絵の具 遊び。 絵の具を使った2歳児との遊び方!親子でいろいろな遊びを楽しもう

片栗粉と絵の具でスライム遊び!作り方・分量も紹介!

絵の具 遊び

子供が生まれて2年くらい経つと歩きまわって大変な時期になってきます。 2歳から3歳の幼児は本当にいろんなことをしてくれます。 手当たり次第に歩き回り、いたずらも覚えてきます。 壊されたくないのなら、幼児の手の届かない場所にしまっておかないといけません。 その年齢になると、そろそろ幼児教育を始めてみようという感じになってくると思います。 「知育玩具、色鉛筆、ピアノ、絵の具などを使って子供を遊ばせよう!」(一緒に遊ぼうかな?) ってな具合に。 将来絶対に子供の役に立つからと、気が早いというかなんというか、自然に、おもちゃを買い与えてあげちゃいます。 その中でも、知育のために、とても効果的な遊び道具ですが、注意しなければいけない玩具もあります。 それが、絵の具です。 小学生くらいになると、口に入れることもないので大丈夫ですが、絵の具の種類によっては、健康に悪い影響を与える成分を含んでいる絵の具があるため、小さな幼児には使わせてはいけない絵の具が多いのです。 この記事では、最初に 幼児の絵の具遊びのねらいと、絵の具の安全性についてまとめています。 次に、 1歳や2歳の子供でも、安全で安心して遊ぶことのできるおすすめ絵の具を紹介していきます。 幼児の絵の具遊びのねらい! 2人の子供の成長を見てきて感じたことは、小さなときから子供が絵を描いたり、絵の具を使って色を混ぜたり、色を塗ったりという感覚は、小さなころに身につくものなんだなということ。 娘は、2歳くらいから、ずっと絵を描くのが好きな子供に育ってくれて、絵の具も当たり前のように使わせていました。 今は8歳。 すでに、私よりもうまく絵が描けるようになりました。 そんな絵を描くことが大好きな娘を見てきて私が実感した「幼児が絵の具を使って遊ぶねらい」は、 「熱中して取り組むことで、集中力が増すようになる」ということです。 概して小学校に入る前までの子供は、集中して物事に取り組むのが苦手です。 子供によっては、小学生になっても、いつまでも集中できない子供もいるのかもしれません。 幼児なら、同じ作業をし続けることは難しいです。 あっちに行ったり、こっちに行ったり、これが普通です。 しかし、小さくても、幼児でも、集中して絵を描くことに取り組めるようになると、集中力が続く子供に成長してくれるのです。 小さなときに集中力が付くと、勉強だけでなく、興味があることに集中して取り組むことができるようになります。 その結果、習い事でも良い結果を残せるようになっていくのです。 一般的には、幼児の絵の具遊びのねらいは、「自分で絵の具を混ぜたり色を塗ることで、色を混ぜたときの変化を認識したり、絵を作り上げることを通して脳の発達を促すこと」と言われます。 また、色彩感覚を豊かにして絵がうまくなることも大切なねらいです。 付け加えて、絵を描くことで集中力がついたり、得意なことができるっていうことも、とっても大切なことと言えます。 絵を描くことを始めたばかりの幼児だと、絵の具を使っている間は、ずっとついていないといけないです。 ですが、少しすれば、自然と集中してくれるようになっていきます。 絵の具の安全性について! 我が家では、2歳から子供に絵の具を使わせていましたが、子供は、何でも口に入れちゃいます。 また、手についた絵の具を、自然と口に持っていくなんていうのは普通にあります。 絵の具には、人の体に有害な物質が入っている絵の具もあります。 カドミウムなどは絵の具の原料の中で有害物質として有名です。 また、昔の話だと、水銀やヒ素なども絵の具の顔料として使われていたこともあり、それらによる中毒症状が出ていたということもよく知られたことです。 さらに、近年だと、絵の具のチューブが鉛製のために、人の体に悪い影響を与えていたというのもあります。 幼児や小さな子供向けの絵の具に、これらの有害物質は使われていません。 しかし、絵の具の顔料を定着させるための固着材や、保存を効かせるための防腐剤などの添加物は入っています。 添加物には、深刻な健康被害が出てしまう物質が含まれていることもあります。 例えば、エチレングリコール類やプロピレングリコールなど。 澱粉から作られるデキストリンを使って顔料を定着させる絵の具でも、防腐剤は入っていて、これらの物質が使われることがあるのです。 なので、特に、小学生以下の幼児が絵の具を使う場合には、安全で口に入っても大丈夫な絵の具をを選ぶようにすることをおすすめします。 そうでない絵の具を使うのなら、あなたが、ずっと、そばで見ていて、万一の時には対処する必要があります。 2人の子供を見ていて! 我が家には2人の子供がいます。 