クエン 酸 効果 疲労 回復。 クエン酸の疲労回復効果とは?メカニズムと推奨摂取量もご紹介!

運動からくる疲労回復にクエン酸が良い?!

クエン 酸 効果 疲労 回復

毎日エアロバイクに乗っているのですが、エアロバイクに乗ると直ぐに疲れてぐったりする事があります。 それ以前にエアロバイクに乗る前から、運動をするのが面倒になるぐらい体が疲れてる事があります。 重労働の仕事をしている人なら、体がいつも疲れてる事があるかもしれません。 わたしはデスクワークなので体を酷使する事はありません。 なのにいつも疲れてるのです。 エアロバイクに乗ればさらに疲れてしまいまうわけですが。 そこでふと、疲労回復にはクエン酸が良いという事を思い出しました。 いろいろ調べてみると、確かに、疲労には効きそうな事がいろいろ分かってきました。 私の様にエアロバイクに乗って運動している人の場合を考えてみます。 10分だけバイクに乗ったとしても、負荷MAX設定の設定8で1分間100回転とかペダルを回すようなハードなトレーニングをしている人だと、かなり疲れると思います。 私は設定5で1分間80回転ぐらいが限度ですが、これを10分間続けたら、もうヘトヘトになってしまうぐらいキツイうえに、運動の後は疲れきってしまいます。 こういう状況の中で体内で何が起こってるのかと言うと、血液の中に乳酸が大量に作られてる状態となってるわけです。 この乳酸が大量に作られ溜まってる状態が続くと疲労を感じるようになるそうです。 もちろんこの作られた乳酸は時間が経つと徐々に分解されるので、しばらくすれば疲労も解消されます。 ただ、その疲労回復までの時間を短くする効果をもつというのが、クエン酸という訳です。 また、このクエン酸は病気の改善にも良いらしいです。 私が調べた限りでは、糖尿病やガンにも有意な部分があるようです。 これは私もすぐに理解できました。 ガンというのは乳酸が大量に発生する病気なので、その乳酸を素早く分解してくれるクエン酸が良いのは私にも分かります。 糖尿病に至っては、高血糖の人がなる病気ですので、毎日運動をして筋肉でその血液の中の糖を消費しつつ、クエン酸で疲労回復してやれば、糖尿病に対しても何らかの影響があるだろうとは想像できます。 血液検査で尿酸値が高い人にもクエン酸は良いらしいですね。 尿路結石や腎臓機能の改善にも良いらしいです。 調べればいろいろ出てくると思うので気になる人は調べてみてください。 実際にAmazonのクエン酸のレビューにも改善したという書き込みがあったので、クエン酸を飲んで影響を感じた人もいるようです。 運動による疲労回復に効果があり、体質改善目的にも飲んでも良さそうです。 最後に、食べ物でクエン酸が多く含まれているものと言えば、お酢です。 このお酢を使って料理をしたり、そのまま飲むのも良いのですが、私は料理以外にもいつでも摂取したいので、精製された食品のクエン酸を購入しました。 クエン酸にもいろいろ種類があります。 Amazonでは安いものは中国産で、物によっては品質に疑問があるものもある上、実際に水に溶かして飲もうとした場合、水に溶け難いといった事もあるようです。 私が実際に飲んでいるのは、健栄製薬から出ている、食品添加物 クエン酸 500g です。 薬局でも25gの小さいタイプのボトルで売られているので、いきなり500gを購入するのに抵抗がある方は、25gのクエン酸を購入して使ってみるといいでしょう。 (かなり割高ですが) このクエン酸は結晶タイプではあるものの(個人的な感覚ではありますが)、水に溶けやすい感じがします。 Amazonのレビューでも、水に溶け難いという話が結構あったので、普段水に溶かして飲みたい人はこれを選ぶのも有りだと思います。 ただ500gは量的にかなり多いので余りそうだと思ったら、クエン酸はお掃除にも使えるので、余りそうなら飲むだけでなく掃除につかっていくのも良いでしょう。 (1本だと送料が高くつくので2本購入がおすすめです).

次の

クエン酸の効果なし?疲労回復はウソ!?

