自分次第です僕は。 【ZOZO田端信太郎×西巻拓自】「僕らは前澤さんの誘いも嫌ならきっぱり断ります」“人生は自分次第”を実現する生き方 20’s type

久保建英、大いなる未来への自信「すべては自分次第。レアルで居場所を手にできると思う」

自分次第です僕は

曲作りがうまくいかないシンガーソングライターのソラと贋作作家のトキオ。 映画『ドンテンタウン 』は交わるはずのない2人をカセットテープが繋ぐ、ひと夏のポップで奇妙なニュータウンムービー。 贋作作家のトキオを演じた笠松将さんに作品への思いをうかがいました。 <作品概要> メガホンをとったのは、本作が初の長編映画となる新鋭・井上康平。 そして、ミュージシャン・菅原慎一が、ソロとして主題歌と映画劇伴を担当。 浮遊感に満ちた映像表現と音楽がかけ合わさり、物語にさわやかな余韻を残します。 ソラ役は、『少女』、『高崎グラフィティ』、『架空OL日記』などで知られる若手実力派・佐藤玲。 トキオ役は、『花と雨』『転がるビー玉』など出演作が相次ぐ、今注目の俳優・笠松将。 その他、『きみの鳥はうたえる』の山本亜依、『岬の兄妹』の松浦祐也といった実力派が揃いました。 ある夜、新居の押入れから、前の住人が残した大量のカセットテープが見つかる。 テープに吹き込まれていたのは、贋作画家として日銭を稼ぐ青年トキオ(笠松将)の「心の声」だった。 見ず知らずのトキオの想いに触れるにつれ、「記憶」と「現実」が交錯していくソラの日常。 カセットテープとピアノとアロハシャツと2人分の朝ごはん——交わるはずのなかったソラとトキオのひと夏の物語が始まる。 僕は絵を描くのが好きなのですが、マネージャーがうれしそうに「トキオは贋作作家だから、あなたに似ているんじゃない」と話を持ってきてくれたのです。 それで「やってみようかな」と思いました。 そんな感じで入口はふわっとしていましたね。 役作りはどうされましたか。 どんな役を演じるときもいわゆる役作りということは意識しないです。 例えば、こうして取材でお話させてもらうとちょっと緊張しますし、できるだけ丁寧な言葉で話そうとします。 これは親友と話すときとは違いますし、女の子と話すときも違う。 偉い人と話すとなれば、それもまた違います。 それって、その場にいる人で流れを共有し、自然とそうなっていくもの。 そんなに難しいことはしていません。 作ったものには限界があります。 撮影シーンの前後に起こることは意識しますが、生い立ちとか兄弟が何人いるとか、細かいことはあまり気にしません。 セリフさえ入っていれば、その場で自然にそうなるんです。 でも、この作品はちょっと違いました。 意外にいろいろ選択肢があり、演じていくうちに「こうなったのか」とか、「こっちか」みたいなことがありましたね。 結局、トキオって、僕なんですよ。 他の作品でも、今回の作品でも、演じている役は全部僕自身。 台本は読んでいますから、トキオがどう生きたのかはわかっている。 182センチで、こういう顔をした、27歳の男という僕が今、持っているもので、その生き方をしたらどうするか。 答えは決まっています。 ただ、こうするということは決まっていますが、それをどうやってするのかは考えますね。 例えば、トキオが怒るにしても静かに怒るのか、暴れ散らかすのか。 仲良くなっていくのも、どういう風に仲良くなっていくのか。 台本に大筋は書いてありますが、僕がそれをするならどういう風にするのか。 カセットテープに録るときも、僕ならこう喋るなという感じ。 僕はいつもこんな風に仕事をしてきました。 実は2回録っています。 まず、佐藤さんの芝居用の音を録って、もう1回、完成したものにアフレコで録りました。 絵は監督の知り合いの画家の方が全部描いています。 打ち合わせにも来てくださる熱心な方でした。 僕が描いているシーンもありますが、絵として映るときは僕が描いたものではありません。 サッカーは高校までやっていました。 