ランモバ アルテ ミュラー。 【ランモバ】アルテミュラーの性能と評価【ラングリッサーモバイル】

【ランモバ】封印されし戦場 第四戦場攻略

ランモバ アルテ ミュラー

もくじ• 槍兵とは? 槍兵は 騎兵に強く、歩兵に弱いという特性を持っています。 防御力が高いという特徴があり、盾役やおとり役として、戦略には欠かせない役割と持っている兵種でもあります。 現状、ランモバでも実装されている数が少ないクラスなので、貴重な役割を持っているといえるでしょう。 槍兵キャラランキング 第1位:アルテミュラー マーシャル アルテミュラーに関しても、 最終クラスとして最もお勧めなのは「ドラゴンマスター」ですが、キャラ自身が強く、優秀な槍兵がいない時は、十分に使うことが出来るクラスとなっています。 アルテミュラーは 自己回復をもっている盾役として活躍することができます。 マーシャルへクラスチェンジすることによって 「かばう」を使うことが出来るようになり、盾役として十分な性能を発揮することができます。 ただ、移動範囲は初期クラスより2マス減少してしまうので、 機動性は減少します。 自身のパーティで、どのような役割が欠けているのか?という事を考えてから、クラスチェンジを行うようにしましょう。 第2位:エルウィン マーシャル エルウィンは 最も使い勝手がいい最終クラスは「ヒーロー」ですが、キャラ自身が強く、優秀な槍兵がいない時は、十分に使うことが出来るクラスとなっています。 味方をかばうという槍兵の特性こそありませんが、自身が先陣を切り、戦っていくという戦略をとることができるといえるでしょう。 第3位:バルガス ロイヤルガード バルガスは 2マスの範囲にいる味方を「かばう」という盾役には欠かせない能力を、最初から所持しています。 クラスチェンジでは、さらに防御力を上昇させることが出来る「ロイヤルガード」一択といえるでしょう。 勇者を経由すれば、さらに強固な盾になることができますが、最終的にはロイヤルガードにするべきです。 また、タレントスキルの性能で クエスト内で1回のみ復活も可能なので、ピンチに自身が身代わりになったりという男前な性能を持っているといえるでしょう。 第4位:フレア ロイヤルガード フレアは現状 「ロイヤルガード」しか最終クラスがないので、ロイヤルガード以外に選択肢はありません。 他のクラスを経由しても、防御力をあげる性能が上がるので、できる役目にもさほど違いはないといえるでしょう。 フレアはロイヤルガードになることで、 防御力がかなり上昇し、盾役としての性能を発揮できますし、 反撃による固定ダメージを相手に与えることもできます。 バフ性能なども持っているので、盾役だけでなく、いろいろな役割を平均値でこなすことが出来るキャラといえるでしょう。 第5位:アーロン マーシャル アーロンは現状 「マーシャル」しか最終クラスがないので、マーシャル以外に選択肢はありません。 アーロンのタレントスキルは 自身のHPが低ければ低いほど、被ダメージを減少させるという盾役としてしか使えないものになっています。 また、 戦闘を行うたびに防御力が上昇していくので、前線に立ち、自身がおとりになるという戦略が向いているキャラと言えます。 自動回復も持っているので、生存率も中々と評価できます。 また、レア度も低いので、限界突破が行いやすいというメリットもあるといえるでしょう 槍兵ランキングの注意点 今回の、ランキングは最終クラスとして、槍兵を使うべきキャラをランキングで紹介させて頂いています。 クラスチェンジによって槍兵にすることができますが、槍兵になるべきではないキャラもいます。 一覧に表記があっても、ランキングに名前がない場合は、最終クラスでは他のクラスを選ぶべきキャラとなっています。 除外キャラの選ぶべき最終クラス• レディン…キング 歩兵• ベルンハルト…エンペラー 歩兵• ナーム…レンジャー 弓兵• エグべルト…ダークマスター 魔法使い• ルイン…ソードマスター 歩兵• ロウガ…ハイマスター アサシン• ピエール…サーペンマスター 水兵• レティシア…ナイトマスター 騎兵• スコット…ナイトマスター 騎兵• ファーナ…レンジャー 弓兵 まとめ 槍兵は貴重な盾役として活躍が可能なクラスです。 現状、キャラ数が少なくSSRキャラで槍兵にすべきキャラがいません。 ただ、槍兵は攻略に必須なクラスなので、SR、Rキャラでも育てておく必要が有るといえるでしょう。

