体 の あちこち が 痛い 更年期。 胸の痛みと更年期の関係

胸の痛みは更年期障害が原因?症状の特徴や対策方法とは?

体 の あちこち が 痛い 更年期

更年期障害の症状~肩こり・腰痛~ 肩や腰など、更年期になると痛みが生じる理由は?更年期障害のひとつとしてあげられる「体の痛み」について、原因と改善方法について詳しく解説します。 また、更年期の肩こりや腰痛などの体の痛みに悩まされた人たちの体験談も紹介しているので、改善のヒントを探してみてくださいね。 更年期障害の症状別体験談~肩こり・腰痛編~• 年齢的にはまだ早いな~という歳なので油断していたのですが、 耳鳴りやほてり、発汗や月経不順など経験したことのない症状が続き、昨年からは 肩の痛みが出始めました。 洋服に袖を通すときに痛いので、四十肩のようなものだと思います。 現在は 病院で処方された漢方薬を飲んだり、痛い部分を温湿布で温めたりしながら、だましだまし生活しています。 痛い時はあまり無理をせず、ゆっくり動かすよう心がけています。 でも、動かさないよりはゆっくりでも動かした方がいいそうですよ。 (40代・主婦)• 40代に入ってから急に体調がおかしくなり、イライラと鬱とを繰り返して寝込んだりしていました。 夏場は 異様に汗をかくし、冬場は 肩こりや腰痛がひどくなって…。 整骨院に通いっぱなしの毎日でした。 もしかして更年期では?と気が付いてからは、サプリメントを飲み始め、 飲んでいるという安心感からか、少しずつ気分が良くなってきている気がします。 気持ちが元気になると、身体を動かす余裕が出てきて、ストレッチや運動を始めるようになって。 肩こりも徐々に改善してきていると思います。 (40代・会社員)• 60歳になる女性です。 50歳頃から更年期と思われるトラブルが出ていて、ずっと悩んでいました。 最初の頃は、年齢のせいで肩こりや腰痛がひどかったのですが、後になって更年期の症状(ホルモンバランスの乱れ)からくるものとわかって、驚いた記憶があります。 肩こりや腰痛は、実は今でもあるのですが、前ほど酷くはありません。 前のように更年期で肩こりや腰痛を発症していた頃は、まだ年齢的にそれほど年はいっていないのに、なんでこんなに痛むんだろうというくらい痛みが出ていました。 整形などの病院に行ったこともありましたが、異常は見当たりませんでした。 でもある日、婦人科で更年期の相談をした時に、肩こりや腰痛が更年期からくるものだと知って、驚きました。 それからは更年期の治療をしつつ、 肩や腰に無理のないように注意しながら生活を続けています。 (60代・主婦) 更年期障害で肩こりや腰痛などの症状が出ることも 『昔は腰痛なんてなかったのに…年のせいかしら?』などと考えていらっしゃる方は多いとは思いますが、加齢による骨や筋肉の衰えとは別に、更年期障害の症状のひとつとして体の痛みが出ることもあるのです。 最近では、更年期の女性の主訴として、 ホットフラッシュよりも肩こりやうつ症状を訴える方が多くなっているというデータもあります。 