メモリ インターリーブ。 download.bandwagon.io:CPUとメモリーの速度差を埋めるキャッシュの基礎知識 (1/3)

メモリインターリーブとは何? Weblio辞書

メモリ インターリーブ

問題 応用情報技術者 平成28年秋期 午前問10 メモリインタリーブの目的として,適切なものはどれか。 同一のバンクに連続してアクセスしたとき,アクセス時間を短くする。 同一のバンクの連続したアドレスにアクセスしたとき,キャッシュミス発生時のアクセス時間を短くする。 一つのバンクが故障しても,システムが停止しないようにする。 複数のバンクに割り振った連続したアドレスにアクセスしたとき,アクセス時間を短くする。 答え 複数のバンクに割り振った連続したアドレスにアクセスしたとき,アクセス時間を短くする。 解説 「メモリインタリーブ」とは、メモリをインタリーブする、つまりメモリを不連続にすることで、メモリの性能を向上させる技法です。 インターリーブ インタリーブとは、「メモリインタリーブ」だけに使われる単語ではなく、わざと「不連続」にすることで「性能を向上させる」技法全般を指します。 元々の意味は、inter(間に)leave(残す)で、「差し挟む」ことを意味しています。 インターリーブまたは インターリービング(: Interleaving)はとにおいて、を何らかの領域(空間、時間、周波数など)で不連続な形で配置し、性能を向上させる技法を指す。 主に以下のような用途がある。 に使う。 特に、、など。 共通の媒体への複数の入力のに使う。 では機構を通して実装され、特にやの問題解決に使う。 用途では、となど複数の入力ストリームを擬似的に同時に受信することを可能にする。 コンピュータののアクセス性能を向上させるのに使う。 例えば、での不連続な領域使用、、メモリ割り当て戦略の一種である技法などがある。 メモリインタリーブ メモリインタリーブ(memory interleaving)とは、主記憶をバンクと呼ばれるグループに分け、 複数のバンクに並行的にアクセスすることで、主記憶へのアクセスの高速化を図る仕組みのことです。 主記憶へのアクセスには局所性がある、つまり、ある短い時間内では、狭いアドレス空間で連続したアドレスへとアクセスする傾向があります。 よって、連続したアドレスを複数のバンクへ別々に配置することで、 並列的にアドレスへアクセスできる可能性が高まるので、主記憶の高速化につながります。 メモリインターリーブ(: memory interleaving)とは、ととの間のを高速化する方法の一つである。 CPUの処理速度と比較し、主記憶装置へのアクセス時間は遅い。 そのため、CPUからのデータ転送要求が行われてから実際にデータが転送終了されるまでの間、処理が待たされることになり、CPUの処理能力を十分に発揮できない。 それを解消するために、主記憶装置を複数のメモリバンクに分割し、CPUからのデータ転送要求を同時に(またはごく短いタイムラグをはさんで)複数のメモリバンクに発行する。 それにより、CPUの待ち時間を極小化し、高速化することができる。

