福士 蒼 汰 心臓 マッサージ。 SOUSHI(ソウシ)さんの口コミ|女性用風俗・女性向け風俗なら【大阪秘密基地】

SOUSHI(ソウシ)さんの口コミ|女性用風俗・女性向け風俗なら【大阪秘密基地】

福士 蒼 汰 心臓 マッサージ

この日も、朝からあおば台病院の救命救急センターには、次々に急患が運び込まれていた。 交通事故による大怪我で運ばれてきた患者・宮島隆弘(ナオト・インティライミ)は、意識が朦朧とした状態で、医師の三宅(中谷美紀)はじめ、研修医の田中(片寄涼太)や看護師の堀口(土路生優里)が処置にあたっていた。 さらに処置室の奥では、自宅で倒れ運び込まれた女性患者の処置に、松本(伊藤英明)、吉田(谷恭輔)と看護師・長見(うらじぬの)たちが担当。 その女性患者は、大動脈瘤が破裂していたため危険な状態で心外に応援を頼んだが、手術中ということで心臓血管外科医・濱田(ムロツヨシ)に無下に断られてしまう。 松本は三宅の応援もあり、緊急手術を決め、腹部大動脈瘤破裂の重症ながら一命を取り留めることが出来た。 しかし、センター長の玉井(萩原聖人)からは、そういう場合は他に回すようにと言われ、救命救急センターのスタッフは、オペの応援要請に答えてくれない濱田に不満を募らせていた。 ある日、出勤した松本の元に、川で中学生男子が溺水という ドクターカーの要請が入った。 松本の過去を知る三宅は「私が行こうか?」と気に掛けるが、松本は「僕が行きます」と名乗り出る。 現場でレスキュー隊員が少年・岡崎勉(渡邉蒼)を発見し、真冬でも構わず川の中に駆け込んでいく松本。 低体温・心肺停止で危険な状態の勉の心臓マッサージをしていると、勉と同じ制服を着た少年・丸山(田中奏生)が目が合ったとたん逃げていくのに気付く。 病院内に運び込まれた勉は、ICUで母親の真理子(島袋寛子)が付き添う中、低体温療法を受けていた。 松本は、真理子に勉が握っていたペンケースを渡す。 それを確認した真理子は、亡き父親からプレゼントされたボールペンがなくなっていることに気づく。 その後、病院内で逃げる丸山を見つけた松本は、彼を追いかけるが…。 一方、救命救急センターに、指定病院を17件も断られたという患者の受け入れ要請が入った。 今にも破裂しそうな腹部大動脈瘤のその患者は、ホームレスだという。 救命救急のスタッフは、手術中の濱田に応援を求めるが、患者がホームレスだと知ってまたもあっさりと断りを入れられてしまう。 しかし、濱田の下で働く医師・児島(松本穂香)は、松本を手伝うか迷っていた・・・。 30年前に自らに降りかかった出来事と勉たちを重ね合わせる松本。 止まった時間を動かすことができるのか…? あらすじ(ネタバレ)あり 「病室で念仏を唱えないでください」第2話の感想・レビュー 「病室で念仏を唱えないでください」の作品紹介 「病室で念仏を唱えないでください」出演者・キャスト• 松本照円(照之)-伊藤英明• 松本照円(幼少期)-吉田日向• 濱田達哉-ムロツヨシ• 児嶋眞白-松本穂香• 田中玲一-片寄涼太• 小山内みゆき-唐田えりか• 吉田太郎-谷恭輔• 長見沙穂-うらじぬの• 堀口瑠衣-土路生優里• 宮寺あや-土村芳• 瀬川修二-安井順平• 藍田一平-堀内健• おばちゃん-宮崎美子• 澁沢和歌子-余貴美子• 宮寺憲次-泉谷しげる• 玉井潤一郎-萩原聖人• 三宅涼子-中谷美紀• 岡崎真理子-島袋寛子• 丸山翼-田中奏生• 岡崎勉-渡邉蒼• 後藤由紀夫-見栄晴• 後藤 梓-森迫永依• 宮島隆弘-ナオト・インティライミ 動画共有サービスで無料でドラマ視聴 テレビドラマの公式配信サービスは全部で3種類です。 放送終了後1週間以内の見逃し配信(Tver・動画配信サイト)• ドラマの予告CM(YouTube これ以外のインターネット上で閲覧できる動画は、個人が勝手にアップロードしているものです。 検索しているとたどり着いて、ドラマ動画を見ることができるかもしれません。 非公式の動画なので、 「違法なもの」「危険な広告が配信される」「ウイルスサイトの可能性」など 危険があると思った上で自己責任で視聴してください。 2020年6月26日 長 ドラマが大好きなので「手を出してしまったら終わりだ」と思っていたが、SNSで話題の「愛の不時着」(2019〜20年)を見るためにネットフリックス(ネトフリ)に... 2020年6月26日 テレビ朝日28日(日)夜9時よりスペシャルドラマ「必殺仕事人2020」を放送!オフィシャルTwitterには撮影風景の写真や新之丞役の杉野遥亮のメイキング&... 2020年6月26日 DCコミックスの『ウォッチメン』をベースとし、米テレビ局HBOによって2019年に公開されたドラマ版『ウォッチメン』。 全9話の構成である本作は、ドラマ『LOST』や... 2020年6月26日 米津玄師 2019 TOUR「脊椎がオパールになる頃」>公演より2019年3月11日に幕張メッセで行われたライブの模様が完全収録されるだけでなく、ミュージック... そして本日よりついにTBS系金曜ドラマ"MIU404"の放送が….

次の

福士蒼汰は棒読み演技で下手?4分間のマリーゴールドのみことが気になる | ドラマのメディア

福士 蒼 汰 心臓 マッサージ

TBSの金曜ドラマ「 4分間のマリーゴールド」を見ましたが。 ドラマを見て気になったのが主演の福士蒼汰くんの演技です。 僕は前期の「Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜」も少し見ていたので、彼の演技も見たことはあるのですが・・・。 ヘブンのときは鉄仮面キャラだったので、別に演技が下手とは思わなかったんですよね。 今夜は「Heaven? 〜ご苦楽レストラン〜」最終回! 放送まで秒読みですね。 毎週賑やかだったこの時間が終わってしまうとなるとやはり寂しい。 笑 そこから彼の演技が悪い意味で気になるようになってしまいました。 まあ、心臓マッサージの演技は難しいでしょうけどね。 ガチの心臓マッサージをしたら相手が大怪我するだろうし。 あれは演技というか演出の問題で、傷病者役の人は映さない方がいいと思うな。

次の

SOUSHI(ソウシ)さんの口コミ|女性用風俗・女性向け風俗なら【大阪秘密基地】

福士 蒼 汰 心臓 マッサージ

武井咲が神谷 薫 役として出演するアクション感動大作『るろうに剣心』が遂に 「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」として2020年7月3日、8月7日に 2作連続で公開されることが決定いたしました! 皆様、どうぞお楽しみに! 武井咲 コメント 「久しぶりの『るろうに剣心』の撮影ということで、緊張していましたが、現場に入ると ブランクを感じずに、不思議と一作目から続いているような気持ちになりました。 神谷道場のメンバーが本当の家族のような雰囲気で撮影できたので、 とても感動しましたし嬉しかったです。 1作目のときは当時17歳でしたのでとても緊張していて、皆さんについていかなくては、 という一心でしたが、大友監督が、最終章では剣心の過去を知って薫が成長していく姿は、 今の私の年齢だから演じることが できる、とお話してくださり、とても安心しました。 これまでとは違うスタンスで、新たな『るろうに剣心』の現場を楽しめたと思います。 何度どん底に突き落とされても諦めず『カルネ』の権利を返すよう迫る元子に、長谷川は「ゆとり世代は何を考えているのかわからんと聞いていたが、君の度胸には感服だ」と、ついに要求を受け入れる。 観念した長谷川が覚書にサインをしたそのとき、思いがけない事態が起こり…!? 混乱の中、とうとう『カルネ』を取り戻した元子は、その足で銀座へ。 ママとして店に居座っていた山田波子に「さっさと出ていきなさい」と言い渡す。 直前に支配人の村井亨と衝突していた波子は元子に再び敵対心を露わにする。 一方その頃、楢林謙治と中岡市子のもとに国税局査察部が。 脱税の疑いで『楢林クリニック』に強制捜査が入ったことで、市子はその事実に取り乱す! さらに元子は橋田常雄や岩村叡子にも連絡をとり、ママとして再出発することを報告。 すると橋田から衝撃的な事実を明かされる! こうして銀座に舞い戻った元子。 長谷川は『カルネ』の新しい支配人として村井亨を、そして新しいママとして山田波子を送り込み、いつのまにか黒革の手帖も奪われてしまった元子は文字通り、すべてを失ってしまう。 困った元子は『燭台』のママ・岩村叡子を訪ね、相談に乗ってもらおうとするが、元子がしでかしたことを既に知っていた叡子は「ルールを破った女に居場所はない。 あなたの出番はもう終わったの」と冷たく言い放つ。 叡子にまで見放された元子は途方に暮れ…? 刻一刻と迫る『カルネ』の立ち退き期限。 どうにか事態を打開したい元子は、安島富夫を頼り、弁護士を紹介してもらう。 長谷川との商談を終え自宅に戻った元子のもとに中岡市子が現れ、楢林謙治から奪った5千万円を返すよう迫る。 「何の話だかさっぱり」ととぼける元子に「あなたが破滅する前にまた来ます」と言い残し、立ち去る市子。 黒革の手帖を眺め、「私は破滅などしない」と自分に言い聞かせる元子だったが、そんな自信を打ち砕くかのように驚愕の事実がもたらされる! 橋田常雄から奪ったはずの料亭『梅村』が…。 クラブ『カルネ』に失脚したはずの村井亨が現れ…。 さらに追い打ちをかけるように、元子の自宅に何者かが侵入してきて…!? これまで、すべてが順調に進んできていた元子の頭上に初めて立ちこめる暗雲…。 次は橋田が買おうとしている料亭『梅村』を奪い、それを2億円で転売して、銀座の老舗クラブ『ルダン』を手に入れようと考える。 その矢先、『ルダン』を所持している人物が政財界のフィクサー・長谷川庄治だとわかり、元子はいよいよ計画を実行に移す決意を…。 一方、亡き国土交通大臣・若槻の妻・貴子の対抗馬として同じ選挙区から出馬しようとしていた安島富夫だったが、若槻夫妻に思いがけぬスキャンダルが発覚! 期せずして党の公認候補として選挙戦に臨むことになる。 貴子から「裏切り者!」と罵られた安島は思わぬ行動に出る! そしてついに元子は橋田と対決するため、黒革の手帖を携えて、上星ゼミナールへと乗り込んでいく…。 売り値は3億とも言われるその店舗を是非とも手に入れたいと考える元子は、黒革の手帖を捲りながら次なる一手に思いを巡らせる。 そんな中、元子は上星ゼミナールの理事長・橋田常雄から一泊二日の温泉旅行に誘われる。 安島富夫と元子の仲を疑う橋田は、『カルネ』に居合わせた安島を牽制するように旅行の話を。 元子が返答に窮していると、長谷川庄治が来店する。 長谷川の来店を知った橋田は大慌て。 実は橋田は長谷川から、あまり気乗りしない案件を持ちかけられていたのだ。 後日、橋田とともに料亭『梅村』を訪れた元子は、そこで安島と婚約者の堂林京子と鉢合わせする。 安島を気にする元子の様子に嫉妬心を掻き立てられた橋田は、元子を無理矢理自分のものにしようと…!? 数日後、『梅村』の仲居、島崎すみ江が『カルネ』で働きたい、とやってくる。 楢林謙治から「文句があるなら『カルネ』のママに言え!」と言われた波子は、「楢林先生に何をしたの!? 」と元子に詰め寄る。 しかし、元子はそんな波子を軽くいなし、ボーイを使って店から追い出してしまう。 「銀座で商売できないように潰してやる…」と怒りを露わにする波子は、元子が東林銀行で何をしたのか、当時の次長・村井亨から聞き出そうと…? そんな中、『カルネ』に上星ゼミナールの理事長・橋田常雄が来店。 橋田は元子に「ふたりきりで旅行に行こう」と提案するが、なかなか首を縦に振ってもらえず、元子に男がいるのではないかと嫉妬心を募らせていく。 一方、元子は楢林クリニックを辞めた中岡市子に、銀座にエステサロンを出店させようと焚き付ける。 自分の人生を親身になって考えてくれる元子に心を許し始める市子だったが…? ある日、『カルネ』に村井がやってくる。 若き銀座のママとして新たな道を歩み始めた元子はある日、銀座の街で元同僚の山田波子と再会する。 元カレのために使ったカードの支払いのために必死に働く波子に、元子は「なにかあったら電話して」と名刺を渡すのだった。 『カルネ』開店から1カ月が経とうとする頃、元子を訪ねて、安島富夫が店にやってくる。 お世話になった大臣と、その妻のために次の選挙への出馬は見送る、と話す安島に、元子は「戦うべきだと思う」と進言。 元子の言葉に力づけられる安島だったが…? ほどなくして、波子が元子の店で働くことに。 入店早々、楢林謙治に見初められるが、次第に親密になっていくふたりに元子は一抹の不安を感じる。 さらに波子は、ほかのホステスの客に手を出したという話が広まり『カルネ』の中で孤立。 「あんな女とは一緒に働けない」とホステスたちが次々と辞めてしまう! やがて元子の不安が的中。 なんと波子が思いもよらぬ行動に出る! 『銀座の掟』を無視するかのような行動を繰り返す波子に制裁を加えるため、元子は波子、楢林、そして楢林クリニックの看護師長・中岡市子にある仕掛けを…。 と言う、貴族探偵と約束した高徳愛香は、まるで導かれるように探偵依頼を受け、日本有数の門閥・具同家の別荘、星見荘で行われる具同真希の誕生パーティーへと向かう。 パーティーに集っていたのは、具同家の後継者、弘基、弘基の従兄弟の佳久と妹の真希、国見奈和。 そして、佳久の大学の先輩、有岡葉子と、具同家の使用人、平田早苗だった。 しかし、この集いには脅迫状が届いていた。 そのため、女探偵の愛香に玉村依子を介して真希が依頼を出していたのだ(貴族探偵には依頼を断られた)。 脅迫状は、1年前の同じパーティーでジェットスキーでの事故死として処理された緒方修の死の真相を知っているというものだった。 参加者の葉子は、緒方の恋人だったと言う。 脅迫状を読んで驚愕する葉子。 いったい誰が脅迫状を送ったのだろうか? それぞれの参加者が疑心暗鬼になる中、事件は起きてしまった。 その夜、弘基と葉子が殺害されてしまったのだ。 