池田 エライザ 田川。 池田エライザ

池田エライザの『高校』は福岡のどこ?出身高校が発覚しました!|ぐりむくんの雑記ブログ

池田 エライザ 田川

連載 「地域映画」は、本当に地域のためになるのか? その4 有田匡広さん(たがわフィルムコミッション/田川市職員)インタビュー 池田エライザ監督と演技ワークショップに参加した田川のみなさん 「食」や「高校生」とのコラボレーションを核に、映画24区が進める地域発の青春映画制作プロジェクト『ぼくらのレシピ図鑑』は2017年、兵庫県加古川市を舞台に安田真奈監督・脚本の「36. 自治体や市民が企画の段階から参加。 脚本作りやロケハンにも協力した映画では、地域の食材や風景が物語とともに記憶された。 そんな『ぼくらのレシピ図鑑』第2弾「夏、至るころ」は、福岡県田川市を舞台に、女優・池田エライザさんが原案・監督、テレビドラマ『文学処女』『青と僕』などの下田悠子さんが脚本を手掛けた。 田川市ではプロジェクトの成功のために、実働部隊となる実行委員会を組織したという。 「夏、至るころ」のプロジェクトについて、田川市建築経済部たがわ魅力向上課の有田匡広さんにうかがった。 この映画は作って終わりではなく、これからまちづくりに活かしていきますので。 有田 平成27年5月に二場公人(ふたば・きみと)田川市長が就任し、翌年4月に観光振興やシティプロモーションを行う「たがわ魅力向上課」ができました。 いろいろ検討するなかで、映画やドラマの誘致がロケ地巡りなどの観光振興に結びつくことを期待して、平成29年4月にフィルムコミッションを立ち上げました。 ちょうどその設立準備をしているときに映画24区の『ぼくらのレシピ図鑑』のリリースを手にしたんです。 当時はまだ第1弾が完成しておらず、未知数なところがあったため、最初は市の内部で企画が通りませんでした。 でも、その間もやりとりをしていたら、福岡県出身の池田エライザさんが『ぼくらのレシピ図鑑』シリーズに興味を持っていて、田川市でやることにも積極的だという情報をいただいた。 それで、再度企画内容を整理して上げたところ、承認を得ることができました。 池田エライザさんというビッグネームがついたことで、少しだけ完成図を想像できる状態になったのだと思います。 ただし、できるだけ市の負担が減るよう、国やその他の助成金を獲得するという条件が付きました。 その後、助成金も得て、本決まりになったという流れです。 田川は7年前から「田川ホルモン鍋」をB1グランプリに出展していましたが、グランプリを獲得していません。 おいしいホルモン鍋のお店も複数ありますが、田川に行ってこれを食べようというほど知られていないし、「これだ!」というお土産もないんです。 田川に来たなら、あれを食べて、帰りにこれを買ってと勧められるような商品を育てたい。 劇中に登場する料理を地域の飲食店で提供し、地域のお土産品として販売して、「あの映画に出た、あのメニューを食べよう」というふうになるといいなと。 パプリカは、ラベルやネーミングを実行委員会や事業者と作り上げて、道の駅やネットサイトで販売したいと思っています。 有田 企画を練り直すにあたり、8つのメリットを挙げました。 その中のいくつかは、加古川市さんをモデルにしたものもありますが、挙げますね。 1 「オリジナルメニュー(レシピ)の開発」。 住民ワークショップを開催し、地域の方と一緒に映画をきっかけとしたメニュー開発をしました。 行政主導ではなく、映画作りに関わってもらうことをきっかけに地域住民の方と一緒にメニューを考えました。 2 「特産品の販路拡大」。 できたメニューやお土産品を販売することで農家さんの所得向上にもなります。 3 「新たな観光客の誘客」。 地域振興のために地元で上映するときは無料で上映できるので、上映会とロケ地巡りと劇中に登場する食事を楽しむツアーを開発したいと思っています。 4 「シティプロモーションの推進」。 3によって、炭坑節発祥の地だけじゃない、チャンネルができる。 映画を通じて全国の人に今の田川を見てもらう。 5 「地域のにぎわいづくり」。 フィルムコミッションでも言っていることですが、ロケが行われればまちがざわつく。 上映や舞台挨拶があればさらにざわつくわけです。 6 「高校生の創造力の養成」。 「高校生応援隊」は加古川市さんへのヒアリングの結果、導入したものです。 高校生が映画の現場を見ることは貴重な体験となるだけでなく、視野も広がります。 7 「地域住民のまちづくりへの興味・関心の向上」。 「食」と「脚本開発」のワークショップは、映画がきっかけだったので積極的に参加していただくことができたと思います。 映画作りをきっかけで、まちづくりへ関心を持ってもらえました。 8 「シビックプライドの醸成」。 今後行われる上映などで郷土愛を醸成してもらえることを期待しています。 田川市にとっては初めてで、分からないことだらけ。 映画の業界のことも詳しいわけではないので、地域の方々とどのように関わりを作っていくのか、加古川市さんもたぶん手探りで作られた成功事例を借りつつ、アレンジを加えて、田川モデルを作りました。 メンバーは、行政と企業関係者とまちづくり団体や文化団体の方々です。 各団体のトップが集まった意思決定の実行委員会ではなく、実働部隊の実行委員会を作りました。 田川市モデルとして挙げるとしたら、これかなと思っています。 