クエン 酸 効果 疲労 回復

クエン酸の効果を最新の研究から解説。 疲労回復や肝機能への効果は? 子供の頃、スポーツの合間にレモンのハチミツ漬けを食べませんでしたか?スポーツなどで疲れたときには、疲労回復の効果のあるレモンが良いと言われていました。 レモンにはクエン酸がたっぷり含まれています。 ただ最近は、クエン酸の疲労回復効果についていろいろな意見あります。 クエン酸には疲労を回復する効果はないのではないかというのです。 クエン酸の実際の作用、効果について詳しくみていきましょう。 クエン酸とはかんきつ類に豊富な酸味成分 クエン酸はかんきつ類、梅干し、お酢などに豊富に含まれている酸味成分です。 これらが「酸っぱい」と感じる原因のひとつは、豊富に含まれるクエン酸にあります。 クエン酸は有機酸(有機化合物(炭素を含む化合物)の酸)の一種であり、人の体の中でも合成することができる物質です。 食品添加物でもあり、ジュースなどの酸味料になったり、またpH調整剤としても身近なところでいろいろと使われています。 美容や掃除に使っても効果があるとされます。 クエン酸はクエン酸回路の構成成分 私たちの体内には「クエン酸回路」と呼ばれる、重要な代謝経路があります。 食事をして炭水化物、タンパク質、脂質などの栄養素が体内に取り込まれると、体内ではそれらが分解され「アセチルCoA」が作られます。 このアセチルCoAが「オキサロ酢酸」と反応すると「クエン酸」となり、クエン酸回路が始まります。 クエン酸回路では、いくつかの反応を経て二酸化炭素と水、そして「ATP」が作られます。 そして最終的に、クエン酸はオキサロ酢酸に戻ります。 そしてまた新たなアセチルCoAと反応するとクエン酸になり、クエン酸回路が再び回り始めます。 このとき作られるATPは「生体のエネルギー通貨」とも言われるエネルギー物質です。 生きていろいろな活動をするためになくてはならないもので、例えば筋肉を収縮させて体を動かすときなどにATPが使われます。 つまりクエン酸回路が正常に動いていることで、生きていくために必要なエネルギーを作り出すことができるのです。 (正確には、クエン酸回路によって生成されたNADHやFADH2などがその後の「電子伝達系」に入り、そこでATPが生成されます。 ) クエン酸回路は食事によって取り入れた栄養分をエネルギーに変える、生きていくために重要な代謝経路なのです。 クエン酸回路はTCA回路(サイクル)、クレブス回路と呼ばれることもあります。 1937年にドイツの科学者クレブスが発見したもので、この功績によりノーベル賞も受賞しました。 クエン酸に疲労回復効果はあるのか、ないのか。 最新の研究結果での見解は? 昔から、クエン酸には疲労回復効果があると言われてきました。 そのためスポーツの合間にクエン酸入りのスポーツドリンクを飲んだり、レモンのハチミツ漬けを食べたりしました。 クエン酸には次のような効果があり、そのために疲労を回復すると言われたのです。 疲労の原因物質である乳酸を減らす• クエン酸回路を活性化する これらのことからクエン酸には疲労回復効果があるとされたのですが、最近はそれに反対する意見も出ています。 乳酸は疲労物質ではない 長い間、激しい運動をしたときに溜まってしまう乳酸が疲労の原因になっていると信じられてきました。 そして疲労を回復するためには、乳酸を減らすことが大切だとされていたのです。 クエン酸には乳酸の生成を抑えて乳酸を減らす働きがあり、そのために疲労を回復する効果があると考えられてきました。 しかし最近になって、乳酸は疲労物質ではないことがわかってきたのです。 運動をすると乳酸が増えてしまうことは確かなのですが、だからといって乳酸が増えると疲労を感じるというわけではないようなのです。 現在は、増えてしまった乳酸はただ不必要な疲労物質と言うわけではなく、逆に体のエネルギー源として使われる物質なのではないかと考えられています。 ですから疲労回復のために乳酸を減らそうとしても、何の意味もないのです。 クエン酸を摂取すると、クエン酸回路が活性化する 先ほども言ったように、クエン酸回路はエネルギーを作りだすために非常に重要な代謝経路です。 クエン酸回路がしっかり働かなくなるとエネルギーがスムーズに作れなくなってしまい、活発に働けばエネルギーをうまく作っていけます。 疲労してダメージを受けてしまった細胞を修復するためにはエネルギーが必要です。 クエン酸回路によって作りだされるエネルギー(ATP)がたくさんあるほど、疲労状態から回復しやすくなると考えられます。 