ときとうむいちろう可愛い画像。 【鬼滅の刃】霞柱・時任 無一郎(ときとうむいちろう)の強さの秘密。日の呼吸の使い手との関係は?

時透無一郎(ときとうむいちろう)のプロフィール!若干14才にして最速で柱になった逸材!記憶が霞みがかったように忘れてしまう霞柱の少年【鬼滅の刃ネタバレ】

ときとうむいちろう可愛い画像

誕生日:8月8日生まれ 年齢:14歳 身長体重:160㎝ 56㎏ 階級:霞柱(かすみばしら 風の呼吸からの派生で霞の呼吸が生まれたといいます。 使い手の無一郎も、まさに霞のごとく常にぼーっとしていることが多い印象。 誰がどうなっても特に気にならないが、しかし親方様の話を遮られることだけは許さない 笑。 ものごとを長く記憶に留めておくことができず、すぐに忘れてしまう。 感情は表に出ず無表情。 音柱・宇髄天元の話によると刀を持ってわずか2ヶ月で柱に上り詰めた天才剣士なのだとか。 努力はするが、無駄が嫌いなようで、作中でも小鉄から無理矢理からくりを出させ戦うなどしている。 炭治郎曰く「言っていることは正しいが配慮に欠けている」行動をしている。 ・・・。 ・・・。 これだけを見ると血も涙もない冷酷非道な人物に思えてきますが、実はこうなってしまった訳があるのです。 無一郎は両親と双子の兄の4人家族。 杣人(そまびと:木こりのこと)で生計を立てていました。 しかし母が風邪を拗らせ肺炎に、薬草を採りに行った父は崖から落ちて共に帰らぬ人に・・・。 兄の有一郎と2人で生活していると、夏のある晩、その夜はとても暑くて戸を開けたままにして寝ていました。 そこから鬼が入ってきたのです。 有一郎が先に傷つけられ鬼は騒ぐなと。 「いてもいなくても変わらないようなつまらねぇ命なんだから」 (コミックス14巻より引用) そこから先の記憶はほとんどありません。 頭に血が上り、言いようのない怒りがこみ上げてきて、気がついたら鬼は死にかけていました。 手には木を切る際に使う斧や金鎚が。 鬼の頭は大きな石で潰れ、体には木の杭が打ち付けられていました。 状況から見て無一郎がやったのでしょう。 その後お館様の妻であるあまね達に発見され、無一郎は一命を取り留めますが、有一郎は助からず・・・無一郎は天涯孤独となってしまいました。 怪我がひどく、頭に包帯も巻いています。 布団に寝ている無一郎に対し、お館様がこめかみを指しながらこう言いました。 「些細な事柄がはじまりとなり、君の頭の中の霞を鮮やかに晴らしてくれるよ」 と。 前の回想から事故等で怪我をし、なおかつ 記憶が失われていることが分かります。 まさか霞と霞柱をかけたなんてそんなそんな…え、ないですよね??(汗) 記憶がないということは無表情な無一郎は本当の彼の姿じゃないのでは…?? それでは怪我を負う前…過去の無一郎はどのような人物だったのでしょう? 無一郎のホントの気持ちは… 無一郎は「人のためにすることは巡り巡って自分のためになる」という父の教えを守る心優しい少年でした。 それに対し、兄の有一郎は口が悪く、死んだ父や母の悪口を言います。 あまりの言いように無一郎は泣きながらそんな言い方するなと怒りますが、有一郎は眉間に皺を寄せたまま「俺は事実しか言っていない」と言い放ちます。 本当に意地悪な兄・・・に見えますよね。 でも、死ぬ間際にはこう言っています。 「神様 仏様 どうか弟だけは助けてください。 弟は…俺と…違う…心の優しい子です。 」 (コミックス14巻より引用) 「悪いのは俺だけです。 バチを当てるなら俺だけに…」 (コミックス14巻より引用) 嫌われていたと思っていた無一郎はそこで本当の有一郎の思いに気づきます。 両親共に失い、子ども2人で生活をしなければならない。 頼れる大人もいない。 俺が、守らねば、と… ですが、有一郎だって同い年のまだまだ小さな子ども。 余裕があるわけがない。 あまねを追い返していたのも、もしかしたら怖い大人かもと思ったから。 周りに誰も寄せ付けなければ安全という自己防衛からでしょう。 剣士になろうと話題を振られた時はきっと恐ろしかったのでしょうね。 剣士になりもしそれで無一郎が死んだら? 誰もいなくなったら? 幼い心は必死で弟をつなぎ止めようとしていたのではないかと思います。 