ホテル インディゴ 箱根 強羅。 うひひの日。*:.。☆..。.温泉宿泊レポ*:.。☆..。. : 2020年1月オープン!インターコンチ系列のブティックホテル『ホテルインディゴ箱根強羅』に行ってきました✨

Riverside Kitchen & Bar/ホテルインディゴ箱根強羅 【テイクアウト専用プラン】 ランチ プラン(11258017)・メニュー [一休.comレストラン]

ホテル インディゴ 箱根 強羅

travel. rakuten. rakuten. travel. rakuten. travel. rakuten. main? rakuten. r10s. jpg• 定期的な館内(料飲エリア)の換気• 定期的な館内共用部分の換気• 客室ご利用前後の換気 換気対応• チェックイン・アウト対応• お客様同士の距離を意識した整列・誘導• フロントにアクリル板設置等で飛沫予防• 非接触または非対面で可能• お部屋でチェックイン可能• お部屋でチェックアウト可能 チェックイン・アウト対応• 客室対応• 消毒液の設置• 空気清浄機の設置• マスクを設置または配布• 備品を都度、除菌清掃• 混雑を避け、客室稼働率を調整 客室対応• 食事対応• 提供・配膳方法を工夫(個別配膳等)• 会場の混雑状況の管理と分散化• 部屋食・個室食事に対応• 体調不良のお客様の入場制限 食事対応• お風呂場対応• 消毒液の設置• 浴場内備品の除菌清掃• 浴場の混雑状況の管理と分散化 お風呂場対応• 宿泊者へのお願い• 来館時の消毒のお願い• 手洗い・うがいのお願い• 客室の外でのマスク着用のお願い• チェックイン時の検温のお願い• チェックイン時の問診票記入のお願い 宿泊者へのお願い• 緊急時対応準備• 緊急時対応のマニュアルを整備• 緊急時対応の定期的なスタッフ教育 緊急時対応準備• ー ほか当館独自の対策 ほか当館独自の対策 基本情報• 住所 〒250-0402神奈川県足柄下郡箱根町木賀新田924-1• TEL 0460-83-8310• FAX 0460-83-8467• 交通アクセス 2020年7月1日より、ホテルー小田原駅間の無料シャトルサービスを運行いたします。 駐車場 有り、宿泊者無料• チェックイン 15:00 (最終チェックイン:29:00)• チェックアウト 11:00• 総部屋数 98室• 館内設備• レストラン• 大浴場• サウナ• 禁煙ルーム• スポーツジム• コネクティングルーム(一部・要予約)• 送迎バス• クリーニングサービス• E-Mail送信可• ルームサービス• マッサージサービス• モーニングコール• 駐車場あり• 混浴のリラクゼーション施設。 お連れ様との楽しいひと時をお過ごしください。 水着のご持参をお忘れなく。 中庭には足湯もございます。 ザ・スパby HARNNでは、箱根強羅の自然の恵みを使用したオリジナルトリートメントをご用意。 部屋設備・備品• テレビ• 衛星放送(無料)• ファックス• インターネット接続 無線LAN形式• 湯沸かしポット• お茶セット• 冷蔵庫• ミニバー• ドライヤー• ズボンプレッサー 貸出• アイロン• 加湿器 貸出• 個別空調• ヘルスメーター• 洗浄機付トイレ• ボディーソープ• シャンプー• コンディショナー• ハミガキセット• カミソリ• シャワーキャップ• おふろセット• タオル• バスタオル• バスローブ• スリッパ• 金庫 その他設備・サービス• 食事場所• [朝食]• レストラン• [夕食]• レストラン• カード• VISA• JCB• American Express• Master Card• 利用可• 条件・注意事項• チェックインが予定時刻を過ぎる場合は必ずご連絡ください。 大浴場は混浴のリラクゼーション施設。 お連れ様との楽しいひと時をお過ごしください。 水着のご持参をお忘れなく。 キャンセルポリシー キャンセル料は以下の通り頂戴いたします。 プラン詳細ページ(空室カレンダー横等)と【予約手続画面(予約step)】にて必ずキャンセルポリシーをご確認ください。 連絡なしの不泊について 不泊については以下の通り頂戴いたします。 プラン詳細ページ(空室カレンダー横等)と【予約手続画面(予約step)】にて不泊についてのポリシーをご確認ください。 バリアフリー対応• 車椅子可• バリアフリー用トイレ• バリアフリールーム• 車椅子利用者用客室あり• 客室内に洋式トイレあり• 客室内トイレに手すりあり• 大浴場浴槽に手すりあり• 館内に車椅子利用可能なトイレあり• ご不便なく安心してご利用いただくために、予め宿泊施設へ直接ご確認ください。 その他•