体の痛みの主な症状としては、 肩こりや首のコリ、腰痛や背中の痛み、関節の痛みなど。 肩や首のコリがひどい方の中には、頭痛を訴える人もいるようです。 いずれも、若い時にはあまり腰痛などを経験したことがないのにもかかわらず、更年期が気になる年齢になってから痛みが始まった、という人が多いのが特徴です。 更年期障害で肩こり・腰痛などの症状がでる理由 更年期の体の痛みの原因は、関節・筋肉・骨が衰えるほかに、更年期の場合はそれ以外にも痛みの原因が考えられます。 女性ホルモンの分泌が急激に減少することで血液の循環が悪くなり、身体のコリや痛みの原因となっている場合があるのです。 さらに、カルシウムが不足することによる骨の障害の可能性もあります。 また、 長年の猫背や肥満など、 日常的に筋肉や関節に負担をかけているために痛みが出てくることも。 様々な要因が重なり合って、体の痛みが発生するわけです。 肩こり・腰痛などの症状が出た場合の対策 肩こりや腰痛の対処法や日頃からできる対策を具体的に紹介します。 痛みに悩まされている方は、ぜひ参考にしてくださいね。 温めて血行を促進させる 血流が悪くなると筋肉が硬くなり、肩こりや腰痛を引き起こしてしまいます。 そんなときはカイロヤ蒸しタオル、湯たんぽを使って血流の改善を促すのがおすすめ。 痛みを感じる肩や腰に当てて温めてください。 シャワーで済ませるのではなく、肩までお湯に浸かり、体の芯まで十分に温めましょう。 軽い運動で筋肉をほぐす 血の流れを良くするには、ストレッチやラジオ体操などの軽い運動も効果的です。 筋肉の強張りを和らげることで、血やリンパの流れを改善し、肩こりや腰痛を解消します。 体が十分に温まっているお風呂上りに行うと、より高い効果が得られますよ。 しかし、無理な運動は筋肉により負担をかけてしまい、逆効果になることも。 肩こりや腰痛を解消するためには、軽めの運動を心がけてくださいね。 同じ姿勢を取り続けない 筋肉が凝り固まってしまう原因の1つとして、 常に同じ体勢を取り続けることが挙げられます。 オフィスワークでずっと座りっぱなしという方はこまめに休憩を取り、軽めのストレッチを行って肩や腰を動かしてみてください。 筋肉の緊張を和らげて血行を促進し、肩こりや腰痛の改善が期待できます。 肩にかかる負担を減らす 常にどちらか 片方の肩で荷物を持ったり、頻繁に重い荷物を持ったりするのも肩こりに繋がる原因に。 「カバンを軽くする」「時々荷物を持ち変える」といった工夫で、肩にかかる負担を減らすことができます。 また、重たいコートやジャケット、厚手のマフラーなども肩こりを悪化させる要因です。 できるだけ軽い素材のものを選ぶようにしましょう。 直接の原因である更年期障害を改善 運動や食生活といった生活習慣を整えることが、更年期障害を和らげるカギになります。 適度な運動や栄養バランスを考えた食事を心がけましょう。 また、更年期障害を和らげる「サポニン」や「イソフラボン」、「プラセンタ」などの成分を摂るのもおすすめ。 ぜひ肩こりや腰痛の解消に役立ててくださいね。

