コロナ は いつ 収束 する。 新型コロナ「収束のカギ」にぎる集団免疫とはなにか

新型コロナ、「春に終息」と言えないこれだけの理由

コロナ は いつ 収束 する

どうしてコロナウイルスの夏収束が囁かれているのか 以前から根強い指示を受けているのが、新型コロナウイルス感染拡大は夏に収束する説です。 現在も世界中の人々を苦しめており、アメリカでは死者が日に日に増している状況。 夏に感染拡大が収束すればそれに越したこともないですが…。 新型コロナウイルスは日光や高温多湿に弱い説 新型コロナウイルスは、中東アジアや南米など、高温多湿の場所ではそこまで爆発的に感染拡大していません。 それを受けて、今世界では「新型コロナウイルスは強い光や高温に弱いのではないかという通説がまかり通っています。 実際の所すでに、高温多湿の状態では、ドアの取手表面などで感染力が長く持続しないことが研究結果に示されています。 これにより、夏には新型コロナウイルスの感染拡大が収まるのでは…というのが一つの説です。 確かに話だけ聞くと、説得力があるように感じてしまいますが…。 トランプ大統領も夏収束に期待 トランプ大統領も夏収束に期待を寄せています。 一刻の大統領としては、これだけ長い期間国の機能が低下している状況は看破できないので、強い言葉で「ありそうな意見」を述べているようにも見えます。 日本なら「無責任なことは言えない」として、こういった不確定な未来への期待を口にすることはないと思いますが、さすがアメリカといった感じですね。 専門家は「コロナウイルスの夏収束はない」という意見 トランプ大統領も強い期待を寄せている「コロナ夏収束論」ですが、専門家は疑問視しています。 専門家は夏には感染者増加ペース自体は落ち着くだろうが、感染リスクが完全になくなるには至らないとしています。 現在新型コロナウイルスの免疫を獲得している集団がないため、はっきりとしたことは誰も言えません。 第一に、現時点で温度が高く、湿度も高い地域で感染者が出ている時点で、「夏には収まる」という楽観的な意見はちょっと能天気すぎるようにも思えます。 確かに紫外線に弱いウイルスは多いです。 しかし日光浴でウイルスを殺せたとしても、殺せるのは「体の表面についたウイルスのみ」。 体の中に入り込んでいるウイルスを殺すまでには至りません。 そして表面のウイルスを殺すには、手洗いすれば済む話です。 下手に日光浴して新型コロナウイルス感染リスクを高めるくらいなら、手洗いうがいの徹底をした方が予防効果は高そうです。 夏収束する場合の生活 「夏に新型コロナウイルス収束」のシナリオで生活がどうなるかを考えてみましょう。 楽しいこと、明るいことでも考えないと、今の生活気が病んでしまいます。 仕事 夏にコロナ騒ぎが落ち着けば、以前と同じく会社に出社して仕事なんてことができるようになります。 しかし以前よりソーシャルディスタンス意識が高まった現代人は、「人と人との距離感」を保つ努力をするはず。 結果、相変わらずフレックスタイム制、テレワーク対応をやめない企業が多くなりそうです。 そして結果的に、日本企業全体の働き方は大きく変わっていくのだと思います。 もし夏収束が現実になれば、社会全体が変わるスケジュールが早まることになりますが…。 転職活動 コロナウイルス騒ぎが終われば、採用活動も徐々にですが再開されるはず。 すでに多くの企業が倒産しているので、求人倍率は上がり、転職活動や就職活動は難しくなるかもしれません。 当分不景気が続くでしょうから、求人数が減ることも覚悟しておきましょう。 世界的な不況になっている現在、徐々にしか景気は戻らないのです。 教育 現在小学校などは休校になっています。 しかし夏収束ともなれば、「9月始業」も可能になります。 参考: コロナウイルスが夏収束しない場合のシナリオ 我々は未来について考える時、「最悪のパターン」を考えておかないといけません。 コロナウイルス感染における最悪のパターンとは、今皆が夢見ている「コロナ夏収束」がやっぱり無かったケース。 夏に感染拡大が収束しない場合、どんな未来が訪れるのか。 悪い未来も予想して、その未来に対して身構えることも大切なのです。 経済は停滞 コロナウイルス感染拡大が収束しないのですから、相変わらず人は家に閉じこもったままです。 そうなると当然経済は回りません。 変わらず経済は停滞したままです。 日本は相変わらず、未曾有の大不況に苦しむことになります。 多くの失業者が出て、人々は露頭に迷い、犯罪を犯し、自殺するでしょう。 オリンピックも再延期または中止 東京オリンピックは「1年延期」を決定していますが、延期なんて話ではありません。 1年後の7月に新型コロナウイルス感染が完全に治まっているか疑問ですし、オリンピックともなれば大勢の人が移動します。 再びウイルスが世界中に撒き散らされる自体になりかねません。 オリンピックは延期どころか中止もあり得ます…。 オリンピックが中止になれば、6回目の中止となります。 ですが過去の中止理由はいずれも「戦争」による中止です。 今回コロナウイルス感染拡大でオリンピックが中止になれば、戦争以外の理由で中止されたはじめてのオリンピックということになります。 中国とアメリカが戦争 新型コロナウイルスは中国から広まったウイルスとされています。 そのため、今世界中から中国へのヘイトが溜まっている状況です。 特に憎しみを向けているのが、世界でも特に感染者数、死亡者数が多いアメリカです。 中国も中国で、「HIVはアメリカから生まれたが責任はとってない」などと反論しており、お互いすでに憎み合っている状況です。 アメリカの空母内で新型コロナウイルス感染が起こるなど、中国にとって戦争をしかけるには皮肉にも絶好のタイミングとなっています。 仮に夏コロナウイルス感染拡大が治まったとしても「季節性」の病気になる可能性あり もしも、トランプ大統領の期待通り「夏に新型コロナウイルス感染収束」があったとします。 そしてじょじょに社会機能が戻ってきて、人々は街に出かけるわけです。 しかし新型コロナウイルスは完全になくなったわけではなく、季節性の感染リスクがあるウイルスである可能性があるので、「寒くなってきたころ再び感染爆発」なんてことも十分ありえるのです。 順調にいっても、新型コロナウイルス感染がおさまるのには2,3年かかるなんて意見もあります。 「夏にはなんとかなってるだろ」なんて甘い気分でいると、あとあと自分の首を占めるような悪い未来が到来する可能性もあるのです。 新型コロナウイルス夏には収束するのか まとめ 新型コロナウイルス感染拡大は夏に収まる試算があることを、アメリカのトランプ大統領が打ち出しています。 しかし専門家はその意見には慎重な意見。 私個人としても、「コロナも夏には治まってるやろ」なんて楽観的なことを考える気にはちょっとならないですね…。