発見した愛香も、何者かに襲われて昏倒。 その後、愛香を抱き抱えて運ぶ貴族探偵の姿が…。 政宗是正という名前、鈴木など、調べたことを総動員して、愛香は貴族探偵に詰め寄る。 しかし、貴族探偵は証拠が何もないと一蹴。 それでも切子の死の真相を知りたいと訴える愛香に、貴族探偵は自分の前で事件を正しく紐解くことが出来たら教える…と約束する。 愛香が去ると、貴族探偵は佐藤、田中、山本を呼び、鈴木の所在を確かめると、ケリをつけると命令した。 果たして、何にケリをつけるというのか? 愛香の事務所に、依頼書が舞い込む。 それはシンガポールを拠点に武器商人として財をなす具同家からのものだった。 シンガポールと言えば、政宗是正と…。 貴族探偵の罠かもしれないと疑いながらも、愛香は指定された具同家の別荘へと向かう。 別荘では、具同家当主、次男の娘、真希の誕生会が催されようとしていた。 玉村依子もいる。 依子が愛香を紹介したらしい。 依頼人は真希。 愛香が真希に依頼内容を尋ねると、一通の脅迫状を見せられる。 昨年の同じパーティーで、不幸にも参加者の1人が事故死。 脅迫状は、それが殺人だったと訴えていた。 真希は貴族探偵にも頼んだが、断られてしまったと言う。 愛香に頼まれた鼻形雷雨が、政宗を警察庁のデータベースで調べると、シンガポールを拠点に黒い活動をする人物という以外、一切が貴族探偵と同じように謎に包まれた人物だった。 愛香は鼻形と、切子の遺体が発見された渓谷に花を手向けに行く。 切子は上流の山道から転落して流された事故死とされていたが、当時の関係者は遺体には目立った外傷がなかったと証言していた。 鼻形は近くの喫茶店に後輩の警官を呼び出し、当時の資料を持ち出すよう頼む。 その喫茶店に、作家の大杉道雄がいることに鼻形が気づく。 鼻形は大杉の妻で、元女優の本宮真知子のファンだったのだ。 愛香が止めるのも聞かずに鼻形は大杉にサインを求めに行くが、あっけなく断られてしまう。 そんな時、鼻形の携帯が鳴る。 貴族探偵の執事、山本からだ。 山本によると、貴族探偵が珍しい蝶を探していると愛犬のシュピーゲルが女性の他殺体を発見したと言う。 愛香たちが指定されたキャンプ場に行くと、貴族探偵の天幕が張られている。 貴族探偵はまたしても事件の謎解きを愛香に求めてきた。 殺害されたのは水橋佐和子。 真知子の妹だ。 佐和子は夫の洋一、大杉夫妻、友人の堂島尚樹とキャンプ中に殺害されたのだ。 そのあまりに美しい遺体の姿に貴族探偵は目を奪われる…。 切子はこの男を調べようとして殺害されたのだろうか? 政宗是正こそ貴族探偵の正体なのか? 愛香は事務所に鼻形雷雨を呼んで、今まで自分が調べたことを話す。 そして、切子の死に貴族探偵が絡んでいるのではないかと切り出し、鼻形に政宗是正について警察の力で調べてほしいと頼む。 ちょうどその時、愛香の大学時代の先輩、韮山瞳から電話が入った。 瞳は母校の准教授をしていたため、久しぶりに大学を訪ねた愛香。 そこには、最近瞳と知り合った貴族探偵がいた。 研究室で扱う光るキノコを見に来た貴族探偵に愛香の先輩であることが判った瞳を通して、見にこないかと誘われたのだ。 そんな話の途中、貴族探偵は自分のことを調べるのは命がけになると愛香に忠告する。 推理の無能ぶりまで指摘された愛香が怒ると、貴族探偵は席を外してしまった。 憤る愛香に優しくお茶を供する田中。 愛香は貴族探偵に仕えた理由を尋ねるが、田中が答えることはなかった。 そんな時、女性の悲鳴が! 愛香が駆けつけると、韮山研究室のゼミ幹、大場和典が殺されていた。 警察の捜査が始まると、貴族探偵はこの事件を愛香に依頼すると言う。 だが、それは叶わなかった。 師匠の死に貴族探偵が関係しているのか調べるために。 1年前、切子の大切なクライアントである都倉電子社長の都倉健一が亡くなった。 自殺との一報を受けた切子は信じられず、都倉家に急ぐ。 切子を出迎えたのは、都倉の妻、光恵、都倉の前妻の息子、忠仁、同じく娘の江梨子、秘書の旗手真佐子たち。 切子は現場の管理責任者という交番勤務の警官、鼻形雷雨を説き伏せ、都倉が死亡した書斎に入る。 都倉は睡眠薬服用後、自ら手首を切って失血死したと警察は判断していた。 書斎は中から鍵がかけられた、いわゆる密室状態だったのだ。 しかし、現場を独自に検証した切子は、密室は意図的に作られたと見抜き、都倉が何者かに殺されたと疑う。 そこに、田中がやって来た。 田中は主が待っていると、一同を貴族の天幕に誘う。 天幕の中で待っていた貴族探偵は、不可解な自殺があったと聞いたので面白そうだから出向いたと言う。 こうして、都倉を殺害した犯人暴きを、貴族探偵と切子が競うことになった。 もちろん、貴族探偵は現在と同じく、田中、佐藤、山本ら使用人に推理は任せる様子。 さらに、貴族探偵は、もう1人の使用人にあることを依頼する。 儀式は桜川家当主、鷹亮の孫娘、弥生の婿を決めるもの。 莫大な財産と権力を引き継ぐことになるので、鷹亮はこのような事態が発生することを懸念していた。 事件は、婿の第一候補となった金山俊市が毒を盛られて病院に運ばれたことを皮切りに始まった。 そして、その夜別棟に宿泊していた他の婿候補3人が次々に殺されてしまう。 しかも、彼らが宿泊していた別棟は密室状態だった…。 警察の捜査が始まる中、弥生の従姉妹である豊郷皐月が彼女の身を案じる。 それ以上に弥生を案じていそうなのが、桜川家の使用人、愛知川友也。 友也は足を引きずりながら弥生に寄り添っている。 愛香が皐月に尋ねると、友也の足は名誉の負傷だと話した。 友也は、幼い時に弥生を助けるために大けがを負ってしまったらしい。 鷹亮の書斎に呼ばれた愛香は、改めて事件の捜査を依頼された。 愛香は事件の真相を解いたら貴族探偵の正体を教えてもらうことを条件に引き受ける。 だが、鷹亮は貴族探偵にも捜査を依頼していた。 愛香が鼻形雷雨と天幕に行くと、貴族探偵は婿候補3人の殺害事件それぞれを、佐藤、田中、山本に調べさせると言う…。 桜川家を訪ねた愛香だが、依子が来ない。 愛香が連絡すると、何でも今日は桜川家で大事な行事があるので来るなと言われたのだとか。 仕方なく帰ろうとする愛香を呼び止める声。 鷹亮の外孫、豊郷皐月だ。 皐月は依子の非礼を詫び、お茶でも、と愛香を屋敷に誘う。 愛香が皐月と話をしていると、猟銃を持ち、獲物のキジを手にした一団が。 大事な儀式のためだと教える皐月は、愛香も見てみないかと再び誘ってくれた。 屋敷内には、先ほどの男たちが控えていた。 そこに、鷹亮が来る。 皐月は、鷹亮の孫、弥生の婿、桜川家の次期当主を選ぶための儀式だと愛香に教える。 キジを射止めた金山俊市をはじめとした先ほどの一団の男たちが婿候補だった。 現在では形式化しているとは言うものの、かつてはキジを射止めたものが本当に婿になる、いずれは当主になるのが慣習であった。 金山は得意顔で弥生をエスコート。 他の参加者たちと、使用人の愛知川友也が弥生に付き添う。 様子を見ていた愛香だったが、思わぬ幸運を得る。 なんと、鷹亮が面会すると言うのだ。 鷹亮の書斎に通された愛香は、貴族探偵のことを尋ねる。 すると、鷹亮は本人に直接聞いてみるよう促す。 愛香が振り返ると貴族探偵が!貴族探偵は儀式の立会人だったのだ。 鷹亮は愛香にも立会人を依頼する。 謎に満ち溢れる貴族探偵は、こんな場所にも現れる! その日、喜多見切子探偵事務所で愛香が応対したのは、数名のアイドルオタク。 彼らが愛するアイドル、有畑しずるがライブ後に自殺。 オタクたちは、彼女の死の陰にいる田名部優という人物を愛香に探し出して欲しいのだ。 田名部に責任を取らせるとざわめくオタクたちに、復讐に力は貸せないと愛香は断る。 オタクたちと入れ違いに、玉村依子がやって来た。 依子の誘いに興味が惹かれた愛香はパワースポットで話題の温泉に行くことになる。 浜梨館へ向かうための山道の入り口で愛香たちを迎えたのは女将の浜梨久仁子。 そこには、赤川和美、金谷沢広成の先客がいた。 お互いに挨拶をしていると、鼻形雷雨が来る。 鼻形もご利益を授かりに来たらしい。 続けて有戸秀司。 残る参加者は、壁に書かれた名前によると下北香苗と田名部優。 田名部はオタクたちが愛香に探して欲しいと頼んだ人物…。 すると、香苗を伴って貴族探偵が! ついに貴族探偵の本名判明? しかし、すぐに田名部と名乗る男が現れる。 ついに始まるいづな様の儀式。 そして、発生してしまった殺人事件! 更に何者かによって山道から旅館への唯一の通路である吊り橋も落とされてしまった。 事件現場での貴族探偵の捜査に、警察官も口出し出来ないのはすでにおわかりであろう。 そして、貴族探偵の世話をする神奈川県警捜査一課警部補、鼻形雷雨たちに、新たな展開が…。 喜多見切子探偵事務所に、おびえ、戸惑った様子の女子高生、垂水遥が訪ねてきた。 応対した高徳愛香は、遥の不安を和らげながら依頼を聞くことに。 話によると、一週間前、廃倉庫で女性の遺体が発見された。 遺体は頭と両腕が切断され、遺留品もないため捜査は難航の様相を見せる。 しかし、ほどなく現場から数キロの河川敷で、頭部と腕、遺留品を埋めている男が目撃された。 男は遥の高校の教師、浜村康介で、間も無く警察に連行されてしまう。 実は、遥は浜村と結婚を前提とした交際をしていた。 だが、事件で交際が公となり、遥は周囲から白い目で見られてしまう。 浜村の無罪を信じる遥だが、周囲に頼る術もなく、愛香を頼って来たのだ。 依頼を引き受けた愛香は、遥と事件現場の廃倉庫へ。 ひと通り現場を巡り、戻った愛香は唖然。 なんと、遥が貴族探偵の飼い犬と戯れているではないか。 執事の山本によると、貴族探偵は狩りに出かけた帰り道、現場を通りかかったので、寄り道してこの何とも不可解な事件をひも解いてみようとなったらしい。 呆れる愛香をよそに、貴族探偵は勝手に依頼を引き受けてしまう。 しかし、推理は使用人の佐藤(滝藤賢一さん)、田中(中山美穂さん)、山本(松重豊さん)たちに任せきり。 そんな貴族探偵が、今回現れたのは…。 高徳愛香(武井咲)は、編集者・日岡美咲(紺野まひるさん)の車で、人気ミステリー作家・厄神春柾(大和田伸也さん)の別荘に向かっている。 探偵に取材したいという厄神の依頼に愛香が招かれたのだ。 山道を行く2人の車の前に、突然、巨大な石が落ちて来た。 愛香が現場の安全を確保し、警察に通報して車に戻ると美咲がいない。 と、愛香の目の前に驚きの光景が。 何と美咲は、いつの間にか現れた貴族探偵とお茶をしているではないか。 落石に憤る貴族探偵は、落下場所の真上にある別荘に文句を言いに行こうと動き出す。 そこは愛香たちの目的地、厄神の別荘だった。 呼び鈴を鳴らしても誰も出ないため、貴族探偵はズカズカと別荘内へ。 すると、書斎のベッドに頭から血を流して横たわる厄神の死体が…。 すぐさま、状況を把握しようとする愛香。 警察も到着するも、なぜか管轄違いの鼻形雷雨(生瀬勝久さん)と常見慎吾(岡山天音さん)が。 鼻形たちは貴族探偵専任になったらしく、貴族探偵に不満を抱く管轄の久下村勇気刑事(平山祐介さん)をなだめている。 厄神の関係者、妻の令子(横山めぐみ)、美咲と同じ編集者の松尾早織(豊田エリーさん)と滝野光敏(丸山智己さん)に聴取する愛香と鼻形。 厄神のファンだったと言うメイドの田中も捜査に付き添う。 原作は麻耶雄嵩さんによる本格推理小説『貴族探偵』と続編の『貴族探偵対女探偵』(いずれも集英社文庫刊)で、麻耶さんの作品が映像化されるのは今回が初めて。 殺人事件の裏にあるトリックを破るべき主人公が一切の推理をしないという、推理小説の既成概念を打ち砕く前代未聞の物語です。 ドラマの主人公は年齢、家族、学歴、住所、さらに本名までも不明。 己のことを貴族と名乗り、探偵を趣味にしている青年です。 なんと捜査、推理をするのは彼を取り巻く召使たち。 貴族へ絶対的な忠誠心を持つ、執事、メイド、運転手の3人の召使が現場分析、証拠集めなどの捜査へ動き始めます。 そんな、破天荒な貴族たちと偶然に、かつ頻繁に同じ事件に居合わせ、貴族たちと競う形で謎に向き合うのが、今回武井が演じる探偵の高徳愛香。 愛香は駆け出しの新米ながら、探偵という職業に人一倍の誇りと信念を持っています。 そのため貴族のやり方には反感しかなく、貴族よりも先に謎を解こうと現場を奔走し、推理を積み重ねていきます。 個性的で強烈にインパクトのある登場人物たちが織りなす物語は、ファンタジックでどこかコメディな部分も。 しかし、事件のトリック、謎解きは常人の想像を越える本格ミステリー。 すべてがミステリーになっていて読み応えのある台本でした。 そして、その貴族探偵にぶつかっていく女探偵を演じますが、視聴者の方と一緒に推理していく真っ直ぐな彼女と、今まで探偵ものはなかったので役と重ねてわたし自身も、初共演させて頂く、貴族探偵を演じる相葉さんに思いっきりぶつかっていきたいと思っています。 事件を一緒に推理していく、生瀬さん演じる鼻形さんとのやりとりも、ぜひ楽しみにして頂きたいです。 物語はもちろん、人間模様にもミステリーが隠されているのでご期待下さい。 原作は麻耶雄嵩さんによる本格推理小説『貴族探偵』と続編の『貴族探偵対女探偵』(いずれも集英社文庫刊)で、麻耶さんの作品が映像化されるのは今回が初めて。 殺人事件の裏にあるトリックを破るべき主人公が一切の推理をしないという、推理小説の既成概念を打ち砕く前代未聞の物語です。 ドラマの主人公は年齢、家族、学歴、住所、さらに本名までも不明。 己のことを貴族と名乗り、探偵を趣味にしている青年です。 なんと捜査、推理をするのは彼を取り巻く召使たち。 貴族へ絶対的な忠誠心を持つ、執事、メイド、運転手の3人の召使が現場分析、証拠集めなどの捜査へ動き始めます。 そんな、破天荒な貴族たちと偶然に、かつ頻繁に同じ事件に居合わせ、貴族たちと競う形で謎に向き合うのが、今回武井が演じる探偵の高徳愛香。 愛香は駆け出しの新米ながら、探偵という職業に人一倍の誇りと信念を持っています。 そのため貴族のやり方には反感しかなく、貴族よりも先に謎を解こうと現場を奔走し、推理を積み重ねていきます。 