エラ 張り 解消。 エラ張りさん必見!!咬筋をマッサージすると小顔効果が!

エラが張る7つの原因。小顔に近づくために今日からできる対処法とは

エラ 張り 解消

エラの正体は筋肉 エラは骨格の問題だから仕方ないと諦めている方もいらっしゃるかもしれませんが、実は多くは「咬筋(こうきん)」という筋肉が発達し過ぎていることが原因です。 咬筋は咀嚼筋の一つで、食べ物を噛んだり歯ぎしりをしたりするときに硬くなる筋肉。 ここが使い過ぎで発達してしまうと、エラの張った四角い輪郭になってしまいます。 エラが張る原因 エラが張る原因は生活習慣の中にあります。 思わずやっていることがないか、ぜひチェックしてみてください。 姿勢が悪い スマートフォンを長時間操作していると、うつむき気味で顎が出た、猫背の姿勢になりがちです。 実はこの悪い姿勢がエラ張りの原因の一つ。 姿勢が悪いと血行不良によりリンパの流れが滞り、首や肩の筋肉を緊張させてしまいます。 そうすると知らず知らずのうちに顎に力がかかりやすく、咬筋に負荷をかけてしまうのです。 食いしばり癖 今この記事を読んでいる時、上の奥歯と下の奥歯が触れ合っていませんか?通常、食事以外の時間以外は上下の奥歯が接触していない状態が理想です。 もし上下の奥歯が触れ合っていたという方は、無意識のうちに食いしばっていて、それが癖になっているかもしれません。 食いしばり癖は咬筋を余計に発達させている可能性があります。 もし強い力で歯を食いしばり続けていれば、それは常にエラを発達させる咬筋の筋トレをしてしまっているようなものなの注意が必要です。 自宅でできるセルフケア エラは発達しすぎた筋肉が原因であることが多いので、セルフケアでも改善が見込めます。 どのお手入れもすぐに取り入れられるものばかりなので、エラ張りに悩んでいる方はぜひ試してみてください。 生活習慣の見直し エラ張りの一番の原因は、悪い姿勢や食いしばり癖といった日々の習慣です。 心当たりのある人は、咬筋に負荷をかけないように意識して生活してみましょう。 特に食いしばり癖のある方は、できるだけ上下の奥歯が触れ合わないように意識することが重要です。 口を閉じているときには舌を上顎にぴったりつけるようにしましょう。 小顔マッサージ 使い過ぎた咬筋の凝りをほぐす小顔マッサージもオススメです。 まず、ほぐすべき筋肉の位置を確認します。 耳の下のフェイスラインに手を当てて、奥歯を食いしばったときに硬く浮き出てくる筋肉をほぐします。 場所がわかったら、その筋肉を左右にほぐしながら頬の方向へと上げていきます。 左右それぞれ約3分間ずつ、優しく力をかけながらマッサージしましょう。 これを毎日継続するだけでも、フェイスラインがすっきりしてくるはずです。 本格的に解消したいなら美容鍼がオススメ! マッサージでもエラ張りは解消できますが、セルフケアでは筋肉の表面にしか働きかけることができません。 本格的にエラをなくしたいなら、美容鍼がオススメです! 美容鍼とは? 東洋医学の一つである鍼治療は、体が持つ本来の力を引き出すことにより様々な症状を改善することができる治療法です。 全身のツボを鍼で刺激すると、体は異物に侵入されたと認識し、異物を排除しようとする力が働いて免疫力が高まり、血行も良くなります。 これを美容の分野に応用したのが美容鍼です。 お顔や頭を中心に鍼をすることでお肌の血流が良くなり、くすみやクマ、たるみなどの肌トラブルが解消されます。 さらに、自己治癒力が働いて新陳代謝も活発になるため、年齢とともに減少するヒアルロン酸やコラーゲンなどの生成も促され、ハリのあるお肌を手に入れることができるのです。 エラ張りを解消してくれる効果も 美容鍼は肌の美しさを引き出すだけではなく、エラ張りを解消する効果もあります。 エラ張りの原因は使い過ぎてこり固まった咬筋。 筋肉が固まっている状態では、血流が滞り老廃物が溜まり、新陳代謝が悪くなるという悪循環に陥ります。 鍼の刺激によって血流が促進されると、咬筋をはじめ表情筋のこりがほぐれ、溜まっていた老廃物が流れていきます。 血流が改善されることでむくみやたるみの解消もできますので、小顔になりたいなら美容鍼はまさにうってつけの方法なのです。 芸能人御用達!HARICCHIの美容鍼 HARICCHIの美容鍼は、施術後すぐにその効果を実感して頂けることから、多くの芸能人の方にもご利用頂いております。 テレビや雑誌などのメディアにも多数取り上げられており、リピート率はなんと90%以上! HARICCHIでは極細の鍼を使用しているため痛みもほとんどなく、初めての方も安心してご利用頂けます。 肌トラブルの他にも、肩こりや腰痛、自律神経の乱れなどの体調不良にも効果があるので、気になっている方はぜひ一度受けてみてください。 最後に エラ張りは、生活習慣の見直しやマッサージなどで改善が見込めます。 さらに最新の美容鍼なら、エラを解消し憧れの小顔を手に入れることもできます!エラに悩んでいる、いつも髪の毛でフェイスラインを隠している、という方は一度美容鍼を試してみてはいかがでしょうか。

