キングドラ。 キングギドラ

イ・ミンホ主演「ザ・キング:永遠の君主」Netflix日本放送開始日が決定!あらすじ&キャスト紹介|韓ドラろぐ

キングドラ

従来のみずタイプに加え新たにドラゴンタイプを得た事で、名実共に「ドラゴンポケモン」への成長を果たした。 もしくは をモチーフとしている点は進化前と同じだが、シードラに存在した全身の毒トゲは紐状のヒレに再度変化し、それに伴って特性もタッツー時代のものに戻っている。 体躯は1. 8mとドラゴンタイプの中では平均的だが、あくびで船を飲み込むほどの激しい渦潮を発生させてしまう強大な能力を秘めている。 普段は力を蓄えるために他の生物が棲まないの海底洞窟で眠っているが、が接近すると目を覚まし、獲物を探しにうろつくという。 また、同じドラゴンポケモンであるとはライバルの関係にあるらしく、お互いが出会う事は戦いが始まる合図なのだとか。 進化方法がりゅうのウロコを持たせて通信交換する事だが、キングドラの鱗は王族に献上されるほどの価値があると図鑑で解説されており、りゅうのウロコ=キングドラの鱗とも解釈できる。 ちなみに ではない。 すいすい発動時はどのドラゴンよりも早いので、130抜き程度の素早さではなく、スカーフ持ちの最速や最速も抜けるようすばやさに全振りする人もいる。 雨状態で繰り出す一致「 」は非常に強力。 対ドラゴン用の「 」「 」も忘れずに。 ダブル、トリプルバトルでは複数攻撃の「」が天候の恩恵を受け、かなりの高威力で攻撃できる。 勿論「」も覚えるので、くさタイプもドラゴンの耐性によって恐れる事なく殲滅できる。 第5世代までは特性「あめふらし」の効果が永続であったため、と組み合わせた トノグドラ構築が猛威を振るった。 当時は水技とドラゴン技を両方受けられるポケモンとしてやしかおらず、天候を霰に変えられるも対策として使われていたが、それら3匹でもキングドラにそこまで有利というわけではなく、非常に対策し難い強豪ポケモンであった。 また、攻撃も特攻と同じな為「」と「」を搭載した物理型も存在した。 故に輝石でも万全な対策にはなりえず、「」+「」のコンボも凶悪だった。 ただし6世代では特殊技全般の弱体化、天候特性の永続廃止に加え、新たな弱点の、4倍弱点技「」の登場などが重なり、5世代の栄光に一気に陰りを見せてしまった。 しかし時が経った第8世代では、設定に倣い技レコードで「 」、教え技で「 」を覚えさせる事が出来るようになり、どちらもすいすいと非常に噛み合っている。 加えてこの世代ではの導入により「ダイストリーム」による自力での雨発動や、「ダイジェット」によるバフも可能になっているのが強み。 なお隠れ特性は、「」が弱体化された現在ではほぼ完全ハズレ特性の「しめりけ」、というかそれ以前に通常特性の方が優秀なので採用されることはほぼ無い。 イブキのキングドラ 初登場の金・銀ではジムリーダー・イブキの切り札として登場。 だが、キングドラの弱点はドラゴンタイプのみだったこと(この時、フェアリータイプはまだない)、この時点ではまともなドラゴン技が用意できないことが相まって実質弱点なしという状態だった。 対策という策はないため、能力攻めや火力押しで勝つしか方法がなかった。 「」ではシードラにりゅうのウロコを使って進化させることでのみ入手が可能。 現状 野生の個体は一切確認されていない(いたとしても超低確率でしか出現しないと思われる)。 同作では進化アイテムが非常に入手しづらいこともあり、入手難易度は高い。 関連イラスト.