青年会議所の現役やOBの方々が多数参加してくれました。 意思決定も実行委員会で行うので、スピーディに進めることができました。 皆さんの協力がなかったら成功させるのは困難だったと思います。 これからも新メニューの展開や商品の開発など協力タッグで進めていきたいです。 有田 はい。 実行委員会の設立が1月。 設立会議をやって、2月に「高校生応援隊」を募集。 3月上旬に池田エライザ監督の映画を田川市が作ることをリリースしました。 監督は池田エライザさんだと2月にはほぼ決まっていましたが、高校生応援隊を募集するにあたり、監督名でなく、純粋にプロジェクトに賛同した生徒を選びたかったので名前を伏せました。 田川市の人口は、約4万8千人。 高校生の募集は、田川市とその周辺の町村を含む生活圏に呼びかけました。 田川は三方を山に囲まれた盆地で、生活圏も一体なので高校の通学区も市郡一緒。 田川市郡に在住、在校という条件に、新1年生となる中学3年生から高校2年生を対象としました。 結果、30人が参加してくれました。 SNSを見ていると、田川市が池田エライザ監督の映画を作ったことを肯定的に書いてくださるものや、「田川市民、ずるい」「なんで田川市民だけ?」という書き込みもあったりして、「田川市民でよかった」と思ってくださる方もいたのかなとか思いました。 高校生と直接お話しいただき、会話のスピード感や方言、今の田川の高校生が抱えている思いを聞いていただきました。 撮影中は、制作部としてお手伝いもしてもらいました。 高校での撮影の際には、実行委員会が用意したお昼のまかないづくりを手伝ってもらいました。 先日は、映画のフードコーディネーターさんをお招きして、「ホルジャガ」を一緒に作って試食を兼ねた「中打ち上げ」を行ったところです。 今後の関係者試写会や、2月の地元住民向けの有料試写の際は、高校生応援隊にPRを手伝ってもらおうと思っています。 年度が変わると卒業生も出てくるので、そこまでが高校生応援隊の活動の一区切りかなと考えています。 安田真奈監督に来ていただき、お題をもらって脚本を書いてみるという作業をしました。 「脚本」と「食」のワークショップと、映画作りセミナーは、同じ日に一気に行いました。 演技ワークショップは別の日程で、さらに別の日に地元の出演者オーディションを行いました。 その全てに参加してくださった方もいれば、オーディションだけ受けた方、ワークショップだけの方もいます。 参加者のアンケートには、「楽しかった」「すごく期待しています」「楽しみにしています」など肯定的なものが多く、常日頃、明るい話題を求めていることを実感しました。 そういう意味では数字化できないまでも「にぎわいづくり」や「シビックプライドの醸成」は達成できたかなと思います。 自治体としては、新しく作ったきれいな施設などを見て欲しいじゃないですか。 でも地域映画だからこそ、新しくてどこにでもあるものを出すより田川らしいところを撮りたいと、制作サイドから希望が出たんです。 だから、そんな場所を探しました。 とはいえ、ロケ地巡りでご紹介したい場所が2つあります。 歴史遺産の「石炭記念公園」内にある「2本煙突」です。 ただ、物語の重要なシーンを撮影したのは小学校の校庭なので、残念ながら一般の方にふらりと入っていただくわけにはいかず、これはぜひ我々が作るツアーパッケージに参加していただけると嬉しいなと思っています(苦笑)。 もうひとつは、「二鶴食堂」という食堂です。 和風で透明なスープに蒸し麺のちゃんぽん。 町の人がふだん食べている食堂ですが、懐かしい感じのお店でとてもおいしい! 観光パンフレットでも紹介しています。 3時半くらいに閉めてしまう商売っ気のなさも魅力で、ここのちゃんぽんを食べてもらうだけでも経済効果はあると思っています(笑)。 ただ、劇中の「ホルジャガ」ではなく、地元に昔からあるホルモンと野菜を鉄板で焼く「ホルモン鍋」という料理です。 「ホルジャガ」はこれからですが、大鍋で作っておいて、お通しで出すとか、お皿に持って出すとか、いろいろな使い方ができそうです。 向田さんは、加古川市で「地域プロデュース」の大切さを実感したそうで積極的に動いてくれましたが、もっと初期の段階で「実行委員会」や「高校生応援隊」が動く時にも映画制作サイドの見解が分かり、調整できる方がいたらよかったなとは思いました。 向田さんは、松本さんの下についていたので、その重要性をよく理解して田川市に入られたそうですが。 有田 はい。 とても助かりましたが、欲を言うともっと前からいてくれたら助かったなと(笑)。 数を重ねることによって、いろいろなケースが蓄積されて、よりよく進められるノウハウが習得できると思います。 『ぼくらのレシピ図鑑』シリーズ第3弾、第4弾が作られるなら、その自治体さんに包み隠さずお話しするつもりです。 撮影現場の有田匡広さん(左) 有田匡広 ありた・ただひろ 〇プロフィール 1973年福岡県生まれ。 福岡県田川市職員。 10年超の財務事務担当を経て2016年からシティプロモーションや観光業務に従事。 2017年にたがわフィルムコミッションを設立し、映像作品を活用した地域振興に取り組んでいる。 現在は田川市で撮影されたぼくらのレシピ図鑑シリーズ第2弾「夏、至るころ」にも登場し、その製作過程の住民ワークショップで出されたアイデアメニューを活用して、「映画」と「食」による新たな観光コンテンツづくりに奔走している。

