私 の id は カンナム 美人。 「私のIDはカンナム美人」動画無料視聴方法|日本語吹替字幕で最終回まで【口コミも】|KOREANROOM

韓国ドラマ|私のIDはカンナム美人のネタバレや最終回の結末!あらすじや感想も|韓流マイスター

私 の id は カンナム 美人

もくじ• 私のIDはカンナム美人 作品情報 放送 2018年韓国Jtbc 全16話 原作 ウェブ漫画「私は整形美人」メンギ著 演出・脚本・キャスト 演出:チェ・ソンボム 9回裏2アウト(2003) オレンジマーマレード(2015) 脚本:チェ・スヨン 一抹の純情(2013) ずる賢いバツイチの恋(2014) キャスト イム・スヒャン「芙蓉閣の女たち」 チャ・ウヌ(ASTRO)「最高の一発」 チョ・ウリ「魔女の法廷」「太陽の末裔」 クァク・ドンヨン「雲が描いた月明り」 原作は人気ウェブ漫画 人気ウェブ漫画の実写化となった本作。 ヒロインは整形によって皆があこがれる美人に生まれ変わった女性ミレ。 そしてもう一人の主人公は生まれながらにして誰もが認める美貌を持つ青年ギョンソク。 漫画から飛び出してきたようなキャスティングが話題になりました。 冒頭あらすじ 容姿が理由でいじめを受けつらい思春期を送ったミレは、勇気を出して美容整形をし大学生活をスタートした。 しかし同じ科に、ミレの過去を知るト・ギョンソクも入学していた。 彼は今でも出身中学に伝説として残るほどの美形男子生徒でした。 予告編 日本版DVD発売元のトレーラーを共有させていただきました。 冒頭部分のあらすじがとても良く分かる予告になっていて、主演陣の紹介もされています。 ネタバレあらすじ・感想 描き方は明るく、ロマコメらしいドキドキが楽しめるストーリーでした。 ただ親世代の私には、 勇気ある決断をしてコンプレックスを乗り越えようと頑張るミレや周囲の応援がとても印象に残りました。 憧れられる容貌についてきたもの 皆と同じような学生生活を送りたいと願って整形したミレでしたが、 ミレには予期しなかったことも起こってきました。 それは 周囲からの過度な関心や嫉妬でした。 モテるのはいいことではあるのですが、近づく 男性によってはミレには負担でしかないケースも多く、また女性から謂われない悪意を抱かれるのも問題でした。 ギョンソクの不器用さとさみしさ 中学時代にミレの可愛さに惹かれていた本質を知る男ギョンソク。 絶対的なイケメンゆえに人からの注目や嫉妬などいろんな関心をどう受け入れ、時に避ければ良いのかを身をもって経験しています。 人付き合いも苦手で本音で付き合える友も欲しかったようです。 ギョンソクの中学時代 伝説のイケメンとして語り継がれるギョンソクの中学時代を演じたのは、解散してしまいましたがアイドルグループ MYTEEN出身のジュンソプ君。 ここで、ト・ギョンソクが伝説となった「ピ(雨)・ギョンソク」のシーンクリップを貼りますね! 歩いてるだけで写真集。 避難訓練してるだけでも、骨折してるだけでも絵になる孤高の男、ついに雨に濡れた壮絶イケメンを知らしめてしまった中学時代のギョンソクがこちら。 約40秒あたりからです。 そんなギョンソクが転校するまでの短い間で覚えていた同級生がミレ。 正直のけ者同士仲良くなりたくて話しかけています。 でも自信がなかったミレは、 こんな私に好意を持ってくれるはずないという思い込みがあって取りつくしまもなかったんですよね。 美形なせいでさみしい思いをしたギョンソクの青春の一ページでもありました。 美貌も才能の一つ 本作でミレがギョンソクと初めて映画を見るシーンがあるんですが、ミレも、ギョンソクの向こうに座っていたカップルの女の子も画面を凝視するギョンソクの横顔に見惚れてしまうんです。 その時のミレのモノローグが 「美しいものを見ていたいと思うのは本能だ」というようなことを語るんです。 全力で賛成しました! 