次の

キングドラの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

キングドラ

トノグドラ構築とは? ニョロトノが特性により雨を降らし、キングドラの 「すいすい」で素早さ2倍+ 火力が1. 5倍になった水技で 相手を突破する構築です。 雨ターンをできる限り減らさずに雨エースを出すために、脱出ボタンをニョロトノに持たせることが多い。 特性:すいすい発動状態であれば、スカーフ持ちよりも早く行動できるため 相手のポケモンに負担かけていきやすいです。 雨下での威力1. 5倍での「ハイドロポンプ」「熱湯」などであっさり沈めることができます。 相手にキングドラの攻撃を受け切れるポケモンがいない場合は、あっさりサイクルを崩壊することができます。 そのため、 選出段階で相手はキングドラを止めることのできるポケモンを必ず選択するでしょう。 一方、使用者としては 相手が選びそうなポケモンにメタを張る必要があります。 そういった意味で、強い選出縛り能力があり、選出段階で勝敗をわけます。 そのため、キングドラはSを最小限にしつつ 耐久振りをすることがメジャーです。 特にメガガルーラは、「ふいうち」「猫騙し」を採用することが多く採用率も高いポケモンのため結構重たい。 の流行している環境を考慮すると「ふいうち」は要警戒。 裏エースに、バシャーモに強い駒を置きたい。 キングドラは火力を上げるために、「拘りメガネ」を持たせるのが一般的。 XY「ポケモンの村」で群れバトルをすると、夢特性のニョロモが出てくることがあります。 石の洞窟、目覚めのほこら、チャンピオンロードで入手しよう。 「クチートナイト」は、117番道路:シダケタウン側下で拾う。 35で『ヒノヤコマ』から進化。 XYフレンドサファリで隠し特性「はやてのつばさ」のヒノヤコマが出現します。 ニョロトノに交代して、脱出ボタンを発動し「キングドラ」を降臨します。 雨ターンが伸びる「湿った岩」も候補ですが、交代先に負担をかけることが必要であるためタイミングが難しく 逆にターンを無駄にしがちです。 ハイドロポンプを当てるのがメインのお仕事です。 ニョロトノが重たい、フェアリーにも強いです。 キングドラをエースとして採用できない時に、選出することが多いです。 採用率の多い、ガルガブに強くなれる。 とんぼがえり・ボルトチェンジなどは、先にこちらがだっしゅつボタンを消費しての交代を行い、とんぼがえりを使った側は交代しないままターンが終わるという特徴があります。 「とんぼがえり」をしてきそうなポケモンとも、対面を固定することができます。 脱出ボタンを発動するクッションが発動しなかった時は、「アンコール」「滅びの歌」で起点になることを回避しましょう。 先生技に強くなり、殴り合いで有利に立つことができます。 ニョロトノの雨の恩恵や「アンコール」「滅びの歌」によるサポートのおかげで、「剣の舞」を積む機会も多い。 S4振りはミラー意識。 雨下だと水ポケモンは受けれなくなるものの、トノグドラが呼びやすい「草」や「特殊受け」を嵌めるのがお仕事。 HP252振りで、個体値Vの場合 実数値185(奇数)になる。 ステロを意識した、奇数調整は礼儀。 特性:威嚇の発動から、「ニョロトノ」や「クチート」につなげるのは大切なお仕事。 耐久ポケモンを倒した後も、特性:いたずらごころにより、電磁波を先制で打てるため腐りにくい。 積みポケモンの起点作り、相手のエースのストッパーが役割です。 トノグドラの重たいバシャーモにも強く、メガクチートの起点も作る優秀なサポートです。 選出について 基本選出 or 先発ランドロスからの雨展開が基本の動きです。 ガルガブにも優位に振る舞えるので、にもこの選出が安定します。 草ポケモンが見える場合は、ファイアローを選出します。 トノグドラが出せない時 トノグドラが重たいポケモンが相手のPTに多い時には、メガクチートを軸に戦います。 ランドロスで威嚇を撒き、ボルトロスで「電磁波撒き」、メガクチートで「剣の舞」をねらいます。 相手はトノグドラを意識した選出が多く、そういったポケモンにクチートが仕事をしやすいです。 VS 天候パ 天候パと戦う時は、ニョロトノ+メガクチートの選出が刺さります。 キングドラだと、非天候下だと 火力不足に感じることが多々あるからです。 代用できるポケモン メガ枠 トノグドラで人気のあるポケモンは下記の3匹です。 キングドラの重たい、ナットレイを殺すために「炎のパンチ」を採用することが多い 物理流し枠 ランドロスの代わりに、ジャローダが考えられます。 キングドラの重たい マリルリに強く、リフレクターによるサポートや蛇にらみによるサポートも可能です。 最後に 天候パは自体は、天候ターンの減少により見かける機会は減りました。 しかし、雨下でのキングドラを止めれるポケモンは多くありません。 対戦中の読みは苦手だけど PT構築力には自信があるという人が使うと 高い勝率を得られるかもしれません。