次の

アルテミュラーちょっと強くなりました(心の絆MAX)

ランモバ アルテ ミュラー

目次 アルテミュラーの基本情報 アルテミュラー 「もう時間がない・・・・私に続け。 」 リグリア帝国の王位継承権と帝国大軍の指揮権、軍隊と権力を全て持つ優秀なリーダー。 戦略と剣術に優れ、ラーカス王国侵攻の総指揮官として、その配下に四人の優秀な将軍を持つ。 アルテミュラーの初期スキル 奔雷 コスト 2 タイプ 物理ダメージ 射程 1マス CD 2ターン 範囲 単体 [物理ダメージ]敵単体に1. 5倍の戦闘ダメージを与える。 攻撃と機動力に長けている。 ジェネラル 兵種 槍兵 タイプ 近接 射程 1マス 移動 3マス 有利属性 防御力 攻撃力 動く要塞のごとく堅固で頼もしく、高い攻撃と防御能力を誇る。 ドラゴンナイト 兵種 飛兵 タイプ 近接 射程 1マス 移動 5マス 有利属性 攻撃力 器用さ ドラゴンを手懐けた騎士。 強力な攻撃を与えることができる。 ハイライダー 兵種 騎兵 タイプ 近接 射程 1マス 移動 5マス 有利属性 攻撃力 防御力 勇猛な騎士を引き連れて、敵陣のあちこちに突撃を仕掛け、多大な栄光を勝ち取ってきた。 マーシャル 兵種 槍兵 タイプ 近接 射程 1マス 移動 3マス 有利属性 防御力 攻撃力 戦場最高の司令官。 出陣すると全軍の士気を大いに高める。 マーシャルのスキル 戦場統師 コスト 2 タイプ 超絶強化 射程 自部隊 CD 3ターン 範囲 フィールド全体 [超絶強化]アクティブスキル。 範囲内の全ての「戦略総帥」を持つ友軍の攻撃と防御が大幅にアップする。 移動している時に全地形を「平地」として扱う。 この効果は4ターン続く。 (この効果は他の超絶強化スキルと同時に発動できない) 豪腕 コスト 2 タイプ 支援 射程 自部隊 CD 3ターン 範囲 単体 [支援]隣接する友軍に代わって攻撃を受ける。 [アクティブ]ガードの発動範囲が2マスになり、「ブロック」と「反撃」が発動する。 この効果は2ターン続く。 ドラゴンマスター 兵種 飛兵 タイプ 近接 射程 1マス 移動 5マス 有利属性 攻撃力 器用さ 成長して横柄になったドラゴンを乗りこなすドラゴンマスターは、単騎で敵陣深く潜り込める。 ドラゴンブレス コスト 2 タイプ 物理ダメージ 射程 自部隊 CD 5ターン 範囲 2マス [物理ダメージ]範囲2マス以内の敵に0. 36倍の範囲ダメージを与える。 この効果でダメージを与えた敵すべてにランダムな弱体効果を与える。 戦闘後、[御風]が発動する。 , LTD.