個性的で強烈にインパクトのある登場人物たちが織りなす物語は、ファンタジックでどこかコメディな部分も。 しかし、事件のトリック、謎解きは常人の想像を越える本格ミステリー。 すべてがミステリーになっていて読み応えのある台本でした。 そして、その貴族探偵にぶつかっていく女探偵を演じますが、視聴者の方と一緒に推理していく真っ直ぐな彼女と、今まで探偵ものはなかったので役と重ねてわたし自身も、初共演させて頂く、貴族探偵を演じる相葉さんに思いっきりぶつかっていきたいと思っています。 事件を一緒に推理していく、生瀬さん演じる鼻形さんとのやりとりも、ぜひ楽しみにして頂きたいです。 物語はもちろん、人間模様にもミステリーが隠されているのでご期待下さい。 将軍家宣(平山浩行さん)からほうびをと問われ、喜世は浅野家再興を願い出た。 6年ぶりに再会した父や兄はその報告と喜世の姿に喜ぶ。 しかし家宣は病に倒れる。 そして喜世と鍋松を病床に呼び、次期将軍は鍋松に決めたと告げる。 幼い鍋松には無理と戸惑う喜世だが、それが家宣と交わした最後の言葉になる。 我が子が将軍家継となり、将軍生母の名誉を与えられるが、自分の人生がまた終わったと感じた喜世だった。 しかし…。 江島(清水美沙さん)はまるで自分が出産するかのように喜世の世話を焼く。 宝永6年1月、五代将軍綱吉が死去した。 家宣(平山浩行さん)は六代将軍となり、長らく民を苦しめた「生類憐みの令」を廃止する。 そして晴れて江戸城本丸に喜世たちの姿があった。 病弱だが須免の子、大五郎は初節句を迎える。 食欲のない喜世に江島は取り寄せたすいかを勧める。 やはり風邪で食欲のない大五郎にも女中が与えるが、その後大五郎の容態が悪化。 故意を疑われる江島をかばう喜世もなんと…。 やがて将軍綱吉の生母桂昌院の死去にともなう恩赦で、遺児は流刑を解かれる。 一方、家宣の子を宿したのは古牟だった。 熙子(川原亜矢子さん)は 須免にも子をと祈祷を。 すると古牟の子は二か月も経たずに死んでしまい、古牟 は次第に病んでいく。 やはり追い詰められていく須免。 今が好機とけしかける江 島(清水美沙さん)に反発する喜世だが、江島は本丸大奥の頂点まで登りつめるのが、二人の目指す唯一の道と言う。 喜世は…。 応募人数・実績・規模ともに各業界から注目され、毎回多数のご応募の中からグランプリ以下各賞を発表する本コンテストが、2014年以来3年ぶりに開催されることが決定いたしました! 後藤久美子を初代イメージキャラクターに据え開催された1987年の第1回大会以来、今年で30年の節目を迎える「第15回全日本国民的美少女コンテスト」の概要説明記者会見が、2月2日(木)に都内で開催され、第11回大会(2006年開催)モデル部門・マルチメディア賞をダブル受賞した武井咲をはじめ、第8回大会(2002年開催)出場の剛力彩芽、第9回大会(2003年開催)グランプリ受賞の河北麻友子、第13回大会(2012年開催)グランプリの吉本実憂、第14回大会(2014年開催)グランプリの髙橋ひかるの5名が登壇いたしました! 現在、ご応募受付中です!どうぞ積極的にご参加下さい。 たくさんのご応募、お待ちしております。 そんな中、将軍綱吉の娘、鶴姫が死去。 世継ぎの座がいよいよ綱豊に。 綱豊は家宣と名を変え、将軍後継者となる。 喜世も側室として古牟(こん)と共に江戸城西の丸へと居を移す。 そこには正室の熙子(川原亜矢子さん)がいた。 横には熙子の息がかかった側室須免が。 子を亡くした熙子は早く世継ぎを生むよう迫りながら、懐妊競争の一番乗りは須免にと、喜世を警戒する。 そんな中、喜世は浅野家のために殿へある嘆願を…。 次期将軍と目される甲府宰相綱豊の奥御殿の女中となったきよ。 さっそく教育係の江島に御殿女中として厳しく仕込まれる。 浅野家のように女中として殿に仕えるつもりのきよだったが、老中柳沢に送り込まれた側室候補であることを、知る筈もなかった。 すぐに殿の閨(ねや)へ呼ばれるが、きよはまさか自分がと動揺する。 閨では思わず拒否してしまい、殿に帰される。 大失態を江島に叱責されるが、翌日も呼ばれることに。 しかし殿はきよに…。 吉良邸討ち入りから年が明けても、赤穂浪士の処分は下されなかった。 きよは助命嘆願の伝手を求めて動く。 そんな時、きよを訪ねてきたのは、十郎左衛門がお預けとなっている細川家の家来、堀内だった。 堀内は十郎左が大石らと共に穏やかに過ごしていると様子を伝える。 大事なお守りと称すあるものを肌身離さず持っているとも。 互いの存在を感じあう二人だが、切腹の処分が下される。 十郎左が死座の最後まで離さなかった物とは…。 武井と中村さんは、この夏に放映されたテレビドラマで共演。 【武井咲コメント】 隼人さんがドラマで共演したときとは全く違う姿なので、楽屋で会ったときに通り過ぎてしまいそうになりました(笑)。 きよ(武井咲)も駆けつけた。 この目で十郎左衛門(福士誠治さん)らが本懐遂げる姿を見届けようと、きよとその兄、善左衛門(大東駿介さん)や條右衛門(皆川猿時さん)ら討ち入りには加われない者たちが、門の外で耳を澄ます。 突然しんと静まり返った次の瞬間、かちどきが上がった。 門が開き、出てきた隊列の中に、愛しい十郎左が。 点呼のための蜜柑を渡しながら、近寄るきよ。 最後の言葉を交わした十郎左は消えていく。 そして…。 文化庁は、神奈川県の鶴岡八幡宮や福岡県の太宰府など各地にある37の文化財の価値を、広く国内外に発信してもらうため、各界で活躍する著名人7人を日本遺産大使に任命しました。 武井は20年の東京五輪に向け、伝統文化や地域の歴史など日本の魅力を発信する役割を担う。 武井は、「時代劇に出演したり、ロケに行くと、歴史を知ることで、あらためて日本のすばらしさを感じます。 私もすばらしさを知って、世代への情報発信や東京オリンピックを見据えて、海外にも伝えていきたいです。 まずは私自身がその地に足を踏み入れ、本物を自分の目で見ることが大事だと思います」と意気込みを語りました。 そこで十郎左は「そなたは生きろ」ときよに告げる。 そして、赤穂浪士が立ち寄る堀部家へ駆けつけると、誰もが、きよが上杉家から抜け出してこられたことを驚き、喜んだ。 村松三太夫(中尾明慶さん)も、きよに、残していく弟の事を託して出て行く。 そして、十郎左もやってくる。 二人の思い出の琴の爪を、自分の代わりにときよは渡す。 ついに決行となり、きよは…。 2017年に先駆け、12月8日(木)オスカープロモーション恒例の晴れ着撮影会が、東京・白金台の八芳園で行われ、2016年、様々な方面で活躍し注目を浴びた武井咲、剛力彩芽、河北麻友子、本田望結、吉本実憂、小芝風花、髙橋ひかる、岡田結実、藤田ニコル、是永瞳というオスカープロモーション所属若手タレント総勢10名が出席いたしました! 今年は寒空の下、快晴の青空と空模様にも恵まれ、屋外での撮影となり、艶やかな晴れ着姿で登場した10人は、晴れ着の感想や今年1年を振り返っての感想、来年の抱負などについてコメントいたしました。 裾に配置された竜田川文様や乱菊の金色が洗練された印象を深めます。 「毎年恒例のイベントに立てて感謝です。 (これまで)赤とかが多かったので今回、こういうクラシカルなお着物を着られて、とても新鮮な気持ちです。 2016年はたくさんの作品に恵まれた1年でした。 NHKのドラマで時代劇をやらせていただいたり、不倫ドラマをやったり、声優をしたり、幅広くお芝居ができてとても恵まれています。 来年は今よりもっともっと頑張らないと。 体調管理だけはしっかりしたいです。 」また、着物については「歌舞伎とか舞台をお着物で観に行かれる方が多いと思うので、そういう経験もしてみたいですね」とコメント。 最後に「本日は寒い中ありがとうございました。 この晴れ着撮影会というのは、代々伝統としてあるものだと思うので、今、こうしてここに立てていることに本当に感謝しています」と語り、「こうしてみんなで切磋琢磨して頑張っていけたらいいなと。 来年もよろしくお願いします」とあいさつしました。 今作にて実写パートに出演の武井咲が舞台挨拶に登壇しました! 実写パートでバレエ教室の先生を演じた武井は「(出演オファーの際)最初はどんな妖怪をやるんだろうと思いました」と笑いを誘い、最近出会った妖怪については「楽しみに(冷蔵庫に)とっておいたアイスクリームがなくなることがある。 妹の妖怪かな」と話し、映画については「アニメと実写を行ったり来たりってどんな映画になるか想像がつかなかったけれど、自分の街にジバニャンたちがやって来たような見たことのない映画でした」と笑顔を見せていました。 赤穂浪士の誰も知らないその顔をきよは確認する。 そして、討ち入りと狙いを定めた日、吉良が屋敷にいないとの情報を得る。 危機一髪、連絡係の毛利(泉澤祐希さん)に知らせることが出来たきよは、決行の日が決まったら知らせてほしいと頼む。 前日には約束の木に印をつけ知らせると毛利は告げる。 富子(風吹ジュンさん)と共にいる吉良は、噂とは別の顔を見せ、きよを動揺させる。 そこには夫婦、親子の姿と苦悩があった。 そんな中、きよはついに……。 きよを演じての感想については「もともと時代劇の経験も少なく、所作のところから躓いていたんですけど、何とかきよを演じながら自分自身も成長していっている気がしています」と胸を張り、「この役は私にしかできないという自信を持って、引き続き頑張って行きたいと思っています」と意気込みを語りました。 また、ストーリーの展開上、15話あたりからキャストがガラッと変わるそうで「皆さんクランクアップされた方が多くて寂しい気持ちです」と吐露しつつも、「それまでは男だらけの中に1人私がいるような感じだったんですけど、皆さんとてもよく話しかけてくださったり、緊張をほぐしてくれて、きよの周りには優しい人しかいなくて、おかげ様で順調に撮影を進めて行けています」と感謝の気持ちをコメント。 吉良上野介邸への討ち入りに向かって新しい展開を迎えるシーンをどのような気持ちで演じたかを問われた際には「想像もできないというか、あの時代の人たちは本当にこんな風に生きていたのかと思うところがたくさんあって、想像でしかないんですけど、感覚で演じているような気がしています」と話し、「(恋人の)十郎左衛門と忍び合ったり、お話をしていく中で築き上げた2人の関係があって、きよはそれを強く思っている人なので、それを1番に感情の中に留めておいて、十郎左衛門とお芝居をしてみてどう感じるか、というその場の感じで演じているような気がしています」と打ち明けていました。 きっとみんなの町にジバニャンがやってくるような、そんな映画になるんじゃないかなと思いますので、ぜひ楽しんで観てください。 富子は実家である上杉家の下屋敷で暮らしていた。 きよに課されたのは上杉家の動向と、浪士の誰も知らない吉良の顔を見ること。 きよの予想を裏切り、富子との日々は穏やかだった。 しかし吉良はなかなか富子の元に現れない。 そんな中、上杉家を継ぎ当主となった吉良夫妻の長男、綱憲(柿澤勇人さん)が病に倒れ富子のもとに移される。 かいがいしく看病する富子の姿に、きよの脳裏に思わぬことが…。 江戸各所に潜んでいる浪士たちの動きも活発に。 その頃十郎左衛門(福士誠治さん)は生死の境を彷徨っていた。 父のもとに戻っていたきよ(武井咲)だったが、たまらず十郎左衛門の元へ。 懸命に看病するきよと十郎左衛門の姿は、きよを想う三太夫(中尾明慶さん)にも夫婦とうつる。 意識の混濁した中で十郎左衛門は「吉良を討たねば」という言葉を絞り出す。 それを聞いたきよは、自分も浅野家の家臣として、同志の一人としてあることを決意する…。 吉良(伊武雅刀さん)が隠居したとの情報に、仇討ちを急がねばと江戸の浪士たちの間には緊張が走る。 限られた二人の時間をかみしめるきよだが、見知らぬ男に後をつけられる。 道場に駆け込み難を逃れたが、十郎左衛門には言えない。 その時酒屋へはなんと三太夫(中尾明慶さん)が来ていた。 きよと三太夫の縁談は先延ばしになったまま刃傷事件で立ち消えになったが、三太夫の気持は変わらない。 三太夫が言い出しのは…。 兄妹と偽った二人の初めての暮らしはぎこちない。 赤穂では大石内蔵助(石丸幹二さん)が赤穂城の開城を決めたが、あだ討ちを主張する十郎左衛門らは対立する。 同じ志を持ちながら力を合わせようとしない家臣たちをまとめるため、きよが動く。 赤穂城を開城するか、抗議の切腹か籠城かと、大石内蔵助(石丸幹二さん)と重臣らが対立する。 大石に談判しようと赤穂へ出かけた十郎左衛門(福士誠治さん)は、業を煮やす。 一方父の元に身を寄せるきよ(武井咲)は、十郎左はもう生きて戻ることはないのではと、命を懸けた忠義を思い知る。 それならば死の直前まで添い遂げたいというきよの覚悟を知った父・元哲(平田満さん)は、言わないつもりだったことを告げようと…。 泉岳寺では、十郎左衛門(福士誠治さん)が髻を切り、殿のあだ討ちを口走る。 尋常でないその姿に、きよは自分も同じ使命のため力になりたいと申し出るが、拒まれる。 内匠頭は即日切腹、浅野家はお取りつぶしとなる。 阿久利は何よりもまず、殿が命をかけた吉良への刃傷は成功したのかにこだわった。 きよは武士の妻たる阿久利の真の姿を見た。 十郎左衛門はきよに対し「何もかも無になった。 私のことは忘れてくれ」と告げる。 混乱の家中で、阿久利に寄り添いながら、十郎左が殿への忠義から死のうとしているときよは直感する。 そして…。 それでもきよの願いを聞き入れた阿久利に、心から尽くしたいと思う。 一方、十郎左衛門は内匠頭にきよとの結婚を言い出せない。 不吉な日蝕で明けた元禄14年、内匠頭は朝廷からの使いを接待する勅使饗応役に任命される。 指南役は吉良上野介。 173センチの長身で、小学生のときから取り組む空手は2段の腕前。 今回のコンテストに応募したキッカケについては、「小学校・中学校・高校・大学と空手を続けています。 