次の

キングドラ (きんぐどら)とは【ピクシブ百科事典】

キングドラ

メンバー [ ]• (ケーダブシャイン): 旧表記は「K DUB SHINE」。 リーダー。 (ジブラ):MC 旧表記は「ZEEBRA」。 (ディージェイ・オアシス):、MC 来歴 [ ] 結成〜『空からの力』 [ ] 、Kダブシャインがのに住んでいた際に、Zeebraに電話で日本語によるラップを聴かせたところ意気投合し、Zeebraの幼馴染であるDJ OASISを加えグループを結成。 12月10日、デビュー『』をより発売。 4月25日、・ミニアルバム『影』をPヴァインより発売。 しかし活動していくなかでZeebraとK DUB SHINEの方向性の違いによる関係悪化やDJ Oasisのモチベーションの低下等を理由に同年、活動を停止 事実上の解散。 その後各自ソロ活動を開始。 6年ぶり再結成〜『最終兵器』 [ ] 1月31日発売のDJ OASISの1stアルバム『東京砂漠』収録曲「ハルマゲドン」にK DUB SHINE、ZEEBRAが参加。 また、同年9月19日発売のK DUB SHINEのミニアルバム『SAVE THE CHILDREN』収録曲「ザ・シャイニング(KG STILL SHINING REMIX)」にDJ OASIS、ZEEBRAが参加。 6年ぶりに再結成し話題を呼ぶ。 に2枚同時シングル「」、「」をから発売。 しかし「UNSTOPPABLE」収録曲「ドライブバイ」の歌詞に「ヤワなラップをする偽者」を同性愛者に擬えて攻撃をほのめかした事が、を蔑視していると市民団体が抗議。 また、「F. 」にも患者への偏見があると抗議され、両シングルの発売停止に至る。 に両シングルから問題となった「ドライブバイ」「F. 」以外の楽曲を1枚に収録したシングル「UNSTOPPABLE」を再発売。 同年、2枚同時シングル「」、「」をデフスターレコーズから発売。 、アルバム『』をデフスターレコーズから発売。 の、、に向けた楽曲「公開処刑 feat. 」や、歌詞を一部削除した「F. Album Version 」などを収録。 また、ミュージック・ビデオやライブ映像が収録されたVHS・DVD『最終兵器』を同日に発売。 10月19日公開の映画『』の音楽をK DUB SHINEが担当 し、キングギドラの楽曲を多数使用した。 期間限定の再結成だったためその後再び活動を停止し、各メンバーがソロ活動再開。 3月31日、にて開催されたのライブイベントに出演し、約10年振りにRHYMESTERと共演。 8年ぶり2度目の再結成〜「空からの力」発売20周年〜 [ ] 、3月11日に発生したを受けて、3月18日、リーダーであるK ダブシャインがツィッターで、キングギドラ名義で東日本大震災の被災者への義援金チャリティー・コンサートを行う計画を立てていることを明かす。 4月30日、で開催されたチャリティーライブ「KEEP YOUR HEADS UP」に出演し、約9年ぶり、2度目の再結成。 6月8日、表記を KGDRに改名し、を批判した楽曲「アポカリプス ナウ」をより配信。 改名については、権利上の問題、歌詞の内容、チャリティに伴う印税の分配、ソニーとの契約上の障害が理由としている。 同年7月24日、にてワンマンライブを震災復興支援イベントとして開催。 9月18日、で開催された「 2011」に出演。 12月14日発売のZeebraのアルバム『』収録曲「Pop」にK DUB SHINE、DJ OASISが参加。 8月19日、「B-BOY PARK 2012」に大トリで出演。 10月30日、ライブ会場限定でライブDVD『APOCALYPSE NOW』を発売。 12月27日、川崎で開催された主催のイベント「核MIX」に出演。 、お台場野外特設会場にて開催されたが主催する野外フェス「」に出演。 