次の

Vol.33 体のあちこちが痛みます。【40歳からのからだ塾WEB版】

体 の あちこち が 痛い 更年期

関節痛や筋肉痛も更年期障害の症状なの?! 更年期と関節痛の関係とは 更年期はおおむね45歳から55歳の10年間。 この年代は家事や仕事、親の介護などで忙しい毎日を過ごしていますよね。 その中で関節痛や筋肉痛が起こると、本当に辛いものです。 家事をする、立ち上がる、動作のたびに痛むので本人にとっては大変なストレス。 しかも周囲の人にはなかなかわかってもらえません。 関節痛といえば、代表的な病気は「関節リウマチ」ですが、実は病気ではなく更年期の症状かもしれません。 同時に、急に熱くなって汗が流れる、生理が規則正しい周期ではなくなった、イライラするなどの症状があったら更年期障害の可能性があります。 ただ、関節リウマチの初期と更年期の関節痛の症状は似ています。 その症状とは、朝起きたときに手のこわばりを感じることです。 更年期障害の場合は、数分で症状が治まるのですが、関節リウマチは1時間以上こわばりが続きます。 関節リウマチは血液検査ですぐに診断できますので、このような症状が続いたら病院で診察を受けましょう。 関節リウマチは早期治療が大切だと言われています。 症状が出るのはどこ? 更年期障害での関節痛は、ときに「しびれ」も起こします。 関節には多くの神経が集中しているために関節痛とともに「しびれ」を感じるのです。 更年期で起こりやすい関節痛やしびれは全身に及びます。 膝 45歳を過ぎて、以上のような部位の関節痛があれば更年期障害を疑ってもよいかもしれません。 更年期でとくに痛みやすい関節は腰と膝ですが、常日頃階段の上り下りや、立ったり座ったりという普通の動作で酷使する部分のために痛みが強く出ます。 関節痛が起こると日常の動作が苦痛となります。 更年期障害で起きる関節痛の症状 更年期の関節痛の症状には次のようなものがあります。 関節の動きが鈍くなる 関節の動きがスムーズではなくなります。 何かがあったときに瞬間的に動くことが難しくなるため、転んだときなどに骨折してしまう可能性もあります。 関節がこわばる、痛む 全身の関節がこわばって痛みます。 正座ができない 膝の関節の痛みがひどくなってくると、正座ができなくなります。 なぜなら、膝を曲げるとひどく痛むようになるからです。 また、正座の状態から立ち上がることにも苦労するようになります。 重い荷物を持つことが難しい 更年期の関節痛になると、荷物を運ぶ、持ち上げるといった動作が難しくなります。 スーパーなどでの買い物が困難になります。 階段の上り下りが困難 膝の関節が滑らかに動かなくなるので、階段の上り下りも時間がかかるようになります。 このように、更年期関節痛は進行していくと徐々に日常生活に支障が出るようになります。 更年期障害の筋肉痛について 筋肉痛は誰もが経験しますね。 思い返してみれば前日に激しい運動をした、山登りをしたなど、日頃使わない筋肉を使ったことが思い当たります。 炎症ですから、運動後に部位を冷やすことで筋肉痛に対処できます。 一般の筋肉痛は、激しい運動によって筋繊維が傷つく、それを修復するために集まった血液成分に炎症が起こる、という経過をたどります。 ところが更年期障害では思い当たることがないのに筋肉痛の症状が出ます。 また、大した運動をしていないのに筋肉痛になることもあるのです。 なお、男性にも更年期がありますが、その症状の一つとして、筋肉痛があります。 男性も同様に、激しい運動などをしていないのに筋肉痛が起こります。 更年期の関節痛と筋肉痛の原因 関節痛の原因 更年期になると、卵巣の機能が低下しエストロゲンの分泌量も減少します。 実は、エストロゲンの減少が関節痛の痛みの原因なのです。 エストロゲンは、女性らしい体を作り、妊娠出産を可能にするものですが、それ以外にもたくさんの働きがあります。 その中の一つに「筋肉や骨の代謝を促す」というものがあります。 関節は軟骨がクッションとなっていることで滑らかに動いていますが、骨組織の代謝が落ち込むために軟骨の生成が追いつかなくなります。 そして、加齢や運動、同じ動作の繰り返しにより軟骨はすり減ります。 また、骨を支える筋肉の衰えや体重の増加によっても関節に負担がかかります。 緩衝材となっている軟骨がすり減ると骨同士がぶつかるようになり関節の周辺組織が傷つけられます。 そして、圧迫された骨が変形して神経を刺激するのです。 そのために関節周辺に痛みが出てきます。 エストロゲンは、軟骨の材料となる「コラーゲン」を生成しています。 しかし、更年期ではエストロゲンが不足するため体内ではコラーゲンが作られなくなります。 これが、軟骨のすり減りを加速させます。 筋肉痛の原因 筋肉痛の原因もエストロゲンの減少です。 エストロゲンの分泌量が不足すると、脳の視床下部が性腺刺激ホルモンを分泌してエストロゲンの分泌を促します。 しかし、卵巣機能が低下しているために、エストロゲンは分泌されません。 その結果ホルモンのバランスが乱れて自律神経にも影響を与えます。 