大学ではミスコンテストでグランプリをいただき、人目に触れるお仕事はこんなに素晴らしいものなんだと気付いたのがキッカケです」と明かし、最終審査には「選抜されたすごくキレイな人たちばかりだったんですけど、ここまで来たら自分のすべてを包み隠さず出そうと思っていました」という気持ちで挑んだとそうで、グランプリと聞いたときの心境を聞かれると「大きなこと過ぎて頭が付いて行かなかったです」と振り返り、「でも、ちょっとずつ時間が経つにつれて、今まで信じて応援してくれていた家族の顔だったり、空手を教えてくれていた恩師の顔を思い出して、感謝の気持ちでいっぱいになりました」とニッコリ。 今後の夢については「第1回というこのコンテストの重みをしっかりと受け止めてレッスンに励みたいと思います」と気合を入れ、「2020年に東京オリンピックが開催されて、空手が種目に選ばれました。 なので、国民の皆さんの応援や声援を直接伝えられる架け橋になるようなリポーターや、スポーツに関わるお仕事に就きたいと思います。 また、料理も得意なので、それも生かして頑張ります」と目を輝かせました。 そんな是永の印象について武井は、「とってもキレイです。 20代コンテストということで、いつもの美少女コンテストとは違う、落ち着いたというか、堂々とされている感じがします」と絶賛し、先輩としてのアドバイスを求められると「今日の記者の方たちの数を見て、注目度を感じました。 事務所を信じて、夢を持って頑張っていれば、叶えてくれる人たちはいっぱいいると思うので、本当に頑張ってほしいなと思います」とエール送り、剛力は「楽しむことが何より」、河北は「私のようなこんな感じでも仕事ができています。 支えて受け止めてくれる人がいっぱいいるから安心して仕事をして」とアドバイスしました。 ようやく外出の機会が巡ってきたと思ったら、訪ねた仙桂尼(三田佳子さん)が切り出したのはきよの縁談だった。 相手は同じ浅野家に仕える村松三太夫(中尾明慶さん)。 困ったきよを待ち構えていた十郎左衛門は、殿(今井翼さん)にきちんと話して二人の婚儀を許してもらうとプロポーズする。 縁談があることを言えず、追い詰められたきよは、阿久利(田中麗奈さん)の前に進み出て…。 同じ頃、十郎左衛門もきよの縁談を知り…。 鼓で競演したのは見知らぬ家臣、十郎左衛門(福士誠治さん)。 実は幼なじみとの再会だったのだが、この時、きよの運命は大きく動いた。 殿の寵臣との身分違いの秘められた恋。 一度は身を引こうとしながらも、きよは周囲の反対を押し切り、この恋に賭ける。 一年後、偶然未亜が手に取ったティファニーのアンティークジュエリーが再び二人を巡り合わせることに…? ついに最終回!果たして未亜と海里の運命は!? 未亜と海里を取り巻く複雑な人間模様もそれぞれの結末へと向かい、 ついに感動のフィナーレへ…!! 優香(木南晴夏さん)に会社中に不倫を暴露され、とある山のコテージに逃避行をした未亜(武井咲)と海里(滝沢秀明さん)。 幸せな時間は長くは続かず、優香に足取りを掴まれ東京に連れ戻される。 二人は二度と会わないことを誓い、未亜は会社を辞め実家に帰ることに。 敗戦の喪失感から白球に夢を託して立ち上がろうとする教え子たちと、それを笑顔で支えようと奮闘する教師の姿を、生き生きと、鮮やかに演じます! 『瀬戸内少年野球団』は、生涯手がけた作詞は5000曲以上という昭和を代表する作詞家、阿久悠氏の自伝的小説として1979年に誕生し、夏目雅子さん主演・篠田正浩監督で1984年に映画化。 原作の上梓から37年、映画化から32年の時を経た2016年、武井咲という新たなヒロインのもと作品が再び動き出します。 今回のスペシャルドラマでは、直木賞候補ともなった原作をより忠実に再現。 舞台となる兵庫県淡路島で敗戦を迎えた少年少女たちの目を通して、絶望感、喪失感、無力感から、野球をすることで生きる力を取り戻していく人々の姿を生き生きと描いていきます。 その中で、武井が演じる中井駒子は、子供たちの憧れの美人先生であり、戦後すさんでいく子供たちの心を危惧し、子供たちと日々真剣に向き合う、心優しい先生です。 子供たちに夢と希望を持つ力を与えようと、明確なルールにのっとり、チームが一丸となって一つの白球を追う真剣勝負のできる野球を教えていきます。 武井いわく、駒子の明るさは「子供たちの大きなエネルギーと、みんなが前を向いて一生懸命生きようとする希望にあふれたこの作品の象徴」。 教壇で、グランドで、子供たちのために奮闘する武井版駒子の輝きが、平成の現代にあっても、見る人の心に希望の火を灯していきます! 劇中で荒廃する少年たちのヒロイン的存在となる海軍提督の娘・波多野武女には、本田望結が決定!武井と本田の共演は今回が初めてです!武女は紅一点として野球団にも所属し、武井演じる駒子先生とともに可憐なユニフォーム姿を披露。 そんな彼女が入れあげる旅芸人役に、映画版で阿久悠の分身とも言える少年の竜太を演じた山内圭哉さん、駒子の夫の両親役に大杉漣さんと高橋恵子さんほか、えなりかずきさん、平泉成さんといった彩り豊かなキャストが出演。 特に感動したのは、子供たちが頑張って野球の試合をしている姿。 役を通り越して胸を打たれました。 最後は、ありがとうという思いで子供たち全員に手紙を書かせていただきました。 演じるにあたり映画を拝見しましたが、今では難しいような衝撃的な表現があって、今回のドラマではどうなるのかな?と思ったのと、ただただ夏目さんが美しくて…。 この方が演じられた役を私がやるという緊張感はものすごいものでした。 この作品は、子供たちの大きなエネルギーと、みんなが前を向いて一生懸命生きようとする希望にあふれています。 その象徴でもある主人公の駒子をどこまで明るく描けるかが、とても大事になると思って演じさせていただきました。 子供たちの元気とか笑顔とか感動は、自然に出てきたものだからこそ、どんな人の心にも届くお芝居になっていると思います。 私が演じながら感じていたことが、見てくださる皆さんの心にも届くことを願っています。 望結ちゃんが笑ってくれるとみんなうれしくて、男の子も調子に乗って笑わそうとしていましたね。 芝居ではスッと集中していて、望結ちゃんからも勉強することがありました。 気持ちが揺らがぬうちにと、さっそく宮沢と共に未亜の母・鈴子(小林幸子さん)の元へ挨拶に行くことに。 一方の海里も、優香(木南晴夏さん)と共に歩むことを決める。 それぞれ別の道を歩みだした未亜と海里だったが、 偶然、優香が海里の財布から、未亜から返された合鍵を見つけてしまったことをきっかけに、 再び運命の歯車が動き始める——。 かわいいいでしょう、私の生徒です」と誇らしげに紹介し、涙ぐむひと幕もありました。 会見では、「江坂タイガース」の紅一点、波多野武女役の本田望結のビデオメッセージをきっかけに、8人の子役が元気よく駆け足で入場。 子役を代表して、足柄竜太役の坂田湧唯がお礼の手紙を朗読し、皆で寄せ書きしたボールを武井に贈りました。 寄せ書きボールを素手キャッチに成功した武井は大喜び。 会見後、「泣くまいと思っていたけど、うれしくて涙が出ちゃいました」と喜びました。 会社に辞表を提出するが、仕事で東京に戻ってきていた海里と偶然会ってしまい、 どうしても心が揺らいでしまう…。 一方の海里も、未亜ともう一度話したいと思い悩んでいた。 海里を追いかけて大阪に向かう未亜だったが、そこには数々の困難が待ち受けていた…。 更に、宮沢の元彼女・志保が現れ、新たな三角関係が勃発!? 果たして、未亜と海里は再会することができるのか!? 怒涛の大阪編、開幕!】 海里(滝沢秀明さん)と手を繋いでいるところを優香(木南晴夏さん)に目撃され、恐ろしい修羅場を経験した未亜(武井咲)。 泣き崩れる未亜を抱きしめたのは、宮沢(中村蒼さん)だった。 「ずっと側にいたい」ということばに、未亜の心は揺れる…。 あくる日、未亜に一言も告げず、海里は突然大阪に転勤してしまう。 連絡を取ろうとする未亜だったが、海里は優香に携帯を管理され、身動きが取れない状態だった。 不安に駆られる未亜。 そんな中、大阪支社でトラブルが。 宮沢の助け舟もあり、急遽宮沢とともに大阪へ飛び立つ未亜。 とっさに宮沢と婚約していると嘘をつき、急遽宮沢が呼び出される。 一方、その隠し撮り写真を見てしまった海里の妻・優香の取った行動とは…??】 海里(滝沢秀明さん)とのプライベートでのツーショット写真を盗撮された未亜(武井咲)。 ティファニージャパン社長・嘉次(松平健さん)にその写真を突きつけられ、 海里を守るため、とっさに宮沢(中村蒼さん)と婚約していると嘘をつく。 周りは祝福ムードだが、未亜と海里は以前よりも更に人目を忍ばねばならなくなってしまう。 さらに未亜に大阪転勤の話が持ち上がりーーー? そんなある日、未亜の母・鈴子(小林幸子さん)が未亜・あかり(水沢エレナ)・千明(トリンドル玲奈さん)の住むシェアハウスを訪れる。 どうやら、未亜にお見合い話を持ちかけにきたようだが、未亜は結婚だけが女の幸せではないと反発する。 病院では夜巡回していると不可解な音が聞こえたりといろいろなことが起きたがそれにも慣れたつもりでいた。 しかし想像もつかない恐ろしい出来事に亜由美は襲われることになるのだった。 それは一人の小学生の女の子、藤木麻友(豊嶋花さん)が入院した日から始まった。 少女は一心にスケッチブックに病院の見取り図を描いていた。 そしてある部屋をさして、一言「死ぬ」とつぶやく。 一体何が起きようとしているのか。 波乱の人生を描く愛のサクセスストーリー。 鮮烈な初恋から、身分違いの障害を乗り越えようとするヒロインきよ。 恋に生きると心に決めた、その時、刃傷事件が起こる。 恋しい礒貝十郎左衛門ら47人の赤穂浪士と共に、討ち入りには参加できない48人目の忠臣としての、きよの運命が動き出す。 みごと赤穂浪士が討ち入りを成功させた後は……それは、きよの第2の人生のスタートでもあった。 男たちも成し得なかったことのため、遂には、江戸城大奥へ。 きよの愛しい人、礒貝十郎左衛門には福士誠治さん。 きよの許婚、村松三太夫に中尾明慶さん。 そして、浅野内匠頭は今井翼さん、妻の阿久利は田中麗奈さん、堀部安兵衛は佐藤隆太さん、大石内蔵助は石丸幹二さん、仙桂尼に三田佳子さんなど、豪華キャストみなさんでお送りします。 きよの運命を最後まで見ていただければ幸いです。 想い合っているのに、すれ違う二人の気持ち。 そんな中、海里の誕生日が明後日に迫っており…?】 何者かに背中を押され、階段から落ちた未亜(武井咲)。 搬送先の病院でうなされるなか、海里(滝沢秀明さん)に手を握られる夢を見るが、目が覚めると、手を握っていたのは宮沢(中村蒼さん)だった。 海里は、交通事故に遭って以来意識不明だった妻・優香(木南晴夏さん)が意識を取り戻したため、優香のそばを離れることができなかったのだ。 そのことをお見舞いに来たあかり(水沢エレナ)、千明(トリンドル玲奈さん)から知らされ落胆する未亜だったが、同時に、離婚の話が進展するのではと淡い期待を抱く。 あくる日、半ば強引に連れられ、広報部長・向井(神野三鈴さん)とともに優香のお見舞いに訪れた未亜。 しかし優香は事故の後遺症で記憶を失っており、離婚する予定であったことをすっかり忘れてしまっているようで…? 一方、あかり、千明、久野(中村隼人さん)の三角関係もヒートアップ! 千明と久野の関係を知り、久野の担当をおりると言い出したあかり。 ベッドに横たわる優香の姿を見て、未亜はますます海里の気持ちが分からなくなる。 一方、ティファニー広報部ではクリスマスジュエリーのPRを行うことが決定。 未亜は、ベストセラー作家のhiroにPR用の短編を書いてもらうよう頼みに行くが、必死の依頼も虚しく、マネージャーの和田に門前払いされてしまう。 そこに偶然通りがかった宮沢(中村蒼さん)が、hiroと直接交渉できるよう取り計らってくれることになったが、その交換条件として、宮沢と二人きりで夏祭りに行くことに。 その姿を、あかり(水沢エレナ)、千明(トリンドル玲奈さん)、久野(中村隼人さん)と共に会場に来ていた海里に目撃されてしまう。 その帰り道に宮沢と歩いていたところを、偶然海里に目撃されてしまう。 そんな中、未亜は海里と二人きりで出張に行くことになり!? 海里(滝沢秀明さん)への思いが募る未亜(武井咲)は、「私を、愛人にしてください」と告白するが、海里は仕事の付き合いという態度を崩そうとしない。 しかも海里と遥香(橋本マナミさん)が「あの子」について口論している姿を目撃してしまう。 まさか海里に娘が…ショックから立ち直れず、から元気で仕事に没頭する未亜。 そんなある日、広報部が一丸となって臨んでいた、カジュアルジュエリーのキャンペーンが役員会議で中止となり、頓挫してしまう。 消沈する広報部員一同だったがそんなある日、未亜と海里は、外からこっそりティファニー店舗の様子を窺う少年(吉沢亮さん)と出会う。 少年は、未亜がいつも身に着けているオープンハートのネックレスを好きな女の子にプレゼントし、告白しようと計画していたのだ。 】 ストーカーと化した元彼の陽太(高橋光臣さん)に襲われそうになった未亜(武井咲)。 海里とのキスの余韻に浸る未亜だったが、後日、海里が妻らしき人(橋本マナミさん)と仲睦まじげに歩く姿を目撃してしまう。 海里の本心が分からず、落ち着かない日々を送る未亜…。 そんなある日、広報部で懇意にしているカリスマスタイリスト・森丈一(駿河太郎さん)に、誤って違う日にちに誕生日プレゼントを贈ってしまい、そのお詫びに行くことに。 交際中の彼氏・山下陽太(高橋光臣さん)からプロポーズされた際に貰ったエンゲージリングを見つめるが、その表情は切ない。 なぜなら、仕事が天職で生きがいだと思っている未亜は、「仕事を辞め、実家に付いて来て欲しい」と言う陽太の一方的な提案を受け入れる気持ちになれず、その申し出を断ろうとしていたからだ。 そんな時偶然、子供が手放してしまった風船を取ろうとした男性とぶつかり、指輪を無くしてしまう。 焦る未亜だったが、リングはその男性のズボンの裾の折り込みに挟まっており、無事見つけ出すことに成功。 