ランドセル 平均価格。 ランドセルの選び方|2021年ランドセル人気比較ランキング

ランドセルのブランド一覧!価格などの比較やおすすめの選び方も紹介

ランドセル 平均価格

気になるけど…ママ友との会話で聞きづらい話題NO. 祖父母からプレゼントされる贈られるケースのほうが、両親が購入するケースと比べより高額と言われていますが、どのような購入ケースも包括した平均価格はいったいいくらなのでしょうか?ママ友はもちろん、兄弟・ 親族にも聞きづらい情報です。 ズバリ!ランドセルの平均購入価格は … 40,000円代!。 この平均価格は、1日2,500人と日本で高いアクセス数を誇るランドセル販売サイトで、20実際に売れたランドセルの価格平均値です。 人気高いのランドセルブランド・フィットちゃんの公式サイトでも、以下のようなデータが集計されています( 詳細は )。 上記のとおり、各社の実績データからもランドセルの購入・平均価格約 4~5万円は妥当な値段だと分析することができます。 ランドセルの価格を左右する要素は「 素材 」と「 デザイン 」、そして「アフターサービス」の3つです。 ランドセルの素材( 合皮より革素材がより高価 )• デザイン( 今年・新作モデルが定番デザインより高価 )• アフターサービス( 修理時の送料込みなどの違い ) 特に注意してほしいのが、「2.」の型落ちモデル。 今や一般的な機能といえる「 A4サイズらくらく収納 」 ですが、各ランドセル会社が本格的に対応したのはここ数年の間。 多くの在庫抱える販売店では、「 A4サイズ未対応 」の型落ちモデルを、格安で販売しているケースがあります。 安い値段に惹かれ購入したものの、まいにちの教材出し入れに子どもが苦労し、結局買い直した…という残念な話も少なくありません。 購入するときの意外な盲点が [ 販売店での購入 ] です。 ちかくのお店で、馴染むがあるというメリットから購入を決めたけれど、型落ちモデルだった、ランドセルが故障したとき、直接メーカーに依頼できなかった( 修理窓口は販売店だった )ということがあります。 このような販売経路も、ランドセルの価格を左右している1つの要素といえます。 「1.」の素材については親の世代と比べ各段進化しており、「 革は重く手入れが大変 」「 合皮は安っぽく、剥がれやすい 」などの問題もクリア。 ランドセルの質感をデザインの1つと捉え、子どもの個性で選択することができます。

