古川 組。 中野会VS古川組 知られざる秘話

「アクパド工法」による地盤改良工事 古川組

古川 組

2019年11月27日17時頃、神戸山口組幹部の三代目古川組『古川恵一』総裁が、兵庫県尼崎市の路上で何者かに銃撃される事件が発生した。 古川総裁は自身が経営する飲食店の前で、ライフル銃のようなもので撃たれ10発ほど被弾した。 犯人は現場から車で逃走していたが、事件から約1時間後に京都市内で犯人とみられる元六代目山口組『二代目竹中組』組員1人が確保された。 古川総裁は意識不明の重体で病院に搬送されたが、死亡が確認された。 2015年08月に六代目山口組が分裂して神戸山口組が発足し、2017年04月に神戸山口組がさらに分裂して任侠山口組が発足。 3つに分裂した山口組は、全国各地で対立抗争を繰り返し、小競り合いから拳銃発砲まで数々の抗争事件を繰り広げて来た。 一時期は落ち着いていたが、2019年04月に神戸市中央区の路上で神戸山口組『五代目山健組』若頭が刃物で襲撃され、緊張が高まっていたところ、08月に神戸市中央区にある六代目山口組『三代目弘道会』神戸事務所前で弘道会系組員が銃撃される。 さらに、10月には神戸市中央区にある神戸山口組『五代目山健組』本部横で山健組系組員2人が銃撃されるなど、ここ最近は神戸市内で分裂抗争が過激化していて、組事務所の使用禁止命令も出された。 2019年10月に六代目山口組の高山清司若頭が約5年4箇月ぶりに出所し、さらに緊張が高まっていたさなか、11月に神戸山口組幹部の『四代目大門会』会長が熊本市中央区にある組事務所の前で切り付けられ、その翌日には札幌市北区にある神戸山口組幹部の『五龍会』会長の自宅兼事務所に車が突っ込む事件が起こり、立て続けに神戸山口組の直系組長が狙われていた。 そして今回、神戸山口組幹部の古川総裁が銃撃され、亡くなった。 2015年08月に六代目山口組が分裂して以降、分裂抗争による本家直参組長の死者は全山口組合わせて初めてのこととなり、分裂抗争は新たな段階に入った。 2020年02月03日、逮捕・起訴されていた元六代目山口組『二代目竹中組』組員が、別の神戸山口組幹部を殺害しようとしたとして、殺人予備の疑いで再逮捕された。 タグ :• コメント数:• カテゴリ:• by yamaguchi893 2018年10月31日、兵庫県尼崎市にある任侠山口組『二代目古川組』事務所が、暴力団追放兵庫県民センターによって使用禁止を求める仮処分を神戸地裁に申請された。 兵庫県内では山口組の分裂抗争が多発していて、住民の間で不安が広がっていた。 2019年05月には六代目山口組系組員が、二代目古川組事務所のシャッターを蹴って叫ぶ事件も発生していた。 2019年12月17日、神戸地裁は任侠山口組『二代目古川組』組事務所の使用を禁止する仮処分を決定した。 任侠山口組は本部として使用していた四代目真鍋組の組事務所も仮処分が命じられていて、本部に続いて拠点となる事務所が使えなくなった。 タグ :• コメント数:• カテゴリ:• by yamaguchi893 2018年03月07日20時30分頃、神戸山口組幹部で『三代目古川組』総裁の古川恵一が、兵庫県尼崎市の路上でバットのようなものを持った2人組の男らに襲撃される事件が発生した。 犯人は逃走している。 古川組は任侠山口組結成の際に内部分裂し、多数の組員が任侠山口組へ移籍。 2つの古川組が並立する状態になっていた。 2018年05月15日、この事件の犯人として六代目山口組『十一代目平井一家』系組員ら3人が、傷害の疑いで逮捕された。 2018年06月04日、逮捕されていた3人は起訴された。 2019年01月08日、平井一家系組員ら3人の判決公判が開かれ、2人に懲役2年半~3年の有罪判決、1人が無罪となった。 01月23日、平井一家系組員1人の無罪が確定した。 タグ :• コメント数:• カテゴリ:• by yamaguchi893.

