不死 川 げん や。 【あつ森 マイデザイン33】『鬼滅の刃』不死川玄弥風【あつまれどうぶつの森】

【鬼滅の刃】不死川玄弥(げんや)の全プロフィールと考察【年齢・能力・刀】

不死 川 げん や

鬼殺態に入隊するための試験で最後の4人に残った時、案内役の童子を殴っていました。 それを見ていた炭治郎によって止められ、右腕を折られてしまうのですが、玄弥がしたことは鬼殺隊でありながらあり得ない行動となっています。 誰とも仲良くなろうとしない いつも誰も近づくなというオーラを放ち、一匹狼となっているのが玄弥です。 そのため、誰とも仲良くなろうという気がありません。 炭治郎とは最初は険悪な出会いで始まったのですが、少しずつ距離は縮まりました。 しかし、炭治郎以外のととは仲良くなることはなく、お互いに嫌っていたようです。 尊敬している人物はいる 誰も人を近づけないような雰囲気を出していますが、師匠であるのことは信頼と尊敬をしていて、修行なども素直に従っているのです。 その他にも兄である実弥も、柱であり実力者だということもそうですが、常に敬意を払っています。 何度も実弥に差別的な態度や発言をされても、心のどこかで信じているところがあるのです。 努力家で覚悟も持っている 玄弥は、全集中の呼吸が使えず、日輪刀も持つことができなので、どのような戦い方をしたらいいのか?常につきまとっています。 鬼を食うことで、一時的に鬼の能力を手に入れることができるという特異な体質を持っているので、それを生かす方法を考えているのです。 鬼を食らうことにはリスクもあり、元の人間に戻れる保証はありません。 しかし、自分の身がどのようになろうとも構わない、という覚悟を持って、鬼を倒すことだけを考えています。 それは、自分の弱さからもくる反動のような形で、同期の鬼殺隊の隊士が全集中の呼吸を使えるのに対して、自分が使えないという劣等感からもきているのです。 自分が弱いということを自覚しているからこそ、奮い立たせる意味で強気の姿勢を崩しません。 戦闘でも決して弱気にならずに前を向いて戦う姿もその現れでもあります。 嫉妬深い一面もある 自らが弱いということを知っている玄弥だからこそ、周りの人間がどんどん成長している姿を見ると焦ります。 中でも炭治郎が飛び抜けて強くなり、柱に認められる存在になると、嫉妬もしているようでした。 そのため、との戦いでは自分の評価を上げるために、独りよがりのような戦い方にもなってしまいます。 それだけ、他の鬼殺隊との差を埋めたいと言うのが分かります。 やさしい性格も持っている 強気ばかりの性格に見える玄弥ですが、やさしい一面もあります。 初対面で炭治郎に左腕を折られて、険悪な関係となっていたのに、炭治郎と接する回数が増えることで炭治郎への見方が変わります。 一番玄弥の心に響いていたのが、兄実弥に「鬼殺隊を辞めろ」などの言葉を浴びせられ、心が折れそうになった時、炭治郎が身を挺してかばったことです。 炭治郎が、本気で玄弥のことを認めさせようとしたらこそ、玄弥も救われることになり、炭治郎に感謝の気持ちを伝えていました。 他にも、禰豆子が太陽を克服した時にもまるで自分のことのように喜んでいたのです。 幼い玄弥は、何も分からず兄のことを攻めたことを成長してから後悔しているのです。 鬼になった母親から、自分を救おうとしてくれた兄に対して酷い態度を取ってしまったと。 そのため、兄に認めてもらうために鬼殺隊にも入隊したのですが、気持ちだけが空回りするばかりです。 実弥は玄弥に鬼殺隊になってほしくなかった 鬼殺隊の柱にまで上り詰めた実弥ですが、弟には同じ道を歩まないで欲しいと思っています。 そのため、鬼殺隊を諦めるように心にもない言葉を口にしたり、態度で表すようになったのです。 本心では、常に玄弥のことを気にしていて、上弦の壱であるとの戦いで、玄弥が体をバラバラにされたときは、激怒していました。 炭治郎とは違い、玄弥への印象が良くないふたりなので、仲良くなろうとも思っていません。 善逸が実弥のことを馬鹿にした発言をしようものなら、「兄貴を侮辱するな」とキレられ、伊之助が玄弥が全集中の呼吸が使えないことを指摘すると殴り合いになっていました。 不死川玄弥の声優は岡本信彦さん 玄弥の声優を担当しているのは、岡本信彦さんです。 好青年から冷酷非道な悪役、熱血漢な役や狂気を感じさせる役など、幅広いキャラクターを使い分けて演じています。 玄弥以外にも「青の祓魔師」の奥村燐、「とある魔術の禁書目録」のアクセラレータ、「バクマン。 」の新妻エイジ、「僕のヒーローアカデミア」の爆豪勝己、「食戟のソーマ」の黒木場リョウ、「ハイキュー!! 」の西谷夕、「3月のライオン」の二海堂晴信なども担当しています。 不死川玄弥の名台詞.