クエン酸を摂取すると、クエン酸回路が活性化されエネルギーをスムーズに作っていけるようになるとされます。 エネルギーが十分にあればダメージを受けた細胞も修復しやすくなり、疲労も回復しやすくなるでしょう。 乳酸が疲労物質ではないことがわかってきて、クエン酸が乳酸を減らすことによっての疲労回復効果はないと考えられるようになってきました。 しかしクエン酸回路を活発にすることでエネルギーが生まれれば、疲労回復効果に繋がります。 ただ問題は、口からクエン酸を摂取することで本当にクエン酸回路が活発に働くようになるのかということです。 これに対しては、クエン酸摂取でクエン酸回路が活発に働くようになるという意見と、活発に働くようにはならないとする意見があります。 信頼できる十分なデータがない クエン酸が疲労回復などに効果があるのかについては、いろいろな研究が行われています。 動物だけでの実験もあれば、実際に人が摂取して効果を確かめているような実験もあります。 それらの結果の中には摂取によって効果があったとするものもあれば、はっきりとした効果はみられなかったというものもあります。 そしてまだ現在のところ、「人に対して効果がある」と断定できるほど信頼できるデータはないとされます。 はっきり疲労回復効果があるとまでは言えないのです。 機能性表示食品として届け出あり クエン酸には疲労回復効果があると言えるほどのデータはないと言いましたが、機能性表示食品としての届け出は出されています。 そして実際に、疲労感を軽減するなどとして商品に表示がされています。 そのため疲労回復の効果が全くないというわけではないでしょう。 さらにたくさんの研究が行われ信頼できるデータが多くなれば、もっと詳しくはっきりした効果がわかってくると思われます。 「機能性表示食品」とは「事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品」です。 「特定保健用食品(トクホ)」の場合には「表示された効果などを国が審査し食品ごとに消費者長官が許可」します。 クエン酸は肝臓にも効果があるのか?肝機能とクエン酸の関係 クエン酸には肝臓の機能を改善させる効果もあると言われています。 クエン酸によってクエン酸回路が活性化してエネルギーが十分に作られるようになると肝臓の負担も軽くなり、機能が改善してくるのではないかと考えられるのです。 肝臓は機能が低下していても自覚症状は特に出ないため、調子が悪くても見逃してしまいがちです。 そのようなことのないように、健康なときから肝臓のことを気にするようにしておきましょう。 ただしC型肝炎や非アルコール性脂肪肝炎(NASH)で「鉄の摂取を制限するように」と言われた人がお酢やかんきつ類などを摂るときには、少し注意が必要になります。 C型肝炎やNASHでは、鉄を摂り過ぎると症状が進行してしまいます。 そのために鉄の摂取が制限されています。 このあとの章でも書きますが、クエン酸にはミネラルの吸収を促進させる働きがあります。 そのためクエン酸と鉄を一緒に摂取すると、一緒に摂取しない場合よりも鉄の吸収率が上がってしまうのです。 あまり神経質になり過ぎる必要はありませんが、かんきつ類をデザートに食べるときには食事から2時間くらいあけてからにするなどしてみてください。 その他のクエン酸のさまざまな人体への効果 ではそれ以外に、クエン酸にはどのような作用があるのでしょうか。 クエン酸を口から摂取した場合に期待できる作用には次のようなものがあります。 ミネラルの吸収を促進させる カルシウムや鉄といったミネラルは、そのままの状態では吸収率が悪くなります。 いくら口から摂ってもなかなか体内に吸収されません。 そのようなミネラルを摂取するとき、クエン酸と一緒に摂取することでミネラルの吸収を促進させることができます。 クエン酸には、ミネラルを包みこんで強く結合する性質があるのです。 そのおかげで小腸からの吸収率が上がります。 これをキレート効果と言います。 ちなみに「キレート」とは「カニのはさみ」という意味です。 カニのはさみでミネラルをはさんで強く結合した状態を想像してみてください。 実際にミネラルのサプリメントには、クエン酸が配合されているものが多くなります。 尿酸の排泄を促進する 尿酸とは痛風の原因となる物質です。 体内に尿酸が増え過ぎると結晶化して、足の親指に激痛が走るというような痛風発作が起きてしまいます。 痛風発作が起きていなくても、尿酸値の高い状態は危険です。 いつ発作が起きるかわからない状態だと思って下さい。 その状態を改善するためには尿酸値を下げることが必要になります。 