ボイル ホタテ レシピ。 【燻製レシピ】安いホタテは燻製にして酒のツマミに!燻製ホタテの作り方

【キューピー3分クッキング】ボイル帆立、厚揚げ、小松菜のオイスターソース炒めの作り方。小林まさみ先生が教える経済的にも嬉しいレシピ(12月16日放送)

ボイル ホタテ レシピ

魚介のなかでも人気のほたて。 バター焼きが定番ですが、作っておけば長く楽しむことができるお酒のつまみを教えてもらいました。 「おすすめはオイル漬けです。 今回ご紹介するのは、オイスターソースとごま油を使って、ほたてに深いコクとうまみをプラスする中華風のレシピ。 手に入れば、ぜひ干しえびを加えてみてください。 深みが増します!」 そう教えてくれたのは、伊勢丹新宿店の魚のプロ<東信水産>の上條八千代シェフ。 オイル漬けにはうまみが濃い「ボイルほたて」がおすすめ! ほたてというと生のほたて(写真右)をイメージしますが、オイル漬けにするならボイルほたて(左)がおすすめ。 ベビーほたてとも呼ばれる「ほたての稚貝(=赤ちゃんのように小さい貝)」をひもが付いたままでゆでた加工品です。 生のほたてより水分が抜けているのでうまみが強く、調味料が入りやすいので、炒めものや煮もの、シチューなどの加熱調理に向いています。 「オイル漬けにするには水分をしっかり飛ばす必要があるので、水分が多い生のほたてを使うと調理に時間がかかってしまいます」 うまみがたっぷり!「ほたてのオイル漬け」レシピ 材料(作りやすい分量)• ボイルほたて…20粒(約250g)• あれば干しえび…15g (少量の水に浸けてもどし、粗みじん切りにしたあとフライパンでから煎りにする)• にんにく…2かけ (半分に切って芽をとり、包丁の腹でつぶす)• 赤唐辛子の小口切り…1~2本分• <合わせ調味料>• オイスターソース…大さじ1• しょうがの絞り汁…小さじ1• ごま油、サラダ゙油…各適量 作り方 1)ほたては両面に焼き目をつけて、水分を飛ばす フライパンにサラダ油少々を中火で熱し、ほたてを並べて両面に焼き色(上写真)がつくまでしっかりと焼く。 「最大のポイントはほたての水分をしっかり飛ばすこと。 水分があると味がなじまず、保存がきかなくなります」 2)合わせ調味料を加える ほたてに焼き色がついたら、余分な水分はペーパータオルでふき取ってから、<合わせ調味料>をまわし入れ、たれを煮詰めながら全体にからめる。 たれがほぼなくなって照りが出てきたら、火を止める(写真下)。 「たれをしっかりと煮からませて、ほたてに味をなじませます。 オイルに漬けると、たれの味がオイルになじんでいき、そのオイルのうまみがまたほたてにもどって美味しく仕上がります」 3)保存容器に干しえび、赤唐辛子を入れてオイルを注ぎ、ほたてを漬ける。 煮沸消毒した保存ビンに干しえび、赤唐辛子を入れ、サラダ油とごま油を3:1など、好みの割合で保存ビンの半分まで注ぎ、軽く混ぜる。 「ごま油はメーカーによってコクの強さが異なるので、ごま油とサラダ油の割合は好みで調整してください。 良質なごま油は多めに入れても、しつこくありません。 ビンがなければ保存袋で作ってもOK」 ほたてを加え、干しえびや赤唐辛子が全体に行き渡るように混ぜる。 にんにくを加え、仕上げにほたてがかぶるくらいオイルを足し入れ、ひと晩以上漬けてなじませる。 「ひと晩経てば美味しく食べられます。 以前、ご紹介したのように日が経つにつれて味が育つということはありませんので、早めに食べきってOK。 保存期間は冷蔵庫で1週間です」 ふわっと香るごま油の香りと、噛むほどに広がるほたてのうまみ ごま油の香りがふわっと鼻をくすぐり、口に含むとふくよかなほたてのうまみが広がります。 噛みしめると、ほたての貝柱のぷにっとしたやわらかな食感と、ひものコリッとした2つの食感が楽しめて、ボイルほたてならではの美味しさ。 濃厚なうまみの干しえびと、赤唐辛子のピリッとした辛さも絶妙なアクセントになっていて、中国の高級調味料XO醤(エックスオージャン)を思わせます! 「好みで長ねぎのみじん切りを加えると、食感やうまみが増して、より深みのある美味しさになります。 おすすめの食べ方は、そのまま白いご飯やお粥、蒸した白身魚にのせて。 XO醤を使うように、軽くほぐして炒めものやパスタソースに加えても」 人が集まるパーティにお酒のつまみとして出したり、お弁当に入れたりしても喜ばれそうです。

