シェリー 歌詞。 Cherie チェッカーズ 歌詞情報

シェリー 歌詞「尾崎豊」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

シェリー 歌詞

シェリーはその曲名のまま、シェリーという女性 ? に向けて歌われている曲です。 歌詞の9割にシェリーと言う言葉が入っているのではないでしょうか。 ではそのシェリーとは一体誰のことでしょう。 尾崎豊自身は明言していない 一説には母親への気持ちを歌った歌ですとか、奥様の繁美さんへの曲ですとか、はたまたイギリスの詩人メアリー・シェリー、パーシー・ビッシュ・シェリーのどちらかという説。 歌詞全体を読むとどれも違って読めます。 母親に対してだったら少し異常な様な気もしますし、 繁美さんとは出会っていないときに発表されていますし。 詩人に至っては 転がり続ける 俺の生きざまを 時には無様なかっこうでささえてる シェリー 優しく俺をしかってくれ そして強く抱きしめておくれ おまえの愛が すべてを包むから この部分で違うかな、と。 実際、尾崎豊がシェリーのモデルを明言していません。 ただ、奥様の繁美さんによると 「尾崎豊がお付き合いしていた元・交際相手」 という話があるようです。 それがもし本当であるならば、よほど思い入れのある女性だったのでしょうね。 また、尾崎豊と交流のあった知人からは「高校生の時にお付き合いしていた女性である」という証言もあるようです。 しかし、本当のことはこれから先も明らかになることはないでしょう。 若くして苦悩し前に進む もし元・交際相手だったとしたら、よほど悔いの残る別れ方をしたのでしょう。 そして、その彼女に懺悔するかのように、今の彼の現状を訴え、許しを願っているかのように聞こえます。 しかし救済を願っている訳ではなさそうです。 苦悩し、後悔し、それでも前に向かって進んでいく姿が目に浮かびます。 苦しみながらそれでも歌い続ける、シェリーは尾崎豊がどんな人間なのか、その内面を一番強く映し出されている名曲かもしれません。

次の

シェリー 歌詞 / 尾崎豊

シェリー 歌詞

Read on Genius すべてを、かわいい君にX4 ねえ、僕と一緒に来て 僕の腕にぶらさがって すごく寂しいんだ 君がここにいなくて、 君の声がしなかったり、君のからだが感じられないとね そう、だから来て! 僕のそばに来て 僕は、君のことは何も知らない 名前も、年も それでもきみは後悔しないよ だって、僕、あげるから、 すべてを、かわいい君にX4 大理石の台座の上にいる僕 ある日、落ちるかもしれないと恐れている そばに誰もいないとね でも、もし君が 僕といっしょに来てくれたら 僕のそばで歩いてくれるその人が 僕の苦しみを終わらせてくれるってわかるんだ。 命令といっても、ここでは「お願い」に近いですね。 命令法は ふつうの文の主語をとるだけです。 でてきた命令法とふつうの文、そして動詞の不定法を書いておきます。 ごく素直な命令法 viens — Tu viens — venir 来る pends — Tu pends — pendre ぶらさがる Sの脱落など少し注意が必要なもの ・-er動詞と、allerとほか一部の動詞は現在形の活用のSが脱落。 ・肯定の命令法に代名詞がつく場合は動詞の後ろにおきトレデュニオンで結ぶ。 ・te,meがつくときはそれぞれ強勢形(toi,moi になる。 laisse-moi — Tu laisses — laisser …をさせておく 否定の命令法 否定のとき、代名詞はふつうの文ど同じようにneと動詞のあいだにおく。 さて、この曲はいたってシンプルなラブソングですが、ひとつだけ比喩が出てきますね。 実際、ポルナレフはかなり大胆な行動をする方ですが、反面ナイーブで繊細なのです。

次の

尾崎豊 シェリー LYRICS

シェリー 歌詞

シェリーはその曲名のまま、シェリーという女性 ? に向けて歌われている曲です。 歌詞の9割にシェリーと言う言葉が入っているのではないでしょうか。 ではそのシェリーとは一体誰のことでしょう。 尾崎豊自身は明言していない 一説には母親への気持ちを歌った歌ですとか、奥様の繁美さんへの曲ですとか、はたまたイギリスの詩人メアリー・シェリー、パーシー・ビッシュ・シェリーのどちらかという説。 歌詞全体を読むとどれも違って読めます。 母親に対してだったら少し異常な様な気もしますし、 繁美さんとは出会っていないときに発表されていますし。 詩人に至っては 転がり続ける 俺の生きざまを 時には無様なかっこうでささえてる シェリー 優しく俺をしかってくれ そして強く抱きしめておくれ おまえの愛が すべてを包むから この部分で違うかな、と。 実際、尾崎豊がシェリーのモデルを明言していません。 ただ、奥様の繁美さんによると 「尾崎豊がお付き合いしていた元・交際相手」 という話があるようです。 それがもし本当であるならば、よほど思い入れのある女性だったのでしょうね。 また、尾崎豊と交流のあった知人からは「高校生の時にお付き合いしていた女性である」という証言もあるようです。 しかし、本当のことはこれから先も明らかになることはないでしょう。 若くして苦悩し前に進む もし元・交際相手だったとしたら、よほど悔いの残る別れ方をしたのでしょう。 そして、その彼女に懺悔するかのように、今の彼の現状を訴え、許しを願っているかのように聞こえます。 しかし救済を願っている訳ではなさそうです。 苦悩し、後悔し、それでも前に向かって進んでいく姿が目に浮かびます。 苦しみながらそれでも歌い続ける、シェリーは尾崎豊がどんな人間なのか、その内面を一番強く映し出されている名曲かもしれません。

次の