スプラトゥーン2 立ち回り。 【スプラトゥーン2】フデ(ブラシ)の特徴と上手な使い方・立ち回り!

[スプラトゥーン2]サーモンラン立ち回り指南

スプラトゥーン2 立ち回り

目次!• N-ZAP85 黒Nザップ の基本情報 射程 試し打ちステージ白線 2. 5本分 攻撃力 28ダメージ 武器の種類としてはシューターの位置にあるN-ZAP85 黒Nザップ メインの特徴としては連射速度が高く真っすぐ飛ぶインクを出す。 ダメージは28なので確定4発でキルを取ることができる。 射程はスプラシューターと同じでありあちらは攻撃力が35、Nザップは4発の代わりに連射速度が高い。 キルタイムもスプラシューターとほとんど変わらないのでメインはそこそこ強く撃ち合いができる武器である。 サブはキューバンボム。 キューバンなのでどの地形にも引っ付き爆発までの時間が長いが代わりに爆風範囲が広い。 ダメージは180なので1撃。 かすりは30ダメージ。 スペシャルはインクアーマー。 味方全員に防御30程のアーマーを纏わせどんな攻撃にも耐えてくれるバリアを張る。 スペシャル必要ポイントが190と少なく5分間のガチマッチでは大体5回くらい発動できる。 N-ZAP85 黒Nザップ の弱い点 メインはスプラシューターより若干劣る。 3発でキルが取れるのと4発でキルが取れるのは大違い! 止まっている敵に対してのキルタイムは両者ともほぼ同じであるが実践では4発当てるのが非常に難しい。 撃ち合いも強い方の武器であるがスプラシューター相手だと正面に立った5分の状況だと負けてしまう。 N-ZAP85 黒Nザップ の強い点 ・インクアーマーの必要ポイントが少ない Nザップの必要ポイントは190。 この数字はスペシャル必要ポイントの中では平均的数字。 インクアーマー持ちの武器の中では 2番目に発動させやすい。 一番目は180Pのわかばシューター。 スクイックリンも180Pであるが塗りにくいのでポイント貯まらない N-ZAP85 黒Nザップ の強い立ち回り、使い方 撃ち合いも出来るサポート武器! Nザップはメインでの撃ち合いも強く、スペシャルはインクアーマーと味方を強くさせるサポートスペシャル。 なので基本的には塗ってスペシャルを沢山発動させつつ、時には相手を倒しに行く「 サポート&キル」を兼ね備えたハイブリットな武器なのである! 悪く言えば器用貧乏。 使い手の立ち回り次第では 「わかばシューターの方が良いんじゃね?スプラシューターの方がいいんじゃね?」 となってしまう。 やられない立ち回り NザップのスペシャルはインクアーマーなのでNザップ持ちがやられてしまうと戦場におおきな影響を及ぼしてしまう。 逆にNザップが生きていると バンバンインクアーマーを発動できるので味方を強くさせることができる。 インクアーマー持ちの武器は 何回スペシャルを発動できたか?が重要! なので デスを減らしつつステージを多めに塗ることを意識する立ち回りをしよう! 塗り多めとは言っても味方と敵が交戦していて敵が1人の時は流石に手伝いにいきましょう。 キルを取る時は正面の撃ち合いを避け 「背後からキル」 「潜伏からのキル」 「高い所を取って一方的に攻撃」 をしていきましょう。 ボムけん制を多めにする 敵が高い所をに陣取っている場合等はボムけん制を多く行いましょう。 例 海女美術大学ガチエリアの真ん中等 今作は前作に比べてダメージ回復が遅くちょっとしたダメージが蓄積してキルを取るといった場面が多いです。 なので爆風範囲が広いキューバンボムを多く使うことは有効な戦術です。 またボムを使うことは ・安全に潜伏で隠れている敵を見つける ・安全にスペシャルゲージを溜める ・安全に遠距離から敵にダメージを与える という3つのメリットがあります。 スペシャルを溜める時間を作る やられて復活した後は一呼吸! 味方3人が前線で敵を倒している時はスーパージャンプで前線に復帰して良いですが 味方が2人やられていた時などは前に出てもまた無駄死にするだけです。 そういう時は4人で打開するために スペシャルを溜めましょう。 インクアーマーを溜めて4人が一斉に前に出ることでペースを取り戻すことができます。 撃ち合いの時はジャンプ撃ちを使用する 近距離シューターのジャンプ撃ちは強力です。 撃ち合いになってしまった場合は 相手のエイムをずらすためにジャンプ撃ちを多用しましょう。 そうすることで相打ちになってしまうシーンで一方的に勝てるようになります。 しかしジャンプ撃ちは集弾性が悪くなる あちこちにインクが飛ぶ ので撃ち合いの時だけ使用! 