みんなと楽しくやるといった感じで、得意というほどではありません。 むしろ下手くそなんですよ 笑。 残念ながら、今はサッカーをする機会がないですが、見るのは好きなので、時間があればスーパープレイ集やスーパースターの超絶テクニックといったものをずっと見ています。 どうしてこの人がNo. 1プレイヤーになれたのか、この賞が取れたのか、いろいろ気になります。 メッシが5年連続でバロンドールを受賞したときのインタビューで、「もっとサッカーが上手くなりたいです」と言っているのに対して、「コイツ、どうなっているの!」とツッコミを入れつつ見ています 笑。 あれは完全に監督の好みです。 監督と同じ世代なので知っていますが、ガットゥーゾはメチャクチャ玄人好み。 もちろんうまいのですが、泥臭く走り回る選手です。 僕はキーパーだったので、好きな選手は違いますね。 井上監督とは現場に入る前に、話をする時間をいただきました。 予算が潤沢にある作品ではなく、撮影期間が短かったのですが、事前に話していたので、現場では芝居についての意見が食い違うことはなく、佐藤さんと僕の立ち位置など、撮影に直接的に関わることを話したくらいでした。 何が幻想で、何が現実か。 台本を読んだだけではよくわからなかったので、「ここは本当に出逢っていますよね」とか、「お帰り、ただいまと言葉を返すけれど、実際にはいませんよね」といったことを整理させてもらいました。 そこがこの作品の面白いポイントですが、僕がわからないポイントでもありました。 これはお芝居をする上で違いはありますか。 現実はちゃんとやっておかなければいけない。 そうでなければ何を見せられているのか、わからなくなります。 しかし、幻想の中なら何をやってもいい。 例えば、幻想の中の優しさは女性側の妄想。 でも、現実ではそんなに女性に寄り添わない。 トキオは実際に生きているわけですから、そこが大事だと思います。 意識したつもりはないですが、妄想は「僕が女の子だったら、こうしてもらった方がうれしいかな」ということを意識してやっています。 現実は「僕だったらこうするよな。 そんなに甘くないでしょ」という感じ。 自然に演じ分けを考えていたかもしれません。 2つの部屋が並んでいて、こっちの部屋で僕が絵を描いていて、隣では佐藤さんがピアノを弾いている。 そこをカメラが動いて、2人を映し出す。 ここは妄想ですが、彼女の中では現実で、実際に僕はいる。 僕は僕の人生を生きている。 そこにいい感じの音楽が流れて、すごく気持ちのいいシーンです。 ただ、現場では気になることがあって、「監督、大丈夫ですか?」と聞いたら、「大丈夫です」と。 そのときは「本当に?」と思ったのですが、できあがったものを見て、「このシーン、こうなったんだ」、「ここはこう繋がるんだ」「これを目指していたからこだわったのか」と分かりました。 監督にはちゃんと見えていたのですね。 現場にいる、出来上がったものを見る。 この2つの受け止め方が大きく違ったので、作品としてとても面白かったです。 全体のバランスもよかったですね。 尺の短さも、見やすい作品に仕上がっています。 これは自論でもあるのですが、現実に起きていることをどう受け取り、どう咀嚼するか。 それによって、未来は大きく違ってくると思っています。 例えばコロナで大変な思いをしている人はたくさんいます。 しかし前向きに捉えて、何かのきっかけにした人もいます。 辛いことがあっても、ダメだと諦めない。 起きたことは自分次第でどういう風にもできるんです。 この物語の中のカセットテープは前の人が残していったゴミ。 それを彼女がどう捉えて、自分の世界に取り込んでいったのか。 そこを見ていただければ面白いのではないかと思います。 (取材・文:ほりきみき) <プロフィール> 笠松将(かさまつ しょう) 1992年11月4日生まれ、 愛知県出身。 卒業後に俳優を目指して上京し、以降、多数の映画やドラマに出演。 関連記事リンク(外部サイト).