次の

メモリインターリーブとは

メモリ インターリーブ

CPUがメモリへアクセス要求を行ってから実際にデータが送られてくる(あるいは書き込みが完了する)までには(latency:遅延)と呼ばれる時間差が生じる。 CPU内部の処理に比べメモリの読み書きは非常に時間がかかるため、コンピュータの処理速度はこの「待ち時間」に常に足を引っ張られている。 レイテンシを短縮する試みは常に行われているが、CPU内の記憶素子との差は埋めがたく、また、低レイテンシのメモリは高価である。 一方、メモリへのアクセス要求は短期的には局所性が極めて強く、連続した領域に順番に読み書きを行うことが多い。 この特徴を利用して、複数のメモリバンクにまたがって連続したアドレスを交互に振っておき、あるデータにアクセスする遅延時間の最中に次のアドレスへアクセス要求を発行して時間を有効利用するのがメモリインターリーブである。 バンクの数を増やせばその分高速にアクセスできるようになり、2つのバンクを用意すれば2倍、4つで4倍の高速化を図ることができる。 ただし、実際にはのや、不連続なアドレスへのアクセスがあるため、バンクの数だけ線形に性能が向上するわけではない。 安価な高レイテンシのメモリで高い性能を得られる反面、メモリコントローラが複雑になり高価になることや、部品点数が増えて故障率が上がってしまうという欠点もある。 もともと高い性能が要求されるサーバなどで使われてきた技術だが、近年ではパソコンでも同じ仕様・容量のメモリモジュールを2枚単位でに装着することでメモリインターリーブを利用できるものがある。 当サイト「IT用語辞典 e-Words」 アイティーようごじてん イーワーズ はIT Information Technology:情報技術 用語のオンライン辞典です。 コンピュータ・情報・通信などを中心とする各分野の用語について、キーワード検索や五十音索引から調べることができます。 用語の意味や定義、概要や要約、略語や別表記、英語表記や綴り、フルスペル、読み方や発音、仕組みや役割、歴史や由来、語源、構造や構成、要素、特徴、機能や性能、諸元、規格や仕様、標準、原因や要因、手法や方法、方式、種類や分類、利点やメリット、欠点やデメリット、問題点、対義語や類義語との違い、用例や事例、具体例、画像や図表、関連用語、外部資料や別の辞典による解説へのリンクなどを掲載しています。 株 インセプトが制作・運営しています。 お問い合わせは まで。

次の

download.bandwagon.io:CPUとメモリーの速度差を埋めるキャッシュの基礎知識 (1/3)

メモリ インターリーブ

問題 応用情報技術者 平成28年秋期 午前問10 メモリインタリーブの目的として,適切なものはどれか。 同一のバンクに連続してアクセスしたとき,アクセス時間を短くする。 同一のバンクの連続したアドレスにアクセスしたとき,キャッシュミス発生時のアクセス時間を短くする。 一つのバンクが故障しても,システムが停止しないようにする。 複数のバンクに割り振った連続したアドレスにアクセスしたとき,アクセス時間を短くする。 答え 複数のバンクに割り振った連続したアドレスにアクセスしたとき,アクセス時間を短くする。 解説 「メモリインタリーブ」とは、メモリをインタリーブする、つまりメモリを不連続にすることで、メモリの性能を向上させる技法です。 インターリーブ インタリーブとは、「メモリインタリーブ」だけに使われる単語ではなく、わざと「不連続」にすることで「性能を向上させる」技法全般を指します。 元々の意味は、inter(間に)leave(残す)で、「差し挟む」ことを意味しています。 インターリーブまたは インターリービング(: Interleaving)はとにおいて、を何らかの領域(空間、時間、周波数など)で不連続な形で配置し、性能を向上させる技法を指す。 主に以下のような用途がある。 に使う。 特に、、など。 共通の媒体への複数の入力のに使う。 では機構を通して実装され、特にやの問題解決に使う。 用途では、となど複数の入力ストリームを擬似的に同時に受信することを可能にする。 コンピュータののアクセス性能を向上させるのに使う。 例えば、での不連続な領域使用、、メモリ割り当て戦略の一種である技法などがある。 メモリインタリーブ メモリインタリーブ(memory interleaving)とは、主記憶をバンクと呼ばれるグループに分け、 複数のバンクに並行的にアクセスすることで、主記憶へのアクセスの高速化を図る仕組みのことです。 主記憶へのアクセスには局所性がある、つまり、ある短い時間内では、狭いアドレス空間で連続したアドレスへとアクセスする傾向があります。 よって、連続したアドレスを複数のバンクへ別々に配置することで、 並列的にアドレスへアクセスできる可能性が高まるので、主記憶の高速化につながります。 メモリインターリーブ(: memory interleaving)とは、ととの間のを高速化する方法の一つである。 CPUの処理速度と比較し、主記憶装置へのアクセス時間は遅い。 そのため、CPUからのデータ転送要求が行われてから実際にデータが転送終了されるまでの間、処理が待たされることになり、CPUの処理能力を十分に発揮できない。 それを解消するために、主記憶装置を複数のメモリバンクに分割し、CPUからのデータ転送要求を同時に(またはごく短いタイムラグをはさんで)複数のメモリバンクに発行する。 それにより、CPUの待ち時間を極小化し、高速化することができる。

次の