宅建 分野。 宅建試験ドットコム - 試験制度&過去問題を徹底解説

宅建業法のポイントと勉強方法

宅建 分野

【問 21】農地に関する次の記述のうち、農地法 以下この間において「法」という。 の規定によれば、 正しいものはどれか。 耕作目的で原野を農地に転用しようとする場合、法第 4条第 1項の許可は不要である。 金融機関からの資金借入れのために農地に抵当権を設定する場合、法第 3条第 1項の許可が必要である。 市街化区域内の農地を自家用駐車場に転用する場合、法第 4条第 1項の許可が必要である。 砂利採取法による認可を受けた採取計画に従って砂利採取のために農地を一時的に貸し付ける場合、法第 5条第 1項の許可は不要である。 「正しい」選択肢を見分けて「消去法」によって回答することも出来ますが、 「選択肢が100%正しい」という断定が難しいことも多いため、 「一選択肢狙い撃ち」で回答するケースが多くなります。 【問 9】 AがBに対して金銭の支払を求めて訴えを提起した場合の時効の中断に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、 誤っているものはどれか。 訴えの提起後に当該訴えが取り下げられた場合には、特段の事情がない限り、時効中断の効力は生じない。 訴えの提起後に当該訴えの却下の判決が確定した場合には、時効中断の効力は生じない。 訴えの提起後に請求棄却の判決が確定した場合には、時効中断の効力は生じない。 訴えの提起後に裁判上の和解が成立した場合には、時効中断の効力は生じない。 出典:令和元年度 宅地建物取引士試験 「いくつあるか(個数選択)」問題 正しい(もしくは、誤っている)選択肢がいくつかあるか、分からない設定の問題です。 すべての選択肢の正誤を判断する必要があり、「消去法での回答」や「一選択肢狙い撃ちによる回答」ができないので、回答に時間がかかり、難易度が高くなります。 【間 30】 宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定に違反するものは いくつあるか。 建築基準法第 6条第 1項に基づき必要とされる確認を受ける前において、建築工事着手前の賃貸住宅の貸主から当該住宅の貸借の媒介を依頼され、取引態様を媒介と明示して募集広告を行った。 一団の宅地の売買について、数回に分けて広告する際に、最初に行った広告以外には取引態様の別を明示しなかった。 建物の貸借の媒介において、依頼者の依頼によらない通常の広告を行い、国土交通大臣の定める報酬限度額の媒介報酬のほか、当該広告の料金に相当する額を受領した。 建築工事着手前の分譲住宅の販売において、建築基準法第 6条第 1項に基づき必要とされる確認を受ける前に、取引態様を売主と明示して当該住宅の広告を行った。 四つ 出典:令和元年度 宅地建物取引士試験 4つの出題分野と出題数 試験分野はおおきく4つ(権利関係・宅建業法・法令上の制限・その他)に分類されます。 分野ごとの出題数(令和元年度)は下記の通りです。 最も出題割合が多い分野は宅建業法で20問、続いて権利関係14問、そして法令上の制限8問と続きます。 分野 法令・内容等 出題数 小計 権利関係 民法 10 14 借地借家法 2 区分所有法 1 不動産登記法 1 宅建業法 宅地建物取引業法 20 20 法令上の制限 都市計画法 2 8 建築基準法 2 宅地造成等規制法 1 土地区画整理法 1 農地法 1 国土利用計画法 1 その他 税法 2 8 鑑定評価・公示地価 1 住宅金融支援機構 1 景品表示法 1 統計 1 土地 1 建物 1 合計 50 各分野の試験内容とその特徴 権利関係 契約や 債権債務など、 私たちの日常生活にも関わりの深い内容を学習します。 ただし、 普段では使わない法律用語・表現が多く登場するので、 用語の意味を理解しつつ、 文章表現にも慣れが必要です。 なお、権利関係で得点を稼ぐには 単純に「暗記」だけでは不十分で、 知識を応用して理論的に考え判断する力が必要になります。 法令分野 学習内容 民法 契約(約束ごと)・債権債務・相続等の規制・ルール 借地借家法 建物・土地を貸し借りする場面での規制・ルール 区分所有法 分譲マンションのような区分所有建物に関する権利関係や管理組会運営の規制・ルール 不動産登記法 不動産登記の仕組み・手続き 宅建業法 宅建業者の 開業・免許登録や、 実際の業務に関する規制・ルールを学習します。 理論的な思考判断よりも、 暗記した知識に基づく正誤判定がおおい科目です。 ただし、 ひっかけ問題も多いので、 各規定を正確に覚える必要があります。 学習量が点数に比例しやすいので、演習を重ねて 得点源にしていきましょう。 法令分野 学習内容 宅地建物取引業法 宅地建物取引を事業としておこなう場合の規制・ルール 例:免許制度、宅建士制度、報酬、重要事項説明 等々 法令上の制限 土地利用や 建物建築に関して規制を定めている法令を学習します。 複数の法令にまたがって、 広く・浅く学習を進めていくので、 各法律の関連性や原理原則・全体像を理解しながら学習をすることが大切です。 法令分野 学習内容 都市計画法 都市計画の規制・ルール 建築基準法 建築に関する規制・ルール 宅地造成等規制法 土地区画整理法 土地区画整理に関する規制・ルール 農地法 農地を転用・権利移転する際の規制・ルール 国土利用計画法 大規模な土地の売買を行った場合の規制・ルール その他 出題傾向がはっきりして 得点しやすい分野と、傾向が読みづらく 得点しにくい分野にはっきりと分かれます。 メリハリをつけて学習することが大切です。 法令分野 学習内容 税法 固定資産税、不動産取得税、所得税 等 鑑定評価・地価公示 不動産鑑定評価の手法 公示地価の決定から公示までの手続き 等 住宅金融支援機構 証券化支援業務や直接融資など 統計 不動産に関する統計情報について 土地 土地に関する一般的な知識 建物 建物に関する一般的な知識.