未亜にとって、たとえ返してしまうものだとしても、指輪は人の想いを繋ぐ大切なものだった。 数日後、研修の一環で広報部に来た、自社の副社長・三好海里(滝沢秀明さん)の顔を見て未亜は驚く。 なんとその副社長は、迎賓館でぶつかり、ともに指輪を探した男性だったからだ。 しかも彼の教育係として、未亜は行動を共にすることになる。 数々の困難に遭遇しながらも奮闘する未亜の仕事ぶりに対し、「せいせいするほどやってみろよ、天職なら」と、時に厳しく、時に優しく見守ってくれる海里。 そんな海里に未亜は少しずつ心惹かれていく。 そんなある日、未亜は突然、ストーカーと化し社内に乗り込んできた陽太に襲われる。 震えて逃げる未亜だったが、そこに居合わせた海里に助けられ、キスされてしまうーー。 「仕事も恋愛も両立させたいというのは女性なら誰しも思うのかなと思います。 恋愛だからこそ生まれるエネルギーみたいなものが、きっと女性は必要なのではないかと思います」と主人公を演じて実感したことを言葉にしました。 火曜ドラマ「せいせいするほど、愛してる」(TBS系)は、7月12日(火)よる10時からスタートです。 ティファニー全面協力のもと、連続ドラマを撮影するのは今回が初めてで、実際の店舗でも撮影を行い、毎回ニューヨークらしい洗練された表情を放つ、様々なジュエリーを身につけたキャラクターが登場します。 また、実際にティファニーのイベントが行われた会場を借りて、総額約46億円のハイジュエリーに囲まれての撮影も敢行しました。 ドラマのストーリーと合わせて、物語をスタイリッシュに飾る美しいジュエリーにも注目ください。 武井咲は「もともとティファニーは大好きなブランドだったので、広報役を演じられるのはすごく嬉しかったです。 素敵なジュエリーを身に着けられたり、実際の店舗で撮影させて頂いたり、女子としてもテンションが上がります。 毎回たくさんのジュエリーが見られるので、ファッションにも是非注目してご覧ください!」と呼びかけました。 敗戦の喪失感から白球に夢を託して立ち上がろうとする教え子たちと、それを笑顔で支えようと奮闘する教師の姿を、生き生きと、鮮やかに演じます! 『瀬戸内少年野球団』は、生涯手がけた作詞は5000曲以上という昭和を代表する作詞家、阿久悠氏の自伝的小説として1979年に誕生し、夏目雅子さん主演・篠田正浩監督で1984年に映画化。 原作の上梓から37年、映画化から32年の時を経た2016年、武井咲という新たなヒロインのもと作品が再び動き出します。 今回のスペシャルドラマでは、直木賞候補ともなった原作をより忠実に再現。 舞台となる兵庫県淡路島で敗戦を迎えた少年少女たちの目を通して、絶望感、喪失感、無力感から、野球をすることで生きる力を取り戻していく人々の姿を生き生きと描いていきます。 その中で、武井が演じる中井駒子は、子供たちの憧れの美人先生であり、戦後すさんでいく子供たちの心を危惧し、子供たちと日々真剣に向き合う、心優しい先生です。 子供たちに夢と希望を持つ力を与えようと、明確なルールにのっとり、チームが一丸となって一つの白球を追う真剣勝負のできる野球を教えていきます。 武井いわく、駒子の明るさは「子供たちの大きなエネルギーと、みんなが前を向いて一生懸命生きようとする希望にあふれたこの作品の象徴」。 教壇で、グランドで、子供たちのために奮闘する武井版駒子の輝きが、平成の現代にあっても、見る人の心に希望の火を灯していきます! 劇中で荒廃する少年たちのヒロイン的存在となる海軍提督の娘・波多野武女には、本田望結が決定!武井と本田の共演は今回が初めてです!武女は紅一点として野球団にも所属し、武井演じる駒子先生とともに可憐なユニフォーム姿を披露。 そんな彼女が入れあげる旅芸人役に、映画版で阿久悠の分身とも言える少年の竜太を演じた山内圭哉さん、駒子の夫の両親役に大杉漣さんと高橋恵子さんほか、えなりかずきさん、平泉成さんといった彩り豊かなキャストが出演。 特に感動したのは、子供たちが頑張って野球の試合をしている姿。 役を通り越して胸を打たれました。 最後は、ありがとうという思いで子供たち全員に手紙を書かせていただきました。 演じるにあたり映画を拝見しましたが、今では難しいような衝撃的な表現があって、今回のドラマではどうなるのかな?と思ったのと、ただただ夏目さんが美しくて…。 この方が演じられた役を私がやるという緊張感はものすごいものでした。 この作品は、子供たちの大きなエネルギーと、みんなが前を向いて一生懸命生きようとする希望にあふれています。 その象徴でもある主人公の駒子をどこまで明るく描けるかが、とても大事になると思って演じさせていただきました。 子供たちの元気とか笑顔とか感動は、自然に出てきたものだからこそ、どんな人の心にも届くお芝居になっていると思います。 私が演じながら感じていたことが、見てくださる皆さんの心にも届くことを願っています。 望結ちゃんが笑ってくれるとみんなうれしくて、男の子も調子に乗って笑わそうとしていましたね。 芝居ではスッと集中していて、望結ちゃんからも勉強することがありました。 武井咲は、テレシアについて「しっかりものの学級委員長みたいな女の子なので、声だけで表現する難しさがあった。 うまくいったと思っても、聞き返してみると違うなと。 たくさん時間をかけてやらせていただきました」とアテレコ時の裏話を披露しました。 幼いころからドラクエにはなじみがあったといい、「両親がゲームをしているのを見ていました。 声優に選ばれたことに、びっくりしました」と親孝行をかなえたことと完成の喜びを語りました。 とある企業の広報部で働く主人公・栗原未亜(武井咲)が恋に落ちたのは、自社の副社長・三好海里(滝沢秀明さん)。 しかし三好は既に妻を持つ立場だった…。 この二人の禁断の恋愛を軸に、複雑に絡み合う人間模様ーー。 物語には、未亜のライバル会社の敏腕営業マンであり、海里の最大の恋敵となる宮沢綾(中村蒼さん)、未亜のルームシェア仲間で、出版社に勤務、恋愛に奥手な真咲あかり(水沢エレナ)、同じくルームシェア仲間で、モデルをしており恋に奔放、独占欲が強い美山千明(トリンドル玲奈さん)など、個性豊かな人物たちが登場し、それぞれの恋模様も展開していく。 主演を務める武井咲は、2007年に雑誌「セブンティーン」で専属モデルとしてデビューして以来、ドラマや映画・CMと幅広い分野で活躍中です。 理想的な女の子だなと思うと同時に、いろいろなことに対して必死にもがいており、同じ20代の女性として共感しながら演じています。 今まではいわゆる「ラブコメ」のような作品が多く、今回のような大人のラブストーリーというのはあまり経験がなかったので、楽しみです。 ですがその反面、私にできるのだろうかと不安な気持ちもあります。 まだまだ手探りの状況ですが、未亜の純粋な想いや、働く女性の輝きなども表現していければと思います。 将来性や原石発掘を目的に10代を対象として開催されているコンテストとは異なり、美しさが磨かれ輝きを放出するダイヤモンドのように輝いている20代を探すコンテスト『第1回ミス美しい20代コンテスト』を開催します。 20歳~29歳の独身女性(2016年8月31日現在)であればプロアマ問わずご応募可能で、グランプリには、賞金200万円ほか受賞特典が! 武井は「20代にスポットをあてるコンテストは珍しいと思う。 20代には10代には出せない魅力、知性や品格があると思う。 新しい自分の可能性を見いだせるきっかけになれば。 」「夢と希望を持って挑戦してほしい。 同年代のいいライバルの女性をお待ちしています!」とアピールしました。 また、3人は『全日本国民的美少女コンテスト』出身者。 中学1年の時に受けた武井は「(応募動機は)賞金200万円です。 お父さんがほしいと言ってた車が買えると思いました」と親孝行を告白。 今回の豪華特典に「私も受けたい」と色気を見せるも、アピールポイントを問われると「やっぱり辞退しておきます」と即撤回して会場を笑わせ、自身の応募のきっかけを振り返りました。 応募は7月20日 水 まで。 続けて、劇中のキャラクターの誰に守られたいかが話題になると、共演者の山田孝之さんが武井に接近して静かにアピールするも、武井は「やっぱり小吉さんですね」と伊藤演じる主人公を指名し、会場を盛り上げました。 「テラフォーマーズ」は、貴家悠さん作、橘賢一さん画の大ヒットマンガが原作。 西暦2599年の火星を舞台に、テラフォーマー(人型のゴキブリ)と昆虫の能力を持った人間たちが繰り広げる激しい戦いを描きます。 武井が、挨拶でマイクを手に話し始めようとすると、ファンから「咲ちゃーん」と歓声があがり、「ありがとうございます」と笑顔を見せると、会場より「ファイトー」のかけ声が。 武井は、照れながらも「一発」とサービス精神旺盛で拳を握りながら応じました。 イベントでは、作品の内容にちなみ「脅威的な存在」を尋ねられると、武井は「あまりいないですね。 敵を作らないように生きています」と悩みながらも「母親かな」と回答。 MCの「頭が上がらない?」といった問いかけに、苦笑いを浮かべていた。 また、この日の舞台挨拶は全国123館の映画館にてライブビューイングが行われ、生電話企画を実施。 出身地である愛知県名古屋市の劇場と電話がつながると、武井は「おばあちゃんの家から近い」と笑顔。 地元の話題になると「ごはんがおいしいです。 味噌カツとかひつまぶしとか」と故郷を懐かしみました。 同作は累計発行部数1,600万部を突破した人気同名漫画が原作。 三池崇史監督のもと、原作の単行本1巻収録分にあたる「バグズ2号編」を基にストーリーが展開され、武井はカイコガの能力を持つ設定で、特殊な手術で昆虫の能力を備えて変異し、人類の敵テラフォーマーズと戦う宇宙船乗組員を演じます。 さらに、その様子を全国の上映劇場(一部除く)で同時生中継も決定しました! 来場者から質問を募集し、なんと舞台挨拶中にキャスト・監督自ら皆さんに生電話でお答えします。 私はもともと原作を読んでいたので、映像になると聞いてテラフォーマーがどんな状態で出てくるのかなと素直に思いました。 また、自分自身特殊メイクが初めてなので大変ですけど、カメラを通してどういう風に映っていくのか楽しみで仕方ないです。 武井は、肩から胸にあしらわれた黒のラッフルフリルが特徴的な、インパクト抜群の白のアシンメトリートップスに、スカートも半分がモードなドット柄のプリーツ、半分は鮮やかなブルーという個性派なロングドレスで登場し、会場に華を添えました! 作品にちなみ、「男性には守られたいか、守ってあげたいか」という質問が女性陣に投げかけると、武井は「守られたい!」と即答。 続けて、劇中のキャラクターの誰に守られたいかが話題になると、共演者の山田孝之さんが武井に接近して静かにアピールするも、武井は「やっぱり小吉さんですね」と伊藤演じる主人公を指名し、会場を盛り上げました。 「テラフォーマーズ」は、貴家悠さん作、橘賢一さん画の大ヒットマンガが原作。 西暦2599年の火星を舞台に、テラフォーマー(人型のゴキブリ)と昆虫の能力を持った人間たちが繰り広げる激しい戦いを描きます。 なくなり次第終了となりますのでご了承下さい。 早速、火箱はAM105を直接、使用することになる患者、松田幸司(小出恵介さん)の病室に持ち込む。 松田の担当医、稲垣大道(平山祐介さん)と宮崎智尋(武井咲)もいた。 その時、火箱と話の合う松田の様子に、宮崎は2人を友人にさせようとする。 一方、岸は火箱から預かったAM105の症例報告書を精査していた。 すると、気になる箇所が見つかる。 それは新東京医療センターでの症例だった。 患者は薬によって腫瘍が消えたことになっていたが、退院後は受診していない。 岸は細木まどか(小雪さん)から森井久志(野村周平さん)がこの病院で働いていることを聞いていた。 帰り際の森井を待った岸は、患者の情報を教えて欲しいと頼む。 中熊薫(北大路欣也さん)は、アミノ製薬が怪しいことをしていると岸に忠告。 岸は火箱を呼んで、症例報告書が改ざんされているのではないかと問いただす。 しかし、火箱は否定。 すると、岸は森井に調べてもらった患者の件を火箱に伝える。 新東京医療センターで治験を受けて退院した患者は、2日後に多臓器不全で亡くなっていたのだ。 傍らで話を聞いていた宮崎は、AM105の副作用を疑う。 信じがたい火箱だが、治験情報の全てを把握してはいない。 真相を知っているのは部長の間瀬辰人(髙嶋政宏さん)だけだ。 火箱は患者が本当に亡くなったのか確かめると飛び出した。 会場に横付けされたリムジンから、共演者らと颯爽と現れた武井は、足元にはスリットが入り、肩から胸元にかけてと背中を大胆に露出したフォーマルなドレス姿で登場!! ステージ上であいさつをする場面になると、「みなさん、寒い中ありがとうございます」とまずは観客をねぎらうと、雨と風が吹き込む肌寒い野外イベントだったため「衣装、失敗したかな?」と本音をのぞかせ、おどけて笑いを誘う場面も。 伊藤英明さん扮(ふん)する主人公・小町小吉に信頼を寄せる秋田奈々緒役の武井は、劇中では体にフィットしたバトルスーツ姿も披露しており、「何ミリという単位で採寸されていて、すごくぴったりで、体型維持が大事だなって(と思った)」といい、「特殊メークも初めてで、大変でしたが、楽しかったです」と撮影を振り返りました。 いつも以上に患者に肩入れしてしまう宮崎に、岸は忠告をするが…。 そんな中、火箱の会社であるアミノ製薬が怪しい動きを!! 】 岸京一郎(長瀬智也さん)は、宮崎智尋(武井咲)を助手に剖検(遺体を解剖して病気などを詳しく調べること)を実施。 今回は細木まどか(小雪さん)が担当していた患者だった。 作業を進めながら、岸は宮崎に剖検の意味を尋ねる。 死因の解明と予期せぬ病変の発見と答える宮崎に、岸は未来の誰かの命のためだと付け加えた。 一方、アミノ製薬の火箱直美(松井玲奈さん)は自社が開発した抗がん剤の治験協力を得ようと中熊薫(北大路欣也さん)に会っていた。 抗がん剤AM105の効能を熱く語る火箱だが、中熊にはあっさりと断られてしまう。 