辛いの食べて腹痛。 唐辛子のような辛いもので下痢や腹痛が起こる原因と対処法は?

辛辛魚の発売時期なので辛い物を食べた時の腹痛の治し方・対策を学ぼう|ハラスイズム

辛いの食べて腹痛

SPONSORED LINK 辛いものを食べてお腹が痛くなるのは、大抵カプサイシンをふくんでいる「唐辛子」を食べた時だろう。 早いところ治してしまいたい! お腹が痛くならない食べ方はないものだろうか? 今回は 辛いものを食べて腹痛になった時の原因と対処法、そして 摂り過ぎるとどうなるか を見ていく. 目次 ・辛いものを食べるとなぜ腹痛になるか? ・「辛味」は「痛み」 ・痛い時の対処法 ・食べ過ぎると癌のリスクがある? スポンサードリンク 辛いものを食べるとなぜ腹痛になるか? なぜ辛いもの、主に唐辛子を食べた時に腹痛が起こるのだろう? 実は唐辛子には、 少ない量であれば 、胃酸の分泌を抑え、食欲を増進する効果がある。 しかし 摂り過ぎると 胃酸の分泌を促進し、胃や食道を痛めることになってしまうのだ。 さらに、ストレスも胃酸の分泌を促進する効果がある。 ストレスで胃が痛くなった経験がある人もいるだろう。 この二つは同じ原理で腹痛を起こしている。 一番いけないのは、「ストレスが溜まったから辛いものをドカ食いする!」ということだ。 ストレス + 辛いもの = 胃酸の過剰分泌 こうなってしまうと厄介。 「単なる食べ過ぎで胃が痛くなったんだろう」と考えてしまう場合があるからだ。 ストレスを発散できるなら、ちょっとくらい胃が痛くなってもいい。 こう考えるようになると非常に危険。 後に説明するが、病気のリスクも高まってしまう。 「辛味」は「痛み」 実は「辛味」と言うのは「味」ではなく「痛み」だった。 「味」に分類されるのは以下の5つ。 辛味は含まれていない。 口の中に口内炎ができた時に感じるように、口には痛みを感じる器官も備えている。 「辛み」を「味覚」と感じてしまう人がいるのもこのためだ。 痛い時の対処法 胃の中を刺激物から守るようにコーティングしておけば、腹痛の大きさも軽減できる。 特に効果があると報告があったものは、 辛いものを食べる前に牛乳を飲んでおく ヨーグルト、チーズでも可 これは、食べてしまった後でも効果は期待できる。 実は唐辛子のカプサイシンは水に溶けにくい!よって水を飲んでも腹痛は治まらないのだ。 食べ過ぎると癌のリスクがある? 辛いものが好きで知られるメキシコでこんな調査が行われた。 唐辛子を一日9~25本分食べた人と、 唐辛子を一日0~3本しか食べなかった人 この二つの場合では、どちらが胃がんになりやすいだろうか? 結果はこうなった。 71 倍高い! 最悪の事態を招く確率が1. 71倍になる だからストレス発散目的で辛いものを食べると取り返しの付かないことになる場合もある。 また、女性に比べ、男性の方が胃腸は弱い傾向にある。 男性は特に気をつけよう。 余談 中でも管理人が盲点だったのは「辛味」とは「味」の一種ではなく「痛み」の仲間だったということだ! 辛いものは我慢大会でも使われているが、やせ我慢してベストを尽くしてまで食べるものではなかったということ。 最近の人気記事• 328,893ビュー• 231,277ビュー• 229,638ビュー• 199,762ビュー• 168,493ビュー• 150,088ビュー• 115,588ビュー• 112,177ビュー• 68,316ビュー• 67,628ビュー• 61,022ビュー• 60,989ビュー• 57,988ビュー• 57,317ビュー• 54,511ビュー• 52,845ビュー• 48,315ビュー• 47,826ビュー• 47,644ビュー• 44,097ビュー• 38,704ビュー• 35,631ビュー• 27,608ビュー• 27,107ビュー• 25,713ビュー• 24,870ビュー• 23,045ビュー• 22,708ビュー• 18,692ビュー• 18,161ビュー• 17,990ビュー• 17,354ビュー• 16,325ビュー• 16,160ビュー• 15,780ビュー• 15,639ビュー• 15,176ビュー• 14,960ビュー• 14,597ビュー• 13,520ビュー• 13,005ビュー• 12,979ビュー• 12,328ビュー• 11,485ビュー• 10,443ビュー• 10,250ビュー• 9,968ビュー• 9,503ビュー• 9,227ビュー• 8,908ビュー• 8,823ビュー• 8,660ビュー• 7,630ビュー• 7,552ビュー• 7,418ビュー• 6,505ビュー• 6,503ビュー• 6,403ビュー• 6,337ビュー• 6,150ビュー 今までの人気記事一覧• - 376,096 views• - 253,927 views• - 232,815 views• - 208,962 views• - 185,776 views• - 168,002 views• - 137,726 views• - 130,504 views• - 79,536 views• - 78,318 views• - 73,078 views• - 69,225 views• - 68,140 views• - 64,489 views• - 62,492 views• - 61,591 views• - 60,455 views• - 59,457 views• - 53,029 views• - 50,922 views• - 45,080 views• - 44,758 views• - 39,891 views• - 36,990 views• - 32,170 views• - 30,379 views• - 30,369 views• - 29,751 views• - 29,359 views• - 25,408 views• - 24,294 views• - 24,079 views• - 22,042 views• - 21,989 views• - 20,868 views• - 19,897 views• - 18,055 views• - 17,420 views• - 17,280 views• - 16,747 views• - 16,522 views• - 16,462 views• - 15,951 views• - 15,549 views• - 15,301 views• - 14,357 views• - 13,908 views• - 13,873 views• - 13,754 views• - 13,419 views• - 13,309 views• - 12,840 views• - 12,647 views• - 12,070 views• - 11,311 views• - 11,121 views• - 10,620 views• - 10,308 views• - 9,894 views• - 9,856 views.

