封書 の 切手 代。 A4サイズの封筒の切手代!履歴書送付の郵便料金はいくら?

角2封筒(A4)の郵便料金・切手代はいくら?知っておきたい出し方・送り方

封書 の 切手 代

切手の料金はサイズと重さによって決まる サイズ まず確認するのはサイズです。 郵便物の大きさの指標として「定形郵便物」と「定形外郵便物」があります。 この違いを見てみましょう。 定形郵便物:幅12cm、高さ23. 5cm、厚み1cmまで• 定形外郵便物:高さ60cmまで、幅・高さ・厚みの合計が90cmまで 84円切手と94円切手を使うのは定形郵便物です。 幅12cm、高さ23. 5cm、厚み1cmの大きさを越えると定形外郵便物となり84円切手、94円切手では送れなくなります。 具体的なサイズの指標は? サイズはわかった。 でも、幅12cm、高さ23. 5cm、厚み1cmって具体的にどんな大きさなの!って思います。 なので定形郵便物として送れる最大サイズを覚えておくと良いです。 定形郵便物で送れる最大サイズを一般的な封筒規格で言うと 長形3号です。 この封筒では A4 用紙を3つ折りして送れる大きさです。 重さ 84円切手と94円切手の使い道の違いは 重さです。 定形郵便物サイズ(幅12cm、高さ23. 5cm、厚み1cmまで)以内であればどんな大きさでも重さだけの違いです。 つまりいくらの切手を貼れば良いかといえば、重さを計って25g以内なら84円、26g以上50g以内なら94円です。 84円切手:25g以内• 94円切手:50g以内 距離 切手の料金に距離は関係ありません。 東京から神奈川へ送ろうが、北海道から沖縄まで送ろうが切手料金は全国一律です。 一般的な手紙を84円切手で送る場合なら、全国どこまででも84円で送れるという事です。 紙は何枚まで送れるのか 25g以内か、50g以内かで84円切手を使うか94円切手を使うか変わりますが、具体的に紙が何枚入るのか試してみましょう。 茶封筒と一般的な A4 コピー用紙で試してみました。 A4用紙を5枚入れた所で23gとなりました。 6枚入れると25gを越えてしまいます。 という事で84円で送れるのは A4 用紙5枚です。 A4用紙を11枚入れたら49gになりました。 ギリギリすぎるので94円で送れるのは10枚と見たほうが安全です。 ただ 上等な封筒や上等な紙を使うとより重くなってしまうので要注意。 ご家庭にはかりがある場合は計測してみてください。 郵便局では0. 1g単位のはかりで計測しています。 1g越えただけでもアウトなので料金不足で返送されてしまいます。 履歴書など大きい封筒を送るときの切手は?(定形外郵便) 長形3号よりも大きな封筒を送る場合は定形外郵便となり、84円切手・94円切手では送れません。 例えば履歴書など A4 サイズを送れる角2号封筒は当然定形外郵便です。 定型郵便物で送れる封筒:長形4号、長形40号、長形3号、角形8号• 定形外郵便物で送れる封筒:長形2号、長形1号、角形7号~0号 サイズ 定形外郵便の最大サイズは前述したように「高さ60cmまで、幅・高さ・厚みの合計が90cmまで」です。 封筒にこんな大きなサイズはありませんので、最大の封筒(角形0号:B4サイズ)でも送れるので全ての規格封筒に対応しています。 定形外郵便には最小サイズもあります。 はがきなら定形郵便物なのではないか?と。 ここで重要なのは、 はがきサイズでも50gを超えれば定形外郵便物なのです。 定形外郵便の最小サイズと最大サイズ以内であれば、料金が変わる基準は重さと厚みです。 重さ 定形外郵便物には料金体系が2つあります。 基準は厚みが3cm以内か、3cmを超える場合です。 3cmを超える場合は規格外料金となり割り増し料金になります。 重さは4kgまで対応可能ですが、封筒で4kgの物を送ることもないでしょう。 そんな重いものであればゆうパックの方が安い場合があります。 重量 規格内 規格外 厚み3cm超え 50gまで 120円 200円 51g~100gまで 140円 220円 101g~150gまで 210円 300円 151g~250gまで 250円 350円 251g~500gまで 390円 510円 501g~1kgまで 580円 710円 1001g~2kgまで 規格外 1,040円 2001g~4kgまで 規格外 1,350円 500gを超える場合、定形外郵便よりもレターパックを使った方が追跡もできますし安く済むので送るものに応じて比較してみてください。 ちなみに定形外郵便物でも特定記録というサービスを使って追跡機能を付ける事ができます。 ただしプラス160円かかります。 その為レターパックの方が圧倒的に安く済みます。 カテゴリー• 112• 122• 243• 412• 162•