次の

スーパーで買った、生食用のボイルホタテがあるのですがどんな料理を...

ボイル ホタテ レシピ

魚介のなかでも人気のほたて。 バター焼きが定番ですが、作っておけば長く楽しむことができるお酒のつまみを教えてもらいました。 「おすすめはオイル漬けです。 今回ご紹介するのは、オイスターソースとごま油を使って、ほたてに深いコクとうまみをプラスする中華風のレシピ。 手に入れば、ぜひ干しえびを加えてみてください。 深みが増します!」 そう教えてくれたのは、伊勢丹新宿店の魚のプロ<東信水産>の上條八千代シェフ。 オイル漬けにはうまみが濃い「ボイルほたて」がおすすめ! ほたてというと生のほたて(写真右)をイメージしますが、オイル漬けにするならボイルほたて(左)がおすすめ。 ベビーほたてとも呼ばれる「ほたての稚貝(=赤ちゃんのように小さい貝)」をひもが付いたままでゆでた加工品です。 生のほたてより水分が抜けているのでうまみが強く、調味料が入りやすいので、炒めものや煮もの、シチューなどの加熱調理に向いています。 「オイル漬けにするには水分をしっかり飛ばす必要があるので、水分が多い生のほたてを使うと調理に時間がかかってしまいます」 うまみがたっぷり!「ほたてのオイル漬け」レシピ 材料(作りやすい分量)• ボイルほたて…20粒(約250g)• あれば干しえび…15g (少量の水に浸けてもどし、粗みじん切りにしたあとフライパンでから煎りにする)• にんにく…2かけ (半分に切って芽をとり、包丁の腹でつぶす)• 赤唐辛子の小口切り…1~2本分• <合わせ調味料>• オイスターソース…大さじ1• しょうがの絞り汁…小さじ1• ごま油、サラダ゙油…各適量 作り方 1)ほたては両面に焼き目をつけて、水分を飛ばす フライパンにサラダ油少々を中火で熱し、ほたてを並べて両面に焼き色(上写真)がつくまでしっかりと焼く。 「最大のポイントはほたての水分をしっかり飛ばすこと。 水分があると味がなじまず、保存がきかなくなります」 2)合わせ調味料を加える ほたてに焼き色がついたら、余分な水分はペーパータオルでふき取ってから、<合わせ調味料>をまわし入れ、たれを煮詰めながら全体にからめる。 たれがほぼなくなって照りが出てきたら、火を止める(写真下)。 「たれをしっかりと煮からませて、ほたてに味をなじませます。 オイルに漬けると、たれの味がオイルになじんでいき、そのオイルのうまみがまたほたてにもどって美味しく仕上がります」 3)保存容器に干しえび、赤唐辛子を入れてオイルを注ぎ、ほたてを漬ける。 煮沸消毒した保存ビンに干しえび、赤唐辛子を入れ、サラダ油とごま油を3:1など、好みの割合で保存ビンの半分まで注ぎ、軽く混ぜる。 「ごま油はメーカーによってコクの強さが異なるので、ごま油とサラダ油の割合は好みで調整してください。 良質なごま油は多めに入れても、しつこくありません。 ビンがなければ保存袋で作ってもOK」 ほたてを加え、干しえびや赤唐辛子が全体に行き渡るように混ぜる。 にんにくを加え、仕上げにほたてがかぶるくらいオイルを足し入れ、ひと晩以上漬けてなじませる。 「ひと晩経てば美味しく食べられます。 以前、ご紹介したのように日が経つにつれて味が育つということはありませんので、早めに食べきってOK。 保存期間は冷蔵庫で1週間です」 ふわっと香るごま油の香りと、噛むほどに広がるほたてのうまみ ごま油の香りがふわっと鼻をくすぐり、口に含むとふくよかなほたてのうまみが広がります。 噛みしめると、ほたての貝柱のぷにっとしたやわらかな食感と、ひものコリッとした2つの食感が楽しめて、ボイルほたてならではの美味しさ。 濃厚なうまみの干しえびと、赤唐辛子のピリッとした辛さも絶妙なアクセントになっていて、中国の高級調味料XO醤(エックスオージャン)を思わせます! 「好みで長ねぎのみじん切りを加えると、食感やうまみが増して、より深みのある美味しさになります。 おすすめの食べ方は、そのまま白いご飯やお粥、蒸した白身魚にのせて。 XO醤を使うように、軽くほぐして炒めものやパスタソースに加えても」 人が集まるパーティにお酒のつまみとして出したり、お弁当に入れたりしても喜ばれそうです。