美しい容貌を持つ人はそれが一つの大切なアイデンティティーでありそれを磨く努力を怠っていないからで、他の才能をもつ人と同じ。 何かや誰かと比べてはいけない、 それ自体の素晴らしさを見つめたいです。 コンプレックスの塊だった学園の女神 ミレを悩まし、見ている私たちもいや~な気持ちにさせられたスア。 しかしスアは、 幼いころの深い心の傷を抱えていて、実は 美貌が唯一身を守る武器となってしまっていた悲しい女の子でした。 自分が得られるはずの歓心や愛情を整形美人が横取りしていくような不安を感じていたスア。 ミレの評判を落とし自分への歓心をつなぎ留めようと立ち回り、かえって自らの首を絞めてしまいました。 優しさと思いやりを持ったミレの内面の美しさに気づくことができなかったスアは、 自分も含め誰しも違った形でコンプレックスを抱えているということを知ったのではと感じました。 ドキドキの初恋愛 本作をふりかえると、どうしても心の傷を抱えた子たちのことを考えてしまうのですが、本作はミレとギョンソクの初々しい初めての恋愛がとても可愛かったんです! 初めて気になった女の子はミレだったギョンソク。 そしてミレにとって人生で初めて告白された相手が伝説にまでなったギョンソク。 ミレの戸惑いと腰の引け具合がとてもかわいくて、同時に切なくもあり、また ギョンソクのぎこちない愛情表現もくすぐったいドキドキが伝わってきて良かったです~。 ここでOSTを 大学生が主人公の物語らしい 明るさとポップさが素敵な曲を2曲ご紹介します。 まずは Runy「True」 さいごに 人からどう思われるか、人からどういう態度をとられたかというのは社会生活や人間関係を築く上で無視できないですよね。 でも、 そこに 容姿やジェンダーに対する偏見と差別が込められている場合は戦っていいんだよというメッセージも本作には込められていました。 偏見であると認識してもらうところからのスタートになるんですよね。 かくいう私も、長く生きてきて植えついた思い込みや偏見があるかもしれません。 できるだけ気づいていきたいし、時代と共に表面化してきた問題なども理解し意識を更新していきたいとつくづく感じました。 「整形」が大きなコンセプトだったので、デリケートな部分が含まれるかもな~と思っていたのですが、 ストーリーの運び方や内包する問題に対しての自然な気づきを含んでいてとてもすんなりと受け入れられました。 誰も見た目や一面的な部分で判断すべきではないとしみじみ感じさせられる深い物語でした。 少し長くなりましたが最後までお付き合いありがとうございました。 可愛いロマコメでした!.

次の

【私のIDはカンナム美人 】Netflix・Hulu・dTV・Amazonプライム 配信は?調べてみた♡

私 の id は カンナム 美人

Contents• 私のIDは江南美人の人物相関図 私のIDは江南美人の俳優 キャスト ・登場人物紹介 私のIDは江南美人のメインキャスト紹介 カン・ミレ役: イム・スヒャン 化学科 2018年度入学生。 夢が叶った。 醜かったミレは美人になった。 だけど、夢を叶えた女の子はたくさんいる。 同じような容姿の、、、「人工の双子」と呼ばれる人たち。 それと、同じ服を着た人とあった時の恥ずかしいこと、、 でも、これは服のように着替える事ができない、、果たして私は醜い時より幸せなのか? 生まれた時はみんな同じような顔なのに、ミレは皆がびっくりするほどブサイクな子供だった。 ミレの親は共働きで忙しかったが、愛情たっぷり受けて育ててくれた。 そのせいかミレは太っていて、男子はミレを「ブタ」と呼んでからかった。 そんなミレはからかわれないようにダイエットを始め、見事に成功させた。 しかし、あだ名は「カンオーク」に変わっただけだった。 (カン・ミレの「カン」に「オーク」は化け物の一種)ダイエットをしてもその醜い姿は変わらなかった。 ミレの学校では頭のいい子が絶対だった、頭のいい子は男の子もいじめはしない。 