ダクト 掃除。 ダクト清掃 厨房フード清掃【清掃会社.com】

換気ダクト清掃(マンション、戸建て個別対応)

ダクト 掃除

ダクトの種類 ダクトは、使用目的によって3種類に分けられます。 空調ダクト 建物内の温度を一定に保つ空調システムには、外気を取り入れるダクト、空調機で循環させるダクト、空気を建物外に排出させる排気ダクトがあります。 それぞれにはフィルターが設置されています。 しかし、すべてのチリ、ホコリを除去することはできません。 ホコリがたまると、空調効率が悪くなる、悪臭が発生するなどの問題が起こります。 換気ダクト 換気ダクトは、温度調節を必要としないトイレなどに設置されています。 換気扇で空気をダクト内に送り込むので、換気扇の汚れも影響します。 清掃をしないと排気能力が低下し、カビが発生してしまうこともあります。 厨房ダクト 調理で出た熱などを排出するダクトです。 フィルターはありますが、油は簡単に除去できません。 ダクトに油がたまると漏れ出してくる可能性があり、引火すれば大規模な火災に発展します。 ダクト清掃の方法 空調ダクト、換気ダクトの場合、付着しているのはチリ、ホコリなので、吸引して集塵することができます。 しかし、油がたまっていると、薬剤を使わなければならないこともあります。 ダクトビート工法 工場などで使用される方法です。 機器を使ってゴミやホコリを強力に吸引します。 コストは安いのですが、長いホースが場所を占領するため、その間は業務ができないというデメリットもあります。 ダストストリーム工法 マンションなどで行われている方法です。 吸引するだけではなく、ブラシをダクト内に挿入して、こびりついた汚れをかき落とします。 装置も小型で場所を取らず、小さな建物でも清掃を行うことができます。 厨房ダクトの場合 厨房からつながるダクトには油が多く付着しています。 基本はダストストリーム工法で清掃を行いますが、固まった油をへらでかき取ったり、専用の薬剤を使って除去したりします。 可能であれば高圧洗浄を行うこともあります。 メンテナンスの頻度は? だいたい5年に1回くらいの清掃が必要になります。 ただし、建物の使用方法、環境によって変わってきます。 特に厨房ダクトは汚れがたまりやすいので、清掃はしなくても、1年に1回は点検をすべきだといわれています。 くらしのマーケットではを明確な料金表と口コミで比較し、予約することができます。