自律神経が乱れによって交感神経が優位な状態になります。 すると、筋肉が緊張するため血流が悪くなります。 そして疲労物質が筋肉に貯まり筋肉痛を起こすのです。 また、もう一つの原因として、更年期障害の症状の一つの異常な発汗があります。 発汗により体が脱水症状になり、体内の電解質が崩れてしまいます。 すると、筋肉が常に力を入れている状態のように堅くなり痛みを生じます。 女性だけじゃない!男性にもある更年期障害 意外に思われるかもしれませんが、男性にも更年期障害があります。 男性もホルモンのバランスが崩れて様様な症状が出てきます。 男性の更年期障害の原因は、男性ホルモンの「テストステロン」の分泌が低下するためです。 テストステロンは、筋肉や骨の形成を助ける働きがあります。 そのため、テストステロンが不足すると筋肉痛の症状が出てくるのです。 更年期障害の節々の痛み・筋肉痛の対策方法 関節や骨に良い食べ物を摂取する コラーゲン、大豆イソフラボン、カルシウム、ビタミンDをとりましょう。 コラーゲンは動物、魚の骨や皮、脂肪の部分に含まれています。 サプリメントを利用するのも良いでしょう。 大豆イソフラボンは、豆腐、納豆、豆乳などに多く含まれています。 体内ではエストロゲンと同じような働きをするため、骨の代謝を活発にします。 カルシウムは骨粗鬆症の予防のためにも、摂取が必要な栄養素です。 乳製品、豆腐、ゴマなどに多く含まれていますが、吸収率を上げるためにビタミンDと一緒にとるようにしましょう。 ビタミンDは小魚やキノコに含まれています。 運動を取り入れる 運動することで骨の形成が助けられますので、できることから始めましょう。 膝などの関節に負担をかけないように水中でのウォーキングや、水泳、ヨガなどがおすすめ。 体重を増やすと関節に負担がかかりますので、その意味でも運動をすることは大切です。 冷えを予防 更年期障害の筋肉痛は、通常の筋肉痛とは違いますので、対処を間違えると逆効果になります。 一般的には筋肉痛が起こると冷やしますが、更年期障害の筋肉痛は温めます。 なぜなら、冷えが原因となっているからです。 また、更年期障害の場合は血流が悪くなっているのでマッサージやウォーキングをするのもおすすめ。 筋肉の緊張がほぐれて楽になります。 また、筋肉の生成にはタンパク質が必要です。 鶏肉、大豆、豆腐などの食品を積極的にとり入れましょう。 更年期におすすめのサプリメントを紹介! 関節痛を含め他にも更年期のつらい症状がある方には、更年期対策サプリをおすすめします。 更年期障害の原因は女性ホルモンの減少によるもの。 ご紹介するのは、そんな更年期の女性のために研究・開発されたサプリです。 是非検討してみてください。 高品質で、サポニンを多く含む韓国プンギ産の6年根にこだわって作られています。 その他にもコラーゲンを形成するアミノ酸やビタミン・ミネラルも配合されており、美容にも嬉しい成分がたっぷりです。 もちろん女性ホルモンのサポートしてくれるサポニンが配合されているため、更年期障害の緩和に働いてくれます。 更年期障害だけでなく、美容にも気を遣いたい!という人におすすめです。 基本のサプリ よく読まれている関連ページ それでも気になる人は早めに病院へ 関節痛を放置すると、段階を踏んでどんどん悪くなってしまう可能性があります。 最終的には歩くのが困難になることもあるので、手遅れにならないうちに、早めに病院へ行くことも考慮しましょう。 婦人科へ行くことをおすすめ ひどい関節痛が更年期障害によるものであるのならば、もしくは他の更年期障害の症状も出ているのであれば婦人科へ行ってみましょう。 更年期障害であることが診断されれば、ホルモン補充療法が行われます。 ホルモン剤には飲み薬、注射、塗り薬、貼り薬などがありますが、個人差はあるものの数週間で効果が出てきます。 また、漢方薬が処方される場合もありますが、こちらは穏やかなので、緩和されるまでに時間がかかります。 漢方は薬局でも購入できますが、体質によって薬が違いますので購入前に薬剤師さんに相談して下さい。 nanairo編集部おすすめのサプリメント&医薬品 更年期障害の症状は人それぞれ。 まずはサプリメントか医薬品、あなたに合ったセルフケアを始めてみましょう。 白井田七。 関節痛以外にも更年期症状に当てはまるものが幾つかある方は、まずは更年期対策として食品でもあるサプリから始められることをおすすめします。 更年期サプリの中でも、白井田七。 は販売実績もあり安心できるサプリメントです。 手頃な価格で初めての方にも始めやすいので特におすすめです。 医薬品なら「リョウシンJV」 他の更年期症状にはあまり心当たりがなく、関節痛がひどくどうにかしたい方には医薬品がおすすめです。 CMでお馴染みのリョウシンJVですが、第三類医薬品で安心して使用できるのでおすすめです。 医薬品の中でも低価格なので、初めての方はこちらの商品から始めてみるといいでしょう。 対策法を試しても症状がひどいという場合は迷わず病院に行って診察を受けましょう。 関節痛も筋肉痛も辛い痛みですから、一刻も早く治したいものですね。

