その他 の システム データ。 容量不足?iPhone ストレージから「その他」を削除する方法まとめ

【iPhone】ストレージの「その他」とは?削除しても大丈夫?

その他 の システム データ

iPhone 容量 その他 そこで、このページではiPhone iOS 11 メールを削除する方法を紹介します。 いずれも実用的な小技なので、今使わなくても頭にいれておきましょう。 iPhone 容量 その他について iOS 11以降でiPhoneから「設定」「一般」「iPhone ストレージ」と進み、あるいはiTunes経由してiPhone 容量を確認する時、写真、App、メディア、メールなどがそれぞれ占める容量が表示され、その中には、「その他」という項目が見られます。 iPhone 容量 その他というのは、iOSやアプリが一時的に使用したキャッシュファイルや設定ファイル、そのほかのシステムデータなど、ユーザーが使用していない不要なデータであることがほとんどです。 「その他」データの標準サイズはおよそ3~4GBで、それ以上の場合は、「その他」データを削除することでiPhone 容量を劇的に減らすことが期待できます。 iPhone ストレージを確認 iPhone 容量 その他を削除 そして、どのようにして「その他」データを削除するといえば、iPhoneをiTunesにバックアップし、デバイスをリセット(初期化)して、またiTunesバックアップからiPhone データを復元するという順に行われます。 一、iPhoneをiTunesにバックアップする iPhone 容量 その他を削除するには、デバイスを初期化する必要があるので、データをまずバックアップするのがオススメです。 iPhoneをiTunesにバックアップする時、暗号化バックアップは保存したパスワード、Webサイトの履歴、LINEのトーク履歴、Wi-Fi設定、ヘルスケアデータなどもバックアップできるので、ここでは主にiPhone iTunes 暗号化バックアップする方法をご紹介します。 パソコンに最新バージョンのiTunesがインストールされていることをご確認ください。 iTunesを起動します。 USBケーブルを経由して、お使いのiPhoneデバイスをパソコンに接続します。 インターフェースの左上にiPhoneのアイコンが表示されたら、それをクリックします。 「概要」をクリックして、「バックアップ」セクションから、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れます。 下図の示しているように、パスワードを作成します。 パスワードを確認して入力後、バックアップが始まり、以前のバックアップファイルが上書きされ、暗号化されます。

次の

その他システム

その他 の システム データ

Androidの空き容量で「その他」って一体なに!? そもそも 「その他」の正体とは何なのでしょうか? 画像・音楽・動画・メール・アプリ以外の データで、 端末が区別出来ない状態のものが 空き容量の中の「その他」に当たります。 自作アプリや 自分で作成したフォルダなども その他に分類されてしまうことが多いので、 よく分からない「その他」だからといって 全部必要ない!削除してしまっても良い! というわけではありません。 削除する方法とは? 全部削除して良いものではないとはいえ、 余計なデータは消して少しでも動作を軽く、 空き容量を増やせたらいいですね。 その他の中から必要なものを残し、 不必要で容量を圧迫する原因をなっている データを削除する方法を解説します。 出典: まずは「その他」の中身を調べましょう。 <おすすめのアプリ>• これらのアプリは、 どのデータがどのくらいの容量を使っているのかを 視覚的に確認することが出来るので、 アプリを活用しながら 不要なものは地道に削除していくのが 良いでしょう 必要なデータを削除してしまったら いつも使っているアプリが起動しなくなって しまうなどの トラブルにつながります。 よく分からないデータには触らないように しましょう。 削除しないで「その他」が増えるとどうなるの? もしも必要なデータを削除してしまったら… あんまり詳しくないから下手に触りたくない… 地道に消す作業が面倒… もし 「その他」を削除しないまま 容量が増えていったらどうなるのでしょう? その他以外の写真などのデータを 定期的にSDカードやPCに移すなどして 本体から削除していれば容量の面では それほど気にする必要はありませんが、 何も削除せず増やし続けていくと 容量不足となります。 出典: もしかして 「 空き容量が不足しています」という メッセージが出た時、スルーしていませんか? 容量が足りなくなるとアプリのダウンロード やデータの保存が出来なくなり、 本体の動作自体も非常に遅くなります。 このメッセージはある程度余裕のある段階で 出てくるものですが、何度も無視していると 本当に容量が足りなくなり、 ファイル整理アプリすら ダウンロードできなくなります。 こまめにデータの移行・ バックアップをしておきましょうね。 そうならないためにも日頃から 容量のチェックをしておくと安心ですね。 Android空き容量の「その他」を今後作らないための対策は? 「その他」を作らないということは システム上難しいので、 必要以上に容量をためないように 日頃から対策をしておきましょう。 余分なデータがたまらないようにするには、 以下の データを削除することが有効です。 不要なメール• LINE等のメッセージアプリの不要な履歴• キャッシュ• 標準搭載のギャラリー等の データ閲覧アプリが生成した サムネイルファイル これらを削除したら、 一度 再起動して容量を確認します。 これだけでもだいぶ 空き容量が増えるので、 時々やっておくといいですよ。 「その他」には 既に削除したアプリのデータが残る こともあります。 不要なアプリを削除した時は その他の中身も確認し、 一緒に削除出来るデータがあるかを チェックしておくと良いでしょう。 まとめ 普段何気なく使用しているAndroidですが 不要なデータをこまめに削除することで 快適な動作を持続させることが出来ます。 ファイルを整理してくれる 便利なアプリなども上手に利用して、 Androidの持つ本来の機能を 最大限に活用したいですね。