ミレはそれが学校で生き残る方法だと思ったが、好きだった男の子に告白する失態を犯し、結局いじめにあうようになる。 ミレは生きる意思さえも無くしてしまいそうだった時、すごい美貌を持った女性に会う。 その女性から感じられる甘い香り、暖かい目、ミレは見える美しさだけ望むこの世の中で、彼女が残した香りは見えない美だという事を悟る。 その後ミレは調香師になることを決意した。 どんなにからかわれて、いじめられてもミレは勉強を続けた。 しかしミレは勉強だけではやっていけないと思い整形する事も同時に決意した。 手術は成功!整形があからさまに分かるが可愛くなったからいいってこと!大学で新たなスタートを踏み出したが、ミレの同期に中学校の同級生ド・ギョンソクがいる事を知る!ミレの過去の姿を知っているド・ギョンソク、終わりと思ったミレの生き残りの戦いが始まる。 ド・ギョンソク役: チャ・ウヌ 化学科 2018年度入学生。 美しかった母親は言った。 多く持って生まれた人は、他の人に配慮する義務があると。 ところが、そんな母親はギョンソクを捨てた。 綺麗な女性は人間性が疑われる。 裕福な家庭で父親は国会議員、有名大卒のモデルのような容姿の母親を持ち、勝ち組の息子だ。 しかし、母親はギョンソクが10歳満たないときに浮気をして家庭を捨てた女だ。 心の中で母親を忘れようとしたが、まだ気になってしまう。 父親が化学大はダメだと反対した事も気がかりだった。 だからか知らないが反対を押しきり化学大に進学した。 生まれつきの良い頭ので勉強はあまり難しいことではなかった。 それに、最高の塾、家庭教師をつけてくれる国会議員の父親がいたのも確かな理由だ。 ギョンソクは新入生交流会の時からイケメンで噂になっていた。 イケメンのせいで女の子にたかられ、生意気なため男子の先輩たちから睨まれ、ギョンソクにとっていい付き合いはあまりなく、やりたくない事は絶対にやらなかった。 それゆえ誰かと親しくなる必要もないと感じていた。 しかし、ここで中学校の同級生のカン・ミレに会うが、中学校の時の姿は跡形もなく全くの別人だった。 さらには同級生だったという事実も秘密にしてくれと頼まれ、容姿の評価に敏感になっているミレの姿に失望する。 しかし、妙にギョンソクとミレは関わる事が多くなっていく。 ギョンソクはミレに近づいていく中で忘れたかった母親とも再会を果たしてしまう。 ギョンソクは大学生生活と共に過去の絡み合った縁を向き合うことになる。 ヒョン・スア役: チョ・ウリ 化学科 2018年度入学生。 私がヒョンスアよ!学科では彼女が主人公で一番きれいだ。 見られてないふりを、きれいなことを知らないふりをする。 そして、みな虜になってしまう、、 その人たちに愛されて、彼らを支配するそれが彼女の幸せ。 生まれもっての美貌だが、もっともっとスアは綺麗になりたかった。 しかし、スアは中学校の時いじめを受け人生について悟った。 「かわいい子が、自分がかわいいと知っていると周りは嫉妬や怒りを持つ。 」 スアはその時から演技を始める。 かわいいことも知らないふり人気がある事も知らないふりをする。 可愛くていい子を演じたスアは様々なところで力を持つようになる。 いつも主人公はスアであった。 ところが、大学に入学してみると気に触る子がいた。 整形で綺麗になったのがバレバレなカン・ミレだ。 人々は不合理にもスアとカン・ミレを一緒にミス化学科と呼ぶ。 スアはあんな整形の人と一緒にされたくない!とイライラする。 それでもカン・ミレが素直に自分の顔は整形で全部取っ替えたんだと認めたら許そうと思ったが、そんな奴が学校一のイケメンであるド・ギョンソクといい関係になっていた。 スアはそれが許せずミレに近づき仕返しを企てる! ヨン・ウヨン役: グァク・ドンヨン 化学科 大学院生 助教授。 努力せずに世の中のせいにする者にはイライラする。 裕福だと調子に乗ってる者は幻滅する。 野心を努力で解決する者、まさにそれが俺だ。 