舜水樹。 【キングダム】643話ネタバレ!李牧を救出しようとする舜水樹やカイネ

【キングダム考察】舜水樹は橑陽で死亡するのか♣楊端和の怒りの一撃で討ち死にもある♦

舜水樹

壁がダント(フィゴ王)の力を借りて、マグレで犬戎王ロゾをぶっ殺した所。 なんか最近のキングダムは2人掛かりで倒すのが当たり前になって来てて、武将の美学みたいなのが薄れているような気がしないでもない(笑) 龐 煖(ほう けん)に 王騎が「命の火と共に消えた彼らの思いが全てこの双肩に重く宿っているのですよ」みたいなカッコイイ事言ってたのに…あれは一体何だったのか?まあヘタレの壁だからいいか(笑) で「遼陽編はサクサク進めてくれ」みたいな事を書いたが、同じ様な苦情が編集部に届いたのかは知らんが、ストーリー進行のスピードが露骨に速くなっててワロタ。 553回で 「猿共の考える事などお見通しだ!!」とか言ってたクセに、571回で楊端和を追い詰めた時に 「城?!」とか言って、楊端和を討ち取らずに遼陽城を見に戻るクソっぷり。 この状況で城を狙われる可能性を考慮してないのは、さすがに無能過ぎるぞ(笑)まあ 舜水樹は嫌いだから、来週辺りにフルボッコになってくれればいいや。 個人的に気になっているのは遼陽編の落し所。 仮に遼陽城を秦軍が占領して兵糧問題が解決したとしても、圧倒的に趙軍の方が数で上回っている。 もし趙軍が遼陽城を無視して、 鄴 を解放しに行ったらどうするんだ?という疑問もある。 そう考えると、秦軍がこの状況を解決するためには、タイトル通り犬戎族が楊端和軍に寝返るぐらいしか思いつかない。 一応バジオウと楊端和の幼少期のエピソードがフリになってるとはいえ、それはご都合主義過ぎるでしょ。 流石に(笑) つうか元々キングダム内の暗黙の了解である 「敵の武将全員討ち取ったら、どんなに相手の戦力が残っていてもコッチの勝ち」ルールが私にはイマイチ腑に落ちない。 このルール、冷静に考えればゲームの三国無双そのまんまじゃねーか(笑) できれば予想を良い意味で裏切られるような展開を期待したいな~。

次の

キングダム645話ネタバレ考察~李牧・太子嘉、復権するも先王の遺言で王位は遷へ… | 8ラボ(はちらぼ)