次の

元販売員が教える!安いランドセルを購入する前に知るべき全知識

ランドセル 平均価格

「よその家は大体いくらのランドセルを買うのかな?」 高すぎるのは手が出せない…でも安すぎるのは品質が心配。 もし人気の価格帯がわかれば、選ぶときの目安になりますよね。 でも、じつは「 価格で選んで後悔した…」というパパママさんも少なくありません。 そんな失敗のリスクをグッと下げるには ランドセルに「何を求めるか?」をプラスして考えること。 見た目は似ていても「機能、品質、デザイン、収納力、丈夫さ、素材」で比べると、違いがひと目でわかるからです。 お子様の健康、成長をしっかり支えてくれる安心安全のランドセルも「何を優先するか?」で決まります。 この記事では「ランドセルの価格」と「価格以外で見てほしいポイント」を紹介します。 お子様のからだへの負担が少ないランドセルの選び方や最新情報を発信しています。 ぜひご活用ください。 人気の売れ筋価格は参考にならない ランドセル購入価格に関する全国的な調査は行われていないことを知っていますか? 総務省では通学用かばんの平均価格を28,714円と公表していますが、これには中学生や高校生のかばんも含まれるため 純粋なランドセルだけの統計ではありません。 いまどきは通学かばんを自由に選べる学校も多いので、この統計にリュックサックなどが入っていれば平均価格はガクンと下がりますよね。 メーカー大手フィットちゃんは人気の価格帯第1位を5万円前後としています。 しかし 自社製品のみ対象とした価格帯のため「フィットちゃんを買うんだ!」と決まっている人でなければ参考にできません。 当サイトが、小学校のお子様をもつパパママ100人を対象にしたアンケート調査では「4万円台で購入」がもっとも多いという結果になりました。 よく見かけるランドセル紹介サイトの「1位3~4万円、2位…」などの相場は 根拠のない数字の場合が多いので注意! ランドセル価格の相場は「何を調査対象にしているか」を知っていないと参考になりません。 メーカー毎に販売価格はこんなに違う メーカー 販売価格帯 57,240~91,800円 34,000~77,760円 31,000~43,740円 52,920~59,400円 35,000~140,000円 22,000~44,000円 46,000~72,000円 58,000~140,000円 46,000~82,000円 59,000~81,000円 48,600~183,600円 43,500円~ 78,840~91,800円 57,240~70,200円 57,240~62,640円 118,000~216,000円 ランドセル工業会では「平成26年ランドセル価格は42,400円」としていますが、メーカーや工房によってかなり幅広い価格帯であることがわかりますよね。 パパママさんの中には以下のように思っている人もいるのではないでしょうか?• 激安:~19,999円• 格安:20,000円~29,999円• 定番:30,000円~49,999円• 高級:50,000~69,999円• セレブ:70,000円~ 確かに5万円以上のランドセルは値段だけで言えば「高級」かもしれません。 ただし、いくら高級なランドセルでも必要な機能が付いていなければ失敗してしまいます。 価格以外で比べてほしい6つのポイント ランドセルの販売価格はピンキリ、購入価格の相場もあてにできない…じゃぁ、どうやって選べばいいの? それは「 ランドセルに何を求めるか?」優先順位をつけることです。 ここで紹介する6つのポイントを軸にランドセル選びをすると、素晴らしい商品が必ず見つかりますよ。 3-1. 軽く感じる機能 引用: ウイングタイプとは、肩ベルトの根元が立ち上がっている形状を言い、体にフィットして重心が上がることで 同じ重さでも断然軽く感じられる機能のひとつです。 2003年セイバンが「天使のはね」で爆発的ヒットを飛ばしてから、ほとんどのメーカーが肩ベルトを立ち上げたウイングタイプを採用しています。 一方、工房系に多い非ウイングタイプ。 肩ベルトがダランと垂れ下がっているので見比べるとすぐにわかります。 どんなに高額なランドセルでもお子様の体に合っていないものは、 腰痛、肩こり、猫背、背骨のゆがみの原因になる恐れがあります。 あえて非ウイングタイプを採用して「使っているうちに革が馴染んでフィットする」という考え方のメーカーや工房もありますが、間違った姿勢のままフィットしても効果はないので当サイトではおすすめしていません。 