次の

【ZOZO田端信太郎×西巻拓自】「僕らは前澤さんの誘いも嫌ならきっぱり断ります」“人生は自分次第”を実現する生き方 20’s type

自分次第です僕は

そして30歳のときに心機一転上京し、TTS株式会社を創業したのが同社代表取締役を務める山内将義だ。 自らの手で会社を着実に成長・拡大させてきた。 主軸としている事業は2つ。 1つは、SONYグループが提供する世界最速のインターネットサービス『NURO光』のマンション導入推進事業で、導入棟数は全国でもトップクラスを誇る。 もう1つは、全国のポスティングネットワークからなるインサイドセールス事業だ。 今でこそ売上が好調なTTSだが、創業から4年間はなかなか思うように業績が伸びなかった。 そこで、山内はさらなる事業の成長、組織の拡張を考え、お客様のニーズに基づいたインサイドセールスに切り替えたのだ。 インサイドセールスが功を奏し、「NURO光」の導入事業も軌道に乗っていたため、その時点から業績は右肩上がりで成長。 「目指した分野で一番になり、社会に誇れる企業になる」という確固たる目標を掲げ、そうした目標に賛同する仲間も増えていった。 現在、正社員が約35名。 アルバイト社員を含めると在籍者数は60~70名ほどになる。 平均年齢は27~28歳。 堅苦しさのない、フランクな職場環境がTTSの魅力の一つだ。 そして、メンバーに共通しているのは、全員未経験入社であること。 入社後に一から仕事を覚え、TTSの成長を支える立派な戦力に成長している。 社員の成長は、山内にとっても一番の関心事だという。 3ヵ月に一度は全員と直接面談をして昇給を査定。 山内も常に同じフロアで働いているので、社員の日ごろの頑張りや成長具合もよく観察できている。 朝、誰よりも早く出社し、社員の日報に目を通すことも山内の日課だ。 また、社員一人ひとりの意見を取り入れる環境もある。 コミュニケーションを密にし、経営側の目線で、仕事や会社のことを考えるよう常に働きかけている。 そうした取り組みが実を結び、組織の成長にもつながっている。 何をやっても長続きしなかった紆余曲折の20代 母子家庭で育った山内。 中学2年までは野球少年だったが、いつしか「野球をやらされている感じ」がして辞めてしまう。 また、進学した高校も、理不尽な理由で退学となる。 「17歳でいきなり社会に放り出されたのですから、そりゃあ不安ですよ。 あまり素行のよいタイプではなかったかもしれませんが、根は真面目でしたし、大学に行きたかった。 それで定時制の高校に入り直すことにしました」 定時制高校ではうまく友達もつくれず、学校にもあまり通わなかったが、それでもなんとか大学に進学。 しかし、大学でも周囲の学生と置かれている環境や家庭環境がまったく異なることに違和感を覚えた。 そんな山内が唯一夢中になったのが、飲食店でのアルバイトだった。 はじめて人から可愛がってもらえる経験をし、認められる環境に出会えたのだ。 「居心地がよくて、お金も稼げる」と、大学時代はバイトに明け暮れた。 大学4年で知人に誘われて飲食店を始めたが、半年で退店。 急きょ就職活動をして、教材の訪問販売会社に入社。 すぐに営業成績が全社3位になるほど成果を挙げたが、営業のやり方に不満を感じ、半年ほどで退職した。 さらに別の一般企業に勤めるも続かない。 「自分はやっぱり飲食業をやりたいのではないか」と、大学時代に世話になった飲食店でフリーターとして働いたものの長続きせず、その後勤めた別の居酒屋では劣悪な職場環境に体調を崩してしまう。 紆余曲折の20代を過ごし、「すり減って、疲れきってしまった」と言う山内。 30歳を目前に、このままでいいのか、と焦りばかりが募る。 職を転々としてきた自分をいまさら企業が雇ってくれるはずもない。 仕方なく、派遣社員として携帯ショップの店員として働くことにした。 これまでとは打って変わって、「天国のように楽だった」と山内は笑う。 