その頃、火箱の上司、間瀬辰人(髙嶋政宏さん)は料亭で会社に協力的な医師を接待。 AM105の治験を頼む間瀬に、その医師は協力を表明する。 いつものように病理診断科の朝が始まるが、いつもとは違う。 技師の森井久志(野村周平さん)が岸と半ば仲違いしたまま、辞めてしまったからだ。 新たな技師も来たのだが、もともと5人分とも言われる仕事量をテキパキとこなしていた森井には遠く及ばないため、仕事は溜まっていく一方。 その頃、森井は新たな病院で技師として働いていた。 岸の病理とは違い、残業などをこなさなくても良い条件なので、医師を目指す勉強も進められる。 その病院を森井に紹介したのは火箱だった。 そんな時、宮崎の幼馴染、松田幸司(小出恵介さん)が検査入院。 検査の結果、松田は重篤ながんだとわかる。 結果を知った松田は自分に効きそうな抗がん剤、AM105を探し出した。 中熊薫(北大路欣也さん)に強制的に連れ出された岸の学生たちへの言葉は辛辣。 しかし、そんな岸を出羽カナ(恒松祐里さん)という学生が見つめていた。 その頃、病理診断科では、森井久志(野村周平さん)が1人で仕事をしていた。 そこに、細木まどか(小雪さん)の女性外科から複数の検体が送られてくる。 森井が作業を始めると、火箱直美(松井玲奈さん)がやって来た。 部外者が部屋に入ったことが岸にバレたら怒られると慌てる森井をからかい、火箱は去るのだが…。 次の日、岸と宮崎が帰ってきた。 鋭く部外者が部屋に来たかと問う岸に、森井は何も変わりなかったと答える。 岸はそれ以上詮索せず、森井が用意した女性外科の検体を調べる。 岸の病理診断で細木まどかの患者は問題なかったが、同じ女性外科の柳原亮子(森口瑤子さん)の患者にがんが発見され手術をすることになる。 一方、病理診断科に中熊がカナを連れてきた。 先日の勉強会でカナは病理に興味を持った様子。 案の定、自分は面倒を見ないと無視しようとする岸。 しかし、カナは岸に自分から接近していこうとする。 柳原の患者の手術が始まり、術中迅速病理診断のために検体を岸が診る。 だが、組織にがんは認められない。 説明を聞いた柳原が怒鳴り込んで来た。 これでは医療ミスになってしまう。 しかもその患者は、定年間際の恩師の受け持つ最後の患者。 岸は、患者を、そして心折れかけている恩師を救えるか!? 】 岸京一郎(長瀬智也さん)は、かつて世話になった定年間近の放射線診断医、高柴善太郎(志賀廣太郎さん)に宮崎智尋(武井咲)を預ける。 岸はその件を宮崎本人には伝えなかった。 呼吸器外科のカンファレンスに1人で出向いた宮崎は、医師の診療方針に意見する高柴と出会う。 岸とは正反対の低姿勢で発言し、医師にさらなる検査を納得させる高柴に宮崎は注目。 そんな宮崎を高柴は放射線診断科に招待して仕事を説明する。 一方、岸は佐田直人(津田寛治さん)に引っ張られ経営会議に出席。 佐田は病院理事長(志賀圭二郎さん)に病理の診療相談外来の開設を褒められるが、人員整理を含めたさらなる経費削減を求められる。 その夜、宮崎が森井久志(野村周平さん)、火箱直美(松井玲奈さん)と出かけた居酒屋に佐田がいた。 そして、宮崎は高柴が佐田の指導医だったことを知る。 宮崎は高柴と消化器外科のカンファレンスで顔を合わす。 細木まどか(小雪さん)もいた。 細木が胃がんを発見した患者、北山奈央(ハマカワフミエさん)の診療方針が議題だからだ。 奈央を担当した副院長でもある岡崎(中丸新将さん)は、早期胃がんだったためESD(内視鏡治療)を行ったと説明。 しかし、肝臓への転移が疑われるため、化学療法後の切除をする方針だと言う。 高柴や細木、そして宮崎も再検査を求めるが、岡崎は応じない。 その様子を岸が見ていた。 岡崎は奈央の化学療法を始める。 だが、奈央の肝臓のがんと思われる病巣は、大きくなっていた…。 医師の岸京一郎(長瀬智也さん)と宮崎智尋(武井咲)が担当するのだが、初日から雲行きが怪しい。 患者と会わなくて済むから病理医となったと口にする岸に我慢できるかどうかは疑わしい。 森井久志(野村周平さん)は1日ぐらい大丈夫だろうと予想するが、細木まどか(小雪さん)は半日も持たないと断言する。 案の定、岸は間もなく病理診断科に戻ってきてしまった。 相談外来を提案した中熊薫(北大路欣也さん)と佐田直人(津田寛治さん)もあきれてしまう。 何より迷惑なのは1人で相談外来を任された宮崎だった。 その宮崎のもとに、須藤由美が、娘の玲奈を連れてやって来た。 玲奈の薬が何度も変わることに不安を覚える由美だが、宮崎には治療も薬の処方も妥当に思える。 そこに中熊が現れ、すぐに玲奈の状況を的確に当てた。 感心する宮崎に、中熊は自分なりの患者の見方を見つければ良いと助言する。 翌日、宮崎1人の相談外来に紹介状なしで、梅木みゆきが訪ねて来た。 みゆきは、急病で入院した息子の診断が次々変わるので、どうしたら良いかわからないと宮崎に訴える。 宮崎は担当医の紹介状をもらってきて欲しいと伝えた。 みゆきは早速、息子の担当医、奈良井に紹介状を頼む。 しかし、奈良井の表情は曇って…。 諦めかけた小早川に、語りかける岸の言葉とは??】 岸京一郎(長瀬智也さん)は、宮崎智尋(武井咲)が診断した結果を女性外科のカンファレンスで発表するよう指示。 自分の診断を初めて発表することになった宮崎は気合が入る。 しかし、居合わせた細木まどか(小雪さん)に楽しみだとからかわれると、宮崎は緊張するので止めてほしいと頼む。 宮崎はあがり症で、子供の頃のピアノ発表会などでも緊張したそう。 ピアノという言葉に反応した佐田直人(津田寛治さん)に、宮崎は院内コンサートの出演スタッフにされてしまう。 そんな夜、森井久志(野村周平さん)が帰ろうとすると、これから腫瘍内科に入院する小早川洋行(安田章大さん)という患者に会う。 入院なのに笑顔の小早川に森井は違和感を覚えた。 その後、主治医と会った小早川は緩和ケア科への転科を承諾。 小早川は余命宣告された患者だった。 翌日、森井は岸に小早川のカルテを見せてもらう。 小早川は岸の病理診断でも治癒が望まれる病気ではなかった。 話を聞いていた宮崎も自分や森井と同年代だと動揺。 カルテを見ていた岸は、ある抗がん剤を試していないことに気づく。 森井は興味を示すが、宮崎はその抗がん剤は特定のがんにしか効かないと言う。 また、岸は保険が効かない薬なので大変に高価だと補足した。 買い物に出かけた森井は、再会した小早川と一緒に出かける。 途中、人生でやり残したことはないが、唯一、音大に入って作曲したかったと話す小早川。 それも今の状態ではと諦めている小早川に、森井は…。 dTVでは、映画の前日譚となるオリジナルドラマを制作。 世界観を再現するために映画と同じセットを用いて撮影を行い、映画では描けなかったストーリーを、三池崇史監修・山口義高監督を迎えて描きます。 dTVオリジナル「テラフォーマーズ/新たなる希望」のキャストには、映画出演キャストに加え、本作にしか登場しないオリジナルキャストなど、様々なドラマでも主役級を務める豪華俳優陣が一堂に集結。 dTVオリジナル作品史上随一の豪華キャストが、個性溢れるキャラクターを熱演しています。 原作で描けなかった物語をdTVが完全オリジナルドラマ化! 本ドラマの舞台となるのは、火星に向かう宇宙船「バグズ2号」に乗船するのにふさわしい人間を決定する適性検査を実施する、とある研究施設。 候補者たちは皆、クソみたいな人生から抜け出すために火星行きを決断。 主人公・小吉 伊藤さん は、幼馴染の奈々緒 武井 との新しい人生のため。 ある者は妻子への償いのため、そしてある者は明かされることのない陰謀のため・・・。 彼らは15人に選ばれるため仲間を裏切り、陥れる争いを繰り広げていく。 そして、直面する適合手術の失敗、そして新しく手にする力の片鱗。 果たして、誰が火星に降り立つことができるのか・・・。 一刻を争う時間の闘いの中、患者には変化が訪れる・・・医師として、人としても母と娘の命の選択に向き合う」 岸京一郎(長瀬智也さん)が病理診断科に出勤すると、宮崎智尋(武井咲)が病理の本を広げて勉強中。 宮崎を褒める岸は、この日行われるアミノ製薬の勉強会に出てみないかと持ちかける。 仕事があると断ろうとする宮崎に、岸は豪華な弁当が出るとあおり、今日の仕事も自分が全部やると請け負った。 そこまで上司に勧められれば断る道理はない。 早速、宮崎は出かけることに。 そんな岸を、森井久志(野村周平さん)は半ばあきれて見ていた。 外科医の細木まどか(小雪さん)は患者の安田春香(中越典子さん)の病室にいた。 子宮の検査結果を聞く春香に、細木はまだ出ていないと答える。 そして、細木は悪性腫瘍の場合、子宮全摘手術が必要と説明。 すると春香はもう一人子どもが生みたいと細木に訴える。 勉強会の会場で、宮崎は火箱直美(松井玲奈さん)に岸は来ないのかと聞かれる。 代わりに来たと言う宮崎に、火箱が焦りだす。 岸は講演を頼まれていたのだ。 火箱から講演の代行を頼まれる宮崎だが務まるはずもなく、慌てて帰ろうとするが…。 岸は春香の病理診断を迷っていた。 そこに宮崎が怒りながら戻ってくる。 実は岸の講演予定を知っていた森井が尋ねると、宮崎は会場にいた中熊薫(北大路欣也さん)が代行してくれたと答えた。 春香の診断に迷う岸は、中熊に相談。 中熊は岸の診断を肯定も否定もしない。 それでも岸は細木に自分の診断を報告する。 その報告が岸と細木の仲違いを生んでしまうことに…。 岸に歩み寄ってくる、医者が登場。 病気の原因が出せなくて繰り返される内視鏡検査、患者の負担は増すばかり・・・岸は正しい診断が出せるのか!? 】 岸京一郎(長瀬智也さん)が電話口で相手を怒鳴りつける病理診断科の朝。 細木まどか(小雪さん)も顔を出す。 電話を終えた岸は、宮崎智尋(武井咲)に診断を受け持つように指示。 診断のチェック方法を尋ねる宮崎だが、岸は確認しないと言う。 戸惑う宮崎に、細木や森井久志(野村周平さん)は何の助け舟も出さない。 宮崎が岸に意見しようと追っていくと、ロビーで白根由希子(原田佳奈さん)、智文(清水伸さん)夫婦に会った。 大腸の内視鏡検査を受けるという由希子を宮崎が案内する。 岸は消化器内科のカンファレンスに出席。 宮崎が遅れて会議室に入ると、いつものように医師の報告に文句をつける岸。 しかし、今回は岸の意見に最初から同意する中西篤也(中村俊介さん)が現れた。 その中西が病理診断科に来た。 これから内視鏡検査を行う由希子の最初の疾患鑑別を岸に求める中西。 中西自身は回盲部(小腸と大腸のつなぎ目付近)に何かあると見ているが、岸は答えない。 それでも岸に診断を任せると言う中西。 由希子の内視鏡検査が行われ、組織片が病理診断部に送られてきた。 クローン病を疑う中西だが、岸は確定できないと答える。 その後も中西は何度も由希子の内視鏡検査を行うが、岸は病気の確定をしない。 そんな時、宮崎は中熊薫(北大路欣也さん)と昼食。 岸と中西の話をする宮崎に、中熊は苦笑い。 その夜、宮崎は森井に誘われる。 少しドキドキの宮崎だが、居酒屋で火箱直美(松井玲奈さん)という女性を紹介されて…。 しかし、岸は宮崎に何かを教えようとする素振りは全くない。 また、宮崎は森井久志(野村周平さん)からも自分は技師だから助言はしないと言われてしまう。 そんな部署なので、今までに来た医師はすぐに辞めていた。 部長の佐田直人(津田寛治さん)は、こんな状態だと科がなくなると岸を諭す。 だが、岸は別の病院へ行くだけだと意に介さない。 病理診断科に細木まどか(小雪さん)が来た。 昨日のコンパの成果を聞く森井に、細木は10秒で帰りたくなったが5分我慢したと答える。 岸は細木の10秒という言葉に何かを思う。 岸は宮崎を救急救命へ使いに出す。 昨日搬送された患者、大塚洋治(林和義さん)についての岸の判断だ。 救命医の倉木浩介(藤本隆弘さん)は急性アルコール中毒と診ていたが、病理診断科に伺いを立てたのだ。 宮崎は倉木に要件を伝える。 岸は詳しい診察が必要と促していたが、倉木は自分の診断を曲げようとしない。 挙句、倉木は岸からの書類をゴミ箱に捨ててしまった。 病理診断科に戻って憤り、頃合いを見てもう一度倉木に掛け合うと言う宮崎を岸はバカ呼ばわり。 岸は倉木が考えを変えるような医師ではないと断言。 戸惑う宮崎に、岸は決定的証拠を突きつけなければいけないと告げる。 すると宮崎は、席を空けると言って飛び出してしまった。 宮崎は大塚が営む時計店に、彼の妻、佐知代(宮地雅子さん)を訪ねて行く。 イベント前のインタビューでは、「2012年に参加したときは、クリスマスイルミネーションがとてもきれいでした。 でも緊張して、ミッキーマウスやミニーマウスに圧倒されてしまいました。 (笑)今回は前回と異なる演出ということでとても期待していますし、楽しくできたらいいなと思っています。 」と心境をコメント。 グリーティングドライブの直前には、ダッフィーと直接触れ合えるグリーティング施設「ヴィレッジ・グリーティングプレイス」にて、武井とダッフィーと念願の対面が叶い、記念撮影が実施され、自身が監修したダッフィーとおそろいの衣装で登場!「私も同じデザインの衣装を着ることが決まっていたので、男女共通で着られるカラーを選びました。 素材選びから関わっています」と、こだわりポイントを紹介しました。 そして、スペシャルプログラム「グリーティングドライブ」がスタートすると、武井はミッキーマウスとミニーマウスと一緒にオープンカーに乗って登場!メディテレーニアンハーバーの周りをアメリカンウォーターフロントまでゆっくりと移動しながらグリーティングを行いました。 ドライブ終了後の会見では、「少し寒かったのですが、すごく楽しかった!観客の皆さんが手に持ったライトをふってくれたのでとてもきれいでした。 さらに皆さんからパワーをもらえて、呼びかけていただいた声も聞こえました。 ミッキーマウスやミニーマウスの仲間に入れてもらえたのがうれしかったです。 時間があっという間に経ってしまって、毎日したいくらい楽しかった。 