引用: 素材で悩むパパママさんも多いかと思います。 結論から言ってしまうと、本革か人工皮革ならどちらでも大丈夫です。 質感も悪くないので本革よりも好きという人もいます。 一方、本革はやはり質感や味が出てくる点が良いですね。 人工皮革より約200g重いですが背負いやすさ機能があればカバーできます。 ただどうしても本革はお手入れが大変です。 購入前にメンテナンス方法は必ずチェックしてくださいね。 「」高機能・高性能・高品質の業界最大手。 決められない人、失敗したくない人におすすめ。 「」モデル・カラー・価格帯が豊富。 たくさんの種類から選びたい人におすすめ。 「」テレビCMなしでも口コミで高評価。 頑丈なキューブ型や大容量型を探している人におすすめ。 この3つのメーカーは「丈夫さ・軽く感じる機能・安全性・快適性・収納力」の面で、ランドセルフィッターが自信をもっておすすめできるレベルになっています。 そして何より全国各地に取扱店があるので 実際に試せるということ。 どのメーカーやモデルを選ぶさいも、まずはご紹介した3メーカーと比べて良い点、悪い点を検討すると、ランドセル選びの質がグッと上がります。 最高のランドセルに出会うためのチェックリスト• 軽く押して「型崩れ」しない? 重要! 丈夫さ・頑丈さを比べるには、ランドセルを抱きかかえて少し力を加えてみよう。 内側に「金属」などがむき出しになっていない? 教材や指・爪が引っかかってケガしないかチェック。 同時に底面を外して掃除できるかも確認しておこう。 肩ベルトや背あてなど「痛い」ところがない? 特にからだに直接触れる肩・腰・背中は要チェック。 腕を振ったり、しゃがんだり、いろいろなポーズで試してみよう。 背あて・肩ベルトの「通気性・クッション性」は? 重要! 小学生の通学時間 往復 の全国平均は47. 夏場の炎天下や、ランドセルの重量をカバーする快適性をチェック。 背中とランドセルに「すき間」はない? 重要! 背中とランドセルの間にすき間ができる場合、軽く感じる効果はゼロだと思ってください。 ベルト穴を調整して要確認。 正しい「姿勢」で背負えてる? 腰痛や猫背の原因にならないように、からだの線が傾いていないか、背中とランドセルの中心がそろっているかチェック。 動き回っても「ブレ」ない? 安定しないランドセルは重心もブレて負担増。 前後左右やジャンプしてみても大丈夫かチェックしましょう。 「重り」を入れて背負ってみた? 重要! 空っぽのランドセルを試着しても意味がありません。 ペットボトルなど2Kgくらいの重りを入れて、教材が入った状況をシミュレーション。 フックは「外れる」安全機能付き? 自転車・バイク・自動車・電車の扉…想像するだけで恐ろしい巻き込まれ事故、引きずられ事故は未然に防げます。 肩ベルトに「防犯ブザー」の取り付けはできる? とっさの時に対応できるように、利き手と反対側の肩ベルトに。 塾用バッグなどに付け替えるさいに、取り外しが簡単かなども確認しておこう。 前後左右に「反射材」がついてる? 重要! デザイン性優先で反射材が不足しているランドセルに注意。 360度どの角度からでもドライバーにいち早く発見してもらおう。 「A4フラットファイル」に対応している? いまどき主流のA4フラット対応モデル。 どうしてもこのモデルが欲しいとき以外は、A4クリア対応を選ぶメリットはないと思います。 錠前はお子様が「ロック」しやすいか? 錠前も各メーカー触ってみると違いがわかります。 オートロック付きか、左右どちらにも回せるか、ケガ防止カバーは付いているか、などを確認。 「持ち手」ハンドルはついてる? お子様は教室のロッカーにランドセルを入れるさい、持ち手がないとカブセを掴んでシワの原因に。 大人にとっても持ち手ナシは不便です。 子どもが「主役」になってる? 最重要!! お子様にとってランドセルは小学生最初の大イベント。 憧れていたお兄ちゃんお姉ちゃんになるための証でもあります。 ぜひお子様の意見や個性を尊重して、お子様の成長を見守ってあげてくださいね。 まとめ 6万円のランドセルは小学校6年間の授業日数1200日で割ると、1日あたり50円です。 高いか安いかは価値観や家計状況によって感じ方は違うと思います。 だからこそ「周りがいくらで買ったか」や「平均相場」は参考になりません。 まずは「ランドセルに何を求めるか?」優先順位をつけてみてください。