次の

中野会VS古川組 知られざる秘話

古川 組

古川組 設立者 古川雅章(古川真澄) 本部 首領 山崎博司(本部長)、仲村石松 構成員数 推定 約320人(分裂前) 上部団体 、 敵対組織 、、、 古川組(ふるかわぐみ)は、に本部を置く暴力団。 との2社で、それぞれ別々の団体として存続している。 - 「『三』代目古川組」。 三代目組長は仲村石松(神戸山口組若中。 で長らく最高幹部を務めた経歴を持ち、三代目琉真会会長も兼任)。 三代目古川組の総裁に転じた人物は二代目古川組組長古川恵一と同一人物だが、2019年11月27日射殺される。 - 「古川組」。 山崎博司組長(本部長)。 2017年5月、古川恵一親分を追い出す形で山崎博司が三代目組長を名乗る。 しかし2017年6月、同組は、自らは三代目古川組ではなく「古川組」であり、古川組二代目組長が山崎博司であるという声明を出した。 つまり同組では古川恵一を二代目と認めていない。 特異な治安環境を持つ兵庫県尼崎市には旧来より、分裂前の山口組に、有力な二次団体が、3社あった。 - 大平一雄初代は山口組の歴史上初めての「本部長」職を務めた。 古川組 - 本項• 四代目 - 任侠山口組若頭。 通称「マナイケ」。 大平一雄も相当の大物であったが、初代大平組ナンバーツーであった古川雅章(古川真澄)は古川組として独立以降、その権勢をもしのいだ。 古川組独立後も大平組と古川組は友好関係にあった。 古川組は過去、東京と沖縄に事務所を展開していた。 沖縄県で古川組の活動を行うために設立されたは、勃発のきっかけとなった。 第4次沖縄抗争はヤクザ俳優主演の実録「」で描かれている。 略歴 [ ] 初代 [ ] 古川雅章(六代目山口組舎弟/五代目山口組若頭補佐/四代目山口組若中/大平組舎弟頭)• 2005年10月、古川組組長古川雅章(古川真澄)は、引退した。 2005年11月、古川組若頭古川恵一は、二代目古川組組長に襲名し、六代目に参画した。 2015年12月8日、六代目山口組を離脱した。 2015年12月9日、に参画した• 2019年11月27日、午後5時過ぎで自動小銃(系である?)と見られるもので10発程撃たれ死亡。 享年59。 犯人は二代目を2018年12月5日に破門された元竹中組直参であり、京都市内で京都府警に逮捕された。 各勢力の現在 [ ]• 古川雅章(古川真澄) - 2005年引退、2006年死去。 古川恵一 - 古川雅章の息子。 カタギとして半生を過ごし、中年になってから業界入り。 実父の古川組を継承し六代目山口組直参に。 2015年11月20日、直接、食べ物を持って尼崎の組事務所を訪問した 若頭補佐から、六代目山口組若中として神戸山口組に対抗するよう、激励を受ける。 竹内照明の意に反し、2015年12月9日、六代目山口組から脱退し、神戸山口組に移籍する。 神戸山口組で直参から幹部に昇格。 2017年04月30日、子分全員がに参画。 このときに古川組事務所の土地建物も取られる。 2019年5月以降、尼崎で焼処ダイニング店を運営。 2019年11月27日射殺。 