さつまいも 水やり。 さつまいもの定植方法ってどうやるの?その時期は?間隔は?

サツマイモの育て方と栽培のコツ

さつまいも 水やり

関東で人気の 甘みが強い品種です。 果肉の色は黄色く、粉質で繊維質が少ないので、蒸したり焼いたりするとほくほくしておいしいです。 イモの肥大性はよいので、 早くて9月から収穫することもできます。 しかし貯蔵性が低いため、翌年2月ごろまでには食べきるようにしましょう。 高系14号 貯蔵性が高く、中部地方から西側で人気の品種です。 苗は「鳴門金時」「土佐紅」「紅さつま」「五郎島金時」など、栽培地域の名前をつけられ出回っています。 生の果肉は淡いクリーム色をしていますが、熱を加えると黄色く ホクホクした食感の果肉に変化します。 デンプンが糖に変わる熟成後でないと甘みは期待できません。 冬まで楽しみに待ちましょう。 黄金千貫 皮も果肉も白っぽい品種です。 九州は鹿児島などでよく嗜まれる 芋焼酎の原料として、栽培されてきました。 果肉の舌触りはさらっとした粉質が強く、実が崩れやすいため焼き芋には不向きかもしれません。 近年では イモケンピに使用されるなど、人気が高まっています。 安納いも 種子島特産のとても甘い品種です。 水分が多く、粘質性が高いことから、ほかにはないねっとりした感が楽しめます。 じっくりと焼くことで 糖度は40度前後にも達することから、人気に火がつきました。 種子島の気候や土壌で生産されたものと比べ、糖度は落ちるかもしれませんが、苗の流通が行われています。 サツマイモの栽培期間 お住まいの地域や品種によって多少の幅はあるものの、路地植えでの作型は平均してほぼ同じです。 収穫期:8月〜11月半ば 植え付け後120~140日が目安です。 探り掘りしてイモのサイズを確認しましょう• よってアブラナ科の春の収穫後、もしくはタマネギなどと輪作すると、よいでしょう。 また昨年ナス科を植えた場所など、連作障害があって夏場に活かせない場所にも有効です。 サツマイモは吸肥力が強く、やせた土地でもよく育ちます。 施肥は植物主体の完熟堆肥を使用します。 のちに説明いたしますが、『つるぼけ』防止のためにチッソ成分を避け、リン酸を多く含む米ぬかやカリ分の多い草木灰を施肥し、よく耕して土壌と混和させます。 土壌酸度の適正も広く、ph5~7で生育可能なため、過度な石灰の施用は控えましょう。 畝作り 畝の高さは20センチから30センチを目安に、畝幅は80センチ~90センチとします。 黒いマルチで畝を覆うと、定植後の発根に高い効果があります。 つるが繁茂すると雑草が生えることはあまりありません。 植え付け方法 サツマイモの苗は4月下旬ごろからホームセンターや種苗店で販売されます。 茎がしなやかで、 葉の色が濃い緑色をしている新鮮な苗を選びます。 葉が少し萎れていても大丈夫ですが、下葉が黄化していたり、茎の先端が腐りかけたりしているものは避けましょう。 植え付けまで苗を保存する場合は、水を張ったバケツに苗の下側を浸し、日陰で管理します。 植え付け方法は大きく分けて3種類あり、それぞれに収穫できるサツマイモの特徴が異なります。 7月半ばになるとツルの生育が旺盛になり、四方に繁茂します。 その伸びたツルの節から出る根を不定根といいます。 不定根は稀にイモをつけることがありますが、ひょろひょろと細く、 食用には不向きです。 また不定根から養分を吸収し、さらに葉を茂らせて徒長する可能性もあるため、 茂りすぎたツルは持ち上げて、畝の反対側へ倒すことで根を切ります。 あらかじめマルチを張っておくと不定根を防ぐことはできますが、畝からはみ出すことも考慮し、気を付けましょう。 サツマイモの花は悲鳴かも? サツマイモはヒルガオ科の多年草で、花は小ぶりの朝顔に似ており、中心に向かってピンク色が濃い花弁をしています。 開花の例は少ないようですが、 サツマイモの根に障害が出た場合は花を咲かせることがあるようです。 葉茎に異常がないか確認し、花の咲いた株を掘り起こしてみましょう。 スポンサーリンク サツマイモの害虫 ネコブセンチュウ 6月~7月の梅雨時期に発生しやすく、 幼虫・成虫共にサツマイモの汁を吸います。 タバココナジラミが寄生している葉は、白い粒子が付着しているように見えます。 また排泄物がすす病を媒介するため、付着している葉が枯れかけていたら発症の可能性があるため、畑の外で処分しましょう。 ツルを食べる方法と収穫 若い茎とツルの先端部分が食べられます。 皮が硬い場合は葉の付け根を折り、下に引いて皮を剥き下茹でします。 つくだ煮や炒め物、てんぷらなどにしてもおいしいでしょう。 サツマイモのツルは古くから食べられてきましたが、最近ではツル用の品種も開発されています。 サツマイモの収穫では、まず ツルをまくり上げて株元を鎌かハサミで切りとります。 ツルをすべて取り去ってから、掘るのですが、このとき鍬やスコップを使用するとサツマイモの傷めてしまうので、 なるべくなら手で掘り出しましょう。 掘り出したら株元とイモの頭部を切り離して保管します。 おわりに-掃除屋サツマイモ — 今回はサツマイモの栽培についてお話いたしました。 サツマイモには加熱しても損なわれにくい ビタミンCが豊富にあり、食物繊維と不消化性炭水化物も多く含まれています。 これにより腸を刺激して 便秘の改善に寄与します。 また高い吸肥力によって土壌に残った肥料分も吸い上げ、 土をリセットすることから、二重の意味でも、クリーンアップできる作物と言って過言ではないでしょう。