次の

エラ張りの解消改善方法5選!なくすには整形で削るのが一番!?

エラ 張り 解消

この記事の目次• 整形しないでエラをなくす方法を試して6ヶ月・・・その効果は? エラ張りの原因のほとんどが、咬筋という筋肉の凝りによるものだそうです。 だったら、 筋肉の凝りをほぐすケアと 凝りの原因をなくす対策続ければ小顔になることができるはずです。 いろいろな対策を始めて半年経ちましたが、結果が出てきたので私の6ヶ月経過写真をご覧ください。 年齢を重ねるとともに横に広がっていた顔の下半分がだいぶスッキリしてきました。 咬筋の凝りは顔全体がたるむ原因にもなりますので、咬筋の凝りが改善されてきたことで、たるみも改善しています。 下がっていた口角も上がったので、オバ顔・老け顔の印象も少しだけですが、薄くなってきたと思います。 正直言って、こんなに効果があると思っていなかったのでびっくりです。 整形なしでもここまで改善することができるので、大顔・エラ張り・たるみに悩んでいる人は、今回ご紹介する6つの方法を試してみてください。 整形で解消するとしたらどんな方法があるの? もしも、エラ張りを整形で解消しようと思った場合、どのような方法があるのでしょうか? エラ削り・咬筋切除 エラ部分や顎の骨を切除する外科手術です。 口腔内を数センチ切開して、余分な骨を切除する方法がポピュラーです。 咬筋を切除する方法と併せて行われることもあります。 全身麻酔が欠かせない大掛かりな手術となるため、ダウンタイムや痛みも覚悟しておく必要があります。 デメリットとリスク• 長くて半年くらいの期間しか効果を持続できない• 一回あたりの施術量が安くてもメンテナンス費用がかかるため、トータルでかなりの費用になる• メスを使う手術よりはリスクが低いものの、注射した跡に傷みや腫れが出ることもある• 効果の出方に大きく差がある• 顎と頬を支える筋肉がどんどん細くなっていくため、やればやるほど、やめたときのたるみがひどくなる 整形しなくても小顔になれる!セルフケアでエラをなくすのが一番! 整形でエラをなくす方法を確認しましたが、デメリットやリスクを考えると、決断には相当な勇気が必要ですよね?どんなに信頼できる医師に担当してもらったとしても、リスクやデメリットがゼロになるわけではありません。 整形に頼る前に、まずは自分でできる方法を試してみましょう。 ポイントとなるのは、 咬筋です。 整形でエラをなくす場合も、骨を削る手術以外は咬筋へのアプローチが中心となっています。 今回ご紹介するセルフケアも咬筋をケアすることで小顔にしていく方法です。 セルフケアは、整形のように即効性はありませんが、気長に続ければ確実に効果が出てきます。 何よりリスクやお金の心配をしなくて良いのが最大のメリットです。 効果については、私のビフォーアフター写真でご覧いただいたとおりです。 私程度の改善レベルでOKなら、セルフケアでも十分満足することができると思います。 同時にたるみも解消できるので、老化が気になる人にもおすすめです。 具体的なケア方法をご紹介する前に、 エラ張り・大顔の原因について確認しておきましょう。 咬筋が必要以上に発達すると小顔になれない 咬筋(こうきん)というのは咀嚼筋のひとつで、ものを噛むときに使われる筋肉です。 エラの部分を触りながら奥歯をグッと噛みしめると、ボコっと盛り上がる部分がありますよね?そこが咬筋です。 エラ張り・大顔の原因のほとんどは、 使いすぎで肥大化した咬筋が、凝った状態になってしまったことによるものです。 肩こりと同じように、筋肉が凝ることでしこりのように固まってしまい、厚みが増してしまうことで目立ってしまいます。 また、咬筋が凝り固まると、頭の骨や表情筋がそれに引っ張られて本来の位置からずれてしまいます。 そうすると、頬骨が前に出て顔がゴツゴツして見えたり、 エラが張って顔が左右に広がって見えたりしてしまうんです。 整形せずにエラをなくす6つの方法 リスクやコストの問題を考えると、整形に頼らずセルフケアで改善していく方法がベストです。 先天的なものではなく、後天的な原因がほどんどだというのは先の章でお伝えしたとおりなので、徐々にではありますが、セルフケアでも十分エラをなくすことができますよ! 私が試して確かに効果のあった6つの方法をご紹介します。 (1)凝った咬筋をほぐすマッサージ 凝り固まった咬筋ををリラックスさせるために効果的なのは、マッサージです。 咬筋を良く使う食事の後のマッサージを習慣にすると、みるみるうちにほぐれていきますよ!1日3回の食後マッサージを習慣にしましょう。 