仕事は朝10時から夜19時まで。 週休2日とこれまで経験したことのないような職場環境。 しかし、そこで感じたのも、やはり「焦り」だったという。 「一緒に働いている年配の派遣社員たちはいつも自分たちの時給の話ばかりをしていました。 そんな彼らの話に耳を傾けていると、『このままでは自分も同じようになってしまう』と感じて背筋がゾッとしたのです。 一方で、ぬるま湯のような環境からもなかなか抜け出せない自分もいました」 その最中、家電量販店の人員整理に伴い、派遣切りにあってしまう。 そのとき、インターネットの訪問販売を副業でしていたため、「自分に残っているのはこれしかない」と、その仕事で生計を立てていくことを決意。 すでに地元の名古屋は回り尽くしていたため、新たなマーケットを求めて単身上京をした。 「出張として東京に行くような感覚」だったが、それがTTSを創業するきっかけとなった。 「行く場所、行く場所で人と衝突をし、折り合いがつかず辞めてしまう。 バランスの取れたうまい物言いができない。 突発的に行動を起こしてしまう。 そんな僕がTTSを創業したのは、『自分の会社なら自分の思うままに仕事に打ち込める』と思ったからです」 人生は自分次第でいくらでも変えることができる 自分自身がさまざまな回り道をした末に成功を掴んだからこそ、山内はそうした経験を包み隠さず話し、想いをストレートに伝える。 「僕は30歳になるまで年収300万円を超えたことがありません。 28歳で時給は850円でした。 28歳ではじめてメールを送ったぐらいパソコンもできなかったような人間が、会社を一人で立ち上げ、9期目を迎えるまで続けられています。 20代の自分がそうであったように、何ひとつ夢が抱けず収入も頭打ちの状態と、目標に向かってひたすらに努力をし、どんどん収入を上げていける状態。 『あなたはどちら側の人間になりたいですか?』と社員たちにも常に問いかけています」 社員の中には大学中退者も少なくない。 彼らに対しても厳しくも愛のある言葉を投げかける。 「家庭環境や人間関係が理由となる場合もあれば、生半可な気持ちで中退を選択してしまう場合もあります。 ですが、どんな理由であろうと『だらしないのでは?辛抱が足りない』などと世間から評価されてしまう。 TTSはそうした自分をどうにか変えたいと思っている社員ばかりです。 そして、変えるためには、自分の選んだ道、人生がいかに正しかったかを証明すればいいだけだと思っています」 こうした厳しさの背景には、山内が若い頃に感じていた『大人の世界』がある。 働く人たちを身勝手に扱い、私腹を肥やすだけで、働いている人たちの成長や人生などは一切お構いなし。 そういった大人たちに反発を感じてきた。 若い社員たちがはじめて出会う経営者が自分だからこそ、社会のそうした姿を正直に伝え、人生は自分次第でいくらでも変えられるのだと実感できる環境を用意してあげたいと考えている。 山内の今後の目標は3年で売上20億円、社員数100名の組織だ。 そのためにも、自身の想いに共感し、ともに頑張って会社を大きくしてくれる人たちに出会っていきたい。 「僕は結構泥臭い考えの持ち主です。 会社的にはインターネット回線を販売し、社内には最先端のCRM・SFA・MA営業ツールも導入していますが、人生観や仕事観はかなりアナログ的です。 経営理念にも掲げていますが、『お客様からありがとうをいただける存在になるということが大切だ』と僕は常々話をしています。 お客様に喜んでもらえるビジネス、喜んでいただいた結果が収益であり、給料とはその収益を単に会社が分配しているに過ぎません。 社員たちにも、そうした収益の考え方をしっかり理解してもらえるよう、事あるごとに伝え続けています。 そして、職種やポジションにかかわらず、全社員がお客様に対して何ができるのかを真剣に考え、提案力や問題解決力を高めること。 これが3年後に目標を達成するための道であると僕は信じています」.