次の

「ホテルインディゴ箱根強羅」開業

ホテル インディゴ 箱根 強羅

箱根の強羅にあるホテルインディゴ箱根強羅に宿泊し、併設されているレストランにて食事を複数回してきました。 結果、お伝えしたいことがあります。 このホテル、食事がとにかくおいしかった。 メニュー数こそ少ないですが何を食べても満足感が高く、特に最大の売りでもある「薪で焼いた肉」は、薪で焼くのが良いのか肉が良いのか、シェフの腕が良いのか、はたまたすべてが良いのか分かりませんが、素晴らしい料理でした。 インディゴ箱根強羅にて食事をする際の参考にしてみてください。 インディゴ箱根強羅のレストラン「RIVER SIDE KITCHEN & BAR」のスペシャリテは「薪のグリル」 インディゴ箱根強羅のレストランは「RIVER SIDE KITCHEN & BAR」という名前です。 このお店を利用する際に確実に食べてほしいのは、店のスペシャリテでもある たぶん 薪のグリル。 これを食べなければ話が始まりません。 熱源としてガス・炭はよくありますが、薪を用いたお店は非常に珍しいです。 私も肉を食べ歩いていますが、都内で2店舗しか薪利用の店は利用したことがありません。 個人的には、「薪」を使ったほうが肉が美味しくなる理屈はまだ理解していないのですが、とにかく食べてみたら美味しかったので、インディゴ箱根強羅では、薪のグリルを食べることを激しくおすすめします。 肉を中心に薪のグリルは用意されていますが、値段が結構お高め。 しかし満足感は半端ないと思います。 スペシャリテであろう薪のグリルの中でも食べなければならないのは、• 30日間熟成リブアイ• 30日間熟成サーロイン なのだと思います。 しかし、残念なことに私が食事した日程では全て品切れ。 ホテルのスタッフの方の話から推測すると、この熟成肉は外部から仕入れているようでそれが品切れ後入ってきていなそうです。 残念すぎます。 代わりに食べたのは、• 足柄ビーフフィレ肉• 足柄サーロイン の二つを食べてみました。 足柄ビーフという牛が「足柄牛」であるならば年間出荷頭数約250頭の珍しい牛肉です。 エイジングビーフが無くて残念ではありましたが、足柄ビーフも食べてみたかったので、これはこれで嬉しかったです。 薪のグリルで食べる足柄ビーフのサーロインとフィレは甲乙つけがたし。 どっちも食べて! サーロインもフィレもどちらも食べたのでおすすめを決めようと思ったのですが、結論無理でした。 どちらもそれぞれおいしい、そしてそれが飛び切りおいしい。 薪の効果なのでしょうか?しっとりとした肉が口当たり抜群でたまらないのと、焼目は香ばしくしっとりとの対比が素晴らしいです。 付け合わせはナスなのですが、何故にナス?と思うのですが非常に美味しいナスで肉とあっています。 フィレはサーロイン以上にしっとり感が高く食べやすいです。 よく、フィレとは名ばかりの?肉が巷には跋扈していますが、このフィレは違いました。 柔らかさと肉の旨味が同居しているなかなかに出会うことが無いフィレ肉で、これは一食の価値があると断言できます。 サーロイン250g フィレ肉180gと合計しても430gしかありませんから、ワンポンドほどの量にしかなりません。 お肉が好きな人はどちらも頼んで交互に食べて幸せをかみしめましょう。 レアがレアだった、これはレア。 個人的なソースのおすすめも。 画像を見てもらうと、少し生な状態すぎるように感じますが、食べてみるとしっかりと肉に火が入っている生でした。 世にあるレアとの名ばかりの中身が生なブルーとは一線を画す仕上がりでした。 ソースはサーロインとフィレにて別々のソースを頼んでみました。 サーロイン 山椒のソース• フィレ 赤ワインのソース これが大正解でした。 サーロインに対しては山椒のさわやかな風味が、フィレには濃厚な赤ワインソースがピタリとハマり非常に美味しかったです。 肉だけではなく海老と魚も食べてみた。 その結果、やはり肉がおすすめ。 あまり肉が美味しかったので、肉だけではなく別の日はロブスターと鯛を食べてみました。 ロブスターと鯛もそれぞれ美味しかったのですが、肉のインパクトには及ばない。 それほどまでに肉が美味しいのです。 ホテルインディゴ箱根強羅に宿泊したら、ホテル内のレストラン「RIVER SIDE KITCHEN & BAR」を利用することを強くおすすめします。 特にディナーで薪で焼かれた肉を食べて最高の体験をしてみてください。 salesconsultant JALに乗りマイルを貯める。 しかし、乗らないでポイントでマイルを貯めたほうがたまるかもしれない。 もっと言うとハイブリットが良いのかもしれない。 日本全国の肉屋でクレジットカードを使うのが趣味。 年間300日を超す出張をしているため、日本全国出没中。 ビジネスホテルが家なので、いつかはビジネスホテル情報をまとめようと画策中。 スーツケースはRIMOWA。 今まで、RIMOWAに50万円以上はつぎ込んできたが最近飽きてきてます。 メタル修行は是非成就させたい涙 貯めたマイルで海外に年4回ほど遊びに行きますが、行き先は全てカジノ。 一番好きなゲームはクラップス。 ホットロール!燃える! なんだか、高級なラウンジよりも国内空港のクレジットカードで入れるラウンジなんかに愛着を感じる今日この頃。 ダイヤモンド・プレミアラウンジに入れるのに、カードラウンジに置いてある雑誌を調べるほうが楽しい。 出来るだけですが、実際の体験記を書いていきたいなと思います。