2人の子供の成長を見ていると、絵を集中して上手に描けるようになるかどうかは、子供の個性に関係しているのかなということを実感するようになりました。 娘は、絵を描くことが好きで、いったん描き始めると完成するまで集中力が続きます。 一方で、息子は、そんなことはなく、絵を描いている途中で興味が別のことに向いてしまうことが多いです。 もちろん息子も、小さなころから絵を描くことは、娘と一緒になってやっていました。 1歳から始めていたと思います。 絵の具もしっかり使って、ボディペインティングもしていました。 絵を描く力に関してついては、子供の向き不得手はあります。 ですが、それを通して親子ともども学ぶことは多かったと思います。 子育ては、子供に応じた方法を取る必要があります。 絵を描くことに熱中できる子供なら、絵の具、色鉛筆、クレヨンだけでなく、もっといろんな方法に挑戦してみてもいいですね。 絵を描くことに向かないとしても、得意となることを早めに見つけてサポートしてあげることが必要なことだと私は思っています。 子供の得意なことを伸ばすというのは、その子供の自信につながっていきます。 それは、絵を描くことでもよいですし、英会話でも良いです、何でもいいのです。 その際に安全な道具を準備してあげるのがとても大切なことです。 幼児向け絵の具のおすすめは〇〇! 幼児向けの絵の具は、なかなかどれを選んだらよいのか分からないものです。 安全と言っても、よくわからない化学物質で作られている場合もあり、原材料を見ても本当に安全なのかどうか分からない場合が多いです。 子供用の絵の具を使うとなると、本来なら筆を使って紙に描かせるようにしたいところです。 しかし、小学生以下の幼児が、初めから筆を使って描くことは、まずできないです。 そんため、初めて絵の具を使って絵を描く場合には、ハンドペインティングがおすすめになってくるのです。 幼児向けの絵の具は、幼児に安全な成分を使っている場合が多いです。 しかし、実際に、腐食防止のため幼児の口には入れたくない成分が含まれています。 石油から化学合成して作った成分を使っているものもあります。 人への影響がないと言いますが、小さな幼児が化学合成した絵の具を口の中に入れてしまうこともあります。 そのため、いつも子供のそばにいて、口の中に絵の具が入らないように注意しなければいけません。 これが従来の幼児が絵の具を使う上での注意点でした。 最近では、幼児の口に入っても、大丈夫な成分で作られた絵の具もあります。 絵の具自体が、野菜から作られているもの。 定着と乳化のために澱粉から作られたデキストリンを使用していて、防腐剤が一切使われていないものもあり、安全で安心。 幼児が万一口に入れても、野菜由来なので悪い影響が出ることがありません。 食べさせるものではないですが、万一のことを考えると安心できる絵の具を使いたいもの。 安心して、道具を使うことができるから、子供がのびのびと絵の具遊びに集中することができるのです。 小さなころから絵の具でたくさん遊ばせることで、子供の集中力を高められるようにしていきましょう。 やさいいろ 「やさいいろ」は、天然のハーブや野菜を使って作られた無添加の絵の具。 インドでマハラニオーガニック社を設立し、オーガニックコットンの安心のできる染料開発の過程で、現地で作った絵の具です。 口に入っても安全・安心な野菜を材料として使っているので、小さな子供でも、安全で安心して遊べる絵の具に仕上がりました。 実際に使ってもらった日本のママから高評価をもらいました。 「やさいいろ」は、粉絵具。 必要な量をカップに入れ水を入れて使います。 ボディペインティング、ハンドペインティングにも使うことができます。 1歳からの幼児も安心して遊ぶことができる安全な絵の具です。 さん yasaiiro がシェアした投稿 — 2018年 4月月14日午前1時07分PDT まとめ! 幼児の絵の具遊びのねらいと、おすすめの絵の具を紹介しました。 子供の絵がうまくなると結構うれしいものです。 また、小さな子供の想像力に満ちた絵は、小さなときしか描くことはできないので、その時の思い出として、ずっと残せます。 私が印象に残っている子供の絵は、お月様がいっぱいある絵です。 地球では一つしかないけど、土星、木星では月はたくさんあります。 そんな事実と結びついて、子供の想像力に感心しましたね。 (惑星ベジータにもたくさんあったような。。。 ) 2歳から3歳くらいが、一番子供がかわいく感じるときです。 その時の思い出作りのためにも、絵の具で子供といっぱい遊ぶのもおすすめできる遊び方です。 親バカと言われようとも、子供はかわいいもの。 小さなときに才能を伸ばすために、子供にいろんなことを挑戦させましょう。 その年齢のその時期は、その時しか経験できませんからね。 子供向けのお絵描き・絵の具セットはこちらを見てみてくださいね。