素直に気持ちを伝えられない不器用な弟思いの兄だったのです。 記憶がなくなったあと、無一郎の性格が変わってしまったのはなぜ? 読み進めていく上で私が思ったこと。 両親のことを忘れたくなかったから…? 最初は父と母。 これは元々の性格だったと言われればそれまでですが、心優しく楽観的で、人のためになることをしたいと思うようなそんな子でした。 その姿を見た兄の有一郎は「本当に母さんと父さんにそっくりだな」と言われます(まあ有一郎は激怒している場面ですが…) 兄のことを忘れたくなかったから…? 次に有一郎。 作中でも回想に入っている際、口の悪い無表情な兄を見て「今の僕に似ている」と話しています。 確かに表情をあまり表に出さないところ、人のためなんてどうでもいいなんてところも似ていますね。 兄っぽい性格でふるまっていた?真相 それではなぜ記憶をなくした後、兄のような性格になってしまったのでしょうか? これは私の推測にすぎないのですが・・・ 兄が目の前で死に、無一郎は精神的にも肉体的にも限界がきた結果、その小さな体では抱えきれない恐怖、不安、悲しみ、憎しみから心を壊さないために、記憶をなくしてしまったのではないかと思います。 でも、それでも。 体のどこかでは覚えていたい、忘れたくない、忘れちゃいけないと本能的に感じ取った為、無意識に兄と似た性格になったのではないかと思います。 鬼に飛ばされた無一郎はすぐさま敵地へ戻ろうと足を飛ばします。 その途中で小鉄が鬼に遭遇しているところを発見するが、冷静に分析そして彼よりも里を、長を守ることが優先と判断する。 そんなときに浮かんでくる炭治郎の言葉・・・ 「人のためにすることは 巡り巡って自分のために」 (コミックス12巻・14巻より引用) 今まで何に対しても無頓着でいた 彼が目を見開き、初めて表情の変化が見られたシーンでした。 そして自分の分析とは反し、小鉄を助ける選択をします。 しかしこれはただ単に炭治郎の言葉に心を打たれた、というだけではないのです。 実はこの言葉は無一郎にとって特別な言葉だったのです。 それは 無一郎の父が口癖としていた言葉でした。 ここから無一郎はどんどん記憶を思い出していくのです。 なぜ炭治郎がイメージとなって語りかけたのか? さらに、なぜピンチの時に炭治郎が頭をよぎるのか。 炭治郎本人から言われていない言葉も、無一郎の頭を巡る。 「思い出したよ。 僕の父は君と同じ赤い瞳の人だった」 (コミックス14巻より) つまり炭治郎の顔立ちそのものが無一郎の記憶を呼び覚ますきっかけになっていたのです。 でも日の呼吸の子孫である無一郎の父と炭治郎が似てる、なんて偶然ではないですよね?? ・・・ ともかく、記憶を取り戻した無一郎は覚醒しました。 顔に雲のような痣が浮き出て、今までにない位の力を発揮し、あっという間に十二鬼月である玉壺に見事打ち勝つのでした。 いつも空ばかり見ていたから雲の痣が浮き出てきたのかもしれませんね。 どこで知ったのか、無一郎達は始まりの呼吸と呼ばれる 日の呼吸を使う一族の末裔であったことが判明。 私のイメージだと霞は風+水のような気がしますが、まあ独自の性質変化ですよね。 日の呼吸は杏寿郎の父でさえも嫉妬した使い手なので、日の呼吸自体使える人はほんの一握りなのでしょう。 いくら末裔だからと言って日の呼吸自体を受け継いでいるわけではないようですね。 また無一郎の家庭では木を扱っている仕事に従事していた為、日から風に性質変化。 さらには記憶を失う、などなど・・・体の変化も+され鍛錬していく中で 自分だけの呼吸が発現した?とも考えられますね。 まさか炭治郎と同じように、 今後物語が進む中で日の呼吸発現…?!なんてこともありえなくないかもしれません!• 覚醒前の無一郎の性格は死んだ兄に近い。 なぜなら大事な兄のことまで忘れることを恐れたから?• 覚醒直前に現れた炭治郎は、実は父親のイメージだった。 炭治郎ととても似ていた• 無一郎は日の呼吸の末裔だが、継承が途絶えていたことなどから、独自の「霞」に行きついた? 優しい心の持ち主から亡くなっていくことが多くて胸が張り裂けそうです。

次の

【鬼滅の刃】霞柱・時任 無一郎(ときとうむいちろう)の強さの秘密。日の呼吸の使い手との関係は?