次の

【鬼滅の刃】不死川玄弥(しなずがわげんや)の過去は?声優や誕生日も紹介!

不死 川 げん や

この日岡本は「おめでとうラッシュなの!? 」というタイトルでブログを更新し、「きよこさん! おめでとう! そしてたっくん! おめでとう! バドいつくるの!? 」と、『』(集英社)で連載中のバレーマンガ『ハイキュー!! 』に登場するキャラクター・清水潔子の本誌での展開をお祝いし、バドミントン仲間の声優で、1月6日に誕生日を迎えた八代拓(27)のへお祝いのメッセージを送った。 続いて岡本は、「さらにげんや!!! おめでとう!」と自身がアニメ『鬼滅の刃』で演じたキャラクター・不死川玄弥(しなずがわげんや)の誕生日を祝った。 『鬼滅の刃』ツイッター公式アカウントでは玄弥の誕生日を祝して、特別なヘッダー画像を配布し、この投稿に3万件を超えるリツイートが集まるなど大きな話題を集めた。 また岡本は、ブログの続きに「げんやはね! はやく鬼滅の続編やりたいね!?!? 」とコメントし、アニメ一期ではさほど出番の多くなかった玄弥をもっと演じたいと熱望。 岡本の愛あるコメントにはファンも喜んだようで、「玄弥くん! 活躍をはやく見たい……! たのしみ……! 続編はよ」「鬼滅の刃2期やるなら玄弥出てきますね!」「あそこの場面を早くアニメ化してほしいです…」「鬼滅の刃も本誌や単行本は激アツなのでアニメでも観たい!」という熱狂的なコメントが多く集まった。 アニメ1期が好評というだけではなく、本誌でも怒涛の展開を迎えているだけに、アニメ2期を期待する声も大きい同作。 芸能界にもファンは多く、お笑い芸人の(47)をはじめとし、お笑い芸人の(45)や、モデルでタレントの(池田美優・21)などがたびたびSNSで作品の魅力を語っている。 今年は劇場版の公開を控えている『鬼滅の刃』。 2020年も鬼滅イヤーになること間違いなし!.

