ミノキシジル 全身 かゆみ。 ミノキシジルタブレットとは?プロが教える効果と恐ろしい副作用

ミノキシジルタブレットの効果と副作用【聖心毛髪再生外来】

ミノキシジル 全身 かゆみ

ミノキシジルは、薄毛を改善する効果が認められており、髪を生やすためには外せない薬の1つです。 そうはいっても、副作用があれば、使用は躊躇してしまいますよね。 このページでは、過去に育毛アドバイザーとして1000人を超える方々の育毛をお手伝いをしてきた経験を持つ筆者が、ミノキシジルの副作用について詳しく紹介します。 このページを読んでいただければ、 ミノキシジルの副作用のリスクを正しく理解し、より安全に使用することができます。 ミノキシジルの副作用まとめ 発毛効果や、髪を太くする効果が認められているミノキシジルですが、ミノキシジルはもともと血圧を下げるための薬として使われていた薬であり、副作用が起こるリスクがあります。 そこでまずはじめに、ミノキシジルにどんな副作用が起こる可能性があるのかについて解説していきます。 1-1. 塗り薬と飲み薬で違うミノキシジルの副作用 そして、塗り薬なのか、飲み薬なのかによって副作用の現れ方には違いがあります。 薬は腸から吸収し、血液の流れにのって全身に行き渡ることで効果を発揮します。 そのため、副作用の症状が出やすいです。 逆に、塗り薬は皮膚からなので、効果が薄いですが、身体中に薬が行き渡るわけではないので、副作用の症状が出にくいのです。 1-2. どんな副作用が何件起こっているのかについて下記の表にまとめました。 1-3. ミノキシジルの飲み薬に起こる副作用 ミノキシジルの飲み薬は、ミノキシジルのタブレット錠 ミノタブ のものが存在し、海外で販売されています。 日本では、まだ認可がおりておらず副作用についての正確なデータはありません。 ただし、飲み薬のミノキシジルは、世界的にも認可が降りている国は少なく、リスクが高いためおすすめできません。 下記に、ミノキシジルの飲み薬の副作用として、一般的に言われているものを下記についてまとめてありますので参考にしてください• 頭皮のかぶれや痒み、赤み、ほてり• 低血圧症• 循環器系の障害• 肝機能不全• 頭痛・めまい・動悸• 顔や体のむくみ• 頭皮の血管が拡張し、血行がよくなることにより起こっていると考えられます。 または、薬に含まれる成分に皮膚が反応して炎症を起こしていることも考えられます。 もともと低血圧の方が使用した場合には血圧が下がり過ぎてしまう可能性があります。 もし心当たりがある場合は、医師と相談しましょう。 心臓や呼吸器などの循環器に影響が出てしまうことがあります。 胸が痛んだり、ふらつきが出る場合は医師の相談を受けましょう。 健康な状態であっても、薬を使い続けることで、肝機能に負担がかかるので、 もともと肝臓が弱い場合は注意しましょう。 ミノキシジルの効果で血流を増やすように作用することで、心臓に負担がかかり、動悸などに繋がると考えられます。 血液の流れがよくなることで、血液が薄くなります。 そうすると、元に戻ろうとする力が働き、血管がら水分が排出され、むくみに繋がります。 以前よりも少し濃くなったと感じる程度の人が多いようですので、気にしすぎる必要はないかもしれません。 初期脱毛って起こるの? 「ミノキシジル配合の薬を使うと、初期脱毛が起こる」という情報がありますが、確かに起こる可能性があります。 初期脱毛とは、薬を使いはじめてから一時的に抜け毛が増えることを指します。 しかしこれは副作用ではありません。 髪にはヘアサイクルと言って、下記の図のように、成長期、退行期、休止期というものがあり、このサイクルに従って、髪は抜けて、生えてを繰り返しています。 髪は退行期から休止期にかけて徐々に抜けて行きますが、髪が薄い人は成長期が短くなり、休止期にある髪が多くなっている状態です。 ミノキシジルが作用することで、毛根にある細胞が活性化します。 そのため、休止期に入ってもまだ抜けずに残っていた髪が、古い髪に押し出される形で抜けていきます。 初期脱毛は髪が生えてきた証拠ですので、効果があった証拠なのです。 口コミでわかる!ミノキシジルの副作用ってどうなの? ミノキシジルの副作用の発現率については、1章で詳しく紹介してきました。 しかし、どのくらいの人に症状が起こったのかがわかっても、実際にどのように副作用が起こったのかについて調べるために、ネット常にある100以上の書き込みを調べました。 そこで見つかったものを紹介していきます。 2-1. 塗り薬のミノキシジルの口コミまとめ 塗り薬のミノキシジルについては、「頭皮の赤み」や「かゆみ」についての書き込みが多く見つかりました。 残念ながら、かゆみについての対策はありませんので、どうしても何とかしたい人は、違う治療法を検討しましょう。 リアップX5の痒み。 リアップX5を使ってるのですが 痒みが気になります。 副作用に痒みがあるとは明記してあるのですが他に良さそうな薬もないしどうしても我慢出来ないと言うほどでもないのでこのままリアップを使いたいのです。 このまま使用を続けても問題ないでしょうか?