通常、尿酸は尿に溶けて排出されているのですが、尿が酸性に傾いてしまうと尿の中に溶けにくくなってしまい、排出されにくくなってしまいます。 クエン酸には酸性に傾いている尿を中性側へと戻す働きがあります。 尿の酸性度合いが弱くなることで尿中に尿酸が溶けやすくなり、結果的に尿酸の排泄を促進させることが期待できます。 食欲を増進させる 酸味のあるものは、唾液や胃酸の分泌を促進させます。 食欲がないようなときにも、クエン酸を含む梅干しやお酢を使った料理は食欲を増進させるためよいでしょう。 暑くて食欲が落ちる夏などには、クエン酸の豊富な食品がお勧めです。 またお掃除にもよいでしょう。 アルカリ性の汚れに効果的で、食品の成分のため安心して使うこともできます。 クエン酸を摂取するためにはかんきつ類や梅干しを食べよう クエン酸はレモンやミカンといったかんきつ類、梅干し、お酢などに豊富に含まれています。 クエン酸を含むサプリメントもいろいろと発売されていますが、まずは食品から摂ることを心がけてみましょう。 いつものメニューに酸味のある料理を増やしてもよいかもしれません。 サプリメントで摂る場合にも、適切な品質の製品を用法用量を守って摂取すれば特に問題はないとされます。 ただし 間違って過剰に摂取してしまった場合には問題が起きたこともあるため、使い方を守って摂取するようにしてください。 一度に大量に摂取するより、こまめに摂取した方がよいでしょう。 またビタミンB群や糖質と一緒に摂取することで、エネルギーを作り出しやすくなり効果的です。 栄養素はいろいろなものがお互いに協力し合って働いています。 クエン酸がよいからとそれだけを摂るのではなく、他の栄養素も一緒に摂るようにしましょう。 クエン酸回路にはビタミンB2も関係していて大切です。 また疲れた体には、糖質やタンパク質をしっかり摂ることも必要です。 バランスのとれた食生活を心がけるようにしましょう。

次の

運動中の分岐鎖アミノ酸(BCAA)とクエン酸摂取による疲労軽減効果

クエン 酸 効果 疲労 回復

クエン酸とは クエン酸は乳酸を分解する 「柑橘類」「酢」などに含まれている「酸味成分」のひとつである「クエン酸」は、私たちが口にした食品・食べ物を「エネルギー」へと変換するために必須である成分。 もし、「エネルギー」をつくることが困難になると、生きていくことはできません。 このことからも理解できるように、「クエン酸回路 TCAサイクル 」と呼ばれる「エネルギー産出の仕組み」は、非常に重要な位置を占めるわけですね。 「クエン酸回路 TCAサイクル 」は、細胞内の「ミトコンドリア」にて行われますが、これは「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」といった「代謝の要」でもある「三大栄養素」の「代謝経路」であり、「クエン酸」はこの中において「着火剤」といった役割を果たすことになります。 結果的には、「疲労物質」の「乳酸」の分解によって「筋肉痛軽減」「疲労回復」や、他にも「肝臓機能改善」「食欲増進」などにも尽力するありがたい存在に。 また、「クエン酸」自体が「酸性」であることから、「摂取」以外にも「アルカリ性の汚れ除去」には非常に適しており、特に「衣服の黄ばみ予防効果」「水垢などの洗浄効果」、「アンモニア臭などの消臭効果」に期待できると言えるでしょう。 参考: クエン酸カルシウムとクエン酸カリウム 「クエン酸カルシウム」とは、「クエン酸」と「カルシウム」による「白色粉末状の無臭化合物」。 「水に溶けにくい」ということで、「肥料」への活用が目立ちますが、「食品・食べ物」としても「中華めん」「豆腐」の「凝固剤」としての役割を果たしています。 一方の「クエン酸カリウム」は、「尿のアルカリ化」を促進することが可能であることから、「尿酸」を「尿」としてスムーズに排出してくれる成分です。 そのため、「尿酸値」が比較的高めの「痛風」持ちなどの方には、適していると言えるでしょう。 ただし、この「クエン酸カリウム」は「即効性」を期待できるものの、「消費量」が「1日3回」と非常に多く、その点が負担となってきます。 クエン酸を多く含む食品・食べ物 レモンなど 「クエン酸」を多く含む「食品・食べ物」は、「レモン」をはじめ「梅干し」「ライム」「すだち」「酢」「ローズヒップ」「アセロラ」「ハイビスカス」など、「酸っぱさ」を感じることができるものとなっています。 