次の

アルテミュラー (SSR)の詳細・評価

ランモバ アルテ ミュラー

もくじ• 槍兵とは? 槍兵は 騎兵に強く、歩兵に弱いという特性を持っています。 防御力が高いという特徴があり、盾役やおとり役として、戦略には欠かせない役割と持っている兵種でもあります。 現状、ランモバでも実装されている数が少ないクラスなので、貴重な役割を持っているといえるでしょう。 槍兵キャラランキング 第1位:アルテミュラー マーシャル アルテミュラーに関しても、 最終クラスとして最もお勧めなのは「ドラゴンマスター」ですが、キャラ自身が強く、優秀な槍兵がいない時は、十分に使うことが出来るクラスとなっています。 アルテミュラーは 自己回復をもっている盾役として活躍することができます。 マーシャルへクラスチェンジすることによって 「かばう」を使うことが出来るようになり、盾役として十分な性能を発揮することができます。 ただ、移動範囲は初期クラスより2マス減少してしまうので、 機動性は減少します。 自身のパーティで、どのような役割が欠けているのか?という事を考えてから、クラスチェンジを行うようにしましょう。 第2位:エルウィン マーシャル エルウィンは 最も使い勝手がいい最終クラスは「ヒーロー」ですが、キャラ自身が強く、優秀な槍兵がいない時は、十分に使うことが出来るクラスとなっています。 味方をかばうという槍兵の特性こそありませんが、自身が先陣を切り、戦っていくという戦略をとることができるといえるでしょう。 第3位:バルガス ロイヤルガード バルガスは 2マスの範囲にいる味方を「かばう」という盾役には欠かせない能力を、最初から所持しています。 クラスチェンジでは、さらに防御力を上昇させることが出来る「ロイヤルガード」一択といえるでしょう。 勇者を経由すれば、さらに強固な盾になることができますが、最終的にはロイヤルガードにするべきです。 また、タレントスキルの性能で クエスト内で1回のみ復活も可能なので、ピンチに自身が身代わりになったりという男前な性能を持っているといえるでしょう。 第4位:フレア ロイヤルガード フレアは現状 「ロイヤルガード」しか最終クラスがないので、ロイヤルガード以外に選択肢はありません。 他のクラスを経由しても、防御力をあげる性能が上がるので、できる役目にもさほど違いはないといえるでしょう。 フレアはロイヤルガードになることで、 防御力がかなり上昇し、盾役としての性能を発揮できますし、 反撃による固定ダメージを相手に与えることもできます。 バフ性能なども持っているので、盾役だけでなく、いろいろな役割を平均値でこなすことが出来るキャラといえるでしょう。 第5位:アーロン マーシャル アーロンは現状 「マーシャル」しか最終クラスがないので、マーシャル以外に選択肢はありません。 アーロンのタレントスキルは 自身のHPが低ければ低いほど、被ダメージを減少させるという盾役としてしか使えないものになっています。 また、 戦闘を行うたびに防御力が上昇していくので、前線に立ち、自身がおとりになるという戦略が向いているキャラと言えます。 自動回復も持っているので、生存率も中々と評価できます。 また、レア度も低いので、限界突破が行いやすいというメリットもあるといえるでしょう 槍兵ランキングの注意点 今回の、ランキングは最終クラスとして、槍兵を使うべきキャラをランキングで紹介させて頂いています。 クラスチェンジによって槍兵にすることができますが、槍兵になるべきではないキャラもいます。 一覧に表記があっても、ランキングに名前がない場合は、最終クラスでは他のクラスを選ぶべきキャラとなっています。 除外キャラの選ぶべき最終クラス• レディン…キング 歩兵• ベルンハルト…エンペラー 歩兵• ナーム…レンジャー 弓兵• エグべルト…ダークマスター 魔法使い• ルイン…ソードマスター 歩兵• ロウガ…ハイマスター アサシン• ピエール…サーペンマスター 水兵• レティシア…ナイトマスター 騎兵• スコット…ナイトマスター 騎兵• ファーナ…レンジャー 弓兵 まとめ 槍兵は貴重な盾役として活躍が可能なクラスです。 現状、キャラ数が少なくSSRキャラで槍兵にすべきキャラがいません。 ただ、槍兵は攻略に必須なクラスなので、SR、Rキャラでも育てておく必要が有るといえるでしょう。

次の