誰かの心臓になれたなら 歌詞。 「だれかの心臓になれたなら/ユリイ・カノン」を聴いてみた!

だれかの心臓になれたなら

誰かの心臓になれたなら 歌詞

ボカロ曲はよくわからない、なんて思ってるそこのあなた!「だれかの心臓になれたなら」という曲はボカロ曲の中でもダントツにエモい、最高の曲です。 是非、この記事を読んで「だれかの心臓になれたなら」を聴いてみてください。 きっとボカロの見方が変わるはずです。 「だれかの心臓になれたなら」ってどんな曲? 「だれかの心臓になれたなら」は、「ユリイ・カノン」さん氏が作詞・作曲・編曲したVOCALOID ボカロ 曲です。 2018年2月12日に発表されました。 ボカロ曲なので、歌っているのは機械の声の女の子。 名前はGUMIです。 ユリイ・カノンさんって誰? ユリイ・カノンさんは、VOCALOID、つまり人の声を機械で再現したパソコンソフトを使って作曲をしています。 いわゆるボカロP プロデューサー と呼ばれる人ですね。 2016年5月29日「【GUMI】 或いはテトラの片隅で 【オリジナル曲】」でニコニコ動画に初めて投稿します。 2016年10月26日に投稿された「【オリジナル】 おどりゃんせ 【初音ミク&GUMI】」がVOCALOIDランキング2位を獲得するほどの大ヒット作となりました。 また、初のVOCALOID殿堂入り 10万回再生 を果たします。 2018年9月13日20時55分には、VOCALOID伝説入り 100万回再生 まで達成したすごい人です。 ユリイ・カノンさんはどんな曲を作っているの? ユリイ・カノンさんは、ロックな曲調を得意とするボカロP プロデューサー です。 スピード感があって、ボカロキャラがかなり高い声で歌う曲を作ることが多いです。 また、初投稿からボーカルにはGUMIと初音ミクを使用しています。 デュエット曲の場合はこの2人を使って曲を作っています。 「だれかの心臓になれたなら」の歌詞の意味とは? とても、命について考えさせられるような歌詞ですね。 この歌詞で、主人公の「僕」は、登場人物の「君」から心臓をもらって生きています。 だから、あのとき僕が君から心臓をもらったように、僕も誰かの心臓、つまり命になりたい。 そんな意味の歌詞です。 全ての生き物の命には、限りがあります。 だからこそ、人生も一瞬一瞬を大切にしなければならないものです。 「だれかの心臓になれたなら」の歌詞は、そのことをもう一度確認させてくれます。 この歌詞は、人によって色々な意味が考えられそうですね。 この曲を聴いて、歌詞の意味を自由に考えてみてくださいね。 「だれかの心臓になれたなら」のニコニコ動画での反響がすごい! ニコニコ動画では、動画を見ている人が感じたことを、動画の上に自由にコメントすることができます。 次の感想は、「だれかの心臓になれたなら」を見た人の感想の一部です。 メロディーが良い まず、メロディーが素晴らしいです。 一度聴いたら忘れられません。 ボカロ曲で一番好き 聴いた瞬間、高いキー歌い始めるGUMIの声に心が高まります。 ボカロ曲で一番好き、という声も頷けますよ。 神曲 「神曲」、これに尽きます。 音楽の感じ方は人それぞれかもしれません。 しかし、あの疾走感のあるメロディー、リズム感、深い歌詞は、多くの人を魅了するはずです。 Youtubeの視聴回数600万回という数字を見ても、この曲に共感した人の多さがわかります。 泣ける・共感できる・心に染みる 歌詞を味わうのも楽しいですが、一回曲を聴いてみてください、泣けますよ。 本当に。 命について再確認させてくれるような、素敵な歌詞、きれいなメロディーに共感できます。 中毒性がある 特にボカロなんて機械の声でしょ、たぶんそんなに感動しないんじゃない?と思っている方にこそ、この曲は聴いてほしいです。 正直機械音がこんなにエモいなんて思いませんでした。 食わず嫌いは本当にもったいないです。 高性能なソフトとはいえ、ボカロは人間ではありません。 一歩間違えば、気の抜けた人の声のようにもなってしまうこともあります。 そこを、ソフトを使ってこの人間らしさのあるエモさを作り上げたのは、ユリイ・カノンさんの腕前のすごさがあるからと言えます。 とにかく一度聴いてみて欲しいイチオシ曲です! TEXT カッパナスビ.

次の

【ユリイ・カノン/だれかの心臓になれたなら】の歌詞の意味を徹底解釈

誰かの心臓になれたなら 歌詞

歌詞の主人公は「君」を亡くし、恐らく亡くした事で「君」をいかに愛していたか、に気づいたのではないでしょうか? だからこそ贈る愛の言葉が、「最期」でもあるけれど「最初」でもあるのだと思います。 「君」を亡くした事で愛に気づいた主人公は、だれかに愛を与え、誰かの生きる理由になりたい、と願います。 でもそれに気付いたり、言う事は出来なくて。 そんな誰かの手を取って、「君」と同じように、でも「君」とは違う方法で愛を与えられる存在になれたなら。 そんな気持ちがひしひしと伝わってくるようです。 今を生きるという事は、刻一刻と死へと近づくという事だ、だから時間は限られている、と。 いつ終わるかはわからないけれど、それでも必ず限られている時間の中で、主人公は誰かの生きる理由になりたいと願います。 だから、「君」には笑顔でその様子を見守っていて欲しいと思うのでしょう。 この曲について、作者のユリイ・カノンさんはこのようにツイートされています。 『だれかの心臓になれたなら』は 見て分かる通りのまま追想の歌です。 そして決別の歌です。 という事を書いてます。 — ユリイ・カノン yurryCanon 誰かが誰かの生きる理由になる為には、やはりその根底には愛があるのではないかと思うのが今の私の価値観なのですが、皆様はどう思いますか?この曲を聴きながら、是非一度考えてみては如何でしょうか? リンク.

次の

柘榴 だれかの心臓になれたなら 歌詞

誰かの心臓になれたなら 歌詞

神様、もう一度 だけ あの夢を見 せて 生きる体温をくれた指が解けて 形のない痛みに変わった 生きる意味も生まれた意味も このすっからかんな頭じゃわかりゃしない 「だから"こんな世界"と嘆く君の瞳に雨上がりの7色を見せてあげる」 息を止めても心臓は打つ 立ち止まっても地球は回る 時間は待ってくれない 甲斐ない心臓を差し出しきみを救い出せるすべをてにいれてもこんな醜い姿を誰が愛してくれる? 思い通りじゃない世界だけど どうか醜いくらいに美しい愛でこの心を抉ってくれよ 心臓が鼓動し、管を通り血液が全身を廻り、 肉体は存える。 保たれる。 続いている。 どうやって心は在り続ける?肉体と同じだ。 原動力となる心臓が血液を運び、存える。 保たれる。 続いている。 その"心臓"とは? 形の無い。 目に見えない。 そこ命を必要とするもの。 君の心が壊れたり、失われていないのは、 きっとどこかでその心臓がまだ動いているからだ。 君もだれかの心臓になれる。 どうか強く生きて。 肉体は朽ち果てようと 想いは風化しない 彼女は今だってこうして 私の心に血を廻らせる 間違ってたり誤字があればすみません! あと、一応コメント欄にもありましたよ!.

次の