コロナ ウイルス 都市 伝説。 コロナウイルスはイルミナティカードで予知されていた【意味深】

新型コロナウィルスの裏に潜む知っておくべき真実と人類の未来

コロナ ウイルス 都市 伝説

今回の都市伝説外伝は、新型コロナウイルスが世界的に蔓延していることを受け、海外への取材はありませんでした。 しかし、自宅自粛の中でも常にアンテナを張っておくこと、そして、テレビでどこまで使えるか分からないと前置きしながら、大切なことを伝えてくれるとのことです。 新型コロナウイルス 新型コロナウイルスの最新の研究(2020年4月時点)では、中国の調査チームは体内で変異を続け感染力を強めており、その致死率はインフルエンザの20倍に及ぶと発表し、ハーバード大学公衆衛生大学院は強化されたワクチンが使用できなければ社会的距離を取る措置が2022年まで必要になると指摘しました。 そうなれば、現在の措置はほとんどが継続されることになるかもしれません。 発生源 アメリカは武漢研究所が発生源であるとして調査を求めていますが、WHOは武漢の可能性はない、誰かに細工されていないとしており、真っ向から食い違っています。 都市伝説界隈では、人工ウイルス説など様々な憶測が飛び交っていますが、世界的な陰謀であるなら尚更のこと、絶対に確定的な真実や証拠は出てこないですから、その裏側を考える必要がありますね。 アンテナを張るというのは、こういった憶測に対し意見し、思考を留まらせることなく、「その先を考えろ」ということです。 コロナショックの裏側で動く世界情勢 今回は新たな情報はあまり多くはありませんが、今までの「やりすぎ都市伝説外伝」を全て知れば話が繋がってきます。 ・氷河期の到来 ・新生会秩序(ニューワールドオーダー) ・人体冷凍保存技術 ・トランスヒューマニズム ・脳のデータ化 ・VR世界への移行 今までの流れを簡単にまとめると、地球に氷河期が到来予定であり、現在のままでは全ての人類が生き延びることができない。 また、世界を裏で操っている一族が新世界秩序を作り、世界を統一しようとしている。 しかし、これらを実現するためには今の人類は多すぎるため、人類選別のうえ、脳のデータ化やVR世界への移行を行い、選別された人間はトランスヒューマニズム化や地下施設で氷河期を生き延びる、ということでしょう。 新型コロナウイルス蔓延により変化したこと 我々が感じるレベルでの変化としては、昨年まではリモートでの仕事や会議、飲み会などは選択肢になかったですが、今や当たり前になってきおり、現金による感染経路も考えられる中、キャッシュレス化も加速し、今後は当たり前になってくるということでしょう。 そして、その先にあるのはVRの世界なのかもしれません。 過去に関暁夫氏が指摘していた通り「リアルの友人とのつながりを作っておく」ということが、自宅自粛が続く我々にとって非常に重要になってきています。 つまり、自宅自粛で不安な気持ちになっても、オンライン上でありながらも安心できるリアルな信頼関係を持っておくことが非常に重要であるということです。 また、こういう時だからこそ、人に優しくすることが大切なのです。 考 察 ご存知の方も多いと思いますが、YOUTUBEでも「新型コロナウイルス」という単語があると広告がつかず、WHO事務局長の出身国は、大量のチャイナマネーの恩恵を受けており、中国寄りの発言に偏っています。 更に、新型コロナウイルスの発生源についても、色々な考察ができ、今回の「やりすぎ都市伝説」では、中国のウイルス技術がアメリカと同等以上であることを誇示するためだとされていましたが、新世界秩序を作る組織にとって共産主義の中国やロシアは邪魔な存在であるのも確かです。 そして、初ワクチン開発国となる可能性が高いのがイギリスであり、イギリスといえばロスチャイルド家があります・・・と、今回は明らかに大きな外力が働いているのは誰の目にも明らかです。 今後は、更に致死率・感染率の高いウイルスが蔓延する(させる)可能性も大いにありますので、今回の自粛要請に従っていない方は考えを改めた方がよいかもしれません・・・今回の件で、自己中心的な人間の言動が明るみになってきています。 こういう方々を見ると、次の人類の進化は、科学技術もさることながら、精神的に成長することではないかと思う今日この頃です。 というのが都市伝説的な話ですが、日常生活においては、こういった話ばかり聞いていては鬱になってしまいますので、明るいは話題に触れたり、新しいことを始めたりすることもとても大切です。 ともに頑張っていきましょう。 やりすぎ都市伝説外伝まとめ 都市伝説ベストセレクション wumeko.

次の

【567】新型コロナウイルスは日月神示で予言されていた!?