次の

ランドセルの平均的な値段は?価格相場を調べてみた

ランドセル 平均価格

ランドセル購入情報 aiueooo. 0822 ランドセルのブランド一覧!価格などの比較やおすすめの選び方も紹介 小学校に入学する際に、ランドセルは入学準備にかかせない物の一つですが… いざ購入しようとランドセルブランドを検索してみると 「こんなにランドセルのブランドがあるの?!」と驚いた方が多いはず。 それもそのはず ランドセルを製造するブランドは なんと100社以上。 100社以上のランドセルブランドから何を目安に選べばいいのか…と、 途方に暮れている方は心配ご無用! この記事では、 ランドセルブランドの一覧と比較、オススメの選び方をまとめましたので、ぜひランドセル選びのご参考にしていただければと思います。 ランドセルのブランド一覧 100社以上もあるランドセルブランドの中から 代表的なランドセルブランドをご紹介します。 中でも太字なのが有名なランドセルブランド。 ランドセルのブランド別比較まとめ 価格・使いやすさ・色の種類にわけて、ランドセルのブランド別で比較してみました。 天使のはね(セイバン) CMでお馴染みの「天使のはね」。 これがあるおかげで、ランドセルの重心を上げ、ランドセルを背負った際の 重さの体感をできるだけ軽くしてくれます。 子どもが背負いやすく負担が掛かりにくいランドセルの品質を保つには、大量生産では難しく、日本の職人さんがもつ技術で作り上げることが必要とのこと。 生地の裁断、縫製、ステッチや仕上げまで、 熟練された職人さんの技がつまった日本製にこだわっているそうです。 デザイン面で言うと、セイバンのデザインには揺るがないコンセプトがあり、 男の子は強さ、女の子は美しさが表現されています。 セイバンの天使のはねランドセルの特徴や口コミなどは下記の記事でまとめました。 天使のはねについてさらに知りたい場合は参考にしてみてください。 さらに、フィットちゃんのデザインは引き手や内張など 細部にまでこだわり抜いています。 価格面では、フィットちゃんは 低価格帯のモデルが特に充実しています。 「フィットちゃん201」は、Web販売価格でなんと 39,900円(税込)。 フィットちゃんランドセルの情報は下記の記事でまとめてあります。 低価格帯を選ぶときには評判や口コミが気になるかと思いますが、その場合は参考記事をチェックしてみてくださいね。 KIDS AMIは ランドセルではじめて文部大臣賞を受賞した技術をもち、かばん作りに精通した職人さんの技術と国内生産にこだわりをもち、ランドセルを進化させているそうです。 さらにKIDS AMIは、珍しい 横型ランドセルも販売されています。 百貨店などでの取り扱いが多く、販売店舗がない都道府県もあるため、実物をチェックされたい方はホームページをチェックしてください。 キッズアミランドセルの特徴やクチコミ情報は下記の記事でまとめてあります。 店舗で購入しようと思っている場合は、まず特徴などをチェックしてみるといいかもです。 毎日ランドセルを使う子どもにとって「お気に入り」になるよう、 ・飽きのこないデザイン ・背負いやすいランドセル をコンセプトに製造された萬勇鞄のランドセルは とてもシンプルです。 さらに、熟練の技を持つ職人さんが ひと針ひと針手縫いしてくれるため、その丈夫さはお墨付き。 また、 革の良さと人工皮革を最適な場所に使い分けることで、肩ベルトは耐久性を、背あて部分にはフィット感をもたせること成功しているのが、ものづくりにこだわった証拠とも言えます。 手縫いにこだわる理由は 糸の締り具合。 これは機械では置き換えられない技術なので、大量生産よりも品質を優先されこだわりだそうです。 さらにモギカバンでは、近くに店舗が無い方のための、 サンプル貸出サービスを行っています。 郵送時は送料無料で、返送時の送料は負担する必要がありますが、自宅で 実際に触って検討できる素敵なサービスです。 なおかつ 6年間使ったあとのランドセルを時計に加工してくれるサービスはモギカバンならでは。 でも、イオンで実際に手にとって触ってみましたか、確かに軽いけど良さもよく分からず、ネットや先輩ママたちの意見を聞き、好評だった天使のはねにしました。 