ポトス 支柱。 ポトスの増やし方|ポトスはつる性の特徴を生かすために、支柱を立てて上へ這わせてみます。 ヘゴ材を使った鉢植えを作ってみました。

ポトスを水栽培から鉢植えに植え替えて支柱を建てました【体験談】

ポトス 支柱

3年前から育てている観葉植物のポトスが、成長し過ぎて枝葉が長くなってきたので、支柱仕立ての挿し木に挑戦してみました。 これからポトスの挿し木をしようと考えていらっしゃる方は参考にしてみて下さい。 【目次】• ポトスについて 和名:オウゴンカズラ(黄金葛) 科名:サトイモ科 属名:ハブカズラ属(エピプレムヌム属) 形態:多年草 原産地:ソロモン諸島 耐寒性:弱い 対暑性:強い 《特徴》 観葉植物のポトスはつる性の着生植物で、熱帯地方で大きな木に這い上がるように育ち、長さ数十mまで伸びます。 一般に観賞しているのは幼葉で、成葉になると羽状に切れ込みが入ります。 ミニ観葉から大鉢までの観葉植物として楽しめます。 園芸上ではポトスと呼んでいますが、ポトスは旧属名で、現在はエピプレムヌム属です。 葉色は光沢のある緑色に不規則に黄色の斑が入ります。 引用: 2. 準備するもの ・ポトス 3年前は2葉くらいある株が3株ほどだったのに、ここまで成長してくれました。 ・土 挿し木の用土は肥料を含まない土です。 発根までの土の役割は、水分をキープし発根までのデリケートな時期に挿し穂が不用意に動いて痛まないように安定を保つことです。 ・鉢底石(軽石) ・縦長の鉢(8号) (高さ13. 7cm) 支柱の長さや太さに応じて鉢を選ぶ必要があります。 今回は長さ87cm・太さ4cmの支柱を使用しますので8号の縦長タイプの鉢を選びました。 3cm) ・針金 支柱と枝葉を固定するものですので、結束バンドや紐でも大丈夫です。 葉の付け根の反対側から伸びている黒っぽいものが気根です。 ポトスは茎をのばしながら気根も伸ばす性質があります。 気根は、木をに巻き付いたり壁に巻き付いたりするために伸びている根で、新しい根は気根から出てきます。 気根ひとつにつき葉っぱ一枚のセットで挿し穂を作ります。 私が購入した準備品 ・土.

次の

100均グッズでヘゴ風おしゃれなポトス支柱の作り方

ポトス 支柱

3年前から育てている観葉植物のポトスが、成長し過ぎて枝葉が長くなってきたので、支柱仕立ての挿し木に挑戦してみました。 これからポトスの挿し木をしようと考えていらっしゃる方は参考にしてみて下さい。 【目次】• ポトスについて 和名:オウゴンカズラ(黄金葛) 科名:サトイモ科 属名:ハブカズラ属(エピプレムヌム属) 形態:多年草 原産地:ソロモン諸島 耐寒性:弱い 対暑性:強い 《特徴》 観葉植物のポトスはつる性の着生植物で、熱帯地方で大きな木に這い上がるように育ち、長さ数十mまで伸びます。 一般に観賞しているのは幼葉で、成葉になると羽状に切れ込みが入ります。 ミニ観葉から大鉢までの観葉植物として楽しめます。 園芸上ではポトスと呼んでいますが、ポトスは旧属名で、現在はエピプレムヌム属です。 葉色は光沢のある緑色に不規則に黄色の斑が入ります。 引用: 2. 準備するもの ・ポトス 3年前は2葉くらいある株が3株ほどだったのに、ここまで成長してくれました。 ・土 挿し木の用土は肥料を含まない土です。 発根までの土の役割は、水分をキープし発根までのデリケートな時期に挿し穂が不用意に動いて痛まないように安定を保つことです。 ・鉢底石(軽石) ・縦長の鉢(8号) (高さ13. 7cm) 支柱の長さや太さに応じて鉢を選ぶ必要があります。 今回は長さ87cm・太さ4cmの支柱を使用しますので8号の縦長タイプの鉢を選びました。 3cm) ・針金 支柱と枝葉を固定するものですので、結束バンドや紐でも大丈夫です。 葉の付け根の反対側から伸びている黒っぽいものが気根です。 ポトスは茎をのばしながら気根も伸ばす性質があります。 気根は、木をに巻き付いたり壁に巻き付いたりするために伸びている根で、新しい根は気根から出てきます。 気根ひとつにつき葉っぱ一枚のセットで挿し穂を作ります。 私が購入した準備品 ・土.

