国民 年金 学生 免除。 学生時代に免除された国民年金保険料を追納すべきか 2011年10月11日

学生時代に払っていない国民年金は払うべきか?追納前にチェックしておきたい事まとめ。

国民 年金 学生 免除

免除・納付猶予制度 対象 免除…国民年金第1号被保険者で,ご自身・配偶者・世帯主の前年所得が,下表【承認基準】以下である方。 納付猶予…50歳未満の国民年金第1号被保険者で,ご自身・配偶者の前年所得が,下表【承認基準】以下である方。 内容 承認を受けた期間の国民年金保険料の支払いが免除・猶予されます。 申請可 能期間 過去の期間…申請が受理された月から2年1か月まで遡って申請することができます( 既に保険料が納付済の月は除く)。 将来の期間…翌年6月(1月~6月に申請したときはその年の6月)まで申請できます。 必 要 書 類 <必ず必要なもの> ・(郵送の場合,本人控えが必要な方は, 返信用の封筒を同封してください。 ご注意ください。 学生納付特例制度 対象者 <次の2つの条件にあてはまる方> 大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、特別支援学校、専修学校及び各種学校,一部の海外大学の日本分校に在学する方であること。 夜間・定時制課程や通信課程の方も含む。 (ご自身の在籍する大学・学校が対象となるかは『』 でご確認ください。 ) 国民年金第1号被保険者で,ご自身前年の所得が,下表【承認基準】以下であること。 内容 承認を受けた期間の国民年金保険料の支払いが猶予されます。 申請可 能期間 過去の期間…申請が受理された月から2年1か月まで遡って申請することができます( 既に保険料が納付済の月は除く)。 将来の期間…年度末(3月分)まで申請できます。 必 要 書 類 <必ず必要なもの> ・(郵送の場合,本人控えが必要な方は, 返信用の封筒を同封してください。 ご注意ください。

次の

学生時代に払っていない国民年金は払うべきか?追納前にチェックしておきたい事まとめ。

国民 年金 学生 免除

免除・納付猶予制度 対象 免除…国民年金第1号被保険者で,ご自身・配偶者・世帯主の前年所得が,下表【承認基準】以下である方。 納付猶予…50歳未満の国民年金第1号被保険者で,ご自身・配偶者の前年所得が,下表【承認基準】以下である方。 内容 承認を受けた期間の国民年金保険料の支払いが免除・猶予されます。 申請可 能期間 過去の期間…申請が受理された月から2年1か月まで遡って申請することができます( 既に保険料が納付済の月は除く)。 将来の期間…翌年6月(1月~6月に申請したときはその年の6月)まで申請できます。 必 要 書 類 <必ず必要なもの> ・(郵送の場合,本人控えが必要な方は, 返信用の封筒を同封してください。 ご注意ください。 学生納付特例制度 対象者 <次の2つの条件にあてはまる方> 大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、特別支援学校、専修学校及び各種学校,一部の海外大学の日本分校に在学する方であること。 夜間・定時制課程や通信課程の方も含む。 (ご自身の在籍する大学・学校が対象となるかは『』 でご確認ください。 ) 国民年金第1号被保険者で,ご自身前年の所得が,下表【承認基準】以下であること。 内容 承認を受けた期間の国民年金保険料の支払いが猶予されます。 申請可 能期間 過去の期間…申請が受理された月から2年1か月まで遡って申請することができます( 既に保険料が納付済の月は除く)。 将来の期間…年度末(3月分)まで申請できます。 必 要 書 類 <必ず必要なもの> ・(郵送の場合,本人控えが必要な方は, 返信用の封筒を同封してください。 ご注意ください。

次の

【国民年金の学生免除】20歳の誕生日時の手続きと未納分の処理

国民 年金 学生 免除

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で収入が減った人を対象に、1日から国民年金保険料の免除基準が緩和された。 主な加入者の自営業者や非正規労働者、フリーランスは休業要請による影響を受けやすいためだ。 学生を対象に納付を猶予する制度も合わせて緩和した。 これまで収入減少による免除は、前年か2年前の所得を基準に判断していた。 1日からは今年2月以降の1カ月の所得が基準を下回った人が免除の対象となり、所得や世帯構成によって、月1万6540円の保険料の全額から4分の1まで4段階で免除される。 単身世帯ならば年間所得に換算して57万円以下なら全額、158万円以下で4分の1が免除される。 本人が扶養する配偶者がいる2人世帯は92万円以下で全額免除となる。 国民年金を将来受け取るには10年間以上、保険料を納める必要がある。 免除の期間も受給資格期間に加算されるが、将来受け取る年金額は通常どおり納めた場合よりも減る。 大学や専門学校などの学生には、本人の前年所得が118万円以下なら国民年金保険料の納付が猶予される「学生納付特例」がある。 今回、休業要請でアルバイトが減った学生もいることから、前年所得が118万円以上の学生であっても、2月以降の所得が年間換算して118万円以下なら特例の対象にする。 猶予期間も受給資格期間に加算され、病気やけがをして障害が残った場合に障害基礎年金を受け取ることもできる。 ただ、追納をしないと将来の年金額には反映されない。 いずれも、申請は1日から市区町村や年金事務所で受け付ける。 郵送での手続きもできる。 2018年度の国民年金の1号被保険者は1452万人で、全額免除が205万人、学生納付特例の利用者は179万人。 (山本恭介).

次の