コインランドリー開業。 無念…日本政策金融公庫のコインランドリー開業融資の申請に失敗!満額回答ならず

【コインランドリー開業】なめちゃいけない変動費!ガス料金編

コインランドリー開業

コインランドリー 業種別開業ガイド コインランドリー• 2019年 10月 4日 トレンド (1)コインランドリーの市場規模 コインランドリー機器メーカーで売上高トップのアクア(株)によると、日本の洗濯労働市場約5. 2兆円のうち約2%、1,000億円規模がコインランドリー市場であると推計されている。 また、コインランドリーの店舗数は2001年の12,502店舗から、2013年には16,693店舗に増加(出典:「コインオペレーションクリーニング営業施設に関する調査」厚生労働省)している。 以降の店舗数について国の調査は行われていないが、「ランドリービジネスマガジン」(ゼンドラ(株)発刊)によると、2017年には約2万店舗と発表している。 このように店舗数の推移をみると市場は拡大傾向にあり、この背景としては、女性の社会進出増加に伴い家事時間がなくなりまとめ洗い需要が増加したことや、広い駐車場を完備した郊外型店舗が増えたことが挙げられる。 (2)他業態店舗との併設 近年、コインランドリーは、他業態の店舗と併設されて開業されるケースがよく見られる。 カー用品店や食品スーパーなどの駐車場を有する店舗の一角に設けられるケースのほか、コンビニエンスストアと併設されるケース等もある。 このように併設して開業される理由には、コインランドリー利用時の「待ち時間」の間に、併設されている店舗を利用できるなど、併設する店舗にもメリットが見込まれることがある。 また、子供連れの主婦層をターゲットにしたランドリーでは、待ち時間を楽しんでもらうための遊具コーナーや、水槽を設置して「ミニ水族館」コーナーを設けているケースもある。 (3)家事代行サービスとしてのコインランドリー 従来のように利用者が、店舗へ洗濯物を持ち込むだけではなく、インターネットでの申し込み後、宅配便を利用して洗濯物を事業者に郵送し、洗濯を代行してもらう業態も登場している。 洗濯終了後は、事業者が、ランドリーバッグに洗濯物を入れて利用者に届けている。 ビジネスの特徴 コインランドリーの経営には、以下にあげるようなメリットがある。 (ア)粗利率が高く収入が安定している、(イ)出店後は運営が容易で維持管理の手間がかからない、(ウ)変形地や狭い土地でも運営が可能である。 このようなメリットを活かして、遊休地や空き店舗を利用して事業を始めるケースが多い。 また、コインランドリーは洗濯という日常生活に欠かせないサービスであり、景気にあまり左右されず、一度顧客を獲得すればリピーターを見込みやすい業種でもある。 なお、洗濯機や乾燥機を多数設置するため、洗濯機の騒音や振動、乾燥機からの排熱などの発生は避けられない。 コインランドリーは、商圏が狭く地域に密着したビジネスであるだけに、騒音・振動・排熱によって近隣住民に迷惑がかかることが無いよう、当初から配慮して出店することが求められる。 特に、コインランドリーの利用が多い20代男女や主婦層となる30代から40代の女性に好意的に受け止めてもらうことが重要である。 開業タイプ (1)独立型 出店場所やランドリー機器の選定などに手間を要するものの、高収益が期待できる。 (2)FC型 独立型に比べ開業準備は比較的容易であるが、FC本部の選定がポイントになる。 一般的には、FC加盟のための加盟金やロイヤリティーなどがかかる。 