化学科新入生の専攻必須科目の助教。 学生の間では努力家で知れ渡っている。 貧しい家庭だったが親孝行を欠かさない、授業料は奨学金で、お小遣いは様々なバイトで補っている。 両親に小遣いまで渡すほどだ。 学校で頑張っただけ教授の間で実力を認められた化学科でのトップだ。 後輩たちが困っていたら躊躇なく助けてくれる頼れる先輩だ。 完璧な先輩であるウヨンの理想に合った美女が現れた。 まさにそれは新入生のカン・ミレだった。 ミレと出会うたびに、彼女と親しくなろうと近づいていくが、そうしていくたびに新入生ド・ギョンソクとぶつかってしまう。 ギョンソクが気になるが、ミレを見逃すことはできない。 ミレは今まで見てきた女性の中で一番だ。 顔、体つき、その上に女子力まである。 ウヨンはミレに向け自分の想いを表現しようと、ますます彼女に近づいていく。 私のIDは江南美人を見るならU-NEXTがおすすめ! U-NEXTはコンテンツが豊富で韓ドラ以外も楽しめる! U-NEXTは 新作コンテンツが非常に多く 、某レンタル店にも引けをとらないコンテンツの豊富さが最大のメリットと言えます。 雑誌の読み放題サービスもあり、女性・男性ファッション誌からビジネス誌など幅疲労ジャンルの雑誌コンテンツを楽しむこともできます。 携帯などでデータを使わずに視聴することができる 『ダウンロード機能』もついているので、雑誌・動画もデータ通信量を気にせず外出中でも視聴することができます。 また、 『』を常に行なっているので、動画視聴コンテンツを初めてご利用される方も無料期間内に解約すれば料金は一切かからないので気軽に体験することができます。 ただし他の動画視聴媒体とは違いポイント制度や別途課金があるのでご利用の際はしっかりと把握してご利用することをお勧めします。 私のIDは江南美人のギョンソクの周辺人物のキャスト紹介 ナ・ヘソン役: パク・チュミ ギョンソクのお母さん、韓国ケルンの代表取締役。 到底40代半ばに見えない美貌の持ち主だ。 花が散る頃ですら美しいのに花盛りの若かれし頃はどれだけ美しかっただろうか。 最も美しい時期にギョンソクの父親であるド・サンウォンに会って結婚した。 結婚後、ヘソンがしていた仕事も夢も家庭のための当たり前のようにあきらめなければならなかった。 夢への情熱と家族の責任の間でサンウォンと葛藤していたヘソンは、最終的には、大きな事故を理由に離婚を選ぶ。 離婚後、子ども達に会わせてくれない夫のせいでうつ病がさらにひどくなり、韓国を離れて外国に行った。 そこで治療を受けた後、回復に成功し、韓国ケルン代表取締役として帰国した。 ヘソンの子供ギョンソクとキョンヒ。 二人の子供は、見かけはしっかりしても中身はまだ幼い。 だから、今更遅くても二人を夫から取り戻すと決心する。 しかし、そのためにはまず誤解を解かなければならない。 元夫のサンウォンが子供達に植え付けた誤解の事だ。 ド・サンウォン役: パク・ソングン ギョンソクの父親。 国会議員。 表と裏が全くもって違う典型的な政治家だ。 男尊女卑、自己中心、権威主義、ヘソンの美しさに結婚をしたが、女は男の人生の品揃えだと考えた。 だからだろうか。 ヘソンは子供を産んで、ますます外に出たいし、サンウォンはそんな妻に不満を抱いていた。 女性は男が与えるお金で子どもたちと楽しく生きていけばいいのにとも考えていた。 サンウォンはヘソンを政治家である自分を一切助けずに、自分の好きな事する人なんだと思ってしまう。 そして、サンウォンとヘソンは離婚する。 しかし、ギョンソクとキョンヒはこの事実を正確に知らない。 サンウォンは子供たちに母親が若い男と浮気したせいで離婚したと知らされた。 今のところ、政界での生存と成功だけを考え、子供たちは放ったらかしの状態だ。 子供との間はますます遠ざかっていく。 ド・キョンヒ役: キム・ジミン ギョンソクの妹。 滅茶苦茶な高校生。 両親の離婚とサンウォンの無関心の中で愛情の欠乏と孤独感だけが増えていく。 