説明書には痒みがある場合は使用を中止し医師または薬剤師に相談してくださいと書いてあるだけです。 出典: 2-2. 飲み薬のミノキシジルの口コミまとめ 飲み薬のミノキシジルの副作用については、あまり多くの書き込みを見つけることができませんでしたが、「少しの動悸」「体毛が濃くなった」「頭痛」「寝起きが悪い」などという口コミがありました。 中には副作用がなかったという人もおられました。 ミノタブ10mgとフィナロを服用し2ヶ月過ぎました。 動機などの副作用はないです。 m字の生え際は若干生えてきた気がしますがてっぺんは依然薄いままです。 m字よりつむじの方が生やすのが難しいんですか?このまま飲み続ければつむじも改善しますか? 出典: 3. [筆者の実体験]ミノキシジルの効果と副作用 私も、若い頃から薄毛に悩み、あらゆる育毛剤を試してきました。 この章では参考までに私の体験も少しご紹介しましょう。 副作用が心配で、ミノキシジルが入っていない育毛剤ばかりを試し続けていましたが、3年ほど使っても一切効果はなく、そこから、AGA治療薬であるプロペシアとミノキシジルを使うようになりました。 3-1. ミノキシジルの塗り薬を使って感じた副作用 ドラッグストアでリアップ ミノキシジル外用薬 を購入し2週間ほど使ってみましたが、頭がかゆくなり、もともとフケが少し気になっていたのですが、フケが悪化したので、使用をやめました。 その後、クリニックに行って、医師に相談し、クリニックで処方してもらえるミノキシジルの塗り薬を使うようになりましたが、やはり少しかゆみはありました。 途中でプロペシアからザガーロにしてみたり、ミノキシジルのタブレットを使ったことがありましたが、ミノキシジルのタブレット 飲み薬 は、頭痛や倦怠感のようなものがあったので、塗り薬に戻しました。 3-2. ミノキシジルを使って感じた効果 私は、プロペシアとミノキシジルを併用し、1年使い続け、地肌が見えていた状態から、髪が太くなり地肌が目立たないくらいに改善しました。 ミノキシジルの使用に注意が必要な5つのケース ミノキシジルは副作用が起こる可能性がある薬ですが、副作用の影響をより受けやすい人がいます。 ミノキシジルの塗り薬の場合は、滅多におこるものではありませんが、飲み薬を検討している人は特に注意しましょう。 低血圧である• 降圧剤を飲んでいる• 肝臓が悪い• 薄毛がそれほど深刻でない• これは、塗り薬も同様ですが、飲み薬の場合より強く効果が出やすいため、血圧もより下がりやすくなってしまいます。 使用を検討する前に必ず医師に相談しましょう。 ミノキシジルの降圧作用と合わさって、血圧が下がりすぎてしまう恐れがあるためです。 使用を検討する前に必ず医師に相談しましょう。 ほぼすべての飲み薬は、肝臓で代謝されるので、 肝臓に異常がある場合、その症状が悪化する可能性があるためです。 肝臓がよくない人は、医師に相談しましょう。 そのため、まだ薄毛治療薬である「プロペシア」やミノキシジルの塗り薬「リアップ」などを使ったことがない人や、薄毛が深刻ではない人は、ひとまず他の薬を試すことをおすすめします。 ミノキシジルの外用薬については、こちらの記事「」で詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。 女性用は男性に比べ低容量のものしか認められていないので、女性は特に用法容量をしっかりと守って使用しましょう。 薄毛を安全に治すために検討すべきこと ミノキシジルのような医薬品には多かれ少なかれ、副作用は存在します。 この章では、安全に薄毛を治していくために、検討すべきことについて解説していきます。 5-1. 薄毛を改善するためにまずクリニックで相談 薄毛を改善していくにあたって、副作用は気になる点だと思います。 しかし、ネットの情報ばかりでは、実際にはそんなに気にする必要のない副作用も怖くなってしまうかもしれません。 薄毛専門のクリニックでは、無料カウンセリングという形で無料で診察を受けることができるところも多いので、まずは一度相談をして、あなたの髪の状態にあった対処の仕方を知りましょう。 5-2. ミノキシジルの副作用が心配な人ができる対策 もし、ミノキシジルの副作用が心配だとしても、薄毛の改善が目指せる方法はいくつかあります。 これから他の方法についても紹介しますので、興味がある人はクリニックに行った際に聞いてみましょう。 プロペシアやザガーロで様子を見る• メソセラピーやHARG治療を受ける プロペシアやザガーロで様子を見る 薄毛を確実に改善するためには、ミノキシジルの飲み薬と塗り薬どちらかと、「」もしくは「」という薬を併用する必要があります。 薄毛はどんどん症状が進行していくため、抜け毛を防ぎ、薄毛を食い止める効果を持ったプロペシアやザガーロで、まず抜け毛を防ぐことが大事です。 プロペシアやザガーロはドラッグストアでは購入できませんが、薄毛専門のクリニックで処方してもらうことが可能です。 それぞれ医薬品ですので副作用がありますので、詳しく知りたい人は下記を参考にしてみてください。 