なお、コインランドリーの場合、ロイヤリティーに関しては徴収していないFC本部もある。 立地は、アパート・寮などの密集地帯が望ましい。 また、都市部では、駅から徒歩10分圏内の商店街やコンビニエンスストアなどが適性立地となる。 一方、徒歩10分超の立地や郊外であれば駐車場が必須となる。 特に最近では、洗濯機では対応が難しい、掛け布団や毛布を洗うニーズがみられる。 そのため、駅前立地でない限りは布団対応の大型の装置と、駐車場の設置を検討すべきである。 (2)必要な手続き コインランドリーはクリーニング業法の規制対象ではないため誰でも開業できるが、「コインオペレーションクリーニング営業施設」として各自治体の保健所に申請し「検査済証」の取得を求める自治体があるので、出店予定地の最寄りとなる保健所に確認する必要がある。 必要なスキル 出店場所の調査、開店後の巡回や清掃、集金を地道に続ける必要がある。 なお、自らが対応困難な業務がある場合は、FC型での開業を検討したい。 開店後の業務も受託するFC本部も存在するためである。 出典は、東京商工リサーチ「TSR中小企業経営指標」。 収益化の視点 コインランドリーは、洗濯機・乾燥機などの機器により収益を生み出す装置産業である。 一方、機器の高性能化に伴い、洗濯・乾燥という基本的な機能では差を見出しにくくなっている。 したがって、考慮するのは「サービス面でいかに差別化を図るか」ということである。 (1)清潔であること 店内は、女性の利用を想定した店舗の清潔さは特に重要である。 具体的には照明や内装は明るく、採光性が高い大きな窓、定期的な清掃が欠かせない。 かつての独身男性を対象としたコインランドリーは減少傾向にあり、女性目線で見た明るく清潔な店舗でなければ、主婦層に利用してもらえないからである。 (2)治安・風紀への対応 コンビニエンスストアのように外から店内が見渡せることや、防犯カメラなどの設備の導入も考えられる。 無人店舗であれば、付近の住民と見回りの契約を結んでいるコインランドリーなどもある。 FC型であれば、委託による巡回を請け負っているところもある。 また、緊急連絡先を店内に掲示するほか、「衣類の盗難や取り違えには責任を負えない」旨、明示しておく必要もある。 (3)売り逃し(機会損失)の予防 機械の利用方法や故障の際の連絡先などを掲示する配慮が必要である。 また、機械の故障、洗剤販売機の品切れ、両替機のコイン切れなどに注意する。 初夏・初秋の雨季は乾燥機だけを利用したいというニーズが非常に高くなり、稼働率が高くなる半面、空き待ちを嫌がる顧客の売り逃しの発生が避けられない。 そこで、新聞・雑誌、イスとテーブルなどを置くほか、電源、無線LANの設置や飲料などの自動販売機を設置するのもよい。 また、最近ではランドリーの機器もIT化が進んできており、終了時刻をスマートフォンで通知する機能を提供する機器メーカーもある。 これらを活用して、顧客の待ち時間を苦にさせない配慮があると競合コインランドリーとの差別化につながる。 さらに集客力・収益力を高めるには、容量の大きい大型の機器を導入することも必要である。 大型機器を導入することは、布団洗いができるというPRポイントになるほか、単価アップも見込める。 ドライクリーナー、スニーカー専用洗濯乾燥機を併設しているコインランドリーもある。 (本シリーズのレポートは作成時点における情報を元にした一般的な内容のものであるため、開業を検討される際には別途、専門家にも相談されることをお勧めします。