次の

サツマイモの栽培方法!失敗しない育て方と収穫時期のすすめ [家庭菜園] All About

さつまいも 水やり

さつまいもの苗は芋の芽出しをして芋づるを育てたものを苗として植え付けて栽培します。 さつまいもの苗はホームセンターや種苗店では大抵30本くらいから、芋づるが束で販売されています。 畑や庭での地植えなら30本はあっという間かもしれませんが、プランター栽培の場合、さつまいもの苗は一つのプランターに2〜3本もあれば十分です。 ほんの少しあればいい!という方やたくさん植えたいから自分でさつまいもの芽出しからやってみたい!という方のために種芋から自分でできるさつまいもの芽出しと苗の作り方を紹介します。 さつまいもの芽出しを自分ですれば苗作りは自分でもできます。 65cmの深型プランターならさつまいもの苗は2本が目安になりますのでさつまいもが一個あれば十分な苗づくりが出来ます。 気軽にチャレンジしてみてください。 スポンサーリンク 目次• さつまいもの芽出し、苗の作り方は種芋から さつまいもの芽出し、苗の作り方は種をまくのではなく種芋から苗を作ります。 ベランダ菜園などでさつまいも栽培を楽しみたい場合は、スーパーで売っているさつまいもでも芽出しのために必要な殺菌処理をすれば種芋として使うことができます。 紅あずまやなると金時、安納芋などご自分の好きな味のさつまいもを選んで栽培出来る楽しみがあります。 スーパーでは手に入らない品種を育てたい場合は通販で苗を入手することをお勧めします。 苗は4月くらいからの販売になり、人気の品種は早い時期から予約販売などを受け付けている種苗店もありますから、前もって計画的に準備をすることができます。 さつまいも苗は人気があって通販のお店は早くに売り切れてしまうことがあるので早め早めに予約をすることをおすすめします。 お届け日も前もってわかるので土の準備も余裕を持ってできます。 さつまいもの芽出し、苗作りに適した時期と必要な日数は? さつまいもの苗作りは種芋から苗を育てる場合、最初の苗づるが取れるまでに約一月半ほどかかります。 さつまいもの苗の植え付け時期は関東なら地温が十分に上がった5月ごろから梅雨の走りの6月にかけてが適期になります。 5月中旬に苗を植えるのであれば逆算して3月下旬から遅くても4月初めがさつまいもの苗作りをはじめる時期にあたります。 この時期に種芋の発芽、芽出しのための準備をします。 プランターで栽培する場合は苗が1〜2本あれば十分なので、一月半の準備で1回目につるを採れれば十分です。 もっと本数を用意したい場合は、種芋から最初の苗づるを取った後再びつるが成長して次の苗を刈り取ることができるまでに約1ヶ月かかりますから、もう少し早め、3月初旬に種芋の準備をして苗作りにとりかかってもいいでしょう。 4月下旬に1回目の苗の刈り取りをした後は気温も暖かくなっているのでさつまいもの苗作りはやりやすくなります。 苗づるもどんどん成長して、5月下旬から6月初旬に刈り取り出来ます。 植え付けには一番いい時期になります。 最初の苗をとる時にさつまいもの種芋からでた芋づるの節を2〜3節残してカットして脇芽を育てれば、2回目の苗作りは1回目よりも数多くさつまいもの苗づるを取ることができます。 ウィルスや細菌などが付いていた時のために48度のお湯に40分、さつまいもの種芋をつけてから芽出しをします。 一手間かかりますがここがさつまいもの苗作り、芽出しの重要なポイントですので手間を惜しまずにしっかり消毒します。 そのため殺菌処理をしたさつまいもの種芋は水分を拭き取って表面を軽く乾かしてから新聞紙に包み、発泡スチロールに入れて蓋をするか、暗くて暖かい場所で保管します。 時々霧吹きで水をまいて湿度を維持します。 