プロペシアの副作用・・・「」 ザガーロの副作用・・・「」 メソセラピーやHARG治療を受ける メソセラピーやHARG治療では、頭皮に直接薬剤を注射をすることで、有効成分を頭皮に届けます。 飲み薬ではないので、体に薬が行き渡ることがなく、副作用のリスクを減らすことができます。 デメリットとしては薬の価格が高く、1回の注射が15,000円〜80,000円程度の費用が必要です。 詳しく知りたい人は下記の記事で紹介していますので、参考にしてみてください。 メソセラピー・・・「」 HARG治療・・・「」 6. ミノキシジルを安く処方してもらえるクリニック クリニックは全国にたくさんあるので、どこに行けばよいかわからないという声がよくあります。 この章では、ミノキシジルを含んだ薬を処方してもらえる薄毛治療ができるクリニックをどのように選べばよいのか、また安くて、治療法が豊富なクリニックを紹介していきます。 6-1. おすすめのAGAクリニックの選び方 実際にミノキシジルを処方してもらうAGAクリニックを選ぶ際は、以下の3点に気をつけながら選んでいきましょう。 そのため、少し値段が安いという理由で、遠くのクリニックを選んでしまうと、後々通うのが負担になってしまいます。 そのため、なるべく近くのクリニックに通うことをおすすめします。 また、最近 スマホアプリで医師のテレビ診察を受けられ、宅配便で薬を送ってくれるサービスも出てきていますので、通うのが面倒な人はそういったサービスを使いましょう。 しかしながら、多くのクリニックがホームページ上で大まかな治療費を明記しています。 そのため、きちんと通える費用かを見極めた上で通うクリニックを選びましょう。 ミノキシジルや、合わせて処方されることの多いプロペシアの価格を比較して、なるべく安いところに行くのがおすすめです。 高いと思った場合はまずはプロペシアを処方してもらい、医師と相談しながらリアップなどのドラッグストアのミノキシジル外用薬を利用しましょう。 それぞれのAGAクリニックが持つ治療方法の中からあなたに合ったものを選んでくれますが、中には薬の処方だけのクリニックなどもあります。 そのため、なるべく治療法が豊富なクリニックに行きましょう。 6-2. ミノキシジル治療におすすめのAGAクリニック比較 ミノキシジルの飲み薬や塗り薬を処方してもらうことができるクリニックを下記の表にまとめました。 薬の価格や拠点数、治療の豊富さなどについてまとめていますので、これまでの内容を踏まえた上で、最も良いクリニックを選びましょう。 ちなみに、『』のロゲインは、ドラッグストアで購入できるリアップX5プラスとミノキシジルが同濃度なのに、価格が数百円安いです。 しかし、一部の地域ではロゲインの処方を行っていないので、全国に50以上ある『』、ネットだけで診察を受けられる『』も合わせて検討しておきましょう。 上記2院はミノキシジル外用薬の価格がリアップよりも高いので、まずはプロペシアだけ処方してもらい、医師に相談しながら市販のリアップを使って行くのがコスパがいいです。 『』・・・ミノキシジルの塗り薬が安い• 『』・・・業界最大手で薄毛改善におすすめのクリニック• 『』・・・家にいながら治療ができるクリニック ミノキシジルの塗り薬が安い『湘南美容クリニック』 『』は高品質でリーズナブルなクリニックを掲げており、多くの人が使うAGA治療薬を安値で処方しています。 ミノキシジル剤「ロゲイン」を1ヶ月分5千円台から処方してくれ、またプロペシアと同じ有効成分のオリジナル治療薬は1月1,800円と非常に低価格です。 評判もよく、セールスやサービスが不満だったという声もほとんど見当たりませんでした。 唯一の欠点が、ロゲインを扱っている拠点と扱っていない拠点があることですが、近所で取り扱いがある場合はミノキシジル治療で最もおすすめできるクリニックです。 初診料・再診料・・・・・・・・・・・・・・無料• 業界最大手で薄毛改善に最もおすすめの『AGAスキンクリニック』 湘南美容クリニックはロゲインを処方してくれるクリニックが限られているので、もし、近くのクリニックで処方してくれないようなら、最大級の薄毛専門クリニックであるAGAスキンクリニックがおすすめです。 『』 は非常に豊富な治療を受けられる、最大規模の薄毛専門クリニックです。 提携院含め全国に50院以上ある業界の中でも最大規模の薄毛専門クリニックで、湘南美容クリニックが近くにないという方も、治療を受けられる可能性が高いです。 高濃度のミノキシジルを配合したオリジナル治療薬もおすすめですが、市販のリアップよりも値段が高いのが欠点です。 ただし、プロペシアが安いので、プロペシアだけ処方してもらい、医師に相談しながら市販のミノキシジル外用薬を使うのがコスパがいいです。 初診料・・・・・・・・ 5,000円今ならキャンペーンで無料• 家にいながら治療ができる『AGAヘアクリニック』 『』は東京の秋葉原と埼玉の大宮にあるクリニックですが、 全国どこに住んでいてもスマホで無料の診察を受けられます。 医師にテレビ電話で無料診察してもらい、あなたの症状に応じた薬を送ってくれる画期的な仕組みで、多くの人が使うようになってきています。 