次の

【コインランドリー開業】なめちゃいけない変動費!ガス料金編

コインランドリー開業

コインランドリーを独立して成功させたいと考えている方のために、どのようにして成功させれば良いのか、開業までの流れはどうなっているのかなどについてご紹介します。 気を付けておきたいポイントについてもまとめたので、役立ててみてください。 コインランドリー経営で独立して成功するためのポイント 現在は別の職業に就いているものの、コインランドリーの経営を始めて独立開業したいと考えている方が成功するためのポイントは次の通りです。 立地についてよく考える 現在空き店舗などがあって、それを活用しようと考えている方は良いのですが、これから新たに店舗やテナントを探そうと考えている方は、立地についてよく考えておく必要があります。 当然ながら人がたくさん集まる場所でなければ大きな利益は見込めません。 オープンしてからは簡単に店を移動できないので、よく確認しておく必要があります。 常に清潔さを心がける 洋服を洗う場所ということもあり、清潔なイメージを維持することは非常に重要です。 そのためには定期的に専門業者に清掃を行ってもらうようにしましょう。 この費用を削ってしまったりすると不衛生な印象が付き、お客さんが寄りつかなくなってしまう可能性もあります。 近隣から愛されるお店を目指す コインランドリーを使用するのは遠くの人ではなく、近くに住んでいる方がほとんどです。 一度良くないイメージを持たれてしまったりすると、近隣にその噂が広がって一気にお客さんが飛んでしまう可能性もあるので、愛されるお店を目指すことが成功の秘訣だといえます。 コインランドリーの独立開業までの流れ コインランドリーの経営を始めるにあたり、全体的な流れを解説します。 必要な資格や書類・届け出について 経営を始めるにあたり、特別な資格や技能などは必要ありません。 そのため、初心者でも始めやすいのがメリットです。 必要な書類・届け出についてですが、コインランドリーは「コインオペレーションクリーニング営業施設」というものに該当し、この許可を得るための届け出が必要になります。 許可は各自治体から出してもらう形になるので、自治体指定の書類を保健所に提出しましょう。 この他に、店舗付近の見取り図や配置図といったものの提出を求められることも多いです。 また、許可を出すのは保健所ですが、自治体によっては洗濯乾燥機などから出火する恐れを考慮し、消防車に対して火を使用する設備等設置の届け出の提出を求めることもあります。 全体的な流れ 基本的な独立開業の流れは次の通りです。 立地調査をする• 資金計画を立てる• 具体的な店舗計画・設計• 保健所による検査• オープン オープン前に保健所の検査があり、施設基準を満たしているかチェックされます。 これをクリアしないと開業できないので気をつけておきましょう。 コインランドリー経営で独立する際の注意点 おさえておきたい注意点についても確認が必要です。 ライバル店がある場合は差別化が必要 近隣にすでにコインランドリー施設がある場合は、そこに負けないための対策が必要です。 また、先に自分の店がオープンしたとしても後からライバル店が登場してしまう可能性もありますよね。 そのため、差別化を図ることが重要だといえるでしょう。 できれば新しい機械を導入する 最新の洗濯乾燥機は非常に性能が高くなっています。 初期コストを抑えるために古い洗濯乾燥機の導入を検討する方もいるようですが、あまり古すぎるものは性能が悪かったり時間がかかったりするため、お客さんが離れてしまうリスクを考えておきましょう。 十分な計画を練る 経営で失敗してしまうケースの多くが、事前に十分なシミュレーションができていなかったことにあります。 初めから多額の利益を期待して始めたりすると思わぬ結果に苦戦することもあるので、十分な計画を練ることが大切です。 成功者は多い ビジネスの経験がなかったものの、コインランドリーの経営を始めて成功している方はたくさんいます。 なんといっても利回りの高いビジネスなので、高い利益が期待できるビジネスで独立したいという方もチェックしてみてはどうでしょうか。 今回ご紹介した注意点についても役立ててみてください。

次の

【コインランドリー開業】ちょっと待った!事業計画書は信頼出来ますか?