次の

B5サイズの封筒だと切手代はいくら?重さや枚数の目安はコレ!

封書 の 切手 代

郵便料金の移り変わり 郵便料金の移り変わり さくら日本切手カタログ、日本切手専門カタログ いずれも より 明治4年3月1日 太陽暦 1871. 20 書状 100文(5匁まで。 以降、5匁ごとに48文加算) 旧暦8月から東京・横浜間は48文。 明治4年12月5日 太陽暦 1872. 14 書状(4匁まで) 25里以内 100文 50里以内 200文 100里以内 300文 200里以内 400文 200里超え 500文 明治5年1月23日 太陽暦 1872. 書 状 は が き 明治6年4月1日 基本料金 2匁ごと 市内 1銭、 市外 2銭 明治6年12月1日 市内 半銭(5厘)、 市外 1銭 第 1 種 第 2 種 明治16年1月1日 1883 2銭 2匁ごと 1銭 明治32年4月1日 1899 3銭 4匁ごと 1銭5厘 昭和6年8月1日 1931 3銭 15gごと 昭和12年4月1日 1937 4銭 20gごと 251 東郷平八郎 1942. 1 昭和19年4月1日 1944 7銭 20gごと 228 クムガンサン 1939. 16 254 東郷平八郎 1944. 15 3銭 224 水力発電所 1939. 11 248 乃木希典 1944. 15 昭和20年4月1日 1945 10銭 20gごと 269 勅額 1945. 1 270 富士と桜 1945. 16 5銭 251 東郷平八郎 1942. 1 268 飛燕 1945. 1 昭和21年7月25日 1946 30銭 20gごと 272 厳島神社 1946. 1 282 五重塔 1946. 10 294 五重塔 1946. 26 297 五重塔 1947. 12 15銭.

次の

A5サイズの封筒に必要な切手代はいくら?一番安くなる方法はコレ!