次の

福岡)女優池田エライザさんが演技指導 田川舞台の映画:朝日新聞デジタル

池田 エライザ 田川

福岡市出身の女優、池田エライザさんが初監督を務める、田川市を舞台にした青春映画の題名が「夏、至るころ」に決まった。 出演者はメインキャストの若手3人のほか、北九州市出身のリリー・フランキーさんら実力派が名を連ねる。 8月下旬に撮影を始める。 田川市シティプロモーション映画製作実行委員会が発表した。 卒業を控えた高校3年の夏に現在や将来に対する悶々(もんもん)とした思いを抱えて葛藤する少年2人と、不思議な雰囲気を持つ少女との出会いを、田川の風景と和太鼓のしらべに乗せて描写するという。 少年役は倉悠貴さんと石内呂依さん。 倉さんは男子高校生同士の淡い恋心を描いたテレビドラマ「his~恋するつもりなんてなかった~」で好演し、映画初主演。 石内さんはオーディションで全国2千人余の中から選ばれた新人で福岡県出身。 少女役のさいとうなりさんはインターネットテレビ番組「恋愛ドラマな恋がしたい シーズン3」や、「ほっともっと」のCMに出演している。 脇を固める俳優陣は、カンヌ国….

次の

「誘われたらエライザしか…」水溜りボンド・カンタを落とした池田エライザの凄テク|日刊サイゾー

池田 エライザ 田川

もくじ• 2011 年に同じくニコラのモデルの松井愛莉や古畑星夏らと ユニット「ラブフォーエバー」を結成。 同年の映画「高校デビュー」で女優デビュー。 2015 年の「 JK は雪女」でドラマ初出演。 2016 年の「 SHIBUYA 零丁目」でドラマ初主演。 2017 年の「一礼して、キス」で映画初主演。 他にも「サンデージャポン」などの情報番組に出演している。 同校は部活動が盛んで、特にバスケットボール部は全国的な 強豪として知られています。 池田さんは中学時代に芸能界入りしており、高校入学後もファッションモデルや女優として活動していました。 そのため高校時代は部活動をおこなっていません。 また高校時代は学校が終わるとすぐに家に帰っていたことをインタビューで述べています。 「地元電灯少ない おばけ怖い 母の夜ご飯おいしい の三拍子揃っていたから早く帰らないわけがなかったです」 そして高校時代は中学時代に引き続いて人気ファッション誌「ニコラ」の専属モデルを務めていましたが、高校2年生の時に卒業しています。 ただし「ニコラ」卒業から2か月後にはこれまた人気ファッション誌「CanCam」の専属モデルに起用されるなど、当時はファッションモデルとして高い人気を誇っています。 ただし「CanCam」の初めての撮影では泣いてしまったことをインタビューで明らかにしています。 「キャンキャンでは服の見せ方から鞄の持ち方、指先の見せ方、ロケバスの座る順番まで全部が厳しくて、初めての撮影ではいっぱい泣きました。 課題も沢山あって大変でしたが、仕事に対する充実感はさらに増しましたね」 また当時の池田さんは洋書を読み漁って、ファッションやモデルについて勉強もしています。 「勉強のために代官山 蔦屋書店に通いつめて洋書を読み漁って、モデルオタクとファッションオタクになりました。 それで気持ちが変わって仕事が大好きになってから「私イケるんじゃないの?」と思い始めて(笑)、高3の4月に上京しました」 なお「CanCam」の専属モデルは2018年まで務めていますが、高橋メアリージュンさんや西山茉希さん、橋本奈々未さんらとともに同誌の看板モデルとして人気を博していました。 また池田さんはモデル業に加えて女優としても本格的に活動するために 、高校 3 年生の4月に上京して 通信制の高校に編入して卒業しています。 (高校時代) 元HKT48の菅本裕子さんは福岡第一高校時代に2学年上に在籍しており、当時の池田さんについて「かわいくて、食堂ですれ違う時毎回ビビってたよ」とコメントしています。 池田さんは意外にも高校時代は「根暗だった」と語っています。 また当時の池田さんはファッションモデルとしては人気が高かったものの、女優としてはさほど多くの作品に起用されていませんでした。 