次の

牛肉を食べて腹痛!危険な合併症状やお腹を下す前に絶対知らなきゃ損なお肉の真実!

辛いの食べて腹痛

辛いものが大好きな人って結構いますよね。 辛いものは、適度な量ならば肉や魚の臭さを消してくれる 薬味としての役割がありますし、 食欲増進、脂肪分解などの健康効果も期待できます。 しかし、適量を超えた辛いものというのは 下痢や腹痛を引き起こすことがあります。 激辛料理を食べた次の日、下痢を起こしてしまったばかりか、肛門が刺激されて痛いという経験をしたことがある人も多いんじゃないでしょうか。 そして辛いものに大抵使われているのが皆さんご存知の「 唐辛子」ですね。 ということで、こちらでは唐辛子などの 辛いものを食べるとなぜ下痢や腹痛を起こしてしまうのか?その原因や対処法などをお伝えしたいと思います。 「辛い」は味覚ではなく痛覚と温覚 まず、辛いものを食べた時に感じる 「辛味」というのは味覚ではなく「痛覚と温覚の融合」によってもたらされるものと言えます。 辛いものの代表とも言える 唐辛子にはカプサイシンという辛味成分が含まれていますが、唐辛子を食べた時のその舌は「痛い」と同時に「 熱い」という感覚を覚えているはずです。 これは口の中にあるカプサイシン受容体に作用したことで引き起こされる反応で、生理学上の味覚として分類される「甘味・塩味・酸味・苦味・旨味」の5つが味覚受容体細胞に作用することで引き起こされる機構とは明らかに異なります。 さらに言うと ワサビに含まれる辛み成分であるアリルイソチオシアネートは「ワサビ受容体(冷刺激受容体TRPA1)」に作用されることで辛みを引き起こし、カプサイシンとは反対に 清涼感を伴うツーンとした辛味が特徴です。 このようにして、 痛覚と温覚の双方に働きかけるのが「辛い」という感覚なのです。 さらに言えば、辛いものの痛覚刺激というのは口の中に限らず全身で味わうことが出来ますね。 唐辛子が目に入ると激痛ですしね。 このように辛みが痛覚を伴う物理刺激であることを考えると、辛い物を食べ過ぎて下痢になってしまうのもなんとなく理解が出来ますね。 唐辛子のような辛いもので下痢・腹痛になる原因はカプサイシン 恐らく「辛い物を食べて下痢を起こす」という場合はほとんどが唐辛子に含まれる カプサイシンが原因になります。 それは、「自分の体の許容範囲を超えた量を食べる」ということが最も多いのが唐辛子だからです。 唐辛子をふんだんに使った料理というのは、激辛ラーメンや中華料理に結構多くありますからね。 辛い物は唐辛子の他にもワサビ、生姜、山椒などもありますが、これらの辛いものは大抵「薬味」として使われているものを食べる程度だけで、そこまで大量摂取をすることはないはずですからね。 適量のカプサイシンを取っている分には 腸内細菌を活発にしたり、大腸のカプサイシン受容体に作用して 大腸がんが抑制されることが分かっていますが、やはり取りすぎは禁物ということです。 体の中の暴れん坊・カプサイシン 唐辛子に含まれるカプサイシンってのは暴れん坊で、体の至る所に刺激を与えていくんですよね。 口の中で痛覚と温覚を刺激し、飲み込んだ後は食道を刺激して 胸焼けを起こし、胃に運ばれれば胃酸の分泌を促して粘膜を傷つけて 胃痛を引き起こし・・・といった具合に、 食べ物の通り道全てを刺激していきます。 さらに厄介なことに、 カプサイシンというのは人間の体では消化ができません。 消化されないということは 小腸で吸収できないということであり、小腸を通り過ぎて大腸へと運ばれていきます。 