で行われた以来8年ぶりに「口からでまかせ」をRHYMESTERと共に披露した。 ににて開催されたPヴァインの設立40周年記念イベント「P-VINE 40th ANNIVERSARY」にヘッドライナーとして出演し、デビューアルバム『空からの力』の発売20周年記念ライブを行う。 、にて放送中の内コーナー「ディスコ954」にてスタジオライブ出演。 と共に「口からでまかせ」を3人で披露 「why can't we live together~シアターブルック 結成30周年記念イベント SEASON1~」にキングギドラ名義で出演。 グループ名 [ ] の特撮映画に登場する三つ首の「」に由来し、東宝から許可を得て名称を使用している。 グループ名を考えている時に、海外での活動も視野に入れ「日本を代表し海外でも知られている物」としてが候補に挙がるが、「金色でダークなイメージということからキングギドラのほうがヒップホップっぽい」ことや、「キングギドラは3本の首で自分達も3人組だから」という理由でキングギドラに決定したという。 評価 [ ] Amebreakの伊藤雄介は、『』はアメリカのヒップホップの構造を理解した上でそれを日本語で再解釈し、日本語ラップの表現の幅を拡げた 日本語ラップ史上最高の1枚と言われているアルバム と評している。 特に人物としてK DUB SHINE、ZEEBRA、DJ OASIS三人共人格者として評価される事も多く、に対して直向きにとして、として、業界、特にを社会の中に根付かそうとするは枠内を超えて尊敬される事がある。 ディスコグラフィ [ ] 12inchシングルレコード [ ]• 『空からの力』 (1996年)• 『空からの力 inst. バージョン』 (1996年) CDシングル [ ]• 『』 ()• 『』 ()• 『 』 ()• 『』 ()• 『』 () CDミニアルバム [ ]• 『』 () リミックスアルバム CDアルバム [ ]• 『』()• 『』()• 『最新兵器』()リミックスアルバム• 『空からの力:20周年記念デラックス・エディション』() 配信 [ ]• 『アポカリプス ナウ』 () 「KGDR」名義 チャリーティーソング ビデオ・DVD [ ]• 『影 The Video』 ()• 『最終兵器』 ()• 『LIVE IN TOKYO 〜最終兵器TOUR 2002〜』 ()• 『APOCALYPSE NOW』 () ライブ会場限定発売 オムニバス参加作品 [ ]• 口からでまかせ feat. 『BEST OF JAPANESE HIP HOP VOL. 2』 (1995年7月21日) 「SAGA OF K. 」名義で『未確認飛行物体接近中』を収録。 『WHAT A HELL'S GOING ON? BULLETS OF TRUTH with キングギドラ(真実の弾丸のバンドバージョン) 脚注 [ ] []• 2015年4月6日. 2015年6月3日閲覧。 2015年6月3日閲覧。 2011年3月18日. 2015年6月1日閲覧。 OOPS 2002年4月19日. 2013年12月21日閲覧。 2015年6月1日閲覧。 2015年6月3日閲覧。 2011年6月8日. 2015年6月1日閲覧。 2011年6月9日. 2015年6月1日閲覧。 2015年6月1日閲覧。 2015年6月1日閲覧。 2014年12月23日. 2015年6月1日閲覧。 2015年5月30日. 2015年6月1日閲覧。 2015年6月3日閲覧。 トップページより。 伊藤雄介共著『ラップのことば』P-Vine BOOKS刊、2010年4月2日発行(278ページ)• 外部リンク [ ]• kingkottakromac -• zeebrathedaddy -• djoasisthefunkp -•

次の