コロナ 飛行機 感染。 飛行機内でインフルエンザなどに感染するリスクは低いと研究者が指摘

「感染者1100人が搭乗も2次感染ゼロ」飛行機のコロナリスクを検証する 要注意は機内よりもフライト前後

コロナ 飛行機 感染

旅客機メーカーと航空会社は、機内で呼吸する空気が安全であることを神経質な搭乗客に納得してもらおうと、緊急の取組みを開始している。 新型コロナウイルスによって大打撃を被った旅行産業を再建するには、この安心感が鍵になると考えているためだ。 ボーイングは、こうした顧客の安心感を徹底するため、その取り組みのリーダーとして、以前エンジニアリング・開発部門を統括していたマイク・デラニー氏を任命した。 エアバス首脳陣によれば、航空産業全体として、コロナ禍への対応は、初期の危機フェーズから社会的信用の確立をめざす動きへと移行しつつあるという。 こうした流れのなかで特に目立つのが、客室内の空気清浄化プロセスを説明しようという業界一体となった取り組みだ。 「与圧された機内にあるのは、澱んだ、あるいは再利用された空気だけ」という迷信を打ち消そうという試みである。 医療当局者は引き続き、新型コロナウイルスの感染症COVID-19を流行させる様々な原因の数量的分析を進めているが、注目が集まっているのは、ウイルスに汚染された表面に触れるだけでなく、乗客の咳やくしゃみによる飛沫が空気中を漂うことによって感染するリスクである。 航空旅行産業では伝統的に、客室内の空気の質よりも客席のピッチ(前後間隔)の大小が話題にされることが多い。 だが、今回のパンデミックを受けて、この状況も変わらざるをえなかった。 客室内の空気は1時間に20~30回入れ替わる エアバスでエンジニアリング部門を統括するジャンブライス・デュモン氏は、「機体の安全性だけでなく衛生面の安全性という広い意味において、乗客を守るために私たちがどのように取り組んでいるかを説明するということだ」と語る。 オフィスビルでは、室内の空気は1時間に約4回入れ替わる。 現代のジェット機では、その頻度は20~30回に増える。 「航空機の換気システムは、他の場所で出会うどのシステムにも劣らない」とデラニー氏は言う。 さらに同氏は、機内におけるウイルス拡散の可能性を抑制する手法は、機内の徹底したクリーニングや症状のある搭乗客のスクリーニングなど複数あり、換気はそのうちの1つにすぎない、とも言う。

