パラノーマル怖い話。 怖いぞ怖い! 渋谷に恐怖のボウリング場が現れた~ッ!! まさに『パラノーマル・ボウリング』

怖いぞ怖い! 渋谷に恐怖のボウリング場が現れた~ッ!! まさに『パラノーマル・ボウリング』

パラノーマル怖い話

(1:29:40ごろから) 怖さ:なし そうそう、稲川淳二さんにパラノーマル・アクティビティを見せるという恐怖の企画。 皆さん、見ました?これ。 稲川さんにパラノーマル・アクティビティを見せる企画、これはセルDVDを買わないと、レンタル版では見られないですから。 いま500円とかで売ってますからね。 これは買う価値があるんですよ。 すごいですよ。 前も言いましたけどね、これ本当にすごいんです。 稲川さんがパラノーマル・アクティビティを見て、副音声で解説してくれるんです。 最初、稲川さんはバラエティ番組の時のトーンなんですよ。 「壁が白い!」 とか、目に付くもの全て褒めるんです。 でも皆さんご存知かと思うんですけど、パラノーマル・アクティビティって、いざ事が起こるまでが長いじゃないですか。 その調子だと持たないんですよ。 「壁が白い」とかじゃ。 で、どうするのかなと思って見てたら、割と中盤までずっと、 「いや〜壁が白い!」 「この階段!このアングル!」 とかすごい色々と言うんですけど、どんどん稲川さん疲れてくるんです。 で、とうとう、ある瞬間から振り切って、怖い話を始めるんですよ。 (視聴者コメントを読んで) そうそう、本編で何か来そうな雰囲気になってると、 「来ますよ来ますよ〜!」 とか煽るんだけど、結局何も来なかったとき、 「なるほどね、こういうことするんだ〜」 とか言って。 稲川さんは本当にこの時、パラノーマルは初見でしたからね。 ずっと間を持たせようとするんですけど、とうとう稲川さん、もういいやと思ったのか怖い話を始めるんですよね。 そしたら、残念ながら、その怖い話の方がパラノーマル・アクティビティより怖いんですよ。 何がすごいって、本編にワイプで稲川さんが出てるんですよ。 下の方に顔が四角く出てる状態で副音声を喋ってる。 そしたらね、制作スタッフも正直、その話の方が怖いって思ったんでしょうね。 ワイプが逆転するんですよ。 これ本当ですよ。 その話の結構佳境のときに、稲川さんがメインになってパラノーマル・アクティビティがワイプになるんですよ。 本当ですからね、これ。 ね、見た人いますよね。 そこで俺、大爆笑しちゃって。 ワイプが逆転しちゃダメだろって。 俺もうゲラゲラゲラゲラ笑って。 え、なんで?これブラムさんとか許したの!?って。 その演出。 「稲川さんと見るパラノーマル・アクティビティ」にすると、稲川さんが勝っちゃうっていうね。 だって、本編ちっちゃ!って思いますよあれ。 その時本編で不意打ちみたいに何か起こってたらどうすんのっていう。 稲川さんがずっとカメラに向かって話をする、ってそれいつもの稲川さんじゃないですか。 いやぁ、あれはすごかった。 「着信アリ稲川淳2」 あと、着信アリ2。 冗談で買ったんですよ、着信アリ2は。 誕生日会とかあるし、俺が買うならそういうやつだろうと思って。 そしたら、「稲川淳二と見る着信アリ2」って書いてあって。 まさか、と思ったら副音声が稲川さんで。 司会のお姉さんがいて稲川さんもいる、って形式だったんですよね。 パラノーマルの反省を踏まえたのか。 まぁ着信アリ2に対してあまり酷いことは言いたくないんですけど、はっきり言って酷い映画なんですよ、着信アリ2って。 せっかく三池さんが1を職人的に作ったのに、ぶち壊したなっていう映画なんです。 これも500円くらいで売ってるので、ぜひ買って副音声を聞いてみてください。 早々に、司会のお姉さんと稲川さんが着信アリ2に対して話すことを放棄するんです。 最初のショックシーンでもう、こりゃダメだ、と思ったんでしょうね。 ずーっと稲川さんが電話にまつわる怖い話をするっていう。 で、本編には全然触れず、終わる頃になって「あ、終わりますね…」って言うくらい。 しかも稲川さんが怖い話をしすぎたらしくて、本編の後におまけとして、まだ電話の話してくれるっていう。 そういえば稲川さん、インタビューで言ってましたね。 ホラー映画の特典映像によく呼ばれるんだけど、面白くない映画を面白いって言いたくないから、そういうのに呼ばれても俺、ちゃんとした感想は言えないよ、ってオファーされたときに言ったら、最近は「映画の評価はしなくてもいいので、怪談だけしてください」って言われるから助かった!って。 それ、パラノーマル・アクティビティと着信アリ2だったんだろうなって思いましたね。 おわり.

