妖怪ウォッチ 夢小説。 夢の跡【妖怪ウォッチ】

【妖怪ウォッチ】ふぶき姫に隠されたオモシロ裏情報18コ

妖怪ウォッチ 夢小説

WEBアンソロジー 【参加サイト一覧】• 「「I feel... 」」 有沙さん• 「empty song」 硝子さん• 「きくるの森」 椎名憂希さん• 「戯言」 逢沢吉良さん• 「蝶の檻」 沙耶さん• 「Tears Virsin」 ゆこまむさん• 「天空の その上で…」 高村恵美さん• 「天使のザレゴト」 和泉かづささん• 「Heartful Days」 瀬奈みらくさん• 「rawra」 レイカさん• 「ラブノット」 まどかさん• 「ROOM BECAUSE OF BECOMING SALACIOUSLY」 高羽紅さん•

次の

妖怪ウォッチ4攻略wiki【妖怪ウォッチ4++攻略対応】

妖怪ウォッチ 夢小説

「いいや、勝つのは俺たち本家軍だ! 」 「俺たちの大義、天に誓って貫いてみせるぜ! 」 概要 CV: No 121 種族 ゴーケツ ランク S スキル ガマのまもり(きぜつしそうな味方をかばう) 好物 そば こうげき ドクロ割り ようじゅつ 大滝の術 必殺技 大ガマ変化の術(伝説のガマガエルの力を解放し敵全体を攻撃する) とりつく 大物にする(とりつかれた妖怪は大物感がただよいすぎて常に敵からねらわれる) 耐性 水 弱点 雷 数百年生きたというガマガエルが変異した姿。 長生きのポイントは枯れることなくおしゃれに気をつけることだとか。 (妖怪大辞典より) 妖怪の世界を二分する勢力、「本家」の大将。 舌のような自由自在に動く髪を持ち、それを使った攻撃を得意とする。 古典妖怪らしくない、自由奔放で血の気の多い性格。 また口調はと違い、「ウソだろ・・・」「マジかよ! 」など今時な口調。 更には「ヒートアップ」「テンション」といった、この時代には普及していないはずの横文字も多数挟む。 色違いとして がいる。 また、額に1本の角が生えた鬼系妖怪として がいるが、こちらはUメダルのイマドキ妖怪。 入手方法は、過去のケマモト村から「平釜平原」に行き、本家軍大将の「大ガマ」からたのみごと「大胆不敵!本家大将!!」を受ける。 ムゲン地獄第7階層の、またはアミダ極楽第3階層のから「天地まんじゅう」を入手して大ガマに渡すと、戦闘になる。 勝利すれば、ともだち妖怪となる。 なお、この時のイベントで辛党だということが判明した。 妖怪ウォッチ3 第6章「シャッチーと妖怪ウォッチ工場」で登場。 ヨップル社内の妖怪ウォッチ工場見学に、「古典妖怪代表」として土蜘蛛共々正体を受けた。 遠慮しようとする土蜘蛛とは対照的に、「新し物好きとしてはこのビッグウェーブには乗っておきたい」と終始ノリノリであった。 それ以降はストーリークリア後且つウォッチランクをSにすると出現する探偵クエスト「本家軍大将!大ガマの捜索」で登場。 、、から情報を集め、ダミアン農場の池で大ガマに話しかけるとバトル突入。 勝てば必ず友達に出来る。 このクエストをクリアしないとが登場するクエストが出現しない点に注意。 本作ではの解放条件に指定されている(土蜘蛛も同様)。 劇場版 物語終盤でのともだち妖怪として登場した。 アニメ 本編では、第198話「妖怪大合戦土蜘蛛VS大ガマ一回戦」というタイトルにて初登場し、元祖軍と本家軍に分かれて、下着はブリーフとトランクスのどちらが良いかで争い、本家軍が敗北した。 第203話 「妖怪大合戦 土蜘蛛VS大ガマ 二回戦」 第209話 「妖怪大合戦 土蜘蛛VS大ガマ 三回戦」 第212話 「妖怪大合戦 土蜘蛛VS大ガマ 四回戦」 詳細はの記事を参照。 ちゃお版 に会いに過去の世界へとやって来たと出会う。 ここでもゲーム通り饅頭の一件で元祖軍と戦っているが、部下の妖怪達は大将である大ガマに従わなくてはならないから仕方なく適当に戦っているだけだという辺り、若干軽んじられている。 その後、天地まんじゅうを携えたフミちゃんに説得されて戦いを終結させ、フミちゃんと友達になった。 関連イラスト.

次の

大ガマ (おおがま)とは【ピクシブ百科事典】

妖怪ウォッチ 夢小説

妖怪ウォッチとは ある夏の日、ケータは虫取りをしている最中に妖怪執事のウィスパーと出会い、妖怪を見ることのできる不思議な時計【妖怪ウォッチ】を手に入れる。 あらゆる場所に出没する妖怪と友達になり、時に彼らと協力して、町の人々の悩みや問題を解決する。 世の中の困った問題や不思議な現象は全て「妖怪のしわざ」とされており、妖怪と「ともだち」契約をすると妖怪メダルが渡され、妖怪ウォッチで召喚することができる。 take1 久我春日が妖怪と「ともだち」契約をし、妖怪ウォッチで召喚したのは神楽だった。 「かぶき町の女王アル。 テメーらひれ伏しな。 」 神楽は持ち前の馬鹿力で、悪党をなぎはらい、かぶき町の女王と名乗るようになった。 彼女の胃袋は、さすが妖怪というべきなのだろう。 とりあえず我が家のエンゲル係数がとてつもない数字になった。 ウチが食糧難になったのは誰のせい? 妖怪のせいなのね、そうなのね。 take2 久我春日が妖怪と「ともだち」契約をし、妖怪ウォッチで召喚したのは猿飛あやめこと、さっちゃんだった。 「さっちゃん、納豆くせぇよ」 「春さん。 貴方がなんといおうと納豆はやめられないわ。 私のアイデンティティだから!!」 「............ (換気扇まわすか)」 「ふふ。 そうやって無視するのね。 いいわ、焦らしてみなさい!」 「............ あぁ!もう、ダメ!春さん、私をメス豚って呼んでェェェェ!!!」 ご覧のとおり、生粋のドM妖怪である。 」ドゴォ! 春日は無言でさっちゃんを蹴飛ばした。 空のかなたへと飛んでいった。 「壁、突き破っちまったなぁ。 さっちゃんに請求するか」 春日はドライに対応している。 これもまた、妖怪のせいなのね、そうなのね。 take3 久我春日が妖怪と「ともだち」契約をし、妖怪ウォッチで召喚したのはお妙だった。 可憐で美人な姿とは、裏腹に彼女の手料理は凶器であった。 今日もまたひとり救急車に運ばれる被害者がいる。 「あのー、この黒い物体は何でしょうか?」 春日が遠い目をして、問いかける。 「たまごやきですぅ」 断固としてたまごやきと言い張るが、それはダークマターだ。 あれ、おかしいな、目の調子が悪いぞ。 余談だが、彼女の弟はこのダークマターを日々摂取したため、目がわるくなったらしい。 春日はひとくち、口にいれた。 が、直後泡を吹いて意識を失った。 ダークマターは誰のせい? 妖怪のせいなのね、そうなのね。

次の