クラミジア 感染 症。 クラミジア,マイコプラズマ,およびウレアプラズマによる粘膜感染症

不妊の原因になる病気「クラミジア感染症」とは?

クラミジア 感染 症

自覚症状のないままクラミジア感染が進行すると、何年も経ってからトラブルが起きてくるかもしれません クラミジア感染症は10~20代前半の女性を中心に増えてきている性感染症。 女性の性感染症の中では、HPV感染を除くと最も多く、20代前半の感染者数は性交経験のある人の5~10人に1人と予測されています。 自覚症状がほとんどないために、妊婦健診で検査をしてみて初めて感染に気づくというケースも少なくありません。 クラミジアによる卵管炎は不妊症の原因となるため、若い頃の感染が将来弊害をもたらすこともあります。 また、クラミジアに感染していると、HIVへの感染率が3~5倍に増えるといわれています。 <目次>• クラミジア感染症の原因・感染部位・感染経路 急激に感染者が増加したクラミジア クラミジア感染症の原因は、クラミジアトラコマティスという細菌。 性交渉によって尿道や子宮頚管、喉の奥にクラミジアが感染します。 咽頭感染のように喉への感染もあるため、性器同士の接触がなくても感染する場合があります。 なお、プールや大衆浴場など、性行為以外の場で感染することはありません。 クラミジア感染症の症状……自覚症状が出にくく無症状のことも 男性、女性ともに、感染してもほとんど自覚症状がないのが特徴。 そのため、感染に気づかず、パートナーが変わるごとに次々に感染を拡げてしまう危険性があります。 女性に比べて、男性は症状が現れやすい傾向にあります。 尿道や膀胱に菌が入ると、頻尿や排尿痛などの膀胱炎症状を引き起こします。 炎症がお腹の中まで拡がると、腹痛・発熱などの症状が出る場合もあります。 時には炎症が肝臓の周囲まで拡がってしまうことがあり、その場合は右側の肋骨の下の辺りに痛みが出るため、内科の病気と間違われる可能性もあります。 クラミジアによる炎症が卵管に拡がると「卵管炎」を引き起こし、卵管閉塞の原因となります。 卵管閉塞になると、将来卵管性不妊や子宮外妊娠のリスクが高くなります。 30代の女性で子宮外妊娠のために緊急手術を行ったら、お腹の中はクラミジア感染を疑う癒着があり、卵管は周囲とくっついてしまっていたというケースもありました。 本人が自覚がないままクラミジア感染が進行してしまうと、何年も経ってからこのようなトラブルが起きてくることもあります。 クラミジア感染症の検査法……性器感染・咽頭感染の診断法 男性は尿を使うか尿道の細胞を擦り取って検査します。 女性は子宮頚管の分泌物を拭い取って検査します。 男女ともに、咽頭感染が疑わしい時は、喉の奥を直接こすって検査をするか、うがい液を検査に出します。 血液検査では、抗体検査により「抗体」を調べることもできますが、一度でも感染したことがあれば「陽性」になるため、過去の感染を含めて感染の有無を判定する場合に用います。 クラミジア感染症の治療方法……抗生物質服薬か点滴で治療 男女ともにクラミジアに有効な抗生物質を1~7日間飲みます。 炎症がひどくて腹痛や発熱がある場合は、点滴による治療が必要になることもあります。 治療後に再度検査を行い、結果が「陰性」になっていることを確認できれば「完治した」といえます。 パートナーがいる場合は、相手も同時に治療することが重要です。 どちらか片方しか治療を行わなかった場合、一度治っても、治療後に性交渉を行えば未治療のパートナーから再度感染することになり、いつまでも完治できません。 治療後の検査で再度「陽性」が出た場合は、抗生物質の種類を変えて結果が「陰性」になるまで治療を行います。 非常に感染力が強いクラミジア感染症の予防法 コンドームを、毎回初めから正しく使うことが最も有効な予防法。 咽頭感染もあるため、オーラルセックスの時もコンドームを使用するのが理想です。 また、パートナーが変わったら、そのたびに定期的な検査を行って、早期発見を心がけることも大事です。 クラミジアは非常に感染力が強く、1回の性交渉でも感染する確率が高いので、一度だけと油断せず、妊娠を目指す時以外は必ずコンドームを使うようにしましょう。 【関連記事】•