ときとうむいちろう可愛い画像

こんにちは! 今日は鬼殺隊の柱の中で最年少、剣を握ってたった2年で柱となった天才、無一郎について書いていくよ。 天才の天才たる所以はその血筋にあるようだが、 その血筋とは…?! また可愛らしい少年とは思えない辛辣な言葉が次々に飛び出すその性格。 炭治郎とのふれあいでどう変化していくのか…? ではどうぞ! 目次• 無一郎の人物像• 無一郎の強さの秘密• 無一郎の過去と痣の出現• 無一郎の変化• まとめ 無一郎の人物像 無一郎は一見感情の起伏がないように見える少年だ。 瞳には輝きがなく表情も乏しい。 その無表情に似合わず口から出る言葉は辛辣で、 他人を慮ることはしない。 無駄・回り道もしない。 しかしこの極端に起伏の少ない性格は 実は記憶喪失などに起因しているのであった。 無一郎は鬼殺隊に入る前に家族を亡くしており、 それ以来記憶をなくし、また日々のこともあまり記憶しておけない様子。 常にぼんやりと物事を見ているようである。 そんな口の悪さだけの目立つぼんやり少年だった無一郎だが、 炭治郎と関わり合い、また上弦とのギリギリの戦いの中で ハッキリと記憶を取り戻す。 本来の無一郎はとても優しく、 自分ではない誰かのために無限の力を出せる選ばれた人間だ。 (と、亡くなった双子の兄が回想で言ってた) 無一郎の強さの秘密 無一郎は柱の中で最年少であり、 恐らく炭治郎より年下である。 宇瑞によると 剣士になって2カ月で柱になったというから驚きである。 しかしその若さで柱になるには相当な努力と鍛錬を要したはずだが、 そもそもその血筋が特別なものであったようだ。 無一郎が連れている鎹鴉(かすがいガラス・まつ毛の長いメス・ 嫌味)が言うには、 『日の呼吸の使い手の子孫』らしいのだ。 しかしながら使うのは 『霞の呼吸』だが、 戦闘センスは受け継いだものも大きいようである。 無一郎は高速移動を得意とし、動きに緩急をつけることで残像を見せたり霞のように消えたりと敵を翻弄する。 作中で出てくる技としては、 壱(いち)の型 垂天遠霞(すいてんとおがすみ) 弐(に)の型 八重霞(やえかすみ) 参(さん)の型 霞散の飛沫(かさんのしぶき) 肆(し)の型 移流斬り(いりゅうぎり) 伍(ご)の型 霞雲の海(かうんのうみ) 陸(ろく)の型 月の霞消(つきのかしょう) 漆(しち)の型 朧(おぼろ) 他の柱に比べ無一郎はたくさんの技が作中に出てくる。 また見た目も美しく迫力がある。 しかしながら柱最年少にして『上弦の伍』をたった1人で倒してしまう戦闘力。 ヤバすぎる。 無一郎の過去と痣の出現 無一郎は鬼殺隊に入る前の記憶が無く、後遺症で現在の記憶もあまり止めておけない。 しかし、炭治郎と関わる中で、上弦とのギリギリの戦いの中で、 徐々にその記憶を取り戻していく。 『人のためにすることは、巡り巡って自分のためにもなっているもの』 この言葉を炭治郎から聞いた時、 いつも霞がかった無一郎の瞳にかすかに輝きが戻る。 実はこの言葉は鬼殺隊に入る前、 まだ穏やかな性格だった無一郎が双子の兄・有一郎に自らかけた言葉だった。 上弦の伍との戦いの最中、水獄鉢(すいごくばち)という技で水の中に閉じ込められた無一郎。 薄れゆく意識の中、誰かにかけられた言葉が蘇る。 それをきっかけにだんだんと記憶が戻っていく。 無一郎は鬼殺隊に入隊する前は杣人(そまびと・きこり)の父を手伝い生活していた。 しかし父は病気の母に薬草を持ち帰るため嵐の日に出かけ崖から落ち死亡。 母も肺炎で亡くなった。 遺されたのは双子の兄弟だけだったが、有一郎は言葉がきつく無一郎にもきつく当たっていた。 