コインランドリー開業

コインランドリー開業で失敗しないための注意点 コインランドリーの開業で、失敗しないための注意点をご紹介します。 需要があり儲かる立地か調査する コインランドリーを開業するにあたり、開業を考えている土地に需要があるか、 需要があるとしたらちゃんと稼げる立地か調査しましょう。 コインランドリーの開業で 失敗する理由の多くは、利用者がいない立地に開業してしまうことです。 誰も利用しないのに設置しても、土地代と費用が無駄になるだけですので、その土地に住んでいる人がどのような生活をしているか確認することをおすすめします。 さらに、需要がありそうであれば大幅に稼げるかどうか、どのくらい利用されそうか、近くにコインランドリーがあれば観察してみると良いかもしれません。 開業の融資は受けられるかリース費用を確認する コインランドリーの開業において、洗濯機や乾燥機は思ったより費用がかかります。 開業する前には、融資は受けられるかリース費用はどのくらいになるか、確認しておくきましょう。 アパート経営やマンション経営などと比較すると、そこまで高くない金額ですが、 人によっては融資が受けられないケースもあります。 借りて始められないかなど、様々な選択肢を想定して準備すると良いかもしれません。 利回りや事業収支を計算する コインランドリーだけでなく、土地活用を始めたら事業収支についてしっかり考えておきましょう。 周辺の相場も調査して、立地も問題ない場所でコインランドリーを開業したにもかかわらず、失敗するケースも存在します。 そのケースの多くは、 利回りがマイナスとなるような破格の金額で始めるケースです。 稼ぐためにコインランドリーを開業するのであれば、しっかりと 利回りを計算してプラスとなるように事業収支を計算して始めましょう。 それでは、利回りや事業収支を計算するために、コインランドリーの開業にかかる費用をご説明します。 コインランドリー開業にかかる費用 さまざまな土地活用方法がある中で、コインランドリーを開業するためにはどの程度の費用が必要になってくるのでしょうか。 しっかりとお金の試算をして計画を練ることが大切です。 コインランドリー開業までの初期費用 コインランドリーを開業するためには、 総額で約1,000万~3,000万円程度の費用が必要ですが、費用の大半を占めるのが設備費です。 電話などの環境を整えるのに 600万~750万円、洗濯機などの設備に 1,000万~2,000万円、集客のためのチラシ配布や保険などに 10万円程度かかります。 コインランドリーは、洗濯機を置くスペースを確保できれば大丈夫なので、8坪程度でも開業することは可能です。 土地代には、家賃などで100万~300万円程度かかると考えておきましょう。 コインランドリー開業後のランニングコスト コインランドリーでは、店舗の大きさや導入する機器の数などによってランニングコストも大きく変わってきます。 24時間営業のコインランドリーも増えていますが、夜間は無人化しているところも多いため、人件費は固定費と考えるのが妥当です。 また、コインランドリーを開業すると以下の税金もかかってきます。 収入は利回りからどうなるか コインランドリーを開業したら収入がどのくらいになるかは、利回りから計算してみましょう。 利回りの計算式は、以下のとおりです。 初期費用としては、 2,000万円程度必要になりますが、軌道に乗れば4~6年程度で回収できるでしょう。 大型店舗は、駐車場付きのコンビニエンスストアと同程度の大きさで、洗濯機は7~8台、乾燥機は十数台設置することが可能です。 3,000万円ほどの初期費用が必要になりますが、設置機器の数が多いことからも、小型店舗同様に4~6年程度で回収することが可能です。 開業のための費用を融資や補助金で確保 コインランドリーの開業資金は高額ですが、融資や補助金で確保することが可能です。 新創業融資や小規模事業者持続化補助金を利用して、資金を調達することができます。 新創業融資は、日本政策金融公庫が行っている融資ですが、担保や保証なしで融資を受けることができる点が特徴です。 小規模事業者持続化補助金は、従業員数が20名以下という条件があり、 返済義務がなく最大50万円まで補助を受けることが可能です。 ただし、すでに事業を行っていることや商工会議所などからの支援を受けて、経営計画を作成していることなどの条件が付いているので、しっかりと確認しておきましょう。 個人事業主の場合でも、税務署に開業届を提出して、すでに事業を行っている人であれば対象になります。 申請書類が少ない点でも、初めて補助金を利用したいと考えている人には利用しやすい制度といえるでしょう。 