次の

ホテルインディゴ箱根強羅. 箱根町, 日本

ホテル インディゴ 箱根 強羅

こころ踊るグルメ体験を引き立てるのは、箱根強羅の自然とカルチャーからヒントを得たインテリアデザイン。 さまざまな木のエレメントが窓の外の自然との一体感を生み出しています。 個室の引き戸など、随所で使われているのは箱根に伝わる伝統工芸、寄木細工模様。 天井の六角形は、強羅の名前の由来にもなっているゴロゴロ岩がモチーフです。 レストラン奥には巨大な浮世絵アートワーク。 歌川広重が描いた箱根の景色をガラスパネルに色鮮やかに再現しています。 活気あふれるスペースで楽しいお食事の時間をお過ごしください。 居心地のよさとワクワク感が共存する「リバーサイド・キッチン&バー」。 箱根強羅の魅力を五感すべてで味わえる最高の場所です。 ホテルインディゴ箱根強羅の側を絶え間なく流れる早川は、この場所を形づくった自然の要素のひとつ。 44席のバーラウンジは、この早川の「水」をコンセプトにしています。 緑茶から日本酒まで、ホテルでお出しする飲み物にはすべて箱根強羅の天然水が使われています。 それに加えて、注目のクラフトジン、ネイバーフッドからインスピレーションを得たカクテルなど、バーテンダーのセンスと遊び心が踊るドリンクの数々。 1度体験したらきっと何度でも訪れたくなるような居心地の良さも魅力です。 ローカル食材を使ったフードもぜひお試しを。 箱根フィッシュケーキ、チーズプラッター、季節のフルーツなど気軽なおつまみに加えて、グリルドチキンウィングや和牛バーガー&フレンチフライといったボリュームある料理まで、こだわりメニューを揃えてお待ちしています。 インテリアは茶道のエレガンスをデザインに取り入れた、東洋と西洋が絶妙なハーモニーを奏でる空間です。 人との程よい距離を保つ360度カウンターで、今日の旅の余韻に浸るもよし、バーテンダーとの会話に興じるもよし。 時の流れるまま、気の向くままに、箱根強羅のひとときに浸る、とっておきの場所です。

次の