次の

禍話⑦「パラノーマル稲川」|那奈/ふね|note

パラノーマル怖い話

今日見てきたけど怖くなかったです。 前作同様静かなシーンで突然大きな物音を立てて怖がらせるという手法でした。 怖いというより大きな音で無理矢理驚かせてる感じです。 前作は最後の最後だけ怖かったので、今回も期待してたのですが.... 残念でした....。 最後の最後は前作の方が怖かったです。 ネタバレはOKという事なので書きますね。 2は1より前の時系列です。 まだ1の登場人物であるケイティが悪魔にとり憑かれるより少し前の話です。 2の登場人物のクリスティという女の人が悪魔にとり憑かれおかしな行動をするようになります。 なのでこの悪魔をクリスティから祓おうということになり、ケイティにとり憑かせようとします。 血縁関係者でなければとり憑かせられないらしいので血縁関係者のケイティにとり憑かせます。 ケイティがとり憑かれ1の出来事が起こります。 その後ケイティが今回の舞台の家に現れ、今回の登場人物であるクリスティや夫が殺されます。 ちなみに肝心の殺されるシーンですが全く怖くありません。 クリスティの夫はなんか後ろから叩かれただけで即死しましたw そのあとクリスティが殺されるのですが前作のようにぶっ飛ばします。 その時のぶっ飛ばす距離が短く、前作のようにカメラの目の前に飛ばされるわけではないので怖くないです。 殺害シーン全く怖くありませんでした。 殺すシーンをもっと怖く描写して欲しかったです。 まさか争ったりすることなく一撃で殺されるとはw 怖いというか驚くシーンならあります。 前作同様に静かな場面で大きな音を鳴らし観客を驚かせようとします。 怖いというよりは驚く映画ですね。 大きな音が突然鳴るのが嫌いな方は見ない方がいいですね。 そうでなければ怖くないので大丈夫だと思います。 ちなみに終わった後、続編が秋に公開予定と告知されましたよ。 過去にケイティとクリスティがなんかの儀式? 的なものをしてそれが今回の悲劇の始まりとかなんとか(すいませんよく覚えてないです)と言ってたので多分その話をやるのではないでしょうか。

次の

[B!] 【大雪山ロッジ殺人事件】これは本当にあった事件の話で、ある精神病院に隔離された事件の生存者の話です。 : パラノーマルちゃんねる

パラノーマル怖い話

カップルの男性が撮影しながら、トイレにいる女性に声を掛けますがなかなか出てきません。 男性はあくまでも穏やかに、ドアを開けたりなどするうち、女性が携帯をいじりながら出てきます。 付き合い始めてからしばらく経っているカップルのようで、彼女は部屋の広さや内装には満足していますが、肝心なことには気が乗らない様子です。 それでも彼はあくまでも穏やかに、彼女の身体を開こうとしますが、映像には、はっはっはっと言う息遣いと何かが小さく軋むような音が混ざり始め、彼女は他の部屋の音が聞こえると苦笑します。 壁が薄いのかなと不思議がる男性。 彼女は頭が痛いと言い出します。 すると、風呂の湯が勝手に出始め、2人で見に行きますが、出した覚えはありません。 湯は順調に溜まっていたのでそういう仕様だと納得しますが、ふと見ると洗面所の鏡に小さな手形が付着しています。 それは彼女の手形よりも小さめなのに、かなり高いところに着いているのです。 さっきトイレから出た時には無かったのにと女性はいぶかしがりますが、男性はムッとして、掃除が行き届いてない、フロントに電話しようか?と言い出します。 女性は男性をなだめ、2人はベッドの上掛けをめくりますが、今度はその枕元に、長い黒髪がかなり多めに付着していました。 フロントに電話をかけると本気で言い出す男性を押しとどめ、女性はその髪をつまんで捨てベッドに入ります。 が、やはり乗り気にはなれない様子です。 男性はカメラを枕元に固定し、ベッドの2人と風呂場の曇りガラス窓、テレビや冷蔵庫が映る位置に固定します。 2人はキスをし、男性が女性の服を脱がせ始めたとき、リーンという音とぶつぶつ呟く声が聞こえ、先ほどの息遣いと軋み音が続きます。 思わず動きを止め耳を澄ます2人。

次の