封書 の 切手 代

「封書を送るのに必要な切手代はいくら?」普段は郵便局の職員さんがかわりにやってくれる切手代の算出を、自分でやらなくてはならない場合にはどうすれば良いのでしょうか? 今回は、知っているようで知らない封書の郵送に必要な切手代ついて解説します。 封書とは 封書とは、封筒に入れた手紙、書類のことです。 最近は、メールやSNSなどの普及によって、手紙を出す機会も少なくなりましたから、封書ということばを聞く機会も少なくなり、知っている方は意外と少ないかもしれません。 ただ、就職活動などをしていると「履歴書を封書によって送付してください」というような文言に出会うこともありますから、封書はまだまだ現役で使われていることばです。 封書の郵送は郵便局へ 封書は郵便ですから、送るためには切手を貼らなくてはいけません。 わざわざ自分で貼らなくとも、郵便局に持っていけば、職員の方が必要な額の切手を貼って郵送してくれます。 そのため、郵便局へ封書を持っていくことができるのなら、特に切手代知る必要はありません。 しかし、近くに郵便局がない場合や、近場のポストで封書を送りたい場合は、自分で切手を貼らなくてはいけません。 その場合は、自分で切手を購入する必要があるため、切手代がわかならいといけません。 封書の切手代は定形・定形外郵便で異なる それでは、封書を送るために必要な切手代はどれくらいなのでしょうか? 実は、封書には定形郵便と定形外郵便の2種類があり、それぞれで切手代は異なります。 そのため、まずは自分が送ろうとしている封書が、一体「定形郵便」「定形外郵便」のどちらに当てはまるのを調べなくてはなりません。 定形郵便 郵送物が定形郵便かどうかは、封筒の大きさと重さによって判断されます。 定形郵便は、次の条件をすべて満たすものです。 タテ:14センチ〜23. 5センチ以内• ヨコ:9センチ〜12センチ以内• 厚さ:1センチ以内• 重量:50グラム以内 定形外郵便 定形外郵便はどのようなものかというと、定形郵便でない郵便です。 つまり、さきほど解説した定型郵便に当てはまらない封書は、とりあえず定形外郵便として扱われているのです。 とはいえ、もちろん本当にあらゆるものが定形外郵便というわけではありません。 サイズが大きすぎたり重量がありすぎたりする場合には、郵便ではなく宅配で送る必要があるため、定形外郵便としては扱われません。 定形外郵便は、次の条件を満たす郵送物です。 1辺の長さが最大60センチ• 3辺の合計が60センチ以内• 重量4キロ以下 また、定形外郵便の中でも、次の条件を満たすものは「規格内」として扱われ、切手代「定形外郵便」とは異なります。 ちょっと複雑ですね。 最も長い辺:34センチ以内• 短い辺:25センチ以内• 厚さ:3センチ以内で• 重量:1キロ以内 封書の切手代 封書の具体的な切手代を求めるためには、重さを測っていきます。 封書を送るために必要な切手代は、重量制で決められています。 そのため、はかりなどで封書の重さを測る必要があるのです。 そして、測った封書の重さと、その封書が「定型郵便」であるか「定形外郵便」であるかによって、切手代が決定されます。 具体的な切手代は次のとおりです。 定型郵便の場合• 25グラム以内の場合:82円• 50グラム以内の場合:92円 定型郵便(規格内)• 50グラム以内:120円• 100グラム以内:140円• 150グラム以内:205円• 250グラム以内:250円• 500グラム以内:380円• 1キロ以内:570円 定形外郵便• 50グラム以内:200円• 100グラム以内:220円• 150グラム以内:290円• 250グラム以内:340円• 500グラム以内:500円• 1キロ以内:700円• 2キロ以内:1,020円• 4キロ以内:1,330円 郵送したい封書の重量にあった額面の切手を貼り、ポストに投函すれば封書を郵送することができますよ。 大切な封書は郵便局へ持っていく 封書に貼る切手代について解説してきましたが、基本的に重要な書類を郵送する場合には、郵便局まで持って行った方が無難です。 というのも、切手を自分で貼った場合、万が一切手代が不足してしまっていると、自分のところへ封書が送り返されてしまうからです。 ですから、就職活動での履歴書の送付や、提出期限が決まっている大切な封書を送付する場合は、手間を惜しまずに郵便局まで持っていきましょう。 そして、郵便局の職員の方に封書を手渡すことで、確実に郵送してもらった方が無難です。 封書に貼る切手代が不安な場合 自宅にあるはかりで封書の切手代を算出する場合、はかりに誤差があると心配になることもあるでしょう。 そういう場合は、封書に貼る切手代を、少し多めに貼って郵送することをおすすめします。 封書の切手代が不足している場合は、封書が戻ってきてしまいますが、多い分には問題なく相手に届けてもらえます。 ですから、確実に封書を届けたい場合は、切手を多めに貼っておくべきです。 また、過払いの切手代は、郵便局に行くことでは返還してもらうことができます。 現金での返還は1,000円までですが、返還してもら得るのですから、「払い損になるのが嫌だ!」という方でも安心ですよ。 まとめ いかがでしたでしょうか? 封書に必要な切手代をおわかりいただけたでしょうか? 繰り返しになりますが、大切な書類に関しては、自分で切手を貼って投函するよりも、郵便局まで持っていた方が無難です。 特に、就職関連の書類などは人生に関わるものですから、余計なリスクは極力減らすに越したことはありません。 自分が郵送しようとしている書類がどの程度重要なものであるのか、しっかりと見極めて、郵便局まで持っていくべきかどうか判断しましょう。

次の