舜水樹

2020年6月18日 木 発売号のヤンジャンに掲載予定のキングダム644話のネタバレ最新確定速報をお届けします。 では、新生飛信隊の全容が明らかになりました。 また、邯鄲を攻略すべく、ついに秦軍が鄴へと出陣しましたね。 カイネと舜水樹は李牧を救うため、動きだしました。 将軍となった李信の初陣も気になりますが、李牧の救出も成功するのか気になりますよね? 644話もどんな展開になるのか楽しみですね。 今回は「【キングダムネタバレ644話最新話確定速報】秦軍がついに出陣、邯鄲攻略戦はどうなる?」と題し紹介していきます。 邯鄲へむけ動き出した644話ですが、ここで新生飛信隊を振り返ってみませんか? これまでの話を読み返したいと思われる場合は、単行本を電子書籍でお得に読みましょう。 本日19日 木 はキングダム新刊57巻の発売日です! どうぞ宜しくお願い致します。 おまけ漫画はチビ蒙恬です。 笑 — 原泰久 HaraYassa 電子書籍でしたら 売り切れも気にせず、外に出ることなく すぐに無料で読むことができます。 さらには無料で今までのキングダムのアニメもイッキ見できてしまいますよ。 今すぐ読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 李牧は処刑される? ニセ情報をつかまされて待ち伏せにあうカイネ達。 これから李牧は助かるのかな?それとも処刑されてしまうのか?李牧の今後が気になります。 カイネの救出も、前回は残念ながら失敗に終わってしましました。 悼襄王は歴史に残るくらいの残酷な殺し方をするといっていました。 李牧は以前、悼襄王にある言葉を受けていました。 「鄴を失ったらお前を切り刻む」 このような残酷な言葉を李牧は投げかけられていましたので、李牧を慕う兵を減らしてから殺されてしまうかもしれません。 歴史的に見るとまだ李牧は死ぬ時期ではありませんが、カイネと舜水樹の奮闘もむなしく、このまま郭開の策に溺れ、悼襄王に処刑されてしまうのでしょうか? 秦軍との戦いに紛れ李牧が救出される? 白ナスもといシナンジュ舜水樹 秦趙大戦で山の民相手に3倍の兵を持ちながら 重要拠点を落とされ兵糧も回復され犬戎軍にも丸ごと寝返られる 李牧以上の大戦犯の筈が遂にクーデターを起こす こんな無能を処刑も投獄も暗殺も出来ずに要人を次々と殺されてしまう趙国の運命は暗い…余りにも — 瀑布 tornadomilk 李信と蒙恬の話から、飛信隊・楽華隊・玉鳳隊は鄴へ向かい、いよいよ邯鄲を落とす準備にかかるといっていました。 秦軍は、李牧が捕まっている今を絶好のチャンスといっています。 さらに、舜水樹が李牧を殺したらこうなると、見せしめとして国内の要人を殺しています。 内乱が起こるなか、秦軍は今こそ邯鄲を落とすときだと思うのではないでしょうか。 しかし、邯鄲を攻めるとなれば、悼襄王は自らの身の危険を感じ、李牧救出を阻止するどころではなくなると思います。 邯鄲に攻め入れば攻め入るほどカイネや舜水樹などにとっても好都合です。 悼襄王が秦軍と戦っている隙をみて、李牧を救出する可能性もあります。 上にも述べましたが、李牧は史実ではこの段階ではまだ死んでいません。 また、趙が滅亡するのももう少し先になります。 ですので、史実通りいくのなら、カイネたちにより助かる可能性もあるでしょう。 このまま李牧が斬首されてしまったら、趙はなすすべなく滅びてしまいそうですが、どうなっていくのでしょうか? 李牧の生死の行方も気になるところですね。 扈輒将軍たちが李牧救出に向かう? 扈輒(こちょう)将軍や舜水樹は表立ってこの趙の悼襄王(とうじょうおう)を愚かだと言っています。 特に李牧を斬首にすることを聞いて舜水樹は怒り心頭に。 ここから趙の悼襄王は舜水樹たちに殺害されてしまうのかな?史実でも秦の鄴攻めで死亡するけど。 もしかすると、扈輒将軍が邯鄲を守る代わりに李牧の開放を要求するかもしれません。 内乱状態となっている趙ですが、扈輒将軍もこのままにしておくということはないかと思いますので、何かしらの動きを見せるのではないでしょうか? 李牧救出はカイネと舜水樹に任せて、自分は裏で動いているかもしれませんね。 643話のツイッターの感想・次回の予想 キングダム643話感想 羌瘣1コマしか出てこねぇ><じ、焦らすなぁ。 