後ろから撃つ時やしっかり狙って撃つときはジャンプ撃ちをしてはいけません。 例えば 曲がり角でばったり敵と出会ってしまった時はジャンプ撃ち。 先手を取って撃ったが何発か外してこちらを振り向いてきた時にジャンプ撃ち。 等々 相手のエイムをずらすためのジャンプ撃ちなので敵から 撃たれていない時のジャンプ撃ちはあまり強くありません。 味方が強い時の立ち回り サポート的な立ち回り! 味方が強い時はそんなに頑張らなくても勝つことができます。 なので撃ち合いは味方に任せてインクアーマーを溜める、塗り固める、けん制ボムを使うといった安全な立ち回りをしていきましょう。 味方が強い時はこちらがやられずにインクアーマーを沢山使ってあげるだけで相手を倒してくれます。 味方が弱い時の立ち回り ・キルを取る立ち回り! 味方が弱いときは 頑張るしかありません!! N-ZAP85 黒Nザップ は撃ち合いができる武器ですから積極的にキルを取りにいきましょう。 潜伏を多少使う 敵が通るであろう道に潜伏してやってきた所をキルしましょう。 潜伏する場所や潜伏からのキルはある程度練習したり強い人の動画を見たりで研究しないといけないのでできるようにしておきましょう。 裏取りができない所では潜伏キルを使いましょう。 裏取りの基本ですが ・敵の位置をまず把握 大体4人の敵がどこにいるのか把握してから裏取りしましょう。 「あそこにるな!しめしめ裏を取ってやろう!」 という立ち回り!が大事です。 また敵の位置を把握しておかないと裏取り途中で敵に気づかれてしまうパターンがあるので 4人に気づかれないルート選択ができるようになります。 ・敵が注目している場所を意識 例えば味方がジェットパックを使っていた時は敵は全員ジェットパックに注目しますよね? またガチホコではホコを割るために敵は全員ガチホコを見ます。 味方がステージ中央で目立った事をしていると敵は見ます。 そのような 敵が「今どこを見ているか」を考え、その 見ていない場所から攻める ことで裏取りが成功します。 ・すばやく 裏取りは素早く行わないといけません。 なぜならば 敵はずーと同じところを見ているわけではなくしばらく時間が経ったら別の所をみます。 別の所を見られてしまうと裏取り中に見つかる可能性大! また裏取りが遅いと その間3対4の状況になるので一時的に不利になります。 すばやく裏取りしてすばやく敵を倒しましょう! ・エイムをしっかり! Nザップは4発当ててキルが取れます。 相手に攻撃する時 2、3発外してしまうとそれだけで気づかれてしまいます。 相手によっては スーパーチャクチ、イカスフィアを発動されてしまい反撃を受けて裏取りが失敗してしまいます。 なのでしっかり狙って反撃の時間を与えず「 きっかり4発で倒す」ことを意識しましょう。 連キルを狙う 裏取りに近いことですが連キルを狙うことによって一時的に相手が戦場にいなくなることになります。 「あいつを倒してから前にすすんであいつを倒す、、、」 といったようなすばやく連続キルを狙い 一気に敵を4落ち等させた場合はほぼ勝ったも同然!! 連キルを意識しましょう。 撃ち合いをしない キルを取るのに撃ち合いをしないとは!? と思いでしょうが撃ち合いをしてはいけません。 正確にはキルは全て一方的に倒しましょう。 撃ち合いをしてしまうとこのゲームではこちらがどんなに上手くても 相手も上手いと相撃ちになってしまいます。 味方が強いと相撃ちはOKですが味方が弱いと負けてしまいます。 またダメージ回復が遅いので撃ち合い後は回復の時間が必要になります。 そうなった場合は連キルを取る事がむずかしくなるので「 撃ち合いはしない!一方的に倒す! 」をこころがけよう! スポンサーリンク N-ZAP85 黒Nザップ のおすすめギア ・スペシャル増加量アップ インクアーマーを沢山発動させる武器なので必須。 ・インク増加量アップ サブ キューバンボムを多用する場合は付けましょう。 ・対物攻撃力アップ インクアーマー、イカスフィアに対して強くなるギア。 ホコでも割る時早くなる。 Nザップは攻撃力28なので通常インクアーマーには2回当てないとアーマーを剥がすことができません。 なのでNザップに対物攻撃力アップはアリ。 ・爆風ダメージ軽減 やられないために付けるギア。 スプラシューターのクイックボムが流行っているので付けておくとダメージ軽減してやられないシーンが多くなります。 ギア 1. 2付けることでクイックボム直撃2発を耐えます。

