沙織 バジーナ クワトロ。 今日の私はクワトロ・バジーナ大尉だ。

コメント/沙織ルート

沙織 バジーナ クワトロ

都道府県 :• 全国のバジーナ• 青森 0• 岩手 0• 宮城 0• 山形 0• 福島 0• 富山 0• 石川 0• 福井 0• 山梨 0• 長野 0• 栃木 0• 群馬 0• 岐阜 0• 三重 0• 静岡 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 山口 0• 徳島 0• 香川 0• 愛媛 0• 高知 0• 佐賀 0• 熊本 0• 大分 0• 長崎 0• 宮崎 0• 鹿児島 0• 3 カテゴリ :• 全ての売ります・あげます• 家電 0• 自転車 0• 車のパーツ 0• バイク 0• 楽器 0• チケット 0• 生活雑貨 0• 子供用品 0• パソコン 0• スポーツ 0• 食品 0• その他 0• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のバジーナ• 青森 0• 岩手 0• 宮城 0• 山形 0• 福島 0• 富山 0• 石川 0• 福井 0• 山梨 0• 長野 0• 栃木 0• 群馬 0• 岐阜 0• 三重 0• 静岡 0• 和歌山 0• 鳥取 0• 島根 0• 山口 0• 徳島 0• 香川 0• 愛媛 0• 高知 0• 佐賀 0• 熊本 0• 大分 0• 長崎 0• 宮崎 0• 鹿児島 0•

次の

クワトロ・バジーナ

沙織 バジーナ クワトロ

この項を見ているの方には、の礼を許していただきたい。 私はのクワトロ・バジーナ。 話の前に、もう1つ知っておいてもらいたいことがあります。 私はかつて、 という名で呼ばれたこともある男だ! 概要 上記に示す通り、かつてのとして活躍したが(軍)の中で使った偽名である。 の表記ではのままで書かれているが、ではクワトロ・バジーナで表記されている。 後、アクにての再を画策していたが、がミネバ・ザビのとして「ザビの再」を企んだことから的に対立し、アクを離れた。 00年、非合法に軍の軍籍を入手し、クワトロ・バジーナと名乗って軍に潜入。 強硬であるに対抗すべく組織されたエウーゴの設立に協する。 00年にが開戦すると、はかつてのようにとして活動する。 しかし、導者のブ・ラが暗殺されると、遺言のもとに導者としても活動するようになる。 当初はに劣勢だったものの、議会を占拠してのでであることを、の横暴をを通じて伝えたことで戦況は一変、優位となる。 しかし、率いるアクが参戦すると、当初は同盟を結ぼうとするが、がミネバを傀儡にするんだをしていたことが分かると憤慨、対立を選んだ。 最終的に三つの戦いになり、は崩壊するものの、はとの戦の末にが分からなくなる。 その後エウーゴは軍に戻り、アクめ・との戦いへと変わっていく。 人物 では からも敬されるとして活躍したが、でのとしては度重なるの失敗、に殴られる立場、さらには導者でありながらのような扱いをされるなど、冴えない点が散見される。 また、アクと決別して軍に望みを託そうとしたものの、議会の腐敗を見て失望する。 これがのちに「」での・の再、へのへとつながっていく。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

今日の私はクワトロ・バジーナ大尉だ。

沙織 バジーナ クワトロ

沙織・バジーナ(・バジーナ)とは、の及び化・・化作品、『』の登場人物の一人である。 (:) 概要 本作の中心人物・のであり、や、の交友関係を作る切っ掛けを与えた重要人物である。 、体重Kg。 (紀香と同じなのが自慢) 初登場時から元々のに加えてぐるぐるにバン、大きな+から飛び出したポ(通称)という所謂系、更にが、に~でよ、などで強なを与えた。 の提案でが参加する事となったの催者であり、 『っあつまれー』の。 自体はと以外も当然参加していたのだが、二人が場や他のと染めてないのをし、終了後に二人と同伴のを会へ誘い、この作品自体の要とも言える達の交友関係を築いた。 での対応でも分かる様に明るく気さくで面倒見が良い性格で、会でとから罵倒を浴びせられても動じなかったり、・・それぞれの仲介役になっていたり、友人達の悩み相談にも嫌な顔一つせず快く引き受けたり、と非常に懐が深い人物であるのが伺える。 にとってはやの事だけでなく、自身の相談相手としても頼りにしている存在である。 また当然ながら 『沙織・バジーナ』とはにおけるであり、本名ではない。 のから察する通り、バジーナの由来はである。 第4話でのへの(故意ではない)で本名自体は判別可である。 またこの際雑誌の専属であるでさえ入手困難な高級品会社 『・』のを利用している。 更に第9話でに沙織と分かる人物(顔全体は見えない)が描写されている。 なで使用人達を付き従えと呼ばれており、を介した際同様上品な喋り方と佇まいである事から、その素性は未であっても持ちのである、という印を与えるものであったと思われる。 本名『槇 沙織(まきしま )』 3年生で。 や気配りの出来る性格からより年上と思われていたが、実際はと同年齢。 1巻及び話においての「っあつまれー」へのに対し、まるでの様な気品ある文章(談)で返信しているが実はこれ自体が沙織の素の喋り方であり、親元を離れ外(では内)のにある親が所有するマンション(一棟全て個人で使用)に住む正正銘本物のである。 また、素の沙織はしい性格で、がない素顔を達に見られただけで叫びを上げ半泣きになってしまう程。 普段の格好や喋り方は、自分が中心になって盛り上げなくては、という強い意識と焦りからのものであると共に、により別のを演じる事で、素の自分を隠す為のものであった。 達には関係が崩れる事を危惧して隠し続けていたが、用の心配となる。 の開始から三年程前、のが作ったに所属していたが、のを期に仲の良かったが離れていく事を経験している。 その際、から「所詮のとしか見られていなかった」と言われる。 自身が憧れを持っていた居場所を簡単に捨てたを見返したい、かつてのて貰った事をにしてあげたいという一念が、がを作るに至った要因である。 ちなみにの作りの基となった人物は、のので加奈子の、来栖彼方。 なおはによって性格を演じ分けており、正確にはが持つ人格の一つという事になる。 また、今でこそ (!)という作中における登場人物の中で最長ののだが、のに所属していた当時はの胸元にも満たない低であった。 これは余談であるが、沙織は 「を取ると」というなである。 が、その展開を予期していた達をさせる程の素顔であった。 以下でなの心情描写の『一部』抜である。 「やべえぇぇえ!沙織ヤ。 まじでヤよ、ヤ。 まず、!」「深の嬢みたいな出てる!スゲェ!でみたいな!」「まで違う。 ヤバすぎ。 とにかくおまえら、のの前に現れた美貌ののヤバさをもっと知るべきだと思います。 」 関連動画 関連静画 お絵カキコ 関連商品 関連チャンネル 関連コミュニティ 関連項目•

次の