中々、「酸っぱい食品・食べ物」をそのまま口にすることは難しいと思いますが、例えば「ローズヒップティー」を飲むようにする、「焼き魚」「唐揚げ」などに「レモン」を添えるなど工夫を凝らすことで、気軽に摂取することができるので、おすすめ! ぜひ、お試しになってみてくださいね。 【クエン酸を多く含む食品・食べ物の代表例】• レモン 「クエン酸含有量」は、「6. 5g程度 100gあたり 」。 トップの数値を誇ります。 「クエン酸」の他、「ビタミンC」も豊富であることから、「デトックス」「免疫力向上」などにも「効果・効能」を発揮するでしょう。 梅干し 「クエン酸含有量」は、「4g程度 100gあたり 」。 「クエン酸」の他、「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」をバランスよく含んでいることから「便秘解消」、「カリウム」による「利尿作用」への「効果・効能」が期待できます。 ただし、「塩分」が多めとなっているため、過剰摂取には十分に注意していきましょう。 ライム 「クエン酸含有量」は、「6g程度 100gあたり 」。 これは、「レモン」に次ぐ数値です。 「グリル料理」「マリネ」などのアクセントとして用いると良いでしょう。 参考: 食用と掃除用の違い 「クエン酸」は、冒頭でもお伝えしたように、「食用」「医薬品」「掃除用」とに分類することが可能です。 食用 食品添加物 基本的に「食品添加物」との記載がある。 口に入れても「害」がないもの。 医薬品 基本的に「薬局方」との記載で販売されている。 口に入れても「害」がないもの。 掃除用 工業用 基本的に「スーパー」などの「掃除用品コーナー」にて販売されている。 口には入れず、「掃除」などに使用するもの。 健康・体にいい?糖質との同時摂取が効果的 「クエン酸」は、「ダイエットに効果的」「体にいい」とお聞きになったことがある方が多数かと思いますが、「クエン酸」だけを摂取しても、残念ながら「中性脂肪改善」を満足にすることはできません。 では、一体どのようにしたらよいのでしょうか? 実は、「糖質」「ミネラル」「ビタミン」などと「同時摂取」をすることで、「クエン酸」の作用をグンとアップさせることが可能! 中でも、「炭水化物」をはじめとする「糖質」との摂取は、「クエン酸回路 TCAサイクル 」を大いに活発化させます。 「糖質」自体は、「過剰摂取」をすると「中性脂肪」として蓄積しがちですが、「クエン酸」が加わると「糖」を「エネルギー」へと変換させる働きを最大限にサポートしてくれるので、「代謝」があがり、結果として「ダイエット」にも効き目をもたらしてくれるのですね。 その他、「疲労回復」「体臭改善」「腎臓」への「効果・効能」も期待できますので、詳細は後述する「クエン酸の効果・効能」の項目にてひとつずつ見ていくことにしましょう。 参考: 体・肝臓に悪いことはない! 「肝臓」とは、「血液の塊 かたまり 」ともいえるほど多くの「血管」が集結している「臓器」です。 そのため、「血液」が「ドロドロ」の状態になると「肝臓機能」もあわせて低下し、結果として、「エネルギー代謝」に必須の働きが思うようになされなくなってしまいます。 そこでおすすめしたいのが、「クエン酸」! 「クエン酸」には、「血流改善効果」が期待できるので、「肝臓機能の健康維持」をしっかりと行ってくれるのですね。 つまり、「体・肝臓に悪い」ということは全くなく、むしろ「効果抜群」と言えるでしょう。 参考: クエン酸の効果・効能 美容効果 洗顔でも活躍? 「クエン酸」には、「体内に吸収された金属ミネラル」を包み込んで除去を行う「キレート作用」という働きがあることから、「細胞酸化」を防ぐことができ、それが「アンチエイジング」へとつながっていきます。 もちろん、「クエン酸摂取」によって「血流改善」もなされるため、「新陳代謝促進」も見込まれ、「肌の健康状態」を良好に維持していくことも可能ですよ! また、「摂取」の他にも「直接肌に塗布する」というかたちを取り入れることで、「美白」「毛穴の詰まり・黒済み解消」といった「美容効果」も期待できるでしょう。 「クエン酸」を入浴剤代わりに使用すれば、すべすべのお肌を実感できるはずです。 疲労回復効果 冒頭でもお伝えしたように、「柑橘類」「酢」などに含まれている「酸味成分」のひとつに該当する「クエン酸」は、私たちが口にした食品・食べ物を「エネルギー」へと変換するための必須成分であり、仮に「エネルギー」をつくることが困難になると、人間は生きていくことはできません。 ですから、「クエン酸」が大きくかかわる「クエン酸回路 TCAサイクル 」と呼ばれる「エネルギー産出の仕組み」は、非常に重要な位置を占めるわけです。 