2〜3週間で種芋から芽が出始めます。 庭で堆肥を作っている人は堆肥ボックスの中に稲わらやもみ殻を入れて種芋を埋めておくと自然な発酵熱で芽出しすることができます。 新芽の成長ホルモン(酵素)による発酵熱でさつまいもの種芋の芽出しが助長されます。 このことを教えてくれた方は農家の出身の方で子供の頃、ご両親から芽こきの方法を教わったそうです。 春に広葉樹の新芽を摘んでいいのは一番芽だけ、その次に芽が出たものを摘むと木が枯れてしまうので摘んではいけない、と教わったそうです。 自然と共生する昔の人の智恵ですね。 さつまいもの苗の植え付け さつまいもの芽出しができたら、そのまま芋づるを育てます。 のびた芋づるがさつまいもの苗になります。 20〜30cmになった芋づるに葉を5〜6枚つけてカットして、根のないままその芋づるを苗として植えます。 言ってしまえば挿し芽になるのですが、さつまいもは生命力がとても強く挿し芽の失敗も少ないです。 さつまいもの苗をカットしたらバケツなどの水に切り口をつけて、十分に吸水させたあと、乾かして少し萎れさせてから植えつけると活着がよくなります。 実際地植えで植える時も挿し芽で根がないので、さつまいもの苗を土に植えたそばからしんなりとさつまいもの苗は萎れて行きます。 それでも土の表面が乾き始めたらとにかく水をやる、ということを繰り返し続けるとさつまいもの苗はしっかり復活してくれます。 活着した後は水やりは必要ありません。 プランター栽培の場合は苗を植えた後の水の管理が簡単ですが、地植えの場合は苗が枯れてしまわないように天気予報を見て雨が降る前日に苗を植え付けます。 スポンサーリンク さつまいもを植える土について さつまいもは土に養分、よくに窒素がありすぎると葉ばかり繁ってつるぼけし、土の中のさつまいもが太りません。 痩せ地で十分育ちますので、肥料のやり過ぎに注意します。 プランターの場合は前作でたっぷり堆肥や肥料を投入したプランターならそのままの土を使えば十分です。 初めて畑にする場所で、土が十分に肥えていないようなところでもさつまいもはよく育ちます。 丈夫で育てやすく、芋掘りの楽しみもある、ガーデニング初心者の方には特におすすめの作物です。 さつまいもの苗が根付いたら:梅雨時期の手入れ さつまいもの苗が活着した後は地植えの場合は水やりは必要ありません。 さつまいもの苗の植えつけから植え付け後の時期は梅雨時にかかります。 苗が活着するまでは恵みの雨ですが、それ以降はさつまいもは乾燥気味に育てた方がホクホクして甘いさつまいもを収穫できます。 そのため雨が多い年は、さつまいもが水っぽくならないように初めから畝を高くしてやるとよいのですが、植え付けてしまってから長雨や多雨で土に湿り気が多くなってしまうときは、畝の間の土を畝側に寄せて盛り上げ、畝と畝の間の溝を深く切ることで、水の抜け道を作ってやりましょう。 できれば勾配をつけて、溜まった水を流れていくようにすればなおよいです。 梅雨が明ければいよいよさつまいもが暑さの中で旺盛に育ちます。 スポンサーリンク さつまいもの芽出しと苗作りは冬の楽しみ 冬の間はベランダ菜園は秋にまいた野菜を収穫して食べる時期ですが、あまり新しい種をまいて何かを育てる時期ではありませんよね。 そんな時これからやってくる春のことを想像しながらゆっくりさつまいもの芽出しと苗作りをするのは楽しいものです。 時々乾燥しないように霧吹きすることと温度を確保できれば勝手に芽が出てくれるのであまり手もかかりません。 もし苗づくりが上手くいかなかったとしても、4月以降に苗を買って育てるので十分間に合います! 苗の植え付け方やさつまいも栽培の方法についてはこちらの記事にまとめていますのでよかったらさつまいもの苗作りから試してみてくださいね。

