よる の 嫁入り ネタバレ。 漫画【宵の嫁入り】4巻あらすじ 私は騙されてた!? 無料ネタバレ: 漫画【宵の嫁入り】よるの嫁入、を読んでの感想ブログ☆

漫画【宵の嫁入り】4巻あらすじ 私は騙されてた!? 無料ネタバレ: 漫画【宵の嫁入り】よるの嫁入、を読んでの感想ブログ☆

よる の 嫁入り ネタバレ

それでもやっぱり、考えずにはいられません。 『君の膵臓をたべたい』ですっかり住野よるさんのファンになった私。 そこからわずか4日間で全4作品を読破しました。 綺麗に伏線を回収した『また、同じ夢を見ていた』と打って変わり、『よるのばけもの』はその答えを読者に委ねています。 「君の膵臓をたべたい」と「また、同じ夢を見ていた」は誰かに呼んでほしくて書きました。 「よるのばけもの」は出会ってくれた皆さんに読んでもらいたくて書きました。 もくじ• 誰かを下に見ていないと不安な女の子とは? 「いじめるのが好、きなふりし、て本当は誰かを下に見、てないと不安で仕方な、い女の子?」 まずは矢野が語ったこの女の子の正体について考えます。 候補は「中川」「井口」「工藤」ですが、私は「井口」だと思っています。 まずは 中川について。 実は、中川のことが前から苦手だった。 彼女は、自分の顔の派手さに自負があるからなのか、なんなのか、自分より劣っているとみなした人を傷つけることを怖がらない人間だ。 安達の考えが正しければ「中川がいじめを好きなふりをしている」とは考えづらいです。 上靴をボロボロにされた後も、誰かに指示されたわけでもなく悪質な仕返しをしようとしていましたからね。 続いて 工藤ですが、矢野との関係性が薄く、わざわざここで名前を挙げる人物とは考えにくいです。 ということで消去法でもありますが、 井口が最有力です。 「矢野をクラスの一員と思っていない証明としてノートにひどい言葉を書いた」のは「いじめるのが好きなふり」と合致します。 「本当は誰かを下に見てないと不安で仕方ない」というのは矢野の消しゴムをとっさに拾った後の、か細い「違うの」を聞けば納得ですね。 「いぐっ、ちゃんは、いい子だ、よ」 「いい子が傷つ、くのはやだ、ね」 井口がみんなから嫌われないように、あえてみんなの前でビンタした矢野ですから、この場面で井口の名前を挙げるのも違和感がありません。 矢野はなぜ緑川の本を投げた? 続いて、矢野と緑川の関係について考えます。 わかっていることは• 普段、矢野は緑川に話しかけないこと• 矢野が緑川の大事な本を窓から投げ捨てたこと• その後、クラス中が矢野を悪者だと認識したこと これは想像ですが、 緑川はいじめにあっていて、矢野は緑川の代わりに嫌われ者になるためにみんなの前で本を投げ捨てたのではないでしょうか。 井口を守るためにみんなの前でビンタした矢野ですから、本を投げることくらい 怖かったでしょうが やりかねません。 何も考えていないような矢野ですが、思慮深い人間であることは『よるのばけもの』を最後まで読めばわかります。 そもそも緑川を傷つけるだけであればみんなの前で行動する必要はありません。 「緑川をいじめから守るため」と考えれば納得がいきます。 仲間意識。 矢野たった一人を悪だとすることで生まれた、仲良くするための大義名分が、このクラスの中にはある。 残念ながらどこの学校でもいじめはありますし、無口な緑川はいじめの対象として適任です。 では誰がいじめていたのでしょうか? ここで登場するのが「笠井」です。 矢野が語った「男の子」とは? 「頭がよ、くて自分がどうす、れば周りがどう動、くか分かって遊んでる男、の子?」 この「男の子」は間違いなく笠井ですね。 「笠井くんは悪い子だよ」 この言葉から緑川が笠井のことを良く思っていないのは明らかです。 笠井は緑川に対して明るく振舞っていますが、そこも笠井の「遊び」ではないでしょうか。 本当は緑川をいじめているのに、みんなの前では仲が良いように振る舞う。 悪質ですね。 笠井がどこまで考えていたのかは分かりませんが、矢野が緑川をかばって本を投げ捨てたのも計算の内ではないでしょうか。 笠井は、まぎれもなくこのクラスの中心人物だ。 この、矢野に対する敵意で一丸となっているクラスの真ん中に、笠井はいる。 