そんな息が詰まるような二人だけの生活。 ある日の夜、余りの暑さに戸を開けて寝ていたところ鬼が侵入してきた。 兄の腕を切り落とされ、「いてもいなくても変わらないつまんねえ命」と言われたことに激昂した無一郎。 気付くと鬼をメッタメタに倒しており、顔を潰され身体中を木と刃物で刺され動けない鬼は朝日で塵となった。 鉛のような身体を引きずり家に戻ると、兄はまだ意識があったが朦朧としていた。 「神様仏様どうか弟だけは助けてください。 弟は俺と違う心の優しい子です。 バチを当てるなら俺だけに。 わかっていたんだ。 無一郎の無は無限の無なんだ。 」 『お前は自分ではない誰かのために無限の力を出せる選ばれた人間なんだ』 (実際は息も絶え絶え言ってます) 兄は本当は弟を想い、守りたくてついきつい言葉で危険から遠ざけていたのだった。 兄の本当の想いを知り涙した無一郎。 しかし無情にも兄は生き絶え、無一郎も兄の手を握ったまま動くことさえ出来なくなった。 兄に蛆が湧き、腐っていくのを見た。 自分にも蛆が湧き始め、死の淵を見た。 日の呼吸の使い手の子孫と知り、何度も鬼殺隊へ勧誘しに訪れていたあまね(鬼殺隊のボス・産屋敷の妻)が来なければそのまま死んでいた。 全ての過去を思い出した無一郎。 あの時の煮えたぎるような怒りを思い出し、鬼を根絶やしにするための血の滲むような努力を思い出したとき、 無一郎の頰に、手に、足に、雲のような痣が出現したのだった。 痣の出現により形成逆転し見事上弦の伍をたった一人で倒した無一郎。 限界を超え倒れた無一郎の目には、父と母、そして兄の姿が見えた。 「頑張ったなあ」微笑む兄。 無一郎の目に涙が溢れた。 (筆者の目はすでに涙で滝だった) 無一郎の変化 無一郎は炭治郎と出会い、関わるうちにどんどんと変化を遂げる。 初めの頃はとにかく冷たく、感情の起伏も無く、 無駄を省くためなら他人を慮ることも全くしない。 炭治郎曰く、 『正しいかもしれないが配慮がなく残酷』。 刀鍛冶の里が襲われた際にも とにかく効率と助ける者の優先順位のみに着目していたが、 炭治郎と関わりその優しさに触れ、また上弦との緊迫した戦いの中で 欠けていた記憶が蘇り、 如実にその感情と思考に変化が生じた。 瞳には輝きが戻り、表情も変化に富むようになってきた。 刀を打ってくれた刀鍛冶の鉄穴森(かなもり)さんに対しお礼を述べたり (今までは刀鍛冶の方が価値が低いと思っていたしそう扱っていた。 鉄穴森さんホロリ。 それ見て筆者もホロリ。 ) 今までは見捨てていた子どもを助けに戻るよう指示したり。 口の悪さは変わらないが、そこには冷たさでは無くユーモアが加わり軽快になった。 何より炭治郎に対しめっちゃくちゃ優しくなった。 (懐いた) 上弦との戦い後、炭治郎が遅れて参加した柱稽古では、 もちろん炭治郎が素直で優秀なのもあるが、ニッコニコで指導。 (他の隊士には冷ややか、出来てないからってのがあるけど) 今後は鬼滅のキャラの中で新たな分野の笑いを運ぶキャラとして活躍が期待出来そうだ。 まとめ 最初こそ扱い辛そうなキャラであったが、 記憶を取り戻した今、確固たる強さと意志を持ち、笑いを誘う毒舌へと進化した無一郎。 筆者も登場当初はイラッとさせられることが多かったが(マンガに振り回されがちな人生)、 今では可愛いわ〜ヨシヨシ!という気持ちで見守っている(単純)。 また柱最年少にしてめちゃくちゃ強いし冷静なので、 連載中の本編がクライマックスを迎える中、 大きな活躍を期待している!頑張れ無一郎!! ではまた別記事で。

次の

【鬼滅の刃】霞柱・時任 無一郎(ときとうむいちろう)の強さの秘密。日の呼吸の使い手との関係は?