次の

席は窓側 飛行機内でウイルス感染を避ける4つのヒント:朝日新聞GLOBE+

コロナ 飛行機 感染

マスクをしていれば特段恐れることはない、と書いている回答者がいます。 何を馬鹿なこと言っているのでしょう!! ネットを見れば 対ウィルとしてのスマスクの効用を感染医療専門家が書いた記事が佃煮にするほど あります。 マスクがサッカーのゴールネットだとすれば ウィルスはパチンコ玉ほどの大きさ。 また、飛沫やエアロゾルにおいてはウィルスの数は100万個、200万個の単位になります。 100万個のパチンコ玉をゴールネットに投げ入れてどれだけ通過しないパチンコ玉があるでしょう。 網目の交差しているところの真芯で受けない限り通過しちゃいますよ。 つまりマスクなんぞウィルスの前では何の役にも立たないんです。 中国ではマスクなしでの外出を禁じられ、マスクなしで歩く人と警察とけんかしたりしてますが まぁやっぱり中国人はバカなんだなぁ、と思いますよ。 では医療関係者がしているではないか! 医者であれば知ってるはずなのになぜ効かないマスクをしているんだ? との理屈を言う人がいますが、 医療用のマスクはフィルターの目がウィルスに対応しています。 つまり高性能。 ただしやはり息苦しくなります。 というわけで、マスクなんぞしてもしなくても同じです。 マスクが品薄だということですが、 マスクメーカーに儲けさせているだけです。 まぁ、新型肺炎で経済も落ち込む中、少しは経済効果があるのでそれもアリかなとは思いますが。。。 しかし、一般用のマスクは花粉やダスト、ばい煙、などには効果があり、また喉をそれらから守ることで 常に潤った状態にしてウィルスが入ってきても(必ず入ってくる)ごくわずかですが防御はできるかとは思います。 そういった意味では多少有効かと思いますが、それでも5分おきに水や飲み物を口に含んでのどを潤しておかないと 意味がありません。 機内での感染を妨ぎたいのであれば、 まず、アルコールのウェットティッシュを携帯し、席に着いたら身の回りの手すりや テーブルなどを拭くことです。 そして事あるたびに手や口の周りをこれで拭きます。 トイレ行ったらもちろんの事、座先の前のポケットに入ってる雑誌を手にしても これで手を拭くことです。 とにかく人が触ったと思われるものを触ったら必ずこれで手を拭けば 手からうつることはありません。 そして飛沫やエアロゾルが口から入るのを防ぐには5分おきに水を口に含み飴をなめ、 喉を潤しておくことです。 これで8割がた防御できるでしょう。 しかし、今回のウィルスは目の粘膜からも入るとのことですので この場合は防ぎようがありません。 せめてどこか触った手で目などをこすらないことです。 飛沫やエアロゾルで浴びてしまえば目からも入る可能性は大です。 眼鏡してても周りが空いているのですから効果はありません。 するなら水中眼鏡しかないでしょう。 あとは祈るかあきらめるしかないですね。 感染したとしても健康体ならほとんど心配ありません。 無症状、もしくは軽微な症状で終わってしまいます。 こんな鼻っ風邪程度なのになんでそんなに大騒ぎするのか理解に苦しみます。 重症、あるいは亡くなる患者も確かにいます。 しかし、この人たちの年齢の中央値は75歳、 しかも重篤な持病(危険なくらいの高血圧症、肝炎、糖尿病、など)を持っている人たちです。 このウィルスに感染しなくたって危ない人たちです。 それより インフルエンザの方がよほど怖いでしょ。 インフルエンザでは日頃健康な人まで死亡することはありますが 新型肺炎では健康体であれば症状は軽く仕事にもさほど差し支えるようなものではありません。 アメリカでは1400万人がかかり、健常人でも1万2千人が死亡しています。 こっちの方が数段ヤバいでしょ! ただ、感染者とハンコを押されてしまうと2週間は強制隔離されてしまうのでこれが怖いです。 なので感染したと思っても症状が軽微なら病院に行かないことです。 どうせ、特効薬や治療薬はないんだし、いっても治療してくれるわけではありません。 感染者がここにいた!と烙印推され隔離されるだけです。 またパンデミックは必ず起こるわけだし、あっちもこっちも遅かれ早かれみんなかかります。 であれば早めにかかって抗体を作って最も安全な体にしてしまったほうがいいです。 あっち消毒、こっちでうがい、なんか触ったら手を洗いびくびくしてる、 そんな面倒なことを毎日するくらいなら かかっちゃって抗体作った方がよほどいいです。 武漢からの団体客を乗せた運転手とバスガイド、どうなったんですかね? あれから2週間、彼らは微熱だけで治ってしまいましたよ。 彼らは対新型肺炎ウィルスには最も安全な体となっています。 いいよなぁ、もう新型肺炎については絶対安全なんだからさ。 中国からの団体さんウェルカム状態でしょ。 よくはわかりませんが、1番前の席とかに移動してもらえば良いのではないでしょうか。 飛行機とかって具合悪いとかあると、良い座席に移動してもらえたりします。 飛行機って独得の空調システムですので、たぶん空気的には乾いているので、咳をしている 中国人とかそばにいれば、マスクしていても感染する可能性はあると思います。 大型クルーズ船に乗っている人が、ビュッフェでそばに中国人が咳しながらしゃべっていたので マスクをした。 でも食事中にはマスクを外さないと食べられないので食べたら感染したとか 言っていたと思います。 そのくらいの短時間フライトではまず感染はしないとは思いますが、飛行機に乗る時は、いつも 空港の売店とかで、よくのど飴を買います。 ロッテののど飴カリンとかをいつも愛用して、飛行機内とかでなめています。 海外とかでのどが痛いとかになって、いざ買いに行くとカリンとかないとか探すのに時間かかるとか あるので、ホテル滞在分とか買う感じです。 現段階で分かっているのは 湿度や温度がどこまで耐えれるウイルスかも ハッキリと分かっていません。 そして。 マスクに関しては ほぼ、無意味です。。。。。。 マスクはしないよりマシ程度に考えてください そして。 ウイルスの感染経路が 私の計算上とみなさんに発信してる情報で誤算があるんです 確かに人から人に移りやすい 感染しやすいウイルスなんですが このウイルス自体は空中を浮遊してその空間にいた人全員に感染してないんですよ イコール接触感染になります 手先 指先 から 感染してると思います もし。 空気感染するのであれば もっと莫大な人数が感染してます インフルエンザのように なので、指先の消毒と清潔を保つ 喉はうがいをする(イソジン) ここで、一つ豆知識です イソジンのうがい薬匂いはしますが 水で薄めて携帯霧吹きに入れたら 即席の除菌液が作れます なので、ウエットティッシュなどに 散布して手を拭くと何もしないよりマシです。 他に気をつけて欲しいのは 座席に座ったとき見渡す限りの場所を除菌してください 軽く服程度で良いです そして、その後すぐに手も除菌して下さい そのあとは何かしたら除菌 何か触ったら除菌 顔を触る前は除菌 食事の前は除菌 ここで、最大の落とし穴として マスクは2時間に1度交換してください マスクの表面にウイルスが移る可能性が大です 何か触った後に顔は触らなくても マスクを触ってしまったなどあるので 携帯も除菌できれば除菌したいだすね。 後は本当に無事を祈るばかりです やるだけやって もし、感染しても日本では 治療法が有ります設備があります 必ず助かりますから安心してください!.

