背水 ハイランダー。 【グラブル】 念願のティターン編成でのハイランダーデビュー カイム、英雄王の戦斧、支配の天秤でどこまで戦えるか・・・

【グラブル】闇ハイランダー編成は終末5凸できていないと弱い

背水 ハイランダー

更に夏に実装された高級鞄からドロップの新エピックウェポン。 ギルガメッシュからドロップの 英雄王の戦斧。 そして、アヌビスからドロップの 支配の天秤。 最適解を突き詰めるのならば差が出てくるのではないかと思いますが、少なくともエンジョイ勢の自分にとってはどちらでもいいかなーという差に感じられました。 今後、マキラの最終上限解放が強力ならば英雄王の戦斧を抜いてダブルハイランダーで楽器パというのも考えますが、どちらにしても必須装備となるであろう現状の土属性のリミテッド武器3本と天司武器、絶対否定の竪琴5凸は揃っているのでもう少し詰めてみようと思います。 今後の土属性 そんな感じで今後どうなるかは分かりませんが、土属性は当分はこの編成で凌げるのではないかと思っています。 おそらく次に土属性にスポットが当たるのは(というか全属性に当たると思いますが)、6周年での六竜HLだと思うので、まずはそこが試金石になると思っています。 上限が叩けないと微妙だと言われるハイランダー編成ですが、そこでどこまで戦えるか・・・ ただ、カイム入りのハイランダー編成はカイムのサポアビにハイランダー効果以外にかなり強力な防御アップが付いているので、防御面での魅力もあります。 ゆえにマッチョネットワークが必要ということです。 だから動画見てもマグナライジングフォース程度の強さにしか見えないっすわ。 また奥義パするならオクトー奥義で土オメガが死んでるんで剣豪にして金重装備して奥義ゲージアップをまいた方がカイン追撃も切れずによいかと・・・ そして戦斧はゴミだって言われてるんでまぁ要らないです。 金重メインでもやってみたりしましたが、まぁ今後の課題です。 あとビカラとフェリでの無属性200万もありらしい。 ハイランダーが始まったのはこのカイムから。 ハイランダーが広まったのはアヌビスから。 そして、脚光を浴び始めたゴリラ。 天上人下層か地上人最上層にいる廃RUNダーモニキ教皇の力だと、これ以上火力を上げるには上限突破が必要不可欠。 世が背水より渾身や必殺、技巧を求めているなか、今年はどのスキルに着目されるのでしょうか。 もちろん、背水だって負けていないですが、最近、背水武器見ないですものね。 リミ武器配布してくれないかなー(6周年で) ゴリラ4凸したら是非動画UPオナシャス•

次の

【グラブル】 念願のティターン編成でのハイランダーデビュー カイム、英雄王の戦斧、支配の天秤でどこまで戦えるか・・・

背水 ハイランダー

はじめに 現状、編成入りしうる武器はざっとこんな感じだと思います。 どのコンテンツでも無敵!DPS最高!MVP余裕っち!という編成は存在しません。 火力について 現在は、通常攻刃を基礎として他枠で火力を上げています。 また実際にはキャラスキルも考慮する必要があります。 仮に超絶強力な属性バフを常時展開できるようなキャラがいた場合、進境は全く意味がないスキルになりますし、デスニーアしかしない編成にケル銃大量に積む意味はありません。 ターンを回してスキルで連続攻撃確定してバーストたたき込むだけの編成に二手三手が不要なのも同様です。 火力スキル 以前は選択肢が少なかったので渾身一択でしたが最近は選択肢が増え、複数を組み合わせていくのが主流になると思います。 一方で各スキルにもデメリットがあります。 技巧 中 は流石に発現率が低すぎるため火力スキルとしては厳しい。 他の複数搭載前提の有用スキル武器のおまけで付いてるならクソ強い。 技巧 大 ~技巧IIから選択肢として有用。 進境 メリット 両面運用で非常に強力な第三の火力スキル 状態による効果減衰が無い デメリット 発動が遅く基本コントロール出来ない 上限が低く複数積むと無駄が多い 必殺 メリット 奥義上限と火力が上がる為、高防御相手には非常に有効なスキルとなる デメリット 奥義を撃たないと意味がない チェイン硬直で逆にDPSが低下する 個人的にはどうなんかな~ってスキル。 奥義って結局4Tに1回くらいしか撃ちませんよね。 高防御には強いですけど。。。 二手三手 メリット 火力と奥義の回転数に直結する。 自動アビダメ編成以外ではある程度の連続攻撃は必須 デメリット キャラバフで補える事が多い 複数積み前提だが数値が少ない三手 小 などはメリットがかなり少なくなっている 敵の登場演出が無い早押し鬼リロードコンテンツでは連撃=硬直=DPS低下=死である。 火力の目安 統一条件は 4凸アストラル 計算機5凸実装されていなかったのでw 天司4凸 邪一本 編成極まると入れたいから 終末5凸渾身 渾身枠多い場合はMでも計算 大体の目安です。 土のハイランダーはカイムいるのでx1. 2倍です。 技巧x渾身編成の最高火力がぶっ飛んでおり、編成可能なのは火・光・闇です。 古戦場を例に要求編成の火力を上げると 古戦場HL100 防御値14-15 で気持ちいいダメージを出すのに必要な火力は大体600-750万です。 船炉で1. 古戦場HL150 防御値25 クラスになると上限を叩くというよりも、死なない範囲で火力を高めるという感じになると思います。 船炉バフのみ、防御下限、上限up無しの第三減衰 44万 を叩くのにも火力が687万必要です。 アストラルや技巧IIなどの次世代強武器が増えてきており、今後を考えると3~4で止めるほうが良い。 5~からは結構怪しげ。 エラー化というか編成から弾き飛ばされる可能性あり 渾身+技巧 現状火・光・闇のみ構成可能。 更に守護やら三手やらついているのでお得である。 火は回転に優れ 三手付き 、光・闇は体力に優れる 守護付き。 背水編成 背水編成自体は持っても損はしないが、ルシ並みの接待貰わないと闇以外開幕火力が弱すぎて使いづらい。 ゼピュロスもやりたくてやっている訳ではないだろうが、武器がしょぼいのでしょうがない。 なんたってこれが一番ましなのだ。 編成火力的はハイランダーに毛が生えた程度。 高難易度用のキャラ・インドラがあるから生存しているだけで、単純な火力的にはゴミ。 12 同じ二枠でこの格差。 運営どうにかしろ。 W攻刃 論外。 ハイランダー 終末前提だが火力もそれなりでリミ武器少なめで並課金層の神石入門編成といったところ。 現状リミ武器が各属性平均3-4本なのでまだまだ伸びしろ有り。 渾身よりも背水のほうが火力の最大値が高く、上限上昇を活かしやすい。 なんだかんだ、一気にエラー化させずにちょっとずつトレンドをずらしているところが商売上手ですね。 はやく新しい土リミ武器が欲しいです。 その内容によっては土にぶち込むか闇に突っ込むか決めようかな。 とか考えながら昨年末からずっと待機状態なんだよな~ 早くしてくれえええ。