古川恵一の息子 - 表の本業として尼崎で焼処ダイニング店を経営していたが、2019年5月以降社会不在。 山崎博司 - 二代目古川組若頭であったが、2017年4月30日、に参画。 古川組から古川恵一親分を追い出し古川組事務所の土地建物を手に入れる。 この際、親分追放の経緯を知らせた簡潔な文書を業界内関係先に送っている。 古川組事務所 - 2017年、に移った山崎博司の実効支配のもとに移り、2017年10月以降は任侠山口組そのものの本部機能を持つこととなる。 2018年9月4日組事務所としての使用禁止の仮処分。 以降は組事務所として使用できなくなった。 大興會 - 任侠山口組で「三代目」となる。 大平組・中村彰宏三代目(任侠山口組若中)は中村天地朗二代目(引退、存命)の実子。 平野権太会長は野内組相談役。 坂田会 - 東京都新宿区。 旧・坂勝会。 坂田勝良会長は三代目直参、野内組舎弟頭補佐を兼任。 二代目石元会 - 古川組東京事務所。 浅草石元会。 石元正広初代は・の実父であるが、太一がこの組織に関わったことはない。 - 側と側に分裂している。 仲本政弘グループ(六代目山口組三代目司興業 琉真会) - 仲本政弘は琉真会初代会長。 六代目山口組参加。 三代目司興業に参加。 仲本政弘会長は司興業特別相談役。 仲村石松グループ(神戸山口組三代目古川組三代目琉真会) - 仲村石松は琉真会で仲本政弘らに仕え、長く幹部を務めた。 仲村石松は琉真会三代目会長、古川組組長代行に。 2017年7月6日、仲村石松が古川組三代目を継承し、古川恵一は総裁職に就く。 構成 2015年 [ ]• 組長 - 古川恵一• 副組長 - 上江州信夫(同信会会長)• 若頭 - 山崎博司(山崎会会長)• 若頭代行 - 福原恵巳(極誠会会長)• 本部長 - 新井孝寿(雅新会会長)• 副本部長 - 板谷志郎(真和会会長)• 舎弟頭補佐 - 牧 秀三(牧組組長)• 舎弟頭補佐 - 田脇伸弥(田脇組組長)• 舎弟頭補佐 - 中村彰彦(大興会会長)• 若頭補佐 - 渋谷忠弘(渋谷組組長)• 若頭補佐 - 塩脇光太郎(二代目石元会会長)• 若頭補佐 - 山崎秀豊(山崎組組長)• 若頭補佐 - 仲村石松(誠真会会長)• 若頭補佐 - 坂口卓也(坂口組組長)• 若頭補佐 - 鳥越 豊(鳥越組組長)• 若頭補佐 - 花井陽介(凱世会会長)• 最高顧問 - 仲本政弘(二代目琉真会総裁)• 特別相談役 - 仲本政英(二代目琉真会会長)• 相談役 - 重枝長二郎(天伸会会長)• 相談役 - 中西克英(中西会会長)• 舎弟 - 山尾龍二(山尾組組長)• 舎弟 - 八木憲増(八木組組長)• 舎弟 - 国吉真二(真心会会長)• 舎弟 - 森元重行(森元興業組長)• 幹部 - 澤口尚徳(澤口興業会長)• 幹部 - 坂田勝良(坂勝組組長)• 幹部 - 上田龍一(上田会会長)• 幹部 - 上野 進(二代目井上総業組長)• 若中 - 若柳 隆(若柳組組長)• 若中 - 橋本晃成(秀心会会長)• 若中 - 井上廣治(博栄会会長)• 若中 - 畠山 太(畠山組組長)• 若中 - 芹澤信繁(芹信興業組長) 出典 [ ]• 日刊ナックルズ 脚注 [ ] [].

