鯛 あら汁 うろこ。 アジのアラ汁(味噌汁) | 自宅居酒屋

鯛あらの味噌汁、魚はあらまで使ってお得!

鯛 あら汁 うろこ

ごぼうは皮をこそぎ落とし、5〜6cmの長さに切りそろえる 2. 酢水につけることで、アクを抜くだけでなく変色を防ぎます。 酢水は、ごぼうが浸る程度の水に対して酢小さじ1杯程度です。 今回はすでにぶつ切りされているものを使用したのでそのままですが、あらが大きい場合は塩をふる前にぶつ切りにしましょう。 煮詰めるときに身崩れしないように、大ぶりに切るようにしましょう。 塩をまぶすことで、表面にくさみがでてきます。 熱湯に浸して表面だけ加熱することを霜降りと言います。 熱湯してすぐのお湯では熱すぎて身が崩れやすくなるので、沸騰した鍋に直接入れるのはNGです。 さし水をしたり、一度沸騰させたお湯を別の容器に入れて、そこに鯛を入れたりなどワンクッション置いて温度を下げましょう。 手で触れられる温度になったら、表面のぬめりを洗い落とし、血合いなどを取り除きましょう。 霜降りするとうろこも簡単に取り除くことができます。

次の

鯛のお吸い物(うしお汁・あら汁)のレシピ/作り方:白ごはん.com

鯛 あら汁 うろこ

いよいよ12月に入り、すっかり寒くなった訳ですが、寒くなると嬉しいことの一つが、「寒くなると魚が美味しくなる」事です。 魚にはそれぞれの旬があって、美味しい季節は異なるって事になっているのですが、やっぱり寒い時期の魚は脂が乗って美味しいです。 養殖の真鯛ですら冬場のほうがすっきりした旨味があって美味しく感じます。 冬場の魚は美味しいので、どんどん食べたいのですが、一般的に魚は肉より高いです。 出来合いの刺身パックや切り身の魚はお値段が張るので、ついつい肉を選んじゃう・・・って事も多いと思います。 そんな割高なイメージの魚なんですが、丸ごと一尾買って骨まで利用すると安くなります。 例えば、これから忘年会、クリスマス、正月と宴会シーズンに入りますが、ホームパーティで刺身を出すとしましょう。 鯛の刺身を1尾分買うと、結構、割高になりますが、鯛を魚屋さんで買って三枚におろしてもらい、そして身を取った後の頭、中骨は魚屋さんで吸い物、もしくは味噌汁用にと言って、切ってもらうんです。 ここまで魚屋さんでしてもらえば、刺身に切るのは自分でなんとかなります。 下の動画は鯛をさばいて刺身にする動画ですので、参考にご覧ください。 こんな感じで頑張って自分で刺身を切ります。 吸い物もおすすめですが、寒い冬場にはやっぱり味噌汁でしょう。 水が出たら流水でさっと流します。 刺身用の鯛のように鮮度のいい物を使う場合は省いてもいいです。 2)鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したらさし水をして沸騰を止めます。 鯛のあらを湯につけ、切り口が白くなったら冷水につけて冷まします。 中骨は短めに、ウロコが付いている頭は長めにつけましょう。 冷ましたら流水で流しながら表面を指でこすり、ウロコ、ヌメリ、血を洗い流します。 頭の切り口、エラの付け根、頭の売りその中骨に血の塊があるので取り除いて下さい。 3)鍋に水と昆布を入れて5~15分ほど置きます。 これを中火にかけ、沸騰する前に昆布を取り出します。 昆布を取り出したら日本酒と2)の鯛のあらを加え、再沸騰したら弱火で15分以上(できれば30分)煮て出汁を取ります。 途中、アクが出るのですくいながら煮ます。 4)長ねぎは茎の部分は斜めに1cmの厚みに切り、味付けする5分前に鍋に入れます。 葉の部分は細い小口切りにしておきます。 5)鯛のあらを煮込んだら味付けです。 火を弱くし、味噌を溶き入れます。 味噌の量はお好みで調節してください。 長ねぎの葉を鍋に入れ、1分位熱を通したらできあがりです。 こんな感じで鯛のあらの味噌汁は簡単に作れます。 上のお椀にはカマの部分と腹骨が入ってます。 釜の部分には白いなめらかな身がたっぷりあり、腹骨には弾力があって脂が乗った身がついていて、どちらも美味しいです。 吸い物は塩としょう油で味付けします。 味付け以外は味噌汁と同じですので、参考にご覧ください。 吸い物、味噌汁を作っていると、塩気はちょうどいい所まで来たけど、どうも旨味が足りないと思うことがあります。 そんな時は味の素を一振りしましょう。 旨味が出て味が引き締まります。

次の

アジのアラ汁(味噌汁) | 自宅居酒屋

鯛 あら汁 うろこ

あらの下処理が重要。 きつめに塩をし、霜降り後、鱗や血合いをきれいに取り除くこと。 火にかけ沸いたら出る灰汁取りも丁寧に。 濁りとくさみを取り除きます。 汁物に生姜汁を入れるのは、九州地方の特徴です。 gnavi. きつめに霜振りし、鱗と血合いをきれいに掃除する。 STEP2:鍋に2番出汁、鯛のあら、大根、酒を入れて火にかける。 沸いたら弱火にし、にごりと臭みの原因となるアクをしっかりとる。 STEP3:大根に火が通り、鯛の旨みがでたら味噌を溶きいれ、白葱と豆腐、みりん、薄口醤油、生姜汁で味をととのえる。 STEP4:器に盛り、万能葱と七味をあしらい完成。 きつめに塩をし、霜降り後、鱗や血合いをきれいに取り除くこと。 火にかけ沸いたら出る灰汁取りも丁寧に。 濁りとくさみを取り除きます。 汁物に生姜汁を入れるのは、九州地方の特徴です。 gnavi. gnavi. gnavi.

次の