コインランドリー開業の流れ コインランドリーを開業しようと思ったときには、どのような手順で始めればよいのでしょうか。 フランチャイズの場合は、知識も豊富な本部の助けを借りてしっかりと準備することが大切です。 複数のフランチャイズ先に契約の相談をする コインランドリーの開業で失敗しないためには フランチャイズの契約先が大切です。 フランチャイズ本部のサポート体制の充実さや実績、立地に合った具体的な経営アドバイスをしてくれるかなど、 複数を比較するようにしましょう。 機器の故障や利用者からの問い合わせなど、開業するとさまざまなことが起こります。 アフターフォローやサポート体制が不十分だと、自分自身が全てに対処しなければなりません。 利用客からの信頼を得て、安定した長期的な経営をしていくためにも、フランチャイズ本部の協力を得て、しっかりと対応できる本部を選ぶようにしましょう。 立地調査 コインランドリーの開業では、立地調査が非常に重要です。 その土地で生活している人のどのくらいがコインランドリーを使用しているか、慎重に確認しましょう。 フランチャイズでコインランドリーを開業する場合は、 立地調査などの相談は無料で行えます。 立地調査では、フランチャイズ本部が専用ソフトを使用して、人口や世帯数、住宅種別などを調査します。 フランチャイズ先によっては、 現地調査を行って車や人の流れ、近隣の商業施設や競合店の有無などを調査し、総合的に判断してもらえるでしょう。 開業の計画書を作成し費用を見積もる 立地調査をしたら、 フランチャイズ本部が提示する売上予測や収支計画を見て、開業するかどうかを判断することがおすすめです。 フランチャイズ本部によっては、調査結果をもとにした 店舗デザインや店内機器の選定、レイアウトなどを提案してもらえることもあります。 フランチャイズ本部の経験豊富なプロの視点で、どのような店作りをしたらよいのかを、相談しながら進めていきましょう。 店舗の施工を行い開業準備 コインランドリーで使用する機器は、とても専門的なものになるため、開業前には 機器の取り扱い方法の説明をしっかりと受けるようにしましょう。 長くきれいに使用するためにも、機器のメンテナンスなどが書かれてあるマニュアルは、必ず読むことが大切です。 また、開業したコインランドリーの経営をしっかりと軌道に乗せるためには、 集客のための広告チラシの配布なども必要です。 フランチャイズ本部のアドバイスを受けて、よいスタートが切れるようにしましょう。 コインランドリー開業 コインランドリーの開業準備を終えたら、念願の開業です。 開業が終了ではなく、ここからがコインランドリー経営の始まりとなります。 開業に際して初期投資した費用を回収し、さらに稼いでいけるように日々工夫していきましょう。 それでは、コインランドリーの開業で失敗せず継続に稼いでいくために、考えておきたいことをご紹介します。 コインランドリー開業で考えておくこと 専門的な知識や技術が必要ないコインランドリーの開業ですが、だれもが間違いなく成功するわけではありません。 コインランドリーの開業において、失敗しないために考えておきたいことをご紹介します。 初期投資は長期計画で回収していく コインランドリー開業には高額な初期費用が必要ですが、その 高額な費用は長期的な視点で回収するようにしましょう。 コインランドリー経営の利益率は10~15%程度といわれています。 一獲千金はありませんが、手堅く収益を積み重ねていくことで、初期費用の回収も可能になります。 コインランドリーは、他の土地活用方法に比べて開業しやすくなっています。 無人経営も可能な店舗になるので、人件費や洗濯機・乾燥機以外の設備費用を抑えるなどして、着実に 黒字経営を行って初期費用を回収しましょう。 収益を維持するために経営努力を続ける 初心者や未経験者でも開業しやすいコインランドリーにおいて失敗しないためには、 ほったらかしにしないことが大切です。 収益が伸びない場合は原因を探る必要がありますが、以下の内容を見直しましょう。 集客面での原因:道路からの認知や駐車場など• 店舗環境:店舗の綺麗さや冷暖房など• 設置設備は妥当か:ニーズに合わないサイズの機械ばかり揃えているなど 上で挙げたようなポイントを見直しつつ、適宜改善点を見つけては改善を繰り返していく必要があります。 どのような改善ポイントがあるのか、きちんと見つけて対策をすることが収益を維持することにつながります。 コインランドリーより有益な土地活用ある 土地活用の方法として一般的なのが、アパート経営や駐車場経営などが挙げられます。 コインランドリー以外の土地活用方法には、どのようなものがあるのかみてみましょう。 