人々の関心を受けたい気持ちがますます大きくなるキョンヒはインターネットで生配信を始めるようになる、、、 お金の自慢をして生意気な態度のインターネット放送を始める!視聴者は最初は半信半疑だったが、千万ウォンのバックを持っていることを証明して高級ブランド商品の価格を当てる企画をしてみせるキョンヒの虚勢が本当だと信じられ、そのおかげでキョンヒはますます話題になって有名なっている。 ユジン役: イ・テソン 大学の卒業生 パブ「ベルリン」の社長。 大きな教会の牧師の世間知らず金持ちの息子である。 大学の神学科を卒業後、ドイツ留学に送ったらその影響かビールバーを開く。 牧師である父はお酒を飲んではいけないのにバーを開いたと悪魔の子と呼ぶ。 信仰心どころか無神論者で自由に生きたい彼は教会を受け継ぐことを拒否する。 父こっそり母にお金を受け取り店を構えたが容易ではなかった。 ヨンモ役: チョン・ミョンフン ド・サンウォン国会議員の秘書。 とんでもない行動をする時もあるが、誰よりも信じて従い、サンウォンが任せる仕事は嫌な顔もせずに行う。 ナ・ウンシム役: キム・ソンファ ミレの母親。 美貌の保険代理店のおばさん。 ブサイクだが優しく事業もうまくいっているテシクと結婚したが、ミレを産んだ後の事業が傾き失敗。 その後、いくつか試みたが、上手くはいかなかった。 ミレがある程度大きくなり保険代理店に戻ったが、美貌のおかげか男性顧客を多く誘致して軌道に乗る。 社会生活をしてみると女性の容姿ということは経済的にも大きな助けになることを切実にわかる。 自分はいつも可愛いと言われ育ったのに、一人しかいない娘の将来がブサイクなのはあまりに切ない。 周りが母と娘を比較して、「お母さんはきれいなのに.. 」とか「ウンシムはきれいなのに。 」と言われると、ミレ申し訳なさを感じ、地味に生きるようになる。 しかし、娘のストレスを真剣に考えずに整形を反対する夫のために仕方なくこっそりミレを整形をさせる。 この件で夫婦の信頼は崩れ絶え不穏な空気が漂う。 オ・ヒョンジョン役: ミン・ドヒ 心理学科 2018年度入学生。 ミレの親友でヒップホップミュージシャン志望を志望している。 ヒップホップはするが、非常に正しい生活を行っている。 整頓された姿はもちろん、決まった時間に起きて運動をして、バイトを走って、ラップの練習をして、作曲して、眠る。 幸せなミュージシャンになるためにはお金と知名度だけが必要で、官能的な生活は嫌いだ。 酒、タバコをせずに自己管理が徹底している。 自己管理から来る喜びもある。 ラップの歌詞の通り、疎外された人々のためにお金を使い、生きるのが夢だ。 私のIDは江南美人の化学科学生のキャスト紹介 ユ・ウン役: パク・ユナ 化学科2018年度入学生。 学年代表。 三浪して普通の家庭の事情でお小遣いはアルバイトで稼いでいる。 大人びた性格や容姿やかなり魅力的である。 女性にも人気の多く男友達も多い。 なぜか相談を受けやすいタイプだから、多くの人の秘密を知っている。 ミレ、ジョンブンと親しく酒豪でありギョンソクと飲み友達になる。 チェ・ジョンブン役: チョン・スンヘ 化学科 2018年度入学生。 陽気で好奇心旺盛な釜山出身の女の子。 二重瞼の手術した。 釜山が田舎でもなく家も豊富な方だがソウルでも生活が楽しくてしょうがない。 釜山で多くの男友達と付き合い遊んだが、ソウルの人の憧れがある。 あまりにも洗練された紳士で、夢に出てくるようなユジンに会い、ユジンへの片思いが始まる。 イ・ジヒョ役: チョン・ヘリン 化学科 2018年度入学生。 スアの仲良し。 少しは可愛いが、スアの通いようすごく綺麗な振る舞い、プリンセスのような振る舞いをする。 二重まぶたの手術したことをスアだけ告白して、今は鼻を整形するか悩んでいる。 スアは、自分自身をすごく賛美し礼拝するジヒョを微笑ましく思う。 スアの前では下から出るが、他の人の前ではスアと同等のように話して、スアに対する好意のおこぼれをもらっている。 