「クエン酸回路 TCAサイクル 」は、細胞内の「ミトコンドリア」にて行われますが、これは「炭水化物」「たんぱく質」「脂質」といった「代謝の要」でもある「三大栄養素」の「代謝経路」であり、「クエン酸」はこの中において「着火剤」といった役割を果たすことになります。 結果的には、「疲労物質」の「乳酸」の分解によって「筋肉痛軽減」「疲労回復」や、他にも「肝臓機能改善」「食欲増進」などにも尽力するありがたい存在に。 恐らく、「ブドウ糖分解後の焦性ブドウ糖」「乳酸」などの「有害物質」が多量に蓄積してしまっているのですね。 このようなときに「クエン酸」を摂取すると、「クエン酸回路 TCAサイクル 」が正常化され、「有害物質軽減」へと積極的に働きかけてくれますよ! それでは、実際に「クエン酸によって疲労回復効果を得られた」という方々の口コミを見ていくことにしましょう。 ビタミンC、カロチン、クエン酸が豊富で疲労回復や風邪予防、美肌効果も抜群。 袋やすじにもビタミンPが多く含まれるから食え。 またクエン酸には疲労回復、美肌効果もあるので、お肌にも嬉Cくて、とってもヘルCー!! — 晴レルヤ 園田光 hareruya0829 ハイビスカスティーで、ほっとひといき。 ビタミンCが多く含まれるので肌荒れの方にもおすすめ。 もちろん風邪予防にも。 このブレンドティーすっごく良い香り〜深呼吸をして、脳もリラックス。 特に「夏」の暑い季節は、「疲労」を感じやすい時期ですから、「クエン酸の摂取」が非常におすすめと言えます。 参考: 筋トレ・筋肉痛予防 現段階において、「筋肉痛」の原因として考えられるのは、「疲労回復」と同様の「乳酸」といった「有害物質」によるものです。 私たち人間が「エネルギー」をつくり出すとき、「ブドウ糖」が必須となってくるのですが、もし「ブドウ糖」が燃焼仕切れないと、「残った燃えカス」が生じます。 これは「焦性ブドウ糖」にあたりますが、この「焦性ブドウ糖」が「筋肉」に蓄積されていくと「乳酸」へと姿を変えることに。 「クエン酸」には、「クエン酸回路 TCAサイクル 」を正常化・活性化させることで「焦性ブドウ糖」の分解を促すことができるため、必然的に「乳酸」の生成にストップをかけることができます。 ですから、「運動・スポーツ」を行う前に「クエン酸」を摂取することによって、「筋肉痛予防」といった「効果・効能」をもたらしてくれるのですね。 参考: 腎臓機能向上・尿酸値改善 「クエン酸」には、「尿」の「強酸性」を「弱酸性」へと変換する作用があります。 「痛風患者」にとって要となってくる「尿酸」は、「尿」自体が「弱酸性」であれば、「尿中」へと溶けやすくなるので、「体外への排泄」を正常化させることができるのですね。 もし、「腎臓・尿関係」でお悩みの場合は、「クエン酸」を有効に取り入れてみる価値があると言えるでしょう。 ただし、「これでも効果なし」とお感じにななれるようであれば、「クエン酸」ではなく「クエン酸カリウム」はの摂取が良いかもしれません。 「クエン酸カリウム」は、「尿のアルカリ化」を促進することが可能であることから、「尿酸」を「尿」としてスムーズに排出してくれる成分であり、より「尿酸値」に対して効果的な結果が期待できるからです。 ただし、この「クエン酸カリウム」は「即効性」を期待できるものの、「消費量」が「1日3回」と非常に多く、その点が負担となってきますので、その点については予めご了承ください。 参考: 癌 がん への効果 「クエン酸の代表的な食品・食べ物」である「レモン」には、「抗がん剤の10,000倍以上」という学説があるほど、非常に強い「抗酸化作用」があります。 元々、「癌 がん 」を患っている方は、身体が「酸性より」に傾いているのですが、「酸性」という体質自体を「弱アルカリ性」へと変換する働きが期待できるのですね。 また、「癌 がん 体質」の中には、「低酸素」「低体温」「酸性体質」「高血糖」などが挙げられますが、「レモン」いわゆる「クエン酸」を効果的に摂取することで、身体全体の「新陳代謝」が促進されるため、「低酸素」「酸性体質」を改善することにもつながります。 このように、「癌 がん 」を生み出す「癌 がん 体質」を変えることができれば、「新しい癌 がん 」は生じにくくなるはずです。 ただし、「レモン・クエン酸が良い」からと言って、これだけを取り入れていけば「癌 がん が完治する」というわけではありません。 「栄養バランスをとる」「規則正しい生活を送る」「身体を冷やさないようにする」など、他の点にも気を配るようにしていくことが必要であると言えるでしょう。 