法悦 の マグダラ の マリア。 法悦のマグダラのマリア

聖女か?娼婦か?・・ミステリアスなマグダラのマリア

法悦 の マグダラ の マリア

《あのお腹のふくらみは何だ?》 カラヴァッジョの「聖ヨハネの斬首」を、マルタ島にある聖ヨハネ騎士団の教会で観たときもその鮮烈さがショックでしたが、今回もう八重桜の時期になった4月中旬、東京上野の国立西洋美術館で、世界初公開という「法悦のマグダラのマリア」を前にして、あまりにも妖美なマグダラのマリアの像に魅せられました。 と同時に、「あのお腹のふくらみは何だ」と、同行のユング研究者である松代洋一君と二人で、首をかしげたものです。 画面が暗く定かでなかったのですが、マリアの左下に頭蓋骨らしい像が見えました。 画面前方の闇には十字架がわずかに浮かんでいて、上の方は赤みの差す空間になっています。 買い求めたカタログにはお腹のふくらみについて何の言及もありません。 ただ、向こう隣に並んでいた同じような図柄のマリア像ははっきり頭蓋骨を抱いていました。 松代君は別れてから、すぐネットで調べたらしく、メールして来ました。 「右下部分の鮮明な画像が見つかりました。 やはり頭蓋骨の左側面でした。 すると腹部のふくらみがなんなのか疑問になります。 頭蓋二つはおかしい、と言って妊娠だとしたら、免罪を願い出る旅の土産にふさわしくないし、しかも相手はイエスと思われかねません。 」と言ってきました。 さらに「「私に触るな ノーリ・メ・タンゲレ」の言葉は、それまでは触っていたからだという説もありますから。 謎は深まるばかりです。 映画にもなって物議を醸した『ダ・ヴィンチ・コード』は、このマグダラのマリアがイエスの子を産んで、カロリング王家の始祖につながるという大層なお話でしたが、イエス没後、マルセーユ近辺の沿岸に逃れてきたという話もありますし、ユダヤの地にとどまったとも言われます。 私はガリラや湖近くで、白い円丘の形をしたマグダラのマリアの墓なるもの(乳首のような赤い突起が上に付いていましたッケ)を観たこともあります。 そんなことを想い出しながら、松代君に【メール1】を出しました。 【メール1】 松代洋一さま カラヴァッジョはワイン・グラスに自分の顔を映し込んで描いたり、一種の謎かけを楽しむ画家ですね。 ネットで見つけられた像はあの部分だけ増光処理をして見せてくれたもので、頭蓋骨であることを明確にはしてくれますが、実像であるはずがありません。 構図から言ってもそんな不自然なものをそこにおいて描くはずもないでしょう。 余計なものはみな黒の背景に塗り込めてしまうのが彼のやり方です。 座椅子の黒い袖板に頭蓋骨を映すことによって、上着の下に文字通り肌身離さず隠し持つ丸いものを暗示しているのだと思います。 マグダラのマリアは墓から消えて昇天するイエスを初めて証言した女性ですね。 そして自分の髪でイエスの足を拭いた元娼婦でもあるとすると、この像はイエスと精神的に ことによったら肉体的にも 一体となって法悦の境地にいるマリア、でしょう。 もう一つ謎は、マリアの前方の闇に細めの十字架が浮かび、それにイエスをいたぶったらしいイバラの王冠(鋭い棘が7本ほど輪になった枝から出ています)が架かっていることです。 頭蓋骨は肉体の残滓であり、それをマリアが隠し持っていて、イバラの冠を残して昇天したイエスの霊と昇天を暗示しているのでしょうか。 その上方にやや赤みを帯びた円光が広がり、その縁にそって黒い像 人か天使か花弁か;花弁と見て天上の王冠という解説者もいましたが が六つ七つ浮かんでいますが、それが天上界を表すのでしょう。 