コロナ ウイルス 都市 伝説

もくじ• ありがちといえばありがちですが。 ウイルスが生物かどうかなんて話はここでは置くとして・・・ 「新型コロナ=生物兵器」説は、「中国軍の上級諜報部員が新型コロナの秘密をリークした」という話が元になっています。 それによると「中国軍が開発したウイルスをアメリカが欲しがり、裏取引(横流し?)が成立したが、それを阻止したい勢力と戦闘になり、誤って武漢付近でウイルスが放出されてしまった」ということです。 でもこの話は、フィクション投稿サイトに投稿された「作品」を、そうとは知らずに外部の人が拡散してしまったものなんだそうです。 それでも「新型コロナ=生物兵器」説を主張する人は、 「フィクションという形にでもしない限り危険すぎてリークできなかった。 だから実はフィクションではないんだ」 と言ったりもしますが、真相はどうなのでしょうか。 「コロナ=生物兵器」説を「ぶっとんでいる」と思う人もいるかも知れませんが、もっとぶっとんだことを言う人もいます。 「新型コロナ=宇宙人」説です。 私たちは「宇宙人」と聞くと、すぐに「人型」を思い浮かべてしまいますが、ウイルスのような宇宙人がいてもおかしくないでしょ、という話。 「じゃあなんのためにコロナは地球に来たの? 侵略?」 と思ってしまいますが、そうではなく、新型コロナと「チャネリング」した人の話によると「地球人を目覚めさせるため」なのだそうです。 要するに地球人の意識のレベルを高めるためだと。 言われてみれば、新型コロナによって経済活動が停滞することで地球環境が良くなったり、奪い合いではなく分かち合いの心が強調されたりと、良い方向への変化は見られます。 ただそれを「宇宙人である新型コロナの意図なんだ」と言われても、にわかには信じがたい人がほとんどでしょうね。 でも宇宙人はさておき、ウイルスが地球外からやってくるという説は、「ランセット」という一流の医学専門誌にも掲載されたことがあるくらいです。 そういう主張をする専門家がいるなら、私たち一般人が「新型コロナは宇宙人である!」と言っても許されそうです。 さて、「新型コロナ=宇宙人」説も十分ぶっとんでいるとは思いますが、さらにもっとぶっ飛んだ話があります。 それは「新型コロナ=神仏」説。 コロナって、数字で書くと567になります。 ハイ、語呂合わせです。 (超ざっくり言うとえら〜い仏様のことです) 本題に入ります。 ではなぜ新型コロナ(語呂合わせで567)が弥勒菩薩(ミロク)になってしまうのか? コロナ(567)とミロク(369)… この2つがどう繋がるのか全く分かりませんよね。 新型コロナがミロクになる理由 まず、弥勒菩薩(ミロク)はお釈迦様が亡くなって「56億7千万年後」にこの世にやってきて人々を救ってくれるとされています。 「56億7千万年後」ということで弥勒菩薩は「567」という数字と関係が深いことが一つあげられます。 次が本題です。 弥勒菩薩は「666」という数字でも表されます。 理由は単純、「6(ロク)が3つ」並んでいるから「ミロク」です。 これは単純な語呂合わせですね。 それでこの666を縦に並べて書くと上の6が天界を表し、下の6が私たちのいる下界を表すとされています。 6…天界 6 6…下界 その666の弥勒菩薩が、私たちを救うために天界から下界に力を移すとします。 全部じゃないけど「よし、これからは下界救済に力を入れていこう」という感じ。 そうすると、上=天界の6が1つ少なくなって5になり、その分下界の6に1足されて下の6は7になります。 つまり 下界にやってきてくれたミロク様は『567』と表せるわけです。 567……コロナ!? 新型コロナがミロク様? さて、このことを知った弥勒菩薩愛好家がハッと気づきました。 「コロナは567、ということは新型コロナはミロク様なんじゃないか…」 でもすぐにこんな疑問がわきます。 「でも何のために…?」 この理由、皆さんはお分かりになりますか? 先の「新型コロナ=宇宙人説」と同様、私たちを救うためです。 「でもここまで世界中の人々が新型コロナに苦しめられているのに救うためって言われても…」 それを考えるとやっぱり、宇宙人説や神仏説を、おいそれと信じることはできません。 ただそれでも、納得行く理由を「無理やり」考えるなら、以下のようなことが言えるでしょう。 ・高次元の存在から見ると、「この世」は非常に苦しいところである。 だから高次元の存在はこの世を去ることを悪いこととは考えていない。 またはこんな考え方もできます。 ・亡くなった人は、私たちを救うためにもともとそういうお役目でこの世に来ていた。 まとめ 以上、新型コロナの正体に関する「ぶっとんだ説」を3つ見てきました。 でも、こういう説が噂されるということは 「私たちはこのままじゃいけない、変わらなきゃいけない」 と考える人が増えてきているからなのかもしれませんね。 本日ご紹介したぶっとんだ説が本当で、最終的にみんな救われるのならいいなと、心から願います。