どのような土地なのか、立地や近隣状況などによって、最適な土地活用方法は異なります。 土地に合った最適な土地活用方法を見つけることが、開業で失敗しない第一歩といえるかもしれません。 以下の記事では、さまざまな土地活用方法を紹介しているので、それぞれの土地活用方法の特徴やメリットデメリットを知りたい方は参考にしてみてください。 コインランドリーを経営するメリットデメリット 初心者にも始めやすいと言われているコインランドリーですが、土地活用のひとつである以上はメリットとデメリットがあります。 メリット コインランドリーを開業すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。 ここでは、コインランドリーを経営する上でのメリットをご紹介します。 自身で掃除などをしてしまえば、 人件費をゼロに抑えることも可能で、人件費をゼロにできれば、高い粗利率にも期待ができます。 コインランドリーの開業には、 1,000万円以上の設備投資が必要です。 しかし、中小企業促進税制などが利用できれば、本来数年かけて償却する設備費用を即時償却することも可能で、大きな節税効果に期待することもできます。 そのため、コインランドリーが近い住まいの人など、固定客がつきやすい特徴があります。 洗濯は日常生活で必須の作業ですが、洗濯機が不調な場合や自宅の洗濯機で洗えない大物などの洗濯には、コインランドリーを利用する人も多いことでしょう。 コインランドリーではお金を入れなければ洗濯することが不可能です。 よって、 利用料をしっかりと回収することができるので、長期的な現金収入を期待することができ、賃貸経営のような滞納の心配がありません。 本来、新しく開業をする際には、事前に専門的な知識や技術を習得することが多いです。 しかし、コインランドリーの場合は、機器の操作や店舗管理に関するマニュアルや知識、技術を身に付けることができれば安心なので、 未経験の人や初心者の人でも、開業しやすい土地活用方法であるといえるでしょう。 デメリット 一方、コインランドリーの開業にどのようなデメリットがあるのかご説明します。 建物自体は簡素なものですが、 設置する設備の費用が大きな割合を占めます。 コインランドリーの開業では、初期費用で数千万円必要といわれており、トランクルームや駐車場経営といった土地活用の方法よりは、高額になりがちです。 また、 開業しても店舗を認知してもらうまでは、収益に関して不安が残ることでしょう。 事業が軌道に乗っても大きな収益は期待せず、赤字が出ない程度の収益で、長期的な経営ができるように心がけることがおすすめです。 開業すぐの初期費用を抑える方法として、 必要な設備の一部をリースにする方法も有効です。 洗濯機や乾燥機は必要不可欠な設備ですが、両替機や防犯カメラなどの設備はリースして、費用を抑えるのもよいでしょう。 たとえば、両替機の盗難や洗濯・乾燥を利用している洗濯物の中の下着を盗難、無人だからこそホームレスが入り浸ることがあるなどの懸念点が挙げられます。 犯罪が起こりやすいコインランドリーでは、利用客の足が遠のいてしまうことは間違いありません。 犯罪が発生するリスクを軽減するためにも、 防犯カメラを設置して、定期的な見回りをするといった工夫をしましょう。 コインランドリーは、事業内容で 他店との差別化を図りにくい土地活用方法でもあります。 そのため、需要よりも供給が上回ってしまうと、経営事態が厳しいものになってしまうでしょう。 そんな中でも、洗濯や乾燥が終わったらメールなどでお知らせするサービスや、数回分お得になるプリペイドカードや回数券を発行するなど、 固定客を獲得する工夫をすることが大切です。 コインランドリー開業を目指して準備しよう 未経験者や初心者の人でも開業しやすいコインランドリーは、 高額な初期費用が必要な土地活用方法です。 しかし、コツコツと手堅く経営をしていけば、初期費用を回収することも可能です。 高額な初期費用を自力で準備することが難しければ、 金融機関からの融資も検討しましょう。 その際は、金融機関の人を納得させられる事業計画書で、熱意を伝えることが大切です。 無人経営できるコインランドリーでは、自身が掃除などの雑務を行えば 人件費を大幅に削減することも可能です。 黒字経営できるコインランドリーを考えるなら、具体的な収益プランを土地活用のプロに試算してもらいましょう。 もちろん自分だけでも計算はできると思いますが、失敗しないための活用を考える場合には、その道のプロに任せるのが1番です。 ですが、自分で適切な企業を探して相談するのは難しいものですので、必要な情報を入力するだけで 無料で複数社の土地活用プランを比較できる「イエカレ」の利用をおすすめします。

次の