次の

他システムとの連携に関する要求の取りまとめ方

その他 の システム データ

Appleのユーザーサポートページによれば、iPhoneなどのIOS端末の「iPhoneストレージ」(もしくは「iPadストレージ」)では「その他」は「システムファイル・ソフトウェアアップデート・Siriの音声・キャッシュ済みのファイル・ログなど」を指し、iTunesでは「Siriの音声・システムデータ・キャッシュファイル」を指すと書かれています。 iPhone上とiTunes上で、同じ名前のカテゴリの指すものが違っているのは困りものですが、基本的には 「システムが使うデータやファイル、キャッシュファイル、Siriの音声」が「その他」に含まれるデータと見ていいでしょう。 また、アプリの作るファイルのうち、iOSが「書類とデータ」に含まれると判断できないものも「その他」に含まれます。 さて、iPhoneのストレージにおける 「その他」の削除方法の中で一番面倒ですが、最も期待できるのが、これから紹介する「初期化」と「復元」を使う 方法です。 この方法は、 iPhoneのデータを一度暗号化バックアップして、それからiPhoneをまっさらに初期化、しかるのちにバックアップから復元するという手順を踏みます。 この際、「その他」に含まれるキャッシュやシステム周りの不要なファイルはバックアップの対象とならないため「その他」が削除されたiPhoneに、あらためてアプリや写真などのデータを入れ直すことで、「その他」のないiPhoneを手に入れられるというワケです。 ただし、 LINEや一部のゲームでは暗号化バックアップでデータがバックアップされないものもあります。 その ため、そういったアプリについては、 初期化する前に個別にバックアップを取る必要があります。 このことも、この方法の面倒さのひとつに挙げられます。 なおLINEのバックアップ方法については以下のリンク先の記事を参照してください。 最初にiPhoneのバックアップを取ります。 今回の例ではiPad Air 2を使っていますが、iPhoneでもiPodでもやり方は変わりません。 まずPCで 「iTunes」を立ち上げ、 iPhone(もしくはその他のIOS端末) をケーブルでつなぎます。 そして 端末を選択し、左の 「概要」タブを選び、「バックアップ」の項目の 「このコンピュータ」と「ローカルのバックアップを暗号化」の2か所にチェックを入れます。 すると暗号化のパスワードを尋ねてきますので、忘れないパスワードで入力してください。 今回はあくまでもストレージ内の「その他」を削除するためだけですので「0000」などでも十分です。 パスワードを設定できたら、 「今すぐバックアップ」をクリックします。 忘れてはならないのが、iTunesを動かす PCにiPhoneのバックアップを取るだけの空き容量があるかと、ということです。 場合によっては、iPhoneのストレージの空き容量を増やすためのバックアップを取るための空き容量を増やすためにPCのストレージ整理をしなければならない、という混乱した状況を招いてしまいます。 また、削除された電子書籍や音楽・動画を再ダウンロードしようとする際、 制作者や出演者が不祥事などで配信中止になっていると再ダウンロードができない場合もあります。 「その他」は削除できたけれども、もう二度と手に入れることができないデータも消えた、ということになってもいいのか、よく考えてから初期化・復元してください。 ここまで 紹介した方法でも「その他」の不要なファイルが削減できない場合は、 クリーナーソフトの利用に踏み切るべきでしょう。 PC上でPhoneClean Pro、iExplorerといったクリーナーソフトを使うことで、これまでの方法では削除できなかった不要ファイルが削除され、空き容量が増える可能性があります。 ただし、 これらのソフトはAppleが認めた正規のものではないので、ソフト利用によって問題が起きても補償などは受けられませんし、Appleが想定している以上の作業を行うので、 操作に失敗するとiPhoneを完全に初期化するしかない場合もありますので、 使用前には念のためにiTunesでバックアップを取ることを忘れないでください。 細かい設定で「その他」やそれ以外の不要なファイルを削除して空き容量を増やすだけでなく、結果的にiPhoneを高速化してくれるクリーナーソフトです。 非常に強力なソフトですが、それだけに強力すぎて必要なファイルまで削除する可能性もあります。 このソフトを 最初に使う時には必ずiTunesで暗号化バックアップを取ってからにしてください。 また PCに有線接続せずにクリーニングするサイレントクリーン機能もありますが、これ は2回目以降の定期的な削除に利用してください。 最初にこの機能を選ぶと、有線接続以上に時間がかかりすぎる危険性があります。 これらの問題にぶつかりさえしなければ、PhoneClean Proは、これまでの方法では削除できない「その他」の不要ファイルも確実に削除してくれる、心強いソフトです。 また、iPhoneを誰かに譲る際にデータを完全消去する際にも役立つソフトでもあります。 iPhoneのストレージにはびこる「その他」はなかなか削除するのが大変ですが、その分だけうまく削除できるとすっきりとします。 記事の記述に従い iTunesにつないで「その他」の容量を確認したら、再起動を試し、Safariのキャッシュやメッセージの添付ファイルを削除し、アプリを再インストールしてみて、それでもダメなら初期化・復元を試みてください。 それでもまだ問題になるほど「その他」が残るようであれば、クリーナーソフトでiPhoneをまっさらにしてください。 ただし、 まっさらになりすぎて元のデータが取り戻せない場合もありますので、バックアップを忘れないようにお願いします。 この記事で、あなたのiPhoneの「その他」が実害のないレベルにまで減ることを祈っています。

次の