このクラスの中心は「笠井」。 そして、このクラスの連帯感は「矢野いじめ」によって生まれている。 でも、笠井が直接矢野をいじめてもここまでの連帯感は生まれなかった。 だから、矢野に緑川を攻撃させた。 想像の世界ですが、緑川に対して「お前のおかげでクラスに一体感が生まれたよ、ありがとう」くらいのことは言っていそうです。 「彼は本、当にうまいよ、ね」 「きっと彼に、は好き、な人なんて一生出来、ないって思、う」 緑川だけでなく、 矢野もここまでいうんですから、笠井が何らかひどいことをしているのは 間違いないでしょう。 馬鹿なクラスメイトとは? 「喧嘩しちゃっ、た元友達が、ひどいことされてて仲直りも出来な、くて、誰に対しても頷くだけしか出来、ない癖に責任を勝手に感、じて本人の代わりに仕返、しをして、る馬鹿なクラスメイ、ト?」 「頷くだけしかできない」 これは緑川以外にありえませんね。 そして、数々の仕返しが緑川の犯行だということが明らかになりました。 野球部の元田達が矢野の靴箱にカエルを入れる 野球部の窓が割られる• 「多分追いつ、かなくなったんだよ」 野球部の窓が割られなくなった理由の1つは、元田の矢野いじめが激しさを増したから。 ペットボトルで頭を殴ったり、差別用語と思われる言葉で罵ったり、黒板消しを投げつけたり。 もう1つの理由は緑川がハリーポッターを読んでいたこと。 「ハリー・ポッ、ターの世界に出、てくるんじゃな、い」「まあ絵とか、ほうきとか、喋ったり動いたりするからね」「なるほどだ、からあ、の馬鹿やめ、たんだ」 ハリー・ポッターの世界では「モノが生きている」と知った矢野が、モノを傷つけるのをやめるのは自然な流れですね。 「でもま、だ気を付け、た方がいい、よ」 矢野が大切にしていた能登先生のプレゼントを安達が割ったことへの仕返しはまだ終わっていません。 『よるのばけもの』では描かれませんでしたが、きっとこの後、緑川の仕返しが行われたでしょう。 カフェオレを投げつけた工藤も危ないですね。 警報音を鳴らしたのは誰? 中川の上履きがズタズタにされた前夜、校舎に鳴り響いた警報音。 「夜休、みなんだから、警備員さんは何も言、わないはずたまた、ま来、た知らない先生に見つか、ったはずだと思っ、たの。 だけど、あっちの棟だけ警報音鳴、ったりする? それに、音が小さ、い」 「そうだったら夜休、みなんだから、自分が持って、る目覚まし時計あたりを鳴らし、ちゃった相当な馬鹿だと思、う」 これは矢野の言う通り、本当の警報音ではない可能性が高そうです。 「そんな馬鹿な子みたいなこ、としない」 「文字ばっか、り読んで、たら、馬鹿になり、そうだ!」 矢野は緑川のことを一貫して「馬鹿」と呼んでいます。 「相当な馬鹿だと思う」「クラスの馬鹿な子かもね」と矢野がしきりに不審者を「馬鹿」と呼んだことから、不審者は緑川だとみて間違いなさそうです。 能登先生は何を知っている? ところで、なぜ矢野は犯人が緑川だとわかったのでしょうか。 これは想像の世界ですが、その鍵を握るのが「能登先生」だと思います。 いじめられて散々ひどい仕打ちを受けた矢野が保健室に行くのは必然であり、当然能登先生も矢野が置かれている現状をわかっています。 矢野が夜休みできるのは能登先生の後ろ盾があるからではないでしょうか。 そして、保健室に行く人はもう1人。 安達が鼻血を出して保健室に行った時に見た「緑川」ですね。 能登先生は当然、緑川の話も聞いているでしょう。 誕生日プレゼントを送るほど仲が良い矢野と能登先生。 緑川が仕返ししているのを矢野が能登先生から聞かされても違和感はありません。 なぜ警備員は来ない? なぜ警備員はこないのでしょうか? なぜ校舎のいたるところの鍵が開いているのでしょうか? ここを追求するのはナンセンスだと思いますが、 飛躍した妄想をすると実は「能登先生もばけもの」なんじゃないかと思っています。 自分の身をどう置くべきか迷っている安達に対して、能登先生がばけものになる必然性はありません。 それでも、「仮に警備員が能登先生のシャドーだったら」矢野が校舎に入れるのも、あらゆる場所の鍵を開けるのも容易です。 ファンタジーな世界ですので何が起こっても不思議ではありません。 