でも元気そうで良かった。 体はもう回復したのね。 羌瘣も五千人将に昇格で飛信隊は1万5千人部隊に!すげぇ。 李牧好きじゃないけどさすがにかわいそうになってきた…必死なカイネの姿に泣ける。 このまま死刑は無いとは思うけど… — にじこ🌸Forever Love sangekoumira 以下がキングダム643話を読んでの感想、これからの予想をしていたツイートの一部です。 643話 飛信隊、1万5000人ッ!!強い 確信 でも目立つ新メンバーいなさそうでよかった…これ以上は覚えられん 李牧さん、王翦に続き蒙恬にも持ち上げれるとか秦に隠れリボクラスタ多くない? ボロボロになりながらも李牧を救いに行こうと奮闘するカイネはエロかっこよかったです。 敵のキャラもみんな死ぬんじゃなくて秦王に感化される奴もいそう!特に脅威の李牧!!!ああ!誰かキングダム話ししようぜ!!! — ぽよぽよぴーや cuVA7s8iSqrkQrz 舜水樹とカイネが気合い入りまくりですね、間違いなく趙王より李牧が大事という判断基準で行動している。 キングダムのメインテーマは戦争なので相手国を滅ぼすことが重要になるんだけど、内戦で弱体化していく国を描くのも重要なのかなと思えてきた。 そのうち趙王と李牧との舌戦があると思う。 ここからネタバレを含みますので注意してください。 李牧の処刑は明日!? いよいよ明日、李牧の処刑が執行されることが決まりました。 王の判断なので、何があっても覆すことはできません。 「最後に何か言っておきたいことはあるか?」と聞かれる李牧。 混乱に乗じて攻撃してくるであろう秦軍の攻防戦のこと、そしてカイネに愚かなことをしないようにと言い残します。 しかし、郭開は李牧の言葉を伝えることはしませんでした。 嘉が悼襄王へ 嘉は悼襄王へ謁見し、李牧の処刑を取り下げるように言います。 鄴が落とされたことの責任はあるが、処刑はあまりにも重すぎる、役職の剥奪くらいが妥当であると伝えます。 邯鄲を守るなめには、門を守らなければならない。 この秦軍の刃が差し迫る戦況下には李牧が必要であると、李牧を失えば国を失うことになると訴えます。 嘉の熱のこもった訴えかけに、悼襄王は「よく成長した」と嘉を抱き寄せます。 が次の瞬間、嘉の耳にかじりつき、嘉の耳を噛みちぎるのです!!!! 周りの避難に対し、悼襄王は「王に暴言を吐いたからそういうことになる。 早く撤退しないと、もう一つの耳もちぎってやる」といいます。 それでも嘉は必死に、李牧の開放を叫びます。 しかし、周りに治療が優先だと連れ出されてしまうのです。 鄴に秦軍が到着 鄴に到着した秦軍ですが、到着間もなく出陣するように言われます。 何が起こったのかと李信。 邯鄲に動きがあるので総攻撃をかける準備をするように伝える蒙恬。 いよいよ明日李牧が処刑される。 李牧が処刑されれば、邯鄲が揺れる。 守備は強固だが、それを突破すれば趙は弱く、一気に趙を倒せると続けて話します。 河了貂に準備をと告げる信、それに呼応する河了貂。 そしてそれと同時に河了貂はカイネのことを思うのです。 邯鄲では舜水樹とカイネが 邯鄲では、舜水樹が明日の李牧の処刑について情報を整理しながら、どこで救出をするかを話し合っています。 階段にうずくまるカイネ。 「李牧が処刑場に現れた時に救出する。 」という舜水樹。 しかし、「広場にはたくさんの兵がいる!その数はこちらの50倍だ!」と動揺するも 舜水樹が作戦を伝えると、周りも死闘を覚悟するのです。 カイネが突然立ち上がり、泣きながら中に入る隊においてくれと舜水樹にお願いする。 カイネは李牧が助かるのであれば、たとえ自分の身がどうなろうと構わないと訴える。 それを聞いた舜水樹は、「初めからそのつもりだ」というのです。 悼襄王、死!? 明日の準備が着々と整う中、悼襄王は優雅に入浴をしている。 天がくれた宝物は、浴室とお前たちだとお酒を飲みながら話す悼襄王。 今日は飲みすぎだといわれるも、もっと注ぐように怒鳴る。 ゴクゴクと酒を飲む悼襄王だが、急に吐いてしまいます。 体調がすぐれないのなら休みましょうと伝える美男子。 浴槽から上がるが、悼襄王は胸に違和感を感じます。 そして、その場で倒れてしまうのです。 心臓を抑え、苦しそうにする悼襄王。 血を激しく吐き、そのまま事切れるてしまうのです。

