ゲージがこの線より右に行っている状態で割れてしまった時は、ゲージがかなり減ってしまうもののウデマエは維持できます。 逆に割れた時に ゲージがこの線より左だった場合、残念ながらウデマエが降格するシステムです。 飛び級の基準って何?! スプラトゥーン2で今みなさん疑問に思っているのがこの「 飛び級」システムです。 実力があると判断されたプレーヤーは、ウデマエアップの時 何段階か飛ばして昇格することができます。 ・たくさんキルを取ったのに飛び級しなかった ・ヒビがたくさん入ってピンチだったのに飛び級できた 等、様々な声が聞かれます。 飛び級の基準は上で述べた「 ガチパワー」です。 1回のバトルでキルした数、倒された数には関係なく、サポートの度合いやスペシャル使用回数、どれだけ勝利に貢献できたかなど 様々なプレイ結果を総合して、格上の相手に勝てばそれに見合った飛び級をするようになっています。 飛び級の意味 スプラトゥーン2は初心者からガチプレーヤーまで、様々なレベルの方が楽しめるゲームです。 しかしプレイし始めの時はどうしても、WiiU版スプラトゥーンをプレイしたことがある方や元々ゲームが得意な方が有利になり、まだあまり上達できていないプレーヤーが上級者にボコボコにされてしまう事案が発生します。 飛び級は、 上手なプレーヤーを早目に昇格させ、きちんと実力にあった対戦相手と対戦できるようにするためのシステムです。 またスプラトゥーン2ではガチマッチのルールごとにウデマエが分かれているため、 上級者が全てのルールで上に行くのに時間がかかってしまうことへの配慮でもあります。 まとめ ウデマエの上下はバトルのやる気を奮い立たせてくれる楽しい要素です。 なんとなく「上がった!」「下がった!」と一喜一憂するのも楽しいですが、「なんでこのウデマエなの?」なんて疑問を抱いた時は是非これらの要素を参考にしてみてくださいね。

次の