ポケモンストリンダー育成論。 ストリンダーがキョダイマックス! 唯一無二の個性を持つ新ポケモン

ストリンダー/対戦

ポケモンストリンダー育成論

特性の「パンクロック」で攻撃性能が上がっていますので、1度攻撃を耐えることができれば多くの相手と打ち合うことができます。 不利な対面からダメージを与えつつ逃げることができる。 ヘドロばくだんとの選択。 ヘドロばくだんより威力は高いが、毒の追加効果の確率が低い。 5倍するとつげきチョッキにより、特殊アタッカーに対する性能を上昇させた型です。 「ほっぺすりすり」による麻痺で、相手の素早さを下げることで、「ミミッキュ」や「ドラパルト」に素早さを逆転させて、「たたりめ」で弱点をつくことができます。 物理耐久は、「つるぎのまい」後のミミッキュの「シャドークロー」を確定で耐え、キョダイマックスすれば「ギャラドス」の「じしん」を確定で耐えることが可能です。 特殊耐久は、特攻252振りウォッシュロトムの「ハイドロポンプ」を確定で3発耐える調整になっています。 便利な交代技。 不利な対面からダメージを与えつつ逃げることができる。 相手の特攻を下げつつ攻撃できる。 特性「パンクロック」と相性が良い。 ストリンダーの役割と立ち回り 特性のパンクロックが優秀なアタッカー ストリンダーは、特性の「パンクロック」のおかげで114という特攻種族値以上の火力を出すことができるポケモンです。 しかし、素早さが中途半端なため「きあいのタスキ」による行動保証や「こだわりスカーフ」による素早さの補強が必要になってきます。 フェアリー対策として有効 ストリンダーはフェアリータイプに対して有効な毒タイプなためフェアータイプの対策として優秀です。 じめんとエスパー以外に弱点もないので、フェアリータイプに弱点を突かれにくい点も評価できます。 ストリンダーと相性の良いポケモン ストリンダーの弱点を無効にできるポケモン 地面タイプに強い、飛行タイプのポケモンがおすすめです。 特性「ふゆう」によって、地面タイプの攻撃を無効にする方法もあります。 また悪タイプのポケモンは、ストリンダーの苦手な、エスパータイプの攻撃を無効にできるので有効です。 ですので、地面タイプを選出するという対策方法が最も手っ取り早く効果的です。

次の

【ポケモン剣盾】ストリンダーの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモンストリンダー育成論

5倍になる 隠れ特性 スナイパー わざを急所にあてたとき、威力がさらに上がる インテレオンの特徴 インテレオンの長所 特殊アタッカーに向いた種族値 インテレオンの種族値は、C種族値125・S種族値120と飛び抜けて高いです。 そのため、CS種族値が必須となる特殊アタッカーとしてバトルで活躍します。 隠れ 夢 特性で真価を発揮する 隠れ特性「スナイパー」は、攻撃が急所にあたったとき威力が上昇します。 インテレオンが覚える技「ねらいうち」は急所にあたりやすい技であるため、覚える技と隠れ特性の相性が非常に良く、特殊アタッカーとして優秀な働きを期待できます。 ダイマックスと相性が良い ダイマックスすることで最大HPを増加できるため、インテレオンの低い耐久力であっても相手の攻撃を耐えることが可能となります。 また、ダイマックス技「ダイストリーム」によってあめを降らすことができるため、相手が起こした天候を塗り替えることも可能です。 インテレオンの短所 耐久力が低い CSが高い反面、耐久力 HBD の種族値が低めに配分されています。 等倍の攻撃であっても、相手の攻撃を耐えることが厳しいので、バトルではインテレオンをダイマックスさせて戦わせたいです。 でんきタイプに対して有効打が少ない インテレオンが覚える技のなかに、でんきタイプが弱点とするじめん技が「マッドショット」ぐらいしかありません。 「マッドショット」は威力55と低いので、でんきタイプに対して明確な有効打とはいえず、でんきタイプを相手にインテレオンはバトルで引かざるおえないです。 インテレオンの育成論一覧 ダイマックス型 技 攻撃対象 割合 回数 シャドーダイブ ドラパルト 性格補正あり A252 86.