無料診察の後、治療にかかる費用を聞いて治療を断ることも可能ですし、もちろん薬を処方してもらわない限りお金は一切かかりません。 家から一歩も出ずに医師の診察を無料で受けられるので、近くにクリニックがない方にも、行くのが面倒な方にもおすすめです。 初診料・再診料・・・・・・・・・・・・・・・無料• 全国どこにいてもスマホで治療を受けられます。 AGAヘアクリニック公式ページ: 似たような名前のクリニックがたくさんあります。 テレビ電話で診察してもらえるクリニックはほとんどないので間違えないようにしましょう。 図解でわかる!ミノキシジルの効果 ここであらためて、ミノキシジルの効果と作用について図で解説します。 ミノキシジルは血行を促進することで、髪を太く長く成長させたり、毛母細胞を活性化し、発毛を促進する効果があります。 ミノキシジルの効果を高める頭皮マッサージの方法 ミノキシジルを使うにしても、他の対策をするにしても、頭皮に薬を届けやすくするために、血行をよくする必要があります。 血行を良くすることで、効果を高めることができます。 血行を良くするための対策として下記の3つがありますので、薬を使いながら試してみてください。 頭皮マッサージ 近年ではシャワーで済ませる人も多いのですが、たまには湯船に使って体をあたためると良いでしょう。 どうしても忙しくてシャワーで済ませたい人は、シャワーを首にあてて首元を温めるようにしましょう。 また、10分歩くだけでも、太ももの筋肉が動きポンプのように血液を流してくれるので、血行を良くする効果が期待できます。 頭皮マッサージは入浴中などに時間をとってやってみましょう。 指のお腹を使って揉み込むイメージで優しく頭皮全体をマッサージしましょう。 こめかみあたりに両手の親指以外の4本の指をあてます。 10秒間、指の腹を使ってぐーっとへ持ち上げるように上下に動かしたり、ゆっくりと円を描くように頭皮の表面をグリグリと動かします。 10秒が経ったら、指を少し上へずらして同じように頭皮を動かしていきます。 少しずつ指を上へずらし頭のてっぺんまでいきます。 次に、後頭部耳の後、髪の生え際あたりに4本の指をあてて、1と同じようにマッサージします。 少しずつ指を後頭部の中心部へずらしていき、中央までいきます。 注意:頭皮マッサージのやりすぎはよくないので、力を入れすぎず5分以上はやらないように注意しましょう。 さいごに ここまでミノキシジルの副作用について紹介していきましたがいかがでしたでしょうか? ミノキシジルは飲み薬と塗り薬がありますが、飲み薬は副作用のリスクが高いので、医師の指示の上で、プロペシアやザガーロなどと併用して、ミノキシジルの塗り薬を使うことをおすすめします。 下記のクリニックであれば、薬を安く処方してもらうことができますので、一度相談に行ってみましょう。 『』・・・ミノキシジルの塗り薬が安い• 『』・・・業界最大手で薄毛改善におすすめのクリニック• 『』・・・家にいながら治療ができるクリニック あなたの髪についての悩みが軽くなることを心から祈っています。

次の

「ミノキシジルをやめた」その後はどうなる? AGAは再発する?

ミノキシジル 全身 かゆみ

ミノキシジル育毛剤のかゆみ・かぶれとは? プロペシアやフィンペシアとともに薄毛治療には欠かすことのできないミノキシジル育毛剤。 日本皮膚科学会でもミノキシジルとフィナステリドは最高水準の発毛効果があると認められています。 薄毛になったら怪しい育毛剤は使わずにミノキシジルを使うのがテッパンですよね! リアップを始め、ロゲイン・カークランド・ポラリスなど様々なミノキシジル育毛剤をネットで手軽に購入できるので利用者も年々増加しているとのこと。 ミノキシジルの成分濃度(成分量)と使用されている溶剤です。 ミノキシジル育毛剤は製品によって配合されているミノキシジルの成分量が異なり、 濃度が高いほど刺激が強くかゆみなどの副作用がでやすくなります。 溶剤とは、ミノキシジルを水に溶かすために使用される物質のこと。 溶媒とも呼ばれます。 アルコールなどの有機溶剤が使用されることが多いですね。 溶剤はミノキシジル育毛剤だけでなく、医薬部外品の育毛剤や化粧品などにも使われています。 溶剤によってはアレルギー反応がでる人もいるので、育毛剤で頭皮がかゆくなる人は溶剤が体質に合わない可能性があります。 アルコールにも色々種類がありますが、一番よく使用されているのは エタノールですね。 エタノールはミノキシジルを水に溶かす以外にも、殺菌・防腐作用を目的としても使用されます。 エタノールには刺激性があるため、 肌の弱い敏感肌の人が使用するとヒリヒリして炎症・かぶれを起こす場合があります。 頭皮が赤くなったら要注意です。 エタノールは揮発性が高く蒸発しやすい成分。 そのため、頭皮から水分を奪って乾燥しやすくなり頭皮がかゆくなる人も。 極度な乾燥肌の人は少し注意した方がいいかもしれませんね。 ミノキシジルだけでなく、サクセスやアデノバイタル、チャップアップなど医薬品でない育毛剤にもエタノールは使用されています。 低刺激の女性用育毛剤などはエタノールを控えめにしているようです。 