次の

新型コロナウイルスは夏には収束するのか?仕事は?生活は戻る?

コロナ は いつ 収束 する

3ヶ月後なので 7月の頭ということですね。 「(コロナウイルスをきっかけに社会が大きく変わる。 そして) 2023年に新しい社会が形作られて安定してくる。 」 と予測されているようです。 コロナが収束したら元通りの生活になる、ということではなくコロナをきっかけに社会の仕組みや構造が大きく変わると考えている方はスピリチュアルかどうかを問わず多くいますね。 コロナウイルスによって私たちは、破壊と再生の「破壊」を経験しているのかもしれません。 2023年に落ち着くと思うと長いような短いような…。 収束見込みはまだ先…?4月末から5月頃に節目か【ゲッターズ飯田】 2020年の「ゲッターズ飯田の世相占い」を分析したという Obatea占いのサイトでは「 新型コロナウイルスの収束はまだ先となりますが、4月末から5月頃に節目を迎えます。 」と書かれています。 5月半ばに収束見込み?【 カメリア・マキ】 また、現代占術の最高峰である占い師だという カメリア・マキさんが書かれたサイトでは 実はこの木星と土星が「合」という配置は、2019年12月4日から始まっており、 何かと災害の多かった2019年に続いて、何かが起こる不穏な配置でした。 (中略) これは1月4日から始まり、星座を移動しながら2月17日以降、ピークを迎えます。 3月23日にいったん抜けるのですが、再び4月1日から現れ、4月10日の満月前後が猛威をふるう頂点となるでしょう。 この配置が終了するのは、5月14日です。 と書かれています。 みんなが仕事を休んだら収束していく【そうた】 ここからは少しぶっ飛んで(笑)収束見込みの 明確な時期ではなくなります。 こちらの動画では4:25あたりからコロナウイルスのことを話しています。 具体的にいつコロナが終息するのかという話ではありませんが、コロナウイルスをきっかけに社会が大きく変わるという考えは、一番はじめに紹介したシンガー兼ホロスコープ鑑定士のCOMA-CHIさんと共通していますね。 コロナの収束見込み・予測(非スピリチュアル) コロナがいつまで続くかという予測についてスピリチュアルでは無い、 一般的な新聞などに見られる収束見込みを見てみましょう。 コロナの収束見込み— 約4週間か 3月26日のによると 中国の感染爆発は 約4週間で収束し、韓国は 約3週間で収まっている。 イタリアも感染爆発が始まってから約3週間が経過し、新規感染者はピークを過ぎたように見える。 各国の対策はほぼ同じなので、早期に対策をとれば感染爆発は4週間程度で収まることが予測される。 ということは、 ヨーロッパと米国での感染爆発は4月中に終わる可能性がある。 と書かれています。 しかし、『それで問題が終わるわけではない。 』と続きます。 多数の感染者が出た武漢において多めに見積もったとしても 感染者は人口の1%です。 人口の7割前後が感染すれば獲得できる 集団免疫には程遠く、有効なワクチンが開発されない限り一度収束したとしても、 新たに感染者が入ってきたら再度感染が広がる可能性がある、と述べられています。 日本も緊急事態宣言が出されたので、諸外国のように感染を封じ込めることができれば 4週間後の5月頭を目処に収束する可能性が有りそうですね。 コロナの収束見込み— 夏前までか 他のコロナ収束見込みをみてみましょう。 ここにあげるの記事では遺伝子的に類似している 重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した地域の夏に「終息宣言」が出されたことから 夏前を目処に一定程度減る方向に向くと予測されています。 