男を見る時にはいくつかの条件(外見、財力、成績)がある。 チャン・ウォンホ役: キム・ドヨン 化学科 2018年度入学生。 自己中で嫌な性格なのに、スアに一目惚れし、片思いする。 生まれてこのかた女性と付き合ったことがなく恋愛について勉強中だ。 ソンウンが恋愛を教えるが騙されて恥をかいたりもしている。 キム・ソンウン役: キム・ウンス 化学科 2018年度入学生。 一度だけ女の子と付き合ったことがあるだけなのに、恋愛に詳しいと自負する。 全ては本や映画から学んだもので実践には使えていない。 キム・チャヌ役: オ・ヒジュン 化学科 2013年度入学 復学生 この人は性格から腐っている。 女の子が大好きだが、可愛い子をあからさまにひいきしたりブスには冷たく接する。 こんなもんだから、ちゃんと恋愛をしたことはない。 1年生の時に女の子にセクハラで訴えかけられ土下座して謝った。 その日以来、同期から仲間外れになり、新入生が入ってくるたびに割り込んで仲良くなろうとするが相手にされない。 先輩というだけで、あらゆる学科行事に参加し、新入生たちの前で虚勢と見栄を張って場を荒らしに来る。 ことあるごとに新入生を集めて説教をする。 ク・テヨン役: リュ・ギサン 化学科2014年度入学生 科の代表。 外見は、典型的な真面目くんで模範生のように見えるが、大事な時に優柔不断な彼が出てしまう。 だから学園祭のときに事件が起こっても、適切に処理することもできない。 チョ・チョンヒョプ役: キム・イリン 化学科2014年度入学生 3年生代表。 外見で人を判断する者の代表格だ。 普段からなにも隠さず女子の容姿の評価をして、女子から嫌われている。 グォン・ユンビョル役: べ・ダビン 化学科2017年度入学生 2年生代表。 初めて見たら男か女かわからないボーイッシュな子だ。 女子から人気があり、男子からの人気はない。 クールだが、 不親切な一面があり社会性がないかのように見えるが、責任感強く信念があり、会長であるテヨンの仕事をほぼ一任する。 口数がなく、黙っているが我慢しきれないと爆発する。 キム・テヒ役: イ・イェリム 化学科2017年度入学生 生徒会総務。 ふっくらとした可愛らしい子だ。 皆が言う「痩せれば可愛いだろうな」という言葉にうんざりする。 そう言うのをやめてほしいが、その勇気がないタイプである。 だから、いつ爆発するかわからない爆弾のようにストレスを抱えて生きている。 ゴ・イェナ役: ペク・スミン 化学科2017年度入学生 生徒会編集部。 昨年の新入生の中で一番綺麗だったため、先輩達の人気をトップだった。 可愛こぶるのが体に染み付いている。 しかし、今も昔のその愛嬌は男子によく受け入れられずよくからかわれる。 ほとんどの男子の関心が新入生たちに向かい嫉妬している。 1年生の時が懐かしく1年生がうらやましい。 特にハンサムなド・ギョンソク気になり、最近ではありふれた年上年下カップルに私もなれるのではないかとギョンソクに猛アタックする。 ソン・ジョンホ役: チェ・ソンウォン 化学科 2017年度入学生。 どこでも適切な存在感を示すムードメーカーだ。 先輩の言う事が間違っても言い返す勇気がなく、受け入れてしまう。 1年生の時からの片思いは進んでいない。 チョン・ドンウン役: ハム・ソンミン 化学科 2018年度新入生。 化学科のぼっちで存在感ゼロだ。 しかし、インターネット上では誰よりも存在感がある。 誰とも付き合った事もないが2次元や創造の中の彼女はたくさんいたオタクである。 そんなドンウンの前にリアルの女の子が現れた。 ヒョン・スア、その可愛い女の子が他の誰も呼んでくれない「ドンウンくん」と呼んでくれて挨拶もされた。 ドンウンも笑ってみせた。 そこからスアが好きでスアと恋をするという妄想に陥る。 ソンミ役: キム・ミナ 化学科 2017年度入学生。 どこにでもいそうな女子の先輩だ。 