私は歯ぎしりのくせがあるので、起床時にもマッサージでほぐすようにしています。 咬筋マッサージのやり方は下記のコンテンツに詳しく記載していますので、参考にしてください。 関連コンテンツ• (3)舌回し運動で硬くなった咬筋を内側からほぐす 硬くなった咬筋を内側からほぐすことができるのが舌回し運動です。 ほぐすだけではなく、表情筋の筋トレにもなります。 舌回し運動はいろいろな表情筋をまんべんなく鍛えることができるため、咬筋の凝りの影響で生じた表情筋の歪みも自然と解消されていきます。 さらに、舌を回す動作によってリンパ節を刺激することができるため、むくみを解消して小顔になる効果やたるみを予防する効果も得ることができます。 エラをなくすだけではなく、ほうれい線解消効果や、ブルドッグ顔解消効果、さらには美肌効果などが期待できる、万能とも言えるエクササイズです。 やらない理由が見つからないほど、メリット満載の舌回し!やり方は下記のコンテンツに詳しく記載していますので、参考にしてください。 関連コンテンツ• (4)舌の位置に注意して食いしばり癖を解消する マッサージで凝ってしまった筋肉をほぐしても、凝りの原因である食いしばり癖をどうにかしないと、エラをなくすことはできません。 食いしばり癖を直すためには、上下の歯が接触している時間をなるべく短くする必要があります。 上下の歯は接触していないのが正しい状態です。 上下の歯と歯が当たっているのは、食事や会話の時だけで、1日の接触時間を合計しても20分程度だそうです。 ですが、食いしばりや歯ぎしりの癖がある人は、何時間も上下の歯が接触している状態です。 常に歯をくっつけていると軽い力でも咬筋に大きな負担をかけてしまい、エラ張りの原因となってしまいます。 まずは 奥歯同士をくっつけない!と意識するようにしましょう。 そのためには 舌を正しい位置に置くというのがポイントとなってきます。 舌を上あごに付けるよう意識します。 舌の先端が前歯の裏にはギリギリ触れないけど、上あごにはぴったり付いているというのが正しい状態です。 この位置をキープすると、上下の歯が接触しにくくなるので、食いしばり防止になります。 このような状態をキープするには、舌の筋力が必要です。 舌の筋肉が弱っていると正しい位置にキープできなくなります。 正しい位置を保つのが疲れるという人は、舌の筋肉が弱っている可能性が高いので、トレーニングで舌の筋肉を鍛えるようにしましょう。 関連コンテンツ• 私は舌の筋肉がだいぶ弱っていて、意識しないと口が開いてしまうほどでした。 二重顎もひどかったのですが、上の記事でご紹介している舌トレーニングを続けたところ、意識しなくても舌を常に正しい位置にキープできるようになりました。 「奥歯や前歯同士は触れ合わず、舌が上あごにぴったりついた状態」をキープできると、食いしばりがなくなります。 パソコン作業中は無意識に奥歯を噛み締めていることが多く、睡眠中の食いしばりもひどかったのですが、かなり改善されたのを実感しています。 それとともに、エラ張りやたるみも改善されてきたので、舌を鍛えるのは本当に効果ありますよ! (5)正しい姿勢で寝ることで歯ぎしりを予防 日中の食いしばりよりも咬筋に大きな力をかけてしまうのが睡眠中の歯ぎしりです。 歯ぎしりはギリギリとした音を立てるものだというイメージがありますが、音の出ない歯ぎしりもあるので、自覚のないまま咬筋に負担をかけている可能性もあります。 正しい姿勢で寝ていないと歯ぎしりをしやすくなるので、就寝中の姿勢にも注意が必要です。 睡眠中の姿勢に一番大きな影響を与えるのが枕なので、自分に合った高さの枕を選ぶようにしましょう。 そうは言っても枕選びというのは難しいものです。 そこでおすすめなのが、バスタオルを枕にする方法。 クルクル丸めたバスタオルを首の下に当てて寝ます。 バスタオル枕の作り方は下記のコンテンツでご紹介してしますので、参考にしてください。 適度な運動 適度な運動は筋肉の緊張をほぐし、ストレスを緩和させる効果があります。 筋トレやウォーキングで適度に体を疲れさせると、ぐっすり眠れて歯ぎしりが出にくくなります。 ゆっくり入浴 寝る前にゆっくりぬるま湯に入ってリラックスすると、筋肉の緊張がほぐれて、歯ぎしりが出にくくなります。 熱すぎるお湯だと、交感神経のスイッチが入って緊張状態になってしまうので、逆効果。 鎮静時に働く副交感神経を活発するためには、37度~40度くらいのお湯が適しています。 意識的に緊張を解く 食いしばり癖を自覚したら口元を緩めたり、ストレッチしたりして意識的に緊張を解くようにしましょう。 目立つところに「食いしばり注意!」