次の

デュアルスイーパーって強くね?立ち回り方や対処方法

スプラトゥーン2 立ち回り

塗るのが得意なブキに求められることは 自分を守る事と 味方が不利な状況で味方の中継地点になることだ。 地面を塗って前線を押し上げるのは当然として、 敵に倒された回数をできるだけ少なくすることが大切だ。 倒された回数の少なさがどれだけ地面を塗ったかに直結するからだ。 ただし、倒された回数を少なくするために味方陣地の奥へ引っ込んでいては意味がない。 前線を進めながらどうやって自分の身を守るかが重要だ。 また味方が不利になった状況でできるだけ敵を足止めしつつ、 味方が「スーパージャンプ」をするための中継地点に自分がなることも大切。 2対4のような不利な状況になったら無謀に敵陣へ攻め込まず、速やかに自軍の安全な場所まで後退しよう。 味方が素早く前線へ復帰できるように自分が中継地点になり、仲間と一緒に状況を立て直そう。 テクニック• ジャンプ撃ち 各ブキの対策 対マニューバー 敵のブキより自分のブキの射程が短い場合、は正面から撃ち合うのは避けたほうが良い。 敵の「スライド」による高速移動で翻弄されるし、ブキの連射力も「マニューバー」の方が上回っているだろう。 もし撃ち合いになったら、敵の攻撃が届かない距離へ徐々に後退して一旦仕切りなおそう。 あるいは敵の攻撃が届かない距離で撃ち合い、敵のインク切れを待とう。 「マニューバー」の方がインクの消費が激しい場合がほとんどなので、我慢比べならシューターの方が有利になるだろう。 対シューター まずは敵の武器の射程を確認しよう。 自分のブキの射程が敵のブキの射程より長いなら、正面から撃ち合っても良い。 逆に敵のブキの射程のが自分のブキの射程より長いなら、正面での撃ち合いは避けるべき。 敵のブキの射程のが自分のブキの射程より長い場合は、奇襲などで距離を詰めてから攻撃しよう。 対チャージャー まず敵との距離がはなれている場合は1度敵から隠れよう。 距離を詰めないと勝負にならないので、物陰に隠れながら相手に近づく。 物陰から物陰へ移動する際には先に移動ルートをインクで塗り、イカ状態で一気に移動しよう。 自分が物陰に隠れていると上からインクを降らして、物陰から追い出そうとするが、落ち着いて足元をインクで塗ろう。 相手に近づくのが難しい場合は、ボムで相手の場所取りを妨害したり、スーパージャンプでスタート地点に戻り、仕切りなおそう。 対ローラー・フデ 敵がローラーの場合、接近戦を挑むのは避けよう。 敵の射程の外から攻撃するのが良いが、敵のジャンプ中のインク飛ばしには注意しよう。 少し距離が離れているだけで、ローラーの攻撃方法はジャンプ攻撃ぐらいになる。 ローラーは1度ジャンプ攻撃をすると、再度攻撃するまで時間がかかる。 敵がジャンプ攻撃を始めたら回避に集中し、敵が再度攻撃するまでの間に、敵を倒そう。 フデの場合は射程外から攻撃すれば問題はない。 ただし、接近されると一気に不利になるので、敵の接近には注意しよう。 対スロッシャー ほとんどのシューターより射程が長く、正面からの撃ち合いで勝つのは難しい。 ボムなどで牽制しながらインク切れを待とう。 対スピナー 正面で距離を取って敵に待たれたら、勝ち目はない。 障害物に隠れながら、近づければこちらが有利になる。 スピナーは「チャージ」してからしか攻撃ができない。 近づいて、敵の攻撃が終わったら、敵のチャージ中に倒そう。 Can I simply say what a relief to find somebody who truly is aware of what theyre speaking about on the internet. You definitely know methods to deliver a difficulty to mild and make it important. More people need to learn this and understand this side of the story. I cant consider youre no more in style since you undoubtedly have the gift. Hire an App Developer.