それでも判断材料が少ないので、深く考えるのはやめておきます。 「誰かを無視しないなら敵」 単に自分が鈍感なだけかもしれませんが、このようなシチュエーションに遭遇することはありませんでした。 (女子の間だけとかなら起こっていたかもしれないけど…) 自分とはどちらかというと、相手に関わらずガンガン話しかけにいくタイプ。 だから、自分がこの学校にいたらすぐにいじめられていたかも笑 ただ、もし自分が同じようなシチュエーションに遭遇したらどうしようと考えたことはあります。 「大衆派」につくのか「いじめられっ子側」につくのか。 実際のところ、無視しなかったからといって詰め寄る人間だなんてごくごく一部でしょう。 残りのクラスメイトは嫌々つきあっているだけ。 矢野の消しゴムを拾ったくらいで悪口を書かされるとか狂気です。 「いや、俺はやらない」 それだけでいいんじゃないのかな。 安達は工藤に見放されたけど、絶対に理解者はいる。 間違いない。 それにしても、学生時代ってのは窮屈だと改めて思う。 「無視するか無視しないか」で悩むのであれば、その労力を勉強や部活に注ぎ込んでほしいものだ。 それでも、少なくとも1年間、小学校だと最長で6年間同じクラスで過ごさなければいけないのだから、軽々しく扱うわけにもいかないのだろう。 今も日本の学校でこんないじめが行われているかと考えると悲しい。 塾みたいにどこの学校に行くのかもっと簡単に選べればいいのにね。 親に迷惑をかけるから簡単に転校したいなんて言えない。 自分が居心地の良いクラスを選べたら、あるいは学校に行かなくても暮らしやすい社会であればこんな思いをしなくてすむだろう。 誰も気がついていなかった。 ここに化け物が座っているのに。 「夜」の姿がばけものだったはずの安達が、最終的に昼の姿を「ばけもの」と呼ぶようになった。 矢野はおかしい、それを本当のことだと思う俺は、まだここにいる。 緑川への仕打ちも、井口への行為も、ずれまくっている、それを正しいなんて思えない。 その自分を捨てることはできない これが正常な感覚だと思う。 これ以上、自分の気持ちを無視して、自分がやりたくないことを続けていれば、それこそ本当のバケモノになってしまう。 だから、これからいじめにあうかもしれないけれど、最終的に安達が「自分の気持ち」を大切にしてくれてよかったと思う。 この日の夜、久しぶりにぐっすりと眠ることが出来た。 もし眠れなくなっても、今度は人間の姿で「夜休み」にくればいいんじゃないのかな。 よるのばけものへの不満 俳優の坂口健太郎さんからコメントをいただきました! そしてそれを新帯に入れております。 私は『君の膵臓をたべたい』の桜良と【僕】のクスリとするやり取りや、『また、同じ夢を見ていた』の奈ノ花の独特の言い回しが大好きでした。 ただ、本作ではそういった「住野よるさんにしか出せない言葉遊び」が少なかったのがちょっぴり残念です。 もうひとつ物足りないのは、回収されていない伏線が多すぎること。 この作品のテーマは「いじめ」のはずなのに、読んでいると謎の方にばかり意識がいってしまいます。 あとは、作品全体を通して、盛り上がる場面が少ないのが欠点ですね。 住野よるさんの作品は大好きなので、次回作も楽しみです! 「また、同じ夢を見ていた」と「よるのばけもの」はもっと読まれてほしい~。 膵臓とは方向性違うけど良い話なんですよ~。 ボーン honetoken 住野よるの「よるのばけもの」読了。 この人の小説に共通しての感想だけど、まず、主人公女の子がすごい独特な魅力的なキャラクターしてる。 今作もそれはそれは あと、心臓抉ってー くるセリフが突然やってくる しかも言葉がもう選び抜かれたセリフで「ヤラレタアアア!!」ってなる。 — オ力ダ監督 フジロツク oka0366 感想ツイートするの忘れてた!共有。 住野よるさんの「よるのばけもの」住野さんがツイートなどで発信していた通り、読者へ寄り添った作品なのだと感じました。 昼と夜。 俺と僕。 どれも住野よるさんらしい独特の言葉使いと心情描写が魅力です。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