次の

ホタテを使ったレシピ・作り方一覧(416件)

ボイル ホタテ レシピ

ベビー ホタテの栄養素について ベビーホタテは1個8. 8gのもので6kcalですので5個食べても30kcalと、とても低カロリーなことが特徴です。 日本国内での主な産地は北海道で水揚げ量は全体の8割以上、続いて青森県となります。 ベビーホタテはタンパク質が非常に多く、脂質が少ないのでダイエット中の方にもおすすめ。 また、肝臓の機能を高めコレステロールを下げるタウリンや新陳代謝を促す亜鉛も豊富に含んでいます。 さらに肌のハリやツヤを保ち不眠を改善するグリシンや赤血球を作る鉄分、ビタミンB2、B12、葉酸などのビタミン群もたっぷり摂れます。 ビタミンB2は栄養素をエネルギーに変換するサポートを、ビタミンB12と葉酸はヘモグロビンの生成を助ける働きがあり、妊娠中の方にも嬉しい食材なのです。 ベビーホタテは健康効果が高く、魚介類の中でもかなり優秀な食材なので積極的に食卓に取り入れたいですね。 ベビー ホタテの調理方法ついて ベビーホタテは2枚貝なので殻があり擦り合わせるように1~2分流水で洗います。 殻には白くてうねうねとしたカサネカンザシという生物が付着していることがあり、そのまま茹でて食べても健康被害はないものの気持ちが悪いですよね。 たわしで擦って取り除くことができますが、手間が少なく食べられるのは殻から身を取る方法。 包丁やナイフで上下の貝柱を外せば簡単に身が取り出せます。 また、ホタテは「垂下式養殖」という方法で養殖している場合が多く海底の砂に接することがないので砂抜きの必要はありません。 剥き身にはウロ(中腸腺)という貝毒の溜まる黒い部分があり、稚貝では気にするほどの毒性はありませんが苦みがあるので苦手な方は取って調理しましょう。 指で簡単に取れますよ。 スーパーなどでよく見るボイルされたベビーホタテなら下処理の手間がないので楽ですね。 とっても簡単レシピなのであと一品という時のお役立ちメニュー。 作り方は輪切りにしたキュウリとボイルのベビーホタテ、油を切ったシーチキンをボールに入れ、 混ぜ合わせたソースと和えるだけの簡単さです。 中華風マヨソースでベビーホタテの甘さがより引き立ちます。 冷凍ベビーホタテの場合は熱湯で1~2分茹でてから使います。 柚子またはレモンの果汁と山椒の効いた和風ドレッシングがさっぱりとした海鮮和風醤油サラダのレシピ。 作り方は魚焼きグリルで両面焼いた油揚げを短冊切りし、ボイルのベビーホタテ、茹でたエビとイカ、 一口大にちぎったレタスと春菊の葉を皿に盛り、混ぜ合わせたドレッシングを回しかけます。 見た目も華やかで、おもてなしにも使える一品ですね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の