ときとうむいちろう可愛い画像

スポンサーリンク 【鬼滅の刃】当主は産屋敷耀哉 うぶやしきかがや 現在の鬼殺隊のリーダーは、 産屋敷耀哉という青年です。 若くしてその地位にいるのは、 代々鬼を追う「産屋敷家」の当主がその任についているため。 同時に、産屋敷家の人間は代々同じ病気に蝕まれており30歳までに死んでしまうことが多いためです。 たしかに産屋敷耀哉も、そんな猛者たちのトップとは到底思えない風貌… 彼の武器は腕っぷしではなく、 その声なのです。 が、現在は敵との相打ちを狙った 自爆により死亡しています…。 享年23歳でした。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】蟲柱 胡蝶しのぶ こちょうしのぶ) それではここから、「柱」のメンバーをひとりひとり紹介していきましょう! 「それ(容貌)だけでも食べていけそう」な美人であり、優し気な笑顔をいつもたたえています。 女性であるがゆえ非力で、「柱」メンバーであるにも関わらず、 彼女は鬼の頸を切ることができません。 では、鬼を倒せないかというと…? 胡蝶しのぶは医学に精通した「 毒使い」なんですね。 自ら精製した毒を刀に塗り、ほんのわずかな傷から鬼を毒で侵し殺します。 ある意味、一撃必殺の使い手ですね。 優しさと怒りの間に揺れる不思議かつ魅力的なキャラクターでしたが、姉の仇と狙っていた 「上弦の弐・童磨(どうま)」と交戦し、命を落とします。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】水柱 冨岡義勇 とみおかぎゆう) 水柱、水の呼吸の使い手。 水の呼吸(と炎の呼吸)はどの時代にも存在した、基本中の基本かつ最強の呼吸の柱です。 冨岡義勇の実力も非常に高く、冨岡義勇の間合いの中では、すべての術が無力化されます。 竈門兄妹とも深いかかわりがあり、 まだ明かされない部分も含めストーリー中の重要人物でしょう。 まだ若い10代で柱入りしたこともあり、今後も活躍が期待されるところです! …が、本人は鬼殺隊入隊のいきさつがどうも今でも引っかかっており、「 自分は鬼殺隊の柱である資格がない」と思い詰めているようで… 冷静沈着であまり感情を顔に出しませんが、次第にお茶目なところも見せてきているキャラクターです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】炎柱 煉獄杏寿郎 れんごくきょうじゅろう) 炎柱・炎の呼吸の使い手です。 煉獄杏寿郎は 炎の呼吸を代々受け継いできた名門、煉獄家の子息です。 引き継がれた天賦の才に加え、誰にも言わず驕らずたゆまぬ修行を続ける努力家。 言うまでもありませんが、 剣の腕は超一流です。 その凄さは 「上弦の参・猗窩座(あかざ)」にも認められ驚かれたほど。 ひとことで言うと前向きで明るい性格なのですが、実は彼も重たい家族の問題に負けずに生きてきました。 生い立ちによって歪んでしまうキャラクターが多い中、本当に「強い」人間なんです。 よく配下の面倒を見る、アニキ的な性格でした。 残念なことに 猗窩座との戦いの後、死亡しています。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】音柱 宇髄天元 うずいてんげん) 音柱・音の呼吸の使い手です。 元は忍び(忍者)…というと、地味な隠密行動をとっているのでは?なんてことはなく、 じゃらじゃらとアクセサリーを付けた見た目はハデハデ、技も爆発音を伴う剣技で、忍びのイメージからはほど遠いのでした。 人間は長く「上弦」の鬼たちを倒せない時代が続いていましたが、宇髄天元が100年ぶりに「上弦の陸・妓夫太郎、堕妃兄妹」を倒す快挙を成し遂げました。 