すごく丈夫で、軽くて体にフィットし、長持ちしそうな点は良かったと思いましたが、すごく高くてもう少し安かったらいいのにと思い、そこが残念でした。 とても驚きました。 ランドセルは、大きくなり沢山の物が入るようになったように感じます。 しかし、たくさんのものをつい入れてしまうので、子供はとても重い荷物を毎日持っていってしまいます。 その為ランドセルはなるべく軽い物をと色々見て回り、店員さんの話を聞いて決めました。 肩が疲れにくく、背中にも圧力がかかりにくいようで、本人も気に入ってくれました。 A4クリアファイルも入るから便利だと思いました。 今のところは悪い点はありません。 又、カラーバリエーションが豊富で娘の思い描く色のランドセルに出会えました。 私は機能性重視でランドセルを探していましたが、娘がこの色のランドセルにすると聞かなかったので、決めてとなったのはカラーバリエーションの豊富さかもしれません。 重さもとても軽くてびっくりしました。 でも、まだ幼稚園生なのでとても大きく感じます。 自分の子供の時より一回り大きくて、A4サイズも楽に入るみたいです。 良かったところは、思ったよりも軽かったこと 反射材がランドセルの周り全体についていたこと カラーがたくさんあったので、子どもの好みの色を探しやすかったこと 宣伝通り、背中にぴったりフィットするところなどが良かったです。 今回購入したランドセルは、教科書、分厚い筆箱、給食袋や水筒まで全て入れられるのでとても助かりました。 ただ、ランドセルにしまうものがたくさんあり、大人が背負ってもかなりの重量になるので、もう少しランドセル自体の重さを考慮して購入すれば良かったかなと思います。 歴史の長さと、洗練されたデザインに魅力を感じていたからです。 実際に店舗に行ってみて、ランドセルだけシンプルに飾っているのを見て、とても感動したのを覚えています。 どのランドセルもひとつひとつ作り込まれていて、選ぶのに悩みました。 実際に購入したランドセルは、子どもも背負いやすいみたいで、あまり周囲に持っている子どももいなかったので満足しています。 牛革はクラリーノに比べてやはり高級感があります。 また、縫製が他社に比べてとても細かくて丁寧に作られています。 デザインもシンプルで美しく気に入っています。 悪かった点は、わかっていたことですが、クラリーノより重いことと、A4ファイルが入らない大きさなので少し不便だということです。 また、色やデザインも安っぽくなく上品な見た目なので長く使うランドセルとしては大事なポイントだと思うのでその点もかなりの満足感を得ています。 ただその分お値段のほうは高いほうだと思います。 作りも長持ちしそうなしっかりとした作りになっているので良かったです。 色を決めるのに、沢山種類も色もありすぎて、すっごく悩んでましたが、やっぱり定番の黒に決まりました。 もし、飽きてもカバーをかければいっかと思いとりあえず黒色にしました。 胸のところにストラップがあり、肩紐が落ちないようにロックが出来るものを買いましたが、1学期程で使わなくなりました。 (子供は痩せ型です) 細身の為、横幅が広くないものを購入しましたが、その分やはり容量が少なくなるため、教科書と筆箱でいっぱいになり、800mlの水筒は入りません。 良かった点は、実際に触れて柄や色合いを確かめる事が出来て本人もイメージが高まり意欲と実感がわき良かったです。 中にランドセルカバーが付いていたので、付録みたいに喜んでいました。 悪かった点は、全くなかったです。 とても綺麗な色で柄も女の子らしく丈夫でしっかりしているので、6年間もつと思います。 腕を通す場所の上部のあたりがあまり稼働しないタイプでしたので、重さのかかり方が少し天使の羽根等とは違うようで入学直後は痛いかもしれないと本人が話していました。 2学期始まる頃にはそういった痛みはないようでした。 荷物の重さはかんじるようですが、他のメーカーさんのランドセルでも同じ様に重いということでした。 上靴、水筒(500ml)を教科書等と一緒にギュウギュウに詰め込みしようしています。 使い出して4ヶ月ほどで横に付いているフック(給食袋などを掛けて使用)が取れて行方不明に。 