妻のプライド。 妻の方が収入が多いとプライドが傷つく? 嬉しい?

妻にはプライドがないのでしょうか?妻と離婚して彼女と再婚したいと思っていま...

妻のプライド

夫と同学歴の専業主婦は、けっこうつらい 鈴木 女性活躍社会といわれても、そういう女性を現実的に目の当たりにすると、あんな風になりたいとはほぼ思えない。 専業主婦の世界は、知らないだけに、ほとんどファンタジーだし。 橘 日本の会社ではようやく、子育て中の女性も平等な働き方ができるようにしなきゃいけないとか、 女性をもっと管理職に登用しなきゃいけないとか、思いはじめたところですからね。 当然、うまくいかないことはたくさんあるでしょうが、だからといって 専業主婦になればなったで別の罠が待ち構えている。 女性にとってはどっちも行き場がない状況で、ジェンダーギャップ指数がどんどん下がっていくのがすごくよくわかります。 鈴木 専業主婦と結婚した男の人が働く前提になってたシステムを、どこから変えていいのか、会社も結局、よく分かってなくて。 すごく悪意があるっていうよりも、 持て余しちゃってるんですよね。 会社もいろいろ頑張ってはいるんです。 働いてて、子どもがいる人を社内報に載せようとか、入社説明会ではワーママに喋ってもらおうとか。 いろいろやってて、それこそ私の本(『)にも書いたけど、友人で何となく辞めようかなって思ってたら、会社の偉い人が、 子どもがいてデキる女性っていうのを会社案内に載せたいと言い出して、彼女に白羽の矢が立っちゃった、みたいな。 それで辞められなくなり、いまだに会社にいますよ。 その代わり、 すごいチヤホヤはしてくれるんだけど。 優秀な女性ですから、辞めようかなという彼女の雰囲気を嗅ぎ取って焦ってフォローしているというのもありますが。 すべてを手にいれたってしあわせなわけじゃない 橘 日本の会社は 社員に滅私奉公を求めますから、いったんそこから外れると、そういうマミー・トラックみたいなところに乗せる以外にやりようがなくなるんですよね。 会社にいてもいいけど、重要な仕事は任せず出世もさせないというのがマミー・トラック。 これではまじめで意欲のある女性ほどやる気がなくなりますよね。 後輩や同僚に追い抜かれたり、学歴や能力は同じなのに夫だけどんどん出世していったり。 鈴木 本では、前出の、「マミー・トラックを感じて辞めようと思ったら やっと会社が本気で彼女の理想の環境を作り出した」という女性と、 浮気に走る専業主婦を対比して書きました。 もちろん、主婦の側にも焦燥感や不幸感はあります。 あくまでもこの人の場合ですが、「社会に認められていない」という承認欲求の欠如、というのは、 専業主婦にはありがちな話かもしれません。 橘 みんなが浮気に走るわけではないでしょうが。 鈴木 やっぱりいま、専業主婦の人が 自分がすごく社会に求められてる、価値ある、時代に即した存在だって思うのは難しいとは思います。 だからといって、社会が推奨している、正しいとしている生き方の方も、 理想と現実の大変さとの間に差があり過ぎるわけですが。 橘 日本社会ではずっと「専業主婦になれば幸せ」と信じられてきて、もうそんな時代じゃないんだよということを前の本(』)で書いたんですが、たった2年間で日本社会の価値観は大きく変わって、いまや共働きが当たり前になりました。 いまみんなが困っているのは、 専業主婦に代わる幸福のロールモデルがなくなったことですよね。 鈴木 だからもう、 生き方がよくわからない。 橘 「平均的な大卒女性の生涯賃金は2億円なのに、 それを捨てちゃって本当にいいの?」と訊かれたら、やっぱりみんな考えますよね。 だけど子どもができてからも共働きしようとすると、 あんなに苦労してまで働きたくないと思って行き場がなくなってしまう。 鈴木 そうなんです。 そこそこ富裕層で、女性が働いていない奥さんがいる家庭っていうのはいますけど、たまに。 ただ、それは、 旦那さんの年収がもう2000万以上あるような家で。 それが結局、一番、勝ち組みたいに思われる。 要するに、専業主婦だけどベビーシッターとかも雇えるぐらいが理想形とされたりするんです。 いわゆる 女性誌の読者モデルのような形ですね。 橘 確かに、そういう 希少種の専業主婦はいます。 鈴木 でも、私の本に登場する実際そういうモデルになっている人は、それはそれでやっぱりすごく社会に対して不満がある。 自分は男性と同じ教育を受けてきたわけだから、 こういう優雅な状況で、自分に誇りを持つっていうのが、逆にできない。 今、もう社会が、女性が働くことを前提としてると、自分はなんかはじき出された気がして、 この一番の勝ち組に見える人ですら自己承認ができないっていうか。 いろいろな立場や気持ちがありすぎて、逆に、だから、どれもレアケース。 彼女の苦しみは彼女にしかわからない、という孤独の中にいます。 だからこそ、一冊にまとめて書いてみたんです。 この本に出てくる人たちって、ものすごく貧乏で苦労してる人たちじゃなくて、大体、割と恵まれているとされている人たちばっかりなんですよ。 ほとんどみんな学歴あるし、旦那も学歴あるし、収入もあるしっていう家なんですけど、 誰ひとり、完全には満たされてない、っていうか。 橘 恵まれてる専業主婦にしても、 小学校から大学までずっと男子と対等に教育を受けてきて、それなりに成果を挙げてきたわけだから、自分の能力に自信はあると思うんです。 それでいまやただの専業主婦だったら、 じゃあ、あの20数年間は何だったのって思うでしょう、やっぱり。 鈴木 いや、本当に。 自分の旦那と、同じことだけをする下準備だけは、全部やってきたわけだから。 中には旦那よりも学歴があって、教育にお金をかけてきた人もいます。 UAEみたいに、買い物も、仕事も、外に出るのは完全に男で、女の人は何もすることない、 オイルマネー家庭の主婦とはやっぱり全然、違う。 橘 それじゃあ納得がいかないですよね。 妻のほうが稼ぐと、自尊心が崩壊するのが男.