次の

安心料金のダクト清掃業者・マンション換気扇洗浄で評判

ダクト 掃除

ダクト内部の掃除、定期的に行っていますか?長期間、掃除をせずに放置していると火災が起こる危険性や害虫などによる健康被害を引き起こすこともあるんです。 今回は、ダクト掃除について必要性・掃除方法や失敗しない業者の選び方を実例付きでプロが解説します。 普段、皆さんは ダクトの掃除ってあまり気にしたことがないですよね? 実は、放置しておくと非常に危険なんです! ん??? そもそもダクトって何? 聞いたことはあるけど、どんなものなのかイマイチよくわかってない… というあなた。 わかりやすくいうとダクトとは、ビルや飲食店、家屋などに設置された「空気を運ぶ管」のことです。 このダクト掃除をせずに放置しておくと、 健康被害や火災を引き起こす原因になってしまうんです。 今回は、 ダクト掃除について詳しく解説します。 この記事の目次• 【ダクト掃除】ダクトの種類と役割 冒頭では簡単に「空気を運ぶ管のこと」とご説明したダクト。 気体を運ぶ管のことを総称してダクトといい、実はさまざまな種類があります。 おもに、大型ビルや工場、飲食店などに設置されている大型の物から、一般家庭で使われている小口径のものまで存在します。 用途により実に様々な種類のダクトがありますが、 おもな役割は「空気を逃がす」ことと「空気を吸い込む」ことです。 【ダクト掃除】ダクトの種類:排気ダクト 排気ダクトは、スーパー銭湯の大量の湯気を逃がしたり、飲食店の厨房の煙を逃がしたりするのに使われています。 大型の排気ファンとセットで使われるものや、一般家庭のトイレや台所の換気扇とセットで使われるものが代表的です。 【ダクト掃除】ダクトの種類:吸気ダクト 排気ファン等で外に逃がす空気の量と同じ量の空気を吸い込むために、吸気ファンとセットで使われている 吸気ダクトがあります。 【ダクト掃除】ダクトの種類:機械換気設備と自然換気設備 換気扇やシロッコファン等、機械の力で空気を吸い込んだり排気したりする設備は 「機械換気設備」と一般的に言われています。 反対に、機械の力を使わずに気体の自然的な流動により空気を吸い込んだり排気したりする設備を 「自然換気設備」と言います。 昔の一軒家の基礎などによくみられる「風窓」を使った床下換気も、この自然換気設備の一種です。 【ダクト掃除】怠るとこんな危険性が!中華屋の事例 なかなかダクトの掃除の意識が行き届かない人も多いようですが、ダクトの掃除はとても重要です。 ダクト掃除を怠るとどうなるのか、実例をご紹介します。 まる8年もダクト掃除をしていなかった、とあるお店のお話だよ。 先日、まる8年ダクト掃除を怠っていた中華料理屋さんから 「外のダクトカバーから油がしたたり落ちて通行人に垂れてしまい、大クレームになったので大至急何とかして欲しい」 との依頼を受け、その中華料理屋さんを訪れました。 まずは、外から問題のダクト(ウェザーカバー)を見ると…なるほど! ダクトの出口には油がこびり付き、つらら状に垂れさがって、お店の外壁にまで油汚れがビッシリこびりついていました。 今度は厨房にお邪魔し、問題の排煙ダクトと大型の換気扇を見てみました。 いたるところにネズミの足跡やゴキブリの死骸が見られ、部分的に油の塊が焼け焦げていました。 いつ火事になってもおかしくない状態(怖) これだけダクトに害虫の痕跡がある厨房だと、厨房内や店内の掃除状態も推して知るべし、と言ったところでしょうか。 ダクト掃除を怠ることにより、せまる危険は• 火災の危険性• 害虫による健康被害• 不衛生な環境 どれも、お店にとって深刻な問題ですよね。 因みにこの中華料理店の名物は「五目チャーハン」なのですが…。 このお店のダクト掃除後、筆者は大好物であるチャーハンをしばらく食べられなくなってしまいました(涙)。 【ダクト掃除】自分でできる2つのこと ダクト掃除の大切さはわかったけど、どうしたらいいの?と頭をひねりますよね。 ダクト内部にこびり付いた油汚れや粉塵を掃除するのは、素人には非常に難しいものがあります。 しかし、ダクト内部の汚れを少しでも軽減させる為に、ご自身でもできることはあります。 ダクトの吸い込み口についているホコリを定期的に掃除機で吸い取る• フィルターを外して洗剤などを使って油汚れを洗い流す これだけでも ダクトの汚れを軽減させる効果は大です。 フィルターが詰まった状態のままにしておくと、空気の流れが悪くなり、室内の空気が常に滞留した状態になります。 それだけではなく、換気扇等の機械設備には余計な負荷がかかり、モーターが過熱し、火災を引き起こしてしまう恐れがでてきます。 こうならない為にも、 フィルター掃除等をご自身でマメに行い、少しでも空気の流れが良くなるようにしましょう。 このように自分でできることをしておいて、ダクト内部の掃除はプロに依頼します。 プロが行うダクト掃除の例を次でご紹介します。 【ダクト掃除】プロのダクト掃除の手順 ご自身では掃除が難しいダクトの掃除、プロはどのようにしているのでしょうか? 参考までに、筆者が中華料理屋さんで行った ダクト掃除の例をご紹介します。 【ダクト掃除】プロの手順:STEP1 まずは、換気扇とフィルターを外し、アルカリ性の洗剤が入ったバケツに漬け置き。 この時、洗剤が入った液体の温度を高めに保つことがポイントです(油汚れにはお湯が一番効き目があります!)。 筆者は、バケツに投げ込めるヒーターを用意し、60度に設定します。 (これ以上高い温度だと漬け置きした部品に触れたときヤケドします。 ) 【ダクト掃除】プロの手順:STEP2 ダクトの入り口と出口にこびり付いた油の塊を、金ヘラでこそぎ落とします。 このお店は8年分の油の塊がこびりついていた為、出口(屋外側)のウエザーカバーと入口のフード(厨房側)の油の塊をこそぎ落とすのに5時間かかりました(汗)。 【ダクト掃除】プロの手順:STEP3 手が届かないダクト内部は、強アルカリ性の洗剤を混ぜた洗浄液を60度位以上の温度に保ち、高圧洗浄機で根気よく洗い流します。 アルカリと油分の化学反応により油の塊が分解され、ドロドロになった汚水が勢いよく出口のウェザーカバーから流れ出ます。 このとき、流れ出た汚水が垂れ流しにならないように、ウェザーカバーの出口には厚手のビニルシートで大きな囲いを作り、大きな「プラフネ」という業務用のたらいを出口にセットします。 溜まった汚水はその辺に放流せず、きちんと持ち帰り、適切に処理します。 【ダクト掃除】プロの手順:STEP4 ウェザーカバーの内側と、フードの内側を手が届く範囲できれいにアルカリ性洗剤を使って掃除します。 【ダクト掃除】プロの手順:STEP5 さきほど洗剤に漬け置きしておいた換気扇とフィルターをきれいに洗います。 【ダクト掃除】プロの手順:STEP6 換気扇とフィルターを付け直し、試運転をして終了です。 なんと、この作業は結局まる1日かかったんだって!放置していた分、掃除にかかる時間も長くなるんだね。 余計な汚れがなくなった換気扇は、以前よりも勢いよく空気を吸い込むようになり、ファンが回る音も以前よりはっきり聞こえるようになりました。 いかにもちゃんと空気を吸い込んでいる音が聞こえて、無事に作業終了です。 【ダクト掃除】業者選びのポイント ダクト内部の掃除をプロに依頼する際、どんな業者を選ぶのかも重要なポイントになります。 作業自体はそれほど難しいものではありませんが、洗浄で発生した汚水の処理や近隣住民や通行人への配慮が非常に重要です。 ここに業者さんの良し悪しがはっきりと表れるといっても過言ではありません。 たまに、価格の安さを売りにしている業者がいます。 依頼する側としては、費用が安くすむ方が助かる!という気持ちもわかりますが、筆者の知る限り、このような業者は 価格が安いぶん複数の現場を短時間で回らなければなりません。 その結果、 どうしても1件1件の現場に対する細やかな心配りが欠如しているような気がします。 また、同業の方(便利屋)が、厨房の中から勢いよく高圧洗浄機でダクト目がけて洗剤を噴射し、ウェザーカバーからこげ茶色の洗浄液が勢いよくお店の壁伝いに地上に流出! 歩道が汚水まみれになっているのを目撃したことがあります。 このような業者にダクトの掃除を頼みたいでしょうか? 残念ながら、なりませんよね。 ダクト掃除はそれなりに高額な費用が発生します。 業者選びで後悔しないために、面倒でも 必ず3社以上の相見積を取りましょう。 作業をお願いする前に現地調査を依頼して、作業内容も詳しく説明してくれる業者が安心です。 掃除作業のみならず、 近隣への配慮や汚水の処理をきちんと行っている業者にお願いする方が間違いないので、そのあたりも聞いてみましょう。 【ダクト掃除】定期的に信頼できるプロに依頼しよう ダクト掃除についてご紹介しました。 ダクト掃除は、火災予防や健康被害防止の観点から、必ず定期的に行わなければなりません。 フィルターや換気扇等、ご自身で掃除できる箇所は極力ご自身で行うことをオススメします。 プロにお願いするしかないダクト内部の掃除は、業者選びが重要です。 ダクト掃除の実績やノウハウが豊富で、作業中に細やかな気配りができるプロにお願いしましょう。