古い価値観を持ったチャヌを嫌い、後輩たちと良い関係を築いている。 ミナ役: ソ・ジへ 化学科 2017年度入学生。 ゴシップが好きな普通の女子。 学科内のニュースが広がるところは、常にミナがある。 私のIDは江南美人を見るならU-NEXTがおすすめ! U-NEXTはコンテンツが豊富で韓ドラ以外も楽しめる! U-NEXTは 新作コンテンツが非常に多く 、某レンタル店にも引けをとらないコンテンツの豊富さが最大のメリットと言えます。 雑誌の読み放題サービスもあり、女性・男性ファッション誌からビジネス誌など幅疲労ジャンルの雑誌コンテンツを楽しむこともできます。 携帯などでデータを使わずに視聴することができる 『ダウンロード機能』もついているので、雑誌・動画もデータ通信量を気にせず外出中でも視聴することができます。 また、 『』を常に行なっているので、動画視聴コンテンツを初めてご利用される方も無料期間内に解約すれば料金は一切かからないので気軽に体験することができます。 ただし他の動画視聴媒体とは違いポイント制度や別途課金があるのでご利用の際はしっかりと把握してご利用することをお勧めします。 まとめ いかがでしたか?韓国ドラマ『私のIDは江南美人』は綺麗な女優さんやイケメン俳優さんが多い上に、キャストが個性的で人気があり楽しいドラマです。 是非この機会に見てみてはいかがでしょうか! 『私のIDは江南美人』の概要やあらすじ、レビューはこちらの記事で紹介しています! 『私のIDは江南美人』のOST、サントラ、挿入歌はこちらで詳しく紹介しています!.

次の

韓国ドラマ 「私のIDはカンナム美人」

私 の id は カンナム 美人

もくじ• 私のIDはカンナム美人 作品情報 放送 2018年韓国Jtbc 全16話 原作 ウェブ漫画「私は整形美人」メンギ著 演出・脚本・キャスト 演出:チェ・ソンボム 9回裏2アウト(2003) オレンジマーマレード(2015) 脚本:チェ・スヨン 一抹の純情(2013) ずる賢いバツイチの恋(2014) キャスト イム・スヒャン「芙蓉閣の女たち」 チャ・ウヌ(ASTRO)「最高の一発」 チョ・ウリ「魔女の法廷」「太陽の末裔」 クァク・ドンヨン「雲が描いた月明り」 原作は人気ウェブ漫画 人気ウェブ漫画の実写化となった本作。 ヒロインは整形によって皆があこがれる美人に生まれ変わった女性ミレ。 そしてもう一人の主人公は生まれながらにして誰もが認める美貌を持つ青年ギョンソク。 漫画から飛び出してきたようなキャスティングが話題になりました。 冒頭あらすじ 容姿が理由でいじめを受けつらい思春期を送ったミレは、勇気を出して美容整形をし大学生活をスタートした。 しかし同じ科に、ミレの過去を知るト・ギョンソクも入学していた。 彼は今でも出身中学に伝説として残るほどの美形男子生徒でした。 予告編 日本版DVD発売元のトレーラーを共有させていただきました。 冒頭部分のあらすじがとても良く分かる予告になっていて、主演陣の紹介もされています。 ネタバレあらすじ・感想 描き方は明るく、ロマコメらしいドキドキが楽しめるストーリーでした。 ただ親世代の私には、 勇気ある決断をしてコンプレックスを乗り越えようと頑張るミレや周囲の応援がとても印象に残りました。 憧れられる容貌についてきたもの 皆と同じような学生生活を送りたいと願って整形したミレでしたが、 ミレには予期しなかったことも起こってきました。 それは 周囲からの過度な関心や嫉妬でした。 モテるのはいいことではあるのですが、近づく 男性によってはミレには負担でしかないケースも多く、また女性から謂われない悪意を抱かれるのも問題でした。 ギョンソクの不器用さとさみしさ 中学時代にミレの可愛さに惹かれていた本質を知る男ギョンソク。 絶対的なイケメンゆえに人からの注目や嫉妬などいろんな関心をどう受け入れ、時に避ければ良いのかを身をもって経験しています。 