こういった消化されない物質が大量に腸にとどまると、 消化不良を起こして下痢・腹痛になってしまいます。 また、カプサイシンには 交感神経を刺激する作用があります。 これにより腸の蠕動運動が活発になるため、食べたものを腸へと送るスピードが早くなります。 すると、食べたものの水分を吸収しながら大腸へと送るという本来の体の働きが行われず、水分の多い便が出来てって下痢・腹痛になるということも考えられます。 さらに間接的な原因を考えるならば、辛いものを食べた時、口の中の辛さを和らげようとして 大量の水を飲むことも下痢の原因にもなります。 大量の水を摂取すると胃液が薄まり消化不良をも引き起こしますしね。 しかも カプサイシンは水には溶けないので胃腸の中ではカプサイシンの刺激は弱まるどころかあまり意味がないのです。 唐辛子の下痢・腹痛の対処はどうしたら良い? 唐辛子のような辛いものを食べた時の下痢・腹痛はどのように対処をしたら良いのか? これには 牛乳を飲むことが効果があります。 牛乳などの乳製品には カゼインというタンパク質が含まれています。 筋トレに詳しい人ならカゼインを使ったプロテインというのはご存知だと思いますが、 カゼインにはカプサイシンと結びついて刺激を和らげてくれる機能があります。 これは、単に下痢・腹痛を抑えるための対策というだけでなく、舌の上で繰り広げられる辛味そのものを中和してくれる効果も期待できます。 ちなみに、 あらかじめ牛乳を飲むことで胃腸の粘膜を保護してから辛いものを食べる 、という予防対策も考えられますが、 牛乳を飲んでも粘膜に残らず洗い流されてしまうのであまり意味が無いです。 あるいは牛乳が苦手という方なら、 お茶や コーヒーなどを飲むと良いでしょう。 これらに含まれているタンニンに整腸作用があるためです。 一番いい対処方法は「唐辛子を食べないこと」に尽きるのですが・・・好きでどうしても食べたいという方は自らを守る対処法を持っておきましょうね。 長期的には腸内環境を整えて強い腸を作ることがベスト 牛乳、コーヒー、お茶を飲むというのはあくまでも対処療法であり、もっと根本的なことを言うなら 腸内環境を整えて強い腸を作ることが一番のケアになると思います。 過敏性腸症候群(IBS)患者は健常者に比べて唐辛子の刺激に弱いという実験結果も得られているように、腸内環境の良し悪しがそのまま下痢の引き起こしやすさにも直結します。 そして、何よりも腸内環境を整えることは下痢体質の改善だけでなく美肌、ダイエット、不妊症、骨の強さ、などあらゆる健康効果をもたらします。 それは、脳を含めた全ての臓器のルーツが腸だからです。 もし、腸内環境のことをもっと詳しく知りたい!という方は、「 腸内環境の全て」を伝える無料講座を是非ご覧いただければと思います。 まとめ:唐辛子のような辛いもので下痢や腹痛が起こる原因と対処法は? 唐辛子のような辛いもので下痢や腹痛が起こる原因と対処法をお話してきましたが、まとめると ・「辛い」という感覚は味覚ではなく「痛覚と温覚の融合」 ・唐辛子に含まれるカプサイシンが腸を刺激したり消化不良を起こして下痢・腹痛になる ・唐辛子による下痢や腹痛の対処法には牛乳が効果的 ということですね。 なんだかこうしてみると、腸にとっては唐辛子などの辛いものはあまり良い効果がなさそうです。 それでも好きだからと辛いものを食べた際には、なるべく腸のケアなどをしてあげましょう。 長期的には、腸内環境を整えることがカプサイシンによる下痢を体調面からの根本的なケアとなるでしょう。