海外製ミノキシジルでは、「ethanol」「ethyl alcohol」や、単に「alcohol」と記載されています。 プロピレングリコール(propylene glycol) プロピレングリコールは無色無臭の液体で少し粘り気があり、水に溶けやすい性質があります。 こちらもアルコールの一種です(二価アルコール)。 PGやPPGなど略して記載されていることもあります。 プロピレングリコールは分子量が小さく水に馴染む水酸基があるため皮膚に浸透しやすいのが特徴。 溶剤として非常に優れているため育毛剤やシャンプー、化粧品などによく使用される成分です。 また、保湿性・保存性に優れているのも溶剤として人気の理由です。 プロピレングリコールは毒性が少ないため、低用量の使用では体に害はないとされています。 ただ、アレルギー反応がでるタイプの人がいて、 プロピレングリコール配合のミノキシジルでかゆみ・かぶれ・炎症などの副作用がでる場合があります。 国産ミノキシジル育毛剤のリアップにはプロピレングリコールは使用されていないのですが、一部の海外製ミノキシジルには使用されています。 海外製ミノキシジルが肌に合わないという方は、恐らくこのプロピレングリコールがかゆみ・かぶれの原因でしょう! かゆみ・かぶれ対策には低刺激ミノキシジル育毛剤を使おう! 以上のように、ミノキシジル育毛剤のかゆみ・かぶれの原因は成分濃度と溶剤によるものだということが理解して頂けたと思います。 ただ、後者については少し問題があります。 人気のあるミノキシジル育毛剤について問題がないか調査したので、購入前の参考にして下さいね! リアップX5プラス まずは唯一の国産ミノキシジルのリアップX5プラス。 値段が高いのがネックですが日本製という安心感がありますね。 に成分が記載されています。 使用されている添加物は 「エタノール・セタノール・13-ブチレングリコール・ジブチルヒドロキシトルエン・リン酸」。 エタノール以外だとセタノール・ブチレングリコールがアレルギー反応を起こす可能性がありますが、プロピレングリコールよりは低刺激とのこと。 リアップX5プラスと比較するとセタノールがなくなっています。 成分量は不明ですが、クエン酸やヒアルロン酸も配合されているので女性用の方が頭皮に優しいのではないでしょうか? ロゲイン ロゲインは世界で初めて発売されたミノキシジル育毛剤。 「アルコール・プロピレングリコール・精製水」が添加物として使用されています。 ロゲインには液体タイプ以外にフォームタイプの製品があります。 泡状の育毛剤で、こちらはプロピレングリコールフリーです。 液体タイプより使いにくいかもしれませんが、低刺激のロゲインならフォームタイプがおすすめです。 ロゲインの通販最安値は次のページを参考にして下さいね。 ポラリスには現在5種類の育毛剤(NR-07・NR-08・NR-09・NR-10・NR-11)があり、ミノキシジル濃度や追加の育毛成分に違いがあります。 NR-10は液体ではなくクリームタイプの育毛剤なので、エタノールもプロピレングリコールも使用されていません。 クリームだと外出時に使いにくいのが難点ですが、かゆみは起きにくいと思います。 他のポラリス製品については、正規輸入代理店のHPで次のように記載されています。 弊社では、プロピレングリコールや高濃度アルコール成分を取り除くことで、患者さまの耐用性や快適度が劇的に改善すると考えています。 ポラリス製品はまさに、頭皮への刺激やアレルギーを最小限に抑える製品なのです。 pharma-trading. html アルコールなどの具体的な配合量は書いていませんが、 かなり低刺激になっているようですね。 また、 「Liposephereテクノロジー」という頭皮への浸透を高める最新技術が使用されているので、アルコールやプロピレングリコールの使用量が控え目になっているとのこと。 最新の育毛剤だけあって、使用感は相当工夫されていますね。 主なミノキシジル育毛剤の濃度とプロピレングリコール使用・不使用のまとめ その他の海外製ミノキシジル育毛剤には、ジェンヘアーやスペクトラルDNC、アクタビスなどがあります。 ミノキシジル濃度とプロピレングリコールの有無を表でまとめたので比較にご利用下さい。 どうしてもプロピレングリコールフリーのミノキシジルが使いたいなら、ロゲインとカークランドのフォームタイプ、ポラリスNR-10がおすすめです。 液体タイプでは、インド製ジェネリックのツゲインという育毛剤はプロピレングリコールが使用されていません。 あまり有名でないため表には記載しませんでしたが、フィンペシアの製造メーカーの製品なので安全性も特に問題ないでしょう。 成分量が多いと頭皮への刺激も強くなるのですが、ポラリスNR-10はアルコールとプロピレングリコールが含まれていません。 NR-10にはないアデノシン・アゼライク酸・プロキャピルなどの成分も追加配合されています。 使用前にはパッチテストを! エタノールやプロピレングリコールでアレルギー反応がでるかどうかは、パッチテストで確認することが可能です。 ヘアカラーや白髪染めの溶液でよくやるテストですね。 