などと書いた紙を貼って、注意を促すと口元の緊張を解くのが習慣になってきます。 アロマテラピーやショッピング、美味しいものを食べながら友人とおしゃべり、などといった方法もストレス解消にはももちろん効果的ですが、すぐには実践できないという場合もありますよね。 そんな場合は、上記の3つの方法を試してみて下さい。 どれも思い立ったらすぐできる対策なので、毎日の習慣にしやすいと思います。 6つの方法を毎日の生活に組み込んで継続する 自力でエラをなくす方法を6つご紹介しましたが、思い出した時に1つ2つ実践するというやり方ではあまり効果はありません。 これらの方法を毎日の生活に組み込んで習慣にし、継続することで効果を感じられるようになります。 食後はテレビを見ながら咬筋マッサージと側頭筋マッサージ。 舌回し運動は、夕食後から寝るまでの間にテレビを見ながら行う。 舌トレーニングは、コーヒーを飲むときにお湯が沸くのを待っている間にやる。 日中はなるべく徒歩で異動し、夜はスクワットとストレッチをする。 仕事中は、食いしばり癖が出ないよう意識し、噛み締めていると気が付いたらすぐに口元を緩める。 寝る2時間前にゆっくり入浴。 20分以上湯船に浸かる。 寝るときには、バスタオル枕で仰向けに寝る。 精神的負担が大きいと挫折してしまうので、「ながらトレーニング」や「ながらマッサージ」として毎日の生活に組み込むのがおすすめです。 舌回し運動や舌トレーニングは、二重あご解消の目的で始めましたが、エラをなくす効果もあってびっくりです。 半年続けただけで以下のような効果があったので、このまま続ければもっと小顔になって若返るはず・・・と期待しています。 エラ張り解消効果が出るまでは髪型とメイクでエラをなくす!? 自力でエラをなくす方法はとても効果的なのですが、結果が出るまでに時間がかかるのが難点です。 「すぐにどうにかしたい!」という場合は、髪型とメイクを工夫してみましょう。 髪型を工夫するだけでエラをなくすこともできる! 髪型の効果は偉大で、即効で小顔になれますよ!顔まわりを露出しすぎてしまうと輪郭がカバーできないので、エラ張りさんには、 前髪の横にアゴにかかるくらいの髪の毛を作ったヘアスタイルがおすすめです。 前髪の横にくる髪の毛のことをサイドバングと言いますが、このサイドバングがエラを隠して、小顔に見せてくれます。 また、 ひし形を意識したスタイルも輪郭カバーに効果的です。 ひし形スタイルは、どの顔型にも合うと言われているので、失敗がないと思います。 担当の美容師さんに希望を伝えて、小顔にしてもらいましょう! メイクでエラをなくす!? メイクはコンプレックス部分をカバーするのに効果的ですが、それは、輪郭についても有効です。 頬の部分を明るくして目立たせると、エラ部分を目立たなくすることができます。 エラの部分は影になるので、その影よりも明るいトーンで頬のベースを作りましょう。 また、チークは目尻の外側にはみ出るように乗せると、エラ張りが目立たなくなります。 まとめ 骨格の問題だ、遺伝だから仕方ない、なんて思っていたエラ張りの原因が実は咬筋の凝りだったなんて驚きですよね。 咬筋の凝りをケアすれば、整形しなくてもエラをなくすことができます。 父親譲りの骨格の問題だからと思って諦めていた私も、半年対策を続けたところ、だいぶ小顔になってきました。 40代半ばのおばさんでも結果が出たので、若い人ならもっと早く小顔になれると思います。 咬筋が凝ると、フェイスラインのたるみも引き起こしてしまうので、若い人は早めにケアして、たるみを予防しましょう。 「小顔になりたいけど整形はちょっと・・・」と思い悩んでいるなら、とりあえずは何のリスクもないセルフケアから始めてみてはいかがでしょうか? 運営者:まめ 30代後半から顔のたるみや老化した肌に悩み、日々格闘している40代の自営業者です。 整形は最初から選択肢になかったので、エクササイズ・コスメ・サプリ・生活習慣の改善など、自力でなんとかする方法でたるみ改善を目指しています。 財力がないので、あれこれとコスメの新製品を試したり、美容医療を受けたりすることもできませんが、老化スピードを遅くする為に自分でできることはすべてやろうと思い、対策に励む日々です。 このブログでは、自分で試して良かったエクササイズやコスメ、サプリの情報や、「これは役に立ちそう」と思ったアンチエイジングな話題を発信しています。 これからの人生を楽しむためにも、キレイを諦めずに頑張ります。 このブログでお伝えしたいことを下記の記事に詳しく書いていますので、よろしければこちらもご覧ください。