宵の嫁入りネタバレ注意の13話!感想と考察「ヘリ登場かーい」「過去が気になる」

よる の 嫁入り ネタバレ

もくじ• 宵の嫁入りのあらすじまとめ 宵と月島は熱愛夫婦・・・のはずが、宵の記憶は偽物。 本来宵に拒まれていた月島は宵に愛される日々を楽しんでいたが、宵が度々昏睡するようになり、富子は緊急事態と判断し対策会議を行う。 その場に居合わせた宵は現状を知り、本来の自分も月島のことを好きになるよう、宵攻略法を月島に伝授する。 宵は告白を聞き驚く。 自分の記憶は呪いのせいで変わったのかと尋ねる。 呪いは宵の心の関係がある。 宵が現実で嫌だと思った事は反映されているのだった。 宵は7歳で暁人と婚約していた。 だけど宵に対して暁人は嘘をついて、笑顔で酷い事をしていたので、それを思い出していた。 暁人は自分が嫌われているのに、呪いのせいで笑顔ではしゃいでいた宵を見て喜んでいたのだ。 宵はそれを聞いて凄く嫌な気持ちになる。 暁人に酷いと伝える。 そんな姿を見て、元に戻そうと提案する暁人。 宵の気持ちを考えてない周りの人たちは怒る。 その場を後にしようと言うが、それを拒否する宵。 宵は暁人に確かめたい事があるから、2人にしてほしいという。 周りは承諾し席を外すことにした。 宵と暁人は焼く係、縁とタマは生地伸ばし係、そして富子は試食係を担当。 縁たちの前で堂々と宵と暁人はせんべいを焼きながらイチャついていた。 一体何を見せられているんだと怒り心頭な縁とタマ。 タマは我慢できなくなり、暁人に代われと飛びつくが、そもそもタマは猫又のため、トングを持てない。 まだ焼いている途中のせんべいを直に触って熱いと涙するタマに、暁人はトングを持てることにドヤ顔を見せつける。 悔しがるタマ。 見かねた宵は宵の攻略法その18として動物には優しくすること、と暁人をたしなめた。 宵はパーティー中、ここ一ヶ月の間に起きたことを思い出していた。 それはタマと富子が本当は妖怪で、タマは宵が小さい頃に家の庭で拾った野良の猫又で、富子は古くから三条家に住み着いている座敷童子である、ということ。 タマは混乱させまいと、ずっと禁止にされていた宵とのお喋りが解禁され、泣くほど喜んでいた。 少し離れたところから暁人は宵たちが楽しそうにせんべいを囲んでお喋りに興じている様子を眺める。 そこに、今のこの穏やかな時間を噛み締めている暁人の心の声を代弁しながら、准が現れる。 彼も今日のせんべいパーティーに招待されていたのだ。 准は登場して早々、彼女と関係が戻ったことを報告した。 全員が揃い、ほっこりとした時が流れる中でパーティーは続く。 准は暁人に、結局宵との関係が半年引き延ばされ、逆に辛くならないのかと問う。 今のこの瞬間は宵にとっては夢も同然で、半年後には前の記憶が喚び戻されることで夢から醒め、忘れ去ってしまうからだ。 けれど暁人は、そのことについては対策があると答える。 その対策とは、感情に訴える夢ほど記憶に留まりやすいという研究結果から、宵には多幸感のある経験を何度も繰り返してもらい、僅かでも覚えていられるようにする、というものだった。 准はこの暁人の言葉を、宵とラブラブになって自分のことを忘れないでいてもらうと変換し、あまりの恥ずかしさに耐えられなくなり、一言応援していると返すのだった。 豪華な花束を貰い、祝福される暁人。 けれど、暁人の顔は冷めたもの。 その様は、有名な女性モデルを前にしても、まるで虫けらを見るように冷ややかな視線を送るほどだった。 普段ならもっと上手にあしらうのにと仕事仲間が見守る中、暁人は上司である所長へ、大事な用があるから帰ると挨拶をする。 このパーティーの主役が早々に退場することに所長は心底残念そうにするも、宵の元へ早く帰りたい暁人の気持ちは変わらない。 結婚したての頃から随分変わったとしぶしぶ了承する所長に、暁人は穏やかに笑い貰った花束を強く握りしめてその場を後にした。 第一印象は最低な人という印象だった。 優しく微笑む月島だったが、宵は月島が、7歳の婚約者なんて嬉しいわけない。 ただの義務、と言っていたことを知っている。 平然と嘘をつく人だと感じ、こんな最低な人と結婚するのはイヤだ、と泣きながらその場から立ち去った。 こうして最悪な出会いは終わり、それから3年間は月島に会うことはなかった。 会うことはなかったが、宵はいつも双眼鏡で月島を覗き見ていた。 出会って以来一回も喋ってない月島を見続けている宵 が不思議で仕方ない縁だった。 が宵は、いつも笑っているようで目が笑っていない月島が気になって、作った顔じゃなくて心から笑った顔が見たいと感じていた。 宵は彼を解放するために離婚を申し出るも、暁人はそれを断った。 理由を求める宵に、まず暁人は現在呪いのせいで月日が1年経っていること、そして宵の祖父が半年ほど前に亡くなったことを伝えた。 宵は泣きもせず、仏壇に手を合わせた。 1度経験したことだからか彼女の心はとても穏やかで、この現実を受け入れている自分が不思議だった。 宵は記憶を失う前に暁人にひどいことを言ったことを後悔していた。 そんな自分を暁人は見捨てず、祖父やこの家のことを取り計らい、そしてついには宵の呪いも解いてくれた。 沢山自分を気遣ってくれた人に、なんてひどいことを自分は言ってしまったんだろう。 1人宵は仏壇の前で涙を流した。 以前は漫画村のような違法のサイトがありましたが、今はなくなってしまいました。 しかし、違法ではなく漫画の最新話を読む方法があるんですよ。 こちらにおすすめなサービスを紹介しますね。 サービス名 無料ポイント 無料で読める冊数 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 600ポイント 今すぐ1冊分が読める 最大900ポイント 待てば2冊が読める これらのサービスを使うと、無料お試し期間中にポイントがもらえて、そのポイントを使って新作の漫画を買うことができるんです。 また、無料期間内に解約しても、違約金もかからないし、登録も簡単なのでご安心ください。