次の

【スプラトゥーン2】スプラチャージャーのおすすめギアと立ち回り|ゲシピ

スプラトゥーン2 立ち回り

エイム練習と感度 撃ち合いに勝つために必要不可欠なことです。 カスタマイズ画面から行くことができる試し撃ち場でバルーン相手に練習します。 画面が荒ぶったら感度を下げ、コントローラーを大きく動かすことが多ければ感度を上げましょう。 試し撃ち場ではエイム練習以外のテクニックも練習できるので、どんどん活用しましょう。 中射程の武器を使う 中射程武器は撃ち合いが起こりやすいので、練習にはぴったりです。 短射程の武器を使うと裏どりやセンプクで相手が気づく前に倒してしまい、長射程だと相手が警戒したり、詰められたときの勝ち目が薄いです。 中射程の武器と言ってもケルビンなどのクセのある武器は扱いづらいので、スプラシューターなどの簡単に扱える武器を使いましょう。 正面から行かない 正面衝突は射程勝ちしていない限り絶対にやってはいけない行動です。 イカで自分の得意な距離に近づくまでに相手はその道を撃っておくだけで倒されてしまいます。 側面から近づいたり障害物を使って相手に近づけば、相手に気づかれても互角以上の勝負ができます。 ガチマッチではオブジェクトの横から相手を殴ることを心がけましょう。 サブスぺを使いこなす 敵を見つけて撃ち合う前にサブやスペシャルで先制攻撃を仕掛けておくと撃ち合いを有利に進めることができます。 サブならボイズンボールやポイントセンサーやボム系、クイックボムなら撃ち合いの途中で撃っても効果的です。 スペシャルならマルチミサイル、インクアーマーでほかのスペシャルは撃ち合いの概念を無視しますが普通に有利です。 サブはインクの残量、スペシャルはいつでも撃てるわけではないことに注意です。 塗り状況の把握 相手インクだらけの場所で撃ち合うのはサメに囲まれているのと同じようなことです。 相手はこのまま撃ち合うかイカで横によけるか逃げるかの3択が取れるのに対し、こちらはイカ移動がほぼ制限されています。 さらに、敵の増援が来る可能性も高いです。 敵陣地に飛び込む前にはきちんとクリアリングをしましょう。 味方と協力する 3人に勝てるわけないだろ! 敵に囲まれた場合はほとんど負けてしまいます。 しかし、逆に敵を味方と協力して倒しに行くと撃ち合いの勝率が格段に上がります。 周りが敵インクで囲まれたときの打開として一人で突っ込むと、スペシャルを持っていたとしても4対1で負けてしまいます。 敵と戦うときも打開のときも味方と協力しましょう。 武器の特性を理解する たとえどんなにエイム力が高くても弾が相手に届いていないと意味がありません。 なので、自分が使っている武器の射程を理解する必要があります。 それだけでなく他の武器の射程(特に人気な武器)の理解やステージごとにここから撃つとどこまで届くのかを散歩で検証したりすれば、上手い立ち回りができるようになります。 裏取りのときに相手に気づかれない方法 裏取りが成功すれば、勝利に大きく貢献できますが、失敗すれば戦犯になります。 そして、裏取りに時間をかけてしまうと味方に負担をさせることになるので、裏取りは速やかに済ませましょう。 裏取りをする際は敵のアイコンに注意しましょう。 タイミングを誤ると復帰してきた敵にやられてしまいます。 敵がやられてない時と敵がやられた瞬間がバレにくいタイミングです。 敵に近づく際はギリギリ当たらない位置で撃ってしまうと気づかれてしまいます。 自分の弾が次に撃つ時に届く位置の地面に向かって撃てば相手に気づかれずに近づくことができます。 エイムずらし 敵の弾がどんなに強力なものであっても当たらなければどうということはありません。 相手を翻弄する雷神ステップ(シューター、マニューバー)、フェイントを仕掛けることができる慣性キャンセル(全武器)、実は射程が少し伸びるジャンプ撃ち(基本的にはシューター)があります。 難易度は「ジャンプ撃ち<雷神ステップ<慣性キャンセル」ですが、重要性も難易度に比例して高くなります。 逃げるが勝ち どんなに撃ち合いが上手くてもどうしても勝てない場面がたまにあります。 そういった時には一度撤退してチャンスを待ちましょう。 スプラトゥーンにおいては生存しているだけで味方に貢献、敵にプレッシャーをかけることができます。 最後に YOU LOSE 俺の勝ち!なんで負けたか、明日までに考えといてください。 そしたら何かが見えてくるはずです。 ほな、(ウデマエゲージ)いただきます。 ゲームは1日1時間! じゃあ、また明日。

次の