次の

絵の具遊び スポンジスタンプの簡単な作り方・準備方法|レッツ知育【Let's 知育】

絵の具 遊び

技法一覧について 美術の技法を紹介しています。 モダンテクニックでは、モダンテクニックを専門とする現役の先生から頂いた作例を載せたり、実際にモダンテクニックを用いた作品づくりを行った時の写真を載せたりしながら、モダンテクニックの描画方法について解説しています。 特に、モダンテクニックは、小学校教科書に記載されている作例の多くで用いられている描画方法ですので、図画工作・美術教育にお勧めです。 また、小学校や中学校の教室をお借りして、実際に授業で使用した指導案も掲載しています。 モダンテクニックとは、偶然にできる形や色を利用した効果や表現のことです。 モダンテクニックには、以下のような種類が存在します。 ・吹流し(ドリッピング) ・霧吹き(スパッタリング) ・こすりだし(フロッタージュ) ・合わせ絵(デカルコマニー) ・墨流し(マーブリング) ・型押し(スタンピング) ・はり絵(コラージュ) ・ひっかき(スクラッチ) ・ろう染め(バチック) ・にじみたらし込み イギリスに住むアイリス・グレイス・ハームショーという少女をご存知でしょうか。 自閉症の治療のために絵を描き始めたモダンテクニックを駆使する5歳の芸術家です。 アイリスの母親が、彼女の絵をネットで公開したことをきっかけに、アイリスの絵は瞬く間に世界中で有名になりました。 吹流し(ドリッピング)とは、水を多く含んだ絵の具を絵筆に染み込ませ、直接画用紙に絵筆で描くことをせず、絵筆から絵の具をポタリとしたたらせて画用紙に描く絵画描法のことです。 また、ポタリと落ちた絵の具をストローなどで吹き流し、多様な軌跡を描いたりします。 霧吹き(スパッタリング)とは、絵の具を目の細かい網に塗り、それをブラシでこすることで、絵の具を小さな粒にして画用紙に飛ばす絵画技法のことです。 また、目の細かい網に絵の具をつけたブラシでこする方法もあります。 目の細かい網に絵の具をつけたブラシでこする霧吹き(スパッタリング)の仕方を紹介しています。 霧吹き(スパッタリング)の小技について紹介しています。 霧吹き(スパッタリング)によるグラデーションの付け方や、模様の付け方を紹介しています。 フロッタージュとは、表面の凸凹(でこぼこ)した木や石などの上に薄めの紙を乗せ、その紙を鉛筆や色鉛筆、クレヨンなどで擦ることで、紙の下にある木や石などの凸凹を擦り取る絵画技法のことです。 まずは、合わせ絵(デカルコマニー)の発祥から説明したいと思います。 合わせ絵(デカルコマニー)とは、画家のオスカー・ドミンゲスが、シュルレアリスム期の1936年に発明した技法のことで、主に絵画で使われている技法です。 紙に絵の具を塗り付け、別の紙に押し付けることで、塗りつけた絵の具を転写して描画する方法を紹介しています。 墨流し マーブリング とは、水面に水よりも比重の軽い墨汁や絵の具を垂らし、水面に浮かぶ墨汁や絵の具の模様を紙に染め取る絵画技法のことです。 型押し(スタンピング)とは、凹凸のあるものや、絵の具をつけて型取りができるものに絵の具をつけて型(スタンプ)として、画用紙などに押し当てて型の模様を表す絵画技法です。 紙を好きな形に切って自分だけのスタンプをつくることもできます。 また、並べ方を工夫したり、同じ型を繰り返し用いてリズム的なスタンプをしたりしても素敵な模様ができます。 はり絵(コラージュ)とは、写真や新聞、ボタンや紐、絵などの色々な素材を切り貼りし、それらを組み合わせてつくる絵画技法のことです。 はり絵(コラージュ)を用いる有名な画家としては、マックス・エルンストが挙げられます。 色鉛筆やマジック、絵の具などを使って、前のページで作ったはり絵(コラージュ)に描き込むと、より素敵な作品にすることができます。 ひっかき(スクラッチ)とは、あらかじめ下塗りした色の上に違う色を塗り重ね、その後、上の色を引っかいて削り取り、下の層の色を出す絵画技法のことです。 下の層の色となる下塗りには、黒色以外のクレヨンを主に使い、上塗りには主に黒いクレヨンや黒色のアクリル絵の具などを使います。 日本のひっかき(スクラッチ)作品と、海外のひっかき(スクラッチ)作品を紹介しています。 日本のひっかき(スクラッチ)作品では、現代美術家の川田裕子さんという、ひっかき(スクラッチ)技法を専門にしている現代美術家の制作動画を紹介しています。 ろう染め(バチック)とは、はじき絵とも呼ばれる絵画技法で、画用紙にクレヨンや油性絵の具、ロウなどで描いた上に、大目の水で溶いた水彩絵の具を置き、水分をはじいた色合いや効果を得る絵画技法のことです。 にじみたらし込みとは、水や絵の具を塗って紙を濡らし、乾かないうちに他の色を置いてにじませる絵画技法のことです。 筆に色水を含ませ、それを画用紙に塗って画用紙に色水を含ませ、多めの水で溶いた絵の具を筆に含ませ、筆の先っぽで色水に塗れた画用紙を触ります。 とび出す仕組みを3種類紹介しています。 1つ目のとび出す仕組みの制作方法と作成です。 2つ目のとび出す仕組みの制作方法と作成です。 3つ目のとび出す仕組みの制作方法と作成です。 中学校の教室をお借りして、実際に行った授業で使用した指導案を掲載しました。 ここに掲載している指導案に関してですが、指導案というよりは、現地の先生との打ち合わせをするために作成した展開案といった方が近いかもしれません。 小学校の教室をお借りして、実際に行った授業で使用した指導案を掲載しました。 ここに掲載している指導案に関してですが、指導案というよりは、現地の先生との打ち合わせをするために作成した展開案といった方が近いかもしれません。

