毛穴 化粧 水。 毛穴に効く化粧水25選|30代40代向け毛穴の開きたるみの引き締め保湿におすすめの化粧水

【無駄】たるみ毛穴に化粧水は意味がない

毛穴 化粧 水

毛穴の悩みと一言でいっても、たるみ、開き、黒ずみ、詰まり、ニキビ跡などタイプはさまざまです。 その分、お手入れ方法も一筋縄ではいきません。 そこで今回は、洗顔後の最初のステップとなる化粧水に注目! 毛穴の悩みに応じた化粧水の選び方や使い方をご紹介します。 欧米人に比べ、日本人は化粧水好きといわれていますが、みずみずしいつけ心地が気持ちいいと感じるのかもしれません。 実は、化粧水の成分でメインとなるのは水です。 水自体が肌の潤いの素になるわけではなく、一緒に配合されている水溶性の潤い成分が角層に広がることで、化粧水としての美肌効果が発揮されるのです。 保湿、毛穴の引き締め、美白、抗酸化といったさまざまな効果が期待できます。 毛穴悩み別に効果的な化粧水の種類をご紹介します。 ・たるみ毛穴 頰に多くみられ、初期老化の一つといわれているのが「たるみ毛穴」です。 皮膚の弾力やハリを保つ真皮のコラーゲンやエラスチンが加齢によって減少すると、毛穴が下がってしずくのように広がっていきます。 しずく状の「たるみ毛穴」には、エイジングケア(年齢に応じたお手入れ)に特化した化粧水がオススメです。 コラーゲン、エラスチン、レチノールなどの美肌成分が配合されたものを積極的に選ぶといいでしょう。 ・開き毛穴・ニキビ跡 皮脂腺が大きめで赤ら顔気味の人に多いのが「開き毛穴」です。 脂性肌タイプによくみられるのが特徴で、ニキビができやすく、無理につぶすと跡が残ってクレーター状になってしまうこともあります。 また、毛穴パックやスクラブなどをやりすぎると、肌への負担になるので毛穴が開きやすくなります。 皮脂抑制効果が期待できるビタミンC誘導体配合の化粧水や、肌を引き締めてキメを整え、開きぎみの毛穴を小さくする収れんタイプの化粧水がオススメです。 ・詰まり毛穴・黒ずみ毛穴 古い角質や余分な皮脂、汚れなどが混ざり、角栓となって毛穴の中に詰まった状態を「詰まり毛穴」といいます。 主にTゾーンにみられ、毛穴が詰まり、その部分が空気に触れて酸化すると、毛穴の周りが黒っぽくなり「黒ずみ毛穴」になります。 抗酸化成分や美白成分が配合された化粧水、フルーツ酸などAHA配合の拭き取り化粧水などを試してみるといいでしょう。 その場合は、手で使ってもコットンで使っても構いません。 ただし、収れん化粧水やふき取り化粧水を使う場合は、コットンに取ってから肌表面を軽くなでるように、顔の中心から外側に優しく滑らせるように使います。 適量というのは化粧水によっても異なるので、使う前は必ず使用量の確認をしましょう。 ・手で化粧水をつけるときのポイント 手のひらに適量を取ってから、両手で顔全体になじませます。 乾燥しやすい目元や口元、フェイスラインは、手の平で軽く押さえるようになじませてください。 手の温かさで肌へのなじみもアップします。 ただし、パンパンと叩いたり、ゴシゴシこすったりすると肌への刺激となるので要注意です。 ・コットンで化粧水をつけるときのポイント 小鼻や目のキワなど、細かい部分にムラなく塗れるコットン。 コットンに適量の化粧水を取り、顔の内側から外側へすべらせるように優しくなじませていきましょう。 強くこする、過剰なパッティングは肌に負担がかかるのでNGです。 