次の

不死川玄弥(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

不死 川 げん や

【深く聞かないで】 甘露寺「あれ!玄弥君結構体柔らかいんだ~」 玄「え、そう…ですか?」 甘「凄いよ!こんなに体曲げれる子なかなかいなかったよ!毎日柔軟してるの?」 玄「………はい(視線逸らし)」 【実弥が出張で留守の時、掃除中の玄弥がクローゼット奥の衣裳ケース開けたら明らかにLLサイズのメイド服以外にチアやチャイナ、白衣なんかもあったりして「兄ちゃん…疲れてるのかな…」と心配になり、帰ってきた晩御飯に鰻丼作る玄弥】(現パロ) 玄「兄貴、お疲れ様」 実「おぅ。 へー鰻か!どうした?急に」 玄「別に…(目逸らし)」 実「?」 【調理実習で千切りパン作って悲鳴嶼さんに持って行く玄弥君】(学パロ) 玄「相変わらず女子の人気殺到ですね、煉獄先生と宇髄先生」 非「ああ」 玄「悲鳴嶼先生もたくさん貰いました?」 非「私にくれたのは玄…不死川だけだよ」 玄「そっか…へへ」 実「…(殺気)」 【もうちょっと線引き甘くしても良かったと後悔した実弥先生】 非「ところで…お兄さん、不死川先生にはあげないのか?」 玄「学校で無駄に近付くなとか、兄ちゃんって呼ぶなって言われてるから…それに兄ならきっと、俺からじゃなくても沢山貰うと思いますし」 非「そうか、ならば有り難く戴こう」 実「」 【さり気無く名前で呼んでますよ悲鳴嶼先生】 非「不死川先生」 実「…はい、なんでしょう?」 非「これどうぞ、私には少し多いので」 実「…玄弥が貴方にあげたんだ、俺が貰う義理はありませんよ」 非「そうですか。 まあ、玄弥も家で兄の為にまた作ると言ってましたから」 実「!」 【一緒に宵宮行くひめげん射的を見つけた玄弥が次々景品を落とす姿に驚く悲鳴嶼さん】(現パロ) 非「玄弥は上手なんだな」 玄「これだけは兄ちゃんにも負けないんです」 非「そうか…」 玄「悲鳴嶼さん、ちょっと腕貸してもらっていいですか」 非「腕?」 玄「やっと二個取れたんですよ。 これでお揃い、です」 非「凄いな、本当に」 【射的は玄弥が上手いけど型抜きは苛立って途中で割っちゃう、悲鳴嶼さんは淡々と削って綺麗に抜く】(現パロ) 玄「あっ!割れた!」 非「……」 玄「もう1枚…あっ」 非「……」 玄「~っ!」 非「出来た」 玄「悲鳴嶼さん凄い!」 【かき氷】(現パロ) かき氷食べようと悲鳴嶼さんは苺で玄弥君はメロン味を食べる 「悲鳴嶼さん」 舌をベッって出す玄弥。 「色、変わってます?」 「暗くてよく分からない、もっと近くに寄ってくれないか?」 そう言われて悲鳴嶼に近付いたところで口を開けようとしたらそのままキスされて呆然とする玄弥。 悪い笑みを浮かべた悲鳴嶼さんを見て騙されたと察し真っ赤になる玄弥 玄「騙した」 非「…」 玄「悲鳴嶼さんのエッチ」 非「南無…」 玄「誤魔化されませんよ」 非「…すまん」 【花占いするひめげん】 玄「…」 非「何をしてるんだ玄弥?」 玄「あ、悲鳴嶼さん花占いです」 非「花占い?」 玄「今日の晩飯、五目ご飯か茸ご飯かで迷ってて」 非「晩飯…」 玄「あ、茸だ!よし、準備しよう」 非(恋占いじゃなかったのか…) 【花占いするさねげん】 玄「…」 実「…何やってんだ玄弥ぁ?」 玄「水に晒しといたスイカ、何処行ったかなーって」 実「ごめん」 玄「鼠かなーって」 実「ごめんて」 皆で食べようと思って冷やしておいた玄弥君の西瓜を義勇と喧嘩したはずみで割った実弥兄ちゃん 【珈琲頼んで友達の前とかだと頑張ってブラックで飲むけど実弥の前ではガムシロ入れちゃう玄弥君(思春期)。 [newpage] 【笑ってくれる?:140字お題】 貴方は昔から涙脆い人だからきっとこの時も泣いてくれると分かっていた。 「悲鳴嶼さん、有難う御座いました」 でも願わくば俺なんかの為に泣かないで欲しい、在りし日に見たあの優しい大好きな笑みで送って欲しかった。 「…玄弥っ」 鬼の、俺の首を撥ねるその瞬間を。 【愛してはいるんだけど:140字お題】 ずっとしたかった仲直りが出来て、こうして一つ屋根の下で暮らせる幸せを玄弥は日々噛み締めていた。 程無くして実弥とそれ以上の関係になってしまったのは予想外だが嫌悪されていたあの頃に比べればマシだ 「兄ちゃん、待って!」 でも、 「十年待った、もう待たねぇよ」 流石に毎晩は無理だよ兄貴。 【君の気配:140字お題】 「帰ってたのか」 蝶屋敷から玄弥が戻るのは明日と聞いていた、上弦二体の襲撃を受け重傷だったのだ無理もない。 「はい。 その…落ち着かなくて」 「?」 「今日から俺も柱稽古に加わります、よろしくお願いします」 「そうか」 漸く戻って来た傍らの気配に悲鳴嶼は束の間の心地良さを噛み締めていた。 【貴方だけを見つめる:140字お題】 悲鳴嶼は盲目だ。 なのにその眼差しはとても熱く、まるで見つめられているその感覚に時折どうしようもなくなる 「悲鳴嶼さん、あの」 「どうした玄弥?」 「視線が…凄く気になって」 馬鹿げた事を言っていると分かっている、そんな事あるはず無いのに。 「嗚呼すまない、お前が可愛くてつい、な」 なんて狡い確信犯! 【望むだけ無駄なこと:140字お題】 いつか選ぶ日が来る、鬼を喰らい続けるか鬼殺隊を辞めるか。 呼吸の使えない自分にどれ程の事が成し得るか。 走り続ける事は出来ない、いつかはその足を止める日が来る。 「俺に弟はいない」 笑顔で迎えられるなど甘い夢は捨てた。 ならばせめて鬼殺隊士、不死川実弥の弟としての最期を。 【一緒にいた影響:140字お題】 黒い隊服に目立つ白い毛、何だろうと払うがそれは玄弥のそこかしこにくっ付いている。 「毛?」 心当たりは一つしかない。 「悲鳴嶼さん!また猫入れましたね!」 あれ程、寝所には入れないで下さいって言ったのに。 【素直に言えよ!:140字お題】 裾を掴まれた。 実弥が振り向けば玄弥が気不味そうに此方を窺っている 「何だぁ?どうした?」 「あ、ごめん…」 すぐに手を離し視線を逸らす、その顔を見て何でもないと思う方が馬鹿だ 「言え。 でないと手、離さねぇぞ」 指を絡め、簡単に解けない様に握り締める 「…まだ離れたくない」 俺もだよ馬鹿野郎.

次の