次の

牛肉を食べて腹痛!危険な合併症状やお腹を下す前に絶対知らなきゃ損なお肉の真実!

辛いの食べて腹痛

Contents• 牛肉を食べて激しい腹痛に襲われる原因とは? 牛肉を食べて激しい腹痛に襲われる原因としては2つのパターンがあります。 1つは、焼肉屋などに行った時にビーフをお腹いっぱい食べすぎた事によって、脂肪分を余計に摂りすぎて消化不良に陥るパターンです。 大量の脂肪を分解する為に、胃の消化液が大量に分泌され腹痛を引き起こしたり下痢になったりします。 焼肉屋でビーフを食べた時は、美味しくてついついたくさん食べすぎてしまう事もありますよね。 この場合の腹痛は、一過性のもので時間が経てばお腹の痛みは治まるので問題はありません。 もう一つのパターンは、牛肉を食べて【病原菌・寄生虫】などが体内に侵入してしまい激しい腹痛が引き起こされるパターンです。 なぜ、【病原菌・寄生虫】などが体内に侵入してしまうのかというと原因は様々です。 【牛肉の加熱処理不足・鮮度低下・調理器具の衛生状態】などが原因で、【病原菌・寄生虫】がビーフに付着していたまま食べてしまうと潜伏期間を経て激しい腹痛が起きることがあります。 元々、健康な牛でも人間に対して食中毒を引き起こす病原菌・寄生虫は少なからず体内にいるものなんですね。 ですから、私達が牛肉料理を食べるまでに厳しい食品衛生法の規格基準をクリアして、きちんと調理されたビーフだけが安全に提供をされているわけなんです。 ただし、牛肉の保存状態や調理時の加熱不足・衛生状態によって牛肉がダメになってしまう事で、そのお肉を人間が食べて腹痛に襲われてしまう原因になるのです。 そうだね!でも健康状態が良好なら問題無しだよ。 牛肉料理を食べて腹痛と共にでる他の症状 牛肉料理を食べて、腹痛に襲われると他の合併症状も出る場合が多いです。 お腹を下すと食欲も湧かなくなりますし、せっかく食べた物を吐いてしまうと栄養を摂取できないので栄養不足の状態になる恐れもあります。 ただ単に、ビーフ料理の食べ過ぎで一時的な消化不良による腹痛であれば、時間が経てば治るので放置しておいても大丈夫ですが、あまりにも激しい腹痛や長時間お腹が痛い場合は無理をせずに病院に直行しましょう! 下痢 腹痛に襲われる症状の他に、下痢の症状が引き起こされる場合があります。 下痢になると身体の水分が多く失われますので、脱水症状を引き起こしてしまい意識が朦朧 もうろう としてくる恐れもあるので注意です。 食欲も低下していると思いますが、脱水症状を引き起こさないように水分補給をしましょう。 吐き気 牛肉料理を食べて、腹痛に襲われると同時に吐き気をもよおす事があります。 せっかく食べたビーフをおう吐してしまうと、栄養不足になったり胃液が逆流して起こる逆流性食道炎になる恐れもあります。 しかし、【病原菌・寄生虫】などが付着した牛肉を食べてしまっているかもしれませんので、一度、吐いてしまった方が安全ですし気分も少し楽になります。 何回も吐いてしまうと、吐くことに抵抗がなくなり慢性化して過食症・拒食症などになる恐れもありますので繰り返し吐くのは止めましょう。 アレルギー症状 牛肉料理を食べて、激しい腹痛を引き起こしてしまいアレルギー症状の合併症状が出る場合もあります。 なので、噛まれた後にすぐに症状が出るのではなく人間の身体にとって異物となるものが牛肉と判断されれば、免疫機能が作用して、その異物を早く体外に出そうと働きかけアレルギー症状が出るのです。 