化粧水の成分の大半は水で構成されています。 もちろん保湿効果はありますが、つけてから時間がたつと水分は蒸発するので乾いてくるのは当然です。 つまり、化粧水をつけると肌表面が濡れていて潤っていると感じますが、それだけでは保湿ケアは不十分なのです。 化粧水で水分を与えたら、その水分を保持する機能を持つ美容液や乳液、クリームを重ねましょう。 油分を肌に補う美容液や乳液、クリームは、肌の潤いやなめらかさやを保つ必須アイテムです。 自己流の勘違いケアに気づいたら、今すぐ改善していきましょう。 また、毛穴レスな肌にしたい、毛穴をなくしたいと思っている方は多いようですが、爪で無理やり角栓を押し出したり、コットンや綿棒で小鼻の周りをゴシゴシこすったりすると、色素沈着を引き起こす原因になるので絶対にNGです。 ・過剰なパッティング 化粧水をつけながら、肌を手でパンパン叩いたり、コットンで100回パッティングをしたり…。 いくら毛穴が目立つからと、何度も何度も同じ場所を叩くのは、赤ら顔やシミの原因になります。 いくら叩いても化粧水が深く浸透するわけではないので、すぐにやめましょう。 ・使用期限切れの化粧水を使う 開封して使用している化粧品は、そのシーズン内に使いきることがベスト。 中身が酸化したり、雑菌が入って繁殖した状態の化粧品を使うと、かぶれやかゆみといった肌アレの原因になります。 未開封であっても温度や湿度の高い場所に放置されているものは、劣化が早まる可能性があるので気をつけましょう。 もし迷ったら、使う前に色やにおい、成分が分離していないかなどを確かめ、顔以外の目立たない部分につけてパッチテストを行います。 なんとなくでも違和感を覚えたら、すぐに使用をストップしましょう。 ・自分の肌に合っていない化粧水を無理に使う つけるとヒリヒリする、肌アレを起こす、ニキビができるなど、肌に合っていない化粧水を使い続けると肌トラブルを引き起こす原因になります。 せっかく買ったから、と思いがちですが、化粧水をつけて肌の調子がいつもと違うと感じたら一旦ストップします。 疲れや寝不足などが原因で一時的に肌が敏感になり、いつもの化粧水が合わなくなっていることも考えられます。 肌の状態をみながら判断を。 肌に合わない化粧水を無理して使い続けると、肌にも心にもストレスになるのでやめましょう。 ・化粧水を浸したコットンパックを長時間放置 化粧水をコットンに浸して肌にパックするコットンパックは、肌がしっとり潤うと人気です。 しかし、コットンパックを肌に長く放置すると、水分が蒸発し、潤いも一緒に奪われてしまいます。 コットンパックをしながら寝てしまった、といったことのないよう気をつけましょう。 しかし、化粧水を何度も重ねてつけても、角層への浸透量が多くなるわけではありません。 化粧水は適量を使いましょう。 多くても少なくてもNGです。 注意書きを参考にしてください。 ふき取り化粧水は、あくまで洗顔後の肌に残った油分や取り切れていない古い角質を「ふき取る」ことが目的。 必要な水分と油分を補う化粧水・美容液・乳液・クリームなどの保湿ケアは必須です。 収れん化粧水をコットンに浸して肌にトントン叩くように使うと毛穴やキメが引き締まるといわれていますが、強い刺激は肌への負担となるのでやりすぎは厳禁です。 まとめ 化粧水と一言でいっても、保湿・美白・収れん・ふき取りなど、その種類や機能はさまざまです。 基本的な化粧水の使い方を覚えて、きれいな毛穴を保ちましょう。