次の

最新ネタバレ『キングダム』643

舜水樹

最新記事 by 中年ペンギン• - 2020年7月16日• - 2020年7月16日• 第639話では大量の食糧に喜ぶ飛信隊の様子や吉報に喜ぶ政たちの様子が描かれました。 李牧は地下牢で郭開に鄴(ぎょう)攻めの進言をするも郭開に妨害されてしまいます。 これで騰にとって有利に戦いを進めることができそう。 また列尾は城がわざと弱く造られていますので、城外戦で勝てば城は取り返しやすいはず。? ー列尾ラインが成立しそう。 王騎の副官を務めていたが、王騎亡き後は政により大将軍に任命されています。 秦による六国制覇が動き出してからは、同じく大将軍になった蒙武は楚の対応へ、騰は韓・魏の対応へ動いていました。 今まで王翦、桓騎、楊端和、そして信・王賁・蒙恬らによる趙攻めが続いていたので出番が全然ありませんでしたね。 さて騰は現在、魏から北上して列尾に向かっている最中です。 この後、どうやって列尾を攻略するのでしょうか? 列尾の城に関しては難攻不落の鄴に比べると落としやすいとされています。 そういえば列尾を攻めた時、ここを確保し続けて兵糧を送るルートを確保することを最初は秦軍は考えていたんだったなぁ。 でもこの列尾はわざと弱く造られていたから、王翦はこの城を捨てて鄴を攻めたんだったな。 わざと城を弱い造りにすることで、秦に占領されても外から落としやすくするためです。 しかし今回、列尾を守るのは趙のこちょう将軍。 さらに舜水樹もまだ列尾にいることでしょう。 この二人がいるならそう簡単には落とせないと思われます。 対する騰の元には録嗚未(ろくおみ)、隆国(りゅうこく)、干央(かんおう)らがいます。 ちなみに介億先生は合流するのかな?おそらく咸陽に戻ると思われるが。。。 城が落としやすいし、騰なら何とか攻略するだろうなぁ。 おそらく列尾を挟んで反対側の鄴からも援軍が来ることを期待して、最初は時間稼ぎして、援軍が来たら攻勢に出るとか。 ただし、城が弱いなら改修すればよいわけで、それだけの時間はあったはず。 李牧があらかじめ指示を出して列尾の城を強固にしていれば、いかに騰といえども苦戦するかもしれませんね。 城壁を壊せるような呉鳳明作の巨大弩があればいいですが、それを持ってるかどうかも分からないし。 うーん、正攻法だと時間かかりそうだし、どうするんだろう、騰は・・・。 つまり列尾を両側から攻撃するということ。 昌平君から騰へは近いから連絡はつきやすいけど、王翦のいる鄴は遠すぎて簡単な連絡くらいしかできません。 ただし列尾と鄴をつなぐことで兵站のルートを造り趙攻めするというのは王翦も理解していると思うので、連絡せずとも王翦は必ず軍を列尾に送るはず。 史実では桓騎は鄴の右にある平陽を落としています。 なので今回列尾に向かうのは桓騎ではないはず。 王翦は鄴から動けない。 橑陽にいる楊端和、壁は動かせそうだが、今橑陽を離れるのは得策ではないでしょう。 となると鄴にいてフットワークの軽そうな若手しかありません。 そう、信、王賁、蒙恬らでしょう。 誰が行くか?もちろん、3人全員行った方が面白いのですが、3人も送り出すのは少しもったいないでしょう。 となると信と王賁、あるいは信と蒙恬のペアで列尾に向かうことになるのでは? ただし、飛信隊、玉鳳隊、楽華隊ともに1万人弱とすると2つの軍で向かっても総勢2万弱。 列尾を守る趙軍はきっと10~15万くらいはいそうだから、少し戦力的にバランスが取れない。 仮に騰が列尾を落としても、趙軍が列尾を放棄して鄴や邯鄲方面へ逃げてきたら、今度はそこにいる信たちが危うくなる。 そうなると王翦の配下の倉央や田里弥のどちらかがついてくるのではないでしょうか? 倉央は死亡フラグビンビンすぎるからいつ死ぬか。。。 — ノリ齋藤🐇 kanikani4195 倉央軍が主力となり、それに飛信隊や玉鳳隊、楽華隊が加わるという形かな。 死んだ後なんてどうでもいいもんな分かるぞ。 苦戦した秦は、李牧を排除するために趙の大臣・郭開に賄賂を送り、趙王と李牧の離間を画策。 郭開は趙王に李牧と司馬尚が謀反を企てていると忠告した。 趙王は軍事を掌握する李牧を密かに恐れていたので、この言を聞き入れて、李牧を更迭へ。 しかし李牧がこれを拒んだため、趙王により密かに捉えられ謀殺されたという。 その結果、李牧が死んで3ヶ月後に趙は滅ぶことになる。 