ここからいよいよ、人対鬼の死闘が本格化していくのです。 ただし、 宇髄天元自身も深手を負い、この傷が元で「柱」を引退しています。 そのため現在音柱は空位です。 「俺様」気質の男で、女好き、嫁が複数います(笑)。 それもうなずける、男気のあるいい男です。 柱を引退した現在は、 「くノ一」の嫁と後進の戦士を育て、鬼殺隊に貢献しています。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】恋柱 甘露寺蜜璃 かんろじみつり) 恋柱・恋の呼吸の使い手です。 恋の呼吸…?ってところなのですが、甘露寺蜜璃を見ているとなんだか理解できる気がします。 彼女の必殺技を見るとわかりやすいかもしれませんね、たとえば「 壱ノ型 初恋のわななき」。 初恋のわななきを全身に走らせるような…、「切り裂き技」です。 決して魔法的ではない超肉体派な戦い方をする彼女の得物は、鞭のようにしなる細身の剣。 その使用を可能にするのは、 常人の8倍もの筋密度を誇る彼女の「特異体質」です。 零れんばかりの巨乳、ファニーなピンク髪、バトルでは実力者。 そんな彼女のキャラクターは、とても明るくて素直、いつも泣いたり怒ったり非常に感情が豊かで見ていて飽きません。 実は意外にクールで物事の本質を見ているところも。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】岩柱 悲鳴嶼行冥 ひめじまぎょうめい) 「岩柱」と呼ばれています。 岩の名に恥じない巨漢、どっしりとした構えの剣士が悲鳴嶼行冥です。 武器は両刃の斧のようなもので、恐らく日輪刀に類するものなのでしょうが、刀の形をしていません。 ただでさえ重い斧の柄からは鎖が伸び、棘付きの鉄球が付属しています。 これを取り扱えるだけでただものではありませんが、なんと悲鳴嶼行冥は 盲目の剣士でもあります。 失明していることは戦闘でも大きなハンデだと思いますが、それでも「鬼殺隊最強」がささやかれる強さを誇ります。 彼の光を失った双眸は何を見てどのような戦いをしているのでしょうか…。 大きな体を羽織りに包み、いつも念珠をたずさえ合掌し念仏を唱えています。 瞳孔のない白眼からは涙を流していることもあります。 その心は過去の悲劇により深い諦観に覆われており、いつも彼なりの「慈悲」の心で行動をしているようです。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】霞柱 時透無一郎 ときとうむいちろう) 霞柱・風の呼吸から派生した 「霞の呼吸」の使い手です。 同時に時透無一郎は「日の呼吸」の使い手の末裔であるようで、 額に「痣」を発現することがあります。 まだその実力のすべては明かされていませんが、 どうやら同じく「痣」を発現する炭治郎となんらかの関係が疑われます。 刀を握ってたった2か月で「柱」入りしたという天才、同時に努力家でもあります。 外見はいたってふつうの少年で、長く伸ばした髪やぼんやりした瞳からは、そのような凄みは感じられません。 記憶を失っていたことがあり、性格的にも非常に忘れっぽく、突発的に関係ないことを話し出してしまうような不思議な少年でした。 鬼を滅するということに関しては非常に真摯で、直接的な物言いをするために誤解を受けることも。 記憶を取り戻し「痣」を発現したことにより、茫洋とした部分は影をひそめ、剣士として急成長をした感があります。 「上弦」の鬼との戦いで見せた無敵ぶりは、今後の鬼との戦いで無一郎が大きな役割を果たすことを期待させます。