そして、アレルギー症状はやっかいで腹痛に襲われなくてもビーフ料理を食べた時にいきなり発症してしまう事もあります。 なかなか、完治させるのは難しいですが病院で、自分が何のアレルギーを持っているのか【パッチテスト】をしてもらい、把握しておく事で発症をさせないように予防する事が大切です。 牛肉を食べて腹痛が起きた時の対処法 牛肉を食べて腹痛が起きた時は、なるべく食事は刺激がある食べ物は摂取しないようにしたほうが良いです。 そして、下痢に襲われる恐れもありますので、脱水症状にならないように常に水分補給ができるように飲み物を側に置いておきましょう。 すぐに吐いてしまう事もありますので、症状が改善されるまでなるべく食べ物を食べないほうが良いです。 どうしても食欲が出る時は、胃腸に優しいお粥やスープなどを召し上がってください。 吐くのも辛いし下痢も辛いよね。 牛肉を食べて腹痛が起きる前に知っておくべき注意点 牛肉を食べて腹痛が起きる原因は、食べすぎによるものと【病原菌・寄生虫】などに侵されるパターンがある事をご紹介してきました。 食べすぎて消化不良を起こしてお腹を壊さないようにする為には、腹七分位の量を食べる事を心がけたり、牛肉をよく噛んで飲み込むことで胃腸の負担を軽減できるので腹痛に襲われる可能性を減らす事ができます。 また、病原菌・寄生虫などが原因で腹痛に襲われてしまう前に、牛肉はしっかりと火を通し生食いをしないようにしましょう。 生肉を扱った、トングやお箸など調理器具も使いまわしたりしないようにする事が大切です。 牛肉の賞味期限 牛肉料理を食べる前に、賞味期限の確認も腹痛を引き起こさないようにする為に大切です。 牛肉の賞味期限は、常温で放置していた場合は【数時間】です。 冷蔵庫で保管する場合は、【最長5日間】くらいを目安にしましょう。 冷凍庫で保存する時は、【数カ月間】位は鮮度・味を保ったまま保存する事ができます。 牛肉の変色 ビーフ料理を食べる前に、牛肉の変色具合の確認も腹痛を引き起こさないようにする為に大切です。 スーパーや精肉店で買ったばかりのお肉は黒色っぽくなっている事があります。 それは、新鮮な状態なので大丈夫で、その後、ミオグロビンという成分が作用して牛肉と酸化反応を起こして赤色に変わります。 牛肉の生食 牛肉料理を食べる時に、腹痛の原因に大きく関係しているのが生食いです。 加熱処理されていないお肉を食べると言うことは、【病原菌・寄生虫】が付着していれば死滅していないわけですからとても危険なんです。 基本的には、焼肉屋や飲食店で提供されている牛肉は、調理器具やお肉の衛生状態にも気を配っていますし、常に鮮度抜群の状態で調理されていますので極めて安全性は高いです。 ですが、100%リスクがないわけではありませんので牛肉の生食いをする時は、腹痛のリスクが高まることを理解しておきましょう。 牛肉を食べて腹痛のまとめ いかがでしたでしょうか。 牛肉を食べて腹痛を起きてしまう原因には、食べすぎによる消化不良と病原菌・寄生虫などに襲われるパターンがあります。 どちらとも、ご紹介してきた注意点やリスクを理解していれば未然に防ぐこともできると思いますので、体調不良に悩まされないように気をつけて牛肉料理を食べる事を心がけていきましょう。

次の