腕にミノキシジル育毛剤を数分間つけて皮膚がかゆくなったり赤くなったりしなければOKです。 腕で問題がないからといって頭皮でも同じとは言い切れないですが、簡易テストとしては十分でしょう。 フケは悪化すると治療に時間がかかるので、ミノキシジルの使用を止めるか別の製品を使用した方がいいでしょう。 高濃度のミノキシジル育毛剤を使っているなら濃度の低い製品に替え、プロピレングリコールが合わないなら不使用の製品を使うということですね。 アルコールが問題ならポラリスNR-10のようなアルコールフリーの製品がおすすめです。 どうしても肌に合わない時はミノタブの使用を検討しよう 塗るタイプのミノキシジルがどうしてもダメな場合は、錠剤として飲むタイプの ミノキシジルタブレット(ミノタブ)という選択肢があります。 ミノタブはプロペシアやフィンペシアのように錠剤を飲むだけなので、頭皮にかゆみ・かぶれがでる心配は無用。 髪がベタつくこともないので毎日のケアも非常に楽です。 ただ、 ミノタブは体内に直接成分が吸収されるので、経皮吸収のミノキシジル育毛剤と比べると副作用が強いのが難点。 効果が強い分、副作用もかなり大きいです。 ミノタブのミノキシジル含有量は1錠2. 5mg~10mg。 必要に応じて錠剤を分割して調整するといいと思います。 1錠当たりの成分量が多い製品を分割して使用すると値段もかなり抑えれます。 まとめ• ミノキシジル育毛剤のかゆみ・かぶれの原因は、ミノキシジル成分量と溶剤(エタノール・プロピレングリコールなど)へのアレルギー反応• かゆみ・かぶれの対策法は、低刺激のミノキシジル育毛剤を使うこと• リアップ、ロゲイン・カークランドのフォームタイプ、ポラリスNR-10はプロピレングリコール不使用• 塗るタイプのミノキシジルが合わない場合は、ミノキシジルタブレットの使用を検討 ミノキシジル価格比較• プロペシア価格比較• デュタステリド価格比較• 育毛カテゴリー• 本日のおすすめ商品•

次の

ミノキシジルタブレットの効果と副作用【聖心毛髪再生外来】

ミノキシジル 全身 かゆみ

「ミノキシジル」は薄毛に悩む方なら誰しも一度は使用を考える成分ですよね。 育毛・発毛効果が日本で唯一、医学的に証明されている成分であることから、様々な育毛剤にも配合されています。 代表的なものだと、大正製薬から販売されている「リアップ」。 実際に使用してみたことがある、という方も多いと思います。 ですが、ミノキシジルを配合した育毛剤を使用している方の中には、こんな悩みをお持ちの方もおられるのではないでしょうか。 「ミノキシジル外用薬を使うようになってから、頭がかゆい・・・」 このかゆみがミノキシジルによる副作用なのか、とても気になりますよね。 もし重篤な症状につながる副作用だったら、と不安に思うこともあるでしょう。 ミノキシジル外用薬を使用した場合、副作用としてかゆみが出る可能性は確かにあります。 しかし、原因は様々でそれぞれ対処法も異なります。 そこで、 副作用としてかゆみが出た時はどんな対処をすべきなのかについて詳しく説明していきます。 ミノキシジルの副作用にはかゆみがあるのか? 冒頭でも述べた通り、ミノキシジルは日本で唯一医学的に効果が証明された成分です。 日本皮膚科学会が策定したAGAの診療ガイドラインでも、ミノキシジルを含む外用薬がAGA治療薬として推奨されています。 CMなどで頻繁に目にする大正製薬の「リアップ」やアンファーの「スカルプD」など、有名な発毛剤にミノキシジルが配合されていることも多いのです。 多くの人が愛用している製品に使用されているということは、それだけ高い効果が認められている証拠ですね。 ただ、これらの製品はいずれも「第一類医薬品」に分類されています。 第一類医薬品:• 一般用医薬品として使用実績が少ないもの• 副作用・飲み合わせなどで安全性上特に注意が必要なもの 「第一類医薬品」には、医薬品の分類の中でも最も取り扱いに注意が必要な製品が該当します。 効果の高い医薬品は同時に副作用にも気をつけなければいけませんし、だからこそしっかりと説明を受けることが義務付けられているのです。 そのため、店頭で「第一類医薬品」を購入したい場合は薬剤師から効果や効能、使用上の注意、副作用などの説明を受けなければいけません。 すでに使用中の方は確認済みだと思いますが、あらためて「リアップ」と「スカルプD」の添付文書にある副作用の説明を引用して確認してみましょう。 いずれの製品の添付文書にも、副作用はこのように記載されています。 ミノキシジルの副作用:• 頭皮の発疹・発赤• かゆみ• かぶれ• 使用部位の熱感• 気が遠くなる• めまい• 胸の痛み• 心拍が速くなる• 原因のわからない急激な体重増加• 手足のむくみ 参考: 添付文書に記載されている副作用には確かに「かゆみ」が含まれていますね。 ミノキシジルを含む発毛剤を使った場合、副作用としてかゆみが出る可能性があることは販売元から示唆されているのです。 かゆみはミノキシジル外用薬で最も表れやすい副作用 「リアップ」などのミノキシジル外用薬を使用した場合、いくつかの共通する副作用があることを挙げました。 