次の

【無駄】たるみ毛穴に化粧水は意味がない

毛穴 化粧 水

毛穴を引き締める「収れん化粧水」とは? 毛穴のケアに効果的と言われている収れん化粧水とは、 肌の皮脂量をコントロールし、毛穴を引き締める成分を含んだ化粧水のことを言います。 通常の化粧水よりも殺菌作用も強いため、ニキビを予防したい方にもおすすめです。 また収れん化粧水は、乾燥で硬くなりがちな肌を柔らかくする成分も含んでいます。 肌のキメを整えてふっくら美肌が目指せる化粧水でもあります。 皮脂の過剰分泌も上手にコントロールし、毛穴もキュッと引き締めてくれるので、毛穴で悩む方はもちろん、夏場のスキンケアにもおすすめの化粧水です。 普通の化粧水と収れん化粧水の見分け方は? A. 収れん化粧水はアルコールの配合量が多め 毛穴を引き締め!収れん化粧水の選び方 ここでは、毛穴を引き締める収れん化粧水の選び方をご紹介します。 肌のキメを整えるならビタミンC誘導体入りの化粧水を選ぶ• 古い角質を取り去りたい方はAHA成分入りの化粧水を選ぶ• 過剰な皮脂を抑えてさっぱり毛穴を引き締めるならエタノール入りを選ぶ• ビタミンCと聞くと美白ケアをするイメージがありますが、実は毛穴を引き締める効果も期待できます。 ビタミンC誘導体は、毛穴を引き締めるだけでなく、メラニンの生成を抑えてしもやそばかすを防ぐ効果もあります。 ケアなど美白の同時ケアができるので、使い続けることで透明感溢れる美肌を目指すことができます。 AHA成分は、洗顔料にも入っている有名な角質除去成分です。 AHAはフルーツ酸の力で毛穴の奥の角質を優しく取り除いてくれます。 同時に肌に蓄積された角質のケアにもなるので、ターンオーバーを促す効果も期待できます。 エタノールは肌に負担をかけるイメージがありますが、実は肌を引き締める効果や殺菌作用があります。 ニキビケア化粧水に含まれていることも多く、肌を清潔に保つことができます。 エタノール入り化粧水は、ニキビ肌の毛穴に悩む方にもおすすめです。 毛穴を引き締める成分としては、 植物エキスを含む化粧水なら、肌に負担をかけることなく毛穴を引き締めることができます。 低刺激処方、植物エキス配合など、化粧水の特徴を見ながら収れんタイプの化粧水を選びましょう。 開いた毛穴を引き締める!収れん化粧水の効果的な使い方 ここでは、開いた毛穴を引き締める収れん化粧水の効果的な使い方をご紹介します。 タイミング 収れん化粧水を使うタイミングとしては、 洗顔後の毛穴が開いている時です。 毛穴の汚れを落とす時は、通常毛穴を開いて洗顔をします。 毛穴ケアをしている方は、毛穴を開いて洗顔をしているので、洗顔後はしっかり毛穴を引き締める必要があります。 なので、収れん化粧水は洗顔後のまっさらな肌に使いましょう。 洗顔後はすぐに収れん化粧水で毛穴を引き締めることで、肌の表面やキメの整った美肌を目指すことができます。 収れん化粧水をプレ化粧水として使う場合は、洗顔後に肌につけた後はいつも通りのスキンケアを行いましょう。 使い方 収れん化粧水の使い方としては、 たっぷりの化粧水を肌につけます。 収れん化粧水は、肌を引き締める効果もありますが、肌の足りない潤いを保水する効果もあります。 なので、肌の乾燥が気になる方は重ねて化粧水をつけることをおすすめします。 化粧水は好みでコットンか手でつけるようにしましょう。 手でつける場合は、500円玉くらいの化粧水を手に取り、両手のひらで温めてから肌い塗布します。 顔全体に満遍なく塗布しましょう。 最後に ハンドプレスしてしっかり化粧水を角層の奥まで浸透させてください。 コットンでつける場合は、コットンが浸るくらい化粧水をつけてから肌に塗布します。 小鼻などの細かい部分や、たるみ毛穴ができやすい頬には化粧水を重ねて塗布してもいいでしょう。 コットンを使うなら コットンパックで、化粧水をじっくり肌に浸透させるのもおすすめです。 コットンパックをする時は、全体に化粧水をつけてから最後にコットンでパックをするようにしましょう。 なんで?「毛穴が開く原因」とは ここでは、毛穴が開く原因をご紹介します。 毛穴を引き締めていない• 肌が乾燥している• 洗顔した後は毛穴が開いている状態なので、そのまま放置してしまうと毛穴がどんどん広がってしまいます。 特に毛穴の汚れが取れると言われている洗顔料でケアをする時に、洗顔のことだけを考えていると、その後のケアが不十分の可能性があります。 毛穴ケアをするときは、毛穴を開いたら収れん化粧水でしっかりと毛穴を引き締めるようにしましょう。 肌が乾燥していると肌表面が硬くなるだけでなく、皮脂が過剰に分泌されます。 皮脂が過剰に分泌されると毛穴に皮脂が詰まってしまい、結果毛穴詰まりとなって毛穴が開いてしまいます。 収れん化粧水と合わせて肌の保湿ケアをすることも大切です。 お肌のハリがなくなると、重力に逆らえずに肌が下がってしまいます。 毛穴が楕円状になっている方はたるみが原因であるため、肌を引き締めながらリフトアップのケアも取りれると良いでしょう。 毛穴の引き締めに効果的な化粧水の使い方を教えて! A. 化粧水の前にいったん毛穴を開く.