次の

宵の嫁入り 1話~4話 1巻 ネタバレ注意

よる の 嫁入り ネタバレ

『宵の嫁入り』最新話の14話は、は2019年8月24日発売のCheese!2019年10月号に掲載されています 🧀Cheese! 以前の月島は宵に対して酷い態度をとっていたことから、これを機に反省すれば…とギリギリまで黙っていたと。 一方で先に三条家に到着している縁と宵。 月島を心配に思う宵ですが、解毒剤を渡したから大丈夫だと話をそらそうとする縁。 そしてずっとこの家へ来ていなかった宵は、知らないことがたくさん増えているのです。 縁はなんと時期当主。 そして、明日は親族のパーティーがあるというのです。 戸惑いながらも、久しぶりにと参加を決める宵ですが実はこのパーティーには秘密があって…? 翌朝縁側を散歩していると、2人のおばさま方にすれ違う宵。 大きくなったわね〜といきなり話しかけられて、誰だか思い出せずにおろおろする宵ですが… おばさま方「ここにいらっしゃるってことは、記憶が戻られたの?」 と意味深なことを言ってくるのです。 身に覚えのないことなのに、割れるような頭痛が宵を襲います。 おばさま方「いとこ同士は近すぎると思うけど、おふたりは昔から仲がよかったしねぇ?」 と、縁と宵が結婚するかのような口ぶりで話を進めていて…。 そう、なんと縁は宵を自分の嫁にしようとしていたのです!!! そしてそのまま気を失って倒れてしまう宵のもとへいち早く駆けつけたのは、月島。 余計なことを言う人がいるから、宵をここへ連れてこないようにしてたのにと、宵を連れて自分の家へ帰ろうとします。 止めようとする縁ですが、家へ侵入した縁の罪を次々と読み上げていき…!? 一体縁はどうする!?.

次の