お示しの、「私に触るな ノーリ・メ・タンゲレ」の言葉ですが、マグダラのマリアに対していった言葉ではないのでは。 小生の記憶では、奇跡の治癒を願う病者たちに向けたものだったのではありませんか。 以上、松代君のメールに触発されて、感想の一端を記しました。 金子務 これに松代君から間もなく返事をもらいました。 私の記憶違いを正してもらった上に、篤学の松代君らしいコメントが付いています。 同君の許しを得て、そのまま引用しておきます。 【松代氏の返信】金子務様 「座椅子の黒い袖板に頭蓋骨を映すことによって、上着の下に文字通り肌身離さず隠し持つ丸いものを暗示している」これが正解ですね。 「イエスと精神的にも肉体的にも一体となって法悦の境地にいるマリア」も同感で、こんな大胆な図柄をものせるのはカラヴァッジョしかいないでしょう。 ヒエロス・ガモスの言葉に表れているように、求道と求愛は二分されたものの合体と言う一点で一致しているのですから。 ノーリ・メ・タンゲレは、復活のイエスに駆け寄ろうとしたマリアへの言葉で、普段から抱きついたりキスしたりしていたのだと言う説もあるようです。 なおこれらとの関連で、ナグ・ハマディ写本にある『トマスによる福音書』という共観福音書とは別系列のグノーシス的文書に面白い文言があります。 「イエス言いたまえり、 汝ら二つを一となすとき、 内なるものを外なるもの、 外なるものを内なるものとなし、 上なるものを下なるものとなすとき、 そして男と女とを、ただ一つのものとなし、 もはや男は男でなく、女は女でなくなるとき、 そのとき汝らは天の王国に入るを得ん」 以下が私の返信【メール2】です。 【メール2】松代洋一さま いつも貴兄の博識には感心させられますね。 マグダラのマリアの一件、小生の見解に前半のところは賛成していただいたようでありがとう。 後半の「ノーリ・メ・タンゲレ」の言葉を確認しようとして、聖書を繰ってみました。 そのくだりは共観福音書にはなく、ヨハネ伝福音書にありました。 「イエス言い給ふ。 『われに触るな、我いまだ父の許に昇らぬ故なり。 』」20-17ですね。 はじめ主の遺体が見あたらないので泣いていたマグダラのマリアがふと後ろを振り返ると、そこに立つイエスが「をんなよ、何ぞ泣く、誰を尋ぬるか」マリヤは園守ならんと思ひて言ふ『君よ、汝もし彼を取去りしならば、何処に置きしかを告げよ、われ引取るべし』20-15のあと、イエスが「マリヤよ」と声をかけると、やっと気づいたマリアが、「ラボニ」と呼んでうれしさのあまりすがりつこうとした様子がわかります。 「ノーリ・メ・タンゲレ」はその時の言葉ですね。 病人も信者もイエスの霊力による治癒や清めに期待してみな、イエスに触れようとした記述は聖書の随所(たとえばルカ伝18-15「イエスの触り給はんことを望みて人々、嬰児らを連れ来たりしに」)にありますが、「われに触るな」という記述はほかにはないかも知れませんね。 マグダラのマリアが触れる行為は、マリアに抱かれていたかも知れない地上の神人イエスが、まさに昇天して父なる神と聖霊と三位一体化しようとするときの禁止の句ですから、貴兄が指摘したようなグノーシス的解釈も成り立つのでしょう。 小生もそうだろうと思います。 トマスの福音書は読んでませんから、そのうちに見ておきます。 金子務 その後、松代君から、「トマスの福音書」についてこういうメールをもらっています。 【松代氏の返信】メールはどうか自由にお使い下さい。 お役に立てて光栄です。 松代洋一 以上、不敬な老童二人の痴話をお許しあれ。