次の

毛穴の悩みにおすすめの化粧水は?口コミランキング15選

毛穴 化粧 水

毛穴を引き締める「収れん化粧水」とは? 毛穴のケアに効果的と言われている収れん化粧水とは、 肌の皮脂量をコントロールし、毛穴を引き締める成分を含んだ化粧水のことを言います。 通常の化粧水よりも殺菌作用も強いため、ニキビを予防したい方にもおすすめです。 また収れん化粧水は、乾燥で硬くなりがちな肌を柔らかくする成分も含んでいます。 肌のキメを整えてふっくら美肌が目指せる化粧水でもあります。 皮脂の過剰分泌も上手にコントロールし、毛穴もキュッと引き締めてくれるので、毛穴で悩む方はもちろん、夏場のスキンケアにもおすすめの化粧水です。 普通の化粧水と収れん化粧水の見分け方は? A. 収れん化粧水はアルコールの配合量が多め 毛穴を引き締め!収れん化粧水の選び方 ここでは、毛穴を引き締める収れん化粧水の選び方をご紹介します。 肌のキメを整えるならビタミンC誘導体入りの化粧水を選ぶ• 古い角質を取り去りたい方はAHA成分入りの化粧水を選ぶ• 過剰な皮脂を抑えてさっぱり毛穴を引き締めるならエタノール入りを選ぶ• ビタミンCと聞くと美白ケアをするイメージがありますが、実は毛穴を引き締める効果も期待できます。 ビタミンC誘導体は、毛穴を引き締めるだけでなく、メラニンの生成を抑えてしもやそばかすを防ぐ効果もあります。 ケアなど美白の同時ケアができるので、使い続けることで透明感溢れる美肌を目指すことができます。 AHA成分は、洗顔料にも入っている有名な角質除去成分です。 AHAはフルーツ酸の力で毛穴の奥の角質を優しく取り除いてくれます。 同時に肌に蓄積された角質のケアにもなるので、ターンオーバーを促す効果も期待できます。 エタノールは肌に負担をかけるイメージがありますが、実は肌を引き締める効果や殺菌作用があります。 ニキビケア化粧水に含まれていることも多く、肌を清潔に保つことができます。 エタノール入り化粧水は、ニキビ肌の毛穴に悩む方にもおすすめです。 毛穴を引き締める成分としては、 植物エキスを含む化粧水なら、肌に負担をかけることなく毛穴を引き締めることができます。 低刺激処方、植物エキス配合など、化粧水の特徴を見ながら収れんタイプの化粧水を選びましょう。 開いた毛穴を引き締める!収れん化粧水の効果的な使い方 ここでは、開いた毛穴を引き締める収れん化粧水の効果的な使い方をご紹介します。 タイミング 収れん化粧水を使うタイミングとしては、 洗顔後の毛穴が開いている時です。 毛穴の汚れを落とす時は、通常毛穴を開いて洗顔をします。 毛穴ケアをしている方は、毛穴を開いて洗顔をしているので、洗顔後はしっかり毛穴を引き締める必要があります。 なので、収れん化粧水は洗顔後のまっさらな肌に使いましょう。 洗顔後はすぐに収れん化粧水で毛穴を引き締めることで、肌の表面やキメの整った美肌を目指すことができます。 収れん化粧水をプレ化粧水として使う場合は、洗顔後に肌につけた後はいつも通りのスキンケアを行いましょう。 使い方 収れん化粧水の使い方としては、 たっぷりの化粧水を肌につけます。 収れん化粧水は、肌を引き締める効果もありますが、肌の足りない潤いを保水する効果もあります。 なので、肌の乾燥が気になる方は重ねて化粧水をつけることをおすすめします。 化粧水は好みでコットンか手でつけるようにしましょう。 手でつける場合は、500円玉くらいの化粧水を手に取り、両手のひらで温めてから肌い塗布します。 顔全体に満遍なく塗布しましょう。 最後に ハンドプレスしてしっかり化粧水を角層の奥まで浸透させてください。 コットンでつける場合は、コットンが浸るくらい化粧水をつけてから肌に塗布します。 小鼻などの細かい部分や、たるみ毛穴ができやすい頬には化粧水を重ねて塗布してもいいでしょう。 コットンを使うなら コットンパックで、化粧水をじっくり肌に浸透させるのもおすすめです。 コットンパックをする時は、全体に化粧水をつけてから最後にコットンでパックをするようにしましょう。 なんで?「毛穴が開く原因」とは ここでは、毛穴が開く原因をご紹介します。 毛穴を引き締めていない• 肌が乾燥している• 洗顔した後は毛穴が開いている状態なので、そのまま放置してしまうと毛穴がどんどん広がってしまいます。 特に毛穴の汚れが取れると言われている洗顔料でケアをする時に、洗顔のことだけを考えていると、その後のケアが不十分の可能性があります。 毛穴ケアをするときは、毛穴を開いたら収れん化粧水でしっかりと毛穴を引き締めるようにしましょう。 肌が乾燥していると肌表面が硬くなるだけでなく、皮脂が過剰に分泌されます。 皮脂が過剰に分泌されると毛穴に皮脂が詰まってしまい、結果毛穴詰まりとなって毛穴が開いてしまいます。 収れん化粧水と合わせて肌の保湿ケアをすることも大切です。 お肌のハリがなくなると、重力に逆らえずに肌が下がってしまいます。 毛穴が楕円状になっている方はたるみが原因であるため、肌を引き締めながらリフトアップのケアも取りれると良いでしょう。 毛穴の引き締めに効果的な化粧水の使い方を教えて! A. 化粧水の前にいったん毛穴を開く.

次の