次の

宅建試験ドットコム - 試験制度&過去問題を徹底解説

宅建 分野

スポンサーリンク 宅建業法は勉強しやすく得点しやすい科目 宅建業法の科目は、勉強したらした分だけ確実に点数を伸ばすことができる科目で、宅建試験の科目の中でも一番勉強しやすい科目となります。 宅建業法は、とても理解しやすい法律なのです。 宅建試験の勉強において、一番真剣に力を入れて勉強すべき科目が、この宅建業法の科目となります。 また、宅建業法は最も出題数が多い科目でもあり、例年20問前後が出題されます。 8割から9割以上の正解率で、高得点を目指すべき科目です。 宅建業法自体は、読めば理解しやすく、勉強したら勉強した分だけ得点を伸ばしていくことができます。 ただし、注意点としては、暗記すべき数字等の知識が多いので、それについては直前に再復習して暗記を強化しておく必要があります。 法律の定め自体は読めば理解できるものばかりですので、そこはテキストを繰り返し読んで身に付けるようにします。 そして、数字等の暗記事項については、試験前の9月後半〜10月に集中して再復習を行い、暗記の強化に努めるようにします。 宅建業法では、少なくとも8割、可能であれば9割以上の得点を目指しましょう。 すなわち、20問宅建業法から出題されていたら、最低でも16点、できれば17,18点以上の得点を目標とします。 宅建業法はしっかりと勉強しさえすれば得点しやすい科目ですので、そのくらいの正解率の得点を目指すことが可能です。 宅建業法の目的とは ではここで、宅建業法という法律が、どのような目的で定められている法律なのかを少し確認してみます。 宅建業法というのは、宅地建物取引業法を省略したものです。 すなわち宅地や建物など、不動産の取引のルールについて定めた法律となります。 宅建業法の目的は、一言で言うと、不動産の取引において一般の消費者を保護することです。 例えばマンションや一戸建ての販売等では、売買契約によって高額の金銭が動きます。 この高額な金銭のやり取りが行われる不動産の取引で、何もルールが定められていないと、売り手側がやりたい放題となり、トラブルが発生しやすくなるでしょう。 一般消費者が思わぬ損害を被ることもあるかもしれません。 このようなトラブルや思わぬ損害から、一般の消費者を守るために存在するのが宅建業法です。 宅建業法を勉強する上でのポイント 簡単にまとめますと、宅建業法は以下のような内容のルールを定めています。 ・不動産にかかわる取引の業務、すなわち宅建業を営むためには宅建業者の免許を受ける必要がある。 ・宅建業者が業務を行う際には、宅建業法に定められたルールに従う必要がある。 ・不動産取引の重要事項の説明においては、宅地建物取引士が重要事項の説明を行う必要がある。 ・宅建業者が宅建業法のルールを破った場合には、監督処分や罰則が課される場合がある。 宅建業法は、上記の代表的な定めのように、読めばすっと理解できる、とてもわかりやすい法律ではあります。 ただし攻略する上で、1点だけ難しいポイントがあります。 それは宅建業法特有の、暗記すべき数字の知識がたくさん出てくる点です。 例えば宅建業法では、宅建業者が受け取れる報酬額の上限や、手付金の上限などがいくらかということを定めています。 それらの金額については丸暗記していくしかありません。 逆に言うと、数字を丸暗記さえしておけば、確実に得点に結びつけられるということです。 これが、宅建業法はしっかりと勉強しさえすれば、得点しやすい科目であると言われる所以です。 宅建業法を勉強する際には、数字の暗記というポイントに着目して学習を進めていきましょう。

次の

宅建の試験内容を解説|3つの出題パターンと各分野の特徴

宅建 分野

宅建や宅建士とは「宅地建物取引士」の略称で、国家資格にあたります。 そして、この宅建士になるための資格試験を「宅建試験」といいます。 宅建士とは、「宅地建物取引業者」で働く従業員をイメージされると良いでしょう。 宅地建物取引業者とはいわゆる不動産会社のことで、土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなどを行っています。 不動産取引はとても高額です。 お客様の多くは不動産に関する専門知識や売買経験がほとんどないため、不当な契約を結んでしまうと思わぬ損害を被ることがあります。 そのようなことがないよう、お客様が知っておくべき事項(重要事項)を説明するのが宅建士の仕事。 そして、重要事項の説明をお客様にできるのは宅建士だけです。 宅建とは、不動産取引の専門家を示す資格、といえるでしょう。 宅建資格を得て宅建士の仕事をするためには、まず宅建試験に合格し、合格後は試験開催地の都道府県知事に対して登録手続きを行い、取引士証の交付を受けることが必要です。 しかし宅建試験の合格率は低く、例年15~17%台となっています。 難易度が高いため、合格するためには専門的な勉強が必要です。 独学で受験する方もいますが、専門的な勉強が必要であることから、専門学校や通信講座を利用する人が多い傾向にあります。 宅建資格を取得すると仕事の活躍の場が広がる!.

次の