次の

ラモス:「結果は自分たち次第で、僕らはこのリーガを勝ち取りたい」

自分次第です僕は

レアル・マドリードはサン・マメスでアスレティックを退け 0-1 、首位の座を維持している。 決勝点の セルヒオ・ラモスは試合後こう話した。 「勝ち点3はとても大きな意味がある。 自分たちに残っているリーガ試合で最も重要な試合の中の一つだというのは分かっていた。 ビルバオでは相手はいつも物事を非常に難しいものにする。 自宅待機期間のあとのリーガ再開時には11試合で、試合ごとに3ポイントを重ねるため僕らは一歩ずつ進まなければならなかった」。 「僕らはこのチームのような相手を前に改めてとても高いフィジカルレベルを示し、チームは良い準備をしていた。 幸運にも状況は自分たち次第で、僕らはこの リーガを勝ち取りたいと思っている。 すべての試合を3-0で勝つことはできないが、開始1分から勝ちに行くという意欲を見せた。 この試合は最後の戦いの1つだった」。 メンタリティー 「自宅待機期間のあと僕らが話したのは、 リーガでミスがより少なく失点を0で抑えるチームが他との差を付けるだろうということだった。 僕らが言えることは、自分たちは守備的に良い状態でチームにバランスがあるということ。 そのことがアタッカーに大きなモチベーションを与える。 評価する時は単に得点した選手だけではなく、守っている者たちもそうあって欲しい」。 審判 「ラ・ リーガは審判のおかげで勝つものではないし、同時に彼らのせいで負けることもない。 ミスを犯し結果を出さないチームは自己批判をし、選手たちに責任を負わせるべきだと思う。 レアル・マドリードが首位にあることの理由を審判にすべきではない」。 PKを蹴るメンタリティー 「PKを蹴るときに唯一僕が考えるのは3ポイント。 僕が快適さを感じるときは不確かで緊張の瞬間。 僕は自分がこの責任を引き受けるのに理想的な存在だと思っていて、結果は出ている。 この先何度もこの役割を喜んでやれればと思うし、チームの助けになるのなら尚更良い」。 ラモス:「僕が快適さを感じるときは不確かで緊張の瞬間」 「結局のところ個人成績は2番目の重要度ではあるが、大事なもの。 誰がゴールするかは重要ではないが、基本になるのは リーガを狙って行くということ。 また勝ち点3を積み重ね、首位を維持して行くのも同様。 個人賞はやりがいがあるが、個人タイトルを獲りたいって望んでいたとしたら僕はテニスをやっていただろう」。 議論を呼ぶプレー 「確かに僕はラウールのシューズを踏んだが(主審は)僕の後ろにいて見ていなかった。 決定的なプレーではなく、ボールはなくゴールとの関係も無かったし重要なものではなかったと思う」。 バルベルデ「強く、喜びとモチベーションがある」 「とても難しい試合になるだろうというのが感じられた。 相手は最後の戦いというように各プレーを戦っていたけど、勝利を勝ち取れてとても満足。 前半の僕らはセカンドボールを拾って行くという相手のプレーを弱める術を持っていなかった。 僕らはそれを修正しなければならず、後半にそれをやった。 監督はそれを訂正し、ピッチのラインを上げるよう僕らに言った」。 「僕らは強く、喜びとモチベーションとともに リーガ終盤に立ち向かわなければならない。 僕らを見ることができないファンのサポートとともにやって行く。 とはいえ彼らのメッセージは僕らの大きなモチベーションになっていて、僕らは彼らの支えに感謝しなければならない。 このタイトルは、もしそれを勝ち取ることができるなら、彼らのもの」。 センターMFの仕事 「ミッドフィールダーはディフェンダーを助け、その微力を差し出す。 自分的に僕はとても幸せ。 ボールと一緒だからそうだというのではなく、自分がやってきた仕事ぶりを嬉しく思っている」。

次の