次の

肺炎クラミジア感染症について

クラミジア 感染 症

示すクラミジア・トラコマチス ヘマトキシリン・エオジン染色キット 分類および外部参照情報 - -, - - , 性器クラミジア感染症(せいきクラミジアかんせんしょう)は、 Chlamydia trachomatis の一種により生じる STD。 性器では男性では尿道に膿みや痛みを生じ、女性ではおりものが増えるが無症状のこともあり、咽喉への感染では、喉が痛くなり痰が増えたりするが無症状の場合もある。 治療せずに放置することで不妊症の原因となったりする。 とならぶよくある性感染症である。 感染経路は、を使用しない性行為のほか、口と性器での感染、母子感染もある。 治療にはクラミジアに有効な抗生物質を、駆除に必要な量、日数で用いられる。 疫学 [ ] 日本国内 2007年には、女子の13. 更に、2013年10月から2014年3月までに全国の産科施設を受診した妊婦32万5771例を対象とした検査によれば、2. 19歳以下:15. 米国で2008 - 2010年に医師がクラミジア検査が必要であると判断した妊婦約60万例の結果では、• 19歳以下:9. また、都道府県によるバラツキが大きい事が報告されている。 しかし、大流行とも言える状態にあるも関わらず、公衆衛生行政が積極的な関心を示していない事に危機感を示す医師もいる。 原因 [ ] の1種であるクラミジア・トラコマチス CT が尿路やに感染することで起こる。 なお、性器クラミジア感染症を引き起こすのはCTのうちのD - K型であり、A - C型とL型は別の疾患を引き起こす。 感染経路 [ ] ・・などによりに感染する。 感染部位は、(のみ)、内(のみ)、直腸。 相手が咽頭感染している場合通常の口づけでは感染する可能性は低いが、ディープキスの場合は感染率が高くなる。 極めて稀だが、洋式便座、公衆浴場、タオル等を介して感染することもある。 の場合は、から透明な膿が出る。 痛みを伴う場合もある。 の場合はおりものが増える事があるが、自覚症状は乏しい。 感染では喉が痛くなり痰が増えたりするが、無症状の場合もある。 治療せずに放置しておくと、クラミジアが体内深部に進行し、男性の場合は尿道経由で炎・副睾丸炎(上体炎)・肝炎・腎炎になる事がある。 の場合は急性 、子宮頸管炎・子宮内膜炎・炎になり、進行するとになったり肝周囲炎 Fitz-Hugh-Curtis症候群 や卵巣炎を引き起こし、(卵管妊娠) やの原因となる事もある。 また産道感染により、新生児が・を発症することがある。 またをおこし、の原因ともなる。 更に、クラミジアに感染していると、他のやの感染率が飛躍的に高くなるとされている。 女性のだけでなく男性の不妊との関連性も指摘されている。 診断 [ ] の場合は泌尿器科・性病科、の場合は産婦人科・性病科を受診。 咽頭感染の場合は耳鼻咽喉科。 性器感染の場合は患部から体液を採取、もしくは採尿し、クラミジアの有無を調べる。 クラミジア性の尿道炎と、やが原因となる非クラミジア性かつ非淋菌性の尿道炎との症状の差はみられないため、症状による鑑別は困難であり検査により容易となる。 検査には病院のほか、検査キットが販売されている。 保健所が無料で行っている場合がある。 こうした無料の検査は月に1~2度である。 治療 [ ] 日本の2016年のガイドラインより説明するでは、クラミジアではマクロライド系のやニューキノロン系やテトラサイクリン系のが用いられる。 咽喉のクラミジアでは性器への感染に準じる。 アジスロマイシンでは1グラム単回の服用でよく、他の薬では継続して服用する。 症状は数日でなくなる事が多いが完全に死滅していない事があるので、指示通り服用が必要となる。 薬にのある耐性菌も増加している。 途中でやめた場合ぶり返したり、菌が薬剤に対して耐性を持ってしまい症状が悪化したり、治りにくくなることがあるためである。 予防 [ ] である本病は禁欲が根本的な予防策である。 とりわけ不特定多数との性行為の自粛である(確率的にその中に感染者が含まれているため)。 出典 [ ] []• , p. 広島市 健康福祉局 衛生研究所• 熊本悦明、南邦宏、 公衆衛生 72巻 6号 2007 pp. 436-443• 緑川昌子ほか、 消化器内視鏡の進歩:Progress of Digestive Endoscopy Vol. 42 1993 p. 289-292• 尾崎慎治ほか、 日本臨床外科学会雑誌 Vol. 63 2002 No. 3 P737-741• 永松健ほか、 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌 Vol. 17 2001 No. 2 P31-34• 徳田倫章ほか、 日本泌尿器科学会雑誌 Vol. 90 1999 No. 6 P608-613• , p. (東京都保健福祉局)• , p. , p. 参考文献 [ ]• 国立感染症研究所感染症情報センター• 日本性感染症学会「」 pdf 『日本性感染症学会誌』第27巻1 Supplement、2016年11月。 関連法規 [ ]• 5類感染症 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• メルクマニュアル.

次の

不妊の原因になる病気「クラミジア感染症」とは?

クラミジア 感染 症

原因 と呼ばれる微生物を原因として引き起こされます。 具体的には、クラミジアニューモニエ(Chlamydia pneumoniae)とクラミジアトラコマチス(Chlamydia trachomatis)が挙げられます。 クラミジアニューモニエは、この病原体に感染した人の気道に存在しています。 そのため、咳をきっかけに飛沫として周囲環境へばらまかれてしまい、それを体内に取り込むことで感染(飛沫感染)が成立します。 一方、クラミジアトラコマチスは性感染症を引き起こす病原体です。 通常、クラミジアトラコマチスは成人にを起こすことはないですが、赤ちゃんが感染すると肺炎を起こす危険性が高まります。 赤ちゃんへの感染は、クラミジアトラコマチスが膣周辺に感染した状況でし、経膣分娩で赤ちゃんを出産する際に起こります。 検査・診断 の存在を確認するために、胸部単純レントゲン写真、肺CT検査などの画像検査は必須です。 また、が肺炎の原因であることを特定するための検査も同時に検討されます。 クラミジアニューモニエやクラミジアトラコマチスなどの病原体に感染すると、人の体内ではそれを排除するための免疫反応が引き起こされ抗体が産生されます。 この抗体を血液検査にて測定することで病原体に対して感染したかどうかを判定することがあります。 一回の検査のみでは判断がつかないこともあるため、複数回血液検査を行うことがあります。 また、クラミジアはクラミジア特有の遺伝子配列を有しています。 こうしたクラミジア特有の遺伝子を確認することで、病原体の存在を証明することもあります。 具体的には、咽頭拭い液や痰などを使用して、PCR法と呼ばれる遺伝子検査を行います。 そのほかにも、直接的にクラミジアの培養を行い、病原体の存在を確認することもあります。

次の