趙の現在の王・悼襄王(とうじょうおう)には息子が二人おり、兄は李牧に「趙の真の光」だと言わしめた嘉(か)。 趙の太子(たいし:王の世継ぎ)である嘉(か)は悼襄王(とうじょうおう)とは違って、光ある王族として描かれていますね。 ただ史実ではこの太子・嘉は悼襄王の次の趙王にはなっていません。 李牧はこの太子・嘉の時代に希望を抱いていたけど。 この遷が次の趙王の幽繆王(ゆうぼくおう)。 李牧を謀殺したのはこちらの王です。 今の悼襄王はキングダムでは愚王として描かれていますが、この流れだと悼襄王が李牧を殺すのかな。 それとも嘉が李牧を助けて斬首刑を免れるみたいな流れにして、李牧にもう一度戦争を引っ掻き回させるのも物語的には面白いかもしれません。 キングダム640話ネタバレ予想&考察のまとめ キングダムは史実と連動しているようでオリジナル要素も満載なので、史実からある程度予想はできるけど、漫画ではどうなるか全然分かりませんね。 騰の活躍はファンも見たいところなので、また戦場でファルファル言ってもらいたものです。 また騰ばっかりだと信の出番がしばらくなくなってしまうので、原先生的には信も列尾に向かわせると予想。 李牧は秦にとっては手強い相手だけに、そろそろ退場させて、物語を先に進める展開がありそう。 次回も楽しみです。 キングダム640話のネタバレ確定速報! 2020年4月23日発売の週刊ヤングジャンプのキングダム640話より、確定速報を紹介します。 キングダム640話ネタバレ確定「読みが外れた媧燐」 今回の表紙には趙のクソ王、斉王、他の国の代表たち5名が顔を揃えています。 そして、 「その衝撃は瞬く間に全土に広まった」 と鄴陥落のニュースが中華全土に伝わったことを1ページ使って描いてます。 楚の王都では媧燐・李園ら重臣たちが会議をしています。 媧燐(かりん)はドーンとデカい態度で座って、鄴陥落のニュースを聞いて 「マジかよ」 とつぶやいています。 傍らには愛玩用の部下としてバミュウが手枷足枷目隠しで蝋を垂らされてます。 どうやら珍しく媧燐の読みが外れたとか。 媧燐は趙の邯鄲から王都軍が出れば王翦なんてイチコロだと思ってました。 しかし趙のバカ王は出さなかった。 だから読みが外れたという。 でも李牧相手に鄴を取った王翦に素直に感心している様子。 李園も「大変なことになったぞ」と言いますが、媧燐は 「あわてんな李園」 そう言います。 媧燐曰く、今は陸の孤島状態ですが、鄴と列尾が繋がり、秦の本土とつながって鄴が趙攻略の最前線の拠点となったときに趙は本当にヤバくなると。 しかし李牧はそれを分かってるし、そうはさせないだろうと予想します。 まあ、李牧は今、それどころじゃないんですが・・・ キングダム640話ネタバレ確定「怒る舜水樹、扈輒(こちょう)将軍のとった行動」 一方、列尾では白ナスこと舜水樹と扈輒将軍が秦軍を待ち受けていました。 連絡係によると魏方面から秦軍4万が黄河を渡って進軍しているという。 そう、秦国大将軍・騰(とう)です。 ここで列尾の趙軍の総勢が明らかになりました。 列尾の趙軍は3万、対する騰は4万。 なんと3万しかいなかったんですね。 舜水樹が橑陽 りょうよう からもっと引き連れてきてると思ってました。 思ったより少ないです。 不安そうな部下に「あれだけなら持つ」とこちょう将軍。 つまり、あれだけではないと。 そう、鄴です。 鄴から列尾に向けて秦軍が来れば挟み撃ちになり、今の3万では持たないというわけです。 しかし扈輒将軍は 「それは李牧殿も承知のはず。 すでに北部の軍を南下させてるはずだ」 舜水樹は邯鄲の王都軍が動けばもっと早いのですが、動いていれば今頃こんな状況にはなってないと。 そして扈輒将軍は 「我らの王はクソだ!」 そう言い切りました。 まあ、たしかにクソですね。 李牧こそが趙の要。 後顧の憂いは李牧が断ち切ってくれると信じて、騰の攻略に意欲を燃やす舜水樹と扈輒将軍。 キングダム640話ネタバレ確定「信をたすけた代償。 羌瘣にも後遺症?」 場面は変わり、眠っていた信が目を覚ますと龐煖が襲いかかってきて、羌瘣が信に抱きついてます。 思わず「逃げろ羌瘣!」と叫ぶ信ですが、羌瘣は「いいんだ」と言って抑えます。 すると、羌瘣が? 煖に斬られて真っ二つに!涙ぐみショックを受ける信・・・ 「羌瘣!」 そう叫んだ時に本当に目を覚ます信。 珍しくはちまきをしてない羌瘣が部屋で休んでます。 うん、美人ですね。 