またすぐにでもやりたいです!」と感想を語りました。 一方、今年迎える自身のデビュー10周年については「今までは仕事で知らないことが多くて、一生懸命やるしかなかったところもありましたが、これからはもっとこの仕事が好きになれるように、楽しんでやっていければいいなと思っています。 何年か先の目標を決めるということよりも、いま集中している仕事に充実感や、ワクワク感を感じたいと思っています」と仕事への決意も新たな様子。 そして最後に、パレードを終えた今の気持ちを第一生命の『武井咲「今日の一句」』にちなんで俳句で聞かれると、「ディズニーシー、ミッキー・ミニーと咲ハッピー」と詠んで、イベントを締めくくりました。 そんな岸に医師の宮崎智尋(武井咲)が心をつかまれる。 「フラジャイル」は、草水敏さん原作、恵三朗さんが作画を手がけるマンガが原作。 武井は新米病理医・宮崎智尋(みやざき・ちひろ)役を演じます。 会見で「撮影中のエピソード」を聞かれた武井は、「長瀬さんと野村くんは、ずっと車やバイクの話をされて盛り上がっています」と明かしました。 また、主人公の偏屈な性格にちなみ「人から変だと指摘されたエピソード」を聞かれ、「母にはよくいわれます。 人と群れないとか、女子会とかすごく苦手です」と照れながらコメントしました。 制作発表の様子はドラマ公式サイトでも掲載中です! ドラマは13日から毎週水曜午後10時から放送。 元気だがおっちょこちょいで、長瀬智也さん演じる主人公の病理医・岸京一郎に振り回され続ける日々。 病理医としての知識も経験も乏しく、時に重責に押しつぶされそうになることもしばしば。 しかし患者の命を救いたいという、ひたすらまっすぐな情熱と純粋さが、リスクを恐れぬ行動へ突き動かし、知らず知らずのうちに、病理医として成長を遂げていく」という役どころ。 偏屈な岸と純粋な宮崎の、時にクスッとしてしまうようなやり取りも、このドラマの大きな見どころとなっています。 患者の血液や排泄物、細胞、体液などを分析し、そのデータをもとに病気を診断する病理医が題材となる本作『フラジャイル』は、「マンガ大賞2015」の候補になり、2014年11月より約1年で4巻まで発刊しているコミックの累計は45万部にのぼる、現在「アフタヌーン」(講談社)で連載中の勢いのある最注目医療同名漫画が原作。 そしてそれを演じる豪華キャスト陣。 長い歴史を数えるテレビドラマ史上最も強烈で唯一無二の突出した「個」を持つ、 新しい真のヒーロー・岸京一郎! 豪華キャストが集結し、まったく新しい医療エンターテインメントになること間違いなしの、 この冬一番の注目作、『フラジャイル』に、乞うご期待です! 【武井咲コメント】 《初共演となる長瀬さんの印象について》 「すごく優しい人だなっていう印象でした。 私が(リハーサルで)緊張していたのを感じ取ってくださり、同じ目線で芝居を探り探りやってくださり、優しかったです。 また、長瀬さんが出演されていたドラマは好きでたくさん見ていたので、今回共演できることをうれしく思います」 《宮崎智尋をどう演じていきたいか?》 「宮崎は仕事をまっすぐに頑張る女の子なので、そこを見せていけたらと思います。 岸先生とのやり取りが宮崎らしさを一番出せるところだと思いますし、人間らしさみたいなものも見せていきたいです」 【2016年1月13日放送!第1話あらすじ】 岸京一郎(長瀬智也さん)は、壮望会第一総合病院において厄介者として有名な病理医だ。 そんな岸に医師の宮崎智尋(武井咲)が心をつかまれる。 武井咲が、12月3日(木)オスカープロモーション恒例の晴れ着撮影会に、剛力彩芽や忽那汐里らオスカープロモーション所属タレントと共に出席いたしました! 今回はあいにくの空模様のため、屋内の金屏風の前での撮影となりましたが、晴れ着の感想や今年1年を振り返っての感想、来年の抱負についてコメントしました。 」 ・今年1年を振り返って:「今年は私の中で、少し余裕を持てるようになった年かなと思ってます。 」 ・来年の抱負:「来年は、ドラマを撮影してまして、いい年を迎えられそうかなと思います。 ドラマ・映画など出させていただくことをうれしく思いますので、一つ一つ丁寧にしっかりやっていきたいと思います。 」 【晴れ着】個性的なグリーンに様々な和花が多彩に咲き誇る華やかな振袖。 クラシッククテイストなカラーがインパクトとともに品格を奏でます。 「JTBスポーツ」のイメージキャラクターを務める武井は、「JTB SPORTS」の新ロゴマーク入りのTシャツ姿で登場し、「部活動でバスケットボールとバドミントンをしていました。 この間、友だちと卓球をやったんですけど全然できなくて……。 自分の下手さにびっくりした。 」とエピソードを明かし、この日一緒に登壇していた「JTBスポーツ」に所属する卓球の松平健太選手に「後でコツを教えてください! 」と笑顔を見せていました。 また、現在イングランドで開催中の「ラグビーワールドカップ2015」で、日本対南アフリカ戦、スコットランド戦を観戦したという武井は、「ラグビーはちゃんと見たことがなかったんですけど、あんなに命を削って戦うスポーツがあるんだと感動しました」と大興奮で、「ラグビーのファンになりそうです」とすっかり魅了された様子。 続けて、旅についての話題では、「いつ休みになるか分からないので、空いたらすぐに飛び出しちゃう。 予定も決めずに行きたい場所に行きます」「日本にいると、人と一生懸命にコミュニケーションをとる機会もないし、自分がフラットな状態でいられることもない。 旅は貴重な経験になってます」と笑顔でコメントしていました。 ついに建前だけの組織に対し立ち上がる…! どうぞご覧ください!! 【最終話あらすじ】 保科(小泉孝太郎さん)との結婚願望が日に日に膨らんでいく英美里(武井咲)。 にもかかわらず、英美里は保科が18歳のモデル・塩野レナ(松井愛莉さん)と食事をしているところを目撃してしまい、内心穏やかではない…。 そんなある日、「帝都物産」に「女性登用推進部」が新設されることになった。 総務部長の高山(竹中直人さん)は、この新たな部署の部長に総務部次長・浅野(吹越満さん)を推薦。 常務取締役の権藤(風間杜夫さん)は、まずまずの反応を示す。 もちろん、高山からこの話を聞いた浅野も、すっかり乗り気の表情だ。 ところが、権藤は一筋縄ではいかない男。 なんと、いきなり新部長に百合子(稲森いずみさん)を抜擢したのだ! 自分が女だから抜擢されたと考えた百合子は「これは男性へのセクハラだ」と反論。 だが、二枚舌を巧みに使う権藤に寄り切られ、結局は女性登用推進部長の座に就くことに。 百合子が適任だと考えていた英美里は、この人事に大きくうなずくが、男性スタッフたちの心中は複雑で…。 そんな中、百合子は部員集めに取りかかることに。 希望者を募る一方で、優秀な女性をリストアップすべく、個人情報を集めてランク付けを始める。 一方、保科は英美里に、女性登用推進部員へ立候補するようアドバイス。 ところが英美里は、以前の彼女からは想像もつかないような言葉を返し…!? その矢先のこと。 当然、百合子と保科の関係を知らなかった英美里も動揺を隠せない。 そんな中、ミカ(原幹恵)がいつもベッタリだった総務課の女性軍団と離れ、英美里に接近してきた。 実は、ミカは来年の春から心臓外科医として働く男性との結婚が決まったばかり。 そのことを報告した途端、一番仲の良かった総務課員・心音(内藤理沙)の態度がよそよそしくなったというのだ。 しかも、幸せの絶頂にあるミカは心に余裕ができ、英美里に対しても腹が立たなくなったという。 「恋愛の最高の着地点は結婚」と、声を弾ませるミカ。 その言葉に感化された英美里は、保科との結婚願望を膨らませていく。 だが、誰とも結婚しない主義の保科は相変わらず、結婚の意志などこれっぽっちも見せず…。 それもそのはず、百合子は内心、自分の不倫相手である保科(小泉孝太郎さん)が英美里とこっそり付き合っているかどうか確かめようと、躍起になっていたのだ。 遠回しに探りを入れる百合子、そんな彼女を警戒する英美里…。 結局、2人は終始ギクシャクしたまま、話は平行線をたどるばかり。 百合子は決め手となる確証を得られず、疑惑だけをさらに深めていく。 その翌日から、嫉妬心に絡め取られた百合子が、陰湿なパワハラを開始した! 英美里に任せていた仕事を次々と取り上げ、ほかの総務課員たちに振り分けていったのだ。 自分がなぜ百合子の怒りを買い、こんな仕打ちに遭っているのか…。 百合子と保科が禁断の関係にあることなど知らない英美里は、明確な答えが見つからず、ただただ困惑する。 そんな中、常務取締役の権藤(風間杜夫さん)が本格的な女性登用プロジェクトを立ち上げると宣言。 ついては総務が主体となり、システムや環境の整備を進めてほしいという。 その案をあろうことか、総務部次長・浅野(吹越満さん)が自分のアイデアだと偽って、上へ提出し…!? 希望者が後を絶たない「欧州帝都物産ロンドン本社」の部長の座に、総務課長代理・佐田(要潤さん)を推薦したいというのだ! 部下が激戦ポジションを勝ち取ることは上司の手柄にもつながるとあって、高山も百合子も大賛成。 この話を小耳に挟んだ同期の保科(小泉孝太郎さん)も「絶対にロンドンへ行け」と、佐田の背中を強く押す。 もちろん、またとないチャンス到来に佐田自身も大喜び! だがこの話を受ければ、3年はロンドン勤務となるため、多かれ少なかれ家族に犠牲を強いることになる。 イクメンであることに誇りを持ち、出世も顧みず育児をたびたび優先させてきた佐田は、ひとまず妻に相談してみることにするのだが…。 かたや、保科と一線を超えた英美里(武井咲)は、心ここにあらず状態。 保科が百合子と不倫中だとはつゆ知らず、突如始まった恋にすっかり夢中になってしまう。 自分の不倫相手である保科の心が、若い英美里へと向いてしまったのではないか…。 百合子は気が気でならない。 そんなある日、鉄鋼材料課の若手社員・上田俊之(大東駿介さん)が、直属の上司である課長・小森芳樹(光石研さん)のことを相談しに、総務課へやって来た。 小森は人と人とのつながりを大切にする昭和気質の男。 「これはエイジハラスメントだ」と憤慨する上田に、英美里は同意。 というのも、英美里もまた、エクセルを使えない総務部長・高山(竹中直人さん)から仕事を押し付けられ、辟易していたからだ。 だが、小森からも話を聞いた英美里は驚く。 小森は上田の能力を高く買っており、純粋に育てたいがために、時代に関係なく大切な礼儀を教えようとしていたというのだ。 ところが、この一件がビジネスとは関係ない側面で、会社全体を巻き込む大騒動へと発展し…!? 寝耳に水の雑用増加に、総務課のメンバーは当然のごとく後ろ向き…。 結局、いちばん下っ端の英美里(武井咲)がこの専用電話のリーダーに任命されてしまう。 その「ひとまず総務」にさっそく電話がかかってきた。 新しく繊維一課長になった小田みどり(森口瑤子さん)のデスクまで来て、着任手続きをしろというのだ。 本来はみどりの方から総務課に足を運んで手続きを行う決まりなのだが、英美里は仕方なく百合子(稲森いずみさん)とともに繊維一課へと出向く。 実はこの新課長、海外勤務も長く、成果主義のやり手女性。 仕事が抜群にできる半面、やたらと気も強い…。 百合子にも見下すような言葉を、ずけずけと投げかける始末だ。 もちろん直属の部下にも容赦がなく、着任早々に「総合職も一般職も給料分、しっかりと働いてもらう」と宣言。 残業や出張が嫌で一般職を選んだ菊池あけみ(櫻井淳子さん)らの反感を買ってしまう。 だが、英美里はみどりの高圧的な態度はさておき、仕事に対する考え方には共感を覚え…。 やがて、あけみたちが「ひとまず総務」に、みどりの一般職に対するパワハラやモラハラに耐えられないと訴えてきた。 憤る2人の言い分にどうも納得のできない英美里。 しかも入場無料です! 下記の開催概要をチェックの上、ぜひご来場ください。 さらに!ドラマ公式サイトでは、この夏祭りスペシャルトークショーに抽選で100名様をご招待中。 当選された方は当日、優先的にご入場いただけます。 なるべくステージに近い席でキャストに会える、またとないチャンス! 応募フォームより必要事項をご記入の上、ふるってご応募ください。 予めご了承ください。 原作の単行本1巻収録分にあたる「バグズ2号編」を基にストーリーが展開され、三池崇史監督のもと、2016年のゴールデンウィークに公開されます。 武井はカイコガの能力を持つ設定で、特殊な手術で昆虫の能力を備えて変異し、人類の敵テラフォーマーズと戦う宇宙船乗組員を演じます。 私はもともと原作を読んでいたので、映像になると聞いてテラフォーマーがどんな状態で出てくるのかなと素直に思いました。 また、自分自身特殊メイクが初めてなので大変ですけど、カメラを通してどういう風に映っていくのか楽しみで仕方ないです。 総務での仕事は相変わらず雑用ばかりだが、英美里は文句も言わず、地道に仕事をこなす。 そんな中、繊維一課長・山川壮太郎(高杉亘さん)が秘密裏に、妙な動きを見せ始める。 山川は体育会系の人脈で入社したことから、社内で「筋肉入社」とバカにされ続けてきた人物。 上層部からの評判もよく、最年少で繊維二課長に抜擢された保科(小泉孝太郎さん)のことを、一方的にライバル視していた。 その横暴ぶりに困り果てた平本は恐る恐る難色を示してみるが、山川から花形である繊維一課への引き抜きを餌に出されてつい色めき、命令に従い続けることを約束してしまう…。 そんなある日、個人的な理由からイライラしていた山川は「臨時の山川会」と称し、平本や英美里の同期・結城健(鈴木勝大さん)ら、自分の支配下にある部下たちを問答無用で招集。 女の子も連れてくるよう強要された結城はやむを得ず、偶然出くわした英美里を連れていく。 ところが、この会は山川によるパワハラ、セクハラ、カラハラが横行する、とんでもない会で…!? 入社わずか4ヶ月目にして、総務課長の百合子(稲森いずみさん)に辞職を願い出る。 だが、百合子は冷静さを欠いた英美里の心理状態を指摘。 