髪の毛への効果 「髪の毛」は、元々「弱酸性」ですが、私たちが日常的に使用している「シャンプー」は、「弱アルカリ性」であるため、「髪の毛を洗う」ことでそのバランスが崩れてしまうことになります。 その実感として、「シャンプー後は髪の毛がきしみやすい」という方が多いかと思いますが、まさにこれが「髪の毛がアルカリ性へと傾いている」という証拠と言えるでしょう。 そこでおすすめしたいのが、「クエン酸」。 この「クエン酸」には、「髪の毛」を「弱酸性」へと取り戻すための「中和作用」が期待できることから、「シャンプー後のリンス」として「クエン酸」を活用することで、「サラサラの手触り」を生み出すとともに、「血行改善」もなされて「頭皮」が柔らかくなります。 結果的に、「抜け毛」「薄毛」「切れ毛」などへの「効果・効能」も期待できますので、ぜひお試しになってみてください。 体臭改善効果 前述してきたように、私たちが生きていくには、「体内でのエネルギー産生」が非常に重要となってきます。 この「エネルギー産生」を活発化するために重要な成分が「クエン酸」であると言えますが、「クエン酸回路 TCAサイクル 」が正常に作用しなければ、「有害物質」である「乳酸」などが蓄積されていく一方に。 そうなると、「頭痛」「肩こり」をはじめとする「身体の不調」とともに、「乳酸濃度」が上がり「アンモニア」が増量するため、「体臭」をも引き起こしてしまうこととなるのですね。 つまり、「乳酸」が増えれば増えるほど、その度合いは強くなると言えるでしょう。 このような「体臭予防・改善」のために、日頃から「クエン酸」を摂取することは非常に効果的ですが、「体臭改善目的」であるとすると、「摂取」に限らず、「入浴剤」として活用するという方法もおすすめです。 方法としては、「入浴直前の浴槽に溜まったお湯」に「コップ半分程度のクエン酸」を混ぜるだけ。 「クエン酸加わった湯船」に浸かることで、「肌」そのものが「弱酸性」に保たれて「雑菌繁殖」を抑えることができますし、「体臭の原因」である「アンモニア」を「汗腺」から吸収することで抑制することもできますので、「即効性が欲しい!」という方は、早速実践してみてください。 以下、「クエン酸によって体臭改善効果が得られた」という方々の口コミです。 ひとつひとつ見ていくことにしましょう。 加齢臭クサイシバクゾと嫁に脅かされて、体臭対策としてクエン酸を風呂に入れてるのだけどなかなかいい。 汗をかいても、だんだん甘い匂いに変わっていく。 — 大阪徘徊ブラックウイドウ haikaihuku クエン酸を大さじ3杯お風呂に入れて入浴すると、体臭が軽減される。 今ではシーブリーズしなくても平気。 ケトン臭にお悩みの方はぜひお試しを。 ちなみに私はクエン酸を冷やしたローズヒップティーに溶かして毎晩風呂上りに飲みます。 蛋白質食べ過ぎたなって思う日ほど、なぜかこの酸味が体に心地よく感じる。 — 白妙 soratonica いかがでしょう? 口コミを見ると、特に「入浴剤」として活用されている方が多いと言えますね。 それだけ「即効性」があるという証拠ですので、試してみる価値は大きいですよ! その他消臭効果 「クエン酸」は「体臭以外の消臭」にも、非常に大きな「効果・効能」を発揮します。 これには、「酸性とアルカリ性との中和作用」が働くことが大きく関係しているのですね。 特に、「トイレ臭の元であるアンモニア対策」には効果的! 「水 200ml 」に「クエン酸 小さじ1程度 」を混ぜ合わせるだけで、簡単に「自家製クエン酸スプレー」が完成しますので、常備しておくと便利でしょう。 その他、「キッチンの三角コーナー」「ゴミ箱」などの「雑菌が繁殖することで悪臭を発生させる」という場所にも、活用することができます。 この場合は、「クエン酸 大さじ1程度 」を直接ふりかけるだけで大丈夫ですので、より手間暇いらずと言えますね。 ただし、「除菌力」と言えるほどの力は保持していませんので、あまりにも雑菌繁殖が進んでいる場合は、対応できなくなりますので、その点についてはご了承ください。 あくまでも、「生ごみによる悪臭を防ぐ」という感覚でご使用いただけるとOKです。 クエン酸の効果的な摂取方法・飲み方 1日における摂取量の目安 「クエン酸」の「1日における摂取量の目安」は、「2g程度」とされていますが、「疲労が溜まりやすい方」「運動を頻繁に行っている方」の場合は、「5g程度」を摂取することをおすすめします。 ただし、「クエン酸」をより「効率的」に摂取するには、「一度に大量に取り入れる」ということを控えていただきたい。 