6年保証が付いている商品でしたので、直ぐにコールセンターへ連絡を入れ、修理依頼をしました。 代替商品が店舗にない場合がある。 修理に出したり受け取ったりは基本最寄りの店舗でして欲しい等かなり面倒な手続でした。 毎日かなりの量の教科書類を持ち帰りますが、肩が痛いなど言った事はありません。 又、沢山の教科書やノートやファイルがすとんと入るので、ストレスなくそれらの出し入れが出来ます。 又、ランドセル自体も他に検討した物より軽かったとうのも決めての1つです。 大容量なのに背中回りのフチがないので見た目は大きすぎずスッキリしています。 また、背中のクッション部分もブラックで統一されているので大人っぽい雰囲気がかっこよくて子供も気に入っています。 悪かった点は、側面の刺繍のデザインです。 ひし形が二つ重なっているようなデザインですが、何をイメージしているのかよくわかりません。 【ディズニー】 男子用でディズニーの聞くと「高学年で大丈夫?」とよく心配されました。 キャラクターを嫌がるのではないかという趣旨だと思います。 でも、ディズニーのランドセルは女子のものは色もデザインもかなり個性的で派手ですが、男子用は黒でステッチは青、とてもシンプルです。 留め具がミッキーシェイプだったり、被せの裏がミッキーだったり。 サイドの刺繍がさりげなくシンデレラ城で、とてもカッコいいです。 縫製もしっかりしていますし、大満足です。 今のところ悪いところはありません! ランドセルブランドのおすすめの選び方3選 数あるランドセルブランドがありますが、一体何を基準に選べばいいのでしょうか? そんなお悩みの方に、3つのおすすめの選び方をご紹介します。 1.価格面で選ぶ 近年のランドセルの価格は本当にピンキリで、2万円代のものから10万円以上のものまであります。 一番買われている人気の価格帯は、5~6万円。 ですが、小学校の入学準備は他にもたくさんの出費ゆえ 「ランドセルにお金をかけれない」という方は多いと思います。 そういう方には 低価格重視でランドセルを選びましょう。 ランドセルメーカーの中で低価格でお勧めなのが ニトリの「わんぱく組」。 29,900円 税込 と格安ですが、ニトリが開発・製造しているので、安心の国内産。 それでもニトリはちょっと…と言う方は フィットちゃんランドセルの「フィットちゃん201」がオススメ。 「フィットちゃん201」は、 Web販売価格でなんと39,900円(税込)。 超有名メーカーなのに5万円以下で買えるのはとてもお得ですね。 2.使いやすさで選ぶ ランドセルの使いやすさは非常に大事。 ・背負ったときに軽く感じるか ・A4フラットファイルが入るか ・荷物がたくさん入るか 上記の三点が大前提ですが、他にも、 ・ワンタッチロックの錠前であること ・防犯ブザーの取り付けフックがあること ・バックルなどの金具が体に当たって痛くないこと ・持ち運びに便利な持ち手があること ・鍵や絆創膏を入れられるファスナー付きのポケットがあること ・カブセやサイドに反射機能が付いていること などがあればお子さんの通学するときも安全で使いやすいでしょう。 3.有名どころで選ぶ 皆が知っているブランドなら、とりあえず安心できる。 だからとにかく有名どころのブランドがいい!という方にお勧めなのが、 ・天使のはね(セイバン) ・フィットちゃん の2トップです。 実際にこの2つは「買って良かった」「使いやすい」という満足度の高かった人気のランドセル。 どのランドセルブランドを買えばいいのか迷っている方は、 天使のはねと フィットちゃんを選びましょう。 まとめ ランドセルのブランドの価格などの比較やおすすめの選び方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 ランドセルを製造するブランドは今や 100社以上。 その中からランドセルを選ぶというのはなかなか酷なものですよね。 ランドセルブランドの選び方として、 ・価格面で選ぶ ・使いやすさで選ぶ ・有名どころで選ぶ の3つの選び方が選びやすいと思います。 ランドセルの価格面や使いやすさを比較しましたので、ぜひランドセル選びのご参考にしていただければと思います。

次の