目立ったところでは高校2年生の時にホラー映画「絶叫学級」に起用されたことくらいです。 当時はオーディションにも落ちる日々が続いていましたが、「人のせいばかりにしていました」とインタビューで話しています。 「オーディションを受けても受けても全然仕事が決まらなかった頃は、人のせいにばかりしていたんです。 なお池田さんは福岡時代からSNSを使って情報を発信するのが得策と考えて、当時はあまり芸能人が用いていなかったツイッターで情報発信をしています。 そのためさほどテレビ出演など多くなかった時期からフォロワーを増やして、名前を売っています。 ちなみに池田さんはツイッターは事務所に無断ではじめています。 「上京する直前に、単純に「現代は発信するしか無いでしょ」って思っていました。 でも当時、うちの事務所の殆どの人がTwitterをやっていなくて許可が下りるか聞き出せなかったので、強行突破で始めちゃいました。 最初はやっぱり怒られちゃったんですけど、テレビにも出てない段階でどんどん(フォロワー数が)増えていったんです」 なおツイッターに関しては本来の自分を出し過ぎているとも語っており、フォロワーから芸人扱いされることもあるそうです。 またその際の自撮り写真が評価されて「自撮りの神」などと称されたこともありました。 (高校時代の自画撮り) とは言え自画撮りについてもかなり努力したことをインタビューで述べています。 「もともとは、自撮りがめちゃくちゃ下手くそだったんです。 副社長に「アプリとか入れてみたら」とアドバイスをもらって、一日100枚以上自撮りして病気かってくらい極めました。 当時を振り返ってクラウドファンディングをはじめた経緯については、次のように話しています。 「当時はテレビにも出ていなかったので、出版社からお金を頂いて正式なカタチで出しても売れないだろうなと思っていましたし。 あと、どうしてもファン参加型にしたくて、リアルな意見を聞きながらものづくりをするっていうのが私のやり方に合ってると思いました」 ちなみに当初は不安も感じていましたが、現役女子高生がクラウドファンディングや編集長をやることが話題になって注目されて、モデルブックの売れ行きも好調になって成功しています。 このように高校時代の池田さんは様々なことにチャレンジしており、また非常に努力家であることが窺えますね。 【主な卒業生】 CHAGE & ASKA (ミュージシャン) そして池田エライザさんは高校卒業後は 大学などに進学せずに、芸能活動に専念しています。 高校3年生の時にインタビューで進学しないことを明らかにしています。 「ずっと進学しようと考えていたんですけど、今の生活が楽しくて魅力的で、自分の中で想像してるこの先が楽しみすぎるので、進学はせずに自分のペースで自分の頭を成長させていこうと決めました」 高校を卒業した年に女優として転機となった映画「みんなエスパーだよ」にヒロインとして起用されています。 ただし当時の池田さんはお金がなくてどうやって食べていこうか悩んでいたとインタビューで話しています。 「『エスパー』の撮影で豊橋市にいたころです。 一番お金がない時期でした(笑)。 日々どうやって食べていこうかなと悩んでいました。 東京から豊橋まで移動するのに新幹線でお金を使って、残りのお金でカレーうどんを食べたかったけど、足りなくて食べられなかったのをよく覚えています。 あのころ、共演した深水元基さんやマキタスポーツさんが『ファミレス』という名前の焼肉屋さんによく連れて行ってくれました。 あとは弁当を持ち帰っていました(笑)」 とは言えこの作品で女優として注目されたことから、その後は主演映画も製作されるようになっています。 (ルームロンダリング) また連続ドラマへの出演も増えていきました。 加えて2020年公開の映画「夏、至るところ」では、初の映画監督を務めることが決まっています。 今後はかなりマルチに活動を展開していきそうで、楽しみな存在ですね。 