次の

はじめての絵の具遊び!

絵の具 遊び

絵の具遊びの前に 絵の具遊びをする前(当日や前日など)に、こんな絵本を読んでおくと、一層絵の具遊びを楽しめると思います。 絵の具遊びをした後にまた絵本を読んであげると、さっき遊んだリアル体験が頭によみがえり、より深く絵本を楽しめるようになると思います。 >>> 絵の具遊びの準備 できるだけ「それはダメ!」とか「こうしなさい!」とか言わないために、準備をしっかりしましょう。 レジャーシートや新聞紙を広げる作業を子どもと一緒にやると、子どもは「何するのかな?!」とワクワクします。 遊ぶ場所は片付け、大きめのレジャーシートを敷き、その上に新聞紙を広げます• 紙は、画用紙・模造紙などできるだけ大きな紙を用意します• 絵の具は、とりあえず 赤青黄と、白があればたいていの色は作れます• 筆も太いのと細いのと何本かあると良いでしょう• 豆腐の空きパックが絵の具を入れるのに最適です。 終わったらそのまま捨てます• 子どものやることにはできる限り口を挟まず、見守ります• 自分も一緒に遊んで楽しんでいる姿を見せます• 「楽しかった!」「またやりたい!」と思わせるのを目標にします 我が家の絵の具遊びいろいろ これまで我が家で遊んできた絵の具遊びのいろいろを年齢を追ってご紹介します。 2歳1カ月、初めての絵の具遊びはパパへのメッセージカード 初めての絵の具遊びは、パパへのメッセージカードを作りたくてやりました。 ヒーの手形と私の手形を、ゾウに見立てています。 手形を取り終わったら、残った絵の具で好きに遊ばせました。 指で描いたり、筆で描いたり、とヒーは夢中になって遊んでしました。 青が好きなのは小さい頃からずっとぶれていないです。 2歳1カ月、クリスマスツリーを描こう 去年のクリスマスは、まだツリーは早いかなと思い、模造紙にクリスマスツリーの絵を描いて飾りました。 まず私がクリスマスツリーの枠だけを描いておき、ヒーに緑色で塗らせました。 たくさんはみ出ていますが、それも良しとして、思う存分塗りたくってもらいました。 それを乾かしている間に、オーナメントを色画用紙で作り、ツリーが乾いたらヒーに糊で好きな場所に貼ってもらいました。 このクリスマスツリーのイメージは、「」という絵本から着想を得ました。 小さなお化けがいます。 ヒーは、絵の具も飾りつけも楽しかったようで、毎日このポスターを眺めてクリスマスを待ちましたw。 けなげ…w 2歳5カ月、最終的にボディペインティングに… この時は、瓶の底や、ダンボールを筒状に丸めたものなどでスタンプ遊びをしました。 手形スタンプでも遊び、あっという間に手は真っ黒に。 手を洗いたいというので一旦着替えてまた遊びだしたのは良いけれど、また汚れるから薄着でいいや、と思ったら… やりました、ボディペインティング!教えてないのにw!もう物凄い真剣さで塗っていましたね。 こんなに楽しくてたまらない顔をされたら、もう黙って見守るしかありません…w 2歳7カ月、木に手形の葉っぱをたくさんつけよう この日は、私が大きな紙に木の幹と枝だけ色ペンで描いておき、そこに緑色で手形スタンプをペタペタ貼って木にしました。 完成!青色でもやりたいといって青い葉もついています。 春になったらピンクの手形スタンプで桜の木も作れますね。 2歳9カ月、色水遊び Sponsored Link 障子紙を正方形に切っておき、好きな折り方でたたんで絵の具に浸して、広げると、とてもきれいな模様ができあがります。 