作業エプロン。 【楽天市場】エプロン

【楽天市場】業務用・作業用エプロン:スモック・割烹着のエプロン宝庫

作業エプロン

評価 3. 7 シンプルなデニム生地を使用したエプロンです。 【特長】 ・ユニセックスなので男性の方が着用して もしっくりときます。 ・作業に便利なペン挿しポケットと、貼りポケットが左右に装備されてい ます。 ・ジーンズに使用するデニム素材を使 用していますので、気兼ねなく洗濯出来ます。 ・タフな生地なのでとことん使い倒してくださ い。 ・水仕事で汚れを気にする作業などでも重宝します。 ・色は濃いめで汚れが目立ちにくいので 毎日の仕事でご活用ください。 ・首まわりがロープタイプなのでなで肩の方でもずり落ちな いのもポイントです。 ・生地の重さは10. 5オンス(1ヤードあたりの重さ)とデニム生地の中で は比較的軽量なので、一日着用頂いてもストレスを感じることなく作業に没頭することが できます。 【用途】 ・会社の作業用ユニフォームや、イベントのスタッフエプロン、DIY、ガーデニングから 調理までシーンを選ばず幅広くお使いいただけます。 評価 3. 0 綿100パーセント、10. 5オンスデニムのエプロンです。 【特長】 ・シンプルなデニム生地を使用したエプロンです。 ・汚れが目立ちにくいデニム素材で作業に便利なペン挿しポケットと、貼りポケットが左右に装備されています。 ・ジーンズに使用するデニム素材を使用していますので、気兼ねなく洗濯出来ます。 ・タスキ掛けタイプなので肩が凝りにくいのもポイントです。 ・生地の重さは10. 5オンス 1ヤードあたりの重さ とデニム生地の中では比較的軽量なので、一日着用頂いても肩こりなどストレスを感じることなく作業に没頭することができます。 【用途】 ・掃除、溶接、工房、農作業などにオススメです。

次の

【楽天市場】エプロン

作業エプロン

評価 3. 7 シンプルなデニム生地を使用したエプロンです。 【特長】 ・ユニセックスなので男性の方が着用して もしっくりときます。 ・作業に便利なペン挿しポケットと、貼りポケットが左右に装備されてい ます。 ・ジーンズに使用するデニム素材を使 用していますので、気兼ねなく洗濯出来ます。 ・タフな生地なのでとことん使い倒してくださ い。 ・水仕事で汚れを気にする作業などでも重宝します。 ・色は濃いめで汚れが目立ちにくいので 毎日の仕事でご活用ください。 ・首まわりがロープタイプなのでなで肩の方でもずり落ちな いのもポイントです。 ・生地の重さは10. 5オンス(1ヤードあたりの重さ)とデニム生地の中で は比較的軽量なので、一日着用頂いてもストレスを感じることなく作業に没頭することが できます。 【用途】 ・会社の作業用ユニフォームや、イベントのスタッフエプロン、DIY、ガーデニングから 調理までシーンを選ばず幅広くお使いいただけます。 評価 3. 0 綿100パーセント、10. 5オンスデニムのエプロンです。 【特長】 ・シンプルなデニム生地を使用したエプロンです。 ・汚れが目立ちにくいデニム素材で作業に便利なペン挿しポケットと、貼りポケットが左右に装備されています。 ・ジーンズに使用するデニム素材を使用していますので、気兼ねなく洗濯出来ます。 ・タスキ掛けタイプなので肩が凝りにくいのもポイントです。 ・生地の重さは10. 5オンス 1ヤードあたりの重さ とデニム生地の中では比較的軽量なので、一日着用頂いても肩こりなどストレスを感じることなく作業に没頭することができます。 【用途】 ・掃除、溶接、工房、農作業などにオススメです。

次の

デニム胸付前掛 タスキ 作業用エプロン

作業エプロン

ツールエプロンの作り方 1.ポケットパーツを作る まずポケットパーツを作ります。 ポケットパーツの裏が上になるように置き、両端は5cm、他は10cm間隔で印をつけます。 (印1) この印を使ってタックを作ります。 下端から2cmのところに、チャコペンで横にまっすぐ線をひきます。 この線がタックの縫いどまりの位置になります。 ポケットパーツを表に返し、20cm間隔で縦にまっすぐ線をひきます。 (印2) 印1のところが山になるように中表で折り、印1から1cmのところを縫います。 さきほど線をひいた2cmのところが縫いどまりとなります。 6か所すべてタックを縫ったら、写真の通りにアイロンでタックをたおします。 ここでは無地に白ラインをきかせたかったので外側に三つ折りしていますが、柄布の場合は内側に三つ折りしましょう。 三つ折りしたところにステッチをかけます。 両側を内側に5mm折り、アイロンでしっかり折り目をつけておきます。 2.本体パーツにポケットを縫いつける 本体パーツの上にポケットを置き、ていねいにまち針でとめます。 この時、本体パーツの上辺に20cm間隔で印をつけ、その印と、さきほどつけた印2が縦に揃うようにしましょう。 縦方向の位置は下辺から5cmのところです。 ポケットの両側と下辺をぐるりと本体に縫いつけます。 印2のライン上をステッチします。 本体の4角を写真の寸法で切り欠きます。 この時、裾は切りっぱなしの仕上げでOKという方は、上辺の角2つだけを切り欠いてくださいね。 裾を切りっぱなし仕上げにする方は、両側だけの処理で良いです。 3.腰ひもを縫いつける 腰ひもを作ります。 1本にした腰ひもの4辺を内側に1cmずつ折り、アイロンをかけます。 長いですが、頑張りましょう。 さらに半分に折ってアイロンをかけます。 両端はこんなふうに折り込んでおきましょう。 本体の上辺に腰ひも1の部分に挟みこみ、まち針でとめます。 これで完成!なのですが、このままだとツールエプロンのポケットにたくさん入れる場合、エプロンが下にたるんでしまします。 なので、ポケットにたくさん物をしまっても下にたるまないように、腰ひも通しをつけるのがおすすめです。 長辺を内側に折り込んでステッチをかけます。 短辺を内側に1cm折り、アイロンで折り目をつけます。 ポケットの端に合わせて縫い付けます。 ツールエプロンが完成! さあ、これでツールエプロンが完成です! さっそくつけてみました。 ポケットのたっぷり感!頑張ってタックをつけた甲斐がありますね。 腰ひもをベルト通しに通してからひも通しに通せば、ポケットに重いものを入れてもエプロンが下がりません。 ハサミやひも、霧吹きなどをポケットにしまって、、、 ユーカリ・ポポラスさん、いい具合のドライになったかな? 使い終わったらくるくる巻いて、 コンパクトに。 当サイトnunocoto fabricで販売している 生地はすべて商用利用可能です。 催事・バザー・オークション・ハンドメイドサイト・個人のオンラインショップなど、販売用アイテムの製作にそのままご利用いただけます。 また、サイト内で紹介している 無料型紙(製図・パターン)および、ソーイングレシピコンテンツを参考にして作った製作物の販売も自由です。 ただし、製品化した際に起こる全てのトラブル、クレームにつきましては当店及びnunocoto fabricは一切の責任を負いませんので、ご了承ください。 こちらの無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)は個人利用を目的としたものとしているため、 無料型紙(製図・作り方レシピ・パターン)自体の複写・転載・販売は禁止とします。 nunocoto fabricオリジナルパターンの著作権は、当店nunocoto fabricが所有しております。 申し訳ございません。

次の