ミノキシジル外用薬の副作用の中でも、 かゆみは最も表れやすい症状といわれています。 ただし、基本的にミノキシジル外用薬を使用することで副作用が出る可能性は副作用全て合わせても10%未満といわれています。 「リアップX5」の製造販売後調査報告書によると、副作用の発生確率は8. 82%、大正製薬のホームページに掲載されている副作用発現率は8%です。 副作用の発生確率:• ミノキシジル外用薬 ・・・ 10%未満• 「リアップX5」 ・・・ 8. 82%(製造販売後調査報告書) そして、副作用が出たとしても命に関わるような重篤な症状になることはほぼありません。 調査報告書に記載された8%のうち、主な副作用として挙げられるのは湿疹2%、毛のう炎2%、接触皮膚炎2%です。 添付文書にあるような頭痛や胸の痛みなどが表れる確率は非常に低く、調査報告書ではこれらの症状とミノキシジルとの関連性は認められていません。 実際の発症可能性は非常に低い、といえるでしょう。 参考:• なぜミノキシジルの使用でかゆみが出るのか? それでは、なぜミノキシジルを配合した育毛剤を使うとかゆみが出るのでしょうか。 どんなに副作用が起こる可能性が低くても、原因や症状の程度がわかっていなければ安心などできませんよね。 それでも、効果の高いミノキシジル外用薬は是非使いたい。 そんなジレンマに陥っている皆さんのために、不安を解消していきたいと思います。 副作用にかゆみが出る原因として考えられる理由は、主に「血流改善」「アレルギー」「使用方法と使用頻度」の3つです。 それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。 1979年、アメリカのアップジョン社によってジヒドロピリジン系カルシウム拮抗剤として開発され、血管を拡張し血圧を下げる「降圧剤」として承認されました。 ですが、薬の臨床試験で増毛の副作用が認められたことで、育毛・発毛に効果のある成分として注目を浴びたのです。 Point:• ミノキシジルはもともと血圧を下げる薬として開発された「降圧剤」 「副作用」、というと身体に悪い効果ばかりを思い浮かべがちですが、医学的な定義では「本来意図していなかった効果」を副作用と呼びます。 なので、ミノキシジルは言わば嬉しい誤算として見つかった育毛・発毛効果のある成分だったんですね。 そういった経緯があるため、ミノキシジル外用薬を使用した場合には降圧剤としての効果が発揮され血流改善が起こる場合があります。 血流改善による「かゆみ」は育毛・発毛がうまくいっているサイン 血流や血圧、と聞くと少し怖い気もしますが、 ミノキシジル外用薬の使用で頭皮がかゆくなるのは良い傾向です。 ミノキシジル外用薬を使用する場合は頭皮に塗ることになりますが、成分は皮膚から吸収され頭皮の血管を拡張させます。 ミノキシジルが育毛や発毛に効果的といわれる理由のひとつが、この血管の拡張による毛母細胞の血流改善なのです。 ただ、血流が良くなると身体に痒みを感じることがあります。 これはしもやけになった後に手足を温めるとかゆくなることと同じで、冷えて血行が悪くなった部分が温まって急に血流が良くなるために生じる症状といわれています。 つまり、血流改善によるかゆみは確かに副作用ではあるものの、身体の機能が正常に戻る過程で起こる「好転反応」の一種といえるでしょう。 ミノキシジルそのものには、かゆみを発生させるような成分は含まれておらず、アレルギーの元・アレルゲンとなる可能性も低いといわれています。 ですが、「リアップ」をはじめとしたミノキシジル外用薬に配合されている成分はミノキシジルだけではありません。 外用薬をしっかりと頭皮に浸透させるためにはアルコールやグリセリンなどの溶剤が必要で、こうした成分がアレルギー症状を引き起こす可能性があります。 「リアップX5」であれば、添加物として配合されているブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノールです。 こうした添加物でアレルギーを起こしたことがある方は注意が必要です。 これまでに薬や化粧品でかゆみや発疹などのアレルギー症状を起こしたことがある方は、使用前に医師か薬剤師に申し出るようにしてください。 「リアップ」や「スカルプD」を使用してアレルギー症状を起こした場合も使用しないように、と添付文書にはしっかりと記載されています。 ミノキシジルに対してアレルギーがなくても、添加物にアレルギーが起こる可能性があることを覚えておきましょう。 参考:• いくら早く効果を出したいからといって、本来定められた使用量よりも多く塗ることや、使用頻度を増やすことはおすすめできません。 大正製薬「リアップ」シリーズの「よくあるご質問」のページにも、回数や使用量を増やしても育毛効果や発毛効果が上がることはない、と明記されています。 逆に、使用方法や使用頻度を守らずに使用するとかえって副作用が発症しやすくなる、と注意喚起されているのです。 「リアップ」などのミノキシジル外用薬は「第一類医薬品」に分類されていますから、使用時には必ず定められた使用方法を守るようにしましょう。 