それは、「クエン酸」の性質として、「時間経過とともに吸収しきれない分に関しては体外へと排出されてしまう」ということが挙げられるからです。 「摂取方法」のベストとしては「食品・食べ物」を利用するものとなりますが、難しいようであれば、「食用クエン酸粉末」「サプリ」「酢」による「ドリンク」を取り入れるようにすると良いでしょう。 また、「クエン酸」とともに「ビタミンB」も摂取すると、「クエン酸回路 TCAサイクル 」をより正常に作用させ、「体内における過剰な活性酸素」を抑えることができますよ! もし、「食用クエン酸粉末を摂取するようにしたいけれどどのようにドリンクをつくったらいいのかがわからない」という方がいらっしゃいましたら、以下の「作り方・飲み方」を参考にしてみてください。 【クエン酸ドリンクの作り方・飲み方】• より「フルーティー」にしたい場合は、「柑橘系 グレープフルーツ・オレンジ 」などの「ジュース」を用いると「飲みやすさ」が増しますよ!• 「1」をよく振って溶かしていきます。 お好みで「蜂蜜 はちみつ 」「三温糖」などをプラスするとさらに飲みやすくなります。 参考: 摂取・飲むタイミング 寝る前がいい? 「クエン酸」の「摂取・飲むタイミング」として、「朝」「昼」「夜」などの具体的な「時間帯」を気にする必要はありません。 ただし、基本的には「食前」を控え、「食間」「食後」の「タイミング」を取り入れるようにしましょう。 これにより、「血糖値上昇」を抑えることができますので、「糖尿病対策」「ダイエット」を目的とされる方には特におすすめです。 もし、「食前」「起床直後」「寝る前 直前 」などの「空腹時」に摂取してしまうと、「クエン酸の酸性」によって「胃腸・内臓」への負担がかかりますので、その「タイミング」だけは、くれぐれも避けるようにしてください。 これは、「クエン酸」の「酸」が「長時間歯に付着する」ことで、「エナメル質」が溶けて薄くなることが主な原因。 もちろん、「歯磨きに使用する」などは、厳禁です。 また、「クエン酸摂取後」も「歯表面」に「クエン酸」が残っていることも考えられますので、「口をしっかりとすすぐ」ということも心がけるようにしていきましょう。 尚、「クエン酸を含む食品・食べ物」を摂る分には、「噛むことで生じる唾液」が「酸の中和」を図るため、そこまで気を配る必要はありません。 参考: 飲み過ぎても大丈夫? 「クエン酸」がどんなに「美容健康に効果的」と言っても」、「飲み過ぎ」は体に悪いだけです。 特に、「冷え性」の方は、「体を冷やしやすい」という「クエン酸の性質」には注意するようにしましょう。 もし、「内蔵型冷え性」であるという場合は、「お湯割り」でお召し上がりになられると良いかもしれません。 他にも、「クエン酸の飲み過ぎ」が「赤血球破壊」を引き起こし、「溶血性貧血」の原因をつくる恐れもありますので、その点にも理解をしておいてください。 参考: おすすめの食用クエン酸 最後に、「食用クエン酸」をご検討されている方のために、「おすすめの食用クエン酸」について2つご紹介しますね。 メーカーは「NICHIGA・ニチガ」「アースコンシャス」さまのものですが、いずれも「日本国内鹿児島県」で製造される「非常に希少な国産クエン酸」です。 輸入品が多い中、本当に珍しいタイプに垣外いしますので、ぜひお試しになってみてください。 [1]純国産クエン酸粉末 NICHIGA・ニチガ 商品名 純国産クエン酸粉末 メーカー NICHIGA・ニチガ 原材料 純国産クエン酸 鹿児島県産さつまいも澱粉 公式サイト [2]国産クエン酸 アースコンシャス 商品名 国産クエン酸 メーカー アースコンシャス 原材料 国産クエン酸 鹿児島県産 公式サイト まとめ ここまで、「クエン酸による疲労回復や体臭改善などの効果・効能」「効果的な摂取量と飲み方」についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか? 「クエン酸」は、私たちが口にした食品・食べ物を「エネルギー」へと変換するために必須である成分であり、「エネルギー」をつくることが困難になると、生きていくことはできません。 つまり、「クエン酸回路 TCAサイクル 」と呼ばれる「エネルギー産出の仕組み」は、非常に重要な位置を占めていると言えます。 この「クエン酸回路 TCAサイクル 」が正常化されると、「疲労回復」「体臭改善」をはじめとする「効果・効能」が発揮されていくでしょう。 「1日における摂取量」は「2~5g」を目安に、「食間」「食後」をねらってこまめに補給するようにしてみてください。

次の