もう一晩よく考えてから結論を出すよう諭す。 その矢先のことだ。 北海道から突然、父・高男(浅野和之さん)が訪ねてきた。 多額の負債で遂に首が回らなくなり、恥を忍んで昔の友人らに金を借りるため、上京したという高男。 ところが会う友人、会う友人から一流商社に入った英美里のことを褒められ、とうとう金の話は切り出せなかったという。 その罰とは、社員家族へのサービスとして毎年行われる夏祭りの企画から準備、後片付けまでを担う係の一員になること。 この係になれば、ありとあらゆる雑用に追われることになる。 しかも、すでに準備は始まっており、途中参加となる英美里への風当りは当然のごとく強い…。 だが、一念発起した英美里に迷いはなかった! 彼女は会場にやって来る子どもたちにも喜んでもらえるよう、オリジナルゆるキャラのお面作りを提案するなど、懸命に仕事へと取り組んでいく。 目まぐるしい日々の中、夏祭りを成功させるために東奔西走し、やりがいを見出していく英美里。 思わぬところで、年齢をめぐる女同士のバトルが勃発! 意に反し、英美里もそのドロドロとした渦の中に引きずり込まれてしまう…。 実家の事業失敗が響き、アメリカでMBAを取る夢はあきらめざるを得なかったが、自分の能力を生かし帝都物産で役員を目指すという高い志と意欲をもって入社した。 だが、英美里は希望していた現場の繊維部門ではなく総務部に配属される。 それでも、実家の借金を返すという使命を胸に、言われた仕事はきちんとこなしていく。 問題は、業務以外の人間関係。 英美里は、月500円を出すコーヒーも飲まず、OLたちとのランチや会合は常にパス。 一方、男性社員は英美里を重用。 といっても、会社案内の表紙やクライアントの接待など、必要とされているのは英美里の若さと美貌だけで、真っ当な仕事を与えてもらえないというエイジハラスメントに英美里は苦しむことになる。 だが、そんな英美里の気持ちが先輩OLに伝わるはずもなく、嫉妬の念は徐々に増大。 陰湿ないじめへと発展していく…。 武井咲が6月29日、東京・六本木のテレビ朝日にて、主演する同局系ドラマ「エイジハラスメント」制作発表に出席しました!! 人気脚本家の内館牧子さんが2008年に刊行した『エイジハラスメント』(幻冬舎)を原作に、自ら10年ぶりに連続ドラマの脚本の筆を執る同ドラマ。 いまだ日本企業にはびこる年齢差別<エイジハラスメント>に敢然と立ち向かう、反逆のヒロイン・吉井英美里(武井)の姿を描きます。 英美里の決めゼリフは、「テメェ、五寸針ぶちこむぞ!」。 衣装のOL制服姿で登壇した武井は、このセリフについて「五寸釘に最初はピンとこなくて、調べたらものすごい画像が出てきた」と苦笑い。 劇中では、言葉にするのもはばかられるせりふが次々と飛び交う痛烈なセリフも多く、「これからも心が痛むようなセリフをたくさん言わなくてはいけなくて、今変な汗がでています。 これまでこういった反逆していく役はなかったので、フラストレーションをためて行って、それをぶつけて行きたい。 力強く戦って行きたい」と意欲をみせました。 「自身がハラスメントを受けたらどうする?」との質問には、「あまり気にしないタイプ。 自分らしく生きていく道を見つけます」とコメント。 また、役作りのためにテレ朝総務部にも体験入社。 「どういう仕事か知らなかったけど、社内の張り紙とか入り口の花の手入れとか全部やってるんです。 会社が成り立つのは総務部のおかげ。 本当に素敵なお仕事だと思ったし、テレ朝の総務部の人は本当にいい人ばっかりでした。 いい経験ができました」と初OLの仕事を楽しんだ様子。 敢然と立ち向かう反逆のヒロインを描く同ドラマにちなみ、この夏、闘うものについて聞かれた武井は「痛烈なセリフと闘います」と女優魂を見せました。 ドラマ「エイジハラスメント」は7月9日(木)初回15分拡大スタート! どうぞお楽しみに!! 武井咲が1日OL体験をしたのは、テレビ朝日の総務部。 目立たないけれども心のこもったお仕事がみんなの役に立っていることがわかって、私まで誇らしい気持ちです。 ただ、安全のために直接人を注意するなど、普通なら背負わなくてもいいことを代表してやらなければならない部分は、気遣いや神経を使うことで大変だと思いました。 中でも、一番大変だったのは会議室のチェックですね。 抜き打ちということもあって相手に不快な気持ちを与えかねないので、ちょっと怖さも感じました。 今回の研修は、私本人の職場体験という気持ちでいましたが、電話の応対とかは、そういう役を演じているんだと思わないと恥ずかしくて出来ない部分もありました。 最後のアナウンスでは、原稿もありましたし、完全に自分をアナウンサーの役に落としこんでいました(笑)。 改めて今回の体験で総務部の方がいらっしゃらないと会社は成り立たないということが実感できました。 派手な仕事ではないかもしれませんが、当たり前に会社で快適に過ごせる環境を作ってくれているのは総務部。 日本人らしい奥ゆかしさと気の使い方は、とてもカッコいいと素直に思いました! 主演ドラマ「エイジハラスメント」は7月9日(木)スタート! どうぞお楽しみに!! この制服こそが、彼女を襲う壮絶なハラスメントのファーストアイテムとなり… 内館牧子さんが2008年に刊行した自著『エイジハラスメント』(幻冬舎)を原作に、自らドラマ脚本の筆を執ります。 武井が演じるのは吉井英美里(よしい・えみり)(23)。 一流商社に駆け込み就職した新入社員。 アメリカでMBAを取る勢いで東京の大学で学ぶも、実家の事業失敗から生活を切り詰めている英美里は、OLたちとのランチや会合は常にパス。 月500円のコーヒーも飲まず、先輩OLたちの不評を買う。 さらに、若さと美貌を持ち合わせているため男性社員からの人気も絶大のため、たちまち女性社員からのいじめ対象に。 ずっと耐えてきた英美里だったが、ついに逆襲に出る。 そして本音の女として、「総務の女王」と噂されるほど自由闊達に動き出す。 旧態然とした会社に反旗を翻したとき、その先に待っているものとは…。 「」 【日時】2015年7月9日(木)スタート! 毎週木曜よる9:00~ 【放送】 【武井咲 コメント】 英美里は多くの方の共感を得られる普通の女性です。 夢や目標をきちんと持って一生懸命に頑張っている彼女が、思いもよらないことでハラスメントの対象になってしまい、曲がったことを押し付けられるのですが、最後には毎回、溜まりに溜まったフラストレーションをスカッと吹き飛ばす筋の通った展開になっています。 これが、新人OLが受けるハラスメントの実態なのだとしたら、ちょっと怖い(笑)ですが、日常では自分が抱いていることも認めたくないような負の感情までセリフにし、映像にしていく作業は面白そう。 これまでテレビ朝日のドラマでは感情を表に出さない役が続いたので、英美里のように感情をぶつけられる役は楽しみです。 人をうらやむ経験は誰にもあると思います。 また、どんな仕事をしていても人と出会っていく中で直面する問題だと思います。 これだけ世の中でハラスメントという言葉が使われているということは、悔しい思いをされている方も多くいらっしゃるはず。 そんなみなさんの思いを代弁する意気込みで、気持ちよく反逆ヒロインになっていきたいと思います。 握手会には限定520人のファンが行列をつくり、武井もとびきりの笑顔。 写真集の企画段階から関わった武井は「どういうものを作るか、一から創造して今日にたどりつきました。 (現物を)見た日は安心したというか、なんだか穏やかな気持ちになりました。 10年後に見た時にも、このフォトブックを自慢できるというか、すてきだなと思っていただけると思います」と出来栄えに自信を示しました。 「うそをつかずに、今の自分を表現したい」をコンセプトに「正直でいたい気持ちが強いので、そういうスタンスをこのフォトブックを通して伝えていきたい」とアピール。 「(4年前の)当時は大人っぽいと見られていたから、頑張っていた部分もあったんだなと(思う)」と振り返り、「お仕事の中でいろんな方に出合うので、たくさん勉強したこともある。 今、フラットな状態でいられるのは変化した部分なのかなと思いますね」と語りました。 フォトブックは、4年ぶりとなる写真集「bloom」(-開花-)と「月刊ザテレビジョン」(同)で連載しているエッセー「えみの素。 」をまとめた小冊子「roots」(-根・ルーツ-)の2冊がセットになっており、これまでの半生や女優業への思い、自身の恋愛観を語ったロングインタビューを収録。 17歳から21歳まで、武井咲の成長のすべてを感じられるフォトブックとなっております。 ぜひご覧ください!! 写真集としては4年ぶりの発行となる「bloom」(-開花-)は、写真家・アミタマリ氏による撮り下ろし。 海辺でのシーンや、部屋でまったりと過ごす姿のほか、街探索やドライブシーンなど武井咲のさまざまな表情を楽しめます。 小冊子「roots」(-根・ルーツ-)は、2011年から「月刊ザテレビジョン」にて連載中の「えみの素。 」から、秘蔵カットを公開するほか、貴重なインタビューを再録。 さらに、これまでの半生や女優業への思い、自身の恋愛観を語ったロングインタビューを収録いたします。 17歳から21歳まで、武井咲の成長のすべてを感じられる2冊組です。 変更はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。 さらに「マラソンが全国15大会ってスゴイですよね。 今住んでいる東京、生まれ故郷の名古屋がちょっと気になります。 8月からはイメージキャラクターとしてCM等で、ランナーを応援するメッセージを発信していきます。 さらに第一生命女子陸上部所属で世界陸上ベルリン大会で銀メダルを獲得した尾崎好美さんら元選手が各マラソン大会でサポートを務めます。 どうぞお楽しみに!! 整理券は枚数に限りがございますので、無くなり次第終了となります。 あらかじめご了承ください。 書店にて整理券を受け取る際に、写真集の代金のお支払をお願いいたします。 また写真集は、当日会場でのお渡しとなります。 詳細は、福家書店・新宿サブナード店の武井咲イベント情報にて必ずご確認ください。 3型ワイドコンバーチブルノートPCとして世界最軽量となるLAVIE Hybrid ZERO(ラヴィ・ハイブリッド・ゼロ)シリーズをはじめとする全8シリーズ47モデルを2015年夏モデルパソコンのラインアップとして発表、2015年5月14日より順次販売を開始しています。 「ギリギリまで緊張しましたが、うまく早着替えができて安心しました」とほっとした様子。 新しいロゴは、以前にくらべてとてもシンプルでスマートでお洒落だなあと思います」と語り、6月下旬よりオンエア予定の新TVCMメイキングも披露され、 「新しく生まれ変わったLAVIEで、パソコンのあらたな楽しみ方を見つけて日常をドラマチックに過ごして欲しいなと思います。 どこにでも持ち運べるアイテムとしても多くの方に使って頂きたいと思います」と、その魅力を存分に語りました。 最新撮り下ろし写真集「bloom」と、月刊ザテレビジョンの連載をまとめた小冊子「roots」の2冊組です。 写真集としては4年ぶりの発行となる「bloom」 -開花-)は、写真家・アミタマリ氏による撮り下ろし。 海辺でのシーンや、部屋でまったりと過ごす姿のほか、街探索やドライブシーンなど武井咲のさまざまな表情を楽しめます。 小冊子「roots」(-根・ルーツ-)は、2011年から「月刊ザテレビジョン」にて連載中の「えみの素。 」から、秘蔵カットを公開するほか、貴重なインタビューを再録。 さらに、これまでの半生や女優業への思い、自身の恋愛観を語ったロングインタビューを収録いたします。 17歳から21歳まで、武井咲の成長のすべてを感じられる2冊組です。 詳細は、後日、、ならびににて発表されます。 また、カドカワオフィシャルストアでご購入頂きますと、ご購入者への特典を予定しております。 また、ファンクラブ会員様を対象とした購入特典も用意される予定です。 内容は決定次第、お知らせいたします。 詳しくは、へ。 豪華版には、メイキング、ノンクレジット・エンドロール、完成披露・初日・大ヒット舞台挨拶、2ショットインタビューなどを収録した特典ディスク付き。 さらにブックレット 16P 封入&初回特典としてポストカード 3枚 封入という豪華特典付きとなっています。 1chサラウンド Advanced 96k upsampling ,ドルビーTrueHD 2. 0chステレオ,[特典]ドルビーデジタル 2. 1ch サラウンド,ドルビーデジタル 2. 0ch ステレオ,[特典]ドルビーデジタル 2. 1chサラウンド Advanced 96k upsampling ,ドルビーTrueHD 2. 1ch サラウンド,ドルビーデジタル 2. JTBイメージキャラクターの武井咲が2015年『JTBの夏旅』応援イベントに出席!! PR大使に任命されました!! 本田は「よろしくお願いします。 今日は咲さんにお会いできるのを楽しみにして来ました」と挨拶、武井から「こちらこそ」と返す微笑ましい場面もありました。 武井は「ハワイに行くとすごく癒されますね。 沖縄も大好きで今年のお正月は家族と沖縄で過ごしましたが、今度はハワイへ一緒に行きたいです。 ハワイへ行くとほんとにやりたことがたくさんあって、よくばりになってしまうんですけど、JTBの夏旅ではそれが全部満喫できて時間も無駄なく満足していただける旅になると思います」と旅の魅力をたっぷり語り、「国内でもいいので一人旅にもチャレンジしてみたいですね」と旅好きの一面をのぞかせました。 CM『一生の宝物 JTBの夏旅 ハワイ』篇/『エースJTBで行くUSJ』篇は好評オンエア中!! CM『一生の宝物 JTBの夏旅 沖縄』篇は5月8日よりオンエア!! さらに出演作『るろうに剣心 京都大火編/伝説の最期編』がMVPに輝きました!! 第三回目となる『ジャパンアクションアワード2015』が3月20日、都内で開催。

次の