色水遊びや染め紙、と呼ばれる遊びです。 良く乾かしてから、空き箱に貼ってオリジナルの箱を作ったり、便せんとして使ったりできます。 我が家ではうちわにリメイクしてみました。 両面に好きな色柄の染め紙を糊で貼り付けて、乾いてからハサミで余分な部分を切り取りました。 2歳10カ月、絵の具で野菜のスタンプ遊び ピーマン、オクラ、の切れ端で野菜スタンプをして遊びました。 ピーマンはゆがんだ三角形みたいな形に、オクラは可愛い星型のスタンプが押されます。 もちろん筆でも遊びます。 筆で絵を描く感触、どのくらい力を入れるとどんな線になるのか、など、手先を使う訓練につながります。 完成! この日は、を長く使って遊びました。 このロール紙は、幅45cm、長さ30mもある無塩素漂白紙です。 画用紙や模造紙と違って長~くして使えるので、線路を描いてみたりすると面白いかもしれません。 お友だちが遊びに来た時に、「お絵かきしよ~!」と言ってこの紙をズザザザーっと広げると、それだけで子どもたちのテンションがあがります。 3歳1カ月、パパへのメッセージカード2016を作ろう 今年は2羽の白鳥にしました。 我ながら良い出来!ヒーは、手形を乾かした後に私が目やくちばしを描き込むのを見て、やっと白鳥に見えたらしく、「わぁ!はくちょうだぁ!」と大喜びしていました。 去年と比べて大きくなったヒーの手。 毎年定期的に手形をとると、見比べて子ども自身も成長を感じられます。 手形を取り終えると、お遊びの時間です。 プラスチックのアイススプーンに小さく切ったスポンジを輪ゴムでくくりつけたものを、絵の具にポンポンと付けて、画用紙にスタンプすると… まるで雪が降っているみたい!スタンプは、割り箸を割らずに長さを半分にしたものにスポンジをくくりつける方が使いやすいです。 うちには割り箸がなかったので、アイススプーンで作りました。 完成!雪だるまの部分は手を添えて、一緒にぐるぐると丸を描きました。 乾いてから目玉を油性マジックで書かせたらすごいアンバランス、だけど、なんだかシュールな感じになりましたw。 ヒーによると「うみと そらなんだ!」とのこと。 真ん中に飛んでるのは飛行機かな?良い作品だと思ったので、壁に飾ってあります。 子どもの作品って壁に貼ってる?どう収納する? 子どもは、自分の作品が壁に飾られたりすると、大切にされている感や親の愛情を感じるのだそうです。 というのを以前本で読んだことがあるので、我が家ではできるだけ壁に貼り、写真を撮り、新しい作品を貼る時は、本人に外してファイルにしまってもいい作品を選んでもらい、B4のクリアフォルダーに収めています。 こんな風に、成長が見られるお絵かきや塗り絵などを取って置いています。 B4サイズなのでたいていのものは入ります。 立体的な制作物は写真に撮って、本人がもう関心がなくなった頃に、紙袋に入れて本人に見えない場所で1カ月ほど一旦保管しておき、その間に一度も本人が思い出さなかったら捨てるようにしています。 もう少し大きくなって自分で判断して処分してくれるようになるまでは、この方法で行く予定です。 B4のクリアフォルダーはセリアのものを買いました。 1年に1冊(20作品入る)くらいのペースで増やす予定です。 作品の他にも、観に行ったしまじろうの映画のチラシなど思い出の品も少し入れてあります。 Sponsored Link.

次の