アコギ アルペジオ。 【アルペジオ弾き方講座】右手の動かし方

アコギ スリーフィンガー アルペジオの弾き方

アコギ アルペジオ

アルペジオとは? ギターの奏法(右手)は、突き詰めていうと、「まとめて弾くか、ばらして弾くか」の二通りなんですよね。 そもそも「アルペジオ」とは「分散和音」といいまして、コード(和音)をばらして弾くことを言います。 ストロークではコードを押さえ、弦をいっぺんに鳴らしますが、それに対して、アルペジオではコードを押さえ弦をバラバラに弾くのです。 バラード系の伴奏によく使われる奏法です。 アコースティックギターの場合はアルペジオは指で弾くのが一般的ですが、エレキギターの場合はピックを使ったアルペジオが主流となります。 ゆっくり弾く分には難しくはないですが、スピードを上げていくと難易度は跳ね上がります。 さらに歌いながらアルペジオを弾くとなるとこれはもう曲芸の領域になりますね。 フラットピックを使ったアルペジオもありますが、弾き語りの場合は通常指で弾きます。 アルペジオのパターンはたくさんありまして、すべては当然紹介できませんが、二つ三つ覚えて組み合わせれば、かなり上手く聞こえます。 アルペジオのポイントは2つ ポジションのポイントとしては「親指をしっかり伸ばすこと!」「手の甲がぶれないこと!」の2点です。 そしてアルペジオでの一番の弾き方のポイントは、右手の動きのパターン化してしまうことです。 覚えてしばらく練習し、頭で考えなくても自然に指が動くようにしましょう。 親指はピンと伸ばして。 少し反るくらいでちょうどいいです。 どうしても手の甲が動いてしまう場合は、小指をボディに置いて支えると安定します。 サムピックを使う習慣をつけると必然的に正しいフォームが覚えられておすすめですよ。 弾き語りの場合、「フォー・フィンガー」と「スリー・フィンガー」の二つのスタイルが あります。 最近はフォー・フィンガー・スタイルが主流のようですが、後々の応用力を考えれば「スリー・フィンガー・スタイル」をおすすめします。 もちろん、どちらも使い分けられればそれに越したことはないですけどね。 スリーフィンガーの方が親指の守備範囲が広く難しそうですが、慣れるとより速く力強いピッキングができるようになります。 アルペジオの基本のパターン 基本的なパターンとして、6~4弦を弾いて、3~1弦は同じパターンで弾きます。 アルペジオの基本パターン 63231323 53231323 43231323 最初に6弦を弾くのか、5弦、または4弦を弾くのかは、押えるコードによって変わります。 例えばDコードであれば、6弦、5弦を弾かないので、4弦から弾きます。 アルペジオを弾く上での注意点 使用頻度が高いアルペジオですが、コード弾きよりもごまかしがききません。 1音1音を正確に発音して、音を重ねていかなければならないため、左手の押さえ方がかなりシビアになってきます。 鳴らした音をブツッと途切れさせてはいけません。 全部の音を綺麗に響かせることが大切になります。 よく練習してるときに起こってしまう例ですが ・音がブツブツ途切れてしまう ・他の弦を弾いてしまう ・リズムが狂う なんて事があるのではないかと思います。 ここはしっかり練習をし体に叩き込みましょう! 音が途切れる まず、上手く弾けない最も多いことは、音がブツブツ途切れてしまうことです。 この原因は、フレットを押さえている指が寝てしまっていることにより、隣の弦にふれてしまっていることが挙げられます。 また、アルペジオを弾いている最中に押さえる力が弱くなり途切れてしまうこともあるでしょう。 対策としては、指をしっかり立てることです。 Fなどバレーコードでも、セーハしている指以外は、しっかりと立てましょう。 最初はどうしても力を入れてしまうと思いますが、慣れてくれば、それほど力を入れなくても楽に押さえられるようになります。 もうひとつ挙げると、コード弾きのようにコードチェンジのように一瞬で左手のフォームを全部変える必要がありません。 これから弾く音を1つずつ順番に押さえていけばいいので、時間的な余裕が生まれてきます。 他の弦を弾いてしまう 他の弦を弾いてしまって音を外してしまうことも問題です。 アルペジオでは右手のピッキングで大きなストロークは必要ありません。 なるべく手首を動かさず、指の動きだけでピッキングするようにしてください。 単音弾きのギターソロでもそうですが、右の小指をピックガードなどギターのボディに軽く触れておくと、右手が安定しやすくなります。 最初はどうしても、弦の位置が体に染みついていないので、体に弦の位置を覚えさせることが重要です。 まずは、なるべく弦を見ないようにして、6弦から1弦まで1本ずつオルタネイトピッキング弾いていきましょう。 それが出来るようになったら、1弦飛ばしや2弦飛ばしにもチャレンジしたり、スピードを上げていきましょう。 リズムが狂う.