適切な使用量と使用頻度で継続していくことが最も効果が出やすい使い方です。 参考: ミノキシジル外用薬を使用した副作用でかゆみが出た時の対策 ミノキシジル外用薬の副作用としてかゆみがあることは事実で、8%という低い確率ではあっても発症する可能性はあります。 万が一副作用が出てしまった場合、最も大切なのは焦らず正しい方法で対処すること。 ミノキシジル外用薬でかゆみが出る原因は主に3つあると説明しましたが、かゆみの原因がどれかによって対策も異なります。 「リアップ」や「スカルプD」の添付文書では、かゆみが出たらすぐに使用を中止して医師か薬剤師に相談することが勧められています。 皮膚科やAGA専門医を受診し、相談しながら対策を考えていきましょう。 そもそもの使用方法や使用頻度に問題がある場合は、適切な使い方をすることが大切です。 参考:• 血流改善がかゆみの原因である場合 かゆみの原因が血流改善によるものであれば、しばらく使ってみることで身体が慣れ、症状が緩和するケースがあります。 ただし、かゆくて掻きむしったりするのは厳禁です。 引っ掻くと皮膚が刺激されてますますかゆくなりますし、爪で頭皮が傷ついて炎症が起こったり、かさぶたができる可能性もあります。 かゆみが我慢できない時は冷たいタオルなどを使って冷やすと症状が緩和されることがありますが、冷やし過ぎると凍傷になる危険があるので注意が必要です。 アレルギーがかゆみの原因である場合 アレルギーが原因となっているようであれば、使い続けることでさらに悪化してしまう可能性が高いです。 ひじの裏など、皮膚の柔らかい部分にミノキシジル外用薬を数滴塗ってパッチテストを行えば自宅でもアレルギーの有無が確認できます。 48時間以上経過しても赤くなる、かゆくなるといった症状が出なければ、アレルギーの可能性は低いです。 逆に、赤くなったりかゆくなったりした場合はすぐに皮膚に塗布したミノキシジル外用薬を洗い流すようにしてください。 ミノキシジル外用薬が体質に合わない時は・・・ もし皮膚科やAGA専門医を受診してミノキシジル外用薬を使い続けることが困難、と診断されたら、無理をして使用を継続することは避けるようにしましょう。 かゆみがあるのに我慢して使い続けていたら、炎症がますます悪化して治療ができなくなってしまうかもしれません。 ミノキシジル外用薬である「リアップX5」などの添付文書を見ると、効果を実感するまでには最低でも4ヶ月は継続使用するように、と書かれています。 さらに、育毛・発毛効果を維持するためには継続使用が必要であるとも記載があります。 使用を中止すると効果が失われ、頭皮の状態は徐々に元に戻っていってしまうのです。 どうしても薄毛をなんとかしたい、と悩む方にとって、ミノキシジル外用薬の使用を中断するのはとても勇気が要ることだと思います。 しかし、頭皮の状態を悪化させたのでは薄毛治療は進みませんし、薄毛がますます進行するなど逆効果になる可能性すらあるのです。 ミノキシジル外用薬が身体に合わなくても、育毛剤の中にはミノキシジルが配合されていない製品もあります。 苦渋の決断になるでしょうが、副作用に悩みながら使い続けて状態を悪くするよりも様々な選択肢を検討した方が好転することもありますよ。 ミノキシジルでかゆみがひどい時は「アデノシン」を使ってみよう ミノキシジルが身体に合わない方におすすめしたいのが、「アデノシン」という成分です。 アデノシンの効果が認められてきたのはつい最近のことですが、2017年に発表された日本皮膚科学会の「AGAガイドライン」では推奨度B(行うよう勧める)とされています。 ミノキシジルは推奨度A(行うよう強く勧める)なので、ミノキシジルに次ぐ推奨度ということですね。 2010年のAGAガイドラインでは推奨度がまだ低かったアデノシンですが、3つの論文を検証した結果、有効性を示す十分な根拠がある、と判断されました。 それらの論文の中では、AGA患者に対しての改善効果や、ミノキシジルと同等の有用性が示唆されています。 ミノキシジルが身体に合わない方でも、こうして有効な成分が次々と見つかっているのは非常に嬉しいですよね。 アデノシンは資生堂から販売されている「アデノゲン」などの育毛剤に配合されています。 資生堂によれば、発毛促進因子の産生促進、毛根の成長期延長、血行促進などの効果があるとされており、もともと体内に存在する物質であることから高い安全性があることも記載されています。 アデノシンの効果:• ミノキシジルと同等の有用性• 発毛促進因子の産生促進• 毛根の成長期延長• 血行促進 医療は日々進歩していますし、今後さらにアデノシンに関する研究が進み、臨床試験が実施されればアデノシンの推奨度もミノキシジルと同じAに上がる日が来るかもしれません。 また、ミノキシジルやアデノシン以外にもっと有効な成分が見つかる可能性もあります。 育毛・発毛の可能性は今後さらに広がっていくでしょう。 ひとつの方法がうまくいかなくても、薄毛改善には様々な選択肢があります。 最適な治療方法を見つけるためにも、小さな副作用でも見逃さずにしっかりと対処していくことが大切です。

次の