スポンサードリンク 学歴~出身中学校の詳細 出身中学校: 福岡市立香椎第三中学校 偏差値なし 池田エライザさんの出身中学校は、地元福岡市内の公立校の香椎(かしい)第三中学校です。 中学1年生の時にローティーン向けのファッション誌「ニコラ」の専属モデルオーディションに応募して、グランプリに輝いて芸能界入りしています。 この際には藤田ニコルさんや古畑星夏さん、松井愛莉さんもグランプリを受賞しています。 以降は本名の「池田依來沙」名義でファッションモデルとしての活動を開始しています。 ただし当時の「ニコラ」は藤田ニコルさんや飯豊まりえさんらの人気が高く、池田さんは高校2年生の時に「ニコラ」を卒業するまで単独表紙は1回に留まっています。 ちなみに意外にもファッションモデルをはじめる前までは池田さんは洋服などに無頓着でしたが、モデルをはじめたことでオシャレにも気を使いはじめたことをインタビューで明らかにしています。 また同じ年には映画「高校デビュー」で女優デビューしています。 なお中学時代の池田さんは読書が大好きで、図書委員も務めていました。 そのため作家を志したことがあることをインタビューで明らかにしています。 「もともとは作家志望だったんです!意外かもしれませんが、昔は小説ばかり読んでいて、図書委員もやっていました。 本を忘れると、学校に行く電車で気が気じゃなくて(笑)今でも本が大好きです」 意外にも多才なタイプでした。 【主な卒業生】 中村兼三(柔道アトランタオリンピック金メダリスト) スポンサードリンク 学歴~出身小学校の詳細 出身小学校: 不明 池田エライザさんの出身小学校は、福岡市内の公立校のようですが校名などは不明です。 ただし出身中学校の校区からすれば、次の3校のいずれかの可能性が高そうで。 また母親がフィリピン人で父親は日本人のハーフです。 母親はモデルと歌手をやっていました。 インタビューでは父親と母親の性格は正反対だと述べています。 「父親は典型的な九州の頑固者で、いつも厳しくて正座をさせられたこともありました。 逆にお母さんは「足が曲がっちゃうから正座しなくていいよ」という自由な性格で、正反対な2人の間で育ちました」 池田さんはフィリピンで生まれていますが、幼い時に福岡市に転居して上京するまで暮らしています。 なお池田さんは男兄弟に囲まれたこともあって自身を「男勝りな性格」としており、小学校時代は山とか木に登るほどの野生児だったと話しています。 以上が池田エライザさんの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。 中学校時代に芸能界入りしていますが、意外にも全国区の人気になるまでは時間がかかりました。 しかしその後の活躍は目覚ましく、モデルとしてはもちろんのこと、 女優としても人気が急上昇。 テレビドラマや映画の主演に起用されるほどで、期待の若手女優の ひとりとしても名前が挙がります。 (貞子) またCMへの出演も多く、「三太郎シリーズ」で人気の高いauのCMにも出演しています。 今後はさらにメディアへの露出が増えそうですが、その動向にも注目です。 スポンサードリンク ここまでお読みいただきありがとうございました。 ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。 このところ当サイトのページが警告音とともに「 Windowsセキュリティシステムが破損しています」とのページに切り替わることが稀にあります。 このような表示はすべて詐欺なので、「更新」や「続行」、「こちらをクリック」などのボタンは絶対に押さないでください。 万が一、そのような表示が現れた場合にはページをいったん閉じてから再開してください(クリックさえしなければ実害はありません)。 なお当サイトはグーグル社提供の広告ユニットを使用していますが、そのような詐欺広告はグーグル社のチェックをかいくぐって表示されています。 現状では当サイトでブロックすることができないことをご了承ください(いずれグーグル社に対策されると思われます).

次の