政府専門家会議のメンバーで、日本感染症学会の舘田一博理事長(東邦大学教授)は、「(日本は) 4月以降は気温や湿度が上昇し、ウイルスが生き延びにくい環境になる」と、ウイルスの弱点を説明する。 収束時期は 「集団免疫などさまざまな要素が絡むので、正確には分からない」としながらも、気候が温暖になる夏前をめどに、ウイルスは一定程度減る方向に向くと見る。 しかし、 SARSは症状が出やすく、囲い込んで対処することができたのに対し、 新型コロナは感染しても症状が出ない人が一定数いることが確認されており、この「無症状病原体保有者」が、 ウイルスの封じ込めを難しくするとの指摘は多いようです。 『人との接触を極力減らす』というような 個人個人の行動によって、コロナウイルスがいつまで続くか、というのは変わってきそうですね。。 コロナがいつまで続くか、予測・予言は難しいのか コロナウイルスがいつ収束見込みは人々の行動やワクチンの開発、政府の対応によっても変わってくるため、正確に予測・予言は困難だと言えるでしょう。 誰が感染しているか分からないウイルスなので一人一人の行動によって感染の拡大が左右されてしまいます。 新型コロナウイルスのワクチンの開発状況についてはこちらの記事にまとめました。 せっかくゴールデンウィークがあるので4月末に収束見込みがあるという説を信じたいところですが、実際はどうなるかわかりませんね。。 今後の政府の方針もどうなるかわかりませんし、商業施設も自粛が続く可能性もあります。 ゴールデンウィークは 様子を見ながら計画を立てるか、 野外でのキャンプなどウイルス対策のできる方法で楽しむのが良いさそうです。 まとめ コロナウイルスの収束見込みがいつになるかは様々な説がありますが、一度収束してもまた感染が広がるという可能性も考えられます。 日々ニュースを見ていると不安を感じ、外にもでられない…そんな生活では 誰でも気が滅入ってしまいますよね。 笑っている方が免疫は高まるようですし、なるべく安心して楽しく日々を過ごしたいものですね! ニュースは気になることもありますが、ニュースなどコロナウイルスの情報ばかりを追って 不安や心配してばかりの時間を過ごしていないか振り返ってみてはいかがでしょうか? 自宅待機の期間にも自宅でできることは色々有ります。

次の

コロナの収束見込みはスピリチュアルではいつまで?占い師や予言など!

コロナ は いつ 収束 する

〈これから1〜2週間が急速な拡大に進むか、収束できるかの瀬戸際〉 政府の「専門家会議」がそう見解を出したのは、2月24日のこと。 はや3週間が過ぎたが、事態は「拡大」か、それとも「収束」に向かっているのか。 「休校」要請など、異例の対策の成否はまだ明らかになっていない。 「感染拡大は免れません」 とは、元厚労省医系技官の木村盛世医師である。 「そもそも『瀬戸際』発言の真意や根拠がわからない。 1月の中国からの渡航者は昨年に比べ23%も多かった。 年初にはもう感染者は入っていたはずです。 ガラガラの羽田空港 「発祥地である中国のピークとピークアウトの流れを見ていると、そこからやや遅れる日本ではそうなるかと。 収束は6月より後では」 同志社大学客員教授で「松本クリニック」院長の松本浩彦氏はより深刻で、 「年内いっぱいは付き合う心積もりをしておいた方が良い。 これだけ感染者数が増え、広がっていることから見ると、収束するには多くの人が一度感染し、抗体を作るほかないのではないでしょうか。 その期間を考えると、年内ピーク、収束は来年となるでしょう」 年明けから始まった「コロナ禍」は更なる「長期戦」に突入。 慌てず、腰を据えて闘うしかない。 「週刊新潮」2020年3月19日号 掲載 外部サイト.

次の