次の

サツマイモの育て方

さつまいも 水やり

1 さつまいもの芽出しとは? 前の年に収穫した種芋から、その年植えるための苗を育てることを芽出しといいます。 種芋を植えて育てる他の芋類と違い、さつまいもは種芋から一旦苗 芋づる を生えさせ、それを切って植える形で育てます。 さつまいもは植えた後の作業があまり無いので、この芽出しでしっかりした苗を作ることが非常に重要になってきます。 2 苗作りの時期や日数は? 2-1 苗作りに最適な時期 さつまいもを植えるのは4月中旬〜5月下旬。 苗作りもそれに合わせて3月〜4月の間に行うのが一般的です。 2-3 苗づるが取れるまでの日数 種芋を伏せ込んでからおよそ1ヶ月半で苗として切れる十分な長さまで育ちます。 1回切ってから1週間程度で次の苗が切れるようになり、1シーズンで1つの種芋からおよそ20本の苗を取ることができます。 したがって、 3月初旬〜遅くとも3月末までには苗作りを始めるのがよいでしょう。 3 種芋選び 苗の元となる種芋は スーパーなどで売っているもので大丈夫です。 「べにはるか」「鳴門金時」など品種がパッケージに書いてあります。 さつまいもは品種によってホクホク系やねっとり系、甘さも強めなものから控えめなものまでさまざまです。 自分好みの品種を選んで育てましょう! 4 栽培法別!芽出しの方法 4-1 水耕栽培 根菜類を水耕栽培で栽培するは難しいのですが、 苗であれば可能です。 専用キットなどを使わないでもできる方法を紹介します。 必要なもの ・容器 ・液体肥料 4-1-1 容器 種芋が水に沈んでしまわないようにできれば、専用容器でなくても大丈夫です。 お皿やペットボトルなどを工夫して使ってもいいですね! ペットボトルを使う際は、小さい種芋は500mlサイズを縦に切って口をひっくり返して、大きい種芋は2Lサイズを横に置いてくり抜くように切って使うとちょうどいいです。 4-1-2 肥料 土栽培用の肥料では栄養が不足してしまいます。 水耕栽培専用の液体肥料が販売されているのでそちらを使いましょう。 4-1-3 栽培溶液 水と液体肥料を混ぜたものを栽培溶液と言います。 種芋全体が水に浸ってしまうと呼吸できずに腐ってしまうので注意してください。 水耕栽培の溶液はただの水よりも雑菌が繁殖する速度が早くなります。 溶液にぬめりが出てきたり泡立ってき場合は交換日の前でも取り替えをお勧めします。 また、水温が低いかったり日光が不足すると思うように成長しない場合があります。 陽当たりのよい場所で栽培するのがいいでしょう。 4-2 温床栽培 落ち葉や米糠などを土に混ぜ込んで微生物の力で発酵させ、その時に出る熱を活用して育苗を行う方法が温床栽培です。 土そのものが温かくなるので、気温が寒い時期にも芽出しを始められるのが特徴です。 箱の底と側面には、排水と通気のための穴を開けておきます。 その上に落ち葉と米糠を5:1で混ぜたものを被せます。 温床は少なくとも30cmm以上の厚さにすると発酵が持続するために十分な量になります。 鶏糞肥料などがある場合はここで一緒に混ぜ混みます。 容器の下から滲み出てくるくらいが目安です。 水をかけたら陽当たりの良い場所に安置します。 4-2-2 伏せ込み 芽出しの種芋を植えつけることを伏せ込みと言います。 さつまいもの頭が少し出るくらいの深さに、10cm程度の間隔を開けて横向きに並べます。 4-2-3 水やり 伏せ込んでから芽が出るまでは水やりの必要はほとんどありません。 発芽したら毎日水やりをしますが、水をあげすぎると根腐れの原因にもなってしまいます。 葉っぱの先が萎れてきた場合は水が足りていないサインなので、その時に多めに上げるようにするといいでしょう。 5 必ずチェック!芽出しの注意点 5-1 殺菌処理で病気予防 芽出しの前には病気予防のための殺菌を行います。 途中で温度が下がってくるので、別途お湯を用意して適宜継ぎ足しながら保温すると良いでしょう。 温度計測には料理用の温度計がお勧めです。 3月上旬の気温が低い日などは、透明なビニールなどで覆いをしてあげるなどの工夫をするといいでしょう。 ・水耕栽培は室内で手軽に行うことができる。 ・温床栽培は寒い時期からでも芽出しが開始可能。 ・温度管理はしっかりと。

次の