次の

【グラブル】 アグニス4凸 ×ハイランダー編成の可能性を探る

背水 ハイランダー

理想編成を目指す場合はリミテッド武器など課金武器の有無が重要となり、「渾身軸」「背水軸」「技巧軸」といった多様な編成が存在する。 堅守で低HPを維持しつつ、ターン数のかかるバトルでは進境を採用して終盤の火力を伸ばすのが有効。 この辺りは敵によってどの武器を採用するのか、臨機応変に調整したいですね。 グラシの本数が少ない分はセレ拳で補うことも可能で、 背水運用であればこの時点で十分な火力を出せます。 HPが多い場面でも確定クリによりある程度火力が出せるのもポイントです。 フォールンソードの本数を用意できるまでは無課金武器が繋ぎに有効。 ブルトガング4凸も無理なく作成できるなら組み込みたいですが、ダマ鋼の使う順序はフォールンソードを最優先で進めたいですね。 ダブルアタック率、トリプルアタック率の両方が上がる効果を持っているため、他の武器スキルに比べてダメージ期待値の上がり幅が非常に大きい。 残りHPが低ければ低いほど攻撃力が上昇する。 純粋に効果量が高いほか、 攻刃などと別枠 乗算 される関係であるため、恩恵が大きい。 背水とは逆に残りHPが多ければ多いほど攻撃力が上昇する。 こちらも 攻刃などと別枠 乗算 される関係であるため、恩恵が大きい。 弱点属性でダメージを突いた時に一定確率でダメージが上昇する「クリティカル」が発動する。 発動率を全て加算して抽選。 クリティカル発生時は一律1. 攻撃力が上昇する代わりに最大HPが減少する。 攻撃力の上昇値は攻刃 大 と同等。 他に優秀な第二スキルを持つ武器に攻刃の代わりとして設定されている場合が多い。 水着ゾーイなどの一部キャラと相性が良く、低HP時を維持した立ち回りをする際に高い火力を誇る。 背水特化編成でのグラシの繋ぎとなる性能で、水着ゾーイ自身と相性がよく、無凸でも十分強力。 リミテッドシリーズとなり 最終上限解放にも期待が持てる。 第1スキルに背水大を持ち、4凸後に闇キャラのアビダメ上限UPが追加。 コルルやシスなど追加ダメを重視した運用において重要となる性能。 23倍するスキル『堕落のすゝめIII』を持っている。 通常神威 小 には守護 小 が内蔵されているため、麒麟弓のデメリットを補える点も優秀。 編成自体の火力は落ちやすいが、キャラや敵防御値など他の要素でダメージ上限に届く火力を出せるバトルであればダメ上限値の高い編成として活躍できる。 攻刃が無く基本火力が下がるため、他武器で火力分を補えない内は汎用的な編成では採用しにくい。 ただ、 奥義特化編成では最優先で編成したい武器。 メイン装備時に闇キャラが弱体成功UPを活用して、重要な弱体付与の役割を担う場合の、 エリュシオン系メイン武器として有用なほか、ハデス編成作成途中段階での通常枠の繋ぎとして役立つ。 技巧編成でクリ率確保も目的でのパーツになる他、アビダメ上限を底上げできるアーツ目的での起用もできる。 奥義効果でスロウや味方全体吸収を持つので、メイン武器としても使える性能。 闇の格闘得意キャラはウフレニやシスなどの自身でTAを狙えるキャラがおり相性が良いので、 それらの格闘キャラで統一できるなら優先的に編成しておきたい。 剣得意PTを組む場合にEX枠に組み込みたい。 特にルシファーHLなどの長期戦になりやすい高難易度で活躍する性能。 主にメカニックによる開幕奥義運用や、奥義頻度の高いPT運用などの 奥義を重視するPTで編成候補となる。 四天刃と同様の優秀な連撃UP奥義を持っているため、ベルセルクなどのメイン武器としても使える。 5凸強化でメイン縛りが無くなると、サブ枠では必須級の1本となる。 刀のためATKも高く、短期でダメージを稼ぐために火力を求める場合なら麒麟剣よりも優先度が上がる。 槍ジョブのメイン武器として優れた性能。 ゼノディア武器や虚空武器を優先的に起用する場合が多いが、 確定TAキャラやデス召喚などと組み合わせた運用で1本編成候補となる。

次の