レシピ 簡単。 お昼ごはんはレンジで時短&簡単!これ一品で満足のごはんものレンチンレシピ

【みんなが作ってる】 簡単のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

レシピ 簡単

もうじき梅雨が明け、本格的な夏がスタートしますね。 そんな時期は、少しでも暑さがやわらぐ料理を味わいたいものです。 そこで今回は、食欲が増す、爽やかな主菜レシピを5つご紹介。 香りや味わいから爽やかさを感じる料理を食べて、ヘルシーに夏を乗り越えましょう。 いずれのレシピも、ペロリと食べられる美味しさです。 鰹節の出汁も美味しいアクセントを後押ししてくれますよ。 彩りも美しく、お弁当にもピッタリ。 これまで味わったことがない爽やかな香りは感動ものです。 夏らしい味わいがくせになりそう。 子どもから「あの卵焼き、作って」とおねだりされる可能性も大。 たった15分で作れるので、忙しい日のランチや夕食にも最適です。 この卵焼きを主菜として、ご飯と一緒にじっくりと味わうのもいいでしょう。 レモン汁の爽やかな酸味がたまらないエビマヨで、子どもから大人まで大満足しそうです。 作り方は、フライパンにサラダ油を中火で熱し、エビを両面色が変わるまで炒め、いったん取り出します。 続いて、フライパンに赤パプリカ、黄パプリカを入れ、サッと炒めましょう。 そこに炒めたエビを戻し入れ、炒め合わせます。 タレのボウルに炒め合わせた具を入れ、混ぜ合わせれば完成です。 お好みで、粗挽き黒コショウを振ってからいただきましょう。 こちらのレシピは、餃子のタネに大葉を巻きます。 そうすれば、大葉の香りが口内にフワッと広がる、爽やかな味わいに。 ご飯との相性も抜群でパクパクと食べられますよ。 このレシピを美味しく作るコツは、キャベツは塩揉みせずに使い、タネはひき肉の粘りが出るまできちんとこねること。 よりジューシーな味わいとなり、家族みんなが大満足する一品になります。 材料のキャベツの代わりに白菜を使っても問題ありません。 夏の間に何度も作りたくなる餃子です。 このレシピで作った、鶏肉の竜田揚げはそのまま食べても十分美味しいです。 しかし、おろしポン酢をかけることで、脂っこさが軽減し、爽やかな味わいになります。 仕上げに、大根おろしをのせてポン酢をかけ、刻みネギを散らてからいただきましょう。 鶏肉の臭みをしっかり消すためには、鶏肉の余分な脂肪を取り除き、ひとくち大に切った後、下味の材料をまぶして15分ほど置いてくださいね。 カラッと揚げた鶏肉の旨味があふれ出す、やみつきになる一品です。 スタミナ不足になったときにもオススメ。 一度、味わうとハマってしまう美味しさですよ。 お好みで、パセリを振ってからいただきましょう。 このレシピを上手に作るコツは、バターを焦がさないように弱めの中火で焼くこと。 そうすることで、バターの風味とレモン汁が絶妙に混じり合います。 パパッと簡単に作れるので、お弁当のおかずにも最適。 ボリュームアップしたい場合は、茹でたブロッコリーやサラダを添えるのも良さそうです。 料理にひとつ取り入れるだけで、一気に夏らしさがアップしますよ。 ぜひお試しください!.

次の

【みんなが作ってる】 簡単のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

レシピ 簡単

もうじき梅雨が明け、本格的な夏がスタートしますね。 そんな時期は、少しでも暑さがやわらぐ料理を味わいたいものです。 そこで今回は、食欲が増す、爽やかな主菜レシピを5つご紹介。 香りや味わいから爽やかさを感じる料理を食べて、ヘルシーに夏を乗り越えましょう。 いずれのレシピも、ペロリと食べられる美味しさです。 鰹節の出汁も美味しいアクセントを後押ししてくれますよ。 彩りも美しく、お弁当にもピッタリ。 これまで味わったことがない爽やかな香りは感動ものです。 夏らしい味わいがくせになりそう。 子どもから「あの卵焼き、作って」とおねだりされる可能性も大。 たった15分で作れるので、忙しい日のランチや夕食にも最適です。 この卵焼きを主菜として、ご飯と一緒にじっくりと味わうのもいいでしょう。 レモン汁の爽やかな酸味がたまらないエビマヨで、子どもから大人まで大満足しそうです。 作り方は、フライパンにサラダ油を中火で熱し、エビを両面色が変わるまで炒め、いったん取り出します。 続いて、フライパンに赤パプリカ、黄パプリカを入れ、サッと炒めましょう。 そこに炒めたエビを戻し入れ、炒め合わせます。 タレのボウルに炒め合わせた具を入れ、混ぜ合わせれば完成です。 お好みで、粗挽き黒コショウを振ってからいただきましょう。 こちらのレシピは、餃子のタネに大葉を巻きます。 そうすれば、大葉の香りが口内にフワッと広がる、爽やかな味わいに。 ご飯との相性も抜群でパクパクと食べられますよ。 このレシピを美味しく作るコツは、キャベツは塩揉みせずに使い、タネはひき肉の粘りが出るまできちんとこねること。 よりジューシーな味わいとなり、家族みんなが大満足する一品になります。 材料のキャベツの代わりに白菜を使っても問題ありません。 夏の間に何度も作りたくなる餃子です。 このレシピで作った、鶏肉の竜田揚げはそのまま食べても十分美味しいです。 しかし、おろしポン酢をかけることで、脂っこさが軽減し、爽やかな味わいになります。 仕上げに、大根おろしをのせてポン酢をかけ、刻みネギを散らてからいただきましょう。 鶏肉の臭みをしっかり消すためには、鶏肉の余分な脂肪を取り除き、ひとくち大に切った後、下味の材料をまぶして15分ほど置いてくださいね。 カラッと揚げた鶏肉の旨味があふれ出す、やみつきになる一品です。 スタミナ不足になったときにもオススメ。 一度、味わうとハマってしまう美味しさですよ。 お好みで、パセリを振ってからいただきましょう。 このレシピを上手に作るコツは、バターを焦がさないように弱めの中火で焼くこと。 そうすることで、バターの風味とレモン汁が絶妙に混じり合います。 パパッと簡単に作れるので、お弁当のおかずにも最適。 ボリュームアップしたい場合は、茹でたブロッコリーやサラダを添えるのも良さそうです。 料理にひとつ取り入れるだけで、一気に夏らしさがアップしますよ。 ぜひお試しください!.

次の

【簡単レシピ】レンジで5分「冷凍うどん」で作る「カルボナーラうどん」

レシピ 簡単

がおいしい! ゲストさん 14:38• がおいしい! ゲストさん 13:55• がおいしい! ゲストさん 13:03• がおいしい! ゲストさん 12:14• がおいしい! ゲストさん 12:05• がおいしい! ゲストさん 12:00• がおいしい! ゲストさん 11:48• がおいしい! ゲストさん 11:41• がおいしい! ゲストさん 11:14• がおいしい! ゲストさん 11:10• がおいしい! ゲストさん 10:51• がおいしい! ゲストさん 10:42• がおいしい! ゲストさん 10:39• がおいしい! ゲストさん 10:21• がおいしい! ゲストさん 10:16.

次の