次の

Vol.33 体のあちこちが痛みます。【40歳からのからだ塾WEB版】

体 の あちこち が 痛い 更年期

風邪の時に体が痛い理由 風邪やインフルエンザなどの病気にかかると、体のあちこちが痛いことがあります。 では、風邪をひいた時に何が原因で体に痛みが生じるのか? それは、体に侵入した細菌やウイルスを撃退するために免疫機能が働き、その時にできた発痛物質「サイトカイン」が、体のあちこちに溜まることで痛みが生じます。 風邪をひくと、頭や関節が痛くなることがあります。 発痛物質であるサイトカインは、血液を介して全身に運ばれるので、血管が集中している頭部には痛みが起こりやすい。 また、関節痛が起こる原因は、関節が関節包と呼ばれる袋状のものに覆われているため、この部分にサイトカインが流れ込み、発痛物質が溜まることで体が痛いと感じます。 この場合、風邪やインフルエンザが治れば、体の痛みも治まります。 風邪やインフルエンザなどのように全身の痛みが起こる病気は、発熱、体がだるい、咳、鼻水などを伴います。 更年期障害 女性は、閉経が近づくと卵巣の働きが衰え、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減ることで、体に様々な不調が起こることがあります。 このような病気を更年期障害と言います。 更年期障害は、自律神経失調症の一種です。 卵巣からエストロゲンの分泌量が減少すると、脳の視床下部からもっとホルモン分泌するように命令が出されます。 卵巣の働きが衰えているにも関わらず、脳から命令が続くと、視床下部は自律神経が集中している場所でもあるので、自律神経のバランスが崩れてしまい、全身に様々な不調があらわれるようになります。 更年期障害によって体が痛いという症状は、特に関節の痛みが生じます。 体が痛い他にも、体がだるい、微熱、多汗、手足のしびれ、不眠、頭痛、めまいなど人によって症状は個人差があります。 線維筋痛症 線維筋痛症とは、体が痛い・体がだるいなどの慢性的な症状があるにも関わらず、医療機関で検査をしても原因不明という難治性の病気です。 線維筋痛症とよく似た病気で慢性疲労症候群がありますが、これらは共に合併しやすいことで知られています。 線維筋痛症の症状は、打撲をしたわけでもないのに体の部分に痛みが生じます。 その痛みは、やがて体の様々場所に広がり、激しい痛みと疲労感があらわれます。 痛む場所は移動することもあります。 また、疲れやストレスを感じている時や気候の変化によって体が痛い場合もあります。 朝起きると体が痛い、体がこわばるといった状態が起こることもあります。 体が痛い症状の他にも、気分の落ち込み、体がだるい、目や口の渇き、全身のこわばりなど様々な不調を伴う場合もあります。 難病の中では比較的頻度が高く、日本人の約1. 7%にみられる病気です。 男性に比べて女性が発症しやすく、特に30~50代の女性に多く発症する傾向があります。 線維筋痛症が発症する原因については、医学的にはっきりと解明されていませんが、痛みを伝える神経が異常に活発になることで、少しの痛みも過剰に感じるようになる神経障害性疼痛の1つではないかと考えられています。 このような障害が起こる原因としては、過去に負ったケガや手術の他に、日常生活で受けた強い身体的・精神的ストレスがきっかけとなって発症するのではないかと考えられています。 Sponsored Links 関節リウマチ 関節リウマチとは、関節に炎症がおき、悪化すると関節の骨や軟骨が破壊され、関節が変形してしまう病気です。 一般的な外傷による関節の病気と比べて、関節リウマチは、関節を動かさなくても痛みが生じるのが特徴です。 また、全身の左右対称の関節で痛みやこわばり、腫れが生じるのも特徴的です。 関節リウマチの初期症状に、朝起きると体が痛いという状態があります。 特に手の指の関節にあらわれやすく、朝起きると両手の指の関節がこわばって動かしにくいという状態になります。 このような状態が寝起きに1時間ほど続き、やがて関節の痛みや腫れが起こるようになります。 関節の痛みや腫れの他にも、体がだるい、食欲不振、微熱などを伴う場合があります。 関節リウマチが発症する原因は、医学的にはっきりと解明されていませんが、感染や遺伝によるものではなく、免疫機能の異常が関係しているのはないかと考えられています。 関節リウマチの発症は、男性よりも女性の方が約5倍も多く、30~50代の女性が発症しやすいと言われています。 帯状疱疹 帯状疱疹とは、多くの人が子供の時にかかった水痘と同じウイルス「水痘・帯状疱疹ウイルス」が原因で起こる皮膚湿疹のことです。 水痘になった後に症状が治っても、ウイルスは神経根の中に残っています。 疲労やストレスで体が弱っている時に、このウイルスが再び暴れ出すことで、ピリピリと体が痛い状態になったり、水ぶくれや赤い発疹がでたりします。 その多くは、体の左右どちらか片側だけに症状があらわれます。 帯状疱疹の症状は、初めは、神経痛のようなピリピリとした痛みが生じます。 その数日後に痛みを感じた同じ部分に、赤い湿疹があらわれ、湿疹は水ぶくれと変わっていきます。 帯状疱疹は、50歳以上の高齢者に発症しやすく、免疫機能の低下によって発症すると考えられています。 体が痛い原因は風邪や更年期障害以外にも、様々なことが考えられます。 体の異常に気付いたら、早めに病院で診てもらうようにしましょう。 体が痛い原因は?(風邪・更年期・ストレス・熱・だるい)朝起きると体が痛い病気とは? Sponsored Links おすすめの記事 Sponsored Links.

次の