次の

尼崎で古川恵一元組長が襲撃される。犯人の弘道会・三木一郎とは?

古川 組

中野会が山口組若頭・宅見勝射殺事件後絶縁になり、俺たち中野会の者は一旦 三代目山健組・桑田兼吉組長の預かりとなった。 その後俺は 中野太郎率いる「中野会」から、古川真澄率いる「初代古川組」に移籍になった。 ・・・最初俺は 三代目山健組本部長・片岡昭生の仲介で、桑田兼吉の舎弟盃を受けることになっていた。 これは以前トップページに書いた通りだ。 だが 中野会系鈴木組に命を狙われた古川真澄としては、中野会系列を山口組に復帰させる事について、どうしても納得出来ない部分があった。 ここら辺の事情は、盛力健児著「鎮魂」の中の 古川真澄との遣り取りを読んで貰えば、この俺の話しが理解出来ると思う・・・ ・・・中野太郎散髪屋襲撃事件のあと 古川真澄を付け狙った中野会系鈴木組の若い者たちは、古川組内琉真会の組員によって拉致されたのだ。 しかし沖縄戦争で辛酸をなめ尽くした琉真会は、ヤクザの筋道を重んじる事で知られる「四代目・竹中正久」の信奉者だった。 そう云う面では竹中正久の生き様に傾倒して、極道社会を張って来たと云っても過言ではない。 だから いくら古川真澄の命を付け狙ったとはいえ、同じ山口組一門の者を殺す訳にも行かず 焼きを入れて放した・・・ 古川組では俺と呑み分けの兄弟分だった琉真会々長・仲本政英と田中茂の三人で雑談中、この話しが出た。 ・・・田中茂と云う男も竹中正久と同じで 極道として筋道を通す男で、大阪十三の中島組若頭・瀬戸山欣秀と兄弟分だった関係で 俺とも兄弟分になった。 この田中茂の兄弟分が仲本政英で、俺が古川組に行ってから 三人が意気投合して兄弟分になった。 田中茂は 若い者をそこそこ連れていたのだが、藤田 許 永中に「若い者は全員 一極会にやれ」と云われ、その通りにしたヤクザ馬鹿を絵に描いたような男だった。 藤田永中を裏切らず「「裁判の傍聴」も欠かさず行ったのは この田中茂ただひとりなのだ。 後日譚だが、田中茂は 癌で死ぬ前「藤田会長のお陰で 若い者たちに 嫁と一緒に お伊勢参りに連れて行って貰って、ほんまの大親分のような気分にしてもろた。 兄弟 嬉しかったで」と云って死んだ。 俺は色んな人間を見て来たが、この田中茂ほど 純真なヤクザは初めて見た。 それに田中茂ほど 兄弟分思いの男は、ほんの一握りだけなのだ。 余談だが、田中茂が引っ越す時 常に持ち歩いていたのが、俺と仲本政英と三人で交わした「兄弟盃」と、俺がプレゼントしたエルメスのネクタイだった。 人それぞれの考え方にもよるが、俺はネクタイはヤクザ稼業のステータスだと思っていたので その持論を田中茂に押し付けたのだ。 話しを変える。 俺が平成17年に堅気になってから、ヤクザ社会も激変した。 組織の代変わりに人情が絡むのは最初だけで、あとは当代の息を離れ 執行部と云う名の下に非情なほど組織が変貌して行く。 当たり前の話しだが、人を活かすも殺すも 組織の体質次第である。 組織が肥大化して行けば、人間の体と同じで 余分な贅肉が付き 最後は病理集団となる。 これは作家の飯干晃一が何かの本に書いていたが、俺は当初から この条理が解かっていた。 時代のサイクルというのは 一定の周期で回っているのだが、この周期を知ることで 人生の勝利者になり得るのだ。 その為には、歴史学者の本を読む事も 生きて行く上での糧になる・・・ ・・・俺は刑務所に入ったお陰で 身を入れて本を読む事が出来た。 俺の読書法は、乱読するのではなく 一冊の本をじっくり手間暇かけて読む。 云わば人生の教科書代わりに 俺は本を読むのである。 俺は頭の良い人間が 月何冊の本を読むと書いているのを聞くと、その読んだ本に自分の人情や思考力を絡めて読んでいるのかと聞きたくなる。 俺は本質的に勉強が嫌いで 本を読む事は余り好きではなかった。 その性癖は今でも変わらない。 しかし人間的向上を目指すには、読書に親しむ以外ないのである。 俺のような学の無い男が綴るブログが 読者の向上心に役立てば、これ程嬉しいことはない。 いつも拙いブログを読んで頂き 感謝する次第である。

次の