次の

モラハラ妻の特徴と対処法

妻のプライド

そういう男性ほど、めんどくさいことにデリケート。 人から持ち上げられていないと不機嫌になってしまったりします。 「それって、うちのダンナだわ……」と思った女性も多いのではないでしょうか。 かつて筆者もそういう男性と付き合った経験があり、どう接していいかを悩みました。 だから、ちょっとしたことにも「オレをバカにしている」と過剰反応してしまい、不機嫌になることで、「どうしてわかってくれないんだ」と抗議しているんです。 でも、それって本人が一番大変だと思いませんか? 人から必要以上に持ち上げられていなくても、自分の内側から自然に自信を持てるようになった方が、男としてラクに生きれるはずですよね? ですので、妻が機嫌を損ねぬよう気を使い過ぎたり、腫物をさわるようビクビク接しても、根本的な解決にはなりません。 例えば、「友達の〇〇子、今年ダンナに海外旅行に連れて行ってもらえるんだって。 ステキね~!」と言えば、「俺が海外にも連れて行かないダメ夫だと言いたいのか」とカチンと来てしまう、という具合です。 そんなときは、「私がカレの機嫌を損ねてしまった!」と萎縮するのではなく、「考えすぎ!アナタを否定してないわ。 アナタだってプレゼントくれたりしてるじゃない」と切り返します。 そうやって、「いちいちプライドが傷ついては楽しい会話ができない。 それってもったいないことだな」と気づかせてあげるようにします。 一旦はそっとしておくしかありません。 でも、タイミングを見て「わたしが一番にアナタを認めてるの忘れないでね」「わたしはアナタのスゴイところを知ってるんだから」と言ってあげて下さい。 そうすると夫は、自分が過剰反応していることに徐々に気づいていきます。 そして「妻はオレをわかってくれているんだな……」と信じるようになってきます。 時間がかかる人もいるかもしれませんが、「大丈夫、わたしはアナタの味方よ」と言葉や態度で示していけば、夫も少しずつプライドのガードを緩められるようになり、妻にぞっこんになっていきますよ。 女性の幸せをトータルケアするヒーリングサロン『 レボルシオン』のカリスマセラピスト。 仙台・東京にて活動。 著書『ラブ・セラピー』他。

次の

プライドが高い人の16個の特徴と改善方法。周りにもいるいる!

妻のプライド

タップできる目次• 女性は言葉が巧み モラハラとは肉体的とは異なり、精神的に相手をおいつめていくことです。 ですから女性にとってなんてことない、やりやすい攻撃方法なのです。 何しろ女性は口が達者なのですから。 「そんなことも男のクセにできないの?」「離婚してもいいのよ」などなど、口を開けばそんなプレッシャーを与えるような言葉を浴びせ続けます。 男性は実は非常にデリケートな生き物ですから、そんな言葉を毎日のように浴び続けていると、ノイローゼになってしまいます。 モラハラ妻はノイローゼにさせようと思っているわけではなく、単にイライラを発散させたいがために言うだけなので、本当に離婚しようとは思っていません。 あげ足取りとプライド モラハラ妻はあげ足を取るのが上手いです。 これは女性には共通することではないでしょうか。 女性は会話も絶えず特に意味もない話をだらだらするのがうまく、あげ足取りもうまいので、夫のあげ足を取って、怒涛の如く文句を言い続け、反論の余裕なしに文句を言い切ってしまいます。 それでいて、「分かってるならいいのよ!」と言って勝手に終わってしまうので、夫も後から何か言おうと思ってもいえなくなってしまいます。 それでいてモラハラ妻はプライドが非常に高いので、それを傷つけようものならまた罵倒の如く嫌がらせの言葉を浴びせることでしょう。 自分ルールを押し付けてくる 自分ルールとは、自分の中で正義か悪かを決めているルールであり、世間的なルールよりも自分ルールが正しいと思い込んでいる人は、モラハラ妻になりやすい性質があります。 例え夫が正しいと思われるような行動をしても、それが妻の自分ルールに反することであれば、いちいち口を挟んでしまうことが原因です。 こういった人は、他人にも自分ルールを押し付けてしまい、また謝ることが苦手です。 何もかもが自分が正しいと思い込んでおり、問題はそれが自分で気づいていないことです。 私はそんな性格じゃないと思い込んでいる人が多く、これは夫からすると非常に厄介です。 周りから自分ルールを押し付けてくるな、と一度でも言われたことがある人は、一度疑ってみるべきでしょう。 内弁慶は特に多い 内弁慶とは、「外では皆にいい顔をしますが、家に帰った途端に人が変わる」人のことをいいます。 昔の夫に多いタイプですが、現在では妻もかなりこの内弁慶タイプは増えてきています。 内弁慶の人ほど、外で常に自分を押し殺していい人ぶっているので、家についてその緊張が取れた瞬間に、ストレス解消とともに夫にあれこれと文句を言ってしまいがちです。 昔なら、立場が逆のパターンがほとんどでしたが、現在は女性の権力が強くなってきているので、モラハラ妻も増加傾向にあるのです。 突然の態度の変化 何気ない一言で急に冷たくなったり、長い間口をきいてくれなかったり。

次の