次の

エラが張る7つの原因。小顔に近づくために今日からできる対処法とは

エラ 張り 解消

今回のテーマは、「顔のエラ張り」です。 埼玉県さいたま市 エステティックサロン プチローズ の林 ゆみこ 先生にインタビューさせていただきました。 エラ張りは、生まれついての骨格によるところもありますが、顔の筋肉による影響もとても大きいといいます。 そのため、顔のエラ張りを引っ込めるには、顔の筋肉をほぐしていくことが有効だそうです。 顔のエラ張りの原因や解消方法について、林先生に教えていただきました。 目次 ・咬筋のコリからエラ張りが起こる ・食いしばりの癖などがエラ張りの原因に ・咬筋ほぐしでエラ張りを引っ込める ・顔のエラ張りには側頭筋をほぐすのもおすすめ ・エラ張り解消には耳下腺や胸鎖乳突筋もゆるめる ・普段から食いしばりの癖を防ぐことも大事 ・顔のエラ張りにおすすめのサロンケアとは また、お顔の筋肉が発達して厚くなっているような方は、先に筋肉をゆるめてほぐす「小顔フェイシャル」をしてから矯正に入る場合もあります。 それは、その方のご状態に合わせて対応を変えています。 編集部の選ぶエラ張りを引っ込めるのにおすすめの美顔器 「キレイの先生」編集部です。 ここまでが、林先生の取材記事です(先生、ありがとうございました!)。 顔のエラ張りを引っ込めるには、美顔器も手軽に顔の筋肉にアプローチできてすすめです。 エステ経営者が3分で美顔器の小顔効果を実感 「3分装着するだけでほうれい線が薄くなって驚き(笑)、顔のリフトアップ感がすごい!」 エステサロン経営者がそう話したのが、美顔器の「 メディリフト」です。 メディリフトは、美容家電メーカーのヤーマンが新発想で開発した装着するだけのウェアラブル美顔器です。 フェイシャルエステサロン ロータスロータスの尾本 広美 先生の感想をご紹介します。 (PR) まとめ 今回のインタビューで挙がった、顔のエラ張りを引っ込める方法をまとめます。 咬筋をほぐす(口の中からのマッサージ、舌を出して上下左右に動かす、など) 2. 咬筋をほぐした後に、両手でエラ張りを丸め込むように圧をかける 3. 側頭筋をほぐす 4. 耳下腺・胸鎖乳突筋をほぐす 5. 普段は、上と下の歯が2~3mm開いているようにする 6. 肩を下げる習慣を付ける 7. 普段から顎の正しいポジショニングを意識する 8. 顔のエラ張りの原因に気を付ける 顔のエラ張りは、咬筋が発達して硬くなることが主な原因です。 そのため、顔のエラ張りを解消するには、咬筋をほぐしてあげることや、食いしばりの癖を防ぐことが大切です。

次の