次の

ストリンダー(ハイ)の育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモンストリンダー育成論

ストリンダーの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 75 98 70 114 70 75 タイプ タイプ1 タイプ2 でんき どく 特性 パンクロック 自分の音技の威力1. 相手の音技のダメージ半減 プラス(ハイの姿) プラスかマイナスの味方と戦闘に出ると特攻1. 5倍 マイナス(ローの姿) プラスかマイナスの味方と戦闘に出ると特攻1. 5倍 テクニシャン(夢特性) 威力60以下の攻撃の威力が1. 5倍になる 長所・短所 ポケモン史上初となる毒と電気の複合タイプで、この2つのタイプの組み合わせによって 耐性の数が非常に多いポケモンです。 電気・飛行・鋼・毒・草・虫・格闘・フェアリーと実に 8つものタイプを半減でき、 毒・麻痺状態も無効。 さらに特性で 音技のダメージも減るため数値以上に堅いです。 また、攻撃・特攻ともにそれほど高いわけではないものの、特攻は パンクロックの効果で音技が強化されるので、こちらも数値以上の火力を発揮してくれます。 一方の攻撃も、 ハイな姿ならギアチェンジを習得できるので、足りない素早さ共々補強して積み物理アタッカーに仕上げることも十分に可能です。 性格が 明るいならハイな姿に、 暗いならローな姿になるので、使いたい型などに合わせて姿を選びましょう。 短所としては、攻撃・特攻以外の能力が 軒並み平凡で中途半端な事が挙げられます。 自分より速いポケモンから高威力の技、特に4倍弱点の地面技を撃たれたら確1で倒されてしまうことも多く、強みを活かせないこともしばしば。 ただし平凡というのは 育て方の幅が広いという事でもあり、調整次第ではデメリットにならないこともあるのでそこはトレーナー次第です。 育成論 パンクロック型 努力値 HP:252(実数値182) 特攻:252(実数値182) 素早さ:4(実数値96) 技構成 解説 音技でのどスプレーを発動し、威力が上がった特殊技で攻め立てる型です。 今回持たせる道具である のどスプレーは、 音技を使うと特攻が1段階上昇する効果があります。 なので、 パンクロックの効果による強化分と合わせて オーバードライブや ばくおんぱといった 音技を使用する特殊型ストリンダーとは非常に相性がいい道具です。 音技は みがわりを無効化して攻撃できる効果があり、のどスプレーで強化されたこれらの技で みがわりを使った相手を一方的に倒せるでしょう。 技構成は前述の2つに加え、タイプ一致の特殊技である ヘドロウェーブと物理技の ほっぺすりすりを採用します。 このほっぺすりすりという技ですが、この技は威力こそ低いですが、この技が効く相手なら 必ず麻痺させるというダメージと麻痺撒きを同時にこなせる技です。 特にミミッキュは麻痺すると 無振りのストリンダーより遅くなるので、これでばけのかわを潰しつつ麻痺させ、次のターンで倒すという対ミミッキュ用コンボが可能です。 ただし、ドリュウズやナットレイなど、 この構成の技をすべて半減にできるポケモンが少なからず存在するので、それらと当たったらすぐに退きましょう。 実演してみた では、このストリンダーが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 言ったそばからドリュウズとドラパルト。 このストリンダーの技を全部半減以下にできる厄介な相手が2体も来てしまいました。 対戦、よろしくお願いします。 今回は途中出場。 相手のカバルドンが退いて、ロトムを出してきたところからの登場です。 水ロトムならストリンダーで十分対処が可能なので、しっかり叩いていきましょう。 まず、ちゃんと通る相手ならオーバードライブかばくおんぱを発動します。 パンクロックでダメージが上昇しているので、高いダメージが期待できるでしょう。 そのうえでさらにのどスプレーが発動し、特攻が1段階上昇。 1段階ごとに元の数値の半分ずつステータスが上がるので、次からは威力がさらに1. 5倍に跳ね上がった攻撃が飛びます。 画像には無いですが、 耐性の多さを当てにしてHPに振ってあるので、ロトムの攻撃も 大したダメージを受けませんでしたし。 そしてカバルドンにも ばくおんぱ。 多少削れていたから余裕をもって倒せましたが、計算したら仮に万全でも乱数次第で倒せる威力は出ていたようです。 もし倒せてなかったら、 地面が4倍弱点だったのでそのまま地震を撃たれて倒されていたんじゃないでしょうか。 対戦、ありがとうございました。 まとめ 史上初の毒・電気タイプのポケモン、ストリンダーの育成論でした。 特殊型なら 強力な音技を持ち、特性でさらに強化されています。 耐性の多さも相まって、場に留まって強力な音技を撃ち続けてくれる優秀なアタッカーになってくれるでしょう。 以上、管理人、八卦がお送りしました。 次回もよろしくお願いします。

次の