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】蛇柱 伊黒小芭内 いぐろおばない) 「蛇柱」の二つ名を持つ剣士です。 「蛇の呼吸」の使い手ですがまだ戦闘時の実力が明かされておらず、謎の多い剣士です。 蛇の名の通りなんとなく陰湿でネチネチした雰囲気があるキャラクターです。 …がその実態はいまのところコミカルに描かれています。 口元を隠すように巻かれた包帯、片目を隠す長い前髪、もっさりしたおかっぱ頭… のくせに(失礼!) 「恋柱」甘露寺蜜璃(かんろじみつり)に惚れているらしく、ネチネチした行動・言動の中に嫉妬や恋心が描かれています。 なんだか相手にされていない感に、申し訳ありませんがニヤニヤしてしまいますよね。 性格的には非常にまっすぐで、強く鬼を憎悪している剣士です。 強くカッコイイ伊黒小芭内の活躍が、待ち遠しいですね。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】風柱 不死川実弥 しなずがわさねみ) 風柱・風の呼吸の剣士です。 風の呼吸は目にも止まらない素早さが身上で、「 全集中の呼吸」の基本の五呼吸のうちのひとつ。 不死川玄弥の実兄にあたり、 弟・玄弥と同じく鬼に家族を襲撃された事件がきっかけで、鬼殺隊を目指すことになります。 身体中傷だらけ、大きく開いた三白眼に逆立った髪、全身から殺気を漂わせる凶相です。 加えて、鬼に対して非常に容赦のない性格で、初登場時は鬼である禰豆子を殺そうとし、かばう炭治郎と悶着をおこしました。 というのも、 過去に鬼にされてしまった実母に襲われており、鬼というものはすべからく殺すものという考えを捨てきることができないのです。 下の兄弟たちを守るためやむなく母と戦い、その姿を玄弥に見られ「 人殺し」とののしられた過去を持ちます。 その後も兄弟の和解は無いようで、「 弟はいない」とまで発言しています。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】継子 つぐこ とは? 「継子」とは、 「柱」が直々に育成する後続の剣士のことです。 柱が自ら選び「継子」とすることを決め、育てます。 胡蝶しのぶ-栗花落カナヲは継子の関係であり、カナヲの鬼殺隊入隊の以前から、育成がはじまっていたことがわかっています。 そして 継子には「継」の字が入っていますが、「呼吸の能力を継ぐ」わけではないようです。 たとえば胡蝶しのぶは水の呼吸から遠く派生した「蟲」の呼吸の使い手ですが、継子の栗花落カナヲは「蟲」の呼吸を使っているのを見せていません。 また、悲鳴嶼行冥-不死川玄弥との関係のように、直接に修行を付けていても継子として育てているわけではない、という状態もあります。 スポンサーリンク 【鬼滅の刃】柱の中で一番強いのは誰? ここまで九人の柱をご紹介させていただきましたが、一番の実力者と言えるのは誰でしょうか? それぞれのキャラクターの性格や戦い方に一長一短があるので一概に言えるものではありませんが、現状であれば 岩柱・悲鳴嶼行冥は確実に強いと言えるのではないでしょうか。 事実、単行本に収録されている「腕相撲ランキング」では、1位は悲鳴嶼行冥、2位は宇髄天元、3位は煉獄杏寿郎とされています。 が、強さというのはもちろん腕っぷしだけでは決まりませんし、成長により変動するもの。 死亡・引退したキャラクターは除くとして、 今後の伸びしろで「買い」なのは、やはり痣が発現したキャラクター、特に時透無一郎というのはどうでしょう。 物語上非常に重要な地位を占めるであろう 「日の呼吸」の使い手の末裔ですし、主人公炭治郎とのゆかりも深い。 今後ますますの活躍を期待できるのは!?と思います。

次の