毎日 新聞 クロス ワード 610。 脳を鍛えたい

最近では 毎日 新聞 クロス ワード 610

5ch. gif 韓国人と日本人つながれる 見知らぬ人、街角でただ抱擁 日韓の両政府がいがみ合うなか、相手の国を訪ねて、街角で見知らぬ人とフリーハグ(抱擁)を続ける男女がいる。 桑原功一さん(35)=群馬県伊勢崎市=とユン・スヨンさん(25)=韓国・慶尚北道。 時に怪訝(けげん)な視線を浴びながら、勇気を出して続ける動機は、「隣国の友好を諦めない」という共通の強い思いだ。 (編集委員=永井靖二、武田肇=ソウル) ソウルで「私は日本が好きです」 10月5日午後、ソウル中心部の光化門広場。 日本の大学院進学をめざしているユンさんは 「私は日本が好きです」と手書きしたハングルの掲示を手に、母国では初めて、道行く人にハグを呼びかけた。 傍らで、桑原さんがビデオカメラを回す。 2人が韓国で会うのは今年9月以来、2度目だ。 通行人の韓国人男性が2人を見て、「日本が好きだって?」とつぶやき、いぶかしそうな表情を浮かべて通り過ぎた。 一方、数十分後には、中年の韓国人女性が「私も本当は日本が好き」と韓国語でささやき、ユンさんを軽く抱きしめた。 この日は約2時間で20人近くがハグに応じた。 広場は、韓国が日本統治からの… 「私は日本が好きです」とハングルで記したボードを手に、フリーハグを呼びかけるユン・スヨンさん=10月5日、ソウル・光化門広場、武田肇撮影 引用元:.

次の

毎日新聞のクロスワード第610回答え【くらしナビ2020年2月22日】

毎日 新聞 クロス ワード 610

個体識別したいならid、分類に属させたいならclass。 これが原則。 原則をちゃんと持っている人は、ブレない。 原則をちゃんと持っている人は、どっちでもいいやとか思わない。 副次的なことをとりあげて原則を疎かにすることを本末転倒という。 idにするとああなる、classにするとどうなる、というのは本ではなく末の部分。 idだとCSSの詳細度が高くて扱いづらいからclassにするとか、 これを本を知らずに鵜呑みにすると本末転倒になってしまう。 自分個人で原則を理解したうえで、idをつけるのは慎重にやろうとか俺ルールを設けるのはべつに構わない。 でも、それを他人に伝えるときに原則を説かないのはやってはいけないことだし、 原則を説いたとしても、必ずしも相手がちゃんと理解できるかどうかは分からない。 伝聞とかを書くときは、インターネットだと元ネタの場所をURLで示すことによって 伝言ゲームになってしまうことを抑制できるから、ちゃんと示した方がいい。 仕様書ってどの仕様書だよ?とか余計な心配をしなくちゃいけない。 この質問だってそう。 「仕様書はclassを薦めている」とか「デザインのためにidをふると、詳細度が高くて扱いづらい」とかが もしかしたら元の書き込みとはズレてしまっているかもしれない、といちいち疑わなくちゃいけない。 最近の、idじゃなくてclassを使おうみたいな風潮が強まっているのは、 伝言ゲームによって、本と末のうちの末の部分が重要視されて伝わって、 どんどん広まったからじゃないかなという気がしている。 一度広がった風説をリセットするのは困難だけど、諦めたらいけないよね。 ……と、ここまでが 長いですが 前置きで、私も昔は必ずでした。 ページの中にヘッダはオンリーワンだと信じて疑わなかったから。 他の回答者と一緒でした。 でもそれは視野が狭かっただけで、HTML5の登場によって考えが変わりました。 HTML5ではたとえばsection要素の中にもheader要素を含むことができますが、 そういうのを見たとき、私はなるほどなぁと思いました。 ピンと来ないのでしたら、以下の記事も是非ご覧になってください。 今後にもしHTML 4. 01とかでページを作り、 なおかつそのページのid名やclass名をHTML5のセマンティクスに なぞらえようと思ったときには、 はありえます。 "header"という命名とHTML5のheaderにはなんの関係も無いと思うときには、 従来どおりかもしれません。 でも私は機械ではなく、 "header"という命名からHTML5のheaderを思考のブラックボックスが勝手に連想してしまう、そんな生き物です。 勝手に起こってしまう連想に従うべきか抗うべきかで迷いたくないので、 できることならそこに迷いが生じないHTML5以外使いたくないなーという感じです。

次の

毎日新聞のクロスワード第604回問題答え【くらしナビ2020年1月11日】

毎日 新聞 クロス ワード 610

ミニバンの利便性も備えたコンパクトなSUV SUVらしい迫力のあるフォルムに広くて使いやすい室内空間を実現した、ミドルサイズのSUV。 グラスエリアを薄く横長にすることにより、フォルムを長く見せるデザイン手法を採用し、国産SUVでは唯一無二ともいえるスクエアで平たいスタイリングとした。 ホンダ独創の技術、低床化プラットフォームを採用し室内空間は広々。 このクラスには珍しい3列シートを備え、ミニバンの利便性も与えられている。 特に3列目シートは、女性がくつろげる快適性を考えて作られた。 もちろん床下収納も可能だ。 4WDシステムにはリアルタイム4WDを採用。 従来のデュアルポンプ方式にワンウェイカムユニットを追加したもので、走行安定性を高めている。 (2007. 2) クロスロードについての最新記事.

次の