次の

感染しにくい飛行機【機内】での座席とコロナウイルス対策!

コロナ 飛行機 感染

旅客機メーカーと航空会社は、機内で呼吸する空気が安全であることを神経質な搭乗客に納得してもらおうと、緊急の取組みを開始している。 新型コロナウイルスによって大打撃を被った旅行産業を再建するには、この安心感が鍵になると考えているためだ。 ボーイングは、こうした顧客の安心感を徹底するため、その取り組みのリーダーとして、以前エンジニアリング・開発部門を統括していたマイク・デラニー氏を任命した。 エアバス首脳陣によれば、航空産業全体として、コロナ禍への対応は、初期の危機フェーズから社会的信用の確立をめざす動きへと移行しつつあるという。 こうした流れのなかで特に目立つのが、客室内の空気清浄化プロセスを説明しようという業界一体となった取り組みだ。 「与圧された機内にあるのは、澱んだ、あるいは再利用された空気だけ」という迷信を打ち消そうという試みである。 医療当局者は引き続き、新型コロナウイルスの感染症COVID-19を流行させる様々な原因の数量的分析を進めているが、注目が集まっているのは、ウイルスに汚染された表面に触れるだけでなく、乗客の咳やくしゃみによる飛沫が空気中を漂うことによって感染するリスクである。 航空旅行産業では伝統的に、客室内の空気の質よりも客席のピッチ(前後間隔)の大小が話題にされることが多い。 だが、今回のパンデミックを受けて、この状況も変わらざるをえなかった。 客室内の空気は1時間に20~30回入れ替わる エアバスでエンジニアリング部門を統括するジャンブライス・デュモン氏は、「機体の安全性だけでなく衛生面の安全性という広い意味において、乗客を守るために私たちがどのように取り組んでいるかを説明するということだ」と語る。 オフィスビルでは、室内の空気は1時間に約4回入れ替わる。 現代のジェット機では、その頻度は20~30回に増える。 「航空機の換気システムは、他の場所で出会うどのシステムにも劣らない」とデラニー氏は言う。 さらに同氏は、機内におけるウイルス拡散の可能性を抑制する手法は、機内の徹底したクリーニングや症状のある搭乗客のスクリーニングなど複数あり、換気はそのうちの1つにすぎない、とも言う。

次の