次の

料金体系|東京・神奈川・千葉・埼玉のダクト清掃はお任せ|日本ウイントン株式会社

ダクト 掃除

2018. 28 排気ダクトがこんなに汚かった!換気扇の掃除をプロに頼んでみた 家中で一番掃除が厄介な場所といったら、もしかしたらキッチンの「換気扇」ではないでしょうか? 掃除は年に一度、大掃除の時だけという方も多いかもしれませんね。 冬より夏の方が油が落ちやすいとは分かっていても、この暑さでやる気も削がれます。 そこで、思いきってプロに頼んでみました。 業者さん一人で来られましたが、説明も丁寧で好印象! 素人丸出しの質問にも親切に答えていただけました。 そして何より、仕事が鮮やか! 換気扇がピカピカになるまでの工程を紹介したいと思います。 養生して「パーツ」をすべて外します まずキッチンを養生して、換気扇の外せるパーツをすべて外す作業から。 我が家の換気扇は複雑で外れない部分もあったので、そこはそのまま作業するそうです。 それにしてもホコリがすごいですね……。 まずは「排気ダクト」の清掃からスタート! 我が家の場合、排気口はベランダに続いています。 この周りもしっかり養生して、脚立を使って作業されていました。 排気口の出口に洗剤をスプレーして、しばし放置(以下はいただいた写真です)。 なるほど……なかなか汚れてますね。 ここに、ホース状の長い道具を入れて掃除していきます。 ブラシのついたもので磨いた後、布製のものに変えて2、3回磨きます。 電動式なので結構大きな音がしていました。 ダクト掃除の作業は30分ほどで終了しました。 もっと大掛かりな作業をイメージしていたので、意外と早いな〜という印象でした。 予想以上にきれいに!排気ダクトの気になるビフォー・アフターは? こちらが排気ダクトのビフォー(左)とアフター(右)。 ホコリや油汚れがスッキリ落ちているのがわかります。 排気ダクトの汚れが落ちると通気性が良くなり換気扇の吸い込みもよくなるようです。 ちなみに掃除道具はホースのような感じなので、湾曲している複雑なダクトでも大丈夫らしいです。 意外に厄介だった換気扇の掃除! 次に換気扇の掃除へ。 外したパーツはビニールに入れて掃除されていました。 よほど強い洗剤かと思いきや、そうでもないんですって。 プロ用のアルカリ性洗剤ではありましたが、あまり強いと塗装が剥げてしまうことがあるのだそう。 そのため、家で使う家庭用洗剤も、強いものは薄めた方がいいとのことです。 こちらは1時間半ほどかかりました。 黄色い油汚れがすっきり!換気扇のビフォー・アフター こちらがビフォー(左)とアフター(右)。 黄色い油汚れが落ちているのがわかりますね。 外せない部分は自分では限界があるので、ここまできれいになったのは初めてかもしれません。 無駄のない作業はさすがプロ! 毎回てんやわんやしながらの素人とは雲泥の差でした。 排気ダクトなどは忘れがち。 定期的にプロにメンテナンスしてもらう方が得策かもしれませんね。

次の