次の

”ダイヤモンド・プリンセス号”でコロナウイルスに感染された方が多数となり大黒埠頭は物々しい雰囲気に包まれているのでしょうか

コロナ ウイルス 都市 伝説

今回の都市伝説外伝は、新型コロナウイルスが世界的に蔓延していることを受け、海外への取材はありませんでした。 しかし、自宅自粛の中でも常にアンテナを張っておくこと、そして、テレビでどこまで使えるか分からないと前置きしながら、大切なことを伝えてくれるとのことです。 新型コロナウイルス 新型コロナウイルスの最新の研究(2020年4月時点)では、中国の調査チームは体内で変異を続け感染力を強めており、その致死率はインフルエンザの20倍に及ぶと発表し、ハーバード大学公衆衛生大学院は強化されたワクチンが使用できなければ社会的距離を取る措置が2022年まで必要になると指摘しました。 そうなれば、現在の措置はほとんどが継続されることになるかもしれません。 発生源 アメリカは武漢研究所が発生源であるとして調査を求めていますが、WHOは武漢の可能性はない、誰かに細工されていないとしており、真っ向から食い違っています。 都市伝説界隈では、人工ウイルス説など様々な憶測が飛び交っていますが、世界的な陰謀であるなら尚更のこと、絶対に確定的な真実や証拠は出てこないですから、その裏側を考える必要がありますね。 アンテナを張るというのは、こういった憶測に対し意見し、思考を留まらせることなく、「その先を考えろ」ということです。 コロナショックの裏側で動く世界情勢 今回は新たな情報はあまり多くはありませんが、今までの「やりすぎ都市伝説外伝」を全て知れば話が繋がってきます。 ・氷河期の到来 ・新生会秩序(ニューワールドオーダー) ・人体冷凍保存技術 ・トランスヒューマニズム ・脳のデータ化 ・VR世界への移行 今までの流れを簡単にまとめると、地球に氷河期が到来予定であり、現在のままでは全ての人類が生き延びることができない。 また、世界を裏で操っている一族が新世界秩序を作り、世界を統一しようとしている。 しかし、これらを実現するためには今の人類は多すぎるため、人類選別のうえ、脳のデータ化やVR世界への移行を行い、選別された人間はトランスヒューマニズム化や地下施設で氷河期を生き延びる、ということでしょう。 新型コロナウイルス蔓延により変化したこと 我々が感じるレベルでの変化としては、昨年まではリモートでの仕事や会議、飲み会などは選択肢になかったですが、今や当たり前になってきおり、現金による感染経路も考えられる中、キャッシュレス化も加速し、今後は当たり前になってくるということでしょう。 そして、その先にあるのはVRの世界なのかもしれません。 過去に関暁夫氏が指摘していた通り「リアルの友人とのつながりを作っておく」ということが、自宅自粛が続く我々にとって非常に重要になってきています。 つまり、自宅自粛で不安な気持ちになっても、オンライン上でありながらも安心できるリアルな信頼関係を持っておくことが非常に重要であるということです。 また、こういう時だからこそ、人に優しくすることが大切なのです。 考 察 ご存知の方も多いと思いますが、YOUTUBEでも「新型コロナウイルス」という単語があると広告がつかず、WHO事務局長の出身国は、大量のチャイナマネーの恩恵を受けており、中国寄りの発言に偏っています。 更に、新型コロナウイルスの発生源についても、色々な考察ができ、今回の「やりすぎ都市伝説」では、中国のウイルス技術がアメリカと同等以上であることを誇示するためだとされていましたが、新世界秩序を作る組織にとって共産主義の中国やロシアは邪魔な存在であるのも確かです。 そして、初ワクチン開発国となる可能性が高いのがイギリスであり、イギリスといえばロスチャイルド家があります・・・と、今回は明らかに大きな外力が働いているのは誰の目にも明らかです。 今後は、更に致死率・感染率の高いウイルスが蔓延する(させる)可能性も大いにありますので、今回の自粛要請に従っていない方は考えを改めた方がよいかもしれません・・・今回の件で、自己中心的な人間の言動が明るみになってきています。 こういう方々を見ると、次の人類の進化は、科学技術もさることながら、精神的に成長することではないかと思う今日この頃です。 というのが都市伝説的な話ですが、日常生活においては、こういった話ばかり聞いていては鬱になってしまいますので、明るいは話題に触れたり、新しいことを始めたりすることもとても大切です。 ともに頑張っていきましょう。 やりすぎ都市伝説外伝まとめ 都市伝説ベストセレクション wumeko.

次の