信は羌瘣の様子を見に来ていつの間にか眠っていたみたいで、何か嫌な夢を見たと話す信。 羌瘣はそれをじっと聞いて 「私も同じ夢を見ていた。 どうやら私の気が少しお前に入ってしまったようだ」 信は羌瘣が自分を助けるときにかなり無理をしたと尾平から聞いたらしく、その無理がたたったせいではないかと心配します。 いつもならとっくに起き上がっているのに、いまだ休んだ状態の羌瘣が心配でたまらない信。 何か後遺症でもあるのかもしれません。 「何か隠してるんだろ?」 そう詰問する信に「別に」と答えない羌瘣。 そこへ羌瘣の部屋に訪ねてきた渕が接近する信と羌瘣を目撃。 見てはいけないものを見てしまったのかと慌ててます。 いつの間にかそんな仲になっていたのかとブツブツ言ってます。 そして渕が来たのは信に知らせるためです。 なんと鄴から亜光将軍が出撃したという。 亜光といえば右翼で暁雲と馬南慈にやられて、それ以降、治療のため全く登場してませんでした。 ずっと昏睡状態だったらしいけど、それが復活して勇ましく討って出たという。 あれ?信たちが列尾に向かうと予想してたけど、大外れだったな。 亜光将軍の後軍には桓騎兵も多くいるという。 キングダム640話ネタバレ確定「激昂する舜水樹。 扈輒将軍の決断」 再び列尾の趙軍。 騰軍の先鋒と戦い始めたとき、鄴から秦軍が列尾に向かっているという知らせを聞く舜水樹たち。 その速さに思わず舌打ち。 趙の北部軍からの報告はまだないようです。 そこへさらに急報が。 北部軍や李牧からの知らせかと期待する舜水樹に、連絡係は馬南慈からだという。 そして、 「李牧は大王の手により捕らえられ、邯鄲で投獄されました!」 さらに邯鄲は沈黙したままで北部軍も一切動いていないという。 そしてさらに、 「李牧は邯鄲にて斬首になると!」 その知らせに激昂し、刀を振り上げて連絡係の頭ギリギリに下ろす舜水樹。 「我らの王はどこまで愚かなのか!」 舜水樹が怒ってます。 今まで見たこともないくらい表情豊かに、目が血走って叫んでます。 冷静なキャラなのに、よほど腹に据えかねたのでしょう。 扈輒将軍はそれを聞いて決断しました。 「引き上げるぞ。 全て邯鄲まで戻す」 背後から攻められては持ちこたえられない。 そして全て邯鄲に戻すと橑陽に展開してる軍が孤立してしまうので、それも戻すと。 扈輒将軍の読みでは、どのみち王都圏の南側は秦に奪われると。 だったら、兵を全部戻して北部側を固める方が王翦は嫌がるだろうと。 なるほど確かにそれは攻める方としては大変ですよね。 扈輒将軍はさらに続けます。 「やはり李牧殿を救わねばならん。 あの方を失えば趙は終わるぞ」 さらに舜水樹も 「 王を殺してでも李牧様を助ける」 と、静かに決意します。 なるほど舜水樹が李牧を助ける可能性が出てきましたね。 そして列尾から撤退していく趙軍。 一方、騰軍では録嗚未が趙軍をこれからぶちのめそうとしてました。 「 録嗚未「趙軍をぶちのめす!行くぞ!」 「 連絡係「急報、敵が後退していきます」 「 録嗚未「バカめ、来たな。 俺たちの・・・はぁ!?」 すごいな。 ノリツッコミだよ。 録嗚未はこういう賑やかし役がよく似合う。 結局、騰軍はほとんど戦わずに列尾城を取り、列尾の一帯を固めて秦軍のものにします。 さらに橑陽からも趙軍が撤退したことで、鄴ー列尾ー橑陽の三角形の地域が全て秦のものになりました。 これにより、いよいよ鄴が趙攻略の最前線の拠点として完成しました。 そしてさらにひと月後、秦の本土から軍が補充され、その分、一部の兵が帰還が許されたという。 要は順番で秦に戻れるようになったようです。 なんと信の飛信隊も秦に戻るために鄴を出発したという。 うーん、飛信隊の戦闘を予想してたのにこれもまた大外れ。 そして同じく橑陽から秦に戻る途中の壁と列尾の前あたりで遭遇する信。 朱海平原で壁たちは橑陽へと別れましたが、それから69日目にして再会し、お互いの無事を喜び合います。 いやぁー良かったですね。 キングダム640話の感想と考察 次回予告では 「次号、咸陽にたどり着いた飛信隊は…!?」 そして最後のページの煽りのキャッチコピーでは 「全滅をも覚悟し臨んだ?攻略戦。 見事に趙南部を勝ち取った連合軍が今、凱旋する!」 あれ?連合軍が凱旋したら鄴の守りが手薄にならないか? 王翦とか桓騎、楊端和とかはそのまま留まるのかな?飛信隊は咸陽に戻り、また別の指令でも受けるのだろうか? うーん、次号の展開も気になりますね。

次の