人付き合いも苦手で本音で付き合える友も欲しかったようです。 ギョンソクの中学時代 伝説のイケメンとして語り継がれるギョンソクの中学時代を演じたのは、解散してしまいましたがアイドルグループ MYTEEN出身のジュンソプ君。 ここで、ト・ギョンソクが伝説となった「ピ(雨)・ギョンソク」のシーンクリップを貼りますね! 歩いてるだけで写真集。 避難訓練してるだけでも、骨折してるだけでも絵になる孤高の男、ついに雨に濡れた壮絶イケメンを知らしめてしまった中学時代のギョンソクがこちら。 約40秒あたりからです。 そんなギョンソクが転校するまでの短い間で覚えていた同級生がミレ。 正直のけ者同士仲良くなりたくて話しかけています。 でも自信がなかったミレは、 こんな私に好意を持ってくれるはずないという思い込みがあって取りつくしまもなかったんですよね。 美形なせいでさみしい思いをしたギョンソクの青春の一ページでもありました。 美貌も才能の一つ 本作でミレがギョンソクと初めて映画を見るシーンがあるんですが、ミレも、ギョンソクの向こうに座っていたカップルの女の子も画面を凝視するギョンソクの横顔に見惚れてしまうんです。 その時のミレのモノローグが 「美しいものを見ていたいと思うのは本能だ」というようなことを語るんです。 全力で賛成しました! 美しい容貌を持つ人はそれが一つの大切なアイデンティティーでありそれを磨く努力を怠っていないからで、他の才能をもつ人と同じ。 何かや誰かと比べてはいけない、 それ自体の素晴らしさを見つめたいです。 コンプレックスの塊だった学園の女神 ミレを悩まし、見ている私たちもいや~な気持ちにさせられたスア。 しかしスアは、 幼いころの深い心の傷を抱えていて、実は 美貌が唯一身を守る武器となってしまっていた悲しい女の子でした。 自分が得られるはずの歓心や愛情を整形美人が横取りしていくような不安を感じていたスア。 ミレの評判を落とし自分への歓心をつなぎ留めようと立ち回り、かえって自らの首を絞めてしまいました。 優しさと思いやりを持ったミレの内面の美しさに気づくことができなかったスアは、 自分も含め誰しも違った形でコンプレックスを抱えているということを知ったのではと感じました。 ドキドキの初恋愛 本作をふりかえると、どうしても心の傷を抱えた子たちのことを考えてしまうのですが、本作はミレとギョンソクの初々しい初めての恋愛がとても可愛かったんです! 初めて気になった女の子はミレだったギョンソク。 そしてミレにとって人生で初めて告白された相手が伝説にまでなったギョンソク。 ミレの戸惑いと腰の引け具合がとてもかわいくて、同時に切なくもあり、また ギョンソクのぎこちない愛情表現もくすぐったいドキドキが伝わってきて良かったです~。 ここでOSTを 大学生が主人公の物語らしい 明るさとポップさが素敵な曲を2曲ご紹介します。 まずは Runy「True」 さいごに 人からどう思われるか、人からどういう態度をとられたかというのは社会生活や人間関係を築く上で無視できないですよね。 でも、 そこに 容姿やジェンダーに対する偏見と差別が込められている場合は戦っていいんだよというメッセージも本作には込められていました。 偏見であると認識してもらうところからのスタートになるんですよね。 かくいう私も、長く生きてきて植えついた思い込みや偏見があるかもしれません。 できるだけ気づいていきたいし、時代と共に表面化してきた問題なども理解し意識を更新していきたいとつくづく感じました。 「整形」が大きなコンセプトだったので、デリケートな部分が含まれるかもな~と思っていたのですが、 ストーリーの運び方や内包する問題に対しての自然な気づきを含んでいてとてもすんなりと受け入れられました。 誰も見た目や一面的な部分で判断すべきではないとしみじみ感じさせられる深い物語でした。 少し長くなりましたが最後までお付き合いありがとうございました。 可愛いロマコメでした!.

次の