次の

アコースティックギター初心者の弾き方練習講座

アコギ アルペジオ

アコースティックギターの表現の幅を広げるために、 今回はアルペジオ奏法のやり方と練習方法を紹介しましょう。 アルペジオとは? アルペジオ奏法は、 コードの音を1つずつ別に弾いて行く奏法です。 一度引いた音は止めずに、そのまま響かせておきます。 後から鳴らす音を重ねて行くことで、コード感を出して行きます。 全部の音を一度に引くコード弾きよりも、メロディアスで劇的な効果があります。 静かな曲や、スローテンポの曲で使用されることが多いです。 もちろん、場合によっては激しい曲や速い曲で使われることもあります。 実際に弾いてみよう では、アルペジオの一例を弾いて見ましょう。 最初は、Aのコードを、5弦〜2弦まで弾きます。 次にコードをおさえる左手はそのままで、1弦〜4弦まで戻ってきます。 同じコードを慣らしている間は、弾いた音が止まらないようにしましょう。 次の小節では、Dのコードをおさえて、同じように弾きます。 コードチェンジをスムーズに行いましょう。

次の

アコギ初心者のアルペジオ曲!秦基博「ひまわりの約束」の弾き方

アコギ アルペジオ

このページの目次• 1.アルペジオとは? はじめに、アルペジオとは何か確認しよう。 アルペジオとは、コードの音を分解してバラバラに弾くことだ。 ストロークではコードを押さえ、弦をいっぺんに鳴らした。 それに対して、アルペジオではコードを押さえ弦をバラバラに弾く。 左手で通常どおりにコードを押さえ、右手で弦をバラバラに弾く。 この右手の使い方がポイントだ。 次の章で詳しく説明しよう。 2.アルペジオでは右手の動きをパターン化する アルペジオの一番のポイントは、右手の動きのパターン化してしまうことだ。 あなたが靴ひもを結ぶときのように、何も考えなくても指が動くようにしてしまうことだ。 この後に紹介する3つのパターンはアルペジオの基本的なパターンだ。 これらを覚えてしばらく練習し、頭で考えなくても自然に指が動くようにしよう。 1小節内にコードが1、2個出てくるときに使える。 コードによってベース音が異なることに注意しよう。 ベース音とは、1小節の中の1拍目と3拍目にくる、コードの中で一番低い音のこと。 4~6弦のどれかになる。 この音は必ず親指で弾く癖をつけよう。 さらに、親指以外の指もそれぞれの担当する弦を決めておく。 この指の配置に決めておくとアルペジオが簡単になる。 まとめると以下のようになる。 このように各弦を担当する指を決めてアルペジオを練習しよう。 C mやF mがやや難しい。 すべて8分音符で弾こう。 3.3.応用パターン(コードの頭でストローク) 練習パターンをクリアしたら、応用パターンとして小節頭をストロークにするパターンをやってみよう。 親指でベース音を弾く代わりにストロークするのだ。 親指で全ての弦をなでるように弾く。 以下のTAB譜では小節頭に矢印をつけた。 矢印の部分をストロークに変えてみよう。 これができるとアルペジオの演奏に変化がつき、表現力が増す。 ベース音とは何か、詳しく説明しておこう。 どのコードにも必ず1つのベース音がある。 ギターの場合は押さえたコードの中で一番低い音がベース音だ。 たとえばCコードの場合、5弦の3フレットのCの音がベース音だ。 実は、これがCコードという名前の理由だ。 反対にいうと、コードの中で一番低い音はCの音でなければならないので、Cコードを押さえるときには6弦をミュートする。 アルペジオでは小節頭にベース音を弾く。 最初にベース音を弾くことによって、それが何コードなのかがはっきり分かるので、聴き手は安心して演奏を聴くことができるのだ。 1小節1コードのみのときは、このパターンで弾くと自然な流れになる。 ポイントは小節頭の1音だけベース音を弾いて、次の小節まで親指を使わないことだ。 また1~3弦の弾く順番にも注意しよう。 どこかで順番を間違ってしまうと、リズムが狂ってしまう。 4.2.練習パターン 練習パターンを弾いてみよう。 バレーコードがないので簡単だ。 すべて8分音符で弾こう。 4.3.応用パターン ハンマリングとプリング 応用パターンもやろう。 アルペジオの中にハンマリングとプリングを取り入れてみた。 これらのテクニックを自然に取り入れられると上級者だ。 単調な演奏のアクセントになる。 ぜひ習得しよう。 このパターンはリズミカルな印象になる。 ただし1曲通してこのパターンを使うことはあまりない。 曲の一部で使うことによって演奏がスムーズに進む。 3・4小節目は、2本の弦を同時に弾かず、16分音符で分けて弾く。 すぐにコードが切り替わるため、コードチェンジが忙しいかもしれない。 コードチェンジが追い付かないときは、テンポを落とし、ゆっくり弾いて練習しよう。 5.2.練習パターン このパターンも練習パターンを弾いてみよう。 5.3.応用パターン ベースラインが下降する 応用としてベースラインが下降するパターンをやってみよう。 多くの曲で取り入れらているテクニックで、小技として覚えておくと便利だ。 このときの音の変化の感覚を覚えておくと、作曲や耳コピをするときに役立つことがある。 ギターのアルペジオ 3つのパターンのまとめ 今回はアルペジオの3つのパターンを紹介した。 これらのパターンを体で覚え、自動的に弾けるようにしよう。 慣れてきたらTAB譜を使わず、コード譜のみで、これらのパターンを弾いてみよう。 コード譜だけでアルペジオが弾けるようになれば初心者は卒業だ。 最後にもう一度、3つのパターンをまとめておく。 パターン1 パターン2 パターン3 自然に弾けるようになるまで何度でもトライしてほしい。 からご覧の方は、次はを読んでいよいよ自分の好きな曲の演奏に挑戦しよう。

次の