次の

カラヴァッジョの「法悦のマグダラのマリア」 国立西洋美術館で世界初公開 : 文化 : クリスチャントゥデイ

法悦 の マグダラ の マリア

イタリア絵画の巨匠カラバッジョ(1571~1610)は、作品も人生も劇的なことで知られる。 気性が荒く暴力事件を何度も起こした末、1606年に1人の男を刺殺。 以来最期までナポリ、マルタなど各地を転々とした。 本作はローマを脱出した直後に描いた。 女性は、キリストに出会って改心した元娼婦マグダラのマリア。 左側からスポットライトのように光が強く当たり、暗闇の人物を浮かび上がらせている。 背景には十字架がうっすらと見える。 「殺人事件以降、外見的な美しさ以上に内面的な感情や葛藤を表現するようになった」と学芸員の保崎裕徳さん。 罪を悔やんで天を仰ぐマリアの目からは一筋の涙が。 画家が自身の反省や後悔の意を込めたかは定かでないが、光と闇のドラマチックな描写は見る者の胸を打つ。

次の

カラヴァッジョはどんな画家?代表作品マグダラのマリアなど簡単解説!

法悦 の マグダラ の マリア

娼婦にされた美しき女性使徒マグダラのマリア マリアといえばキリストの母である聖母マリアが有名ですが、実はキリストの周りには何人にもマリアがいまして、その中でリーダー的存在だったのがマグダラのマリアです。 マグダラのマリアは、元娼婦で体の中から7つの悪霊をキリストに追い出してもらって改心し、キリストの巡教の旅に同行して処刑の現場にも復活にも立ち会ったとされる女性です。 聖母マリアの次くらいに絵画にはよく書かれましたが、聖書での登場回数はとても少ないのです。 だけど・・・ マグダラのマリアが娼婦だったという記載は聖書のどこを探してもないんですよ!! 7世紀初頭、キリスト教の最高顧問であった大教皇グレゴリウス1世が女性の身で7つもの悪霊を有していたのは「娼婦だったに違いない」というド偏見のもと「娼婦」ってことになったんです!! 中世では、7つの悪霊の「7つ」というのは「多い」という意味だったし、複数のマリアが融合した結果、罪深き女ということになってしまったという経緯もあります。 まぁ、ド偏見というのは失礼な言い方ですが、当時は娼婦を更生させようという大キャンペーンが繰り広げられていたので、娼婦でありながら悔改めると聖女になれるというマグダラのマリアのストーリーは都合がよかったんです。 法悦とは神の説法を聞いて喜びを感じてるという意味です。 この町に一人の罪深い女がいた。 イエスがファリサイ派の人の家に入って食事の席に着いておられるのを知り、香油の入った石膏の壺を持ってきて、後ろからイエスの足もとに近寄り、泣きながらその足を涙でぬらし始め、自分の髪の毛でぬぐい、イエスの足に接吻して香油を塗った。 ルカの福音 7:36-38 汚れたキリストの足を自分の涙で洗い、香油を塗り清めることで、罪深き女の罪は許されるのです。 ルーベンス作 「キリストの降架」 さすがドラマチックの帝王ルーベンス!!うねるような構図が見事です。 この絵画はフランダースの犬のネロが最後に見た絵画としても有名ですね! 香油のエピソートから、十字架にかけられるキリストの絵でもマグダラのマリアはキリストの足元に描かれることが多いです。 降架するキリストの足をささえるのがマグダラのマリアです。 マリアが振り返りと・・そこには復活したキリストが!! 駆け寄るマリアにキリストが言い放ったのは・・・まさかの Noli Me Tangere. (ノリ・メ・タンゲレ) 「私に触るな!」です。 意図的に消されたのではないかというほど不自然です。 当時の教会にとって何か不都合があるのかなぁ・・なんて考えてしまいます。 1945年にエジプトで発見された古文書ナグ・ハマディ文書のないようからある仮説が生まれました。 マグダラのマリアはイエス・キリストに最も愛された使徒であり、伴侶だったのではないかという説です。 主はマリヤをすべての弟子たちよりも愛していた。 そして彼(主)は彼女の口にしばしば接吻した。 他の弟子たちは主がマリヤを愛しているのを見た。 彼らは主に言った。 「あなたはなぜ、私たちすべてよりも彼女を愛されるのですか?」 救い主は答えた。 「なぜ、私は君たちを彼女のように愛せないのだろうか」 大貫隆訳(岩波書店ナグ・ハマディ文書) ナグ・ハマディ文書には、マリアがキリストに愛されたこと以外にマリアが他の弟子たちを諭す場面も書かれています。 それが本当なら、パウロをキリストの一番弟子とする教会には不都合があったのもの頷けます。 このナグ・ハマディ文書をヒントにベストセラーになった「ダ・ヴィンチ・コード」が書かれて、世界が騒然となったのは記憶にあたらしいですね。 通説では青い服の女性的な人物はヨハネだと言われていますが・・「ダ・ヴィンチ・コード」ではマグダラのマリアではないかと仮説をたてていました。 審議のほどはわかりませんが、物語としてマグダラのマリアがキリスト伴侶だったというほうがドラマチックで面白いなぁ・・なんて思ってしまいます。 マグダラのマリアのアトリビュート 最後にマグダラのマリアを象徴するアイテムを紹介します。 エル・グレコ作 「マグダラのマリア」.

次の