次の

ポトスを支柱を使って育てる方法、つるの巻き方についてもご紹介

ポトス 支柱

5月の連休があけて新緑が映える今頃が植え替えにちょうどいい時期です。 我が家のポトスのツルも伸びまくっているので、思い切った植え直しをやってみました。 数年前から部屋で小さな観葉植物を育てています。 ポトスを中心に今はシェフレラ(カポック)、シルクジャスミン、フィッカスプミラが元気にしてます。 本当はもっといろんなものにチャレンジしてみたいなあという気持ちもあるんですけども、急に増やしても管理しきれないので1年にひとつずつ買い足しては育ててみてるところであります。 枯らしちゃったやつもいくつかあるんですけどもね・・・ とにかく丈夫で主力になっているのが100円ショップで1鉢だけ買ったポトスがあるんですけども、1年に1回の植え替え、長すぎるツルは切って水差しに、そしてハイドロカルチャーへ・・・と繰り返しているうちにそこそこ成長してきました。 すくすく育っている姿を愛でるのは癒されるのですが、放っておけばどこまでも伸びていくであろうというツルを眺めながら、これからどこへ向かっていけばいいのだろう・・・と少々困惑しておりました。 やり方を調べてみると、鉢にヘゴ棒を差し込んでポトスのツルを上へ這わせるようにして誘引してやればいい様子。 自分でもできなくはないかなあと思ったのですが、間延びした葉っぱを這わせても残念な感じになりそうだし、今年はとりあえず葉っぱを整理して観察してみようかなと決めました。 今使っている鉢は植え替えから1年くらい。 根っこが底からはみ出してきましたし、そろそろツルも整理した方がいいかなといった具合です。 ということで、ヘゴじゃなくて支柱と新しい鉢を買ってきました。 支柱はホームセンターで6~7号へつける大きさで300円くらいでした。 輪がついていない支柱だけだと10本入りで100円くらいで買えます。 支柱はなんでもいいらしいんですけども、バランスの関係もありますし、鉢のサイズに合わせて選ぶのがよいですね。 鉢に支柱を立ててみて、イメージをふくらまします。 支柱っていうとアサガオしかイメージなかったんですけども、果たしてうまくいくのかどうか・・・。 今まで植えていた鉢からポトスを取り出します。 鉢の端っこにスコップを差し込んでぐるっと一周すると、土ごとカポッと株が抜けます。 まだあまり成長していない時は、できるだけこの塊のままひと回り大きな鉢へ移して、足りない土を足してやるだけでいいのですが、今回はそこそこ成長しているので古い土を落として株を分けてみました。 実際分けてみると、2株しか入ってないんですよね。 自分でそうしたにもかかわらず、すっかり忘れておりました・・・。 気にはなっていたものの、まさかツルがこんなに長くなっていたとは・・・。 ちなみにこの鉢に植え替えた時の様子は以下。 支柱を立てたまま植え付けるのは大変なので一旦取り出して、水はけがよくなるように鉢底ネットと鉢底石を入れます。 あとは先に少し新しい土をいれたら、株分けしして整理したポトスを植え付けては、新しい土を入れていきます。 ポトスを植えてから支柱を差し込んでバランスを整えていきました。 いたって普通の植え替え作業です。 どんな風に整理するのがいいものか、よく観察する。 株の整理はちょっと悩みました。 伸びすぎた根っこなどは多少カットしても大丈夫だっていうのは前回の植え替えで学んだので、迷わずチョキンと切り落としていけたんですけども、 この途中の気根から根付いてしまったものはどうすべきなのか・・。 このまま植え付けるのも大変なので、ダメだったら諦めようと、思い切って半分に分けてみました。 植え付けの時によく観察してみると、切ったところから脇芽が出て、そこから成長していってるのがよくわかります。 しかもカットしないツルよりもカットしたツルの方が気根の感覚が狭いんですね。 恐れずカットして仕立て直しした方が葉っぱが増えるっていうのは、そういうことなのだなと勉強になりました。 植え付けたら、支柱にワイヤーなどで軽く抑えるように支えながら、上へツルが向いていくようにしていきます。 ギューッと縛り付けないように注意。 麻ひもも使ってみました。 まだ植えたばかりで上向きになっておらず、葉っぱがダレ気味なので、少しでも上へ向かってくれるようにふしぎテープでも支えてみました。 不思議テープはこのテープ同士でしかくっつかないですし、水をかけても大丈夫なので誘引におすすめですよ。 支柱に沿わせてバランスを見ながら植え付けていき、気が付いたら1時間もいじっていました・・・。 葉っぱがあちこちに向いてるし、慣れていなくて恐々いじるもんだから、難しくてですね・・。 これでいいのか悪いのか。 汗をかきかきやってはみてものの、どうも間延び気味なので、うまく根付いたらまた仕立て直ししようかなと思ってます。 新芽がどんどん出てくればボリュームが出て貧相な感じもなくなっていくと思うんですけども・・・。 ひとまず10日くらいは肥料は与えず、水を切らさないようにして直射日光の当たらない明るい日陰で様子見です。 今回の植え直しはここまで。 植え替えは今まで何回かやってきてはいるものの、直後はドキドキしますね。 いいタワーが作れますようにと願うばかりです。

次の